災害時など停電しても使えるウォーターサーバーと使えないサーバーまとめ

災害時など停電しても使えるウォーターサーバーと使えないサーバーまとめ

日本は地震や台風など天災が起こりやすい国です。このような災害時に絶たれやすいライフラインの中に『電力』と『水』があります。とくに水は人間が生きていく上で非常に大切なものとなっており、断水した際の負担は非常に大きいです。

断水しても備蓄水として利用できるのがウォーターサーバーのメリットなのですが、停電した場合は使うことができるのか不安になります。そこで今回は、災害時の各メーカーの対応や備蓄水としての利用方法、停電時でも使うことのできるウォーターサーバーなどを紹介していきます。

停電すると使えないウォーターサーバーの見分け方

見分け方
  • ボタンを押して電動で水を出すタイプのサーバー
  • 水のボトルを下に置くタイプのサーバー

ウォーターサーバーの給水方式はいくつかありますが、上記の二つは停電すると使うことができなくなります。給水ボタンが電力で作動する場合、もちろんですが停電すると動かなくなります。

水ボトルを下に置くタイプは、ポンプを作動させて下から注水口まで水を押し上げるため、停電すると常温水としても給水することができません。契約する前に、取扱説明書や担当の人によく確認しておきましょう。

もし災害時を想定してウォーターサーバーを使いたい場合は、給水レバーやボタンが手動で動かせるタイプ、そして水ボトルが上置きタイプのものを選びましょう。メーカーによって使える期間は違いますが、3日~1週間ほどであれば常温水として飲むことができます。それ以上になると、サーバー内部のクリーンシステムが作動していないことも含めて安全性が保証されません。

災害時における各メーカーの比較

メーカー 災害時の評価 供給方法 水の種類
クリクラ 高い ◎ 自社配送 〇 RO水 〇
アクアクララ 高い ◎ 自社配送 〇 RO水 ○
プレミアムウォーター 普通 〇 宅配業者 △ 天然水 △
フレシャス やや低い△ 宅配業者 △ 天然水 △
うるのん 普通 ○ 宅配業者 △ 天然水 △
アルピナウォーター 高い ◎ 宅配業者(自社配送エリアあり) 〇 RO水 〇
コスモウォーター 普通 ○ 宅配業者 △ 天然水 △
信濃湧水 普通 ○ 宅配業者(自社配送エリアあり) 〇 天然水 △

この表で注目すべき点は供給方法です。いくら商品を受け取りたくても、宅配業者が動いていなくては届くことは絶対にありません。仮に動いていたとしても、利用する人が多くて後回しにされる可能性もあります。

そんな中でも『自社発送』を行っているメーカーは強いです。お水の配送だけを行っていますので、他の配送に邪魔されることはありませんし、各支局から送ることもできます。人の生命に一番必要とされている『お水』というライフラインが絶たれない自社発送は大きなメリットです。

天然水とRO水の差にも注目してみましょう。詳しくは後述しますが、基本的には天然水よりもRO水の方が未開封も開封後も賞味期限が長めになっています。さらにRO水の方が安くて備蓄水としてストックしておくにはコスパも良いです。

災害時に強いおすすめのウォーターサーバー

災害時に強いウォーターサーバーを紹介していきます。それぞれのメーカーで強みが違いますので、自分に合ったメーカーを選ぶことが大事です。

クリクラ

クリクラサーバーの画像クリクラfitサーバーの画像クリクラ省エネサーバーの画像クリクラで注水中の画像クリクラでボトル交換中の画像クリクラの月額費用

満足度
おすすめ度4(4.0)
おすすめポイント
  • RO水は賞味期限が長く、備蓄水として優秀
  • 停電中でも常温水が給水できるウォーターサーバー
  • 安くて美味しいRO水を提供
  • 月額費用を抑えられるのでお財布に優しい
  • いつ解約しても違約金がいらない
月額費用 2,920円~(税込)※月24L使用時
送料 無料
お水の種類 RO水
レンタル代 無料~
ボトル リターナブル方式(要回収)
お水の価格(500ml) 約60円(税込)

備蓄水として優秀

防災目的における備蓄水の量は1日1人3Lとされています。そのため、4人家族だった場合は3日分で約36L必要となります。クリクラボトルは1本12Lですので、3本保管しておくだけで備蓄水としての効果が期待できるのです。それに加えて、クリクラの水は高い安全性と品質管理を誇っており、定期配送なので緊急時の賞味期限切れという事態を回避できます。毎日美味しいお水を飲めるだけでなく、非常時にも使えるのは大きなメリットです。

停電中でも常温水として使える

クリクラサーバーでは、地震や台風などの天災で停電してしまったとしても水を出すことができます。電気が通ってないので常温水ですが、緊急時でも飲めるのは安心感が高いです。注意点としては、タンク内も常温となっているため1週間~10日の間に飲み干すようにしましょう。これ以上の期間が空いてしますと、細菌や雑菌が増えてしまい健康面で害をなすことがあります。

安くて美味しいRO水

クリクラが提供しているお水は『RO水』です。ナノサイズのウイルスなどが除去された人工的なお水であり、バランスの良いミネラル成分が特徴となっています。最大のメリットはその安さで、天然水1本12Lと比較すると約500円前後安くなりますので、経済的負担を抑えることも可能です。

まろやかな口当たりで飲みやすく、スッキリとしたのど越しを楽しむことができます。日本人好みの味に調整されており、色んな料理に活用できるだけでなく赤ちゃん用のミルクの調乳にも向いています。

ノルマが優しく解約に対する違約金がない

クリクラのノルマは『3ヶ月の間に6箱以上』となっています。一人暮らしだと少しきついかなと感じますが、2人以上で飲むなら問題なく6箱は消費できるので、安心してください。

もしノルマが達成できない場合は、レンタル代として1,100円(税込)が発生する点に注意しましょう。それに加えて、クリクラには解約時に発生する違約金がないのも強みです。他のメーカーのように契約期間の縛りはありませんので、いつ解約しても問題ありません。使わなくなったタイミングで解約しましょう。

自社配送のため、自然災害にも強い

以前、私がクリクラを契約しているときに大阪で強い地震がありました。2018年6月の大地震です。ガスの停止や停電…大阪中が慌ただしくしている中、クリクラのお兄さんは「お水!持ってきましたよ!」と笑顔でお水を宅配してくれました。地震の2日後のことです。

あんな状況下でも頼んだらすぐにお水を持ってきてくれることに、感謝と自社配送の大きなメリットを感じました。自社配送であるクリクラは、自信をもっておすすめできます!

アクアクララ

アクアクララのアクアファブの画像アクアクララのアクアウィズの画像アクアクララのお水交換アクアクララのアクアスリムの画像アクアクララのアクアスリムSの画像アクアクララを設置した画像

満足度
おすすめ度3.9(3.9)
おすすめポイント
  • 賞味期限が長いRO水を提供
  • 全体的にコスパが良く、災害時の利用を前提にしているならお得
  • 全国展開されている製造工場
  • 自社配送を行っている
  • 停電時でも使えるレバー式サーバー
  • 熊本地震などにも迅速に対応し高い実績あり
月額費用 3,908円~(税込)
送料 無料
お水の種類 RO水
レンタル代 無料~
ボトル リターナブル方式(要回収)
水の価格(500ml) 約58円(税込)
※月額費用は、アクアスリムで毎月24L注文した場合

提供しているのはRO水

アクアクララが提供している水の種類は、賞味期限が長くて備蓄水として優秀なRO水です。お水の料金が安いだけでなく、送料なども全国で無料になっているためコスパが非常に高くなっています。災害時のことを考えて契約するには非常におすすめです。安全性や品質管理も徹底しており、自社基準をクリアしたもののみ配送を行っています。まろやかな味わいで日本人好みな味にも注目です。赤ちゃんのミルクの調乳にもおすすめします。

自社配送

アクアクララも配送はすべて自社で行っており、災害が起きても配送ラインが絶たれるという心配がありません。宅配業者よりも配送のコントロールがしやすく災害時でも迅速に対応可能となっています。大規模災害でも2週目くらいで水の配送が可能です。業者配送か自社配送かというのは、災害時の利用を考える上で非常に大切なポイントとなっています。

停電時でも使えるウォーターサーバー

丸みを帯びたキューブ型で優しいデザインをしたウォーターサーバーです。基本的にどんな部屋でも落ち着けるようにデザインされています。カラーもホワイトとブラックのみで合わせやすい色のみを用意しています。抗菌仕様・温水チャイルドロックも完備しているので安全面でも安心です。給水口が通常のものより約8cm高くすることで、お年寄りの方でも楽な姿勢で注ぎやすい位置になっています

水の製造工場が全国に設置されている

災害の規模というのは未知数です。市町村規模のこともあれば、県全体・地方全域で災害に遭うことも珍しくありません。そのため、お水の製造工場や供給拠点が一点に集中している場合は、すべての対応が動かなくなってしまう可能性があります。その点、アクアクララの製造工場は全国に展開しており、災害地の工場が停止してしまっても他の工場で対応することが可能です。熊本地震の際には、この体制が活かされたなどの実績もあります。

迅速な対応と緊急時に飲める水ボトル

アクアクララが採用している水ボトルは、中栓を抜くことでボトルから直接給水することが可能です。仮にウォーターサーバーが転倒してしまって給水できなくなった場合でも飲むことができます。それに加えてアクアクララの災害対応は迅速で、災害から2週目にはウォーターサーバーの交換作業に入ることができています。ひとまずは水ボトルから直接給水し、2週目からはウォーターサーバーを使って水分補給することが可能です。

災害時(停電時)のために覚えておきたい役立つ情報

最後に、災害時でも覚えておくことで利益となる情報を紹介していきます。災害時は不安なことが多くて物資の補給などもままなりません。今回提供する情報を覚えておくことで、冷静な対応をすることができます。ぜひ参考にしてみてください。

停電中使えない場合は「パックカット」して水を使う

災害によって停電してしまってウォーターサーバーが全く使えない可能性があります。中には停電時でも常温水として給水できるウォーターサーバーもありますが、ポンプ式であったりサーバー自体が転倒してしまった場合のことを想定しましょう。そうなった場合、備蓄していたお水パックをカット(切る)して飲むことができます。たとえば、フレシャスは水パック式となっていますのでパックの角を切ることで簡単に飲むことが可能です。

人間が水ナシで生きられるのは4~5日まで

人間の体というのは、成人で約60%が水分で形成されています。赤ちゃんであればさらに多く約80%が水分、お年寄りの場合は少し減って約50%が水分です。思っている以上に割合が多いと思っている人もいるかもしれませんが、「人間が生きていくためには水分が最も大事」という言葉はこのためです。水分は細胞内に蓄えられており、血液やリンパ液としても必要なものになります。では、この水分がなくなるとどうなるのでしょう。

一番有名なのは『脱水症状』です。夏場には日射病と同じくらい危ない症状の一つとなっています。この脱水症状が引き起こされる原因は「体内の水分量が2%足りなくなったから」というものです。

2%であれば、喉が渇いて体調が優れない…程度になりますが、これが10%を越えると一気に悪化します。筋肉はケイレンを起こし、意識混濁から失神まで引き起こす可能性もあります。20%を越えると生命活動に重大な損害を与え、いずれ死に至ることもあるのです。心筋梗塞や糖尿病などのリスクも高まる非常に危険な状態です。

実際のところ、人間は1ヶ月食べなくても水分さえ摂っていれば生きていくことができると言われています。逆に一切水分を摂らずに生きていけるのは2~3日程度、長くても『4~5日程度』が限界とされています。水分の消費量は食物よりも早いため尽きるのも早いのです。尿や便だけでなく、生命活動で発生する呼気・汗などでも水分は放出されていきます。夏は汗が出るスピードが速くなるので、脱水症状になりやすいのです。

冷水・温水になるまでの時間は何分かかる?

では、水ボトルをウォーターサーバーにセットしてから冷水・温水になるのにどのくらいの時間が必要なのか解説していきます。平均はどちらも約30~40分程度です。これは水の種類や利用するウォーターサーバー、季節・温度によっても変わってくるので注意しましょう。長いものであれば1時間以上必要になる場合もあります。すでに充填されている水であれば、すぐに冷水・温水が出るので安心してください。

お水の賞味期限は種類によって異なる

お水の賞味期限はメーカーによっても違いますし、お水の種類によっても違ってきます。たとえば、アクアクララで推奨されている期間は『未開封であれば6か月(180日)、ウォーターサーバーにセットしてからは2週間以内』と記載されています。外気のホコリなどが入らないフィルターを装備した上での期間設定です。プレミアムウォーターも同様に、未開封の状態であれば約6ヶ月、セット後は早めに飲むことを推奨しています。

お水の種類に関しては天然水とRO水があり、賞味期限が長いのはRO水の方になります。RO水は未開封であれば約1年、セットした後は約1ヶ月程度になります。天然水と比較すると、だいたい2倍くらい賞味期限が長くなっています。そのため、『天然水であれば未開封6ヶ月、セット後は2週間・RO水であれば未開封1年間・セット後は1ヶ月間』を目安にすると分かりやすいです。詳しくは各メーカーの公式ホームページで確認してみましょう。

注意点としては、賞味期限内だったとしても直射日光が当たるような場所や湿度の高い場所で保管していた場合は危険です。ボトル内の温度が上がってしまい、細菌や雑菌が繁殖しやすい温度になってしまうことがあります。そうなると、賞味期限内だったとしても安心して飲むのが難しいです。とくに夏場は高温多湿になりやすいため、保管場所には細心の注意を払うようにしましょう。できるだけ風通しが良くて日の当たらない場所に保管してください。

大人1人が1日に必要なお水の量は何リットル?

では、1日にどのくらいお水を飲めば良いのか、簡単に計算方法と目安を解説していきます。成人が1日で排出する水分量は平均して2,500mlと言われています。もちろん体格や性別などによっても違いますし、その人の体質や季節によっても違ってくるのであくまで目安です。

実際には食物からも水分を摂取していますので飲料物として水を飲むのであれば1日1.5リットル前後を飲めば大丈夫です。水を飲むのが苦手な人は和食など水分量が多いものにすることをおすすめします。

参考文献:厚生労働省

まとめ

日本は地震や台風などが多い災害大国です。ライフラインが完全に絶たれるのは防がなくてはいけません。災害時のことを第一に考えてウォーターサーバーの導入を検討している人は、

  • 天然水ではなくRO水を選ぶこと
  • ウォーターサーバーの水ボトルは上置きタイプにすること
  • 自社配送を行っているメーカーを選ぶこと

を意識して、ウォーターサーバー選びにお役立てください。

SNS共有はこちら