ウォーターサーバーの「RO水」と「天然水」は何が違う?どちらを選ぶべきか

ウォーターサーバーの「RO水」と「天然水」は何が違う?どちらを選ぶべきか

初めてウォーターサーバーを契約する人が一番最初に疑問に思うことは、RO水と天然水の違いではないでしょうか。

この記事では、ウォーターサーバーのメーカーが提供しているお水の中で、天然水とRO水のどちらを選ぶのが良いのか、特徴や比較を交えながらまとめてみました。

ウォーターサーバーの「天然水」と「RO水」とは?

天然水とは

天然水とは、特定されている水源から採れた地下水を原水とする水のことを指します。『ナチュラルウォーター』と『ナチュラルミネラルウォーター』の2種類のみ天然水と呼ぶことが可能です。

これは農林水産省が定めている『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』にも記載されており、ナチュラルウォーターとは「沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていない水」のことを指します。ナチュラルミネラルウォーターはナチュラルウォーターの中でもミネラルが溶け込んでる地下水を原水としているものがそう呼ばれています。

水源となる地下水にも種類があり、特定されている水源としては以下の7種類があります。

水源の種類
  1. 浅井戸水…第一層目の水源。浅く地下水が湧き出る場所。
  2. 深井戸水…第二層目の水源。第一層目より深く、安全性とミネラル成分が高い。
  3. 湧水…自然と湧き出てくる地下水。
  4. 鉱泉水…ミネラル成分の種類で分類される。水温25℃未満で自噴する地下水。
  5. 温泉水…ミネラル成分の種類で分類される。水温25℃以上で自噴する地下水。
  6. 鉱水…ミネラル成分の種類で分類される。こちらは自噴しない地下水。
  7. 伏流水…砂層でろ過されているため高品質。川床の下に浸透して流れている。

天然水は採水地によって味も異なる

天然水が採水できる地域は複数存在しています。富士の天然水などは有名なので、スーパーなどでもよく目にすると思います。その他にも京都の天然水、日光の天然水、北アルプスの天然水、南阿蘇の天然水など、多くの採水地が存在しているのです。採水地が違うだけで、含まれているミネラル成分が大きく変わってきます。

4大ミネラル成分(カリウム・マグネシウム・カルシウム・ナトリウム)のそれぞれの含有量が違うことはもちろんのこと、バナジウムやシリカが含まれているのか、含まれていないのかも違います。それに加えて、同じ富士の天然水だったとしても「富士のどこで採水されたのか」によって成分が変わってくる点にも注意です。

そして、ミネラル成分は水の味を決めるのに重要な要因です。口当たりが良くてスッキリとした味の天然水もあれば、まろやかな味わいが楽しめる天然水もあります。人気メーカーである、プレミアムウォーターは複数の天然水を提供していますので、いくつか注文してみて自分に合う天然水を探すのも一つの手です。

RO水とは

RO水とは、水道水や採水した天然水を工場まで汲み上げ、そこで『RO膜(ReverseOsmosis)』という特殊フィルターでろ過した水のことです。0.0001ミクロンという超微細なフィルターを通すため、細菌などの不純物を極限まで除去することができます。

ただし、ミネラル成分も同様に除去されますので、ほぼ純水(ピュアウォーター)となります。天然水の方でも書きましたが、ミネラル成分が水に味を付けているため、純水であるRO水は余り美味しいとは言えません。

そのため、ウォーターサーバーを提供しているメーカーは意図的にミネラル成分を配合させることでRO水に味を付けさせています。ミネラル成分を配合させたRO水のことを『デザインウォーター』と呼ぶこともあります。

ミネラル成分はバランス良く配合されていることが多く、日本人好みの味とも言われており、色んな料理に使用することが可能です。ただし、バナジウムやシリカなどは配合されていませんので、健康や美容目的の人には不向きと言えるでしょう。

一般的に味は天然水で、コスパならRO水が優位

天然水とRO水を差別化するのに一番分かりやすいのが、『美味しさだと天然水、安さだとRO水』です。ミネラル成分は水の味を決める要因となっていますので、天然由来のミネラル成分が豊富な天然水の方が美味しくなっています。それに加えて、富士の天然水などにはバナジウムやシリカなどの希少なミネラル成分が含まれていることから健康維持や美容にも効果が高いです。

一方のRO水にはミネラル成分がまったく含まれていない純水のものもありますし、人工的にミネラル成分を含めたものもあり味に差があります。バナジウムやシリカなどは含まれていません。

価格に関しては、天然水の相場は約1,500円前後となります。メーカーや採水地などによっても大きく変わりますが、高いものになると12Lで2,000円になるものもあるくらいです。一方のRO水は相場が約1,100円前後となっています。高くても12Lで1,300円ほど。

そのため、2本頼めば1,000円近くの価格差が出てきます。キャンペーンやプランによって天然水でも安くなる可能性もありますが、毎月のコスパを求めるのであればRO水を選ぶ方がいいでしょう。

天然水とRO水の特徴比較

天然水とRO水がどのように違うのかを表にまとめましたので、比較してみましょう。その中でも上記で記載されていないが注目して比較してほしい部分を抜粋して解説していますので、そちらの方も確認してみてくださると違いがよく分かると思います。

天然水 RO水
採水地 名水地など特定の水源 ボトリング工場地域にある水道水や河川水
成分 天然由来の4大ミネラル(カリウム・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム)が豊富。採水地によってはゲルマニウムやバナジウム、シリカ、亜鉛などが含まれていることもある。 基本的にはミネラル成分が含まれていない純水(ピュアウォーター)である。ウォーターサーバーのRO水はミネラル成分を人工的に添加していることが多い。
処理方法 天然水には不純物が少ないため、最低限の殺菌処理を行う。それによりミネラル成分が残る。 RO膜を使ったろ過システムで細菌などの不純物を除去する。それと同時にミネラル成分も除去される点には注意。
安全性 高い(基準値を超える汚染物質は含まれていない) 非常に高い(測定できるすべての汚染物質が含まれていない)
まろやかで口当たりが良く、のど越しもスッキリして美味しい 日本人好みの味でもあるが、ミネラル成分が配合されていないと美味しくないこともある
賞味期限 未開封の場合は約6カ月、開封後は約2週間 未開封の場合は約12カ月、開封後は約1カ月
価格 高い 安い
ボトル ワンウェイボトルが多め リターナブルボトルが多め

安全性

安全性は天然水もRO水も高い基準を誇っています。メーカーによってはその安全性の高さから「安全性に関する賞」を受賞することもあるくらいです。その中でもより安全なお水を飲みたいという人はRO水をおすすめします。

RO水はRO膜という超微細なフィルターを通して作っていますので、ミクロ単位の不純物も除去することが可能です。それに加えて放射性物質の検査も行っていますので、お水の安全性やキレイさに関してはRO水の方が上になります。ただ、RO水の安全性がとても高いだけであって、天然水が低いわけでありません。天然水も安心して飲むことができます。

賞味期限

賞味期限には大きな差があり、メーカーによっても多少前後しますがRO水の方が2倍ほど長くなっています。水というのは空気に触れることで劣化していくのですが、物質量が多ければ多いほど劣化するスピードが速くなる性質を持っています。

そのため、豊富なミネラル成分が含まれている天然水の方が賞味期限が短くなっているのです。お水の消費量が少ない可能性がある人、ウォーターサーバーの水を備蓄水としての利用も考えている人はRO水の方が向いています。

ボトルの種類

天然水の水ボトルはワンウェイ方式、RO水はリターナブル方式が多くなっています。ウォーターサーバーの衛生面やメンテナンスの手間を考えると、使い捨てボトルであるワンウェイ方式がおすすめです。ワンウェイ方式は構造上、空気中に漂うホコリやチリなどが混入しにくいようになっています。

それに加えて最後まで飲むことができますし、水がなくなるとコンパクトになります。リターナブル方式と違ってメーカーによる回収もありませんので、そのまま家庭ごみとして処分できるだけでなく、ボトルを再利用されることもないので毎回新品ボトルです。

ウォーターサーバーの水は自分に合ったものを

ウォーターサーバーの水を選ぶ際に最も大事なのが、『自分に合ったもの、自分が求めているもの』という点です。美味しい水を求めているのか、健康維持や美容効果が欲しいのか、コスパをメインに考えているのかで選ぶ水も変わってきます。ここからは、天然水とRO水のどちらが自分におすすめなのか分かりやすく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

天然水がおすすめな人

  • 料金が高くても美味しい水が飲みたい
  • ミネラル成分が豊富な水が飲みたい
  • 4大ミネラル成分だけでなくバナジウムやシリカなども摂取したい
  • 健康や美容を気にしている

天然水の最大のメリットは、天然由来のミネラル成分が含まれた水という点です。そのため、健康維持や美容効果に期待できます。バナジウムやシリカのような希少な成分も入っている天然水があるため、とても人気があります。

また、ミネラル成分は水の美味しさを決める重要な要因となっていますので、水道水やRO水と比べると口当たりも良くて美味しく感じる人が多いです。このように、美味しい水を飲むだけでミネラル成分を摂取したい人には天然水がおすすめです。

》天然水で一番人気!プレミアムウォーターの詳細はこちら

RO水がおすすめな人

  • 味よりも安さを優先したい
  • 安全性の高い水を飲みたい
  • 備蓄水としての利用を考えている
  • バランスの良いミネラル成分を求めている
  • 赤ちゃん用ミルクの調乳に使いたい

RO水の最大のメリットは、圧倒的なコストパフォーマンスです。天然水と比較すると、1本あたり500円ほど安くなります。4人家族で1年間使った場合で考えると、お水代だけで数万円の差になることも珍しくありません。さらに、RO膜によって極限まで細菌を除去している点で安全性も非常に高くなっています。

天然由来のミネラル成分ではありませんが、後からバランス良く配合しているため味なども問題ないでしょう。赤ちゃん用のミルクの調乳には純水に近い軟水が適しています。天然水も軟水ですが、天然水はミネラル成分が豊富に含まれているため、どちらかというとRO水の方が向いています。

》RO水で一番人気!クリクラの詳細はこちら

SNS共有はこちら