アルトの限界値引きや交渉術 | リセールバリューなど徹底解説!

アルト 限界値引き 交渉術 リセールバリュー 徹底解説

台形のヘッドライトと柔らかいフォルムで人気のアルト。

アルトはスズキが発売する5ドアの軽ハッチバックです。

低価格と高い燃費性能がセールスポイントで、長年人気のあるロングセラーモデル。

そんなアルトの値引き相場を先にお伝えすると、12万円ほどです。

値引き額はあまり高いとは言えませんが、発売から時間が経っているため、値引き交渉しやすい車種であることは間違いありません。

とはいえ、

  • 本当に値引きしてもらえるのか?
  • 限界値引きを引き出すコツは?
  • 実際の値引き交渉はどうすれば良いのかわからない

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、

  • アルトの値引き相場
  • 限界値引きを引き出すコツ
  • ライバル車との比較(ミライース・キャロル)
  • 実際の値引き交渉の流れ
  • お得にアルトを購入するポイント

などをご紹介していきますね。

以前は、アルトターボRSもありましたが、2018年12月のマイナーチェンジに伴い廃止になり、

今ではアルトとアルトワークスのみとなりました。

そこでこの記事ではアルトに絞り限界値引きや値引き交渉術などを解説していきます。

アルトワークスの値引きは、値引き額やオプション価格の工賃等が変わってくるため、別記事にてご紹介しています。

この記事は10分程度で読めますし、アルトをお得に購入できる可能性が高まるのでぜひご一読ください。

ではアルトの値引きについて詳しくご紹介していきます。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

新型アルトの値引き相場は、12万円

アルト 値引き相場

新型アルトの値引き相場をまとめると下記になります。

新型アルトの値引き情報
車両値引き10万円
オプション値引き2万円~4万円
目標値引き額12万円
限界値引き額20万円

値引きはしやすいですが、アルトは新車価格が低いため値引き額は低めです。

なかには20万円近い値引きでアルトを購入している方もいます。

しかしただ値引き交渉をするだけでは、20万円近い値引きを引き出すのは難しいです。

価格の低いアルトをお得に購入するには、値引きを引き出すコツや交渉術を把握しておく必要があります。

ただ限界値引きを引き出す前に、まずは購入するアルトのグレードを絞っておく必要もあります。

そこで下記ではアルトのオススメグレードについてご紹介していきますね。
(すぐに値引きの体験談を知りたい方はこちらをクリック)

新型アルトのオススメグレードは?

オススメグレードをあなたのお好みで選べるように簡単にご説明していきますね。

まず先にそれぞれの新車価格をまとめると、

グレード価格(税込み)(単位:円)
X2WD:1,193,500・4WD:1,295,800
S2WD:1,097,800・4WD:1,200,100
L
(スズキ セーフティ サポート装着車)
2WD:918,500・4WD:1,028,500
2WD:979,000・4WD:1,089,000
F(5速MT)
F(5AGS)
F(5AGS+スズキセーフティサポート装着車)
2WD:863,500・4WD:971,300
2WD:863,500・4WD:971,300
2WD:924,000・4WD:1,031,800

基本的に価格の高いグレードが装備が充実しています。

※「S」と「X」では、スズキセーフティサポートが標準でついているため、記載しておりません。

具体的にみていくと、キーレスプッシュスタートが必要な方は、グレード「X」の1択です。

一方プッシュスタートが必要ない方で、下記のような快適装備が必要な方は「S」がオススメ。

  • 運転席のシートリフターが必要な方
  • 電動式の格納ミラーが必要な方

さらに快適装備が必要ない方は、「L」か「F」の2択です。

「L」か「F」を選ぶ基準としては、

  • エネチャージ、アイドリングストップが必要な方は「L」
    (燃費性能が高い方がLです)
  • 自分で細かいシフト操作を行いたい方は「F」

です。

最後に表にてまとめておきますね。

グレードオススメできる方
Xキーレスプッシュスタートが必要な方
Sプッシュスタートはいらないが快適にドライブをしたい方
L最低限の装備で燃費を気にする方
F快適装備はいらず、シフト操作を自分で行いたい方

 

新型アルトの値引きは難しくない

発売から時間が経っているため、値引きは難しくはありません。

数万円程度の値引きなら簡単にしてもらえます。

しかしアルトは100万円を切るモデルもあるため、10万円以上の大幅な値引きはなかなか引き出せません。

加えて2018年12月にマイナーチェンジが行われたばかりです。

さらに限界値引きを引き出すのは難しくなっていると言えます。

そのためアルトをお得に購入するには、値引きを引き出すコツを押さえた交渉術が必要です。

ではこれから詳しくご紹介していきますね。

下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがズバット車買取です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

限界値引きを引き出す5つのコツ

限界値引き 引き出す コツ

簡単にご紹介すると、下記の5つが限界値引きを引き出すコツです。

  • 購入する時期を決算月やボーナスシーズンに合わせる
  • ライバル車種と競合させる(ミライース・キャロル)
  • 資本の違うスズキのディーラーで競わせる
  • オプション値引きを引き出す
  • 契約直前にガソリン満タンや端数カットのサービスを!

値引きには応じてもらいやすいアルトですが、

限界値引きを引き出すには、上記のコツを把握しておく必要があります。

特に重要なのが、購入する時期です。

時期によって値引き額が大きく変わってきます。

そのためまずは購入する時期についてご紹介していきますね。

購入する時期を決算月やボーナスシーズンに合わせる

値引き交渉で一番値引きを引き出しやすいのが、購入する時期です。

具体的には、

  • 決算月:3月・9月
  • ボーナスシーズン:6月・7月・11月・12月

特に決算月の3月・9月は、ディーラーが会社として業績をあげたいと考えています。

つまりディーラーは新車を売りたいわけです。

そのため限界値引きを引き出しやすい傾向にあります。

またボーナスシーズンもオススメです。

ボーナスシーズンはディーラーでキャンペーンを行っていることもあり、お得にアルトを購入することができます。

さらに営業マンの給料にはインセンティブ(目標達成時のボーナス)が上乗せされます。

このインセンティブとは、「新車を1台売ったらその売上の数%が営業マンに入る」など、新車を販売すれば自分の給料も上がるという仕組みです。

そして基本的にインセンティブは、月単位で計算されます。

つまり月末に近づくにつれ、営業マンは車を売りたいと言う心理になるのです。

アルトをお得に購入するには、決算月やボーナス月の20日前後がオススメ。

20日前後というのは、新車の契約で1週間程度かかるためです。

交渉が決算月であっても、新車の契約が次の月にずれ込むと限界値引きを引き出しにくくなります。

そのためアルトの限界値引きを引き出すために決算月やボーナス月の20日前後を狙いましょう。

ライバル車種と競合させる(ミライース・キャロル)

アルトのライバル車は、下記の2車種です。

  • ミライース(ダイハツ)
  • キャロル(マツダ)

マツダのキャロルは、スズキアルトのOEM車になります。

OEM車とは、車自体は同じでメーカーのマークだけが違うような車のことです。

そのためキャロルとアルトは、販売元が違うだけでほぼ同じ車です。

ちなみにOEM車のリセールバリューは低めになる傾向があります。

そのためキャロルよりもアルトをオススメします。

ではここからそれぞれの車種を細かく比較していきます。

価格

車種価格(税込み)引用先
アルト863,500円~1,295,800円スズキ公式サイト
キャロル863,500円~1,200,100円マツダ公式サイト
ミライース860,200円~1,372,800円ダイハツ公式サイト

価格ではキャロルが若干低めですが、リセールバリューを考えるとあまりお得ではありません。

一方ミライースはアルトに比べると多少価格が高めです。

ただそこまで大きな差があるわけでもありません。

そのためまずキャロルとミライースで値引き交渉を行いながら見積もりをとりましょう。

そして「その見積もりよりも値引きしてくれるならアルトを購入する」というような値引き交渉を行います。

安全装備

キャロルとアルトはほぼ同じ車のため、安全装備も同じです。

またミライースともさほど違いがありません。

ただ一つ注意しなければならないことがあります。

それは自動ブレーキや誤発進抑制装置などの安全装備がついていないグレードもあるということです。

基本的には車両価格が安価なグレードにはついていません。

そのため比較する時に安全装備がついているグレードで比較するようにしましょう。

燃費

燃費ではアルトとキャロルが優勢です。

アルトキャロルミライース
燃費(JC08モード)25.2~37.0km/L27.2~37.0km/L32.2~35.2km/L
引用先スズキ公式サイトマツダ公式サイトダイハツ公式サイト

上記のグラフを見るとキャロルよりアルトの方が燃費が悪いように感じますが、アルトには4WDの5MTがあるためです。

一方燃費の良いグレードで比較するとアルトとキャロルがミライースよりも1.8km/Lほど優れています。

価格の面でもアルトの方がミライースより優れているため経済的ですね。

性能

それぞれの最高グレードである次の3モデルを比較すると、下の表のようになります。

  • アルトX
  • ミライースG“SA Ⅲ”
  • キャロルGX
アルトミライースキャロル
エンジンR06A型
水冷直列3気筒
DOHC12バルブVVT
KF型
水冷直列3気筒
12バルブDOHC横置
R06A型
水冷直列3気筒
DOHC12バルブVVT
最高出力
kW(PS)/rpm
38(52)/6,50036(49)/6,80038(58)/6,500
最大トルク
N・m(kgf・m)/rpm
63(6.4)/4,00057(5.8)/5.20063(6.4)/4,000
車重(kg)2WD:650
4WD:700
2WD:670
4WD:740
2WD:650
全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475×1,5003,395×1,475×1,5003,395×1,475×1,500
室内寸法(mm)2,040×1,255×1,2152,025×1,345×1,2402,040×1,255×1,215
ホイールベース(mm)2,4602,4552,460
最小回転半径(m)4.64.44.6
参照先スズキ公式サイトダイハツ公式サイトマツダ公式サイト

車重や馬力、トルクではミライースよりもアルト(キャロル)の方が優れています。

つまり走り出しや停車ではアルト(キャロル)の方がキビキビと動いてくれるということです。

しかし最小回転半径ではミライースの方が優れているため、小回りが利くのはミライースといえます。

ただアルト(キャロル)の他のグレードでは、最小回転半径が4.2mになるため、さらに小回りが利きますね。

一方直進の安定性では若干ホイールベースが長いアルト(キャロル)が有利です。

性能や乗り心地はあなたの好みによっても変わりますので、ぜひ一度アルトとミライースの2台を試乗して比較しましょう。

収納力

アルトとキャロルはほぼ同じですので、ここではアルトとミライースの収納力について比較していきます。

またわかりやすくするために画像を中心にご説明していきますね。

先に結論をお伝えすると、

  • 運転席周辺の収納はミライースが便利
  • ラゲッジスペースでは、床下収納があるアルトの方が収納力がある
アルトの内装と収納

まずアルトの内装と収納をみていきます。

カバンをかけるフックがついているなど、便利な機能がたくさん用意されています。

ただミライースと比較した場合、ドリンクホルダーが床にあるので、運転中にわずらわしさを感じる可能性もあります。

というのもドリンクを取るために、運転中に視線を一度下げなければならないためです。

ただ必要最低限の装備があるため、不便を感じることはほとんどないでしょう。

ミライースの内装と収納

ここからミライースの内装と収納をみていきます。

ミライースは、運転中の視界に収まるところにドリンクホルダーがあります。

そのためアルトより運転が楽に感じる可能性が高いです。

さらにミライースにも荷物用のフックがあります。

また助手席前方にもスマホなどが置ける収納があり、使い勝手が良いですね。

ただラゲッジスペースに床下収納がないため、収納力ではアルトの方が勝っています。

デザイン

ここからはアルト(キャロル)とミライースの見た目と内装をご紹介していきます。
(次の資本の違うディーラーで競わせるに進みたい方はこちらをクリック)

アルトのエクステリア(見た目)はミライースに比べると柔らかい印象を受けますね。

一方ミライースのエクステリアは、硬めのデザイン。

インテリアでは、ミライースのシートは2色ですがアルトは1色のため、アルトのほうが若干チープな印象を受けますね。

またどちらの車種でもリアシートは一体となっています。

そのためゴルフバッグなどの大きな荷物を入れると、実質2人乗りになってしまう点は同じですね。

資本の違うスズキのディーラーで競わせる

実はスズキのディーラーでも、運営会社が違う場合があります。

その場合は同じスズキのディーラーでもライバル関係です。

お互いを競合させることで値引きを引き出しやすくなります。

さらに詳しくご説明すると、ディーラーにも正規ディーラーとサブディーラーがあります。

サブディーラーとは、メーカー認定のディーラーではないディーラーのこと。
スズキ以外の車も販売しているディーラーです。

正規ディーラーはスズキから車を仕入れますが、サブディーラーは正規ディーラーから車を仕入れています。

そのためサブディーラーでは値引きにメーカーの縛りがありません。

つまり正規ディーラーよりもサブディーラーの方が値引き額に期待できるのです。

また多くのディーラーを回ることで、お得に買える展示車や在庫車が見つかる可能性もあります。

お近くのディーラーを探せる便利なサイトもありますので、こちらも参考にしてくださいね。
(スズキ公式サイト:販売店検索)

さらに営業成績が良くないディーラーや営業マンを見つけ出せれば、他よりも限界値引きを引き出しやすい可能性が高いです。

できるだけアルトをお得に購入するには、たくさんのディーラーを見て回りましょう。

オプション値引きを引き出す

先にオプション値引きの目標をいうと、アルトの場合は3万円前後です。

そもそも新車購入時に値引きできるのは、車両価格だけではありません。

オプション品やその取付にかかる工賃も値引きしてもらえます。

さらにディーラー側に価格の決定権がある工賃やオプション品の方が値引きを引き出しやすいです。

一方、車両価格からの値引きの限界は最初からある程度決まっています。

そのため新車購入の値引きで差が生まれやすいのがオプション値引きになります。

車両価格の値引きはもちろんのこと、オプション値引きも忘れずに値引き交渉を行いましょう。

契約直前にガソリン満タンや端数カットのサービスを!

最後の一押しとして、契約直前にサービスしてもらい、値引きを引き出します。

具体的には、

  • 新車登録にかかる手数料
  • ガソリン満タン
  • ボディーコーティング
  • 契約金額の端数をカットしてもらう

などです。

ちなみに新車登録にかかる手数料は、下記になります。

  • 車庫証明の発行(地域によっては必要ないことがあります)
  • ナンバープレートの発行
  • 納車点検にかかる費用

ボディーコーティングやガソリン満タンなどはサービスしてもらいやすいので、ぜひ交渉してみましょう。

また車庫証明が必要な場合は、自分で取得して費用を抑えることも可能です。

これだけでも1万円程度の費用を浮かせることができます。

契約金額の端数カットでは「この金額にしてくれたら、今契約しますよ」と言って値引きを引き出しましょう。

アルトの値引き額は大きくないため、上記のような細かい値引きでコツコツと値引きを大きくしていきます。

オプション値引きと合わせて忘れずに交渉し、一部無料などでもサービスを引き出すことがアルトをできるだけお得に購入する秘訣です。

純正部品を社外品へ変更して実質値引きする

純正部品 社外品 変更 実質値引き

純正品と社外品では、性能が同等であっても社外品の方が基本的には安価です。

そのためここからは、純正品を社外品に変更して支払い総額を下げて実質値引きをする方法をご紹介していきます。

絶対に純正品でなければならないという方は、こちらをクリックしてください。(次の交渉の流れへ進めます)

ここでは下記のオプション品を社外品に変更した場合の金額の比較を行っていきます。

  • ナビ・バックモニター
  • ドライブレコーダー
  • ETC
  • ドアバイザー
  • シートカバー
  • フロアマット

さらに自分で社外品を取付られれば、取付工賃も浮かせることが可能です。

そうなると大幅な実質値引きが期待できますね。

ナビ・バックモニター

ナビとバックモニターを社外品にするだけで少なくとも6万円以上お得にアルトを購入することが可能です。

下記で詳しく比較していますので、ぜひ参考にしてください。

もちろん同等の性能のナビで比較しています。

スズキ純正ナビスズキ純正ナビ
モデルストラーダエントリースタンダードプラス
メーカーパナソニックケンウッドパナソニック
本体CN-RA05WDCA9QCA9K
画面サイズ7インチ(200mmワイド)7インチ(200mmワイド)7インチ(200mmワイド)
価格75,800円(税込み)
(Amazon)
99,000円(税込み)118,800円(税込み)
バックカメラ21,000円(税込み)
(Amazon)
48,070円(税込み)48,070円(税込み)
ナビ工賃5,720円(税込み)5,005円(税込み)
ナビ盗難抑制アイテム3,300円(税込み)(無しも可能)3,300円(税込み)(無しも可能)
合計額96,800円156,090円175,175円
純正品との差額-59,290円-78,375円

もちろんバックモニターをつけなければさらに実質値引きが可能です。

また道案内だけの性能のナビであれば、2万円程度で購入することもできます

ナビだけの取付で、さらに社外の安いナビをつければ、10万円近い実質値引きが可能ですね。(純正ナビ:12万円-社外品のナビ2万円=10万円の実質値引き)

ドライブレコーダー

スズキ純正のドライブレコーダーは、ナビと連動する高性能のドライブレコーダーです。

社外品純正品
価格5,000円程度から購入可能37,290円(税込み)
純正品との価格差最大で-32,290円ほどの実質値引き


ただ事故や煽り運転の証拠が残れば、ドライブレコーダーの性能としては十分と考える方も多いでしょう。

そのような性能のドライブレコーダーであれば、5,000円程度から購入することができます。

純正品にこだわらないのであれば、社外品のドライブレコーダーにすることで3万円程度の実質値引きが可能になります。

ETC

社外ETC(AUTOBACSの
取付工賃コミコミセット
)
純正ETC
最安値本体価格12,980円(税込み)15,400円(税込み)
参考取付費5,720円(税込み)
合計21,120円
純正品との価格差-8,140円
ETC2.0本体価格23,980円(税込み)33,000円(税込み)
参考取付費5,720円(税込み)
合計38,720円
純正品との価格差-14,740円

ETCの購入取付では、AUTOBACSでお得なサービスを行っているため、そちらを参考にしました。

最低限のETC搭載であれば、社外品にすることで8,000円程度実質値引きが可能です。

ETC2.0では、15,000円もお得に取付が可能になります。

この工賃コミコミセットは、Web注文店頭受取のみの対応になりますので、ご注意ください。

ドアバイザー

社外品純正品
ドアバイザー(フロント左右2枚セット)約5,000円
(楽天市場を参照)
6,710円(税込み)
純正品との価格差-1,710円
ドアバイザー(1台分4枚セット)約6,500円
(Amazonを参照)
10,945円(税込み)
純正品との価格差-4,445円

数千円ですが、ドアバイザーを社外品にすることでも実質値引きが可能です。

またドアバイザーは取付が簡単なため、自分で取付を行い工賃を浮かすこともできます。

Amazonの商品であれば、純正品と同じ両面テープと金具がついており、取付説明書も付属しています。

ちょっと豪華なランチが楽しめるくらいの費用が浮きますので、数千円といえど侮れませんね。

シートカバー

純正品との価格差社外品(税込み)純正品(税込み)
シート全体を覆う
シートカバー
-17,870円11,000円
(Amazon)
28,870円
防水シートカバー-6,900円4,980円
(楽天市場)
11,880円
レースハーフカバー社外品ほぼ無し9,130円

アルトのシートは若干チープな印象を受けます。

そのためシートカバーをかけて高級感を出したい方も多いでしょう。

シートカバーも社外品にすることで、実質値引きができます。

これだけでも最大で約17,000円の実質値引きが可能です。

さらに好きな色のシートカバーを選ぶこともできますので、社外品にしてあなた好みの内装にすることもできますね。

フロアマット

フロアマットも社外品にすることで、最大で1万円程度の実質値引きが可能になります。

純正品との価格差社外品(税込み)純正品(税込み)
-11,215円MT車用:6,000円(Amazon)ジュータン・ルミナス:17,215円
-9,515円MT・CVT車用:7,700円(楽天市場)
-3,735円CVT車用:7,980円(Amazon)ジュータン・ノーブル:11,715円
-635円CVT車用:5,800円(楽天市場)ユーティリティタイプ:6,435円

純正品で安価なユーティリティタイプでは若干チープな印象を受けることもあります。

そのため同じ金額を出すのであれば、上の画像のような社外品にする方がオススメです。

またシートカバー同様、金額だけでなくアルトを自分好みにカスタムできる点も社外品の魅力ですね。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

限界値引きを引き出す交渉の流れ

限界値引き 引き出す 交渉の流れ

ではここからは限界値引きを引き出す流れを説明していきます。

先にざっくりと値引き交渉の流れをご紹介すると下記の通りです。

  1. (商談前)乗り換え検討なら今乗っている車の買取相場を確認
  2. (商談前)ライバル車やスズキのディーラーをチェック
  3. 1回目の商談では、現車確認と見積もりをもらう程度
  4. 2回目の商談で限界値引きを引き出す

特に商談に入る前の①と②が重要になってきます。

この商談前の準備で、その後の値引き交渉でアルトの限界値引きを引き出せるかが大きく変わってきます。

そのため値引き交渉も大切ですが、事前の準備も怠らないようにしましょう。

では詳しくご紹介していきますね。

(商談前)乗り換え検討なら今乗っている車の買取相場を確認

まずは今乗っている車の買取相場を確認することから始めます。

買取相場を把握していないと、ディーラーでの下取り価格が適正なのか判断することができません。

特にディーラーの下取りでは、安く買い叩かれ損をすることが多いです。

仮にディーラー下取りが15万円だとします。

しかし買取店で買取ってもらえば、30万円になることもあり得ます。

この差額は15万円です。

値引きしてもらいやすいアルトですが、値引き額はそこまで大きくありません。

つまり今乗っている車をできるだけ高く売る方が、簡単かつお得にアルトを購入する方法になります。

またディーラーでは新車を大幅に値引きしたと見せかけて、下取り額で調整することもよくあります。

そのようなことにならないように、事前に今乗っている車の買取額を把握しておくことは非常に大切です。

そして車の買取額を知るには、実際に買取店で査定をしてもらう必要があります。

さらにできるだけ高い査定額を引き出すには、一括査定がオススメです。

完全無料で利用でき、一度の査定申し込みで複数の買取店に査定依頼ができます。

そのため複数の買取店同士を簡単に競わせることができ、買取査定額を引き上げることが可能です。

ちなみにオススメは次の3つ。

電話1本だけで済む、ユーカーパックというサービスもあります。

しかしオークション形式で、さらに査定額が決めるまでに時間がかかるため、新車購入時に利用するのはあまりオススメできません。

(商談前)ライバル車やスズキのディーラーをチェック

車の買取相場がわかったあとは、ライバル社やスズキのディーラーをチェックしましょう。
(スズキのディーラーを探したい方はスズキの店舗検索が便利です)

特に資本の違うスズキのディーラー同士を競合させることで値引きを引き出すやすくなります。

まずはここでライバル車(キャロル・ミライース)の見積もりをとっておきます。

そうすることで、商談時にアルトの購入を真剣で考えていると営業マンにアピールできます。

またライバル車と比較していることをアピールできれば、営業マンを本気(他社で買われるよりも自社で買ってもらいたい)にさせることが可能です。

そうするとアルトでも限界値引きを引き出しやすくなります。

少々面倒ではありますが、数万円の値引きにつながる可能性が高いので、ぜひ入念に下調べしておきましょう。

1回目の商談では、現車確認と見積もりをもらう程度

1回目の商談では、現車確認と見積もりをもらう程度にしておきましょう。

また見積もりは書面でもらうようにします。

他の店舗と競合させるときに有利になるためです。

さらに後からあなた自身で、それぞれの店舗を比較するときにも役立ちます。

一方で初めての商談からガツガツと値引き交渉してしまうと、裏目に出てしまう可能性が高いです。

ここで1番重要なのは、良いお客さんだと思われること。

営業マンも人間ですので、良いお客さんには寄り添って力になりたいと思うはずです。

さらにアルトがあなたのイメージ通りの車なのかも試乗して確認しておきます。

普段からよく使う車になるはずですので、使い勝手や乗り心地、ラゲッジスペースなどは入念に確認しましょう。

また自動車ローンを利用する場合は、忘れず事前に確認しておきます。

店舗によって取り扱いや手続きの流れが違う可能性があるためです。

2回目の商談で限界値引きを引き出す

いよいよ2回目の商談で値引き交渉です。

先ほどご紹介した値引きのコツを活かし、限界値引きを引き出します。

では具体的な交渉術をご紹介していきますね。

先に注意点ですが、予算を伝えるのは控えましょう。

限界値引きが引き出せなくなる可能性が高いためです。

理由としては、仮に予算120万円と伝えた場合、つまり120万円なら買うお客に、それ以上安い価格で売ろうとはしないですよね。

交渉するタイミングは、平日や休日の夕方などのディーラーが忙しくない時間を狙います。

そして資本の違うスズキのディーラーがある場合は、

  • 「他のスズキと迷っている。」
  • 「他ではこれくらい値引きしてくれるらしい、ここではどれくらいまで値引きしてもらえますか?」

と言い、値引きをせまります。

ライバルとなるスズキのディーラーがない場合は「ライバル車(ミライース・キャロル)と迷っている」「総額で〇〇円なら今日アルトで決めます」といった感じです。

また自動車ローンを利用する場合は、さらなる値引きが期待できます。

というのも自動車ローンを利用すると、ディーラーにいくらか手数料が入るためです。

さらに契約前に手数料やガソリン満タン、ボディーコーティングなどのサービスもつけてもらえるかも交渉しましょう。

下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがズバット車買取です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

下取り車の査定は足元を見られないように注意

下取り 注意点

先程もご紹介いたしましたが、ディーラー下取りでは安く買い叩かれないように注意が必要です。

何度も言いますが、ディーラーでは新車価格を大幅に値引きしたように見せて、下取り価格を安くして金額を調整することがあります。

これではアルトをお得に購入できたとは言えません。

そこで事前に一括査定サイトなどを利用して買取店の見積書などを用意しておきましょう。

また下取り額が低いようならディーラー下取りではなく、他の買取店で売ることをオススメします。

例えば、下の表のようなこともよく起こっているのです。

今乗っている車の売却額下取り:15万円買取:30万円
新車値引き額12万円8万円
お得になった合計27万円38万円

特に一括査定サイトを使うと、20万円以上高く売れることもあり得えます。

多少面倒かもしれませんが、できるだけお得にアルトを購入するには欠かせません。

ぜひ一括査定も利用してお得にアルトを購入しましょう。

◯オススメ一括査定サイト3選

コスパの高い新古車もオススメ

高コスパ 新古車 おすすめ

あまり値引きを引き出せなかった場合は、コスパの高い新古車や未使用車がオススメです。

新古車(未使用車)とは、一度ナンバーを取得しすぐに売りに出された、ほとんど走行距離のない車のことです。

正確には中古車になりますが、ほとんど新車とかわりません。

アルトの新古車であれば、新車価格から10万円から20万円ほど安く購入することができます。

ほとんど走っていないのに10万円以上も安くなるため、新古車はコストパフォーマンスに優れるのです。

ここで簡単に新古車のメリット・デメリットをまとめておきますね。

新古車のメリット

  • 新車を買うよりも安い
  • 納車に時間がかからない
  • 普通の中古車に比べ、車検が長い
  • 中古車だが、新車のようにキレイ
  • 新車購入時にかかる自動車税や保険がない

新古車のデメリット

  • 購入できるのは、在庫のみ
  • メーカーオプションがつけられない
  • ちょうどよくアルトの新古車があるとは限らない

どうしても希望の値引き額に達しなかった場合は、検討してみるのもオススメです。

幸いアルトは、販売から時間が経っているため、新古車も多く出回っています。
(新古車を探したい方はグーネットの未使用車特集から探せます。)

アルトのグレードは4種類!基本情報や違いを紹介

ここからはアルトのグレードや基本的な情報をご紹介していきます。

先にグレードごとの比較を行うと、

  • 最上位グレードの「X」は装備が充実しており、キーレスプッシュスタートも唯一装備
  • スタンダードグレードの「S」は快適さと価格のバランスの良いモデル
  • 「L」は最低限の装備のみに絞った価格重視モデル
  • 「F」はシフト操作を自分で行いたい方向けのモデルで快適装備も必要最低限

ここからさらに細かく比較すると、室内は「X」と「L」が他のグレードに比べ55mm広いつくりになっています。

加えて上記の2グレードのみ運転席の高さ調整が可能です。

またタイヤサイズでは「X」のみが15インチで、ほかは13インチの設定です。

下記では具体的な数値での比較を行っています。
(そのため次のアルトのリセールバリューに進みたい方はこちらをクリック)

グレードSL
(スズキセーフティサポート装着車)
LF
(5AGS

スズキセーフティサポート装着車)
F
(5AGS)
F
(5速MT)
車名・型式スズキ・DBA-HA36S
駆動方式2WD
4WD
トランスミッションCVT5AGS5AGS5速MT
価格(税込表記)2WD:1,097,800
4WD:1,200,100
2WD:979,000
4WD:1,089,000
2WD:918,500
4WD:1,028,500
2WD:924,000
4WD:1,031,800
2WD:863,500
4WD:971,300
2WD:863,500
4WD:971,300
寸法・重量全長(mm)3,395
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,475
室内寸法:長さ(mm)2,0401,985
室内寸法:幅(mm)1,255
室内寸法:高さ(mm1,215
ホイールベース(mm)2,460
最低地上高(mm)155
車両重量(kg)2WD:650
4WD:700
2WD:620
4WD:670
2WD:610
4WD:660
性能JC08モード燃費(km/L)2WD:37.0
4WD:33.2
2WD:29.6
4WD:27.4
2WD:27.2
4WD:25.2
最小回転半径(m)4.2
燃料タンク容量(L)27
エンジン型式R06A型
種類水冷4サイクル直列3気筒
弁機構DOHC12バルブ吸排気VVTDOHC12バルブ
タイヤサイズ145/80R13 75S
快適装備エネチャージ×××
アイドリングストップ×××
デュアルセンサーブレーキサポート×××
誤発進抑制機能×××
車線逸脱警報機能×××
ふらつき警報機能×××
先行車発進お知らせ機能×××
ハイビームアシスト×××
後退時ブレーキサポート×××
後方誤発進抑制機能×××
キーレスプッシュスタートシステム××××××
電動格納式リモコンドアミラー×××××
運転席シートリフター×××××
リヤシートヘッドレスト×××××

※価格は、全て税込み表記となっております。

アルトのリセールバリュー情報

アルト リセールバリュー 情報

新車購入するときに気になる点としてリセールバリューがありますよね?
(次へ進みたい方はこちらクリック)

まず簡単にアルトのリセールバリューにランク付けすると下記になります。

アルトのリセールバリューランキング
1位4WDの「X」
2位4WDの「S」
3位4WDの「L」
4位4WDの「F」
5位2WDの「X」

正直にいうとアルトのリセールバリューはあまり高くありません。

それはアルトの中古車市場での流通量が多いためです。

しかしグレードが高くなるにつれてリセールバリューも高くなる傾向にあります。

そこでここからアルトのリセールバリューについての情報を年数ごとに分けて詳しくご紹介していきますね。

年式ごとのリセールバリューでは、新型アルトと同じ型式のアルトにて残価率を計算しています。

14年以前のモデルは現行のアルトとは違うモデルになるため、5年落ちまでの比較となっています。

さらにリセールバリューは、日産の下取りシミュレーションを元にしています。
下取り価格のため、若干リセールバリュー・残価率が低めに出ている可能性がありますので、ご了承ください。

リセールバリューの高いオススメのグレードは「X」

2WDに比べ4WD車の方がリセールバリューが高い傾向にあります。

またグレードも高くなるにつれてリセールバリューが上がる傾向が強いです。

そのため新型アルトでは「X」のグレードがオススメ。

快適装備や安全装備も充実しているため、アルトの「X」を限界値引きに近い価格で購入できれば、アルトで最もお得な買い物をしたことになりますね。

下記では年式ごとのリセールバリューをご紹介していきます。

1~2年落ちのリセールバリューは約40~50万円

1~2年落ちのリセールバリューではおおよそ40万円~50万円が下取り相場となっています。

一括査定サイトなどを使い買取店を競合させれば、もう少し高い買取額を引き出すことも可能だといえます。

下の表がグレード別の買取相場と残価率です。

ぜひ参考にしてくださいね。

グレード下取り相場(単位:万円)残価率(%)
X (2WD)33.5~43.529.6~38.4
X (4WD)42.0~52.034.4~42.6
S (2WD)28.0~38.028.~38.0
S (4WD)37.0~47.033.6~42.7
L (2WD)24.5~34.527.5~38.7
L (4WD)33.0~43.033.0~43.0
F (2WD)20.5~30.524.4~36.3
F (4WD)30.0~40.031.5~42.1

3年落ちのリセールバリューは約20~40万円

3年落ちになると、2WD車と4WD車のリセールバリューで差がひらきますね。

特に「F」の2WDのリセールバリューがかなり下がっています。

やはりアルトでは2WD車よりも4WD車の方がリセールバリューが高くお得なことがわかりますね。

グレード下取り相場(単位:万円)残価率(%)
X (2WD)22.0~32.019.4~28.3
X (4WD)31.5~41.525.8~34.0
S (2WD)17.0~27.017.0~27.0
S (4WD)26.5~36.524.0~33.1
L (2WD)13.0~23.014.6~25.8
L (4WD)22.5~32.522.5~32.5
F (2WD)8.5~18.510.1~22.0
F (4WD)18.5~28.519.4~30.0

参照元:日産下取りシミュレーション

5年落ちのリセールバリューは約10~25万円

5年落ちとなると、人気のあるアルトでもリセールバリューがかなり低くなってしまうようです。

このあたりから4WDの「X」と他のグレードのリセールバリューで価格差が大きくなってきますね。

豪雪地帯や坂道が多い地域では、基本的に4WDのリセールバリューが高い傾向にあるため、地域によってはさらにリセールバリューに差が生まれます。

グレード下取り相場(単位:万円)残価率(%)
X (2WD)12.5~22.511.0~19.9
X (4WD)21.0~31.517.2~25.8
S (2WD)7.5~17.57.5~17.5
S (4WD)16.0~26.014.5~23.6
L (2WD)3.5~13.53.9~15.1
L (4WD)12.0~22.012.0~22.0
F (2WD)0.5~10.50.5~12.5
F (4WD)10.0~20.010.5~21.0

参照元:日産下取りシミュレーション

7年落ちのリセールバリューは約5~20万円

今のアルトは、2014年に発売されたアルトのマイナーチェンジです。

つまり今のアルトは2014年より前のアルトとは別物になってしまいます。

7年落ちとなると、2012年式のアルトになるため、リセールバリューはあまり参考になりません。(2019年6月現在)

ただリセールバリューは最初の1年で大きく下がり、その後は緩やかに下っていくという特徴があります。

そのため7年落ちのアルトのリセールバリューは、5年落ちのリセールバリューと大きく差があるわけではないです。

予想ではありますが、7年落ちのアルトのリセールバリューは約5万円から20万円程度になると思われます。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

お得にアルトを購入する方法まとめ

軽自動車トップクラスの燃費性能と低価格で人気のアルト。

車両価格が低い分、値引き額も低めなアルトですが、お得に購入する方法もあります。

長くなってしまったので、最後にアルトの値引き額と限界値引きを引き出すコツをまとめておきますね。

新型アルトの値引き情報
車両値引き10万円
オプション値引き2万円~4万円
目標値引き額12万円
限界値引き額20万円

◯限界値引きを引き出すコツまとめ

  • 購入する時期を決算月やボーナスシーズンに合わせる
  • ライバル車種と競合させる(ミライース・キャロル)
  • 資本の違うスズキのディーラーで競わせる
  • オプション値引きを引き出す
  • 契約直前にガソリン満タンや端数カットのサービスを!
下取りよりも20万円以上高くなることも…!

下取りで安く買い叩かれ損したくない方は、まずは一括査定を申し込みすることがおすすめです。

一括査定では複数の買取店に買取価格を競わせるため、愛車が高値で売れる可能性がグンと高まります。 今一番人気の一括査定サービスがズバット車買取です。

申し込み段階でいくらが買取相場か教えてくれるため、下取り価格が高いか安いかの確認もできます。 申し込み無料、キャンセル料金も無料ですので気軽に利用できます。

まずは無料で買取相場を確認してみましょう。

\【無料】お試し査定OK/

>>ズバットはこちら

公式サイト:https://www.zba.jp/car-kaitori

カーセンサー

リクルートが運営する一括査定サイト。
大手企業が運営する安心感があります。
提携買取業者1,000社・一括査定依頼業者数300社と、どちらも業界最多です。

たくさんの業者に査定を依頼したいなら、カーセンサーがおすすめです。

ズバット車買取比較

日本マーケティングリサーチ機構の調査で3部門1位を獲得した人気の一括査定サイト。
利用者数100万人突破の、信頼できるサービスです。
入力後には6か月後の相場予想も表示されるので、売却時期の判断に役立ちます。

提携会社も比較的多めなので、じっくり検討したい方におすすめです。

ナビクル

利用実績460万人突破の信頼できる一括査定サイト。
簡単な車の情報を入力するだけで、最大10社で一括査定できます。
査定前に買取相場がわかるので安心です。

電話1本でキャンセルできるので、買取業者からの電話対応が苦手な方はナビクルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました