【令和3年最新】漫画サブスク徹底比較!月額定額読み放題7選

漫画サブスク(月額定額読み放題)のおすすめ比較

「漫画のサブスク(月額定額読み放題サービス)は多くて選ぶのが大変」

と感じていませんか?

この記事では漫画をサブスク(月額定額)で読み放題できるサービスを選ぶ時間を短くできるように徹底比較してまとめました。

ご自身に合う漫画のサブスクを見つけたい方は、ぜひご覧下さい。

目次

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)を選ぶ上で重要なポイント

初めに、漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)を選ぶ上で重要な3つのポイントをお伝えします。

読みたいジャンルに強みがあるか

漫画のサブスクは、各サービスによって得意な漫画のジャンルが異なります。

それぞれの特徴を理解した上でご自身に合うサービスを選ぶことが重要です。

漫画以外の用途も検討しているか

漫画のサブスクは、漫画読み放題以外にも、雑誌、小説、ビジネス書・実用書、ラノベなど他の読み放題もできます。

動画を視聴できるサービスもあるため、漫画読み放題以外に何を重視するかによって選ぶべきサービスが変わります。

予算の範囲内か

漫画のサブスクは月額が500円(税込)〜1,480円(税込)と幅があります。

漫画に使う月額を減らしたい方は問題ない価格かもしれませんが、そうでない方は予算内のサービスを選びましょう。

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)7つの比較表と各サービスの特徴

サービス名漫画冊数月額無料期間強み・長所漫画以外の用途
ブック放題35,000冊以上550円(税込)1ヶ月・漫画のジャンルが広い
・やや男性向け漫画に強み
雑誌
BOOK☆WALKER20,000冊以上836円(税込)なし漫画雑誌や異世界漫画に強みアニメ・ゲーム誌
シーモア読み放題ライト/30,000冊以上
フル/74,000冊以上
ライト/780円(税込)
フル/1,480円(税込)
7日・女性向け漫画に強み
・読み放題フルはBL・TL、大人向けに強み
ムック本、小説、実用書など
Kindle Unlimited50,000冊以上980円(税込)30日お試しで読める漫画が多いビジネス書・実用書、雑誌、小説など
FODプレミアム2,000冊以上976円(税込)2週間動画が視聴可能動画、雑誌
ブックパス1,000冊以上618円(税込)30日書籍全般に対応雑誌、小説、実用書など
Prime Reading300冊以上500円(税込)30日Prime Videoが利用可能雑誌、実用書など
漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)7つの比較表

こちらが漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)7つの比較表です。

それぞれのサービスがどのような方におすすめなのかをまとめると以下の通りです。

あなたにおすすめの漫画読み放題サービスは?
  • ブック放題…全巻読み放題が良い方、雑誌も読む方
  • BOOK☆WALKER…漫画雑誌を読む方、異世界ものなどラノベ原作の漫画を読みたい方
  • シーモア読み放題…女性向けの漫画、BLやTL、大人向けの漫画を読みたい方
  • Kindle Unlimited…様々な漫画に触れたい方、小説、ビジネス書・実用書も読む方
  • FODプレミアム…漫画を読むだけでなく動画も見たい方
  • ブックパス…漫画以外にも様々なジャンルの本を読む方
  • Prime Reading…Amazonをよく使う方、Prime Videoも見たい方

続いて、漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)各社の特徴をお伝えします。

ブック放題は全巻読み放題なのが特徴

ブック放題は、ソフトバンク系の会社であるビューンが運営している雑誌と漫画が月額550円(税込)で読み放題のサービスです。初回は1ヶ月のお試し期間があります。

一番の特徴は、都度購入が必要な作品はなく全巻読み放題なところです。

漫画のジャンルも、全ジャンル幅広く網羅しているので、漫画の読み放題を検討しているのであれば、一番に検討したいサービスと言えるでしょう。

また、漫画を探す際に「#恋愛」など、SNSのようにタグがついているため、好みのジャンルの漫画を探すのに適していて使い勝手がいいところも見逃せません。

BOOK☆WALKERはマンガ雑誌に強み

BOOK☆WALKERは、KADOKAWAグループの子会社であるブックウォーカーが運営している読み放題サービスです。

月額836円(税込)で、漫画20,000冊以上とマンガ雑誌など80誌が読み放題です。

他では対応してないことが多い、マンガ雑誌以外にもアニメ・ゲーム雑誌が読める以外にも、異世界ものなどのラノベが原作の漫画に強いのが特徴です。

マンガ雑誌を読んでいたり、アニメやゲームが好きな方、ラノベが好きな方であれば、BOOK☆WALKERがおすすめです。

シーモア読み放題はBL・TLや大人向けが充実

シーモア読み放題は、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが運営する漫画読み放題サービスです。

読み放題ライトと読み放題フルの2つのコースがあり、『フル』では『ライト』では読めないラノベ、BL、TL、大人向け漫画の4ジャンルが増えます。

それぞれ月額は読み放題ライトが780円(税込)、読み放題フル1,480円(税込)です。

全体的に女性向けの漫画に強いサービスですが、漫画以外の読み放題も含め、冊数が多く総合力が高いサービスです。

Kindle Unlimitedは数巻までのお試しが多い

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供する読み放題サービスで、月額980円(税込)で30日の無料期間があります。

漫画以外にも雑誌、小説、実用書など様々な本が読めますが、実用書が中心で漫画は数巻までのお試しで都度購入が必要な作品が多いため、他の漫画読み放題サービスの方がおすすめです。

FODプレミアムは最近漫画に力を入れている

FODプレミアムは、フジテレビのビデオオンデマンド(動画配信)サービスです。月額は976円(税込)で、条件により2週間の無料期間があります。

漫画の読み放題サービスは冊数は多くなく、あくまで動画配信がメインで漫画は付帯サービスとして楽しむを想定で作られてるサービスです。

漫画読み放題をメインで考えているのであれば、おすすめではありませんが、最近では漫画に力を入れており、徐々に読み放題で読める冊数が増えています。

また、漫画以外にも雑誌が読み放題で読めます。

ブックパスは広い用途に対応している

ブックパスは、KDDIが運営している漫画、雑誌など総合的なジャンルの本が読み放題のサービスです。

用途の広さに強みがありますが、月額618円(税込)に対して漫画読み放題の冊数が他のサービスと比較して少ないため、漫画を中心に読みたいなら他のサービスの方がおすすめです。

Prime ReadingはKindle Unlimitedのお試しサービス

Prime ReadingはAmazonが提供しているアマゾンプライム会員の付帯サービスの1つです。

プライム会員はAmazonのお急ぎ便やお届け日指定便が無料で利用できたり、Prime Videoが視聴できることがメインのサービスで、月額500円(税込)で利用できます。

Prime Readingは漫画の読み放題冊数が少なく、あくまでKindle Unlimitedをお試しで利用できるよう位置付けです。

そのため、漫画読み放題サービスをメインとして利用するのは現実的に難しいと言えます。

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)のメリット

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)のメリットは以下の通りです。

  1. 読めば読むほど経済的
  2. 外出先でも漫画が読める
  3. 本を置くスペースがいらない
  4. 今まで読んだことがない作品に出会える
  5. 懐かしの作品を読めることがある

それぞれのメリットについて詳細をお伝えします。

読めば読むほど経済的

漫画のサブスクは月額定額で読み放題なので、単行本を買う場合と比較して、何冊読んでも費用が増えません。

月に数冊読むだけで月額以上にお得になる場合がほとんどで、漫画の購入費用がかさんでいる方にとっては経済的なメリットが大きいサービスです。

外出先でも漫画が読める

紙の本では外出先に何巻も持ち運ぶことは現実的ではありません。

漫画のサブスクを利用すれば、読み放題対象の漫画を一気に読むことも可能です。

スマホ1つで何巻分もの漫画を持ち運びできるのはメリットです。

本を置くスペースがいらない

漫画を紙の本で買えば買うほど、自宅に保管するスペースが必要です。

漫画のサブスクは電子書籍なので、本を置くスペースに困らない点がメリットです。

今まで読んだことがない作品に出会える

漫画読み放題サービスを利用すると、自分の興味の範囲では普段読まないような本に出会えます。

また、買うまでではないけど気になるくらいの漫画も気軽に読めるため、漫画好きの方にはメリットがあります。

懐かしの作品を読めることがある

著作権などの都合上、漫画読み放題サービスには、古い年代の作品も多く存在します。

お年を召された方であれば、「懐かしい」と感じる作品に再び出会えるメリットがあります。

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)のデメリット

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)のデメリットは以下の通りです。

  1. 比較的古い作品が多い
  2. 読み放題対象作品から外れることがある
  3. 続きを読むのに購入が必要な作品がある

それぞれのデメリットについて詳細をお伝えします。

比較的古い作品が多い

メリットでもお伝えしましたが、著作権などの都合上、漫画読み放題で読める漫画は古い作品が多めです。

もちろん、新しい作品もありますが、最近の漫画が読めると考えている方にとってはデメリットに感じるかもしれません。

読み放題対象作品から外れることがある

漫画のサブスクでは予告なく読み放題対象作品から外れることがあります。

また、期間限定で読み放題になっている作品もあるため、気になった作品は早めに読まないといけない点はデメリットと言えます。

続きを読むのに購入が必要な作品がある

ブック放題のように基本的に全巻読み放題であれば気になりませんが、それ以外のサービスは基本的に途中から購入が必要になる作品があります。

特に話題の作品は、購入が必要になる傾向が強いため、購入を検討していない方にとってはデメリットです。

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)のよくある質問

なぜ漫画のサブスクが成り立つの?

漫画読み放題サービスは、著作権を持っている出版社や作家から配信するための対価を支払うか、読んだページ分に対して報酬を支払う形で配信する権利を得ています。

上記により様々な電子書籍を配信し、月額利用料により利益を得ることでサービスが成り立っています。

漫画のサブスクでは『ワンピース』『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『東京リベンジャーズ』『キングダム』『進撃の巨人』などの人気漫画は読めないの?

漫画の読み放題サービス発足時は人気漫画も読めましたが、読み放題サービス提供側が儲かる仕組みで出版社が薄利であることが発覚してから、現在は残念ながら読めなくなっています。

ただ、過去に『カイジ』などの人気漫画が期間限定で読めるケースもあり、全く読めないという訳ではありません。

漫画のサブスクはオフラインでも読める?

ダウンロードして端末にデータを保存することでオフラインでも読めます。

漫画のサブスクの支払い方法は何がある?

各サービスによって異なりますが、基本的にクレジットカードが多く、他にはキャリア決済、デビットカードが利用可能なサービスが多いです。

海賊版の違法サイトと正規版の合法サイトの違いは?

漫画村事件以降、一般社団法人ABJが発足し、正規版である証明としてABJマークが付与されています。

詳しく知りたい方は関連記事『電子書籍のダウンロードは違法』『漫画村の代わりのサイト3選』もご覧下さい。

まとめ

漫画サブスク(月額定額読み放題サービス)は、単行本の購入金額を考えると数冊読むだけで月額以上の価値があり、メリットが大きいサービスです。

漫画好きの方であれば使わないのはもったいないサービスと言えるでしょう。

この記事ついてまとめると以下の通りです。

漫画読み放題について簡単にまとめると…
  1. 迷ったら全巻読み方放題で月額が安くお試し期間が長いブック放題がおすすめ
  2. 選ぶポイントは読みたい漫画ジャンル、他の用途で使うか、予算内かの3つ
  3. メリットは経済的、外出先でも読める、スペースがいらない、様々な作品に出会えること
  4. デメリットは古めの作品が多い、予告なしに読み放題から外れる、都度購入が必要な作品があること

この記事が、ご自身にあった漫画読み放題サービスを選ぶ上で役立ちましたら幸いです。

\ 迷ったらおすすめ /

目次
閉じる