dマガジンが重いのは通信量が多いから!キャッシュ削除など遅い状態の解消方法

dマガジンが重い、遅い場合の対策

dマガジンは、通信量が多くなってしまうとメモリ(RAM)を圧迫し、アプリが重いと感じたり、動作が遅くなるといった不具合につながります。

この記事では、アプリが重くなってしまう原因や、ダウンロードにかかる雑誌の通信量、動作が遅い状態の解消法などについて紹介します。

雑誌のダウンロードやページの移動が遅かったり、スムーズに閲覧ができなくて困っている方は、ぜひご覧下さい。

目次

dマガジンが重いのは通信量が多いから

月額440円(税込)で雑誌を読み放題できるdマガジンですが、雑誌を端末に読み込めば読み込むほど、通信量を消費します。

例えば、カラー写真や色彩のあるイラストなどが多い雑誌1冊分を端末に読み込んだ場合、約100MB~150MB(100MBで動画使用約25分~33分)ほどの通信量が発生します。

そのため、Wi-Fi環境下など通信が良い状態でない場合、気にせずに読み続けていると、

  • ページがぼやける
  • ダウンロードに時間がかかる
  • ページをめくるのに時間がかかる
  • アプリの動作不具合

などといった症状が起こることがあります。

これは、通信量に対して、スマホやタブレット端末のデータ処理が追いついていないためです。

それ以外にも、ストレージ(ROM)の容量が不足していたり、通信環境が悪いことで動作が重くなる可能性があります。

Wi-Fiに繋がず、ダウンロードを行ったり、オンラインで閲覧すると、パケット通信量や速度制限がかかるため注意が必要です。

dマガジンが重い理由をまとめると…
  1. メモリの使い過ぎで正常に処理できるレベルを超えている
  2. ストレージの容量が不足している
  3. 通信環境が悪い

このように、端末や通信環境でスムーズに処理できる通信量を超えているため、『重い』状態になります。

dマガジンの通信量はどれくらい?

雑誌のページ数だけでなく、掲載されている内容にカラー写真やイラストなどが多いほど、ダウンロード時のデータ通信量は多くなります。

各人気雑誌を1冊まるごとダウンロードする際にかかる通信量を、次の表にまとめました。

順位(2021年5月時点)人気雑誌通信量(MB)
1FRIDAY38.55
2LDK the Beauty128.76
3MONOQLO122.83
4日経トレンディ51.34
5VOCE124.85
6美的97.90
7女子プロレスラー44.19
8女性セブン134.94
9VERY103.32
10FLASH38.12
dマガジンの人気雑誌と通信量

表からでも分かるように、カラーのない白黒ページがメインの週刊誌などでは、通信量が少なめです。

どの雑誌を読むかでも通信量が変わってくるので注意しましょう。

dマガジンの動作が遅くなってしまった場合の解消方法

dマガジンの動作が遅くなってしまった場合、

  1. 他のアプリを落とす
  2. 再起動する
  3. キャッシュを削除する
  4. ストレージに空きを作る
  5. Wi-Fiを使って事前にダウンロードしておく
  6. PCで読む

上記6つの解消方法があります。

それぞれの内容を詳しくお伝えします。

他のアプリを落とす

他のアプリを落とす方法は、端末のメモリ(RAM)の使用量を抑える方法です。

dマガジン以外にアプリを沢山起動したままにしてしまうと、メモリが不足して動きが重くなる原因を作ってしまうため、重いと感じたら他のアプリの使用をやめてみましょう。

メモリは、仕事を処理するための机に例えられることが多いですが、アプリを沢山起動している状態は、机の上がゴチャゴチャしている状態です。

動作が重いのは、机の上に様々なものが乗っていて、仕事が進められない状態なので、一度片付けをする必要があります。

再起動する

再起動するのは手間に感じるかもしれませんが、端末のメモリの使用量を減せます。

これは、再起動によってメモリを消費しているものが落ち、リセットされるからです。

キャッシュを削除する

キャッシュとは、簡単に説明すると『一時的に貯めておくデータ』のことです。

データを再度読み込む際に、より早く呼び出せる優れた機能ですが、キャッシュが蓄積していくと動作が遅くなる原因にもなるため注意が必要です。

dマガジンのキャッシュの削除方法は、

  1. アプリを起動し、『メニュー』→『ダウンロード』→『ダウンロード雑誌の削除』の順にタップ
  2. 削除したい雑誌を選択して『削除』をタップすれば完了

上記の手順で行います。

キャッシュの自動削除は行われないので、雑誌をダウンロードする機会が多いようであれば、こまめに容量を確認して削除しておきましょう。

また、dマガジンだけでなく端末のアプリのキャッシュを削除することも重要です。

ストレージに空きを作る

ストレージ(ROM)が少ないとdマガジンが重くなる原因になります。そのため、ストレージの空きを作ることが大切です。

端末にダウンロードしたdマガジンの雑誌を削除したり、端末の使っていないアプリ、見ることがない写真や動画など、ストレージに眠ったままのものを削除しましょう。

Wi-Fiを使って事前にダウンロードしておく

Wi-Fi環境を使って雑誌をダウンロードしておけば、通信量や通信環境の心配をすることなく、オフラインで閲覧ができます。

また、ダウンロードを行う場合、Wi-Fi接続時のみにダウンロードが行われる『自動ダウンロード』を設定しておくのもおすすめです。

dマガジンの自動ダウンロード設定の方法は、

  • 『メニュー』→『ダウンロード』→『「自動取得」「あとで読む」のダウンロード設定』をオン

こちらで、お気に入り設定した雑誌の最新号の自動ダウンロードがWi-Fi接続時のみ有効になります。

PCで読む

スマホの速度制限がかかっている場合や、何かしらの理由でdマガジンのアプリが重い場合、スマホアプリでなくPCで読むという方法もあります。

PCの場合は、dマガジンのブラウザ版を利用するため、ダウンロードをせずに雑誌の閲覧が可能です。

自宅にWi-Fi環境があれば、通信量も気にせずに読めるので、dマガジンが重くなる心配もありません。

dマガジンが重くなる状態を事前に防ぐためには?

dマガジンを利用している途中で、動作が重くなってしまう状態を防ぐためには、使用している端末のストレージとメモリの状態を確認しておく必要があります。

日頃から、ストレージとメモリがひっぱくした状態にならないように管理することで、dマガジンが重くなる状態を事前に防げます。

それぞれの確認方法がこちらです。

ストレージ(ROM)の確認方法

ストレージの確認方法はこちらです。

iOS端末

『設定』→『一般』→『iPhoneのストレージ』で確認可能。

Android端末

『設定』→『ストレージ』確認が可能。

メモリ(RAM)の確認方法

メモリの状態を確認する方法は、iOS端末、Android端末、双方ともデフォルトの状態ではありません。

Android端末の場合、開発者ツールを利用することでできますが、アプリをダウンロードした方が早いです。

アプリストアで『クリーナー』『RAM 確認』など検索してメモリの使用状況が確認できるアプリをダウンロードしましょう。

中にはキャッシュの削除ができ、メモリを解放してくれる機能を持ったアプリもあります。

まとめ

dマガジンが重い状態になるのは、

  1. メモリ(RAM)を使い過ぎている
  2. ストレージ(ROM)の空きが少ない
  3. 通信環境に対して通信量が多い
  4. 速度制限がかかっている

など通信量が原因になっているケースが多いです。

メモリを解放するために、他のアプリを落としたり、再起動したり、キャッシュを削除することが重要です。

また、ストレージが少なくならないようにデータの整理を日常的に行なったり、事前に雑誌をダウンロードしておき通信環境の影響を受けないようにしたり、スマホの調子が悪い場合はPCで読むなどの工夫も大切です。

定期的に雑誌をダウンロードされる方は、読まなくなった雑誌をこまめに確認・削除するなどの対策をとるようにして、dマガジンを楽しみましょう。

目次
閉じる