dマガジンの履歴は他端末に共有されない!履歴の確認・削除方法も解説

dマガジンの閲覧履歴

家族同士で雑誌読み放題サービスを共有する場合、自分が読んでいる雑誌を他の人に知られたくないと思われる方も多いのではないでしょうか?

dマガジンは、複数端末で雑誌の閲覧が可能ですが、他の端末には履歴が共有されないように設定されているため、読んだ雑誌が誰かに知られてしまう心配がありません。

この記事では、dマガジンの履歴が他の端末に共有されないことについてや、履歴の閲覧・削除方法などについて紹介します。

同じ端末でdマガジンを共有している場合、削除以外の対処法についてもまとめているので、興味のある方はぜひご覧下さい。

目次

dマガジンは同じアカウントでも履歴の共有は行われない!

dマガジンは、競合サービスの楽天マガジンと同じように、月々の負担が少ない金額で雑誌の読み放題ができます。

楽天マガジンよりdマガジンが良い点として、マルチデバイス機能によって、

  • 1つのアカウントを家族などで共有しても、他の端末に閲覧履歴やお気に入り登録は共有されない

といった、デバイス間での共有が行われない仕様があります。

つまり、dマガジンを利用した端末それぞれで閲覧履歴が独立している仕様ということです。

履歴が共有されなければ、家族などで同じ雑誌を読んでいたとしても、

  • 途中まで読んでいたページが、他の相手が読みかけているページに変わる
  • 読んでいるのを知られたくない雑誌の内容が他の人にバレる

などデメリットがないため、プライバシーの面でも安心して雑誌の閲覧を楽しめます。

ただし、1つの端末を家族で共有し合っている場合は、履歴が端末に残ったままの状態になるので、読んだ内容を知られたくなければ履歴の削除を行わなければなりません。

dマガジンの閲覧履歴の確認方法や、履歴の削除方法などについて、続いて詳しく紹介します。

dマガジンの履歴を確認する方法

dマガジンの履歴は、使用した端末ごとに残ります。

雑誌の閲覧履歴をチェックしたい場合は、自分が使用している端末からdマガジンを起動して確認しましょう。

また、履歴の確認方法には、

  1. 『最近読んだ雑誌』から確認する
  2. 『最近読んだ記事』から確認する

上記2つの方法があります。

それぞれ詳しい方法を画像とともに説明します。

『最近読んだ雑誌』から確認する場合

STEP
dマガジンアプリを起動し、画面右下の『マイページ』をタップ

dマガジンの履歴を確認する方法その1

STEP
画面上部にある『最近読んだ雑誌』をタップ

dマガジンの履歴を確認する方法その2

これまでに読んだ雑誌が時系列で表示されます。表示が見つからない場合は、横にスライドすると見つけられます。

読みたい雑誌があったり内容を確認したい場合は、雑誌の表紙をタップすれば閲覧可能です。

『最近読んだ記事』から確認する場合

STEP
dマガジンアプリを起動し、画面右下の『マイページ』をタップ

dマガジンの履歴を確認する方法その1

STEP
画面上部に表示されている『最近読んだ記事』をタップ

dマガジンの履歴を確認する方法その3

これまでに読んだ記事が時系列で表示されます。表示が見つからない場合は横にスライドすると見つけられます。

dマガジンで読んだ雑誌の履歴を削除する方法

同じ端末でdマガジンを利用している場合は、閲覧記録が残ってしまうため、使用している端末で削除を行う必要があります。

具体的な削除方法は以下の通りです。

STEP
画面右上の『メニュー』をタップ後、『ダウンロード』をタップ

dマガジンの履歴を削除する方法その1

STEP
『ダウンロード雑誌の削除』をタップ

dマガジンの履歴の削除方法その2

STEP
削除したい表紙の左側にチェックマークをいれる

dマガジンの履歴の削除方法その3

STEP
画面右上の『削除』をタップ

dマガジンの履歴の削除方法その4

STEP
『選択されたダウンロード雑誌を削除しますか?』と表示されるので『はい』をタップ

dマガジンの履歴の削除方法その5

STEP
画面に『削除しました』と表示されれば、閲覧履歴の削除完了

dマガジンの履歴の削除方法その6

また、上記の方法では、

  1. 最近読んだ雑誌
  2. 最近読んだ記事
  3. ダウンロードした雑誌

これら3点のデータ内容が削除されます。

最近読んだ記事を記事単位で削除することはできず、雑誌単位での削除となるため注意が必要です。

また、ダウンロードした雑誌を削除すると、オフラインでの閲覧ができなくなるため注意しましょう。

もしも削除した雑誌を読みたい場合は、改めてダウンロードを行えば閲覧可能です。

dマガジンを同じ端末で共有している場合に削除以外で対処する方法

dマガジンを同じ端末を共有して利用している場合は、閲覧履歴の削除以外にも、

  • ブラウザ版で雑誌を読む

といった対処方法があります。

ブラウザ版には、アプリ版のように『検索機能』や『ダウンロード』といった便利な機能がなく、閲覧のみです。

機能は制限されますがブラウザで閲覧後、読んでいた雑誌を閉じてしまえば履歴が残らないため、削除のし忘れがリスクに感じる方はブラウザ版を利用するのがおすすめです。

まとめ

dマガジンは1つのアカウントでアプリ版5台、ブラウザ版1台の最大6台の端末で複数利用が可能です。

雑誌読み放題サービスを家族で共有する場合でも、どのような雑誌を読んでいるのかを知られたくないのであれば、dマガジンがぴったりと言えるでしょう。

同じ端末で共有しなければならない場合は、紹介した削除方法や対処方法をぜひ試してみてください。

目次
閉じる