カーリースサービスを徹底比較!口コミ評判やデメリット、支払いなども解説

車 リース

車を購入したいけれど、なかなか費用の面で難しいという人も多いですよね。

  • 中古車なら安いけど、故障が多そうで心配
  • どうしても車が必要だけど、購入費用が用意できない

そんな人にオススメなのがカーリースサービス(マイカーリース)です

マイカーリースなら月々の支払い金額を一定にして、頭金なしで新車に乗ることができます。

このページでは

  • マイカーリースの概要とメリット・デメリット
  • 車種別カーリースサービス
  • カーリース会社の比較
  • カーリースの疑問に答えるQ&A

などを紹介しています。

カーリースに興味のある方は、ぜひご覧くださいね!

カーリースサービスとは

カーリース

カーリースサービスとはリース会社に対して毎月定額のリース料を支払うことで、車が利用できるサービスです。

レンタカーやカーシェアリングサービスと異なり、車の使用者が自分名義となるので、マイカーと同じように使うことができます。

自分が使いたい時間に他の人が使用していたり、車内にゴミが落ちていたり、汚れていたりすると言った心配がありません。

またレンタカーやカーシェアリングの場合は、店舗や設置ステーションまで車を取りに行く必要がありますが、カーリースの場合は自宅や契約駐車場に置くことができます。

利用料金である毎月のリース料には車両価格だけでなく、税金や保険料、メンテナンス費用も含まれている場合がほとんどです。そのため、車に関する支払いをひとつにまとめることができるのもメリットです。

カーリース費用の計算方法

車両価格は満額で計算されるのではなく、予定残価を差し引いた金額を契約期間で分割します。

例えば、300万円の車をリース契約したと考えてみましょう。

契約期間は5年でリース期間終了時の残価は150万円とします。

この場合、残りの150万円を契約期間の5年=60ヶ月で分割で支払っていくことになるので、月々の支払い金額は25,000円です。ボーナス払いを併用すれば、さらに月々の支払い金額は抑えられるでしょう。

リース料には車両価格以外に税金なども含まれるので、月々の支払いは30,000円前後になると予想できます。

こうして月々の支出が定額で税金などの維持費もまとまっているのが、カーリースサービスの特徴です。

続いてカーリースサービスのメリットとデメリットについて、チェックしていきましょう。

カーリースのメリット

カーリースのメリットはいくつかありますが、その中でも特に優れていると思われるメリットを紹介します。

頭金が不要

カーリースは頭金が不要です。

車は高額な買い物です。現在では頭金がなくてもローン審査に通れば車を購入することは可能です。

それでも頭金無しで購入すると、購入費用のすべてにローンの金利がかかります。

仮に200万円の車を購入する場合、最初に50万円用意できれば、残高の150万円に対してしかローンの金利はかかりません。しかし、頭金無しだ200万円すべてに金利がかかるのです。

もし金利が5%だったら、200万円と150万円の支払いでは最終支払金額の差が2万5千円になります。支払金額が大きければこれ以上に支出が増えることになります。

そのため、頭金が用意できないときはカーリースの検討がオススメです。

月々の支払い金額が安定

車は、購入した時点で支払いがすべて完了するものではありません。

新車であれば初回の車検が3年目にあり、その後は2年ごとに車検を受ける必要があります。

他にもエンジンオイルやタイヤ、ワイパーなどの消耗品を交換しなければならず、臨時の出費が発生します。

カーリースならメンテナンスパックに加入することで上記のような維持費を月々の支払いに含ませることが可能です。そのため、消耗品交換による臨時出費がありません

また月々の支払いが安定しているので、自動車税の支払いや車検に向けての貯蓄を意識する必要がないのもカーリースのメリットです。

リース期間終了後は車がもらえることが

リースサービスにもよりますが、リース期間終了後はリースで使用していた車をもらえることがあります。

中古車リースや新車でも、7年や9年といった長期間でリース契約をするサービスでは、リース期間終了後に車がもらえるのです。

なぜリース期間終了後に車をもらえるかというと、残価設定をする時に残価を0円と設定するからです。つまり、リース期間終了時には車の資産価値はないと契約時に決めるのです。

一般的なリース契約ではリース期間終了後には車を返却します。その時に契約時に決めていた残価を下回っていたら、精算金として差額分を支払わなければなりません。

中古車や7年以上の長期リースでは、リース期間終了後の車両価値を0円と決めているため、精算金が発生しません。

長年乗った車が自分のものになるので、リース期間が終了した時に自分の車にしたいと考えている人は、リースが終わったら車をもらえるカーリースサービスと契約しましょう。

カーリースのデメリット

契約時に頭金が必要ない、月々の支払いが安定しているとメリットしかないように思えるカーリースにもデメリットは存在します。

ここでは、カーリース契約前に知っておきたいデメリットをお伝えしますね。

月間・年間の走行距離に制限あり

新車リースの契約プランやリース会社によっては、走行距離に制限を設けていることがあります。

なぜなら、走行距離が多いと残価が下がってしまう原因となるためです。

サービスごとに多少の違いはありますが、走行距離の制限は、平均でおよそ月間1,000km前後です。これは平均値なので、リース期間終了時の月間平均走行距離が1,000kmを超えていなければ問題ありません。

下記のような利用頻度なら月間走行距離が1,000kmを超えることはないでしょう。

  • 通勤…往復10km×20日/月⇒200km
  • 近所への買い物…往復6km×8日/月⇒48km
  • 子どもの塾や習い事の送迎…往復4km×12日⇒48km

合計…298km/月

リース会社によっては月間走行距離の上限を自分で選べることもあるので、自分の使用頻度に合わせたプランを選べば損をしないでしょう。

また走行距離の超過精算金も、最後にまとめて精算すればよいと割り切って月間走行距離は低いプランで契約してしまうのもひとつの選択肢です。

いずれにしても走行距離の制限があるため月間で2,000km以上走行することが予想される人は、距離制限のあるカーリースプランはオススメできません。

リース会社によっては走行距離制限無しのプランがあるので、そちらを検討してみてくださいね。

契約時の残価設定を下回ると精算金が必要

カーリースプランは2種類あり、オープンエンド契約とクローズドエンド契約があります。

精算金が発生する可能性があるのはオープンエンド契約です

先述したように、指定された月間平均走行距離以上に車を利用していたり、事故などによって車に傷をつけてしまったりすると、予定残価を下回ってしまうことになります。

50万円の残価を予定していたのに40万円の査定額しかつかなかったときは、差額の10万円を追加で支払わなければなりません。

もっとも残価は予想値でしかないので、低めに設定されている可能性があります。

そのため、残価を大きく下回ることは事故にでも遭わない限りないと考えても良いでしょう。

中途解約で違約金発生の可能性あり

カーリース契約は、5年や7年といった期間で契約を取り交わします。

この期間の満了を迎える前にリース契約を解消すると違約金が発生することがあります。

違約金の内訳は、ほとんどが未払いリース料と事務手数料です。この未払いリース料金には未発生費用は含まれません。

未発生費用とは、解約日以降に発生するはずだった費用のこと。具体的には、解約日以降に払う予定だった車検費用や自動車税などが含まれます。

契約プランによっては満了日を迎えずに車両を返却しても違約金が発生しないこともあります。7年や9年といった長期契約でクローズドエンド契約の場合だと、違約金が発生せずに満了を迎える2年前から乗り換えや車両返却ができるプランもあります。

数年後に車両が不要になる可能性がある人は、契約期間に注意しましょう

違約金は原則一括で支払って精算しなければならないので、大きな出費となります。今のライフスタイルが数年後に大きく変わらないか、よく考えてからカーリースの申し込みをしてください。

レンタカー・カーシェアリングとカーリースの違い

車を利用する方法は、かつては自分で購入するかレンタカーぐらいしか選択肢がありませんでした。

現在ではカーシェアリングやカーリースも加わって、車を利用する方法が増えています。

レンタカー・カーシェアリングとカーリースではそれぞれ異なった特徴を持っています。

カーシェアリングやレンタカーとカーリースの違いを、ここでしっかり押さえておきましょう。

利用期間

カーシェアリングやレンタカーとカーリースの違いとして、利用期間の違いが挙げられます。

カーシェアリングは、10分や15分単位で利用することが可能です。最大でも48時間が、一度の予約で利用できる時間の限度となっている場合がほとんどです。

レンタカーは3時間から利用ができます。最長でも1ヶ月の契約となっており、それ以降は契約更新が必要です。

一方カーリースは5年~10年など長期にわたってリース会社から借り受けるため、カーシェアリングやレンタカーのように利用ごとに申し込みや契約をする必要がありません。

使いたい時に自由に使える

カーリースはマイカーを購入したのと同じように好きな時間に使うことが可能です。

カーリースなら、自分が使いたい時間帯に他の人が使っているため利用できない、なんてことがありません。

またカーシェアリングとレンタカーは複数の人が利用しますが、カーリースは契約者とその家族など、限られた人しか利用しません。

契約者が知らない他人と車両を共有することはないので、私物を置いたままにしても問題にならないのもカーリースの特徴です。

料金体系

カーリースでは申込時に契約期間を定めて、車両代金や税金などの費用を契約月数で分割し、毎月定額を支払っていきます。

レンタカーは、利用予定日数の料金を前払いで利用するごとに支払うスタイルです。

カーシェアリングは、利用料金に加えて、毎月の会費の支払いが必要となります。カーシェアリングを利用しない月にも費用がかかります。

任意保険・免責補償

カーリースの毎月の支払いには自賠責保険料が含まれていますが、自賠責保険でカバーできる補償には限界があります。そのため、カーリース契約をするなら任意保険の加入も必須

リース会社によっては任意保険料も含まれたプランがあるので、任意保険会社にこだわりがなければリース会社に任せてもいいでしょう。

また車両保険も付けられることがあるので、リース期間中に事故に遭って廃車になってしまった時に、車はないけど支払いが続く事態を回避できます。

レンタカーやカーシェアリングは、車の所有者である企業が保険に加入しています。利用者は免責補償に加入することで、事故の際の経済的負担を軽減することが可能です。

ただし、この免責保険料は契約期間から1日ごとに追加されていきます。レンタカーやカーシェアリングサービスによっては、日付が変わるごとに追加されるか、利用時間で追加されるかは異なります。

そのほかカーリースとレンタカー、カーシェアリングの違いを表にまとめました。利用期間や料金体系が大きな違いです。細かな違いについても記載していますので、チェックしてみてくださいね。

カーリース レンタカー カーシェアリング
利用期間 契約期間中随時利用可能 3時間~30日

※1ヶ月以上は契約更新が必要

10分~48時間程度
※他の会員が使用中利用不可
料金体系 月額定額 利用時間分の前払い 月会費、利用時間分、
走行距離分の燃料代支払い※後払い、登録クレジットカードへ請求
税金・自賠責保険 全て含まれる 利用料に含む 利用料に含む
任意保険 別途加入が必要 利用料に含む 利用料に含む
車種選択 リース会社のラインナップから選択 レンタカー会社のラインナップから選択 カーシェアリング会社のラインナップから選択
車庫 必要 不要 不要
ナンバープレート 通常のナンバー 「わ」・「れ」ナンバー 「わ」・「れ」ナンバー

カーリース会社によって新車or中古車を選べる

カーリース会社によって、新車か中古車かを選ぶことができます。

今までのカーリースは新車が主流でしたが、中古車を扱っている企業も増えています。中古車のほうが仕入れ値が抑えられるので、契約者は月々の支払いが新車に比べて少なく済むメリットがあります。

中古だと燃費が悪かったり、乗り心地が悪かったりと新車と比較すると劣る面はいくつかあるでしょう。

また壊れていなければ保証の対象とならないこともあるので、不満を感じながら利用することになるかもしれません。

それでも新車を選ぶより費用を抑えられるので、少しでも月々の支払いを安くしたいと思っているなら中古車リースを検討してもいいでしょう。

新車・中古車両方取り扱っているカーリースサービス

新車と中古車の両方を取り扱っているカーリースサービスを3つ紹介します。

新車リースにするか中古車リースにするか迷っている人は、新車と中古車両方を取り扱っているリース会社で相談してみるといいでしょう。

店頭や電話申し込みも受け付けている企業なら詳しい話がまとめて聞けるので便利です。

コアラクラブ

オリコオートリースが運営する代理店グループのカーリースサービスです。

新車は軽自動車やコンパクトカーをメインに取り扱っています。

中古車にはスポーツカーやラグジュアリーセダンもあり、選択肢が豊富です。中古車なので月々の支払いも2万円台からとお得になっています。

メンテナンスサービスがセットとなっているユーカリプランがオススメです。

24時間365日対応のロードサービスも付帯しているので、もしものトラブルの際も安心。

またユーカリプランのオリジナル特典で、ニッポンレンタカーの利用料金が最大で55%安くなる特典も付いています。

https://www.koalaclub.jp/ より)

旅行でレンタカーを使う人が多い人は、ぜひユーカリプランへの加入を検討してみてください。

>>コアラクラブ公式HPはこちら

コスモMyカーリース

ガソリンスタンドの展開で知名度を誇るコスモ石油のカーリースです。

ミニバンやSUVまで幅広く取り扱っているのが特徴。

中古車の申し込みはインターネット非対応なので、コスモMyカーリース取扱店へ問い合わせが必要です。

コスモMyカーリースの「めんくるパック」では教習所の相談から車選びまでサポートしてくれます。

マイカーリースを開始した後1年以内なら、卒業した教習所で2時間分の安全運転講習が受講できます。

メンテナンスパックはゴールドパック、シルバーパック、ホワイトパックの3種類から選べるので、自分が必要と思うプランの選択が可能です。

ゴールドパックとシルバーパックは、燃料代の割引も付いているので、日々の燃料代を節約することができます。

https://www.cosmo-mycar.com/ より)

>>コスモMyカーリース公式HPはこちら

定額カルモくん

国産メーカー全車種から選ぶことができるのが定額カルモくんの特徴のひとつです。

自宅まで納車してくれるサービスも行っています。

実店舗を持たないことでコストカットを図っています。

リース期間も新車で11年、中古車で7年と長期間の契約が可能なので、月々の支払い金額を抑えることが可能です。

コンパクトカーやミニバンからスポーツカーまで選べます。

ネット申し込みだと最大49,500円の割引が受けられるので、カーリースサービスに疑問や抵抗がない人にオススメです。

https://carmo-kun.jp/ より)

>>定額カルモくん公式HPはこちら

新車を取り扱っているカーリースサービス

カーリース 新車

新車を取り扱っているカーリースサービスを3つ紹介します。

中古車ではトラブルが心配な人や、せっかくなら新車に乗りたいと思っている人は、新車を専門に取り扱っているカーリースサービスを選ぶといいでしょう。

住友三井オートサービス

住友三井オートサービスが提供するカーリースサービスのカースマプラス(Carsma Plus)には、ディーラー純正オプション5つがリース料金に含まれています。

具体的には、

  • Bluetooth対応カーナビ
  • ETC車載器
  • バックカメラ
  • ドアバイザー
  • フロアマット

の費用までリース払いができるのです。

リース期間は5年と7年から選べます。

さらにカースマプラスならリース期間満了後車をもらうか、返却して売却差益を受け取るか選択可能。車両売却の手間を省くことができ、次の車の頭金に使うこともできますね。

またカースマプラスはメンテナンス費用も含まれているので、メンテナンスパックを比較して選ぶのが面倒だと思う人に向いているサービスとなっています。

https://www.rakuten.ne.jp/go/smasld/ より)

>>住友三井オートサービス公式HPはこちら

らく楽リースオートフラット

らく楽リースオートフラットは、出光昭和シェルが展開するカーリースサービスです。

メンテナンスパックは3種類から選べます。どのプランでも出光で契約すると給油の値引きサービスが受けられる特典が付いてきます。

メンテナンスは全国におよそ800カ所あるオートフラット取扱店で受けられます。何か困った時に実店舗で相談できるのがオートフラットの強みですね。

またオートフラット専用の自動車保険も用意されているので、ひとつの窓口で申し込みが完了するメリットもあります。

https://www.idemitsu-autoflat.com/ より)

>>らく楽リースオートフラット公式HPはこちら

もろコミ カーコンカーリース

板金修理で有名なカーコンビニ倶楽部が運営するカーリースサービスです。

もろコミ9ともろコミ7の9年と7年の長期リース契約が有名。

契約が満了する2年前から乗り換えができ、リース満了時には車を返却せず自分の車にできるのももろコミのメリットです。

カーリースサービスでは珍しく、福祉車両やミニカーのトヨタ・COMSも取り扱っています。また最短2週間で納車となる即納車がラインナップされているのも特徴です。

https://morokomi.carcon.co.jp/ より)

>>もろコミカーコンカーリース公式HPはこちら

中古車を取り扱っているカーリースサービス

カーリース 中古車

中古車を取り扱っているカーリースサービスを紹介します。

新車よりも月々の支払いが抑えられるのが最大の魅力。また返却する義務がないのも特徴で、リース期間終了時に精算金が発生しないのも新車リースとの違いです。

万一車に傷を付けてしまっても追加費用が掛からないので、運転にまだ自信がない人にもオススメと言えます。

ワンプライス中古車リースMyCar(オリックス カーリース・オンライン)

月額1万円台から乗れる中古車カーリースサービスが、ワンプライス中古車リースMy Carです。

オリックス自動車が運営をしているサービスで、車両の多くは自社のリースアップした車両かレンタカーアップ車両となっています。

オリックス自動車では、新車を対象とした個人向けカーリースサービスとして「いまのりくん」や「いまのりセブン」も展開しています。

https://www.carlease-online.jp/ucar/ より)

>>オリックス カーリース・オンライン公式HPはこちら

輸入車を取り扱っているカーリースサービス

カーリース 輸入車

輸入車を取り扱っているカーリースサービスは、多くありません。

リセールバリューの低さも影響して残価も期待できないため、あまりお得とは言えないでしょう。

それでもリースなら頭金不要で乗り出しが可能なので、利用するメリットはあります。

ここでは輸入車も取り扱っている、2つのカーリースサービスを紹介します。

SOMPOで乗ーる

SOMPOとDeNAが運営する車の定額サービスが「SOMPOで乗ーる」です。

アウディやBMW、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツと海外メーカーの車種を多く取り扱っています。

7年リースで月間走行距離が1,000kmに制限されているので注意が必要です。

メンテナンスパックは2種類から選ぶことができます。

また月額1,000円(税別)の追加で「いつでも乗ーるプラン」を追加できます。これはメーカー一般保証や特別補償を延長するサービスです。

ナビの故障やハイブリッド機構の不具合などの修理費用を保証してくれます。

https://sompo-de-noru.jp/ より)

詳細については公式ホームページをご確認ください。

>>SOMPOで乗ーる公式HPはこちら

NOREL

NOREL

(引用:NOREL公式HP

長期のカーリースサービスとは異なりますが、輸入車を試せるサービスとなっています。

新車ではなく中古車で契約期間も最短90日で乗り換えが可能です。

中古車のため、そのときの在庫状況によっては輸入車が選べないこともあります。

NORELには「長割」という5ヶ月目以降は月額料金が2万円引きとなる割引サービスがあります。

リース契約に違いないのですが、車検の1ヶ月前には車両を返却する利用期限があります。

https://norel.jp/ より)

様々な車に乗ってみたい人に相応しいサービスです。

>>NOREL公式HPはこちら

カーリース会社の比較

上記で紹介したサービスの概要を表でまとめてあります。各社比較する参考にしてください。

新車・中古車を扱っているカーリースサービス

コアラクラブ コスモMyカーリース 定額カルモくん
車種 全国産車種 全国産車種 全国産車種
実店舗 あり あり なし
特徴 ・メンテナンスパックにロードサービスも付帯

・ニッポンレンタカーで割引サービスあり

・教習所選びのサポートあり

・ガソリン代の割引サービスあり(ゴールドパック・シルバーパックのみ)

・ネット割最大49,500円

・自宅まで車を届けてくれる

価格 14,630円~ 21,670円~ 12,870円~
契約期間 7年、5年 6年、4年、2年 最長11年

https://www.koalaclub.jp/ https://www.cosmo-mycar.com/ https://carmo-kun.jp/ より)

新車を取り扱っているサービス

住友三井オートサービス らく楽リースオートフラット カーコンカーリース
車種 国産メーカー全車種 国産メーカー全車種 国産メーカー全車種
実店舗 なし あり あり
特徴 ・ディーラー純正オプション5つがセット

・リースプランにメンテナンス費用が含まれている

・メンテナンスパックが3種類から選べる

・約800カ所の取扱店で相談、メンテナンスが可能

・契約満了2年前から乗り換えと返却が可能

・福祉車両の取扱あり

価格 15,000円~ 21,890円~ 8,030円~
契約期間 7年、5年 7年、5年 9年、7年

https://www.rakuten.ne.jp/go/smasld/ https://www.idemitsu-autoflat.com/ https://morokomi.carcon.co.jp/ より)

Q&A ~カーリースに関するよくある質問~

カーリースに関する質問をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

Q.1 車のリース(カーリース)で審査なしで申し込めるリース会社はある?

A.現在、審査なしで申し込めるカーリースサービスはありません。

サービスを提供する企業としても車という高級品を貸し出す以上、しっかりと料金は回収したいと考えています。契約しても月々の支払いが滞ってしまえば、企業は困ります。

審査に通らない場合は保証人を用意すれば申し込めるサービスもあるので、そちらを検討してみてください。

Q.2 中古車リースなら月々5,000円の支払いから乗れる?

A.中古車のリースでも5,000円から乗れると謳っている企業はありません。

ボーナス月に多く支払えば毎月の金額は抑えられますが、それでも8,000円以上になるでしょう。

Q.3 軽自動車のリース料金は月額いくらぐらいから?

A.軽自動車ならば1万円台から乗れることもあるでしょう。

ただし、メンテナンスパックを付帯させたり、リース期間が短かったりすると2万円以上になることもあります。

Q.4 外車(輸入車)のリースサービスを展開している企業は他にないの?

A.Audi、BMW、YANASEがカーリースを行っています。

メーカーによってサービス内容は異なるので各メーカーの公式HPを参照してみてくださいね。

【まとめ】カーリースを有効活用してお得なカーライフを

カーリースは自分の経済状況や、ライフスタイルに合っていれば購入するよりも車をお得に利用できることがあります。

転勤でいきなり地方に異動させられて貯金がなく車が買えない状態だったり、子育て中で車にお金をかけられない場合だったりするなら、カーリースの検討がオススメです。

カーリースのメリットは頭金不要で、月々の支払いが一定であることです。そのため、税金の支払いや車検の時に大きな出費が不要なのがメリットと言えます。

貯金が苦手な人にとっては嬉しいポイントかもしれませんね。

またメンテナンスパックに加入していれば、必要な時期に必要なメンテナンスを定期的に受けられます。車に詳しくない人も安心でしょう。

カーリースは新車だけでなく、中古車でもリース契約をすることができます。中古車リースのほうが新車よりも安いので月々の支払いを抑えたいなら、中古車リースも候補に入れてみてください。

カーリースサービスは複数あるため、何社か問い合わせをし、自分が気に入ったリース会社を利用してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました