電子書籍読み放題の比較とおすすめ

「電子書籍読み放題サービスは結局どれがいいの?」

と迷っていませんか?

スマホやタブレットなどの端末1つで様々な本を読める利便性から、電子書籍読み放題サービスを利用する方は年々増えています。

一方で、電子書籍読み放題サービスは数が多く、自分に合ったサービスを選ぶのが面倒なのも事実です。

「早く自分に合った読み放題サービスが知りたい」

と考えているあなたのために、ご自身に合った電子書籍読み放題サービスがすぐにわかる情報をまとめました。

目次

電子書籍読み放題サービスの選び方!迷う時間を短くするポイント

電子書籍読み放題サービスの選び方

具体的なサービスをお伝えする前に、迷う時間を短くするために重要な電子書籍読み放題サービスを選ぶ5つのポイントをお伝えします。

目的としているジャンルに強いか

電子書籍読み放題サービスを利用するにあたり、漫画、雑誌、小説、ライトノベル(以下ラノベ)、ビジネス書、実用書など、目的としている本のジャンルがあるはずです。

大きく分けると電子書籍読み放題サービスには、

  1. 雑誌読み放題に特化
  2. 漫画読み放題中心で雑誌も読み放題
  3. 広く浅く総合的な品揃えの読み放題
  4. 動画配信がメインで雑誌も読み放題

4タイプがあります。

目的としているジャンルにより、選ぶべき読み放題サービスを絞れます。

無料お試し期間はどのくらいか

無料お試し期間は30日や1ヶ月が多いですが、期間が短かったり、ないものも存在します。各サービスでアプリの使用感が異なるため、こだわりのある方は無料お試し期間があるものを選びましょう。

月額は予算内か

電子書籍読み放題サービスの月額はおおよそ400円〜2,200円と差があります。目的に合ったシンプルなものか、幅広いコンテンツが楽しめるものか、ご自身の考えで最適なサービスが異なります。

読み放題の冊数が多いか

重要なポイントとして、読み放題の冊数と月額が比例しないものもあります。そのため、コンテンツが豊富かどうかは事前にチェックが必要です。

全ての電子書籍が読み放題の対象か(漫画読み放題の場合)

雑誌読み放題は全て読み放題の対象ですが、漫画読み放題は全て読み放題ではなく一部続きを読むのに購入が必要なサービスが多いです。

「続きを読もうと思ったら購入が必要だった」という状態がストレスに感じる方は、全ての漫画が読み放題のサービスを選びましょう。

電子書籍読み放題サービス14社の比較表!ジャンル別のおすすめは?

サービス名読み放題ジャンル無料期間月額冊数
ブック放題漫画・雑誌1ヶ月550円(税込)漫画35,000冊以上
雑誌500誌以上
BOOK☆WALKER漫画・漫画雑誌
or
小説・ラノベ
なし漫画・漫画雑誌/836円(税込)
小説・ラノベ/836円(税込)
漫画20,000冊以上
漫画雑誌80誌以上
or
小説2,000冊以上
ラノベ8,000冊以上
楽天マガジン雑誌31日418円(税込)雑誌700誌以上
dマガジン雑誌31日440円(税込)雑誌700誌以上
タブホ雑誌24時間550円(税込)雑誌900誌以上
ひかりTVブック雑誌なし495円(税込)雑誌800誌以上
読み放題プレミアム雑誌なし508円(税込)雑誌110誌以上
Kindle Unlimited総合的30日980円(税込)500,000冊以上
雑誌250誌以上
Prime Reading総合的30日500円(税込)1,000冊以上
雑誌100誌以上
シーモア読み放題総合的7日ライト/780円(税込)
フル/1,480円(税込)
ライト/33,000冊以上
フル/85,000冊以上
ブックパス総合的30日総合/618円(税込)
雑誌/418円(税込)
5,000冊以上
雑誌300誌以上
U-NEXT動画・雑誌・小説31日2,189円(税込)雑誌110誌以上
オリジナル小説10冊以上
FODプレミアム動画・雑誌・漫画2週間976円(税込)漫画2,000冊以上
雑誌150誌以上
スキマ漫画なし無料(広告/待ち時間あり)32,000冊以上
電子書籍読み放題サービスの比較表

こちらが電子書籍読み放題サービス14社を比較した表です。

続いて、

  1. 漫画読み放題
  2. 雑誌読み放題
  3. 小説読み放題
  4. ラノベ読み放題
  5. ビジネス書・実用書読み放題

これらのジャンルごとの比較表とおすすめの電子書籍読み放題サービスをお伝えします。

漫画読み放題の比較表とあなたにおすすめのサービス

漫画読み放題の比較
サービス名漫画以外のジャンル無料期間月額読み放題冊数
ブック放題雑誌1ヶ月550円(税込)漫画35,000冊以上
雑誌500誌以上
BOOK☆WALKER漫画雑誌なし836円(税込)漫画20,000冊以上
漫画雑誌80誌以上
シーモア読み放題ムック本・小説・ラノベ・ビジネス書・実用書など7日ライト/780円(税込)
フル/1,480円(税込)
ライト/33,000冊以上
フル/85,000冊以上
FODプレミアム動画・雑誌2週間976円(税込)漫画2,000冊以上
雑誌150誌以上
スキマなしなし無料(広告/待ち時間あり)漫画32,000冊以上
漫画読み放題サービスの比較表

こちらが漫画読み放題サービスの比較表です。各漫画読み放題サービスがおすすめな方をまとめると以下の通りです。

あなたにおすすめの漫画読み放題サービスは?

漫画読み放題では、全巻読み放題でコスパが良いブック放題、読み放題冊数が多いシーモア読み放題が特におすすめです。

雑誌読み放題の比較表とあなたにおすすめのサービス

雑誌読み放題サービスの比較
サービス名雑誌以外のジャンル無料期間月額読み放題冊数
楽天マガジンなし31日418円(税込)雑誌700誌以上
dマガジンなし31日440円(税込)雑誌700誌以上
ブック放題漫画1ヶ月550円(税込)雑誌500誌以上
漫画35,000冊以上
Kindle Unlimited実用書・ビジネス書・小説・ラノベなど30日980円(税込)雑誌250誌以上
総合500,000冊以上
FODプレミアム動画・漫画2週間976円(税込)雑誌150誌以上
漫画2,000冊以上
雑誌読み放題サービスの比較表

こちらが雑誌読み放題の比較表です。各雑誌読み放題サービスがおすすめな方をまとめると以下の通りです。

あなたにおすすめの雑誌読み放題サービスは?

雑誌読み放題サービスでおすすめなのは、雑誌読み放題専門の楽天マガジンとdマガジンです。

電子書籍全体の比較表でお伝えしたタブホやひかりTVブックも雑誌専門で数字上は冊数が多く見えますが、ムック本が中心で週刊誌や月刊誌の冊数が少ないことや、最新号から1号遅れでの配信であるため除外しています。

\ コスパ重視ならおすすめ /

\ 使用感重視ならおすすめ /

小説読み放題の比較表とあなたにおすすめのサービス

おすすめの小説読み放題サービス
サービス名小説以外のジャンル無料期間月額小説冊数
Kindle Unlimited雑誌・実用書・ビジネス書・ラノベなど30日980円(税込)10,000冊以上
BOOK☆WALKERラノベなし836円(税込)2,000冊以上
シーモア読み放題ムック本・ラノベ・ビジネス書・実用書・漫画など7日ライト/780円(税込)
フル/1,480円(税込)
ライト/100冊以上
フル/大人向け1,100冊以上
ブックパス雑誌・ラノベ・ビジネス書・実用書・漫画など30日618円(税込)150冊以上
U-NEXT動画・雑誌31日2,189円(税込)オリジナル小説10冊以上
小説読み放題サービスの比較表

こちらが小説読み放題の比較表です。各小説読み放題サービスがおすすめな方をまとめると以下の通りです。

あなたにおすすめの小説読み放題サービスは?
  • Kindle Unlimited…海外小説を読みたい方、実用書やビジネス書も読みたい方
  • BOOK☆WALKER…ラノベも読みたい方、角川文庫が好きな方
  • シーモア読み放題…漫画も読みたい方、大人向け小説も読みたい方
  • ブックパス…雑誌も読みたい方
  • U-NEXT…動画も見たい方、オリジナル小説を読みたい方

小説読み放題サービスでおすすめなのは、Kindle UnlimitedとBOOK☆WALKERです。量ではKindle Unlimietdですが、角川文庫作品はBOOK☆WALKERの方が品揃えが豊富で月額も安いです。

また、大人向け小説ならシーモア読み放題、数は少ないですがオリジナル小説が読めるU-NEXTも小説好きなら選択肢の1つです。

\ ビジネス書・実用書も豊富 /

\ 角川文庫作品が読み放題 /

ラノベ読み放題の比較表とあなたにおすすめのサービス

ライトノベル読み放題の比較
サービス名ラノベ以外のジャンル無料期間月額ラノベ冊数
BOOK☆WALKER小説なし836円(税込)8,000冊以上
Kindle Unlimited雑誌・実用書・ビジネス書・小説など30日980円(税込)6,000冊以上
シーモア読み放題ムック本・小説・ビジネス書・実用書・漫画など7日1,480円(税込)1,800冊以上
ラノベ読み放題サービスの比較表

こちらがラノベ読み放題の比較表です。各ラノベ読み放題サービスがおすすめな方をまとめると以下の通りです。

あなたにおすすめのラノベ読み放題サービスは?

ライトノベル(ラノベ)読み放題では、種類が豊富なBOOK☆WALKERがおすすめです。

ラノベ以外も読む方はKindle Unlimited、漫画や大人向け作品も読む方はシーモア読み放題も選択肢の1つです。

\ 圧倒的な品揃え /

ビジネス書・実用書読み放題の比較表とあなたにおすすめのサービス

おすすめのビジネス書・実用書読み放題サービス
サービス名その他ジャンル無料期間月額ビジネス書・実用書冊数
Kindle Unlimited雑誌・小説・ラノベなど30日980円(税込)35,000冊以上
ブックパス雑誌・ラノベ・漫画など30日618円(税込)1,800冊以上
シーモア読み放題漫画・ムック本・小説など7日780円(税込)900冊以上
ビジネス書・実用書読み放題サービスの比較表

こちらがビジネス書・実用書読み放題の比較表です。

ビジネス書・実用書をメインで読み放題サービスを使うなら、Kindle  Unlimitedが圧倒的に費用対効果に優れているためおすすめです。

他には、雑誌の冊数を重視するならブックパス、漫画を重視するならシーモア読み放題の選択肢もありますが、ビジネス書・実用書の冊数は多くありません。

\ コスパ抜群 /

その他の読み放題ジャンルについて

電子書籍読み放題サービスは、漫画、雑誌、小説、ラノベ、ビジネス書・実用書以外にも、絵本・児童書や技術書が読み放題のサービスもあります。

絵本・児童書や技術書が読みたいと考えている方のための記事もご用意しましたので、関連記事をご覧下さい。

電子書籍読み放題サービス各社の特徴まとめ

電子書籍読み放題サービス各社の特徴をそれぞれまとめてお伝えします。

ブック放題の特徴

ブック放題の特徴

ブック放題は、ソフトバンク系列の株式会社ビューンが提供する読み放題サービスです。月額550円(税込)で、1ヶ月間の無料期間があり、漫画35,000冊以上、雑誌500誌以上が読み放題です。

特徴は途中から購入が必要な漫画がなく全巻読み放題であるところです。また、最近ではPayPayボーナスがもらえる仕組みも登場しています。

SNSの評判ではコスパが良いという口コミが多く、色々試したものの漫画を読むならブック放題がおすすめとの声も多いサービスです。

\ 全巻読み放題ならブック放題! /

BOOK☆WALKERの特徴

BOOK☆WALKERの特徴

BOOK☆WALKERは、KADOKAWA直営の電子書籍ストアで、小説・ラノベと漫画・漫画雑誌の読み放題を別々のコースで提供しています。

月額はそれぞれ836円(税込)で、漫画・漫画雑誌のコースは漫画20,000冊以上、漫画雑誌80誌以上、小説・ラノベのコースは小説2,000冊以上、ラノベ8,000冊以上が読み放題です。

ブック放題とは違い購入の選択肢もあるのが特徴で、還元率が良いため漫画好きな電子書籍ユーザーの間では人気のストアの1つです。また、アニメ化作品やアニメ・ゲーム雑誌などに強みがあります。

\ 角川文庫作品が読み放題 /

\ アニメ・ゲームならBOOK☆WALKER /

楽天マガジンの特徴

楽天マガジンの特徴

楽天マガジンは、楽天グループ株式会社が提供する雑誌専門読み放題サービスで、月額418円(税込)で31日の無料期間があり、雑誌700誌以上が読み放題です。

読み放題サービスの中でも月額が最も安く、楽天ポイント(期間限定含む)で支払いができるため、楽天市場などで貯めたポイントを使い、実質無料で利用することも可能です。

また、料金は年払いだと3,960円(税込)で1ヶ月あたり330円(税込)と月88円も安くなるため、コスパを重視する方におすすめです。

\ 雑誌1冊より月額が安い!? /

dマガジンの特徴

dマガジン

dマガジンは株式会社NTTドコモが提供する雑誌専門読み放題サービスで、月額440円(税込)で31日の無料期間があり、雑誌700誌以上が読み放題です。

dマガジンは検索性が高いだけでなく、操作性が高く感覚的な操作が可能なため、スマホなどの扱いに慣れていない方でも比較的使いやすいサービスです。

また、ライバルの楽天マガジンにはない『クリッピング』という雑誌記事を半永久的に保存できる機能も兼ね備えています。

操作性や機能性を重視する方におすすめです。

\ 使いやすさならdマガジン! /

タブホの特徴

タブホの特徴

タブホは株式会社オプティムが提供する雑誌専門読み放題サービスで、月額550円(税込)で24時間のお試しがあり雑誌900誌以上読み放題です。

タブホは車・バイクや旅行関係の雑誌に強みがある一方で、雑誌の配信は最新号ではなく1号遅れて配信されるため、楽天マガジンdマガジンと比較すると利便性で遅れをとっています。

また、『900誌以上』と公式に表記されているものの、ムック本の冊数が多く実質的な品揃えは楽天マガジンやdマガジンと大きく変わりません。

ひかりTVブックの特徴

ひかりTVブックの特徴

ひかりTVブックは株式会社NTTぷららが運営する電子書籍ストアで、タブホのシステムを使い雑誌読み放題サービスを提供しています。

月額は495円(税込)で雑誌800誌以上が読み放題ですが、最新号より1号遅れて配信されます。電子書籍ストアとしてはBL作品に強く、還元率が良い特徴があります。

読み放題プレミアムの特徴

読み放題プレミアムの特徴

読み放題プレミアムはYahoo!プレミアムの付帯サービスである雑誌読み放題サービスです。月額はYahoo!プレミアムの月額508円(税込)で雑誌110誌以上が読み放題です。

システムはブック放題と同じもので、以前は漫画も読み放題でしたが、現在はサービスが縮小され漫画は読めなくなっています。月額と比較して読める冊数が少ないため、あえて選ぶ理由はありません。

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle UnlimitedはAmazonが提供する読み放題サービスで、月額980円(税込)で30日のお試し期間があり書籍500,000冊以上、雑誌250誌以上が読み放題です。

漫画は1巻無料のものが多いのがデメリットですが、漫画以外のジャンルであれば月額に対して読める書籍数が多いため、コスパが良いサービスと言えます。

検索性が悪いという口コミが多いものの、コアな本が多いという評判もあり、広く深く様々な本に触れられる王道の読み放題サービスです。

\ 簡単1分 /

Prime Readingの特徴

prime readingの特徴

Prime ReadingはAmazonプライムの付帯サービスで月額はAmazonプライムの500円(税込)です。

読み放題は書籍1,000冊以上、雑誌100誌以上と控えめで、Kindle Unlimitedへのアップセルを狙ったサービスと言えます。

Amazonプライムのサービスの1つであるPrime Videoは映画やTV番組が見放題で、他にもAmazonのお急ぎ便・お届け日時指定便が無料になるため、Amazonをよく使う方は選択肢の1つです。

シーモア読み放題の特徴

シーモア読み放題の特徴

シーモア読み放題はエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社が提供する読み放題サービスです。

コースが2つありライトは月額780円(税込)で書籍33,000冊以上が読み放題、フルは月額1,480円(税込)で書籍85,000冊以上が読み放題です。

ライトとフルの違いは、フルの方が読めるジャンルが多く、ライトでは読めないBL、TL、大人向け漫画、ラノベが読めるようになります。

漫画を中心にカバーしているジャンルが広く、特にBLやTLが好きな方にはおすすめです。ただ、雑誌はムック本のみで週刊誌などがない点には注意が必要です。

\ 大人小説やBL・TL読み放題 /

ブックパスの特徴

ブックパスの特徴

ブックパスはKDDI株式会社が提供する電子書籍ストアで2つの読み放題コースがあります。

総合コースは月額618円(税込)で5,000冊以上と雑誌300誌以上が読み放題、マガジンコースは月額418円(税込)で雑誌300誌以上が読み放題です。それぞれ30日間の無料期間があります。

取り扱いジャンルが広く、比較的実用書は充実しているものの、各ジャンルでブックパスより豊富な品揃えの読み放題が存在するため、選択肢に入りづらいサービスです。

U-NEXTの特徴

U-NEXTの特徴

U-NEXTは株式会社U-NEXTが提供する動画配信サービスで、月額2,189円(税込)、31日間の無料期間があります。

動画は210,000本以上の品揃えがあり、雑誌110誌以上が読み放題です。また、数は少ないもののU-NEXTオリジナルの小説が読めるのが特徴です。

無料トライアル登録時に600円分のポイントがもらえ、電子書籍を購入することも可能です。

\ 600円分ポイントプレゼント /

FODプレミアムの特徴

FODプレミアムの特徴

FODプレミアムは株式会社フジテレビジョンが提供する動画配信サービスで、月額976円(税込)、2週間の無料期間があります。

フジテレビのドラマ以外にも映画なども配信されています。読み放題では雑誌150誌が付帯サービスのFODマガジンで読め、数は少ないものの読み放題の漫画もあります。

スキマの特徴

スキマの特徴

スキマは株式会社TORICOが提供する無料の漫画読み放題サービスです。冊数は32,000冊と無料のものの中では多く、検索性にも優れています。

一方で、広告があったり、途中までしか読めず待つ必要がある漫画や、途中から課金が必要な漫画もあるため、注意が必要です。

好みの電子書籍読み放題サービスが見つかった後の流れ

電子書籍読み放題サービスの始め方

好みの電子書籍読み放題サービスが見つかった後から、利用開始までのおおまかな流れは以下の通りです。

  1. 端末を準備する
  2. 読み放題サービスに登録する
  3. 読みたい電子書籍を探す
  4. 電子書籍をダウンロードする
  5. 電子書籍を読む

端末はタブレットを準備せずともお手持ちのスマホで読むことも可能です。

電子書籍読み放題サービスのメリット

電子書籍読み放題サービスのメリット

電子書籍読み放題サービスのメリットをまとめてお伝えします。

お財布に優しい

電子書籍読み放題サービスは、いくら読んでも月額定額なので、都度本を買うよりお金がかかりません。浮いたお金を他の趣味や生活費、貯金に回したりと、お財布に優しいのがメリットです。

持ち運びに苦労しない

漫画を何冊も持ち歩くのはなかなか気が引ける方もいると思いますが、電子書籍であれば1つのデバイスで数十冊分持ち歩くことも簡単です。

部屋の面積を取らない

本の数が多過ぎて部屋に置けないという問題は、電子書籍では起こりません。紙の本は置くスペースが必要ですが、電子書籍はデバイスの分の面積だけなので、物を増やしたくない方にはメリットがあります。

待たずに読める

紙の本は読みたいと思ったら書店に行って購入をする必要がありますが、電子書籍であれば読みたいと思ったときにすぐに読めます。

書店までの往復の時間が勿体無いと感じていたり、1秒でも早く読みたいと思うくらい楽しみにしてる雑誌があるなら、電子書籍読み放題サービスを利用する価値があります。

本文を検索して読み返せる

ビジネス書や実用書を読み返す際にページをめくらずに検索すれば、探す時間を省けるメリットがあります。紙の書籍であれば、ペラペラとめくって探す時間がかかりますが、電子書籍は検索機能があり時短できます。

劣化しない

電子書籍は紙のように経年劣化がなく、飲みものをこぼして汚れてしまうこともありません。開いたときに新品のように読め、保存性に優れています。

暗くても読める

紙媒体では暗い場所では本を読めませんが、電子書籍はデバイスの画面自体が明るいため、暗い場所でも読めます。寝る前に本を読みたいというシチュエーションにも対応ができるのはメリットです。

電子書籍読み放題サービスのデメリット

電子書籍読み放題サービスのデメリット

電子書籍読み放題サービスのデメリットをまとめてお伝えします。

最新の人気漫画は読めないことが多い

漫画読み放題サービスは、比較的古い作品の版権を買って配信しているものが多く、今年話題になった漫画が配信されるケースは少ないのがデメリットです。

ただ、利用者を増やす目的でドラマ化作品の原作が配信されるケースもあり、全く配信がないというわけではありません。

雑誌は一部記事が読めないことがある

雑誌読み放題サービスでは肖像権や著作権の関係上、芸能人の写真が灰色に塗られて見れなかったり、紙の雑誌にはある一部の記事が電子書籍では読めないことがあります。

特にジャニーズなどのアイドルが好きで写真を目的に雑誌を買っている方にはデメリットが大きい部分です。

配信期限がある

雑誌読み放題ではバックナンバーが読めるものの、いずれ読めなくなり、漫画や小説などの読み放題でも配信期限があり、読み放題対象から外れるケースがあるのはデメリットの1つです。

デバイスのバッテリーが切れると読めない

スマホやタブレットで読めるのは便利ですが、電子書籍はバッテリーが切れると読めないのがデメリットです。出先では充電が切れないように、モバイルバッテリーが必要です。

自由に書き込みができない

ビジネス書では本の隙間に自分の考えを書いたり、本から得た情報を整理しつつ、読み進める方もいると思います。電子書籍は書き込みができず、柔軟性にかけるのがデメリットです。

紙のように質感がない

好みの問題になりますが、やはり紙の質感があった方が本を読んでいる感じがする、という考えもあります。

ページをめくりながら読んだ方が、頭の中に残りやすいと感じるかもしれません。電子書籍は紙のような感覚が得られないのは、デメリットと言えるでしょう。

目が疲れやすい

電子書籍読み放題は、月額定額で電子書籍を読めるため、際限なく読んでしまい目が疲れてしまうことがあります。漫画を1巻から最終巻まで集中して読むのは、同じ姿勢を長時間続けることになるため、休憩を挟むようにしましょう。

電子書籍読み放題サービスの注意点

電子書籍読み放題サービスの注意点

電子書籍読み放題サービスを利用する上で注意したい点を3つお伝えします。

自動更新のため解約のし忘れに注意

電子書籍読み放題サービスは基本的に自動更新です。そのため、解約を忘れると読み放題サービスを利用していないのに、お金だけ支払っている状態になるため注意が必要です。

アプリからは基本的に解約できない

電子書籍読み放題サービスの解約は基本的にブラウザから行います。アプリを削除しただけで解約したと思い込んでしまい、料金が支払われている状態が続いてしまうことがないように注意しましょう。

解約後すぐに読めなくなるかはサービスによって違う

電子書籍読み放題サービスが解約後いつまで読めるのかは多くの方が気になることですが、サービスによって異なります。

月額の支払いにより30日や1ヶ月単位の閲覧権が付与され、日割り計算による返金がなく、契約期間は読めるサービスが多いですが、解約後すぐに読めなくなるサービスもあるため、注意が必要です。

まとめ

電子書籍読み放題サービスは、紙媒体と比較して費用が安いだけでなく物理的な利便性が高いなどメリットが多いのが特徴です。

「紙をめくっている方が本を読んでいる感じがするし、頭にも入ってくる」という考えもあると思いますが、紙だけでいいのか、一度ご自身で試してみることをおすすめいたします。

大好きで集めている漫画は紙媒体で買って保管して、それ以外は電子書籍にするといった柔軟な使い方もできるため、ぜひ一度お試ししてみて下さい。

目次
閉じる