dマガジンの口コミ評判は?特徴からメリットとデメリットまで解説

dマガジンの口コミ評判

「dマガジンの口コミ・評判って実際どうなの?」

と気になっているあなたのために、口コミ評判、そこからわかるメリットとデメリットをまとめてお伝えします。

dマガジンは、楽天マガジンと並び検討されることが多く、検索性の高さや、操作性の良さから雑誌読み放題を初めて利用する方にも向いているサービスです。

dマガジンの特徴、口コミ評判、他のサービスとの比較など、判断に役立つ情報をまとめてお伝えします。

dマガジンを簡単にまとめると…
  • dマガジンは月額440円(税込)で700誌以上が読み放題
  • dポイントで支払いができ、dポイントが貯まる
  • メリットは検索性や操作性が高く、記事を半永久的に保存できる『クリッピング』が使える点、家族と共有しても検索履歴がバレない点
  • デメリットは楽天マガジンと比較すると月額が高い点
  • dマガジンがおすすめな方は、家族で共有する方、好きな芸能人の記事を保存したい方

\ 31日間無料で読み放題 /

目次

dマガジンの特徴

項目基本情報
月額440円(税込)
無料期間31日
雑誌数700誌以上
支払いドコモユーザー…ドコモ払い
ドコモユーザー以外…クレジットカード
ポイント付与ドコモユーザー…1,000円につき10ポイントor100ポイント
ドコモユーザー以外…100円につき1ポイント
マルチデバイスアプリ/5台・ブラウザ/1台
dマガジンの基本情報

こちらがdマガジンの基本情報をまとめた表です。

dマガジンの特徴は一言でお伝えすると機能性の高さです。

dマガジンは記事を半永久的に保存できる独自の『クリッピング』機能があり、家族と共有して使う場合も履歴が別端末に共有されないのが特徴です。

支払い方法はドコモの携帯電話を使っているか、そうでないかで方法が異なり、ドコモユーザーでdカードGOLDを使っている場合、還元率が上がり1,000円につき100ポイント付与されます。

dマガジンの良い口コミ評判

dマガジンの良い口コミや評判をまとめると以下の通りです。

dマガジンの良い口コミや評判まとめ
  • コスパが良い
  • 好きな芸能人の情報を追いやすい
  • るるぶが読める
  • 必要なページを保存できる
  • 読みたい雑誌が読める
  • 検索機能が良い
  • 操作性が良い

dマガジンは楽天マガジンより月額が高いものの、それでも満足するほどコスパが良いと感じている声が多くみられました。

これは雑誌によっては紙より読み放題の方がお得になることが考えられます。例えば、VERYは780円(税込)なので、紙の雑誌を買うより月額440円(税込)のdマガジンの方がお得です。

(VERYは現在楽天マガジンで読めるようになっています)

また、dマガジンはジャニーズなどのアイドルファンの方から高評価の声が多く、発売日にすぐに読める点や、複数の雑誌を買わずとも横断的に情報を集められる点が評価されています。

dマガジンの悪い口コミ評判

dマガジンの悪い口コミや評判をまとめると以下の通りです。

dマガジンの悪い口コミや評判まとめ
  • ダウンロードが遅い
  • 決済情報の場所がわかりづらい
  • 変更手続きが複雑
  • 2段階認証でトラブルが起こると面倒
  • 画質が悪い・見づらい
  • タブはdマガジン側が表示したいものを表示する
  • dアカウントにロックがかかり解約できなかった

dマガジンの悪い口コミ評判として多かっったのが、手続きが面倒という声でした。

dマガジンの解約自体は比較的シンプルですが、dアカウントにトラブルがあった場合、システムの構造が複雑なので、労力を使う可能性が高くなります。

決済情報の変更は、dアカウントと紐づいているため、手続きが複雑で悪い評価をしている声が多くみられました。

また、dマガジンは楽天マガジンのようにトップに表示したいジャンルを選べず、特集などのタブの表示はdマガジンが行う点について、好みと合わず悪い評価を下している方もいます。

アカウント周りの面倒を避けたい方、トップページをカスタマイズしたい方は、楽天マガジンの方がおすすめです。

dマガジンのメリット

dマガジンの良い口コミや評判をふまえてメリットをまとめました。

機能性が高い

dマガジンは、ジャンル、話題のテーマ、人気の記事TOP50など、気になる情報を見つけやすい工夫がされています。

好みの問題であり使用感は評価が分かれますが、dマガジンは直感的に操作できるため、電子書籍で雑誌を読むのが初めての方でも比較的使いやすいです。

また、記事が探しやすいとの声もあり、特定の芸能人や趣味の情報など、雑誌を横断して記事単位で探しやすい点がメリットです。

他にも、楽天マガジンにはできないダウンロード方法の選択ができ、3つの方法から選べます。

履歴が共有されない

ライバルサービスとなる楽天マガジンと違い、dマガジンは別端末に閲覧履歴が共有されないため、家族での共有にも向いているサービスです。

共有の際に履歴を消したり、残っているか確認するストレスがないのはメリットと言えるでしょう。

『クリッピング』が便利

他にも、楽天マガジンにはない『クリッピング』はdマガジンを使うメリットの1つです。

クリッピングすることで、最大100記事まで雑誌が見れなくなった後も記事を半永久的に保存できます。

次に行く旅行先の気になる情報を保存しておいたり、芸能人やアイドルのお気に入りの記事を保存しておくなど、広い用途で活用できる便利な機能です。

dマガジンのデメリット

dマガジンの悪い口コミや評判をふまえてデメリットをまとめました。

dアカウント周りの手続きがわかりづらい

dマガジンの悪い口コミでも多くの声があったように、dアカウントは手続きが複雑なため、決済用のクレジットカードの変更などに思いのほか時間がかかります。

また、セキュリティのためであるものの二段認証は、面倒な手続きが嫌いな方には大きなデメリットです。

トップのカスタマイズができない

dマガジンは楽天マガジンのようにトップをカスタマイズできないのがデメリットです。

dマガジン側が特集したページなどが好みに合わない場合、ストレスに感じる可能性があります。

支払いに柔軟性がない

dマガジンの支払い方法は月払いのみで、楽天マガジンのように年払いによる割引はありません。

また、楽天マガジンは期間限定の楽天ポイントを支払いに使える一方で、dマガジンは通常のdポイントしか支払いに使えないのはデメリットです。

dマガジンと他のサービスとの比較

dマガジンと他のサービスを比較して、どちらがおすすめかをサービスごとにまとめてお伝えします。

dマガジンと楽天マガジン

サービス名無料期間月額雑誌数
dマガジン31日440円(税込)700誌以上
楽天マガジン31日418円(税込)700誌以上
dマガジンと楽天マガジンの比較表

dマガジンは、楽天マガジンと比較すると月額が若干高いです。雑誌数は双方とも元々500誌以上でしたが、徐々に増えています。

dマガジンでは、楽天マガジンでは読めないファッション誌などがあるだけでなく、操作性や検索性が高い点が優れています。

そのため、雑誌読み放題サービス初心者であれば、dマガジンから使ってみた方が馴染みやすいと言えます。

迷っているのであれば、双方無料期間が設定されているので、使ってみて使用感を比較すると失敗が少なくなりおすすめです。

より詳しく雑誌読み放題の中でも人気の楽天マガジンとdマガジンを比較したい方は、『dマガジンと楽天マガジンの比較』をご覧下さい。

dマガジンとブック放題

サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
dマガジン31日440円(税込)700誌以上なし
ブック放題1ヶ月550円(税込)500誌以上漫画
dマガジンとブック放題の比較表

dマガジンとブック放題を比較すると、ブック放題は漫画が読める代わりに雑誌の量が少なくなります。

雑誌をメインにするのであれば、dマガジンの方がおすすめですが、漫画も予算をかけずに読みたいというのであれば、ブック放題の方がマッチしている可能性があります。

dマガジンとブックパス

サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
dマガジン31日440円(税込)700誌以上なし
ブックパス30日雑誌418円(税込)
総合618円(税込)
300誌以上漫画、小説、
実用書など
dマガジンとブックパスの比較表

dマガジンとブックパスの比較では、ブックパスの雑誌だけのコースの方が、価格は安いものの雑誌数が少なくなります。

近い価格でdマガジンの方が、雑誌数が豊富であることを考えると、あえてブックパスの雑誌コースを選ぶ理由はないでしょう。

ブックパスの総合コースは、dマガジンではできない漫画や小説の都度購入ができるので、電子書籍の購入も視野に入れているのであれば、ブックパスを選ぶのも1つの選択肢です。

電子書籍を買う予定がなく、雑誌読み放題のみで良いならdマガジンがマッチしています。

詳しく比較したい方は『dマガジンとブックパスを比較』をご覧下さい。

dマガジンとKindle Unlimited

サービス名無料期間月額雑誌数雑誌以外の用途
dマガジン31日440円(税込)700誌以上なし
Kindle Unlimited30日980円(税込)250誌以上小説、実用書、漫画など
dマガジンとKindle Unlimitedの比較表

dマガジンとKindle Unlimitedの比較すると、雑誌のみでいいのか、小説、実用書なども読むのかでどちらがあっているのか分かれます。

SNSでの口コミを調べると、Kindle Unlimitedをあまり使わなくなった方が、よりシンプルなdマガジンに乗り換えるケースもあるため、雑誌以外の書籍を定期的に読む習慣がないのであれば、dマガジンの方がおすすめです。

詳しく比較したい方は『dマガジンとKindle Unlimitedを比較』をご覧下さい。

dマガジンの申し込み方法

STEP

公式サイトアクセス後『まずは初回31日間無料でお試し』のボタンをタップします。

STEP
dアカウントを作る(ドコモ以外の方)

無料で作れるdアカウントを作ります。

STEP
dアカウントを使ってログイン後、契約手続きを行う

ドコモ回線でない場合、クレジットカードの登録が必要なので、用意しておきましょう。

STEP
アプリをダウンロードしてdマガジンを読む

パソコンの場合ブラウザでも読むことができます。

dマガジンの解約方法

STEP
dマガジンを契約したアカウントでログイン

dマガジンのTOP(https://magazine.dmkt-sp.jp/)から、dマガジンを契約した、dアカウントにログインします。

Androidはアプリからでも解約可能ですが、iOSの場合はアプリからの解約ができないため、こちらのSTEP1〜3の手順に沿って解約してください。

STEP
『dマガジン会員の登録/解約』を選択

『dマガジン会員の登録/解約』は、ログインした後のページの下部にあります。スマートフォンの場合、アプリダウンロードボタンの上にあります。

STEP
dマガジン会員の解約ページで『dマガジン会員を解約する』を選択

Android機種を使っている場合、この手順以外にもアプリでの解約が可能です。

アプリTOPのメニュー(横三本線)を選択し、『アカウント』を選択。『サービス解約』を選択しdマガジン・サイトのdマガジン会員の解約ページへ移動し解約することができます。

dマガジンのよくある質問

dマガジンの使い方は?

dマガジンの使い方は『dマガジンアプリの使い方を写真付きで解説』『dマガジンPC版完全マニュアル』をご覧下さい。

塗りつぶしで読めないページがある理由は?

著作権や肖像権により電子版では配信できないコンテンツとなっているためです。

理由は雑誌読み放題サービスで共通のため、詳しくは『楽天サービスで読めない記事がある理由』をご覧下さい。

漫画は読める?

残念ながら、dマガジンは雑誌専用のサービスであるため読めません。

しかし、雑誌に連載されている漫画を読むことは可能です。詳しくは『dマガジンで漫画を読む裏技』をご覧下さい。

複数端末は何台まで使える?

dマガジンはアプリの場合1つのdアカウントで5台まで接続できます。また、アプリとは別にブラウザで1台接続でき、合計6台まで利用可能です。

詳細は『dマガジンの複数端末の最大台数と家族との共有方法』をご覧下さい。

ドコモユーザー以外でも使える?

dアカウントを作れば使うことができます。

dマガジンが見れない、重い、遅い場合は?

dマガジンの動作が悪い理由は通信量が関係している可能性があります。詳しくは『dマガジンが重い、遅い状態の解消方法』をご覧下さい。

dマガジンはオフラインで見れる?

dマガジンはオフラインでご覧いただけます。詳しくは『dマガジンの雑誌をダウンロードしてオフラインで読む方法』をご覧下さい。

ログインできない場合は?

ログインできない場合は『dマガジンでログインできない原因』をご覧下さい。

まとめ

dマガジンは、雑誌読み放題サービスの中でも、比較的安い月額で700誌以上もの雑誌を読むことができる優れたサービスです。

操作性がよく、様々な方法で記事にアクセスできるため、雑誌読み放題をこれから使い始める方には間違いなくおすすめです。

雑誌を1冊読む金額よりも安い月額で、様々な情報に触れることができるため、これから雑誌読み放題サービスを使おうと思ってるのであれば、まずはdマガジンを使ってみてはいかがでしょうか。

目次
閉じる