ラビット車買取の口コミ評判!本当に高い?安い?トラブルやキャンセルも検証!

ラビット 車買取 口コミ 評判 トラブル キャンセル 検証

大きな買い物の1つと言えば車ですね。

新しい車に買い換える時には、今所有している車を少しでも高く買い取ってもらえる所を探すと思います。

そこで今回は、車買取で有名な「ラビット」に着目。
ラビットに中古車を売るのに向いている人やデメリット、本当の評判などを深掘りしていきたいと思います!

ラビットに車を査定に出した人のリアルな口コミ評判

ラビット 査定 口コミ評判

まずはラビットに車を実際に査定に出したことがあるユーザーのリアルな口コミを紹介していきます。

良い口コミ

悪い口コミ

以上の<良い口コミ>と<悪い口コミ>のポイントをまとめます。

  • ラビットは車種や状態によって、他社よりも高い査定額をつけてくれるという評判が多い
  • ラビットは他社の見積もりをもとに査定額を上げてくれる口コミが見られる
  • ラビットは所有者の「車を手放す気持ち」に寄り添ってくれると評判が良い
  • ラビットは相見積もりの段階では、他社よりも査定額が低いという口コミが見受けられる
  • ラビットは車種や状態によっては査定額が低いというマイナスの評判もある

このように車の種類や状態によっては、「他よりも高かった!」と感じる人と「他の方が高かった・・・」とがっかりする人に別れてしまいます。

ただし接客に関しては概ね悪い評価はあまり見られません。
車を手放すことにナーバスになっている人は、ラビットは1つの選択肢としておすすめの会社です。

ラビットの買い取り額は他社よりも高いのか?

ラビット 買取額 他社より高い?

ラビットの買取査定額は平均の相場よりも高めになります。

世の中に車の買い取り業者はたくさんあります。ラビットのようにCMを流すぐらい有名な企業もあれば、個人で経営している会社もあります。

またディーラーでも買取を行っていますね。

そんな中ラビットは、高額買取の常に上位の位置に定着している会社です。堂々1位!とまではいきませんが、一括査定などを行うと5位以内にはランクインする会社です。(参考:オリコン車買取ランキング)

なぜこのようにラビットは高額査定を可能にしているのでしょうか?

それには大きく4つの理由があります。

ラビットの高額査定の理由その1~買い取った車を自社でオークションに出している

ラビットは「USSオートオークション」に参加している会社です。
USSオートオークションとは、 日本最大規模の中古車オークションで、全国どこからでも中古車の売買を行うことができる仕組みが整っています。

業界シェア35%以上を占める巨大なオークションで、 USSオートオークションに参加していることで買い取った車をスムーズに販売につなげることができます。

このように<顧客>→<自社>→<顧客>という流れを持っていることで、途中に発生するマージンを浮かせることができます。
当然その分をユーザーからの買取額に上乗せすることができるので、数ある買取業者の中でも高水準の買取額を可能にしています。

ラビットの高額査定の理由その2~自社でも買取した中古車を販売している

ラビットはオークションに出品するだけではなく、自社でも買い取った車を販売しています。

このように自社で販売できる土俵を持っていることで、オークションに出品するよりもさらにコストを削減でき、ユーザーから強気な買取額を可能しています。

ラビットのようにオークションと提携するだけではなく、自社でも販売の仕組みを整えている会社は多くありません。
実際にラビットのホームページから欲しい中古車を検索してみると、USSオートオークションの膨大なリストの中から検索してくれる他に、ラビット店舗での「最新入庫車両一覧」を確認することもできます。

業界の中でも平均買取額の平均値が高い秘密は、自社で車両管理+販売も手掛けていることにあります。

ラビットの高額査定の理由その3~データベース化された相場で適正価格を算出

ラビットでは自社の経験と実績をもとに、市場動向の分析に長けています。

常に全国の相場を把握していて、その中でも最高値を基準に査定金額を出すようにしています。
ここがラビットの高額査定のもう1つのポイントです。

一般的に相場を出す時には、平均値をもとに出されることが多いです。
その点ラビットは、最高値を基準に査定金額を出すようにしているので、他社よりも少しでも高く売却できるような努力をしてくれます。

ラビットの高額査定の理由その4~徹底したコスト削減

査定買取から販売までのコストをできるだけ抑えることで、買取額の水準を高めにすることができています。

コストを抑えるための工夫は多岐にわたると思いますが、全ての工程を自社のスタッフで完結させることや、 USSオートオークションに出品することで在庫リスクを最大限に抑えていることもコスト削減の一部になっています。

以上のような4つの企業努力から、ラビットは中古車買取業界の中でも高額査定ランキング上位5位以内に入る買取額を可能にしています。

ラビットで車を買い取ってもらうメリット

ラビット 車買取 メリット

ラビットで車を買い取ってもらうメリットは、公正な査定額で極端に相場より低い査定額にならないことと、「プラス査定」を取り入れているので他社よりも車の良い部分を見つけてくれるところです。

具体的にどのようなことか解説していきましょう。

ラビットで買い取ってもらうメリットその1~公正な評価額

ラビットではUSSオートオークションに参加しているため、常に市場の状況に合わせた相場を把握しています。

そのため極端に相場よりも低い価格で買い取って、 大きな利益を得るような商売はしていません。

査定にはAIを導入しつつ、査定員の経験と知識も取り入れてくれるので、「いいように言いくるめられて損をしてしまうのではないか?」という不安を抱く必要はないでしょう。

ラビットで買い取ってもらうメリットその2~プラス査定の導入

一般的にディーラーなどで車の査定に出すと、走行距離や年数、劣化状況など新車の状態から減点方式で査定額を決めていきます。

一方ラビットも、基本的には劣化状況なので査定

額は決められていきますが、人気の車種や色・車に搭載されているオプションなど細かい部分に着目して、高く売れそうな要素を汲み取ってくれるのがプラス査定の良さです。

このように、車好きにしかわからないポイントにもしっかりと目を向けてくれるところがラビットに査定に出すメリットです。

ラビットで買い取ってもらうメリット番外編~店舗数が多い

ラビットは全国にフランチャイズも含め170店舗以上あります。これだけの店舗数を構えているため、トータルした車の買取台数も業界2位となっています。

さらにラビットは店舗数を増やす計画を立てているので、全国どこに住んでいる人でも店に足を運びやすいのは大きなメリットです。

ラビットで車を買い取ってもらうデメリット

ラビット 車買取 デメリット

ラビットで車を買い取ってもらうデメリットは、車種によっては相場よりも低い査定額になってしまうことです。

これはラビットがUSSオークションに参加していることで、オークションで売れやすい車に力を入れていることが原因です。
この点がTwitterの口コミでも、「いまいち・・・」と感じてしまうユーザーが出てくる要因です。

例えばマニアックな車種を好んで乗っている人、カスタマイズが好きな人、 国内での部品の取り寄せが困難な車など・・・このような車を売却する人にとっては、ラビットは不利になってしまうことがあります。

また多くの車が集まるオークションでは、できるだけ劣化の少ない車に需要が集まります。そのためオークションでマイナスポイントとなってしまうダメージ箇所の査定に厳しい側面もあります。

このように車種によっては満足のいく査定額にならない時があるので、事前に同一車種のラビットでの買取相場をネットなどでリサーチしておくことをお勧めします。

ラビットでの買取りの流れと注意点

ここでは簡単にラビットに査定に出した時の流れについて説明します。

ラビットの査定には主に3つの方法があります。

  1. 店舗査定
  2. インターネット査定
  3. 出張査定

です。

基本的な流れは変わりません。

査定予約→査定→査定額の提示→交渉→売却(キャンセル)

いずれも交渉までは無料で行なってくれます。
店舗に査定に行くとアンケート用紙を渡され必要事項を記入します。その際には希望買取価格などを書く欄もありますが、あえて書かずに空欄にしておく方が良いでしょう。

ラビットに査定に出すときの注意点

いざ車を査定に出すときの注意点は、交渉の時間を大切にするということです。
素直に提示された金額に従うことはありません。

大抵の場合交渉次第で、数万円は査定額が上乗せされることが多いです。
またどうしても上乗せが難しい時でも、その理由をちゃんと査定員から聞くことが重要です。

またラビットだけに査定に出すのではなく、競合となる買い取り業者数社に相見積もりを出すようにしましょう。
査定員によっては、希望買取価格や他社で提示された見積もりを聞いてくることがありますが、ここでも素直にすべてを伝える必要はありません。

車は人生の中でも大きな買い物のひとつです。またこれまで乗っていた車に並々ならぬ愛情を注いでいる人も多いでしょう。
愛車を少しでも評価してもらうために、できる限りの交渉を貪欲に行うことが大切です。

ラビットの査定でマイナスになりやすいポイント

ラビットの査定でマイナスになりやすいポイントは、

  • 走行距離
  • 年数
  • へこみ
  • 匂い

などの他に、事故車かどうか?付属品の有無なども関係してきます。

とはいえこれらは長く車に乗っていれば仕方のないこと。
ここで大切なのは、それらを隠さずに査定に出すことです。

どんなに小細工をしても相手はプロです。必ず減点ポイントとなる箇所を見つけることができます。
であれば最初からマイナスポイントを正直に申告した上で、プラスポイントとなるところをアピールした方が心象が良くなります。

なお査定前に劣化箇所の修理をする必要もありません。かえって修理費用の方が買い取り額を上回ってしまうことがあるからです。

減点ポイントは必ずあるものです。ありのままの状態を全て理解してもらった上で、プラスの部分に目を向けてもらうことが良い交渉につながります。

まとめ~ラビットでの車の買取が向いている人・向いていない人

ラビットでの車の買取に向いている人は、相場よりも高めの価格で車を買い取ってもらいたい人です。
その中でも特に、比較的車の状態が良い人と、大衆的に売れ筋の車に乗っていた人はラビットでの査定で満足することが多いでしょう。

一方向いていない人は、年式が古く車の劣化状態も進んでいる人や、マニアの間で人気の車種に好んで乗っていた人です。
車の状態によっては値段がつかなかったり、コアな車ほど他社で買い取ってもらった方が数十万円高い見積もりになることがあります。

自分の車がどちらに当てはまるのか?と分からない時は、インターネットを通して様々な情報を入手することが大切です。
また中古車販売の展示場などが近くにあれば足を運んでみるのも良いでしょう。

さらに複数の買取業者に見積もりを出すことも必須です。一括査定のサイトも充実しているので、これらのサイトを上手に利用しながら少しでも高値で買い取ってもらうようにしていきましょう。

最後にもう1つだけ付け加えます。

ラビットは口コミでも接客に対する評価が高い傾向があります。愛車を高値で買い取ってもらえることはもちろん嬉しいことですが、そこに介入してくれる人に愛を感じなければ、売却後に不快感が残ってしまいます。

「もうちょっと高く売れれば嬉しかったけれど、真心込めて査定をしてくれた」というプライスレスな部分も、車の買取業者を選ぶときには重要視してみると良いでしょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

カーセンサー

リクルートが運営する一括査定サイト。
大手企業が運営する安心感があります。
提携買取業者1,000社・一括査定依頼業者数300社と、どちらも業界最多です。

たくさんの業者に査定を依頼したいなら、カーセンサーがおすすめです。

ズバット車買取比較

日本マーケティングリサーチ機構の調査で3部門1位を獲得した人気の一括査定サイト。
利用者数100万人突破の、信頼できるサービスです。
入力後には6か月後の相場予想も表示されるので、売却時期の判断に役立ちます。

提携会社も比較的多めなので、じっくり検討したい方におすすめです。

ナビクル

利用実績460万人突破の信頼できる一括査定サイト。
簡単な車の情報を入力するだけで、最大10社で一括査定できます。
査定前に買取相場がわかるので安心です。

電話1本でキャンセルできるので、買取業者からの電話対応が苦手な方はナビクルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました