フォレスターの限界値引き!リセールバリューと値引きテクニックも紹介!

最近人気が高まってきている国産SUV市場。

中でも大きすぎも小さすぎもしないミドルクラスSUVは最も”アツい”市場となっています。

この最もアツいマーケットのシェアを増やそうと国内メーカー各社はしのぎを削っています。

熱狂的なファンが多いスバルもこのクラスの車をラインナップしており、今回ご紹介するフォレスターがその筆頭格となります。

今回はスバルのミドルクラスSUVのエースといっても過言ではない、フォレスターを購入するために参考になる値引き情報やテクニック、グレード体系について解説していきます。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

スバル フォレスターの値引き ガソリン、ハイブリッド(e-BOXER)に差はある?

フォレスター 値引き ガソリン ハイブリッド 差

まず、フォレスターには大きく分けて

  • ガソリンエンジン
  • ハイブリッド(e-BOXER)

の2つのパワートレインがあります。

搭載されているユニットが違えばもちろん値引き額もきっと変わってくるでしょう。

ここではガソリンエンジンとハイブリッドの値引き相場を調査していきたいと思います。

ガソリンの値引き相場

まずはガソリン車の値引き相場を見ていきましょう。

グレード:2.5Touring
本体値引き額:10万円
オプション値引き額:30万円

総額で40万円の値引きですね。

車両本体価格が10万円と低めに感じますが、オプション値引きの総額が30万円と非常に高額。

オプション値引きに多少車両本体分の値引きが乗っている可能性がありますね。

グレード:2.5X-BREAK
本体値引き額:25万円
オプション値引き額:15万円

こちらも総額40万円の値引きです。

車両から25万円の値引きですから、かなりいい条件を叩き出したのでしょう。

グレード:2.5Premium
本体値引き額:25万円
オプション値引き額:20万円

最高グレードということもあり、今回ご紹介した値引きでは最高額の45万円です。

オプション総額からの値引きも大きいのがポイントですね。

ハイブリッド(e-BOXER)の値引き相場

次にハイブリッド車の値引き相場を見ていきましょう。

グレード:2.0Advance
本体値引き額:10万円
オプション値引き額:10万円

総額20万円の値引きです。車両本体とオプションからまんべんなく値引きをすることができていますので、模範的な内容といえますね。

グレード:2.0Advance
本体値引き額:20万円
オプション値引き額:15万円

最初の方と比較すると大幅アップの総額35万円。

オプション総額が多いのか、たまたま値引き額が高額だったのか、どういう手法で値引き交渉をしたのか聞いてみたいですね。

グレード:2.0Advance
本体値引き額:20万円
オプション値引き額:20万円

こちらの方が最高額の総額40万円。最初の方と2倍も違います。

購入日が2020年1月と比較的直近とのことなので、もしかすると年末商戦での値引きだったのかもしれないですね。

スバル フォレスターの値引き相場は20万円~45万円

フォレスター 値引き相場

先ほど紹介したフォレスターの値引き情報から統計を取ると、現在における値引き相場は20万円~45万円ということがわかりました。

最高値が45万円、しかもガソリン車ということにびっくりです。

また、ガソリン車とハイブリッド車値引きの総額はあまり変わらないということがわかりました。

フォレスターの場合、ガソリン車とハイブリッド車はあくまでも同じ土俵で値引きが提示されているということになりますね。

6パターンの値引き例を紹介しましたが、値引き幅に何故ここまで開きがあるのか、という疑問が上がってくるかと思います。

それについて解説をすると

  • 購入する時期
  • 購入するグレードや色、オプションの量(価格)
  • 購入する地域
  • 購入するタイミング

などといった様々な要素が絡み合ってきます。

もっと簡単に言うと、「人によって購入するタイミングやオプションの量が違うため値引き額に違いがある」ということです。

ディーラーも商売なので、そこまで値引き要求をしてこなければ値引きをしないで販売し利益を確保します。

つまり「値引き値引きとうるさくないお客さんについてはそれ相応の値引きしかしない」ということになりますね。

こういったことを頭の片隅に置いたうえで商談を進めていくようにしましょう。

さらに注意いておきたいのが「相手も人間である」ということです。

自分自身に置き換えて考えてみても、値引のことにうるさいお客さんには車を売りたくなくなります。

法外な値引きを要求されたら相手側だってやる気を失ってしまいますので、くれぐれも「ネットで45万円引いたっていうのを見たからそこまで値引きしてよ!」なんてことは言わないようにしましょう。

下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがカービュー一括査定です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

スバル フォレスターの値引き目標額はいくら?

それでは、実際に商談に臨む前必要なことを確認してきます。

買う車やグレードの選定など色々とありますが、商談時における値引き設定は必須の項目です。

ここでは大きく分けて

  • 車両本体価格
  • ディーラーオプション

の2つの柱から値引き目標を決めていきましょう。

先ほどの値引き相場を見ていくと

  • 車両本体価格からの値引き:10~25万円
  • オプションからの値引き:10~30万円

といったよう相場が出ていますから、MAXでそれくらいと想定します。

ディーラーによっては「車両本体からの値引きとディーラーオプションからの値引きを合算して提示する」ところもあります。

場合によっては値引き額の総額で見ることが重要になることもありますが、ここでは一般的に双方から値引きの目標設定をしていきます。

 

  • 車両本体価格からの値引き目標額:車両本体価格の5~10%
  • ディーラーオプションからの値引き目標額:オプション総額の20~25%

 

自身が購入するフォレスターの仕様(グレード、メーカーオプション、ディーラーオプション)の見積額が決まったら、車両本体価格やディーラーオプションから値引き目標額を計算して設定することが大切です。

スバル独特の文化「イヤーモデル」ならではの値引きテクニック

フォレスター 値引き テクニック

一般的に、車はモデルチェンジをすると数年間は変わりませんよね。

ですが、スバルには「イヤーモデル」という毎年決まった時期に細やかな改良を行います。

スバル車乗りの人が「俺はA型に乗ってるよ」とか「D型になったら買うよ」ということがあります。

これがいわゆるイヤーモデルなのです。

スバルの場合、モデルチェンジ直後(1年目)の車はA型となっており、1年経過ごとに「A、B、C、D・・・」と型が変わっていきます。

年々改良を繰り返していくわけですが、この切り替わりのタイミングこそが大幅値引きを勝ち取りやすいタイミングでもあるのです。

モデルの切り替わり時期にディーラーに行くと年次改良後のモデルの情報をつかみやすい傾向にありますが、改良されるポイントがご自身にとって大したことなかったり割り切れる内容であればこのタイミングを狙うのもありですね。

ちなみにフォレスターの現行モデルは、6月発表で7月発売というサイクルのようなので、値引きの狙い目は6月ですね。

スバル フォレスターの限界値引きはどこから引き出せるのか

フォレスターの限界値引き額を引き出すためにはどの項目から値引けるものなのか、ということを理解した上で戦略を練りましょう。

ここでは、新車購入の際にどこの部分から値引きを引き出せるのかというポイントをチェックしていきます。

①車両本体、ディーラーオプションからの値引き

車の値引きと聞くと、真っ先にこの2つから値引きができるものと想像することができます。

その想像に関しては概ね正解です。

値引きの目標金額に関しては目標金額に関しては前段でも説明したとおり、

 

  • 車両本体価格からの値引き目標額:車両本体価格の5~10%
  • ディーラーオプションからの値引き目標額:オプション総額の20~25%

 

となります。

実は車両本体ってそれほど利益が出る部分ではありません。

ディーラー(販売店)はスバル(メーカー)から商品(新車)を仕入れて販売していますが、実際に販売する際には車自身の利益は少ないため、MAXで10%ほどしか値引きができないのです。

一方ディーラーオプションに関して言えば、利益が車両本体に比べ大きいのがポイント。

利益が大きいということは、ここから値引きを引き出すことができます。

つまり、ディーラーオプションの装着が多くなればなるほど高額な値引きを引き出しやすくなります。

特にボディコーティングの「ウルトラグラスコーティングNEO」は工賃の方が割合的に高いオプションとなるため、より高額な値引きを引き出すことができる可能性があります。

そしてディーラーオプションの利益はざっくり言うと平均30%ほど。さすがに全額の値引きは厳しいので、値引き目標はMAXで25%程度となります。

②諸費用からの値引き

新車を購入するうえで必要となってくるのが”諸費用”。

この諸費用には

  • 法定費用
  • 法定外費用

の2種類があります。

法定費用に関しては税金や自賠責保険料、印紙代といった部分になるので値引きは出来ません。

ですが法廷外費用に関しては値引きできる可能性があります。

値引きができる法定外費用の例は

  • 車庫証明代行費用
  • 納車費用

などです。

車庫証明代行費用に関しては、購入者自身で警察署へ申請に行くことでカットすることができますが、OSS申請(電子申請)ができる地域というのも存在し、その地域に関してはディーラーが一括申請している場合があるので減額することはできてもカットすることが難しいです。(OSS申請の対象地域はこちらから確認できます。)

納車費用は”ディーラーの営業マンが自宅まで車を持ってくる場合”にかかる費用のことです。

最近は店頭納車が主流となってきていますので、理論上はカットすることが可能です。

ただ、ディーラーによっては納車に関するサービス(洗車など)に置き換わって請求している場合があります。

この項目に関しては数千円ですが値引きすることが可能ですので、積極的に交渉していきましょう。

注意点としては、これらの値引き交渉は商談の真っ先に交渉してしまうとディーラーの心象に悪いので最後の最後の段階で行うようにしましょう。

打診する順番を間違ってしまう(真っ先に言ってしまう)と高額値引きを叩き出せる可能性が下がってしまいますので要注意ですよ。

③下取車からの値引き

車を乗り換える場合は家族や友人に譲る場合を除いて、いま乗っている車をディーラーに下取りに出すことが大半かと思います。

実はこの部分でも下取り価格の増額による実質値引きをすることが可能となります。

新車ディーラーは下取りした車を自社で販売するチャネルとして中古車販売店を展開しているところが多いです。

新車販売店は、中古車販売店へ「下取り(買取)価格の増額交渉」をすることができる、ということを知らない人も多いと思います。

中古車販売店側からすれば、下取り車を安く仕入れることができれば転売時に利益を確保することができますから、下取額に関しては安めに設定していることがほとんど。

新車商談中に出た下取り価格が満足いかなかったり、値引き価格に満足いかない場合は下取り価格の増額交渉をすることもお忘れなく。

これに関しても諸費用の値引きと同様に商談の終盤に行うことが鉄則です。

スバル フォレスターの限界値引きを引き出せる代表的な時期は決算期にあり!

フォレスター 限界値引き 引き出す方法

車を買うのに最も安く買える時期は”決算”です。

ディーラーにおける決算の時期(決算期)は

  • 9月
  • 3月

です。

この時期に車を買うことが最もお得とされていますが、実際のところは「決算月の前月」から決算価格となっていることが多いです。

その理由は車の生産納期とナンバー取得の関係にあり、ディーラーでの販売実績は「新車の受注」ではなく「新車のナンバー登録」となること。

極端な話を言うと、3月31日に新車を受注しても決算の実績にはならず、3月の最終営業日(最後の平日)までにナンバープレートが取得できなければダメなのです。

ですので、決算月の最終営業日までに車が完成するような時期に新車を契約する必要があります。

フォレスターの場合、概ね注文から1ヶ月ほど納期がかかるようですから、前もって商談するようにしましょう。

決算期を逃したらスバル フォレスターの限界値引きは引き出せない?引き出せるとしたらいつ?

車検の時期が来ていたり、急に車が壊れてしまって買い替えを余儀なくされてしまったとき、車を買い替えなければなりませんよね。

その時期が必ずしも決算期になるとは限らないかと思います。

そうなってしまうと「決算期のような値引きは期待できないのでは?」と考えてしまいますが、決算期以外でもフォレスターを安く買う方法がありますので安心してください。

ここでは、大幅値引きが期待できる時期と方法を紹介していきます。

ボーナス時期

世間一般的にボーナスのタイミング(6月、12月)は各ディーラーで何らかのキャンペーンを行っていますから、ボーナス時期の新車購入でも限界値引きを引き出すことが可能です。

特にこの時期は、ディーラーで取り扱っているローンの金利が引き下げられたりすることが多いのでローンでの購入を検討しているのであれば敢えて狙ってみるのもアリです。

ゴールデンウィークやお盆などの長期休み

世間一般的にゴールデンウィークやお盆はカレンダー通りのお休みかと思います。

ディーラーに限って言うと、これらの時期は世間とずらして休業になるところが多く、休んでいる時期以外はフェア(展示会)を行っていることが多いです。

この時期にも新聞広告などで”目玉”となる特選車などを展開し需要を喚起していますが、これ以外の車種でも大幅な値引きが期待できる時期でもあります。

この時期は来客が少ないにもかかわらず、ディーラーには販売目標が立てられており、来店した新車目的のお客さんを逃がしたくない(すぐに販売したい)ので、ちょっと無理な値引き条件でも上司の決裁が下りやすい傾向にあります。

ちょっと検討するつもりで訪問したのに、あまりに値引き条件が良かったので購入してしまった、というケースも少なくはありません。

この時期はゆっくりとした商談もできるため狙い目です。

初売り

ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休みと同等かそれ以上の高額値引きが期待できるのがお正月の初売り。

お正月ということもあり、さらに来店客が少ないであろうこの時期は”お年玉値引き”のような値引き価格が引き出せる可能性があります。

スポーツカーや高級車のような納期がかかる車を検討していても、3月に控える決算期に納期が間に合うようであれば「お年玉+決算」といった相乗効果を狙える商談も可能ではあります。

決算期ギリギリに新車を商談をすると大幅値引きができる車が限られてしまい「このグレードでこの色なら値引けますよ」といったような感じで自分が本当に欲しい車が買えないという事態になりかねません。

決算を見据えた動きも交えつつ、お正月から動き出して高額値引きを引き出すという戦術も非常に有効な手段です。

毎月の月末

意外と知られていないのがこの毎月の月末間際。

ディーラーの販売店は毎月のノルマ(販売目標)が課せられています。

月末間際になると「あと〇台で達成できる!」という状況になるのもしばしば。

このタイミングでの商談になると思いがけない値引き額でフォレスターを買うことができる可能性が高まります。

ですが月末に値引き条件を叩き出すには「その月にナンバー取得ができる」ことが必須条件となります。

新車は基本的に受注生産ですが、各ディーラーは「このグレードのこの色は人気がある」という理由で新車を先行発注する傾向にあります。

先行発注した新車はディーラーの在庫(もしくは試乗車)という名目にはなっていますが、もし商談時にその先行発注した車に当てはまるのであれば大幅値引きができる、といった知られざるルールがあります。

例えば「グレードはTouring、色はクリスタルホワイト・パール」を希望しているけれど、「同じグレードのTouring、色はホライゾンブルー・パール」なら当月登録に間に合うから値引きができる、といった感じで提案してくる営業マンもいます。

もし自身がそれで妥協できるのなら購入するというのもいいでしょう。(筆者は実際に経験し、白が欲しかったのに黒を買った経験があります。)

ちなみにナンバー登録には車庫証明申請にも時間がかかりますので、月末値引きを期待する場合は毎月20~25日(カレンダーによる)あたりに商談をするのがベストです。

フォレスターの限界値引きを引き出すテクニック

フォレスター 限界値引き テクニック

フォレスターの値引き相場や値引きができる部分に関しての解説をしました。

ここでは、フォレスターの新車商談時に限界値引きを引き出すためのテクニックを紹介していきます。

ちょっとした小ワザで大幅値引きが実現できるチャンスです。

ディーラーが要望するオプションを装着する

ひとつ目のテクニックは、ディーラーオプションに関するテクニックで「ディーラーオプションを増やすことで値引きを勝ち取る」ということです。

そんなことしたら支払総額が増えちゃうんじゃないの?と思ってしまいますが、実はそんなこともない場合もあります。

新車ディーラーには、新車の販売台数だけでなくディーラーオプションの装着ノルマというものがあります。

もっと言うと、ディーラーが扱う商品のほとんどにノルマがあります。

例えばボディコーティング(ウルトラグラスコーティングNEO)であっても「当月の新車販売目標の○○%(○○台)」といったようなノルマ付けがされています。

このノルマを達成するとディーラーの本部から”達成ボーナス(会社によって異なる)”として現金が支給され、逆にノルマを達成しないとペナルティ(罰金)を課せられるところもあります。

こういった場合は多少値引きを増やしても是が非でも達成しなければなりません。

商談中に値引きの話になった時に「このオプションを付けていただけたらできるかも・・・(交渉しやすいかも)」といったニュアンスで話を振られたらチャンスです。

「じゃあ言うとおりにこのオプションを装着するので、値引き頑張ってくださいね!」といえば良いだけ。

ただ、選ぶオプションによっては自己負担額が多くなってしまうケースがあるので気をつけましょう。

高額なオプションにグレードアップした場合は、その差額分が値引きとして還元されるというイメージを持つことが大切。

ですので、イメージ的には

  • 「ディーラーオプションが割安でつけられる」
  • 「コーティングがグレードアップできる(もしくは無料で付いてくる)」

といったイメージと思えばいいのかもしれません。

ですが筆者がディーラー勤務時代に2万円のオプション(用品)の購入で3万円引きといった事例もありました。

滅多にあることはありませんが、このようなケースに遭遇できるのであれば期待してもいいと思います。

これは販売店によって実施しているところとそうでないところがありますので、ケースバイケースで考えておきましょう。

クレジット(ディーラーローン)を利用する

ふたつ目はクレジット(ディーラーローン)です。

こちらもディーラーオプションと同様に販売店にノルマが課せられています。

もし仮に現金一括払いで購入を検討している、という場合にはディーラーローンを利用するという手段を頭にとどめておくのもいいかもしれません。

新車商談の終盤で「あと一息!」という場面まで来た段階で「もしローンにするって言ったら値引き増えます?」といったように話を振ってみてもいいですが、営業マンから打診があるまではスルーするというのもいいでしょう。

ローンを利用する場合の注意点は、支払う金利負担額が値引き分を上回ると支払総額が増えてしまうということ。

この場合には損をしてしまいますから、しっかりと計算することが大切です。

もしローンを利用して値引きを引き出すのであれば金利負担が最低限で済む「3回払い」などの短期間で終わる方法で交渉していきましょう。

長期間のローンでしか値引きをしてもらえない場合は、3回ほど支払った時点で早期完済をして余計な金利負担をしないようにすれば問題はありません。(ディーラーローンは支払った金利よりも契約実績でカウントされることが多いため)

支払い総額的にメリットが感じられないのであればやめておいた方が良いかもしれません。

もともとローンで購入を検討していても、通常のローンではなく「残クレ」を利用することで多少上乗せされた値引きができる場合もありますがメリットがあまりありません。

残クレの金利がキャンペーンで大幅に低い場合は検討の余地はあります。

最近の低金利の影響で銀行ローンの方が圧倒的に金利負担が安い場合がほとんどです。

銀行ローンを利用する予定でも、表向きはディーラーローンを使い、車が納車されたら銀行ローンに借り換えをするといった方法をとるのもアリです。

ディーラーオプションを社外品化して実質値引き額アップ

フォレスター 実質値引き オプション 社外品化

ここでは値引きの金額が減ってしまうけど、トータルで見たら安くなる(=実質的に値引きとなる)「ディーラーオプションを社外品へ変更する方法」を紹介していきます。

社外品と聞くと、ディーラーオプションよりも劣るイメージが先行してしまう方もいるかと思いますが、最近の社外品はディーラーオプションよりも品質が高く価格も安いものも増えてきています。

今回は特に高品質で低価格な社外品3種を紹介していきます。

純正ナビから社外品ナビへ変更する

フォレスターで取り付けできるカーナビは基本的にディーラーオプションとなります。

ですが、専用設計のパナソニック製ビルトインナビ(8インチ+6.3インチの2画面)というのがあります。

専用設計ということもあり、総額で281,578円(税込み)となかなか高額な部類ですね。

このナビじゃなくてもいいよ、って方の場合はカロッツェリアの楽ナビ(7インチ)が170,544円(税込み)と安価に購入することもできます。

ディーラーオプションだけど社外品が選択できるのはスバルの良いところですね。

もしDIYでナビを取り付けるスキルがあるのであればAmazonなどで購入すると工賃を浮かせることができますので実質値引きになりますね。

アマゾンや楽天市場などであれば7万円の商品もありますので、半値以下で買えます。

Amazonでナビを買ってカーショップなどに依頼して取り付けという選択をしてもディーラーオプションよりも安価に取り付けられそうです。

フロアマットを社外品へ変更する

カーナビ以外で車購入時の必需品ともいえるオプションはフロアマットです。

純正品でマットを購入すると27,940円(税込み)です。

とてもオシャレですが純正ということと工賃込みということもあって高めの値段設定ですね。

社外品のマットはピンキリですが、安くておすすめのマットは約10,000円(Amazon調べ)と約3分の1です。

こちらのマットを製造しているメーカーはFJ CRAFTというメーカーなのですが、車好きが集うSNSのみんカラでも非常に評価の高いマットとして有名なメーカーです。

ネットで購入する場合は自分でマットを敷く必要がありますが、値段には代えられませんよね。

気になるマットの品質に関しては、ネットの口コミを参考にすれば失敗する確率はグンと減ります。

ドアバイザーを社外品へ変更する

新車の装着率が高いオプションの代名詞は「ドアバイザー(プラスティックバイザー)」です。

タバコを吸う人も吸わない人でも雨天時などの空気の入れ替えなどで重宝するオプションですが、純正品の場合は25,960円(光輝モール付だと34,760円)となかなか高価です。(どちらも税込み)

こちらもAmazonで社外品を調べてみると約7,000円で購入することができるので約20,000円近くの価格差があります。

ただ、バイザーに関しては取り付けがやや面倒な部分もあります。

部品代が安い社外品を購入しても、ディーラーなどでお金を払って取り付けてもらう場合に工賃が以外とかさんでしまって純正品と変わらない、といったこともあり得ます。

この部品はDIY取り付け向きなパーツと言えますので、技術がない&取り付ける自信がないといった場合は純正品をチョイスした方がいいでしょう。

新古車でスバル フォレスターを購入して実質値引き

フォレスター 実質値引き 新古車

どれだけ値引きを頑張ってもらっても予算内に収まらない。けどフォレスターに乗りたい。だけど中古車は嫌だ……

そういった場合は新古車でフォレスターを買うのを検討してみてはいかがでしょうか。

新古車というのは、正式名称を「登録済み未使用車」といい、実際には中古車と同等の車です。

ですが、ディーラーがノルマ達成のために自社でナンバー登録をして中古車市場に流通させた車なので一度も公道を走っていません。

カテゴリー的には”ほぼ新車”と言える車です。

新車とほぼ同等ではありますが、中古車という性質上初回車検までの残り期間が新車と比べると短いですが、車両本体は新車よりも最大2割程度安いため実質的に安く購入することができます。

ただ、中古車販売店によっては名義変更や車庫証明にかかる費用が割り増しされ、実質的には新車の方が安く変えた、なんてケースもあるようですので、新車と比較をして購入するようにしましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

スバル フォレスターのライバル車を引き合いにした値引き額アップテクニック

フォレスター 値引き交渉 ライバル車

商談時におけるテクニックのひとつに「ライバル車を引き合いにして値引きを引き出す」という方法があるということも重要なポイントです。

ライバル車の選定のポイントは、基本的にはスバル以外のメーカー(トヨタや日産など)で販売されているフォレスターと同等カテゴリー(ミドルサイズのSUV)の車を出しましょう。

この根拠としては、各メーカー間での”シェア競争”が過熱しているためであり、各社とも「1台でも多く販売してシェアを伸ばしたい」という思惑があるためです。

もっと簡単に言うと、ディーラーの営業マンは「車を1台売りたい」といった気持ちが非常に強いです。

なのでライバルを引き合いに出して「フォレスターは魅力的だけど、価格とか装備は○○(ライバル車)の方が魅力的なんだよなぁ……」というニュアンスで交渉を進めることで高額値引きが実現できるので実践してみましょう。

スバル フォレスターのライバルとなる国産車一覧

それでは、フォレスターの商談を有利に進めていくにはライバル車を選定していく必要があります。

といってもどのような車をライバルにするか悩みどころになりますよね。

そんなあなたのためにフォレスターのライバルとなり得る車たちを紹介していきます。

日産 エクストレイル

国産SUVの代表格といえばエクストレイル。

サイズ感といい、ラインナップといいフォレスターのライバルとして申し分ない1台でしょう。

エクストレイルには防水仕様のシートが純正採用されています。これが大きなポイントになるでしょう。

マツダ CX-5

CX-5は、エクストレイルと並ぶライバルの筆頭格。

フォレスターとの大きな違いはエンジンです。

CX-5はハイブリッド仕様がない代わりにディーゼルターボが選択でき、ディーゼルエンジンのトルク感はとても力強さを感じます。

エクストレイルほどアウトドア感もない、いわゆる「都市型SUV」として比較対象となります。

三菱 アウトランダー(アウトランダー PHEV)

価格勝負に持ち込みたいならアウトランダーを選択するのもオススメ。

アウトランダーには他のライバルとは違う仕様としてプラグインハイブリッド仕様のPHEVがあります。

自宅や充電スポットで充電しなければいけないという弊害もありますが、ランニングコスト重視の場合はPHEVを候補に入れるのもアリです。

そうでない方でもガソリン仕様を引き合いに出すといいでしょう。

トヨタ RAV4

最近頭角を現したのがトヨタの新型RAV4。

都市型SUVのハリアーでは補えないアウトドアな部分を前面に押し出しているのがこのクルマ。

価格帯においてもハリアーより安価でフォレスターを筆頭としたライバルたちと同等クラスになっています。

フォレスターよりも後発の車であるため、装備が充実しているのもポイントですね。

 

ホンダ CR-V

ホンダと聞くとあまりSUVのイメージがありませんがちゃんとラインナップされています。

アメリカ市場を意識して作られたCR-Vはボディサイズも大きく、車両価格もハリアー並に高めの設定となっていますが、ライバルとしては申し分ない1台。

特に「走り」の面で評価が高く、1500ccという聞いただけだと非力に感じてしまうエンジンが予想以上のポテンシャルを発揮します。

ホンダお得意のVTECエンジンにターボを加えたVTECターボエンジンは大きいボディと思わせない軽快活パワフルな走りを実現しています。

車両価格が高いけど走りを意識したクルマ選びをするのであればCR-Vというライバル設定もアリですね。

値引きの競合となるライバル車選定のポイント

フォレスターのライバル車は先ほど紹介した5車種がメインとなります。

この時のポイントは

  • 同じ車格(サイズ)
  • 似たようなグレード

です。

フォレスターのライバルとしてトヨタのランドクルーザーやライズを引き合いに出しても交渉の余地はありません。(その逆も同じです)

ディーラーの営業マンに「あ、この人本気で悩んでるな。価格勝負になったら絶対に負けない」と思わせるような交渉ができるようにライバル車を選定しましょう。

SUVというカテゴリーは各メーカーがしのぎを削っているカテゴリーです。

なのでライバルとなる車種は今回ご紹介した5車種以外にも挙げられますが、あまりにもフォレスターとかけ離れている車種を引き合いに出すのはディーラーサイドとしても「この人、本気で検討しているのかな??」と思われてしまう可能性がありますから気をつけましょう。

意外と有効な県内で資本の異なるディーラーや他県ディーラーとの競合

スバルのディーラーは同じ県内に1つとは限りません。

といっても、トヨタや日産、ホンダとは違った体系となっています。

スバルの場合、○○(県名)スバルといったようなディーラーが中心です。

ですが、これ以外にも

  • ○○自動車
  • ○○モータース

といったように個人経営のお店と販売代理店という形で契約しているケースが多くあります。

販売代理店は、県内のスバルディーラー(もしくはメーカー)から新車を業販という形で仕入れて顧客へ販売するシステムとなっており、通常のディーラーとは値引き体系が異なってきます。

そのため、スバルディーラーとの競合としても十分に対抗できます。

しかし、販売代理店は個人経営のお店が多いため、お付き合いがない顧客(いわゆる一見さん)には値引きを渋る傾向があるようです。

なので、あまり競合として挙げるのは難しいため、隣の件のスバルディーラーとの競合という形をとった方が賢明な選択になるでしょう。

同じスバル同士で相見積もりを取って競合させる、というのは非常にいい戦略ではありますが、えげつない値引き交渉をすると購入後に整備入庫などしたさいのディーラー側の心象があまり良くなくなるパターンもありますのでほどほどにしましょうね。

下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがカービュー一括査定です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

スバル フォレスターのリセールバリュー(買取相場)はどうか

フォレスター リセールバリュー

車を買ったらそれだけで終わりではありません。

人間の心理として、新しいものが出たら欲しくなりますよね。

そうなったら車を買い替えるという選択肢が出てくるわけですが、その時に気になるのが「今乗っている車の下取り価格」ではないでしょうか。

人気のSUVとはいえ車種によっては人気不人気があり、フォレスターはどちらに該当するのか、またどれくらいで売却することができるのか、というところが気になってくると思います。

何年も先のことだと想像がつかないことではありますが、メーカーやディーラーが実施している残価型クレジット(残クレ)を参考にするとある程度の目安が出てくるのです。

試しにフォレスターの5年後のリセールバリューを残価型クレジット(残クレ)を参考に見ていきましょう。

ガソリン車とハイブリッド車で変わってくるのかを比較するため、両者で算出してみます。

グレード:Premium(ガソリン)
車両本体価格:3,273,480円(税込み)
5年後の残価:1,036,000円
残価率:31.6%

グレード:Advance(ハイブリッド)
車両本体価格:3,272,780円(税込み)
5年後の残価:1,061,000円
残価率:32.4%

やはりハイブリッドとガソリンだと残価率が変わってくるということがわかりました。

つまり、リセールバリューを考慮するのであれば多少ですがハイブリッドが有利、ということになりますね。

ただ装着しているオプションの内容によってはプラスマイナスが発生しますから、オプションのチョイスも気にしたいところです。

スバル フォレスターのグレード体系をチェックしよう

フォレスター グレード体系

フォレスターを検討するにあたり気にしておきたいのが「グレード選び」ですよね。

この車の場合は、グレード体系が4つと非常にシンプルとなっているため、他社の車と比較をしても選びやすいのではないかと思われます。

それでは、各グレードの特徴と代表的な装備を確認してきましょう。

Touring

最も低いグレードの位置づけとなっているのがTouring。

一番安いからと言って侮ることなかれ。必要最低限かつ十分な装備がエントリーグレードにもかかわらず装備されています。

具体的な装備としては、LEDヘッドライトや左右独立温度調整機能付フルオートエアコンにシートヒーター、走行性能にも直結するアクティブ・トルク・ベクタリングなどです。

エントリーグレードなのにスバルの先進安全技術のアイサイトも標準装備。もっともコストパフォーマンスに優れているグレードとなっています。

Premium

Touringの上位グレードに位置するのがPremium。

Touringの装備を基本としていて、それに加えてアイサイトセイフティプラスが標準装備。

さらにドアミラーの機能が拡充されていて、メモリー機能やオート格納機能、バックギア連動で助手席側のドアミラーの鏡面を自動で下降させ、死角になりやすい後方の視認性を高めるリバース連動ドアミラーが付いています。

細かいところですが、フォグランプがハロゲンからLEDへ変更されています。

これ以外にも快適装備が充実しており、上級グレードにふさわしい装備となっています。

X-BREAK

基本装備はTouringに準じますが、随所にオレンジの加飾が施されスタイリッシュな印象を与えるのがX-BREAK。

SUVらしいワイルドさを演出するルーフレールも装着されています。

また、グレード専用装備としてアルミホイールが専用カラーになっていたりと拘りぬかれた仕様となっています。

Advance

フォレスターの中で唯一のハイブリッド仕様「e-BOXER」を搭載しているのがAdvance。

基本的には上位グレードのPremiumに準じていますが、フロントグリルにブラック塗装+メッキ加飾をされていたり、ドアハンドルもメッキ加飾されています。

フロントバンパー&リヤバンパー、サイドにもシルバー加飾を施されているので、ガソリン車とは違うということがビジュアル的にもわかるようになっています。

このグレードにのみ搭載されているシステムがあります。ドライバーの顔認証システムです。

あらかじめ登録されたシートポジションやドアミラー角度、エアコン設定などを乗車時に再現したり、ドライバーをモニタリングし居眠りやわき見の危険性があると判断した場合は警報音やディスプレイ表示で危険を知らせたりする機能などを有したドライバーモニタリングシステムが専用装備となっています。

燃費と走行性能、さらに安全性能も一歩上を行くフォレスターの最上位モデルとなっています。

e-BOXERって何?そのメカニズムに迫る

フォレスター e-BOXER メカニズム

フォレスターのAdvanceグレードのパワートレイン「e-BOXER」。

簡単に言うとハイブリッド仕様のエンジンなのですが、どういった構造をしているのでしょうか。

スバルの公式HPによると、

走りの愉しさと運転のしやすさを誰もが実感できる、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた新開発のパワーユニット「e-BOXER」。効率を高めた2.0L直噴エンジンを筆頭に、コンパクトで高性能なモーターとバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合。優れた重量バランスと低重心を実現しました。各部の最適化と燃費の向上を追求したリニアトロニックとあわせて、アクセルをひと踏みした瞬間からスムーズに加速する軽快な走りを提供。さらに加速やブレーキの質感にもこだわり、発進と停止をくり返す市街地などでの扱いやすさも磨き上げています。

つまり、e-BOXERは、スバル独特のエンジンである「水平対向エンジン」を最適化することで燃費性能と走行性能を格段に高めた画期的なエンジンであるといえますね。

実際に乗った方々の声を見てみると

このように非常に評判のいい作りのようですね。

下取車を一括査定に出して高価買取して貰うことによる実質値引き額アップ

フォレスター 実質値引き 下取り 一括査定 高価買取

最後にもっとも値引き額アップを狙える方法を紹介します。

それは「一括査定で下取り車を高価買取してもらう」という戦術。

下取車は新車と入れ替えというイメージがありがちですが、実はそれが一番もったいない方法なのです。

「一括査定を使ったことでディーラーでの下取りよりも数十万円高い値段で売ることができた」といった事例もあります。

同じスバル車の場合でもディーラー下取が160万円で不満だったけど、一括査定を使ったら200万円になったという声もありました。

もし値引き交渉で折り合いがつかないのであれば、一度一括査定を使って今乗っている車の”本当の価値”を調べてみることをオススメします。

一括査定の買取額が下取価格を上回りやすい理由

それでは、なぜ一括査定の買取額がディーラーの下取額を上回りやすいのか、その理由を解説していきます。

ディーラー下取は「新車納車まで乗り続けることができる」という大前提があります。

場合によっては新車を契約してから納車まで1ヶ月以上の間隔が空いてしまうことがあります。

それであってもディーラー下取は「買取価格を保証」してくれます。

たとえ走行距離が伸びたとしても、契約時の下取価格が下がらないというメリットがあるということが大きなポイント。(常識の範疇を超える走行距離の増加や車体の傷が増えた等の場合は対象外)

そのための”保険料”が多少割り引かれているから一括査定よりも安価になる、と考えればわかりやすいかもしれません。

一方、一括査定の場合は契約をしたら数日以内に車を引き渡す必要があるという暗黙のルールがあります。

一括査定の場合、複数の買取業者に同時に買取申し込みをし、その業者たちが”競り”をすることで買取価格が決められます。

この買取価格は

  • 中古車オークションの相場
  • その車を”商品としてラインナップしたい”かどうか

によって決められていきますが、一括査定を使って買取に来てもらう業者の場合「買取後すぐに店頭に並べて販売する」というスタイルをとるところが大半です。

多少利益が乗っからなくても回転率を高めることで利益を上げるビジネスモデルを確率しているため、ディーラー下取よりも高値で買取をすることができるのです。

おすすめの一括査定一覧

とはいってもどの一括査定を利用していいのか、そもそもどのような種類の一括査定があるのかわかないという方もいらっしゃるかと思いますので、当サイトおすすめの一括査定サイトをご紹介いたします。

カーセンサー

中古車といえばカーセンサーというイメージが大きいですね。

一括査定の申し込みが90秒でできるというのがポイントです。

ユーカーパック(UcarPAC)

オークションのようなシステムを採用した新しい車査定サービスです。

ナビクル

ナビクルを運営している会社は東証一部上場のエイチーム。

エイチームは引っ越し侍やHanayume、cyma(サイマ)、ナビナビキャッシングなどを運営する有名なwebサービスを行う企業なので安心ですね。

まとめ

フォレスターを新車で買う時に限界値引きで購入するために有効な方法、フォレスターの概要をご紹介しました。

オプション装着や諸費用値引きも効果的ではありますが、ディーラーとのお付き合いは商談の時よりも車を買ってからの方が長くなりますから、決して無理難題を押し付けない程度の交渉をして、お互いに気持ちの良い商談ができるように心がけましょう。

それ以上に効果がある方法は下取車を「いかに高く売却するか」ということ。

実際のところはここがキモとなりますので、一括査定を活用して1円でも高く愛車を売却するように立ち回りましょう!

下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがカービュー一括査定です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カービューはこちら

公式サイト:https://kaitori.carview.co.jp/

カーセンサー

リクルートが運営する一括査定サイト。
大手企業が運営する安心感があります。
提携買取業者1,000社・一括査定依頼業者数300社と、どちらも業界最多です。

たくさんの業者に査定を依頼したいなら、カーセンサーがおすすめです。

ズバット車買取比較

日本マーケティングリサーチ機構の調査で3部門1位を獲得した人気の一括査定サイト。
利用者数100万人突破の、信頼できるサービスです。
入力後には6か月後の相場予想も表示されるので、売却時期の判断に役立ちます。

提携会社も比較的多めなので、じっくり検討したい方におすすめです。

ナビクル

利用実績460万人突破の信頼できる一括査定サイト。
簡単な車の情報を入力するだけで、最大10社で一括査定できます。
査定前に買取相場がわかるので安心です。

電話1本でキャンセルできるので、買取業者からの電話対応が苦手な方はナビクルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました