車検の速太郎の口コミ評判!早さと安い料金を調査!予約制で最短45分!

車検の速太郎 最短45分 早さ 安さ 評判

今すぐ車検の速太郎の口コミ評判を見てみる
速太郎は、ディーラー車検よりお得な車検であることはもちろん、他の車検業者とも異なる独自のサービスを提供し、差別化をはかることでより早くて安い車検をモットーとしています。

とはいうものの、未だに車検業者で車検を受けることに懐疑的な方もいらっしゃいますし、車検はディーラーで受けるものだという世の風潮も根強く残っています。

もし従来通りディーラーで車検を通すことや他の車検業者で車検を通すことをお考えでしたら、今回はちょっと考え直してみてはどうでしょう。

車検の速太郎なら、もっとお得に車検を受けることができるかもしれません。

そこでこの記事では、安心と思われるディーラー車検の実態、車検業者で車検を受けることへの不安感の払拭、そして速太郎のお得なサービスについて丁寧にご紹介します。

ぜひ車検前に読んで、お得に車検を通して快適なカーライフを送りましょう。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

ディーラーや他の車検業者と一味違う速太郎の特徴

速太郎 特徴

車検を受ける場所はディーラーや車検業者など様々で、車検代も異なります。

車検代が異なるのには、それ相当の理由があるのです。

ディーラー、他の車検業者、そして速太郎で比較をしてみました。

それでは、それぞれの場所で受ける車検の特徴をご覧ください。

ディーラーで車検を受ける場合

「車検をディーラーで通すと値段が高い」ということを耳にしたことはありませんか?

これは噂ではなく、実際にディーラー車検は高額です。

ディーラーでは、自動車メーカーの看板を背負って車検を行うため、高額になってしまうのです。

  • 人件費、技術料金、事務手数料の単価が高額である
  • 交換する純正部品や純正オイルなどの単価が高額である
  • 車検後のトラブル防止のため、大事をとって予防整備を実施する傾向にある
  • 車検整備後の保証内容を手厚くする

車検にかかわる人や作業に対する費用、部品代などが高額に設定されていますので、当然車検代の合計額も高額です。

車に不具合があって交換が必要となった場合、ディーラーでは新品の純正部品と交換します。

純正部品は高額ですし、リビルト品を使用することもほぼありません。

またトラブル防止の予備整備は、絶対的な安全性と引き換えに過剰な整備であることを納得しておかなければなりません。

今後、起こるか起こらないかわからないトラブルのための整備だからです。

したがってディーラー車検は、とにかく精神的な安心感を優先に考える場合に選択するのが良いということになります。

他の車検業者で車検を受ける場合

車検をお得に通したいユーザーなら既にご存知だと思われるのが、車検を専門に取り扱う車検業者での車検です。

車検業者は、ディーラーの車検プロセスの中で過剰と思われる項目を省き、お値打ち価格で車検サービスを提供しています。

具体的には、ディーラー車検が高価となってしまう要因を見直し、以下のようなサービスを行っています。

  • 人件費、技術料金、事務手数料の単価がディーラーより安価である
  • 交換する部品やオイルは純正品と同等の社外品で単価を下げている
  • 過剰な(無駄な)予防整備は実施しない
  • 車検整備後の保証内容に期間や制限を設けて価格を下げている

純正部品や純正オイルは単価が高いため、性能や効果が同等の社外品を使用することによって、単価を下げています。

車検業者が選択する社外品は価格が異なるだけで、性能が劣るということはありません。

もし純正品でしか対応できなかった場合でも、我々ユーザーが希望すればリビルト品を使用してくれることもあります。

また今後、トラブルが起こるかもしれないという憶測のもとに行う過剰な予備整備を行わないので、その費用が丸々浮くことになります。

車検業者は、このような営業方針に則って車検代を安くするという非常に合理的な車検を行っています。

なお、車検業者での車検にかかる費用一覧はこちらです。

  • 法定費用
  • 検査料金
  • 整備費用
  • 申請代行料
  • 代車手数料(代車が必要な場合のみ)
  • 検査機器使用料(業者によっては無し)

車検にかかる項目自体に、ディーラーとの差はありません。

検査項目自体は省略することなく、掛かる単価を下げることで低価格化を実現しているのが車検業者での車検です。

速太郎で車検を受ける場合

車検業者で車検を通せばディーラーよりお得なことは、ご理解いただけたと思います。

いくら車検業者での車検がお得であると分かっていても、いくつもの車検業者が存在しており、どこの業者でも似たり寄ったりのイメージをお持ちではありませんか?

速太郎も車検業者の1つとなりますが、他の車検業者とは一味違うサービスで、ユーザーにお得な車検を提供しています。

速太郎は、車検業者の中では比較的後発の企業。後から出てきた利点を生かし、既存の車検業者と異なる戦略を立てて差別化をはかっています。

速太郎は他の一般的な車検業者とは異なり、車検に掛かる費用を以下のように設定しているのが特徴です。

  • 法定費用
  • 検査料金
  • 整備費用

こちらの一覧表をご覧になって、既にその差にお気づきになりましたでしょうか。

速太郎では申請代行料と代車手数料がありません

また、車検に掛かる時間が他の車検業者と比較して早いことや検査料金が一律化であることが、他の車検業者とは一線を画しています。

速太郎の特徴は、メリットをご紹介する項目で、さらに詳しくご紹介しますね。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

速太郎に関する口コミ評判(Twitterより抜粋)

速太郎 口コミ 評判 Twitter

速太郎についての口コミをTwitterからピックアップしてみました。

速太郎に関する口コミ評判をまとめると、以下の通りです。

  • ディーラーよりも万単位で車検費用が安い
  • 車検がスピーディー
  • 車体を見ながら説明してくれるので安心

速太郎のキャッチセール通り、早い、安い、安心を実感している口コミが多く見つかりました。

愛車が輸入車と思われるオーナーも速太郎を利用して、お得感を味わっているようです。

車検を通すなら速太郎が良いことがわかりますね。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

速太郎で車検を受けるメリット・デメリット

速太郎 車検 メリット デメリット

それでは、速太郎の車検のメリットとデメリットをご紹介します。

メリットから詳細にお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

速太郎で車検を受けるメリット

本記事内の車検の特徴で、車検に掛かる手数料、車検時間、検査料金において速太郎には、一味違うサービスがあることをお伝えいたしました。

実はこの3つの一味違うサービス以外にも、速太郎ならではのメリットがあるのです。

速太郎のメリットを改めてご紹介いたします。

それではこれらのメリットを1つずつ見ていきましょう。

申請代行料と代車手数料が不要

車検に関わる書類の作成はユーザーではなく、業者が行うため一般的には申請代行料がかかります。

ところが速太郎では、この申請代行料が請求されません

また、一般的に車検に出すと車を2~3日預けることが多いため、その間は車を使用することができず、代車が必要となり代車手数料がかかってしまいます。

特にディーラーでは、検査を行う前から部品を交換することを前提としているため、あらかじめ預かり日数を設けているのでしょう。

一方で、速太郎では車検が最短45分で完了するため代車が必要ありません。

検査時間は最短45分

速太郎では、車検の開始から完了までにかかる時間が最短45分となっています。

速太郎で車検に掛かる時間が驚異的に短いので、車検がある日は車検だけで1日が終わってしまうなんてことはなく、他にやりたいことをする時間も持てますね。

「車を車検に出すとしばらくの間は使用できなくなる」という従来の常識を打ち破るスピードは、車検の予約と実施の時間配分が徹底しているからこそ成せる業といえます。

このスピーディーな車検を受けるためには、車検の予約をすることが必須です。

ただし、キャッチフレーズで示されているように「最短45分」であることに注意してください。

検査後、車に不具合箇所がなく修理や交換の必要がないときに達成できる車検時間が45分となっています。

車に不具合があり修理や交換が必要な場合には、車検時間は45分以上となります

なお稀に、交換部品の在庫がなく発注する必要があった場合には、車検が1日で終わりません。

どのような状態の車でも車検時間が45分というわけではないのです。

しかしこれは至極当然の事で、たとえばタイヤの溝の深さが1.6mm以下に摩耗している車やホーンが鳴らない車などが、車検に通るわけありませんからね。

検査料金が全車一律14,300円(税込)

ディーラーや他の車検業者では、車のクラス(大きさ、排気量)によって検査料金が異なります。

その点速太郎では、車のクラスに関係なく以下の金額設定となっています。

  • 国産車:全車一律14,300円(税込)
  • 輸入車:全車一律14,300円(税込) + 11,000円(税込)

しかも車の年式や走行距離に関係なく一律料金ですので、特に古い車や大排気量車のオーナーにとっては、この上ない料金設定となるでしょう。

なお輸入車に関しては、車検を取り扱っていない店舗もあるため、あらかじめ問い合わせすることをおすすめいたします。

優良特典がある

速太郎には以下の3つの優良特典があります。

  • インターネット予約:検査費用から1,100円(税込)の値引き
  • 60歳以上の方:検査費用から3,300円(税込)の値引き
  • 身体障がい者手帳をお持ちの方:検査費用から3,300円(税込)の値引き

速太郎では、事前に予約をしなければ車検を受けることはできません。

予約をすることが必須ですし、インターネット予約の優良特典は、誰でも受けることができますから、電話予約をするよりはインターネット予約をする方が良いでしょう。

なお3つの優良特典は、該当すればすべて反映されます。

ただし車検当日に、年齢確認のできる物や身体障がい者手帳を提示できなかった場合には、反映されませんので、忘れずに携行しましょう。

整備保証がある

低価格での車検ですが、しっかり整備保証もあるのでご安心ください。

車検の際に実施した整備においては、6ヶ月または走行距離10,000kmまでの整備保証があります

ただし、どちらかの条件が先に達したときが保証の終了です。

このように保証期間を設定することで、車検費用の低価格化をはかっています。

速太郎で車検を受けるデメリット

それでは反対に、速太郎で車検を受けるデメリットはなんでしょうか?

デメリットは以下の通りです。

それではこれらのデメリットを1つずつご紹介します。

店舗の数が少ない

街でいくつかの車検業者を見掛けることがあると思いますが、速太郎の看板を掲げた店舗に遭遇する機会は少ないのではないでしょうか。

速太郎の店舗数は、いわゆる老舗である他の車検業者の店舗数より少ないです。

「速太郎で車検を受けるデメリット」というよりは、むしろ「速太郎で車検を受けるチャンスが少ないのがデメリット」と言い換えることができます。

現在は車のユーザーの指向も多様化されているため、もっと安価な車検を望む声が高まれば速太郎のFC加盟店が増えて、速太郎で車検を受けるチャンスも増えていくかもしれませんね。

マニュアル化された車検メニュー

速太郎の車検は完全にマニュアル化されているため、迅速な車検を実現しています。

検査に「法定点検56項目」というものがあり、この検査に合格することで車検が通ることになります。

速太郎では、車検時間短縮をモットーに法定点検56項目の特化したマニュアルを遵守して作業を行うため、車検とは直接関係のない整備や点検を受けることができない場合があります

つまり綿密な時間配分により、次の顧客の車検時間にまで影響を及ぼすような整備や点検を行っている時間がないのです。

車検とは直接関係のない整備や点検は、速太郎とは違う店舗で行うべきかもしれません。

代車を利用できないことがある

速太郎のセールスポイントは、早い車検時間で代車が不要であることです。

これを裏返していえば、代車が必要となるケースが少ないので、準備できる代車の数に制限があるともいえます。

新車登録から3年後の初回車検や車検の直近でなんらかの修理済であった状態の車であれば、車検で不具合が指摘されないと思われるので、代車のことを考慮する必要はないでしょう。

しかし、車検までなんとか騙し騙し乗ってきたような状態の車であれば、修理や交換が発生することをあらかじめ予測し、事前に代車の確認をとっておくのが良いでしょう。

代車の調整の関係で、車検の日程が希望通りにならないことがあるからです。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

気になる速太郎の車検費用は?

速太郎 車検費用

それでは、速太郎で車検を受ける場合には、いったいどのくらいの金額となるのでしょうか。

既に速太郎では、検査料金が全車一律14,300円(税込)であることと申請代行料が無料であることをご紹介しました。

したがって車種クラスで異なるのは法定費用だけです。

ここにクラス別の簡易料金表を示します。(2021年現在)

車種クラス軽自動車小型車中型車大型車特大車トラック・バン
車両重量1tまで1.5tまで2tまで2t超2tまで
検査費用(税込)14,300円14,300円14,300円14,300円14,300円14,300円
申請代行料0円0円0円0円0円0円
自動車損害賠償責任保険19,730円20,010円20,010円20,010円20,010円14,280円
自動車重量税6,600円16,400円24,600円32,800円41,000円6,600円
印紙代1,100円1,000円~1,200円1,000円~1,200円1,000円~1,200円1,000円~1,200円1,000円~1,200円
合計41,730円51,710円~51,910円59,910円~60,110円68,110円~68,310円76,310円~76,510円36,180円~36,380円

(https://www.hayataro.com/price/より)

自動車損害賠償責任保険(自賠責)は、24ヶ月分(トラック・バンに関しては、12ヶ月分)となります。

自動車重量税は、初年度登録から13年以上経過している場合には増税となり、18年以上経過している場合は、さらに増税となりますので、ご注意ください。

また、自動車重量税は、エコカー以外の車の税額を表記しております。

車検当日に行うことをご紹介

車検当日 行うこと ご紹介

事前に車検を予約した後、車検当日には直接店舗に行って車検を受けます。

速太郎では低価格の車検を実現するために、引き取りサービスはありませんので、来店して車検を受ける必要があります。

なお下記の書類を忘れずに携行しましょう。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
  • 車検時諸費用
  • 任意保険証(推奨であって必須ではありません)
  • 年齢が確認できる物(60歳以上の方)
  • 身体障がい者手帳(お持ちの方)

入庫から検査完了までの流れ

車検当日の入庫から検査完了までの流れをご紹介します。

  1. 入庫
  2. 受付・問診
  3. 分解点検・検査
  4. 立ち合い説明・見積もり
  5. 完成検査・車検合格
  6. カルテの説明・清算
  7. 車検完了

修理や交換部品がなかった場合には、上記までに掛かる時間が45分となります。

整備費用が必要だったときの選択肢は?

車検当日の入庫から検査完了までの行程において分解点検・検査後に、検査員から車まで案内され立会い説明を受けます。

車を預け放しで勝手に部品を交換されるディーラーより、検査員と一緒に不具合箇所の確認ができる速太郎の方が、納得がいく車検となるのではないでしょうか。

検査員と直接対話ができることの安心感は大きいはずです。

この立会いで、車の状態および交換が必要な部品やオイル類について説明を受けた後、整備費用が必要だったときには見積もりが提示されます。

ここで整備の依頼をするかどうかを選択することができるのです。

依頼をしたときにはその時点から整備を実施しますので、検査時間が45分以上になることを了承しておきましょう。

また稀に交換部品によっては在庫がなく、発注を掛ける必要があります。

この場合には検査完了が後日となりますから、改めて車検の日程や代車について相談をしましょう。

検査費用の見積もりに関する注意点

検査員から見積もりを提示されたとき、依頼せずにキャンセルすることもできます。

キャンセル自体は自由ですが、店舗によってキャンセル無料であったりキャンセル料が掛かったりします。

事前にキャンセル料について確認し、キャンセル無料の店舗を選択しておくのが良いでしょう。

キャンセル料が掛かる場合には、3,300円(税込)とする店舗が多いようです。

なお予約時の概算見積もりに関しては、全ての店舗で無料となっています。

法定費用

清算時に全額現金払いであれば特に関係はありませんが、クレジット決済にした場合には、法定費用だけ現金払いをお願いされることが多くなっています。

クレジット払いでの運用は、店舗が手数料を負担するシステムとなっているため、店舗での裁量で調整することができない法定費用に関しては、現金で請求される傾向にあります。

なかには法定費用もクレジット払いできる店舗もあるようですが、手数料を請求されるケースがあるため、法定費用だけは現金で準備しておく方が無難です。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

まとめ|速太郎はお得かつスピーディーに車検を受けたい人におすすめ!

この記事では、車検の速太郎の口コミ評判や特徴をご紹介しました。

もし今まで車検をディーラーで通していた場合には、高い手数料を支払っていたり交換の必要のない部品まで交換をしたりして、その分無駄な車検費用が掛かっていたかもしれません。

その車検業者が速太郎であれば、もっとお得に車検を受けることができたでしょう。

車検は過剰な整備で無駄なお金を使うのではなく、速太郎のようにその時の車の状態に合わせた適切な車検を行うのが、コスパ的には最善策。

忙しい人や車検費用を抑えたい人におすすめですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\格安で車検が受けれる/

>>車検の速太郎はこちら

公式サイト:https://www.hayataro.com/

(https://www.hayataro.com/より)

車検の速太郎の運営会社情報

商号株式会社 速太郎本部
代表者取締役社長 高木芳郎
資本金1,000万円
設立2002年5月
メールアドレスhonbu@hayataro.com
所在地
【広島オフィス】
〒733-0001
広島市西区大芝2丁目13-3 スタープラザ大芝2F
TEL:082-537-1700(FAX:082-238-3347)
【東京オフィス】
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12階
TEL:03-3454-7111(FAX:03-3454-7112)
Googleマップ(広島オフィス)
Googleマップ(東京オフィス)
主な事業内容1.「車検の速太郎システム」によるFC加盟店の募集及び加盟店の指導業務
2.自動車、自動車部品、自動車用品の販売業務
3.損害保険業務の代理業及び自動車損害賠償法に基づく保険の代理業務
取引銀行三井住友銀行、広島銀行、山口銀行
取引損保会社損害保険ジャパン日本興亜株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
あいおい損害保険株式会社

(https://www.hayataro.com/fc/profile/より 2021年10月時点)

タイトルとURLをコピーしました