雑誌読み放題サービス10社徹底比較!おすすめをタイプ別に紹介

雑誌読み放題の比較

「雑誌読み放題サービスって色々あるけど、どれが一番自分に合うの?」

と迷っている方向けに雑誌読み放題サービス10社を比較して、タイプ別におすすめをまとめました。

雑誌読み放題サービスの選び方、各サービスの特徴までまとめていますので、ぜひご覧下さい。

目次

雑誌読み放題サービスの選び方

雑誌読み放題サービスを選ぶ時間を時短するためには、選び方を押さえておく必要があります。

  1. 読み放題の雑誌数
  2. 雑誌読み放題以外の用途
  3. 月額料金
  4. 無料お試し期間
  5. 使用感

こちらの5つの要素が選ぶ上で重要です。それぞれどのような内容かお伝えします。

読み放題の雑誌数

各雑誌読み放題サービスで読める雑誌数が異なります。

傾向として、雑誌専門の読み放題サービスは読み放題雑誌数が多く、他のジャンルの電子書籍も読み放題のサービスは雑誌数が少なくなります。

雑誌読み放題以外の用途

雑誌読み放題サービスは、雑誌以外の読み放題や動画配信サービスが利用できるものもあり、大きく分けると以下の4タイプです。

  1. 雑誌読み放題専門
  2. 雑誌+漫画の読み放題
  3. 雑誌+総合的なジャンルの読み放題
  4. 雑誌読み放題+動画配信

雑誌以外にも用途があるのか考えて選ぶと、後々乗り換える手間を省けます。

月額料金

雑誌読み放題サービスは、雑誌専門のものの方が月額料金が安く、他の読み放題や動画配信サービスがあるものは月額がそれだけ高くなります。

費用を抑えたい場合は、雑誌専門の読み放題サービスを選ぶのがおすすめです。

無料お試し期間

雑誌読み放題サービスは無料お試し期間が約1ヶ月あるサービスが多いですが、中には無料期間がないサービスもあります。

機能などにこだわりがある方は、無料お試し期間があるサービスを選びましょう。

使用感

各雑誌読み放題サービスで使用感は異なります。

使用感にこだわりがある方は、無料お試し期間があるサービスを複数使い、使用感を確かめて比較する方法がおすすめです。

雑誌読み放題サービスの10社の比較表

サービス名特徴無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
楽天マガジン楽天ポイントが使用可能
コスパが優秀
31日418円(税込)700誌以上なし
dマガジンdポイントが使用可能
機能性が優秀
31日440円(税込)700誌以上なし
タブホムック本が多い24時間550円(税込)900誌以上
(ムック本含む)
なし
ブック放題漫画35,000冊以上も読み放題1ヶ月550円(税込)500誌以上漫画
BOOK☆
WALKER
マンガ雑誌中心
漫画も読み放題
なし836円(税込)マンガ雑誌など
80誌以上
漫画
Kindle
Unlimited
実用書が豊富30日980円(税込)250誌以上漫画、小説、
実用書など
ブックパスジャンルは広いが読み放題冊数は少ない30日総合618円(税込)
雑誌418円(税込)
300誌以上漫画、小説、
実用書など
FOD
プレミアム
フジテレビ系の動画が見られる2週間976円(税込)150誌以上動画、漫画など
U-NEXT映画やアニメなど幅広い動画が見られる31日2,189円(税込)110誌以上動画、漫画、
小説など
読み放題
プレミアム
パリーグやバスケの配信が見られるなし508円(税込)110誌以上スポーツ配信
雑誌読み放題サービスの比較表

こちらが雑誌読み放題サービス10社の特徴やスペックを比較した表です。

比較表だけではどのサービスが合っているのかわかりづらいと思いますので、各サービスがどのような方におすすめかをまとめました。

各雑誌読み放題サービスがおすすめな方
  1. 楽天マガジン…雑誌のみ読む方でコスパを重視する方
  2. dマガジン…雑誌のみ読む方で機能性を重視する方
  3. タブホ…雑誌の配信が1号遅れのためおすすめではない
  4. ブック放題…雑誌読み放題も漫画読み放題も利用したい方
  5. BOOK☆WALKER…マンガ雑誌、ゲーム・アニメ雑誌や漫画を読む方
  6. Kindle Unlimited…雑誌以外にも実用書や小説の読み放題も利用する方
  7. ブックパス…電子書籍の都度購入も考えている方
  8. FODプレミアム…フジテレビ系の動画も視聴したい方
  9. U-NEXT…映画やアニメなど幅広い動画コンテンツも視聴したい方
  10. 読み放題プレミアム…スポーツの配信も見たい方

雑誌読み放題のみを利用する方におすすめのサービス

雑誌専門の読み放題サービスは、

  1. 楽天マガジン
  2. dマガジン
  3. タブホ

の3つが主なサービスです。

それぞれのサービスの特徴をまとめてお伝えします。

楽天マガジン

楽天マガジンは、月額418円(税込)と雑誌読み放題サービスの中では一番安く、700誌以上と品揃えも豊富です。

年額プランを選べるのが他にない特徴で、年3,960円(税込)、月換算で月額330円(税込)とさらに安くなります。

楽天のサービスを多く利用しているなら、通常ポイントではなく、期間限定ポイントでも月額の支払いができるためメリットが大きいサービスです。

dマガジンと比較して、トップページのカスタマイズ性に優れ、旅行雑誌へのアクセスが簡単にできる点が優れています。

  1. 月額料金が最安な点
  2. 年払いならさらに安くなる点
  3. 期間限定の楽天ポイントも月額料金の支払いにあてられる点

この3点からコスパ重視の方におすすめです。

dマガジン

dマガジンは、楽天マガジンとよく比較される雑誌読み放題サービスです。

700誌以上の雑誌が読め、ファッション、ライフスタイル、ビジネス、スポーツ、週刊誌など幅広いラインナップが揃っています。

月額は、440円(税込)と楽天マガジンと比較して少し高いですが、dポイントで支払いもできるため、ドコモユーザーならdマガジンの方がメリットが大きいでしょう。

dマガジンの一番のポイントは、操作性や保存機能が優れていることです。

直感的に操作できる設計であり電子書籍に慣れていない方でも使いやすく、『クリッピング機能』で半永久的にお気に入りの記事を保存できます。

そのため、機能性を重視する方におすすめです。

楽天マガジンと詳しく比較したい方は『dマガジンと楽天マガジンを比較』をご覧下さい。

タブホ

タブホは、ムック本が多く、るるぶなどの旅行関係、レシピ本などが豊富なサービスです。

900誌以上が読み放題であるものの、実質的には楽天マガジンやdマガジンと品揃えは変わりません。

また、お試し期間が24時間と短く、雑誌の配信は最新号から1号遅れであるため、タブホを選ぶメリットは低いです。

最新号を読める楽天マガジンdマガジンを利用した方がメリットがあります。

タブホは、dマガジンと比べられることが多いため、両者を比較したい方は、『タブホとdマガジンを徹底比較』もご覧下さい。

漫画と雑誌読み放題を両方利用したい方におすすめのサービス

雑誌読み放題と漫画読み放題がセットになっているサービスは、

  1. ブック放題
  2. BOOK☆WALKER

の2つです。

それぞれのサービスの特徴をまとめてお伝えします。

ブック放題

ブック放題は、雑誌読み放題だけでなく漫画読み放題も利用できるサービスです。

漫画は35,000冊以上、雑誌は500誌以上が月額550円(税込)で読めるので、コスパが良いサービスです。

雑誌と漫画を両方読み放題で利用したいなら、ブック放題が一番考えに合います。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、マンガ雑誌が読み放題で、他にも『ファミ通』などのゲーム雑誌や、アニメ系の雑誌など、他では読めない雑誌が読み放題なのが特徴です。

また、漫画20,000冊が読み放題で、月額は836円(税込)です。

週刊誌などを読みたい方にはおすすめではありませんが、マンガ雑誌を読みたいと考えている方にはおすすめです。

総合的な読み放題の中の1つとして雑誌読み放題を利用したい方におすすめのサービス

総合的なジャンルの電子書籍が読み放題で、雑誌読み放題もできるサービスには、

  1. Kindle Unlimited
  2. ブックパス

の2つがあります。

それぞれのサービスについて特徴をお伝えします。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、雑誌読み放題がメインというよりも、豊富な実用書や海外の書籍、小説などが読める総合的な読み放題サービスです。

月額980円(税込)で、雑誌読み放題は250誌以上、他にも500,000冊以上の電子書籍が読み放題で読めます。

漫画も読めますが、基本的に購入が前提なので漫画読み放題には不向きです。

雑誌と合わせて実用書や小説も読み放題で読みたい方におすすめです。

ブックパス

ブックパスは、

  1. 雑誌読み放題のみのマガジンコース
  2. 電子書籍全般が読める総合コース

の2つのコースがあります。

雑誌読み放題のコースは、300誌以上と同じ価格の楽天マガジンと比較して数が少ないため、使うメリットが低いです。

一方、総合コースは、雑誌の読み放題以外にも書籍全般を読むことができますが、読み放題の冊数はKindle Unlimitedと比較してかなり少ないです。

電子書籍の購入も視野に入れているなら、選択肢の1つですが、普段Kindleを使っている方であれば、Kindle Unlimitedの方がおすすめです。

雑誌読み放題と動画を楽しみたい方におすすめのサービス

動画と雑誌読み放題が一緒に楽しめるサービスは以下の3つです。

  1. FODプレミアム
  2. U-NEXT
  3. 読み放題プレミアム

それぞれのサービスの特徴をまとめてお伝えします。

FODプレミアム

FODプレミアムは、月額976円(税込)で、雑誌は150誌以上が読み放題で、フジテレビ系のドラマだけでなく映画なども見られる動画配信サービスです。

動画配信の付加サービスとして雑誌の読み放題がついています。他にも、購入がメインですが、少しだけ無料で読める漫画があります。

読みたい雑誌があるから選ぶというより、動画配信サービスを楽しみながら「気になる雑誌があったらいいな」と考えている方に合うサービスです。

U-NEXT

U-NEXTも、FODプレミアムと同じ動画配信サービスの1つです。

月額2,189円(税込)、雑誌は110誌以上が読み放題です。

FODプレミアムと同じく、あくまでも雑誌は付帯サービスの1つで、映画やアニメなど動画配信サービスをメインとする方におすすめです。

また、U-NEXTオリジナルの小説が読み放題のサービスも始まっているので、小説が好きなら試してみる価値があるサービスです。

読み放題プレミアム

読み放題プレミアムは、Yahoo!プレミアムの付帯サービスの1つで、雑誌110誌以上が読み放題で読めます。

Yahoo!プレミアムは月額508円(税込)ですが、雑誌読み放題以外にも、Yahoo!ショッピングでのPayPay還元率UP、パリーグやバスケの配信が視聴できる特典があります。

雑誌読み放題をメインに考えている場合、楽天マガジンの方がコスパが良いためおすすめできませんが、スポーツの配信を視聴したい方は選択肢の1つです。

まとめ

雑誌読み放題サービスは、1冊で元を取れるサービスも多いため、経済的なメリットがあるだけでなく、同じジャンルの雑誌を複数読むことで、多面的に情報に触れられるメリットがあります。

無料期間があるサービスも多いため、複数登録して使用感を比べやすいのも雑誌読み放題サービスの良いところと言えるでしょう。

目的に合ったサービスを選ぶことで、生活の質をより高めることに繋がります。

迷っている方は、まずは楽天マガジンdマガジンを使って比較してみるのがおすすめです。

目次
閉じる