Cセグメントとは?おすすめ車種を徹底比較しました!

車の数ほどそれぞれの個性があり、愛車の傾向も十人十色ですね。

今回は車の種類の中でも、「Cセグメント」に分類される車種に絞って紹介していきます。

Cセグメントは、乗り心地・ビジュアル・ステータスのトータルバランスが良く、国内で販売されている種類は少なめではありますが、愛好家の中でとても愛されている車種です。

この記事ではCセグメントの定義も含め、おすすめの「Cセグメント最新情報」を紹介していきます!

\完全無料/

>>ズバットの車販売で中古車をみてみる

公式サイト:https://www.zba.jp/car-hanbai/

Cセグメントの定義とは?

Cセグメント 定義

Cセグメントに分類される車は、前長が4.2m~4.5mが目安となっています。
イメージとしてはSUVよりも少し小さめで、「大きめのコンパクトカー」と呼ばれる時もあります。

とはいえこのような分類の仕方は、元々ヨーロッパで利用されていた乗用車の分類方法が元になっていて、それをそのまま日本の車に当てはめることは難しいです。

実際に一昔前までは、「Cセグメント=5ナンバーフルサイズ車」と一括りにされていた時もあり、現在のCセグメントの定義とは少しずれてしまいます。

また多くの自動車メーカーでは、「Cセグメント」という表現を使って売り出すことはありません。
あくまでも日本の設計基準に合わせて、4,4m前後の車体で、SUVとコンパクトカーの中間に値するミディアムカーで、排気量1.5~2ℓに相当するものを、愛好家やメディアがCセグメントという紹介をしていることが多いです。

この章の補足!
「セグメント」とはマーケティングの世界で使われている言葉で、ある定められた基準で商品を分類する区分(商品分類・カテゴリー)のことです。

車におけるセグメントは、

  • 車体の大きさ
  • 価格帯
  • ステータス

によって分けることができ、Cセグメントに分類される車種は、

  • 車体=サイズの大きいコンパクトカー
  • 価格帯=250~350万円
  • ステータス=BMW 1シリーズ・ベンツABクラス

とイメージするとわかりやすいかもしれません。

Cセグメントを選ぶ際のポイントや注意点

Cセグメント 選ぶ ポイント 注意点

Cセグメントを選ぶ1番の注意点は、他のセグメントに分類される車種でも自分の理想を叶える車がないかをしっかりと吟味することです。

というのも、「なんとなくかっこいいから」「このランクなら憧れのベンツに乗れるから」という理由だけで選んでしまうと、後悔してしまうことがあるからなんです。

そもそもCセグメントに分類される車が国内で入手しづらいのには、ちゃんとした理由があります。
それは、国内に優秀なコンパクトカーが多く存在していることです。小回りが利く軽自動車でも、家族全員をゆったりと乗せてさらに荷物が積める車が多いのはご存知ですね。

つまり、「コンパクトカーでは窮屈だから」という理由で、Cセグメントを選択する必要がほぼ無くなってきているのです。

一方で、もう少しだけお金を足せば魅力的なSUVがゴロゴロと販売されています。もしも見た目的なかっこよさでなんとなくCセグメントに目をつけているのであれば、選択肢をSUVまで広げて探す方が賢明です。

以上のようなことから、Cセグメントの車を選ぶ際には、自分(家族)が自家用車に何を求めるか?を棚卸しすることから始めましょう。

その上でCセグメントのくくりにこだわらずに、要件を満たす車種の候補を並べて比べていくことが大切です。

この章の補足!
Cセグメントは、見た目の満足度と実用性を兼ね備えた「ちょうどいい車」「過不足なき実用車」と称されることがあります。
フォルクスワーゲンのゴルフに代表される車が、長く愛されているのもその証拠です。

一口にCセグメントと言っても、各社のこだわりポイントは違います。

なので、実際に試乗をしてみて

  • 乗り心地
  • 燃費
  • 小回り
  • 価格
  • デザイン

の五角形を頭に浮かべながら、自分の生活スタイルに合ったバランスの良い車を選ぶようにすると良いでしょう。

Cセグメントの金額の相場

Cセグメント 金額 相場

新車でのCセグメントの平均的な価格帯は300万円前後です。

特に手頃で人気なのが、トヨタのカローラツーリング。新車でも300万円で若干お釣りがくるほどの価格帯となっています。

一方で輸入車でCセグメントの代表格のゴルフが330万円前後、BMWの1シリーズで460万円前後、 ベンツのAクラスで500万円前後です。

それぞれの車の特徴については次の章で詳しく紹介しますが、 Cセグメント輸入車は街中での乗り心地もよく、手頃で走行性にも優れているので、高級車をメインとしている世帯のサブカーとしての需要が高いのが特徴です。

また最近では、マツダ3で代表する国産Cセグメント車のスペックの高さが注目されています。例えば子育てが一段落した世帯が、第2のカーライフを300万円あれば充分満喫することができる価格変動が起きています。(準高級車の躍進と言っても良いかもしれません)

なお、新車にこだわらなければもっと手頃な値段でCセグメントを楽しむことができます。
国産車であれば200万円前後、ゴルフで250万円前後、ベンツAクラスで400万円前後で良い中古車を手に入れることができます。
(破格の安さの中古車には注意してください。長く乗るには、新車価格の-100万円ぐらいを目安としておくと安心です。)

最新版Cセグメント人気車種~国産と輸入車別~

Cセグメント 人気車種 国産 輸入車 別

この章ではCセグメントの中でも特に人気の高い車種を、国産と輸入車別でそれぞれ5台ずつ紹介していきます!

国産車

【トヨタ・カローラスポーツ】

Cセグメント トヨタ・カローラスポーツ

(引用:TOYOTA公式HP

メーカー希望小売価格 216万~284万円(税込)

低重心で落ち着いた見た目のデザインが特徴で、細部までこだわった上質な内装が乗る人の気持ちを高めてくれます。

燃費の性能とアクセルを踏んだ時の加速感の秘密は、「ダウンサイジングターボエンジン」にあります。このエンジンは排気量を減らし燃料消費を抑えつつも、 エンジンに空気をより多く供給してパワーを上げるため、パワー不足を補う役目を果たしています。

またコンパクトカーでありながらも、トランクルームの高さを2段階に調節できるデッキボードになっていて、利便性の高い収納スペースがとても重宝します。

その他にも、 ウインドシールドガラスに投影された様々な情報により、運転中の視線移動を最小限に抑えたり、ホールド性の高いシートを採用していることで長時間の運転でも疲れにくいという特徴があります。

【トヨタ・プリウス】

Cセグメント トヨタ・プリウス

(引用:TOYOTA公式HP

メーカー希望小売価格  259万~364万円(税込)

フロントからサイドのシルエットが、カローラスポーツよりもよりスポーティな感じを印象付ける車体です。
内装はシンプルながらも人間工学に基づき設計されていて、乗る人の心地よさをとことん追求し、余計な部分をそぎ落としています。(頭上が高めなのも特徴)

走行性能は、トヨタの技術を結集させて「気持ちよくドライバーの意のままに走る 」感覚を実現させています。その性能は雪国でも安心です。

そしてもう1つプリウスの大きな特徴が、低燃費。
車体やアルミホイールの形状に至るまで、小型軽量・低損失化を図り、空力性能を高めています。 (燃費消費率30.8km/L)

安全面でも最先端のセーフティ機能を搭載していて、昼夜問わず前方の車両を検出して警報を発したり、障害物との距離感をブザーで知らせブレーキ制御を行う機能が付いています。

【日産・リーフ】

Cセグメント 日産・リーフ

(引用:NISSAN公式HP

メーカー希望小売価格  332万~499万円(税込)

電気自動車の代表格です。 夜のうちにプラグを挿しておけば、翌朝にはフル充電が完了しています。
気になる電気代の平均は、日中で1200円前後・夜間で830円前後ぐらいです。

これを一般的なガソリン車と比較して考えると、トータルでかかる維持費はガソリンよりも電気自動車の方が経済的です。また専用の機器を設置すると、リーフ自体を家庭用の蓄電池として使用することができます。

発売当初は懸念されていた航続距離も、現在では大幅に延長されています。 62KWHバッテリー搭載車であれば、1度の充電で458kmの走行が可能です。
エコモードを選択すれば、急加速を抑えさらにエネルギーを増加させることができます。

長距離ドライブが可能な電気自動車。「技術の日産」が実現させた、地球にもやさしい次世代の車です。

【マツダ・MAZDA3】

Cセグメント マツダ・MAZDA3

(引用:MAZDA公式HP

メーカー希望小売価格 222万円~(税込)

デザイン性が評判のマツダ車の中で、躍動的な造形が特に美しいとされている車種です。
ボディカラーは全8色あり、中でも「マツダレッド」と言われる品のある赤いボディーは、街中でも見かける機会が多くなりましたね。

コントロール性能が高く、自分で歩いているかのような感覚で運転することができるのが特徴の車です。車体の揺れも少なく、同乗者の車酔いが少ない車としても有名です。

エンジンは3種類から選ぶことができ、特にマツダが推しているのが世界初の燃焼制御技術「SPCCI」。ディーゼルとガソリンエンジンの良いとこ取りをしたシステムで、優れた環境性能とスムーズな加速感を実現させています。

【スバル・インプレッサスポーツ】

Cセグメント スバル・インプレッサスポーツ

(引用:SUBARU公式HP

メーカー希望小売価格  278万円~

熱狂的なファンが多いスバル。安心感を持たせつつも、 スタイリッシュなデザインで若い世代から年配の方まで人気の車種です。

ディーラーでは豊富なラインナップから装着オプションを選ぶことができ、自分だけのカスタマイズしたインプレッサを楽しむこともできます。

スバルファンが支持する理由には、1度乗ったらやみつきになる走行性能にあります。
ステアリング操作が正確で、細かな切り増しや切り戻しが少なくて済むのが特徴です。

この操作性の良さは路面状況を問わないので、振動や騒音が少なく、ドライバーはもちろん同乗者も快適なドライブを楽しむことができます。(マツダ車同様に車酔いが少ない同乗者に優しい車として有名です)

輸入車

【VOLKSWAGEN・Golf(ゴルフ)】

Cセグメント VOLKSWAGEN・Golf(ゴルフ)

(引用:Volkswagen公式HP

参考価格 291万~375万円(税込)

1974年に初代のゴルフが誕生してから現在に至るまで、 これまで7回のニューモデルが発売されてきました。

現在8代目となるゴルフは、これまで通り無駄のない美しさをベースとしながら、最先端のデジタル表示を車内に搭載し、タッチコントロールを直感的に行うことが可能になっています。

また安全性の向上も進化していて、前方との正確な距離感を測った制御機能や、少ないハンドル操作でシステムが継続的に作動する快適性が増しています。このことにより長距離運転による疲れを最小限に軽減してくれます。
(万が一ドライバーが運転中に意識を失っても、最新テクノロジーにより緊急時停車支援システムが作動します)

初代からの伝統を受け継ぎつつ、デジタル化を取り入れた新しいゴルフ。 本場より1年半遅れて、日本でも乗ることができるようになりました。

【BMW・1シリーズ】

Cセグメント BMW・1シリーズ

(引用:BMW公式HP

参考価格 337万円~

見た目にもインパクトを与える個性豊かな外観は、乗る人のステータスを満たしてくれます。
特にダイナミックな前方の見た目と、野暮ったさのないラインは街中で見かけた時に見る人を惹きつけますね。

1シリーズが支持されている理由は見た目のカッコ良さだけではありません。
ヨーロッパでは自動車の安全性を評価する安全試験において、最高ランクの五つ星を獲得している車種でもあるのです。
特に子供乗員保護性能は82%以上の評価を得ていて、家族のために1シリーズを選ぶ人も多いです。

また最新の1シリーズでは、この車種では初となる全輪駆動システムが導入されています。より俊敏な動きが実現し、快適でダイナミックなドライビングが新たな魅力として加わりました。

【Mercedes-Benz・Aクラス】

参考価格 362万円~

スタイリッシュなデザインと、ベンツの中では手の届きやすい価格帯で若者から人気の車種です。

とはいえこのAクラスは、Sクラスと同等の安全性能が備わっていて、非常にコストパフォーマンスが高いシリーズとして有名です。

中でも「A250e」は、コンパクトモデル初のプラグインハイブリッドテクノロジーを搭載した車種。近距離のドライブではクリーンで静かなモーターのみで走行することができます。

このように安全性が高く、生活に密着した運転が可能なベンツAクラスは、ステータスと利便性を両方叶えてくれるCセグメントの代表と言えます。

【Audi・A3 Sportback(スポーツバック)】

Cセグメント Audi・A3 Sportback(スポーツバック)

(引用:Audi公式HP

参考価格 310万円~

気品のある佇まいと特徴あるカラーが人気のアウディスポーツバック。
特に限定モデルは販売数も少なく、ファンの間では争奪戦の車種になります。(453万円~)

アウディのスポーツバッグは、見た目のデザインや走行性の良さから、何かとゴルフと比較されることが多いです。
特に2020年にフルモデルチェンジをしたアウディは、 見た目的にもシャープになった印象で、デジタル化されたディスプレイが備わったり、シートにリサイクル素材を採用するなど環境に配慮した車種として生まれ変わっています。

さらに運転支援システムも時代に合わせて進化していて、 今後はハイブリッド車への進化もどんどん進んでいくと思われます。

【VOLVO・V40】

Cセグメント VOLVO・V40

(引用:VOLVO公式HP

参考価格 299万円~

デザイン性の高さや、狭い道でも運転しやすい車体サイズで人気のシリーズです。安全性も高く値段もリーズナブルなので、2018年には販売数トップ10にも入るほどの人気でした。

モダンなデザインで見ため的な人気はもちろん、「コーナートラクションコントロール」システムを採用していて、コーナリングの気持ち良さがドライバーの間では有名です。

日本国内では右ハンドルのみで、カーナビやエアコンなど全てが機能的に配置されています。トランクルームは助手席の背もたれも倒すことで容量を拡大できます。

しかしこのV40。残念ながら2019年に生産終了が発表され、現在では在庫と中古車のみの流通となってしまっています。
そのため中古車市場では220万~330万円で取引されることが多い、新車同様の価値で注目されています。

\完全無料/

>>ズバットの車販売で中古車をみてみる

公式サイト:https://www.zba.jp/car-hanbai/

Cセグメント・愛用者の口コミ

Cセグメント 口コミ

Cセグメントの車の愛用者の口コミからは、 Cセグメントならではの魅力を感じることができます。

そのいくつかを紹介しましょう。

以上のような口コミ(評判)が見られます。

Cセグメントの口コミをまとめると、

  • デザイン性の良さ
  • コスパの良さ
  • 乗り心地の良さ

を、あげる人がとても多いですね。

同じ300万を出すなら、断然Cセグメントがかっこよくて利便性が良い!という意見が集中しています。

一方で、ヨーロッパに比べて日本国内で選べるCセグメントの種類が少ないことと、デザインに好き嫌いが分かれること、そしてもう50~100万円を上乗せして機能性の高い人気の国産車を選びたい・・・という口コミも見受けられるのも正直なところです。

おすすめCセグメント~まとめ

Cセグメントの特徴と人気の車種をまとめてきました。

日本国内では軽自動車の人気や、SUVのコンパクト化が進んでいるため、Cセグメントだけに絞ると選択肢が少なくなってしまっているのが現状です。

しかし伝統+革新でモデルチェンジを繰り返しているCセグメントには、魅力的な車種が揃っています。またCセグメントのハイブリッド化も進んでいるので、これから需要のV字回復が期待できる車種かもしれません。

ずばりCセグメントがオススメな人は、「コスパよく人とはちょっと違うかっこいい車に乗りたい若者」や「グレードだけで車を選ぶことを卒業しつつも、安心していい車に乗りたい富裕層のシニア世代」といったところでしょうか。

次のあなたのお気に入りの相棒は、Cセグメントの中に見つかるかもしれません!

\完全無料/

>>ズバットの車販売で中古車をみてみる

公式サイト:https://www.zba.jp/car-hanbai/

タイトルとURLをコピーしました