楽天マガジンの口コミ評判は?安さが評価される一方で操作性が悪いとの声も!

楽天マガジンの口コミ評判

「楽天マガジンが気になるけど、使ってみて失敗だったら嫌だな」

と迷っていませんか?

楽天マガジンは月雑誌読み放題の中でも月額が最も安く、楽天市場を利用している場合は期間限定ポイントで月額料金を支払えるのでコスパに優れたサービスです。

楽天マガジンの口コミ評判を中心に、特徴、メリットやデメリット、よくある質問、登録・解約方法をまとめました。

楽天マガジンを簡単にまとめると…
  • 楽天マガジンは月額418円(税込)、年払いは3,960円(税込)=1ヶ月換算330円で最安
  • 楽天ポイントを使えば実質無料で使うことも可能
  • 長所はホーム画面がカスタマイズできる点、料金が安い点
  • 短所は履歴が家族に共有される点、dマガジンと比べると操作性が悪い評価が多い点
  • 楽天マガジンがおすすめな方は、コスパ重視の方、トップの表示を自分好みにしたい方

\ 31日間0円でお試し /

目次

楽天マガジンの特徴

スクロールできます
項目基本情報
月額418円(税込)
年額
(年払い選択時)
3,960円(税込)
=1ヶ月あたり330円
無料期間31日
雑誌数900誌以上
支払いクレジットカード
デビットカード
楽天ポイント
(期間限定ポイント使用可)
ポイント付与100円ごとに1ポイント
マルチデバイスアプリ/5台
ブラウザ/2台
楽天マガジンの基本情報

こちらが楽天マガジンの基本情報をまとめた表です。

楽天マガジンの特徴はなんといっても料金の安さです。

楽天マガジンは月額418円(税込)ですが、年払いだと3,960円(税込)で、1ヶ月あたり330円と月88円分も安くなり、雑誌読み放題サービスの中では最安です。

さらに、楽天マガジンは、楽天ポイントの通常ポイントだけではなく、消費先が限定される期間限定ポイントでの利用料の支払いが可能です。

ポイントを使って実質毎月無料で利用するのも不可能ではありません。

楽天マガジンの良い口コミ評判

楽天マガジンの良い口コミ評判をまとめると以下の通りです。

楽天マガジンの良い口コミ評判まとめ
  • 記事検索機能が便利
  • とにかく安い
  • 読みたい雑誌が入った
  • 楽天ポイントを使って実質無料で使える
  • 旅行のムック本が充実している

楽天マガジンの良い口コミ評判をSNSで見ると、やはり安い月額を評価する声が多かったのが印象的です。

他にも、『VERY』など今まで読み放題でなかった人気雑誌が読めるようになったことを評価する声もみられました。

実際に、以前は200誌だったものの、500誌、600誌、700誌、900誌と徐々に雑誌数が増えています。

最近では、声優・アニメ関連雑誌、旅行関連のムック本が充実してきており、ユーザーの声に答えるべく進化していることがわかります。

楽天マガジンの悪い口コミ評判

楽天マガジンの悪い口コミをまとめると以下の通りです。

楽天マガジンの悪い口コミまとめ
  • カットされているページがある
  • 読み込みが遅い
  • 画質が悪い
  • 履歴が家族と共有される
  • 使い勝手がイマイチ

悪い口コミにあるページのカットは、雑誌読み放題サービス全般に言えることで、著作権や肖像権の兼ね合いから紙の雑誌でしか見れない場合があります。

例えば、ジャニーズなど好きな芸能人を目的としている場合、雑誌によっては塗りつぶされているケースもあり注意が必要です。

読み込みが遅い点は、読み込み速度は通信環境にも左右されるため、Wi-Fi環境や5G回線であれば気にならない可能性もありますが、通信環境が悪い方は注意が必要でしょう。

使い勝手については好みが分かれる部分ですが、履歴の共有が気になる方は共有されないdマガジンの方がおすすめです。

楽天マガジンのメリット

楽天マガジンの良い口コミ評判もふまえてメリットをまとめてお伝えします。

雑誌読み放題サービスの中でも月額が最安

既にお伝えの通り、楽天マガジンは雑誌読み放題サービスの中で月額が最安です。

楽天ポイントで月額の支払いができるので、コスパを重視する方にはメリットが大きいと言えます。

ホーム画面のカスタマイズ性が高い

楽天マガジンは、ホーム画面に表示するジャンルが選べます。

普段読まない雑誌ジャンルの情報を減らすことで、興味のある雑誌にアクセスしやすくできるのがメリットです。

旅行雑誌を探しやすい

楽天マガジンはアプリの『雑誌を探す』というメニューの中に『国内旅行ガイド(ムック)』『海外旅行ガイド(ムック)』という項目があり、旅行雑誌にアクセスしやすい作りになっています。

この点はライバルサービスであるdマガジンにはないため、旅行好きの方にはメリットが大きい部分と言えるでしょう。

楽天マガジンのデメリット

楽天マガジンの悪い口コミ評判もふまえてデメリットをまとめてお伝えします。

雑誌のダウンロードがお気に入り以外は手動

楽天マガジンはお気に入り登録しないと雑誌のダウンロードを手動でする必要があり、手間がかかります。

一方、ライバルサービスのdマガジンは3つのダウンロード機能から選択でき、選択肢が広いです。

履歴が家族にバレる

既にお伝えの通り、楽天マガジンの大きなデメリットはマルチデバイス機能を使うと履歴が家族にバレる可能性があることです。

履歴が家族にバレたくない方は、デバイス間で履歴が共有されないdマガジンの方がおすすめです。

ライバルサービスと比較すると操作性はもう一歩

使用感については好みが分かれる部分ですが、SNSの口コミ評判をたくさん見ると総じてdマガジンの方が操作性や使い勝手に関する評価が高いです。

楽天マガジンの操作性が悪いということでは決してありませんが、相対的にみるとデメリットと言えるでしょう。

楽天マガジンと他のサービスとの比較

楽天マガジンと他の読み放題サービスを比較して、それぞれどちらがあなたに合うかまとめました。

楽天マガジンとdマガジン

スクロールできます
サービス名無料期間月額雑誌数
楽天マガジン31日418円(税込)900誌以上
dマガジン31日440円(税込)700誌以上
楽天マガジンとdマガジンの比較表

楽天マガジンとdマガジンでは、月額は楽天マガジンの方が安く、読み放題の雑誌数は大きな差はありません。

dマガジンは、操作性や使用感への評価が高く、スマホやタブレットにあまり慣れていない方に合う雑誌読み放題サービスです。

コスパを重視するのか、操作性や使用感を重視するかでどちらを選ぶのかが変わります。

迷う場合は、双方無料期間があるので、比較してみるとどちらが自身に馴染むかわかるはずです。

より詳しく楽天マガジンとdマガジンを比べたい方は、『dマガジンと楽天マガジンの比較』をご覧下さい。

楽天マガジンとブック放題

スクロールできます
サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
楽天マガジン31日418円(税込)900誌以上なし
ブック放題1ヶ月550円(税込)700誌以上漫画
楽天マガジンとブック放題の比較表

楽天マガジンとブック放題を比較すると、漫画を読むかどうかがポイントになります。

漫画を読まず雑誌を重視するのであれば、楽天マガジンを選んだ方がいいですし、漫画も読みたいと考えているのであれば、ブック放題を選ぶのがおすすめです。

楽天マガジンとブックパス

スクロールできます
サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
楽天マガジン31日418円(税込)900誌以上なし
ブックパス30日雑誌418円(税込)
総合618円(税込)
300誌以上漫画、小説、
実用書など
楽天マガジンとブックパスの比較表

楽天マガジンとブックパスを比較すると、雑誌を重視するならブックパスの雑誌読み放題のコースより、楽天マガジンの方が優れています。

ブックパスの総合コースは、楽天マガジンでは読めない漫画や小説などを主に都度購入する形で読めるため、雑誌だけでなく電子書籍全般を読みたい方はブックパスが合います。

楽天マガジンとKindle Unlimited

スクロールできます
サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
楽天マガジン31日418円(税込)900誌以上なし
Kindle Unlimited30日980円(税込)250誌以上漫画、小説、
実用書など
楽天マガジンとKindle Unlimitedの比較表

楽天マガジンとKindle Unlimitedを比較すると、雑誌を重視するなら楽天マガジンの方がおすすめです。

一方で、雑誌以外にも実用書なども読むのであれば、Kindle Unlimitedの方が優れています。

月額に差があるため、情報収集は雑誌で良いと考えている方は楽天マガジンを選んでいる一方で、Kindle Unlimitedの画質が良い点を評価して選んでいる方もいます。

楽天マガジンの申し込み方法

STEP
楽天会員に登録

楽天マガジンは楽天会員の登録が必要なため、まだ会員でない方の場合、会員登録が必要です。

STEP
楽天マガジン無料体験に申し込む

楽天マガジンの公式サイトにアクセスして、楽天マガジンの月払い、年払いのコースを選び登録します。

STEP
利用開始

申し込み完了後は、アプリをダウンロードして楽天マガジンを使います。(ブラウザで読むことも可能です)

楽天マガジンのよくある質問

楽天マガジンのよくある質問をまとめて紹介します。


楽天マガジンは家族で何台まで共有できる?

複数端末・マルチデバイスは合計7台まで対応しています。

スマホ、タブレットは1アカウントに対して最大5台まで使え、各機種でログインすると自動的に新規デバイスとして認識されます。PCは30分単位で同時に2ブラウザまで利用可能です。

詳細は『楽天マガジンは複数端末で家族と共有OK』をご覧下さい。

楽天マガジンは海外で使える?

アプリで雑誌をダウンロードすることで利用できますが、基本的に国内限定のサービスであり、地域によってはアクセス制限がかかることがあるため、確約はできません。

ダウンロードする方法は『楽天マガジンをオフラインで読む方法』をご覧下さい。

楽天マガジンは縦読みに対応している?

楽天マガジンは、縦読みには対応していません。

楽天マガジンを年払いのプランを途中に解約するとどうなる?

楽天マガジンは年払いして途中で解約しても返金はありません。その代わり、契約期間(1年間)は雑誌を読める仕様になっています。

楽天マガジンで読めない・見れないページがある理由は?

肖像権・著作権などの兼ね合いでデジタル版では塗りつぶしされていたり、記事自体がないケースがあります。詳細は『楽天マガジンで読めない記事があるのはなぜ?』をご覧下さい。

楽天マガジンの支払い方法は?キャリア決済は使える?

支払いはクレジットカード、デビットカード、楽天ポイントの3つに対応しています。残念ながらキャリア決済は使えません。詳細は『楽天マガジンの支払い方法は3種類』をご覧下さい。

楽天マガジンでバックナンバーは読める?

バックナンバーは読めます。ただ、配信期限が雑誌によって異なります。詳細は『楽天マガジンのバックナンバーはいつまで読める?』をご覧下さい。

楽天マガジンを読むのにおすすめのタブレットは?

楽天マガジンを読むのであればiPadがおすすめです。

ブラウザ読みたい方はKindle Fireもおすすめです。詳細は『楽天マガジンをKindle Fireで読むならブラウザがおすすめな理由』をご覧下さい。

楽天マガジンの記事を永久保存する方法は?

スクリーンショットを利用する方法などがあります。『楽天マガジンの記事を永久保存する方法』で詳細をお伝えしています。

また、保存できる容量自体を増やしたい方は『楽天マガジンでSDカードを使って容量を増やす方法』をご覧下さい。

楽天マガジンの解約方法

STEP
楽天マガジンの公式ホームページを開く

公式ホームページの『ご契約内容確認・変更』から解約できます。

STEP
画面右上のメニューをタップする

ログアウトの右側にある3点リーダーをタップします。

STEP
ご契約内容の確認・変更をタップする
STEP
画面下部にある解約ページへをタップする

無料期間中でも解約と同時にサービスを使えなくなるためご注意ください。

まとめ

楽天マガジンは、コスパが非常に良く、雑誌読み放題サービスの中でも月額が最安クラスであるにも関わらず、年払いならさらに安くなります。

また、楽天ポイントの消費が限定される期間限定ポイントを支払いに当てることができるため、楽天サービスを多数使っているなら実質無料で読むことも可能です。

安いからといってサービスが不十分ということもなく、雑誌読み放題サービスの中でも充実度合いはトップクラスなので、安く質がいいサービスを使いたいならおすすめです。

無料期間が長いので、迷っているならお試しして損はありません。

当記事に記載の情報は記事執筆・修正時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

目次
閉じる