【37社比較】漫画読み放題おすすめ3選!月額定額のサブスクと無料サービスまとめ

スキマ時間に漫画を読みたいけれど「読み放題のサービスがありすぎて選ぶのが大変」と感じていませんか?

そこで、月額が定額のサブスクタイプの漫画読み放題サービスから、無料で読めるものまで37社を比較しておすすめを3つに絞りました。

パパッと選びたい方はおすすめから、じっくり選びたい方は、それぞれの解説からお選びください。

自分に最適なものを選びたい方は、サブスクの漫画読み放題サービスでも無料期間を設けているものが多いので、複数使ってみて比較するのがおすすめです。

まずは選び方からお伝えします。

目次

漫画読み放題サービスの選び方

読みたいジャンルが揃っているか

漫画読み放題サービスを選ぶにあたって、やはり一番重要なのが、読みたいと思える漫画が多いかでしょう。

漫画読み放題サービスの中には、無料で読めるものの冊数が少なかったり、強みのあるジャンルが偏っているケースがあります。

そのため、無料で読める数が多く、広いジャンルに対応している漫画読み放題サービスを利用した方が、コスパが良くおすすめです。

途中から都度購入で有料にならないか

漫画読み放題サービスの中には、無料で読めるのが全巻ではなく、気になるところまで読ませておいて、次の巻からは有料というサービスもあります。

これは月額定額のサブスクではなく、月額は無料のタイプに多いです。それ以外にも、1日3巻までで、早く読みたければ有料チケットが必要になるタイプもあります。

月額は無料でも、どうしても続きが気になって読んだら、結果的にはサブスクより金額が高くなってしまうケースもあり注意が必要です。

漫画以外の用途にも対応しているか

漫画読み放題サービスの中には、雑誌や小説、ライトノベル(以下ラノベ)、動画など付加サービスとして他の用途も使えるものがあります。

別々に分けて入るよりも、1つのサービスで漫画以外の用途に対応できる方が、コスパがいいケースが多いため、漫画以外の用途も考えているのであれば対応しているものを選びましょう。

漫画読み放題月額定額のサブスクサービス8社の比較表

サービス名特徴強いジャンル無料期間月額漫画以外の用途
ブック放題漫画の種類が多い漫画全般1ヶ月
※1
500円
(税抜)※1
雑誌
BOOK☆
WALKER
漫画雑誌が読めるアニメ
ゲーム
なし
※2
760円
(税抜)※2
ゲーム誌
ブックパス書籍全般に対応人気の漫画30日
※3
562円
(税抜)※3
雑誌
小説
実用書など
シーモア
読み放題
選べる2つの
コース
女性向けに強い7日
※4
ライト780円
(税込)
フル1,480円
(税込)※4
雑誌
小説
実用書など
読み放題
プレミアム
Yahoo!プレミアムの付帯サービス漫画全般最大6ヶ月※5462円
(税抜)※5
雑誌
Kindle
Unlimited
アマゾンが運営実用書の数が多い30日
※6
980円
(税込)※6
実用書
雑誌
小説など
FOD
プレミアム
フジテレビ系の
動画も見られる
現状は漫画は
少なめ
2週間
※7
888円
(税抜)※7
動画
雑誌
U-NEXT動画全般も見られるオリジナル書籍
※8
31日
※8
1,990円
(税抜)※8
動画、小説
雑誌
実用書など
漫画読み放題サービス比較表

漫画読み放題サービスおすすめ3選

ブック放題

ブック放題は、ソフトバンク系の会社であるビューンが運営している雑誌、漫画が月額500円(税抜)で読み放題のサービスです。

1ヶ月無料キャンペーン※1があり、お試しできる期間が長いだけでなく、漫画の数も豊富なのでコスパが良いのが特徴です。

漫画のジャンルも、全ジャンル幅広く網羅しているので、漫画の読み放題を検討しているのであれば、一番に検討したいサービスと言えるでしょう。

また、漫画を探す際に「#恋愛」など、SNSのようにタグがついているため、好みのジャンルの漫画を探すのに適していて使い勝手がいいところも見逃せません

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、KADOKAWAグループの子会社であるブックウォーカーが運営している読み放題サービス。

読み放題は、漫画雑誌と小説ラノベが別々となっており、それぞれ月額760円(税抜)です。

漫画と雑誌の読み放題コースでは、単行本の冊数がブック放題やブックパスと比較して少なめですが、他のサービスでは対応してないことが多い、漫画雑誌やゲーム誌が読めるのがBOOK☆WALKERの特徴的な部分です。

漫画雑誌を読んでいたり、アニメやゲームが好きな方であれば、BOOK☆WALKERがおすすめです。

ブックパス

ブックパスは、KDDIが運営している漫画、雑誌などが読み放題のサービスです。

漫画はブック放題より品揃えが少ないですが、実用書や小説、ラノベなど、漫画以外の広い用途に対応しているのが魅力です。

月額は562円(税抜)とブック放題より高く、BOOK☆WALKERより安い中間的な位置付けです。

おすすすめまとめ
  • 漫画を重視→ブック放題
  • アニメやゲームが好き→BOOK☆WALKER
  • 雑誌、小説、実用書も読む→ブックパス

漫画読み放題サービス月額定額サブスクまとめ

シーモア読み放題

シーモア読み放題は、NTTソルマーレが運営する漫画読み放題サービスです。

都度購入することもできるため、漫画読み放題を楽しみつつも、都度購入も後々考えているのであればおすすめです。

読み放題は『ライト』と『フル』の2つのコースがあり、考えに合わせて選ぶことができます。

それぞれ月額は780円(税込)と1,480円(税込)です。フルは女性向けや大人向け、ラノベが豊富になります。

読み放題フルのコースは、価格が高い分読み放題サービスの中では最大級の冊数です。

読み放題プレミアム

読み放題プレミアムは、Yahoo!プレミアムの会員の付帯サービスである漫画読み放題サービスです。

月額は462円(税抜)で、ブック放題のシステムを使っているため、ベースはブック放題と同じです。

ただ、価格が少し安いものの、読み放題の冊数はブック放題より少ないため、Yahoo!プレミアムを使う予定がある方向けといったところでしょう。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、アマゾンが提供する読み放題サービスです。

月額980円(税込)で30日の無料期間があります。

漫画以外に雑誌、小説、実用書など総合的に様々な本が読めますが、どちらかというと実用書が多いため、漫画を中心に読むのであれば、漫画に強い読み放題サービスを選んだ方がおすすめです。

FODプレミアム

FODプレミアムは、フジテレビのビデオオンデマンド(動画配信)サービスです。

月額は888円(税抜)で、条件によっては2週間の無料期間がつきます。

漫画の読み放題サービスは冊数が少なく、あくまで動画配信を楽しむのをメインとしていて、付帯サービスとして楽しむケースを想定されています。

そのため、漫画読み放題サービスをメインで考えているのであれば、おすすめはできません。

漫画以外にも雑誌読み放題サービスが付帯しています。

U-NEXT

U-NEXTは、U-NEXTが運営するビデオオンデマンドサービスです。

月額は1,990円(税抜)で無料期間は31日です。

動画配信がメインですが、雑誌読み放題や無料で読める漫画もあります。

ただ、基本的には都度購入を想定されているため、読み放題をメインとして使うのは難しいです。

動画をメインとして漫画も楽しむのであれば、毎月1200円分ポイントがもらえるので、そちらを都度購入に使うことができます。

無料の漫画読み放題サービスまとめ

基本的に無料で漫画読み放題のサービスをまとめました。

ほぼ無料であるものの、一部課金やチケット回復のために待つ必要があるサービスや、完全無料であるものの広告量が多いなどそれぞれ特徴があります。

また、完全無料のものは古い作品がメインのものや、オリジナル作品なども多く、人気の作品がないケースもあるため、サブスク型の読み放題サービスと併用するのがおすすめです。

スキマ

スキマは、TORICOが運営している無料漫画読み放題サービス。

無料で漫画読み放題サービスを提供していますが、その代わり広告が出てきます。都度購入で読める漫画も取り扱っていますが、チケット制で毎日最大3話まで無料で読むことも可能です。

比較的女性向け漫画が多いですが、ラインナップが無料で読めるサービスの中では豊富です。

マンガ図書館Z

マンガ図書館Zは、Jコミックテラスが運営している無料漫画読み放題サービスです。

特徴的なのは、絶版作品などを取り扱っている点で、他にも単行本化されなかった漫画や、新しく生まれたばかりの漫画などを読むことができ、広告を表示することで無料で読める仕組みとなっています。

広告はプレミアム会員になることで非表示にできます。他に人が知らないような漫画を探してるのであれば、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

GANMA!

GANMA!は、コミックスマートが運営する無料漫画読み放題サービスです。

オリジナル新作漫画を中心に配信しているため、「新しい漫画に出会いたい」「有名になる前の漫画家さんを見つけたい」と考えている漫画ファンの方におすすめです。

マンガボックス

マンガボックスは、マンガボックスが配信している無料漫画読み放題アプリです。

連載されているオリジナル作品が多く、無料で読めるものも多いです。ウェブ版では、インディーズの連載もあり、連載を中心に読むのであれば、都度購入になるのは過去作品なのでお財布に優しい設計になっています。

ストアで都度購入することもできます。

comico

comicoは、NHN comicoが運営する無料漫画読み放題サービスです。

無料で読めるオリジナル漫画が多く、ウェブ版ではポイントによるレンタルが必要になるケースがあるものの、アプリ版であれば広告を見れば無料になるためお財布に優しい設計なのが特徴です。

マンガZERO

マンガZEROは、Nagisaが運営する漫画読み放題サービスです。

全話無料で読める作品が多く、サブジャンルが設定されているため、好みの漫画を探しやすい設計になっています。

また、ウェブ版限定の漫画があるのも特徴です。

読み放題作品以外にもレンタル、購入と都度課金タイプのコンテンツもあります。

マンガハック

マンガハックは、エコーズが運営している無料漫画読み放題サービスです。

投稿された漫画が主でオリジナルの作品がほとんどで、人気漫画ではなく新しい作品、これから人気になりそうな作家さんを探してみたいと考えているのであれば、おすすめのサービスです。

マンガ読破!

マンガ読破!は、六式が運営している無料漫画読み放題サービスです。

全巻無料で漫画読むことができる代わりに、広告収益を作家や出版社などに還元しています。

アプリや登録がいらず、ウェブ上ですぐに読むことができるのが特徴で、登録などが面倒な方向けです。

人気の作品は多くありませんが、様々な漫画を無料で読みたいと考えているのであれば、おすすめなサービスです。

マンガKING

マンガKINGは、マンガKINGが運営する無料漫画読み放題アプリです。

ポイント、チケットの課金がなく、待ち時間がないのが特徴ですが、懐かしい漫画が多く比較的広告が多いため、広告をストレスに感じないかで評価が大きくかわるサービスと言えるでしょう。

恋するマンガ

恋するマンガは、六式が運営する無料漫画読み放題サービスです。

同じ六式が運営する漫画読破!と違うのは、名前の通り女性向けの恋愛ジャンルの漫画がほとんどを占めているところです。

無料で恋愛漫画を読みたいけど、いろんなジャンルがあるなかから探すのは面倒!というニーズに答えてくれるサービスです。

pixivコミック

pixivコミックは、ピクシブが運営する漫画読み放題サービスです。

無料で読める部分が多いですが、掲載が終了することもあり、掲載されてない部分はストアで購入する形になります。

pixivコミック発で人気が出て実写化された作品もあるので、今注目のサービスと言えるでしょう。

読み放題とまではいかないけど無料漫画があるサービスまとめ

完全に漫画読み放題ではありませんが、無料で漫画を読めるサービスをまとめました。

漫画読み放題サービスとの併用時などに、お役立ていただけましたらと思います。

BookLive

BookLiveは、凸版印刷グループのBookLiveが運営する電子書籍サービスです。

月額での読み放題サービスはなく、都度課金が基本ですが、無料で読める漫画の数が非常に多いのが特徴です。

月額の読み放題サービスと、都度購入するサービスを使い分けるのであれば、登録しておいて損はないサービスです。

毎日クーポンガチャがあったり、初回登録時に50%OFFのクーポンがもらえるので、購入しておきたい電子書籍があるのならおすすめです。

ebookJapan

ebookJapanは、イーブックイニシアティブジャパンとヤフーが共同運営する老舗の電子書籍サービスです。

月額ではなく都度購入のサービスが基本ではありますが、無料のお試し読みも多いため、漫画読み放題サービスと都度購入を併用するのであれば選択肢の1つです。

無料で連載している漫画も読めるのも特徴です。

まんが王国

まんが王国は、ビーグリーが運営する電子書籍サービスです。

月額ではなく都度課金のサービスですが、無料で話題作の試し読みができるため、漫画ファンとしては重宝するサービスの1つです。

都度購入系のサービスは、試し読みが1話しかなかったり短いケースも多いですが、まんが王国のじっくり試し読みは最大4巻までなど長く読めるものも多く、他のサービスと比較して試し読みが長いのが特徴です。

楽天kobo

楽天が運営する楽天koboは、他のサービスと比較すると少なめではありますが、無料で読めるコーナーがあります。

生活に楽天のサービスを多く取り入れている人であれば、続きを楽天ポイントで購入することもできるため、メリットがあります。

DMM電子書籍

DMM電子書籍は、DMM.comが運営するサービスです。

DMMと言えば大人なイメージがあるかもしれませんが、無料で読める通常の漫画もあります。

ただ、冊数は少ないため、漫画読み放題サービスを目的としているのであれば、おすすめはできません。

ソク読み

ソク読みは、デジタルカタパルトが運営するサービスです。

基本的に都度課金型ですが、無料で読める漫画もあります。

月額のプランもあり、ポイント制で月額が大きくなるほど、ポイントにボーナスがつく設計になっています。

ピッコマ

ピッコマは、カカオジャパンが運営する漫画サービスです。

全巻あるうちの最初の方は無料で読め、途中からは時間による制限が設けられ、待てば無料となります。最終巻が近くなると課金制になります。

漫画の人気度や新刊に近いかによって課金ポイントが異なります。

全巻読みたいけど、できるだけ購入負担を抑えたいと考えているのであれば、考えにマッチするサービスです。

LINEマンガ

LINEマンガは、LINE Digital Frontierが運営する漫画アプリです。

23時に1話ずつ読み進めることができて、1巻まるごと無料試し読みができる作品が毎週更新されます。

CMなどを見たり、友達におすすめすることで、待ち時間を短縮できる機能もあるため、チケット制のみのサービスより優秀です。

ただ、コインを購入してからの都度購入が主で、月額サービスは提供されていません。

マンガBANG!

マンガBANG!は、Amaziaが運営する漫画サービスです。

無料漫画読み放題コーナーとストアでコーナーが分かれており、無料で読める漫画の中から気になったものを購入するようなスタイルです。

アルファポリス

アルファポリスは、アルファポリスが運営するサービスで、ウェブ漫画以外にも小説なども読むことができます。

オリジナルの投稿作品もあり、人気の漫画は書籍化されるシステムになっているのが特徴です。

異世界転生ものなどのラノベが好きであれば、好みにあうサービスでしょう。全巻無料のものと、コインによるレンタルで課金が必要な部分にわかれています。

出版社の漫画読み放題サービスまとめ

漫画出版社が提供している読み放題サービスは、基本的に最初の数話と最新話ないし、最新話に近い話が無料で読むことができ、その他はポイントで購入することになります。

ただ、ウェブで読める連載作品を中心に毎週読むような楽しみ方であれば、無料で様々な漫画を読むことがでるため、無課金派にも便利なサービスです。

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+は集英社が運営しています。

基本的には、最初の数話と最新の数話が無料で読むことができ、他はポイントによる購入形式ですが、曜日毎の連載が非常に多く、連載を追っていくだけでも楽しめる膨大なコンテンツ量があります。

マガポケ

マガポケは、講談社が運営するサービスです。

週刊、月刊マガジンの連載の他にもウェブオリジナルの作品も数多くあるため、連載を追いつつ好きな作品の単行本や電子書籍を買う形がメインとなるでしょう。

コミックDAYS

コミックDAYSは、講談社が運営しています。

DAYSオリジナルの連載があるのが特徴で、各曜日の連載が非常に多いので、連載を追っていくだけでも十分に楽しめます。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶりは、小学館が運営していて、ウェブとアプリの双方がありますが、メインはアプリです。

週刊少年サンデー、ゲッサン、サンデーGX、サンデーSなどの人気漫画を楽しめる以外にも、うぇぶりオリジナルの連載があります。

無料部分もありますが、それ以外は23時間ごとに1枚回復するチケットや、動画広告を見てもらえるポイント、購入して利用するポイントなどによって漫画を見ることができます。

マンガワン

マンガワンは、小学館が運営するアプリタイプの漫画読み放題サービスです。

裏サンデーの連載作品を全話読むことができる以外にも、『闇金ウシジマくん』『MAJOR』などの人気の漫画を読むことができます。

他にも、裏サンデーの連載作品が1週間早く読めたり、マンガワン限定の書き下ろしなどがあります。

マンガPark

マンガParkは、白泉社が運営していて、ウェブとアプリがありますが、アプリがメインです。

白泉社は『LaLa』『花とゆめ』などの女性向けの漫画雑誌を出版している出版社。

女性向けの漫画がメインですが、白泉社は『ヤングアニマル』も出版していますので、男性向けの漫画ももちろんあります。

漫画以外にも、声優さんのオリジナルラジオがあるなど、独自なコンテンツもあるため、声優さんが好きな方にはおすすめです。

マンガMee

マンガMeeは、集英社が運営しているマンガアプリです。

主に女性向けの恋愛・少女漫画がメインで、オリジナルの連載漫画や『りぼん』『マーガレット』などの漫画を読むことができます。

広告を見ることで無料で見られる作品も多く、少女漫画が好きならおすすめのアプリです。

マンガUP!

マンガUP!は、スクウェア・エニックスが運営しているマンガアプリです。

スクウェア・エニックスといえばゲームの会社というイメージがありますが、『少年ガンガン』『ヤングガンガン』などの漫画雑誌も発行しています。

そのため、人気の作品を読むことができるのが魅力です。

無料で読める量も多く、連載作品もあります。MP(時間がくると自動的に取得できる無料ポイント)や、購入が必要なコインなどがあり、無料で読める部分と課金が必要な部分がわかれています。

まとめ

漫画読み放題サービスは様々なものがありますが、月額が無料のものはチケット制になっていて読み放題とはいえ制限があったり、途中から都度購入が必要になるなど本来の目的にそぐわないケースが多いです。

そのため、月額定額のサブスク型読み放題サービスを使う方が、ストレスなく漫画ライフを楽しめるためおすすめです。

サブスク型のものでも無料期間を設けているものが多いので、迷ってしまうのであれば、まずは複数登録して使用感を比較してみる方がのちのち後悔しないでしょう。

この記事が、ご自身にあった漫画読み放題サービスを選ぶきっかけになりましたら幸いです。

目次
閉じる