BL漫画読み放題サービス13社を比較!無料からサブスクまで徹底解説

BL漫画読み放題サービス

BL漫画読み放題サービスを比較して探したい方向けに、無料の読み放題サービス、月額定額のサブスク型読み放題サービスをまとめました。

「商業BLをたくさん読みたいけど、お金が無限にかかる…」

このようにお悩みなら、ぜひBL漫画読み放題サービスを利用してみて下さい。

サブスク型でも月2〜3冊読むだけで元が取れてしまいます!

BL漫画の読み放題サービスは、大きくわけて、無料のもの、月額定額のサブスク型の2つがあります。

それぞれの特徴と、無料8社、サブスク5社、合計13社のBL漫画読み放題サービスを比較して違いをお届けします。

目次

月額定額のサブスク型BL漫画読み放題サービス全5社を比較

サービス名BL漫画冊数月額無料期間読み放題の特徴
Kindle Unlimited6,000冊以上980円(税込)30日圧倒的な冊数
シーモア読み放題フル3,000冊以上1,480円(税込)7日詳細なジャンル検索
ブック放題400冊以上550円(税込)1ヶ月途中から購入が必要な作品なし
BOOK☆WALKER2,000冊以上836円(税込)なしBL雑誌も読める・ジャンル検索が豊富
ブックパス400冊以上618円(税込)30日レコメンド機能が豊富
月額定額のサブスク型BL漫画読み放題サービスの比較表

こちらが月額定額のサブスク型BL漫画読み放題サービスの比較表です。

月額定額のサブスク型BL漫画読み放題サービスの特徴は、月額を支払うだけで、読み放題対象のBL漫画が好きなだけ広告なしで読める点です。

「読みたいBL漫画が多すぎて、お金がいくらあっても足りない…」と感じているのであれば、まさに救世主のようなサービスと言えるでしょう。

ただ、途中まで読み放題の対象であるものの、続きを読むためには購入が必要になる漫画もあるため、その点は注意が必要です。

読める冊数が非常に多いので、読み放題サービスを利用しながら、見つけたお気に入りの作品は、紙の本を購入するという使い方がおすすめです。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedと言えば、実用書などが中心のイメージがありますが、実はBL漫画も充実しています。

コアなBLコミックのファンの間では、続いてお伝えする、シーモア読み放題フルと比較され、SNSなどで口コミを調べると、双方利用した経験がある方も多いです。

6,000冊以上と、とにかく冊数が多く、途中から購入が必要なものも多いため、読み放題の利用をベースとして、購入も検討している方には合うサービスです。

ただ、検索性や操作性は高くなく、出版社や著者、フリーワード検索と機能が乏しいため、BL上級者向けです。

シーモア読み放題フル

シーモア読み放題にはライトとフルの2つのコースがあり、BL漫画はフルでしか読めません。

他のBL漫画読み放題サービスと比較して月額は高いですが、その分、非常に詳細なBLジャンルの検索ができるのがシーモア読み放題の強みです。

ワンコ、年下、オメガなど、BLのジャンルの中でも詳細なジャンル分がされているため、好みの作品をスムーズに探すことができます。

作品によっては、途中から購入が必要なものもありますが、膨大な量のBL漫画から簡単に作品を探せる検索性の高さを考えるとメリットが大きいサービスです。

ブック放題

ブック放題は、BL漫画の読み放題が400冊以上と他のサービスと比較して少なめですが、途中から購入が必要な作品がないため、ストレスを感じることが少ないサービスです。

また、月額も読み放題サービスの中では安く、550円(税込)で済むので、ライトなBL漫画ファンにとっては嬉しい金額です。

お試し期間が1ヶ月と長いため、一度使ってみて損はない読み放題サービスと言えるでしょう。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、KADOKAWA直営の電子書籍サービスなので、KADOKAWA系の作品に強く、CIEL(シエル)などのBL漫画雑誌も読み放題サービスの対象になっています。

購入に関しても初回半額還元以外に、レーベルや雑誌ごとの30%OFF〜半額のキャンペーンも多いです。

操作性がイマイチという評判があるものの、BL漫画雑誌だけでなく、同人誌や個人出版の本も豊富など他にはない特徴を持っています。

無料期間がないのは残念ですが、雑誌1冊と単行本1冊を買うより安い金額で、BL漫画やBL漫画雑誌が読み放題なので、価格以上の価値があるサービスです。

ブックパス

ブックパスの読み放題は、400冊以上と他のBL漫画読み放題サービスと比較して冊数が少なく、購入を前提としている側面があるため、BL漫画の読み放題サービスを探しているなら、あまりおすすめではありません。

ただ、作品ページでは、同一著者の作品、他の人がチェックしている作品、おすすめの作品などレコメンド機能が豊富です。

そのため、BL漫画に興味を持ち始めたくらいの方で、比較的予算を抑えて、自分が知らない作品を知りたいと考えているのであれば、条件に合うサービスです。

無料のBL漫画読み放題サービス全8社を比較

サービス名無料冊数広告の有無無料読み放題の特徴
スキマ80冊以上あり全巻無料と待つと無料の作品がある
BookLive!400冊以上なし基本的に1巻のみ
ebookjapan500冊以上なし基本的に1巻・1話のみ
めちゃコミック100冊以上なし基本的に1話のみ
マンガ読破400冊以上あり全巻無料
恋するマンガ200冊以上あり全巻無料
マンガ図書館Z500冊以上あり全巻無料
タチヨミ300冊以上あり全巻無料と途中まで無料の作品がある
無料のBL漫画読み放題サービスの比較表

こちらが無料で読めるBL漫画読み放題サービスの比較表です。

無料のBL漫画読み放題サービスの特徴は、無料で読める作品が多いものの、最終的には都度購入が必要になるケースが多いことです。

中には、完全に全巻読み放題のものもありますが、全巻無料で読み放題のものは、広告によって著作元と契約したライセンス料の費用をまかなっているため、広告があります。

無料で読める代わりに広告があることもデメリットです。

それぞれ、どのような特徴があるのかお伝えします。

スキマ

スキマは、80冊以上のBL漫画が無料の読み放題サービスです。

BL以外にも様々なジャンルの漫画が基本無料で読めるサービスですが、完全に全巻無料の漫画と、待つと無料で読めるタイプ、途中まで無料で読めるものの最終的に購入が必要になるタイプがあります。

全巻無料で読みたいと考えている方には合わないサービスですが、『#BL:学園』『#BL:ラブコメ』など作品ごとについているタグで好みの作品が検索しやすい特徴があります。

読み放題のBL漫画のジャンルとしては、学園もの、ラブコメ、シリアスよりほのぼの系の作品が多いです。

また、レビューでは、他のサービスと比較して、スキマのユーザーは濃いレビューが多く、好みの作品か判断しやすいと言えます。

BookLive!

BookLive!は、400冊以上のBL漫画を無料で読むことができます。

基本的にBookLive!は、購入が前提のサービスなので、無料で読み放題とはいえ、同じタイトルでも1冊〜数冊までしか無料で読めません。

そのため、購入を前提としないなら、最新作や人気作品のチェックに使うような使い方がベストとなるサービスです。

ebookjapan

ebookjapanは、500冊以上のBL漫画を無料で読むことができます。

BookLiveと同様に、ebookjapanは、購入が前提のサービスなので、基本的に1冊〜途中までしか無料で読めません。

そのため、最新作などをチェックするような使い方がおすすめです。

ただ、BL漫画の読み放題の利用だけでなく、購入も検討しているのであれば、BL漫画がセールになっていることも多いので、検討先の1つと言えるでしょう。

めちゃコミック

めちゃコミックは、100冊(タイトル)以上のBL漫画を無料で読むことができます。

めちゃコミックも購入が前提のサービスで、1冊ごとではなく、1話ごとに購入できるのが特徴です。

他のサービスと比較して、基本的に1話〜数話しか読めないため、無料で読み放題の部分を利用するメリットは薄いですが、熱量のあるレビューをしてくれるユーザーが多めなので、作品を判断するのに役立ちます。

マンガ読破

マンガ読破は、400冊以上のBL漫画が無料の読み放題サービスです。

基本的に全巻無料読み放題のサービスで、一部だけ購入が必要な作品がありますが、ストレスを感じるほど多くはありません。

広告や漫画の読み込みが少し遅いのはデメリットですが、BL漫画のジャンルも広く、ほのぼのしたり、キュンキュンできるような作品から、ゴリゴリの作品まで様々です。

ただ、スキマのように、タグで細かく好みの作品を探すことができないのは、デメリットに感じるかもしれません。

恋するマンガ

恋するマンガは、200冊以上のBL漫画が無料の読み放題サービスです。

サービスを提供しているのは、マンガ読破と同じ六式という会社ですが、恋するマンガのBL漫画のジャンルは、サービス名の通り、胸キュン系の作品が比較的多いのが特徴です。

マンガ読破と同じく基本的に全巻無料読み放題サービスですが、漫画の読み込みは比較的早く、最初に広告が表示されません(漫画の途中には表示されます)。

また、タテ読みなのが特徴で、ヨコ読みの方が好きな方は、マンガ読破を利用した方がおすすめです。

検索性は高くなく、BL漫画×タグのように細かい検索はできないものの、ジャンルトップのページでは、任侠もの、学園もの、甘々な漫画、職場もの、切ない恋、上司部下など大まかに好みのものを探すことができます。

マンガ図書館Z

マンガ図書館Zは、500冊以上のBL漫画が無料の読み放題サービスです。

基本的に全巻読み放題のサービスで気に入ったものは購入することもできます。

広告は漫画を読み込む際と、途中に表示される形です。

BL漫画が全巻無料読み放題のサービスでは、一番読める冊数が多く、検索面でもBL×キーワード(学園など)で検索できるため、他より優れています。

その他にも、同じ作家さんの他の作品が、作品ページの下部にまとめられており、作品を探しやすい点も高評価です。

また、マンガ図書館Zには投稿作品があり、ここでしか読めない作品も存在するので、自分好みの新しいBL漫画を探したいならおすすめできるサービスです。

タチヨミ

タチヨミは、300冊以上のBL漫画を無料で読むことができます。

読める作品は1巻まで無料の作品が多く、続きは購入が必要なものが多いです。

ただ、中には全て無料で読める作品もあるので、好みの作品を探しつつ、一度さっと目を通してみるような使い方がおすすめです。

まとめると、全巻無料で読める冊数、検索性、広告がストレスにならないかなどを総合的に勘案すると、マンガ図書館Zが特におすすめです。

BL漫画読み放題サービスは結局どれがおすすめ?

BL漫画読み放題サービスのおすすめを3つ、重視するポイントごとに分けてお伝えします。

検索性重視で好みの作品を探すならシーモア読み放題フル

他のサービスを圧倒する検索性の高さ、Kindle Unlimitedに次ぐ量の多さから、総合力が一番高いのが、シーモア読み放題フルです。

SNSの口コミでも非常に評価が高く、BL好きなら一度は通る道とも言えるサービスです。

7日と短めなものの、無料期間があるため、迷っているならシーモア読み放題フルを使ってみて下さい。

読み放題の冊数を重視するならKindle Unlimited

読み放題の数を重視するなら、Kindle Unlimitedがおすすめです。

SNSの口コミでも、商業BLが好みとマッチするかまだ、わからない方におすすめされていたり、BLが多くて良いという評判があります。

とにかく無料で読みたいならマンガ図書館Z

マンガ図書館Zは、無料の読み放題サービスの中では、BL漫画の量が多く、比較的検索性も優れているので、とにかく無料で読みたいという方におすすめです。

SNSでの評判は少ないものの、評価する声があります。

まとめ

BL漫画の読み放題サービスは、無料のものと、月額定額のサブスク型のものがあり、広告の有無や、読める量、検索性などに差があります。

無料の中では、総合力が高いマンガ図書館Z。サブスク型の中では、検索性が高く量も豊富なシーモア読み放題フル、とにかく量が多いKindle Unlimitedがおすすめです。

あるサービスでは、読み放題対象ではないものの、一方では読み放題の対象というケースもあるため、負担にならなければ、無料期間を利用して複数登録して直接比較してみるのも1つの方法です。

目次
閉じる