楽天マガジンでダウンロードした雑誌が消える?永久保存する方法を解説

楽天マガジンでダウンロードした雑誌が消える理由と永久保存方法

楽天マガジンで、ダウンロードしたはずの雑誌に配信期限があることを知らず、ある日、急に雑誌が削除されてしまいこのページを訪れていませんか?

楽天マガジンのアプリでは、お気に入りの雑誌を自由にダウンロードし、端末に保存しておくことが可能ですが、閲覧期限があるため、雑誌が消えるといった事象が起こります。

この記事では、ダウンロードした雑誌が消える理由や、永久保存する方法について紹介していきます。

目次

楽天マガジンでダウンロードした雑誌が消える理由

楽天マガジンでダウンロードした雑誌が消える理由は、配信期限があるからです。

登録されているほとんどの雑誌には『配信期限』が存在します。

この『配信期限』は雑誌ごとにより期間の長さも異なりますが、残念なことに期限が過ぎた雑誌は閲覧することができなくなります。

また、アプリ内にある『ふせん』機能を使っていたとしても配信期限を過ぎると、こちらも削除されてしまいます。

なぜなら、楽天マガジンはデータを売っているのではなく期限付きで閲覧できる権利を持っているだけだからです。これらは電子書籍全体に言えることで、デメリットになっています。

楽天マガジンで雑誌の配信期限を確認するには?

せっかくダウンロードしていたとしても、配信期限が過ぎてしまっては意味がありません。

まずは、自分がダウンロードをした雑誌の配信期限がどれくらいあるのかを確認しましょう。

また、配信期限だけでなく配信が停止される時刻も雑誌や出版社によって異なっているため注意が必要です。

確認する場合は次の2つの方法があります。

  1. ダウンロードした『雑誌一覧』から確認する
  2. 『雑誌詳細』から確認する

詳しい確認方法はこちらです。

ダウンロードした『雑誌一覧』から確認する

  1. 楽天マガジンを開き『マイページ』をタップ
  2. 『ダウンロード』を選択
  3. 配信停止日を確認したい雑誌を探す
  4. 雑誌の解説の下の配信日と配信停止日を確認する

『雑誌詳細』から確認する

  1. ホーム画面の『雑誌一覧』をタップ
  2. 配信期限を確認したい雑誌の表紙をタップ
  3. 『雑誌詳細』から配信停止日を確認可能

楽天マガジンでダウンロードした雑誌を永久保存する方法は?

楽天マガジンからダウンロードした雑誌を永久保存することはできませんが、次の3つ方法で半永久的な保存が可能になります。

  1. SDカードに保存する
  2. スクリーンショットをする
  3. PDFに変換する

この3つの方法を詳しくご紹介していきます。

SDカードに保存する

端末の容量対策として使用されるSDカードですが、保存しておけば端末のデータがダメになった場合でも復元することが可能です。

手順は次になります。

  1. 楽天マガジンアプリを起動
  2. 『メニュー』をタップ(画面の左上にある3本線)
  3. 『設定』をタップ
  4. 画面下にある『雑誌の保存先を変更する』からSDカードをオンにすれば完了

※Android端末のみ対応のため、iOS端末でこの方法を行うことはできません

ただ、SDカードへの保存は、全てのAndroid端末で利用できる訳ではないので、注意が必要です。

スクリーンショットをする

機種やOSのバージョンによりやり方が異なる場合がありますが、スクリーンショットでも半永久的な保存が可能です。

それぞれ、iOS端末のケースと、Android端末のケースをお伝えします。

iOS端末

『ホームボタン』がある場合

『ホームボタン』と『電源ボタン』を同時に押す。

『ホームボタン』がない場合

『音量ボタン』の上と『電源ボタン』を同時に押す。

iOS14の端末(iPhone8以降)の場合

『設定』→『アクセシビリティ』→『タッチ』→『背面タップ』→『ダブルタップ』or『トリプルタップ』→『スクリーンショット』の順に選択すれば、『背面タップ』が可能

Android端末

  • 『電源ボタン』と音量の『Downボタン』を同時に長押しする
  • 『電源ボタン』を長押しして、画面に表示された『スクリーンショット』のアイコンをタップする
  • 保存したい画面を開いた状態で『Googleアシスタント』を起動し、「スクリーンショットを撮って」と声をかける

PDFに変換する

こちらも手間や時間が多少かかりますが、スクリーンショットした画像をPDFに変換という方法もあります。

iOS端末の場合と、Android端末の場合で手順が違うため、それぞれお伝えします。

iOS端末の場合

  1. 『写真』アプリを開く
  2. アルバムの中から右上にある『選択』をタップ
  3. PDF化したい写真にチェックを入れる
  4. 画面左下にある四角と上向き矢印が合わさった『共有』マークをタップ
  5. 画面を下へスクロールして『プリント』をタップ
  6. プレビュー画像が表示されたら、2本指で画面を広げて拡大(ピンチアウト)させる
  7. 画像がPDF化して表示されるので、右上の『共有』マークをタップ
  8. 『ファイルに保存』をタップ
  9. 『iCloud Drive』もしくは『このiPhone内』を選択して右上の保存を押せばPDF化が完了
  10. 『ファイル』アプリから保存先を選択すれば閲覧が可能

※9.iPadの場合は『このiPad内』という表記になります

Android端末の場合

Microsoftが提供している『Office Lens』という無料アプリを使用してPDF化することができます。

こちらはiOS端末にも対応しているので使い勝手がいいです。

  1. 『Office Lens』アプリをダウンロードし、起動させる
  2. 画面左下の四角の中に山のような表示がある『メディア』マークを選択
  3. 写真一覧の中からPDF化したいものを選択
  4. 『>』マークをタップ
  5. 『編集を加える』という表示が出てくるので、必要であればトリミングなどを行う
  6. 編集が完了、または編集しない場合も『完了』をタップ
  7. 『エクスポート先』という画面が表示されたら、『タイトル』をタップしてファイル名を変更し『確定』を選択
  8. 保存先を『PDF』に選択
  9. 保存したファイルから閲覧が可能

※保存先は自分の好きな場所を選択することができますが、文字情報を残したければ『Word』や『OneNote』に保存をするのがおすすめです

簡単に雑誌記事を半永久保存したいならdマガジンを使うのも1つ

楽天マガジンでダウンロードした記事が消えるのを回避するために、永久保存する方法をお伝えしましたが、dマガジンならもっと簡単に半永久的に記事を保存できます。

dマガジンには、クリッピングという機能があり、この機能であれば雑誌の配信期限が過ぎてもdマガジンを解約しない限り、半永久的に保存可能です。

楽天マガジンへのこだわりがなく、手軽に記事を保存したいならdマガジンを試してみてはいかがでしょうか。

\ 31日間無料お試し可能! /

まとめ

楽天マガジンは非常に便利ではありますが、配信期限を気にしなければいけないのが少々ネックなところではあります。

お気に入りの雑誌を手元に残したい方は、紙面版を購入することも一つの手です。

けれど、家に雑誌が溜まってしまったり、好きな場所で自由に読みたいと思う方は、多様の手間がかかってしまってもスクリーンショットやPDFへの変換をおすすめします。

目次
閉じる