【Arbitrage】

裁定取引のこと。価格差により鞘取り(利益を得る)をしようとする取引。例えば異なる市場で同じ商品が流通している場合、商品に価格差が生じることがあります。その際に価格が高い市場で売り、価格が安い市場で買うことでリスクを背負わずに利益を得ることが出来る取引のこと。