ウォーターサーバーの解約違約金と本体、余ったお水の処理について

ウォーターサーバーの解約違約金と本体、余ったお水の処理について

ウォーターサーバーを解約する場合、利用期間によっては違約金が発生することがあります。違約金は高いものだと20,000円する場合もあり、できるだけ抑えたい出費になります。

そこで今回は、各メーカーの違約金が出てしまう条件や違約金の金額を交えながら、違約金が少なく初めての人でも気軽に利用しやすいウォーターサーバーをまとめてみました。

ウォーターサーバーの解約違約金一覧

メーカー名 契約プラン 発生条件 解約違約金
プレミアムウォーター 基本プラン(スリムサーバーIII、amadanaスタンダードサーバー) 初回配送予定日より2年間以内の解約 11,000円(税込)
プレミアムウォーター 基本プラン(cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー、amadanaウォーターサーバー) 初回配送予定日より2年間以内の解約 22,000円(税込)
プレミアムウォーター PREMIUM3年パック(スリムサーバーIII、amadanaスタンダードサーバー) 初回配送予定日より3年未満の解約 16,500円(税込)
プレミアムウォーター PREMIUM3年パック(cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー、amadanaウォーターサーバー) 初回配送予定日より3年未満の解約 22,000円(税込)
プレミアムウォーター PREMIUMWATER MOM CLUB(プレミアムウォーターマムクラブ) 初回配送予定日より3年未満の解約 22,000円(税込)
コスモウォーター 通常プラン 2年未満での解約 9,900円(税込)
フレシャス レンタルプラン 1年未満での解約 16,500円(税込)
フレシャス レンタルプラン 1年~2年未満での解約 9,900円(税込)
クリクラ 通常プラン なし なし
信濃湧水 通常プラン 1年未満での解約 11,000円(税込)
サントリー天然水 通常プラン 1年未満での解約 16,500円(税込)
サントリー天然水 通常プラン 1年~2年未満での解約 9,900円(税込)
アルピナウォーター 関東地域(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県)での利用 1年未満での解約 11,000円(税込)
アルピナウォーター 他の地域(関西・愛知など)での利用 1年未満での解約 5,500円(税込)
アルピナウォーター 水素水サーバー(水素水キット) 1年未満での解約 11,000円(税込)
アクアクララ 通常プラン 1年未満での解約 6,600円(税込)
アクアクララ 子育てアクアプラン
2年割プラン
2年未満での解約 11,000円(税込)
うるのん 通常プラン 2年未満での解約 11,000円(税込)
うるのん うるのん3年プラン 3年未満での解約 16,500円(税込)
ワンウェイウォーター お掃除ロボット付ウォーターサーバー 2年未満での解約 15,400円(税込)
ワンウェイウォーター 上記以外 2年未満での解約 9,900円(税込)

同じメーカーでも契約したプランや、利用しているウォーターサーバーによって解約金は大きく変わってきます。とくにプレミアムウォーターとアクアクララはプランと違約金発生条件、違約金が多いです。自分がどれに契約しているのか、本当に解約しても大丈夫な期間なのかをしっかりと確認していきましょう。

発生条件としては「1年未満もしくは2年未満での解約」が多くなっています。そのため、最低でも1年は使う前提でウォーターサーバーの利用を考えることをおすすめします。違約金は非常に幅がありますが、相場としては10,000円前後が多いです。

そんな中、クリクラは契約期間の縛りもありませんし、いつ解約しても一切違約金が発生しません。契約期間が不明確な人はクリクラの利用をおすすめします。

》クリクラの月額料金やサーバーの詳細はこちら

サーバー本体と余ったお水の処理方法について

ウォーターサーバー本体は、レンタル品のため基本的にメーカー側へ返却する必要があります。購入プランなどを利用した場合は、返却の必要がありませんので自治体に合わせた方法で処分すれば問題ありません。回収する際にやっておくべきポイントを確認していきましょう。

1.自社配送を行っているメーカーの場合

普段から自社配送を行っているメーカーの場合は、回収業務もメーカー側がやってくれることがほとんどですので、家に残っている水ボトルをすべて使い切ることだけ考えましょう。解約のタイミングとしては、次の配送予定日の2週間前までをおすすめします。

2.配達業者で配送を行っているメーカーの場合

配達業者に配送を委託しているメーカーの場合は、上記の水の消費に加えて『水抜き』と『梱包』をしなくてはいけません。サーバーによって場所は違いますが水抜きキャップがありますので、そちらを外して内部の水を抜いてください。

温水が出て火傷する可能性もありますので、水抜きする数時間前に電源を切っておくことが重要です。最後に、段ボールなどでウォーターサーバーを梱包しましょう。梱包用の段ボールはメーカーから送ってもらえます。返却しないと損害金を取られることもあるので注意です。

お水の処理方法としては、サーバー回収までに飲むことが一番です。もし飲み切れない場合は、災害時のために備蓄水として残しておく方法もあります。ただし、お水には賞味期限(6ヶ月~1年)が設定されていますので、その点は注意してください。

解約する前に知っておきたいポイント

ウォーターサーバーが届く前なら解約できることも

「契約したけど、やっぱり自分にウォーターサーバーは必要ないから届く前に解約したい。そんなことできるのか?」という人もいます。そういった人でも安心してください。ウォーターサーバーが届く前や届いてからも一定の期間内であれば解約することができます。

仮契約の状態の場合がある

「申し込みをした時点で契約完了」と思っている方も多いですが、いつ本契約になるかはメーカーによって違います。もちろん申し込みを完了したら本契約ということもありますが、実際は「家にウォーターサーバーが届いて設置した日が本契約」ということが多いです。

そのため、ウォーターサーバーが届くまでは仮契約ということになりますので、その時点では基本的に無条件で解約できます。まずは、本契約はいつからなのかを確認することが大事です。

申し込み時点で本契約の場合、ウォーターサーバーが届いてしまった場合

もし本契約として受理された場合でも、本契約日から8日以内であればクーリングオフの対象となります。ただし、『インターネット経由で自分の意志で契約した場合はクーリングオフ対象にはならない』という点には注意してください。

新しくサーバーを契約するなら「乗り換えキャンペーン」を使う

新しくメーカーとウォーターサーバーの契約をする際には、各メーカーが行っているキャンペーンを利用すると良いでしょう。新規契約キャンペーン、法人限定キャンペーン、応募者全員プレゼントキャンペーンなどありますが、その中で注目してもらいたいのが『乗り換えキャンペーン』です。

乗り換えキャンペーンとは、現在契約しているメーカーを解約して新しいメーカーと契約することで特典がもらえるキャンペーンとなります。特典も様々ありますが、使っていたメーカーの解約金をキャッシュバックという形で受け取れるものがメジャーです。その他にも無料でお水がもらえたりしますので、乗り換える場合はできるだけ利用するようにしましょう。

ウォーターサーバーでよくある解約理由

ここからは、ウォーターサーバーの解約理由の中でもよく言われる4つを解説していきます。理由と同時に、その要因を解消してくれるメーカーやウォーターサーバーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

①毎月の値段が高かった

解約する理由の中で最も多いのが、毎月の利用料金が経済を圧迫したというものです。ウォーターサーバーの月額費用は『お水の料金・ウォーターサーバーレンタル料・電気代・配送料・サポート料』で決められるのですが、利用人数や契約するプラン、適用したキャンペーンなどによっても大きく異なってきます。

一人暮らしの人が利用した場合の相場が4,000円くらいとなっており、年間だと5万円前後です。それよりも高い費用を支払っている方は、ワンウェイウォーターへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

毎月の値段が高い人におすすめのウォーターサーバー

ワンウェイウォーターのsmart
月額費用 4,050円~(税込)
レンタル代 無料
お水の種類 天然水・RO水
ボトルの種類 使い捨てボトル(12L)
注文単位 1回につき2本~
(※プラスプレミアムは3本~)
※月額費用は、1ヵ月に36L注文した場合

ワンウェイウォーターは、業界最安クラスでお水を提供しているメーカーです。コスパ重視の人におすすめで、500ml当たりのお水の価格が約56円なのは他のメーカーでは考えられません(相場は70~90円ほど)。2021年7月の時点で乗り換えキャンペーンは行っていませんが、キャンペーンを使わずとも以下のような特徴から非常にお得に使い続けることができます。

業界最安プラン『プラスプレミアム』

ワンウェイウォーターが提供しているプランの中で最もお得なのが『プラスプレミアム』です。こちらは12Lボトル1本が1,350円(税込)楽しめるプランとなっています。プラスプレミアムに限り1回の注文で3本注文する必要がありますので、月額としては最低で4,050円(税込)です。

契約期間は3年という縛りはありますのが、他のメーカーとの3年間契約の料金と比較してもお得です。

RO水は純水にした後、意図的にミネラル成分を配合させますので、天然水と比較しても30~40%ほど安くなるのが特徴であり最大のメリットです。ワンウェイウォーターは天然水の提供も行っていますので、そちらと間違わないように注意しましょう。

配送料とサーバーレンタル代が無料

ワンウェイウォーターは、配送地域であれば全国どこでも配送料がかかりません。メーカーやお水の種類によって配送料が発生することもあるため、定期的に配送してもらうことが基本のウォーターサーバーで配送料が無料なのは続けやすい要因になります。

それと同時に、提供しているウォーターサーバー自体のレンタル代も一切必要ありません。初回金などもありませんので、毎月必要になってくるのはお水代だけというのが強みです。

利用を続けやすいノルマ

ワンウェイウォーターには、天然水の場合は月2本がノルマとして設定されていますが、月間24リットルだと1人暮らしでも消化できるレベルなので、負担は大きくありません。

さらに、水の出荷日を指定することができますので、「先月分の水がまだ少し残っているから、出荷日を少し遅らせてほしい」ということができます(※配達日の指定は不可)。水が余っているのに新しいお水が届くという環境になりにくいのは大きなメリットです。

②設置する場所の確保が難しい

ウォーターサーバーは高さ1m以上のものも多く、一人暮らしなどの部屋が狭い・少ない環境だと設置するのが困難な場合があります。最近は横幅がスリムになったモデルも増えてきていますが、それでも床置き型であればどうしても場所を取ってしまいます。

そこでおすすめなのが卓上型ウォーターサーバーです。高さがないので机や棚の上にも設置でき、ちょっとした隙間におけるのが特徴となっています。そんな卓上型ウォーターサーバーの中で人気の『フレシャスデュオミニ』を紹介します。

設置場所に困っている人におすすめのウォーターサーバー

フレシャスのデュオミニの画像
月額費用 4,546円~(税込)
レンタル代 無料
※前月0~2箱で利用の場合、月額550円(税込)が必要
お水の種類 天然水
ボトルの種類 使い捨てパック(4.7L)
注文単位 1回につき4パック
※月額費用は、1ヵ月に4パック注文した場合の試算

フレシャスが提供している卓上型ウォーターサーバーです。コンセプトは『機能性×デザイン』となっており、デザイン性の高さからオシャレなウォーターサーバーを探している人にも人気です。

どこでも設置しやすいコンパクトサイズ

フレシャスデュオミニのサイズは「幅250mm×奥行295mm×高さ470mm(※蓋を開けた高さ:670mm)」となっています。横幅と奥行きもウォーターサーバーの中ではスリムで、床置き型の中でも圧倒的な低さが特徴です。

従来のウォーターサーバーの1/3となっており、キッチンやちょっとした棚にも設置することができます。水ボトルも4.7Lのコンパクトサイズなので、女性やお年寄りでも交換しやすいのも注目したい点となっています。

静音性が高く寝室でも問題なく設置可能

水を汲み上げる必要のないフレシャスデュオミニは、図書館に設置しても気にならないくらいポンプ音や振動音がほぼしません。そのため、寝室にしか設置できない人でも問題なく使うことができます。

クリーニングシステムが充実している

フレシャスデュオミニに搭載されているクリーニングシステムは、フレッシュ機能と殺菌機能UV-LEDです。フレッシュ機能はFRESHボタンを押すだけで作動し、温水をサーバー内循環させることで清潔な状態を維持することができます。

エアレス構造によって、外気が水に触れない点にも注目です。UV-LEDは、雑菌や細菌の増殖を防ぐために特殊な紫外線を照射する装置です。この装置はフレシャスが業界初となっており、他のメーカーにはない強みとなります。

3種類の省エネ機能搭載で電気代を抑えられる

フレシャスデュオミニには、温水の温度を70℃にまで下げるエコモード、光センサーでヒーターを自動オフにするSLEEP機能、熱干渉を抑えて再加熱・再冷却に必要な電力を少なくするデュアルタンク構造の3つの省エネ機能が搭載されています。

これらを使うことで、最大で60%もの消費電力を抑えることが可能です。電気代も約490円~と、月額費用を抑えるのに役立ちます。

③毎月の最低消費量をクリアできない

ウォーターサーバーには、各メーカーによってノルマというものが設定されていることがあります。基本的には「1ヶ月に〇本注文しなくてはいけない」というものですが、中には2週間などスパンが短いこともあります。

ノルマが達成できなかった場合は、無料だったサーバーのレンタル代が発生したり、手数料が発生してしまうことが多いです。そうならないためにも、水の消費量に自信がない人におすすめの『プレミアムウォーター』を紹介します。

あまり水を飲まない人におすすめのウォーターサーバー

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢロングタイプの画像
月額費用 3,974円~(税込)
レンタル代 無料
お水の種類 天然水
ボトルの種類 使い捨てボトル(7L・12L)
注文単位 1回につき2本
※月額費用は、3年パックで1ヵ月に24L注文した場合

プレミアムウォーターは、美味しい天然水を提供しているメーカーです。安全管理と品質管理に力を入れており、ウォーターサーバーのお水に不安を感じている人でも安心して飲んでいくことができます。

小さいお子さんがいるママさんからの支持も高く、口コミでも高い評価を得ています。それが結果的に天然水ウォーターサーバーシェア・顧客満足度No.1を獲得に繋がり、食の審査機関の賞を7年連続W受賞しているのです。そんなプレミアムウォーターには以下のような特徴があり、非常におすすめのメーカーとなっています。

優しいノルマ

プレミアムウォーターは定額プランとなっていますので、毎月配送されてくる2本が最低ノルマとなります。2本で足りる場合であれば、それ以上に料金が発生することはないので安心です。使いでの注文もできますので、環境の変化や季節によって自分のペースを崩さず飲むことができます。

スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)

プレミアムウォーターでは複数のウォーターサーバーを提供していますが、その中でもおすすめなのがスリムサーバⅢです。床置き型ですがスタイリッシュなサイズで、スペースに余裕がない部屋でも設置しやすくなっています。

サーバーカラー・ボトルカバーカラーも豊富でどんな部屋にも合わせやすいです。機能面も充実しており、小さいお子さんがいる家庭でも安心の冷温水チャイルドロック、消費電力を抑えられるエコモード、極度な加熱を抑えてくれる温度過昇保護装置(バイメタル)などが搭載されています。

定額プランなので経済的

プレミアムウォーターは定額となっており、基本的にウォーターサーバーレンタル費用と配送料が無料です(モデルと水の種類・配送エリアによる)。それに加えて、3年という利用期間の縛りがありますが12リットル×2本で3,974円(税込)、7リットル×2本で3,542円(税込)で利用できる『PREMIUM3年パック』があります。美味しい天然水を安心の価格で飲めるのはプレミアムウォーターのメリットです。

お得なキャンペーンも実施中

プレミアムウォーターでは、WEB限定の新規お申込みキャンペーンや乗り換えキャッシュバックを実施しています。乗り換えキャンペーンは、他社の解約時に発生する違約金の中で最大16,500円までキャッシュバックを受けることが可能です。違約金のことで乗り換えを迷っている人にはおすすめとなっています。

④水ボトルの交換が大変

水ボトルは重いもので12kgもあり、女性やお年寄りが持ち上げて交換するには少し難しい部分になります。それが苦になりウォーターサーバーを使わなくなることもあります。そこでおすすめしたいのが、フレシャスのslat(スラット)です。

ボトル交換が楽なおすすめウォーターサーバー

フレシャスslatの画像
月額費用 4,244円~(税込)
お水の種類 天然水
ボトルの種類 使い捨てボトル(9.3L)
お水の価格(500ml) 約87円~(税込)
注文単位 1回につき2本
※月額費用は、スラットで月18.6L注文した場合の料金目安

フレシャスが提供しているスラットは機能性とデザイン性を兼ね備えており、非常に人気の高いモデルとなっています。ウォーターサーバーだけでなく、フレシャスというメーカーには以下のような特徴がありますので、非常におすすめです。

水ボトルは下置きで、交換が楽

スラットはボトル交換を足元で行える下置きタイプとなっています。水ボトルも9.3Lと他メーカーのウォーターサーバーより軽くなっている点も嬉しいポイントですね。

12Lの水ボトルを上まで持ち上げる必要もなく、料理をする主婦層の方から高い支持率を得ています。給水口も従来のモデルより17cmほど高くすることによって、大人は注ぎやすく子供は触りにくくなっています。

豊富な温度調節機能

スラットには、冷水・温水だけでなく常温水やリヒート機能による再加熱も可能になっています。リヒート機能を使ってカップ麺やスープ作りはもちろんのこと、エコモードを使って赤ちゃん用のミルクの調乳も可能です。

省エネ機能

スラットには省エネ機能を複数搭載しており、上手に使うことで月々の電気代を380円~まで抑えることができます。タンク同士の熱干渉を極限まで抑えるデュアルタンク構造、光センサーを使ってヒーターを自動的に止めてくれるSLEEP機能、温水の温度を70℃まで下げることで電気代を抑えるエコモードがあります。

チャイルドロック機能

小さいお子さんがいる家庭でも安心して使えるように、スラットにはチャイルドロック機能が搭載されています。解除にはボタンを2秒長押しする必要があり、お子さんでは解除しにくいシステムになっています。それに加えて、ボタンの設置場所をウォーターサーバー上部にすることで触れにくくしている点にも注目です。

SNS共有はこちら