【カーセンサー】口コミ評判をリサーチ!本当に高く買取されるのか実績調査

車の一括査定サービスとして人気のカーセンサー。運営元はリクルートです。

カーセンサーではホームページ上で車の情報を入力して送信するだけで使うことができます。

一度に30社の買取業者へ査定の申し込みができるのはカーセンサーだけ。

これは一括査定サービス業界の中で一番多いです。

どんな人に向いているサービスなのかと言うと

  • 毎日忙しい人
  • 車を新しくしたいと思っていて今の車を高額で売りたい人
  • 家の近くに車の買取をしてくれる所がない人
  • 複数比較して高く売れる店舗を知りたい人

車の買取をどこに頼んだらいいのかわからない人は、カーセンサーの利用がおすすめ。

しかし、一括査定サービスを使ったことが無い人は、変なサービスじゃないか不安もあると思います。

そこで当サイトでは、

  • 実際にカーセンサーを利用した人の口コミ・評判・体験談
  • カーセンサーの特徴
  • 利用の仕方・流れ
  • 利用者が感じる疑問点

などを詳しく紹介していきます。

カーセンサーはあなたが求めていることをしてくれるサービスなのか、確認してみてくださいね。

 

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

カーセンサー利用者の本音の口コミ・評判・体験談

カーセンサー 評判

はじめてカーセンサーを利用する人が気になることは「口コミや評判」ですよね。

そこで実際に自分の愛車を買取してもらった人の体験談・レビューを調べてみました。

満足した人だけでなく、不満だった人の口コミも確認しておきましょう。

Twitter(SNS)での評判・口コミ

Twitterはだれでも簡単につぶやくことができるので本音が出やすいツールです。

やらせなどの嘘っぽい情報は省き、実際に利用したことが分かる信憑性の高い口コミを集めました。


Twitterでの口コミを調査してみると、電話に関する話題がほとんど。

登録すると同時に、一気に電話が掛かってくるので相当ビックリしているのがわかります。

しかし、これは他の一括査定サービスでも当たり前のこと。

そもそも買取の依頼をしているわけですから、業者が営業を掛けてくるのは避けることができません。

まずは査定の予約を取って交渉するという流れになります。

Yahoo!知恵袋ではどんな評判が多いのか

なんでも相談できる掲示板「Yahoo!知恵袋」でカーセンサーの口コミを調べてみました。

車屋ですがそう言うとんがった車は、普通の買い取り屋ではわけわからんので安くしか言わないでしょうね、地元回るならそう言うのが得意な店でないと値段付けれないでしょうね、なぜカ―センサーがいいかと言うと、要するにそう言うのが好きな店もカーセンサーに登録してる可能性が高いと言うことです。

引用:Yahoo!知恵袋

査定日の日程調整ひとつとっても、忙しくなります。なので3社~5社ほどを目安に依頼するのがおすすめです。一括査定を使うかどうかで、数十万円単位で査定額が変わってくる場合もあるので、次の車を購入するときにもかなり影響してくるでしょう。

引用:Yahoo!知恵袋

 

Yahoo!知恵袋には「同じような一括査定サービスであるズバット車買取比較ナビクルとどう違うのか」気になっている人も多いようでした。

カーセンサーのネットの口コミ・評判からわかること

カーセンサー 口コミ

カーセンサーの口コミを調査してわかったことをまとめました。

  • 電話営業が多くて大変
  • 売値には満足している
  • 電話が苦手なのでメール対応してくれるのが良い
  • 大手企業が運営しているので安心だ

このような意見が多いです。

一番大事な「査定額」に満足している人が多いのはやはり一括査定で比較できたからわかることですね。

カーセンサーの一括査定は、一社だけでなく沢山の業者に売りたい車の価値を調べてもらうサービス。

査定してもらった業者の中から一番高値を付けてくれた業者に車を売ればOK。

査定額は業者によって数万円、数十万円の差が出るケースもあるので、一社だけでなく、複数の業者に依頼するのが良いでしょう。

車種によって、買取に強い業者と苦手な業者があるので、業者ごとの強みを調べておくのもオススメです。

カーセンサーの電話営業についてですが、しつこいと感じる人も多いようです。

しかし自分から買取査定を依頼するわけですから電話がくるのは避けられません。

あまり電話が多いのは困るという人は、2~3社に絞って頼むのがおすすめ。

車を売った後に電話が鳴り続ける場合「もう売りました」とハッキリ伝え「電話はもうしてこないでください」と言いましょう。

カーセンサーはメールで対応も可能なので、申し込む際は「メールでの連絡を希望」と一言記入しておくようにしましょう。

カーセンサーの特徴※どんなサービスなのか詳しく説明します

カーセンサー 特徴

カーセンサーの口コミや評判については紹介してきましたが、実際にサービスを利用するときの流れや仕組みを確認しておきたい人も多いはずです。

カーセンサーの運営元の情報、手続きの流れ、どんな車が高く売れるのかなどカーセンサーの特徴を紹介します。

申し込みから手続きの流れまでを画像付きで詳しくまとめていきます。

カーセンサーの運営元【リクルート】とは

カーセンサーのサービスを運営しているのは「株式会社リクルートマーケティングパートナーズ」です。

リクルートはCMもしているし、知名度が高い上場企業。そのリクルートのグループ会社の一つです。

もともと一括査定サービスを運営していたわけではなく、1984年に中古車販売の情報誌を創刊しました。

カーセンサーと言えば、中古車販売雑誌というイメージが強い人も多いと思います。

一括査定サービスを始めたのは2008年。12年前です。カーセンサーという名前(ブランド)は歴史が深く長年続いているサービスです。

カーセンサーで査定を依頼できるのは30社(他社よりもはるかに多い)

カーセンサーと提携している全国の買取業者の数は1,000店以上。

その中から自分の地域に対応している30社の業者を選び査定を頼むことができます。

他社の一括査定サービスは、一番多くても10社が限度です。

業者数が多ければその分高く買取してくれるところも見つかりやすいですし、比較できるのは大事です。

(https://kaitori.carsensor.net/ より 2020年10月時点)

カーセンサーの申し込み欄はしっかり記入しよう

カーセンサーで一括査定申し込みをするときは、公式サイトを利用します。

最近では手軽に申し込めるということを売りにしているところが多いのですが、カーセンサーの申し込みは少し時間がかかります。

最初に自分で入力する内容が他のサービスと比べて多め。

情報を細かく入力することで、買取業者に詳しい情報が届くため、後々のやり取りが楽になります。

細かく入力すると言いましたが、2分もあれば終わるので手間というほどではありません。

実際に申し込み画面と流れをまとめていきます。

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

カーセンサーの申し込みの流れ

まずはカーセンサー(一括査定)の公式サイトにアクセスし、3つの項目を入力します。

  • メーカー・グレード・車種
  • 年式
  • 走行距離

これは売りたい車の基本情報ですね。(画像はパソコンでアクセスした画面ですがスマホでも同様に3つの質問に答えていきます)

【メーカー・グレード・車種】は選択肢がどんどん出てくるので間違いにくいです。

例えば売りたい車が「トヨタのアクア」の場合、最初にメーカー「トヨタ」を選び、次に車種「アクア」をクリックしていきます。

グレードに関しては、わからなければ「不明」を選んでおきましょう。

次に年式を入力して、次に走行距離を入力しましょう。(メーターで確認できます)

【申し込みスタート】をクリックします。

さらに詳しく車の情報を入力していきます。

  • ドア数
  • 燃料
  • ミッション
  • 駆動方式

などを選び「次へ」進みます。任意ですが、装備やアピールポイントを入力すると高額査定を狙える可能性が高くなります。

そして個人情報の入力に移ります。

郵便番号を入力すると、自分の住んでいる地域に対応している業者が左に表示されます。

この中から最大30社選ぶことができます。(地域によっては対応している業者数が少ないことがあります)

すべてに頼まず2~3社だけでもOKです。

最後に「同意して送信する」ボタンをクリックすれば申し込みが終了です。

送信すると電話やメールがくるので待ちましょう。

「入力することが多いな」と感じる人もいるかもしれませんが、私が実際に入力でかかった時間は1分30秒ほど。簡単に終わりますよ。

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

カーセンサーでは訳あり車の買取もできる

カーセンサーで提携している専門業者は1,000店以上ということで、どんな車でも買取できると言われています。

ディーラーでは価格が付かないどころか、逆に処分費用を取られてしまったという人も0円以上の値段が付くことが期待できます。

しかしどんな車でも本当に問題ないのか気になりますよね。

カーセンサーでは以下のような車でも買取できますが、一部注意点があります。

  • 事故車
  • ローンが残っている車
  • 車検切れの車
  • 動かない車

一つずつ詳しくまとめます。

(https://kaitori.carsensor.net/ より 2020年10月時点)

事故車

一度事故を起こしてしまった車でも買取は可能です。もちろん修理に出して直してもらった車でもOK。(事故現状車はNG)

しかし、修復歴があるとどうしても価格は下がってしまいます。

また、ぶつけたままヘコミを放置していた場合も、業者によって買取金額は大きく変わってきます。

業者としては「傷やヘコミを直しても売れるかどうか」が基準になり価格を判断します。

一般的な業者だと買取はしてもらえないこともありますが、カーセンサーで複数の業者に査定してもらうことで買い取ってくれる業者が見つかりやすいです。

ローンが残っている車

ローンを組んで車を購入する人も多いですよね。

実際まだ支払いが終わっていない車でも売ることはできます。

しかし、買い取った業者がローンの残りの額を返していくことになるので、どうしても査定額は低くなります。

本来の査定額が高くついても、ローンの支払い分を差し引いてマイナスになってしまう場合は、その分の料金を買取業者に支払うことになります。

車検切れの車

車検が切れている車でも売れます。

車検が切れている車は公道を運転することはできないので、必ず出張査定を依頼して自宅まで来てもらってください。

車検が切れる直前に買取を依頼する人も多いです。

動かない車

エンジンがかからず動かないような車でも買取できます。

動かない原因がバッテリー上がりの場合は、業者が査定の際にバッテリーか充電器を持参してくれます。

電話で査定日を決める際にしっかり伝えておきましょう。

※故障の程度が酷い場合は買取できない場合もあります。

相場を知るためにカーセンサーを利用する人もいる

今すぐ売るつもりがなくても相場だけ知りたいという人は多いです。

カーセンサーは今の車の価値を知るためだけに利用することもできます。

愛車の価値を調べてから売るタイミング(乗り換えのタイミング)を決める人も実際に多いです。

相場を知っておくことで

  • 新しく買う車の価格の参考にすることができる
  • 乗り換える車のグレードを決めることができる
  • オプションを付けるか考えられる
  • 買取金の使い道を決めることができる

このようなことに効果がありますよね!

今すぐ車を売るつもりがなくても、相場を知っておきたい人はぜひ利用してみましょう。

カーセンサーは依頼すればメールで対応してくれる

車の一括査定サービスというと、基本は電話対応のみです。

しかし、カーセンサーの場合は電話が苦手な人にとってはありがたいメール対応ができます。

その方法は簡単。

公式サイトで申し込みをする際に「メールでの連絡を希望」と書いておくことです。

個人情報を入力する際「任意項目」の欄があるのでクリックして開きます。

連絡希望時間の場所に記入しておきましょう。

100%メールで対応してくれるわけではありませんが、電話を少しでも減らすことができます。

しかしメールだとどうしてもやり取りに時差ができてしまうため早く決めてしまいたい人は電話にでて出張査定の予約を取ったほうがスムーズです。

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

カーセンサーの疑問点・質問が多いこととは

カーセンサーによくある質問や疑問点をまとめました。

少しでも不安な人はチェックしておきましょう。

電話ではどんなことを質問されるのか?

申し込みをすると電話がかかって来ますが、いったい何を聞かれるのか気になりますよね。

電話では以下のようなことをメインに聞かれます。

  • 売りたい車の状態
  • いつ頃売りたいのか
  • 付属のオプション
  • 次の車検はいつごろか
  • こすった痕や傷はないか
  • 車の中の汚れや臭いはないか

しっかり丁寧に答えたほうが高額査定が出やすいです。

5社に依頼すれば5社から電話が来ますが、ほとんど質問されることは同じです。

事前に車の情報をまとめておくとスムーズに答えられますよ。

電話が来たら冷静に話すようにしましょう。

初めの電話で大体の見積もり額が伝えられ、次に出張査定の日程を決めます。

高値が付きやすい車種を教えてほしい

今人気の「軽ワゴン」「ミニバン」は高額査定が出やすいです。

『需要がある車は高く売れる』ということです。

業者は基本、買取した車を修理し再販します。

そのため、今人気のある車種は高く買取してくれる可能性があります。

今申込数が多い車

  • 【トヨタ】プリウス
  • 【ホンダ】フィット
  • 【トヨタ】アルファード
  • 【スズキ】ワゴンR
  • 【ダイハツ】タント

(https://kaitori.carsensor.net/ より 2020年10月時点)

コマーシャルで宣伝も多い車種ばかりですね。

売るのをやめたい場合はどうすればいいのか

基本的にキャンセルする際は、業者ごとに断るしかありません。

カーセンサーは、買取業者と車を売りたい人をつなぐサービスです。

そのため一度申し込んだら、あとのやり取りはすべて業者とです。カーセンサーではありません。

口コミを確認したときキャンセルについて悪い意見はなかったので、電話が来たらその都度「売るのをやめました」「もう業者は決めました」と伝えましょう。

査定してもらいたい車の情報は変えられる?

公式サイトから申し込んだ際「間違えて登録してしまった」という人もいます。

しかし一度登録した車の情報(個人情報)は変えることができません。

電話が掛かってきたときに訂正をするようにしましょう。申し込みをし直すということはしなくてもOKです。

車の引取りまでどのくらいの期間かかる?

引取りまでにかかる期間は人によってさまざま。即日対応してくれる業者もありますし、お互いの予定が合った数日後でもOK。

じっくりと交渉して買取額を少しでも上げたい人は、数日かけて複数の業者を比較しています。

当日に来てもらっても必要な書類がそろっていなければ、すぐに入金というのは難しいので注意が必要。

また、自分が希望している買取額で業者が買い取ってくれるというワケではありません。

お互いに納得するまで日数がかかる場合があります。

申し込みから入金まで2週間はかかると思っていた方がいいですね。

引っ越す予定がある人でその前に車を売ってしまいたいなら、余裕を持って早めに査定を依頼しましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

【まとめ】カーセンサーの評判は上々※運営は大手企業なので安心感もあり

カーセンサーの良い口コミ・悪い口コミ・体験談をメインにサービスの特徴や注意点をまとめてきました。

複数の業者を比較できるメリットがあり、高値で買い取ってくれる業者が見つるという点では評判は良いですね。

大手リクルートが運営していることでも信頼感が高いサービス。

最大30社に見積もりを頼めるのもカーセンサーだけです。

申し込みから手続きまで、最後までお金はかかりません。利用して後悔することはないはずです。

愛車をできるだけ高く売却したいのなら、ぜひカーセンサーを利用してみてくださいね。

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

 

会社概要

 

社名株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
設立2012年10月1日
代表取締役社長柏村 美生
資本金1億500万円
従業員数1,250人(2020年6月1日現在)
住所東京都品川区上大崎2丁目13番の30
Googleマップ
TEL03-6835-2840
事業内容婚活・結婚・出産育児情報、自動車関連情報、まなびコンテンツ、高校生の進学情報サービスなどを展開

(http://www.recruit-mp.co.jp/より 2020年10月時点)

\【無料】お試し査定OK/

>>カーセンサーはこちら

公式サイト:https://www.carsensor.net

カーセンサー

リクルートが運営する一括査定サイト。
大手企業が運営する安心感があります。
提携買取業者1,000社・一括査定依頼業者数300社と、どちらも業界最多です。

たくさんの業者に査定を依頼したいなら、カーセンサーがおすすめです。

ズバット車買取比較

日本マーケティングリサーチ機構の調査で3部門1位を獲得した人気の一括査定サイト。
利用者数100万人突破の、信頼できるサービスです。
入力後には6か月後の相場予想も表示されるので、売却時期の判断に役立ちます。

提携会社も比較的多めなので、じっくり検討したい方におすすめです。

ナビクル

利用実績460万人突破の信頼できる一括査定サイト。
簡単な車の情報を入力するだけで、最大10社で一括査定できます。
査定前に買取相場がわかるので安心です。

電話1本でキャンセルできるので、買取業者からの電話対応が苦手な方はナビクルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました