水道水を使う(水道直結型&補充型)ウォーターサーバーのメリット・デメリット

水道水を使う(水道直結型&補充型)ウォーターサーバーのメリット・デメリット

一般的なウォーターサーバーはお水を業者から購入して、美味しいお水を飲むタイプのものですが、中にはお水代が一切掛からない、コスパに優れた水道水を用いたウォーターサーバーもあります。

水道水を利用するウォーターサーバーの特徴やメリット・デメリットを交えながらまとめてみました。宅配水のウォーターサーバーにはない良さが伝われば幸いです。

(水道直結型&補充型)のウォーターサーバーってどんなもの?

まずは、水道水が利用できるウォーターサーバー『水道直結型』と『補充型』にどういった特徴があるのか解説していきます。

水道直結型サーバーの特徴

ウォータースタンドの仕組み

水道直結型とは、水道水をウォーターサーバー内部で浄水して飲むタイプです。水道水と直接繋げる必要があるので、専門家による工事が必要になってきます。

パイプを通った水道水は、サーバー内部に内蔵している浄水フィルターを通って不純物などを取り除きます。しっかりとろ過されるのですが、浄水フィルターを定期的に交換する必要も出てきます。延長パイプを使えば水道水から離れた場所にも設置することができますが、初期費用が高くなってしまう可能性があるので注意です。

補充型サーバーの特徴

ハミングウォーターの仕組み

補充型サーバーは、水道水から汲んできた水をタンクに入れることで飲める独立したウォーターサーバーです。ウォーターサーバーを自分の好きな場所に設置できるのが特徴となっており、とくに工事の必要もありません。

初期費用を抑えたい方や、水道水から離れている場所にしか設置できない家庭におすすめです。タンク容量はモデルによって差がありますので、自分の生活様式に合ったものを選ぶと良いでしょう。

水道水が使えるウォーターサーバーのメリット

水道を使うウォーターサーバーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一般的な宅配水のウォーターサーバーと特徴を比較してみました。

水の交換作業が不要

一般的なウォーターサーバーの水ボトルは重いもので12kg以上するものもあります。下置きタイプであれば交換しやすいですが、現行モデルでは上置きタイプの方が多いです。そのため交換作業に苦労することもありますが、水道水直結であれば交換自体ありませんし、補充型も自分の好きな量で補充できるため交換時のストレスはほとんどありません。女性の一人暮らしやお年寄りがおられるご家庭でも安心です。

注文などの作業も必要ない

宅配水のウォーターサーバーを使う場合、定期便以外だと自分で注文して配送してもらう必要があります。ノルマがあるメーカーも多く、注文するのを忘れて別途手数料が発生してしまう可能性が高いです。注文してから水ボトルが届くまでに時間もかかります。水道水ではこのような注文システムはありませんので、いつでも気軽に美味しいお水を飲むことができます。

水ボトルがないから保管場所もいらない

宅配水のウォーターサーバーの場合、ウォーターサーバーを設置する場所だけでなく水ボトルを保管しておく場所も必要になります。保管するのに適した場所も決められており、飲み切れずに在庫だけが貯まっていくこともあるのです。こういった在庫が貯まるものがないのは大きいなメリットと言えるでしょう。

料理などにも積極的に使える

美味しい天然水を飲むだけでなく、料理にも使いたい人は多くいます。しかし、宅配水は使えば使うほど料金が高くなりますし、届くまでに時間がかかります。そのため、飲料水以外で使うことをためらう人も多くいるのです。水道水が使えるウォーターサーバーは料金が定額であるため、料理などにも気軽にお水を使うことができます。

経済面を気にしなくて良い

水道水が使えるウォーターサーバーの料金形態は定額制であることがほとんどです。毎月の水ボトル代や追加注文も必要ありませんし、配送料なども必要ありません。お水を使いすぎる心配もないので飲みたいだけ飲むことができます。予算を抑えたいのであれば、毎月の金額を気にせず飲めるのは大きなメリットと言えるでしょう。

水道水が使えるウォーターサーバーのデメリット

次に、水道水が使えるウォーターサーバーのデメリットを紹介します。

工事が必要になる(水道直結サーバー)

水道直結型ウォーターサーバーは、その名のとおり水道と直結させることで使えるようになるウォーターサーバーです。そのため、水道管から分岐させる必要があります。しかし、これらの作業はメーカーに工事してもらうしかありません。(工事費は無料です)

そのため、工事が完了するまではウォーターサーバーを使うことはできないのです。工事日程もすぐに決まれば良いのですが、予約が埋まっていると数週間以上待たされる可能性もあります。工事費もかかってしまうため初期費用も高くなりがちです。

ホースが邪魔になる可能性(水道水直結サーバー)

工事を行って水道管からサーバーを繋いだ際、ホースが生活の邪魔になってしまう可能性が考えられます。水道水回りに余裕がある家庭でなければ設置が難しい可能性があるので注意しましょう。

水を自分で補充しなくてはいけない(補充サーバー)

補充サーバーは、水道水から水を直接ウォーターサーバーに補充して利用するものになります。そのため、水が切れたら自分で補充する必要があります。蛇口から近い場所に設置できれば問題ありませんが、部屋をまたぐような場所に設置していると少し面倒かもしれません。できるだけ蛇口に近い位置に設置することを推奨します。

水質に拘る人には向かない

宅配水の特徴として挙げられるのが、ミネラル成分が豊富に含まれているお水を提供している、という点です。とくに富士で採水される天然水にはバナジウムなどの希少な成分も配合されているため、健康維持や美容効果にも期待できます。RO水にも、メーカー側がミネラル成分を配合しているため、バランスの良いRO水が作られています。品質管理や安全管理も徹底している点にも注目です。

しかし、水道水を使うウォーターサーバーの水は『水道水』です。塩素などで消毒されていますし、ウォーターサーバー内部でろ過されていますが、品質も安全性も宅配水には及びません。それに加えて、ミネラル成分もほとんど含まれていないのです。

ROフィルターを通せばほぼ純水のキレイな水になりますが、お水の味を決めているのはミネラル成分と言われています。それが含まれないお水のため美味しさに関しても宅配水には勝てないでしょう。

災害時や緊急時の備蓄にならない

水ボトルを設置するタイプのウォーターサーバーは、台風や地震などによって停電したり断水した際にも常温水として飲むことができます(※1~2日程度)。しかし、水道水が元である水道直結型サーバーでは断水すると使うことが物理的に不可能です。

補充型であれば、サーバー内部に残っているお水を飲むことはできますが、ろ過システムは止まっているので1日で飲み切るようにしましょう。

水道水を使うウォーターサーバー5社の料金・性能比較

メーカー名 タイプ 月額料金 水の種類 カードリッジ交換
ハミングウォーター 補充型 3,300円(税込) 浄水 無料(4ヶ月に1回)
楽水ウォーターサーバー 補充型・水道直結型 3,278円~(税込) 浄水/RO水 無料(年2回)
ウォータースタンド 補充型・水道直結型 3,850円~(税込) 浄水/RO水 無料(6ヶ月に1回)
シャインウォーター 水道直結型 3,300円~(税込) 浄水 無料(3ヶ月毎)
キララウォーター 水道直結型 4,378円~(税込) 浄水 無料

水道直結型のみを扱っているメーカーもあれば、どちらのタイプも扱っているメーカーも。全メーカー月額料金は固定で、フィルターの交換費用などもすべて無料となっているのは嬉しいポイントですね。

RO水として飲む場合はROフィルターを購入する必要がありますが、浄水フィルターよりも高くなっています。RO水の方が純水に近いため、美味しくて新鮮なお水を飲みたい人以外は普通の浄水フィルターで良いと思います。

水道水使用のおすすめウォーターサーバー

メーカー名 ハミングウォーター
タイプ 補充型
月額費用 3,300円(初期費用2,200円)
お水の種類 浄水
電気代(1ヶ月) 約475円~
公式サイト https://www.hummingwater.com/
※全て税込価格です。

 

メーカー名 楽水ウォーターサーバー
タイプ 補充型・水道直結型
月額費用 【浄水フィルター】
3,278円
【RO水フィルター】
4,378円
(初期工事費13,200円)
お水の種類 浄水もしくはRO水
電気代(1ヶ月) 約800円~
公式サイト https://rakumizu.jp/
※全て税込価格です。

SNS共有はこちら