お役立ち情報

無審査のカードローンは要注意!審査が欠かせない2つの理由を紹介

審査がないカードローンは存在しない!

「審査を通過できる自信がない、、、」
「無審査のカードローンがあるならそれを利用したい!」

カードローンの審査になんとなく抵抗があって、できることなら避けたいと感じている方もいるでしょう。

そこで、本記事では無審査のカードローンについて以下の内容について紹介していきます。

  • カードローンの審査内容
  • 無審査のカードローンは違法の可能性が高い
  • カードローンの審査に落とされてしまう原因
  • 審査が不安な方におすすめするカードローン
  • 違法になる融資の方法

最初に結論を述べると、無審査のカードローンは存在しません

この記事を読んでカードローンの審査に対する抵抗がなくなり、安全にお金を借りることができるように説明していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

無審査のカードローンはあるの?

カードローン会社が審査を行う2つの理由カードローンを利用するのであれば、申込者は必ず審査を受ける必要があるため、無審査でカードローンを利用することはできません。

カードローンの利用で審査が行われる理由は、申込者に継続して借りたお金を返済できる力があることを確認したうえで融資を行っているからです。

カードローン会社は返済しつづけられる人にしか融資をしないようにすることで、貸したお金が返ってこなくなる貸し倒れのリスクを軽減しているのです。

さらに、消費者金融の場合は賃金業法の総量規制という法律より個人年収の1/3を超える貸し付けをすることが禁止されています。

この総量規制は、申込者や利用者が自身の返済能力を超えた借り入れをしないために制定されました。

信用情報には、他社からの借入状況もすべて記載されているので、カードローン会社は総量規制を超えていないか必ず確認します。

銀行カードローンはこの賃金業法に当てはまりませんが、銀行各自で総量規制のように融資できる金額を制限しています。

そのため、借り入れのしすぎで返済困難になる多重債務者が減り、利用者の生活も安全に守られるようになりました。

このように、カードローン会社側のリスクを軽減するとともに、カードローン利用者の生活も守るために、審査が行われるのです。

カードローンの審査内容はどんなもの?

申し込みから融資に至るまでに、仮審査と本審査の2段階に分けて審査が行われます。

カードローン会社が行う仮審査と本審査の流れと内容は、以下のようになります。
ここでは、カードローンの審査について、仮審査と本審査の2つに分類して説明していきます。

審査段階 審査内容
仮審査 スコアリング
信用情報の照会
仮審査結果の回答
本審査 申込内容のチェック
必要書類の照合
在籍審査の実施

仮審査

まず、仮審査ではコンピューターによって自動的にお金を貸せる人か貸せない人なのか振り分けを行っています。

機械で入力された情報から判断しているため、審査時間は比較的短時間で終わります

仮審査の内容は、申込者の申込情報のデータを点数化するスコアリングをして、各カードローン会社が設定した審査基準を超えているか確認します。

このスコアリングの得点が高ければ高いほど返済能力が高いとみなされて、審査を通過できる可能性が高まります。

同時に、信用情報の照会をして申込者の信用履歴に問題がなければ、申込者宛に仮審査結果が通知されます。

本審査

本審査では、仮審査で入力した内容と申告した内容が正確に正しいかどうかを確認するために行われます。

仮審査を通過すると本審査に移り、カードローン会社の担当者が申込内容の再確認と必要書類の照合をして直接審査を行います

仮審査の申告が、必要書類の照合で正しいこと確認ができたら、申告した勤務先に申込者が在籍しているのかを確認する在籍確認の審査に移ります。

この在籍確認で申込者がきちんと申告した勤務先に在籍していることが確認できれば、すべての審査は終了します。

審査を受けるのに申込者が求められるのは、本審査で使う必要書類の提出と在籍確認の対応のみになります。

必要書類は本人確認書類の提出がで、状況に応じて収入証明書類の提出をしなければいけません。

申し込みのときに自身で必要書類の確認をすることが必要です。

また、在籍確認では安定した収入を得ているのか確認するために必要な審査なので、きちんと対応する必要があります。

このように、カードローンの審査で申込者がしなければいけないことは少なく、特別厳しいこともありません。

ただ、申し込んだ情報も信用情報に記載されるので、落ちてしまうと悪影響になってしまうことも把握しておきましょう。

無審査のカードローン会社は違法である

審査がないカードローンは闇金業者であるカードローン会社は先ほど説明した通り、必ず審査を行っています。

そのため、「無審査」や「審査が甘い」とアピールしているところは、国の許可を得ていない違法営業をしている闇金業者である可能性が非常に高いです。

もし、闇金業者から借り入れしてしまったとした場合、以下のようなリスクを追いかねません。

  • 法律で決められた金利以上の高金利で契約しなければならない
  • 闇金業者との関係が断てなくなる
  • 取り立てに悩まされる

闇金業者は、法定金利を無視した高金利で貸し付けをしようとします。
カードローンから借り入れをする際には、利息制限法が定められているため、20%以上の実質年利が設定されることはありません。

しかし、闇金は違法で営業していることから利息制限法が適用されず、年100%を超える金利での貸し付けを行っているのです。

そのような状況で借金の返済をし続けていても完済の目処が立たずに、闇金との関係が断てなくなるでしょう。

また、闇金業者を利用することで1番危険なのは強引な取り立てをされることです。
以下のような行為を闇金業者は当たり前のように行います。

  • 勤務先や実家への電話や訪問
  • 張り紙
  • 深夜や早朝の電話・訪問
  • 個人情報の漏洩

このように、家族や勤務先を巻き込んだ嫌がらせや生活に影響する過酷な取り立てで、精神的に追いこまれてしまうかもしれません。

そして、個人情報を漏洩されてしまうことで新たに犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるので非常に危険です。

どれだけお金を借りたくても闇金業者は利用しないようにしてください
怪しいカードローン会社の場合は、きちんと国からの認可を受けている業者なのか確認してから利用するようにしましょう。

カードローンの審査で落とされてしまう原因とは?

カードローンの審査に落ちる原因になり得る4つの原因過去に審査に落ちてしまった方や、ご自身の収入などに自信がないという方は、審査を通過するのは難しいと感じているかもしれません。
しかし、カードローンの審査は特別厳しいものではありません。

普段からクレジットカードを正しく利用していたり、審査にきちんと対応していたりすれば通過できる可能性は充分にあります。

それでも審査に落ちてしまう方は、何が原因と考えられるのかを説明していきます。

信用情報に傷がついている

信用情報は信用情報機関に保管されていて、カードローンの審査を行うときには必ず確認されています。

信用情報には、過去や現在のローンやクレジットの利用履歴に関する情報が記録されています。
また、過去に延滞したことや、信用力が落ちる行為をしたことなど
マイナスの情報もすべて記録されています。

マイナスな利用状況が信用情報に記録されていることを信用情報に傷がついているといわれます。

もし信用情報に傷がついてしまっている場合、返済能力がないと判断され審査に落ちやくなります。

信用情報から申込者の返済能力や信用力を確認できるため、傷がついているだけで審査落ちに繋がります。

信用情報は自身で確認することができるので、カードローンの申し込み前であればチェックしておくことをおすすめします。

複数社に申し込みをしている

カードローンの審査が通らなかったときの保険として同時に複数社に申し込んだり、審査に落ちてからすぐに違う会社に申し込んだりしている方もいるのではないでしょうか。

その場合、短期間に複数の金融機関に審査に申し込んだことにより、申し込みブラックという扱いで審査に通りづらくなっている可能性が高いです。

信用情報にはカードローンの申し込みの記録も記載されるようになっているため、カードローン会社はいつ、どこのカードローンに申し込んだのか把握することができます。

カードローンの申し込みの審査で信用情報は必ず確認されるため、申し込みブラックと判明した場合はすぐ審査に落ちてしまいます

申し込みブラックになる基準は明確にはなっていませんが、1ヶ月に3社以上を申し込むとそのように判断される可能性が高まります。

申し込みブラックにならないために、カードローンの申し込みは1ヶ月に申し込むのは2社までにして、同時に複数社に申し込まないようにしましょう。

もし、審査に落ちてしまったら申込日から6ヶ月後に申込記録が消えるようになっているので、時間を空けてまた申し込むようにしましょう。

収入が少ないけど高額の借入希望額を申告した

カードローンの申し込みでは、年収や借入希望額を申告します。
もし、収入に対して借入希望額が多すぎると返済不可能になる可能性が高いと判断されてしまうと、審査に落ちる可能性が高まります。

高額の融資をすることは、カードローン会社にとって貸し倒れになるリスクが大きくなるため審査に落ちやすくなります。

少なめの金額ほど審査に通る可能性を高くできるので、必要最低限の希望額を申告しましょう。

また、融資のルールとしてカードローンの利用者は個人年収の1/3までしか借り入れできないので、融資できる金額を超えている方やぎりぎりの方は審査に通りません

自身の年収や、他社の借り入れ状況を把握したうえで借入希望額を決めましょう。

在籍確認がとれない

在籍確認は申込者が安定した収入を得ていて、返済能力がある人なのかを判断するのに非常に大切な審査です。

在籍確認は申込審査の最終段階で行われることが多いので、きちんと在籍確認を受けることができたら、審査に落ちる可能性はほとんどありません。

裏を返せな、在籍確認をきちんと受けれなければ審査に通ることは絶対にないのです。
申込者本人が在籍確認を受けることがベストですが、勤務先の方が対応した場合に申込者が在籍している旨が伝わる対応をしなければいけません。

申込者が電話に出れない可能性が高いのであれば、事前にカードローン会社に相談しましょう。

また、電話以外の方法で在籍確認をしている場合もあるので、カードローンを選ぶときに在籍確認の方法について確認することをおすすめします。

審査が心配な方におすすめのカードローン

カードローンの審査に通過できるのかという不安や、審査で実施される在籍確認を無事に終えることができるのかが不安だという方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、全てのカードローンでは申し込み時の審査が必須となっていますが、カードローンによってはご自身が審査に対して抱えている悩itadakemasu.かもしれません

ここでは、カードローンの審査に対して不安がある方のために、それぞれ特徴が異なるカードローン3社をご紹介していきます。

アコム

アコム
即日融資
WEB完結
申込条件 20歳以上
安定した収入と返済能力を有する方
審査通過率 48.0%(2020/05時点)

無審査で融資しているカードローン会社は存在しませんが、自身が審査に通ることができるのかを確認した後に、申し込みができるカードローンがあります。

アコムのカードローンでは、公式サイトに3秒診断という借り入れ可能か簡単に確認できる簡易診断サービスが設置されています。

アコムの3秒診断は、年齢・年収・他社からの借入額の3つの基本情報を入力するだけで、アコムから融資を受けれるかを確認できる便利なサービスです。

もし、審査を通過できるか不安であれば、簡易診断で「お借入できる可能性が高いです。」という結果がでることを確認してから申し込みましょう。

しかし、3秒診断は借り入れを検討されるときの目安であり、必ずしも審査に通り契約できるわけではありません。

また、アコムは他のカードローンに比べて審査通過率が48.0%(2020年5月)と比較的高いカードローンとなっています。

この審査通過率であればおよそ2人に1人は審査を通過できているということなので、安心感をもって申し込めるのではないでしょうか。

審査に不安な方は、アコムの3秒診断で審査前の不安を解消してからカードローンに申し込みましょう。

アイフル

アイフル
即日融資
WEB完結
申込条件 満20歳以上~69歳までの方
定期的な収入と返済能力を有する方
審査通過率 40.1%(2020/05時点)

アイフルは、在籍確認の電話連絡が心配な方におすすめのカードローンです。

以前に在籍確認の電話連絡に対応できなかった方は、電話以外で在籍確認を行っているアイフルを選ぶことで審査に通過する可能性をあげることができます。

以下のようにアイフルでは在籍確認を電話以外で行っていること公言しています。

Q 在籍確認はありますか?

A 原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用元:アイフル「よくあるご質問

このようにアイフルでは、勤務先の電話連絡ではなく書類での確認方法をとっています。
そのため、職場にカードローンの利用がバレてしまう心配がなく、電話対応に不安がある方でも問題なく在籍確認を終えることができます。

ただし、在籍確認を書類で代替する際に提出する収入証明書等の準備が事前に必要になる点については留意しておきましょう。

また、アイフルには公式サイトやLINEから相談できる機能があるので、カードローンの審査や利用について疑問点がでてもすぐに質問できることは安心感に繋がるでしょう。

在籍確認の勤務先への電話連絡が不安な方は、アイフルの利用をおすすめします。

少しでも早く借りたい方にもオススメ!

プロミス

プロミス
即日融資
WEB完結
申込条件 年齢20歳以上
69歳以下のご本人に
安定した収入のある方(※)
審査通過率 46.0%(2020/05時点)

(※)主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みできます

プロミスのカードローンは、申し込んだその日にお金を借りたい方に向いているカードローンです。

プロミスは、最短15秒事前審査で結果を聞くことができ、最短30分融資を可能としています。
この融資までのスピードはカードローン中でもトップクラスです。

ただ、申し込みは24時間365日受け付けていますが、審査対応時間は土日祝日を含む9時~21時になります。

審査対応時間を過ぎた申し込みは、回答が翌営業日になるので注意が必要です。
そのため、即日融資を受けたいのであれば午前中など早めの時間に申し込みをすることをおすすめします。

また、プロミスは2020年オリコン顧客満足度調査でも1位を獲得していて、利用者からの評価の高いカードローンです。

この評価から、プロミスは充実したサービス内容を提供していて利用を始めやすいカードローンであることがわかります。

融資の速さを求める方は、ぜひプロミスの利用をおすすめします。

違法になってしまうお金の借り方とは?

絶対にしてはいけない2つの借入方法

審査がないカードローンは存在しないのであれば、カードローン以外にお金を借りる方法を考える方もいるでしょう。

しかし、法に触れてしまうお金の借り方もあるので気をつけなくてはなりません。
以下のことは違法になるため、絶対にしないようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化すること

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、ショッピングの利用枠を換金目的で利用することです。

方法としては、クレジットカードで買った商品を売却して現金を受け取ることやり方です。

ショッピング枠の現金化はクレジットカードの利用規約に違反しているので、クレジットカード会社にバレたら強制解約や一括返済を求められます。

また、代わりにショッピング枠を現金化する換金業者も存在しますが、闇金業者と関係ある業者がほとんどです。

闇金業者の被害にあわないためにも、使わないようにしましょう。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が設置されていて、キャッシング枠を現金化することは違反行為にはなりません

もし、現金が必要なのであれば、クレジットカードのキャッシングの登録をしてキャッシング枠を利用しましょう。

闇金を利用すること

闇金は違法業者だということを説明しましたが、闇金の利用者側であっても罪に問われる場合があります。

例えば、闇金業者に借金を返済することができないとなると、借金を解消するかわりに銀行口座を要求してくる場合があります。

そのときに銀行口座を渡してしまうと、闇金業者に犯罪利用ができる口座を渡したことになり犯罪収益移転防止法に違反しています。

加えて、銀行への詐欺罪も適用されるので、多額の罰金を払うことになってしまうでしょう。

さらに、同じように闇金業者は返済できない利用者の携帯を買い取ろうとしてくることがあります。

自分名義の携帯を売ってしまったら、携帯電話不正利用防止法違反や詐欺罪に問われて立派な犯罪になります。

もし闇金業者に銀行口座を渡したり携帯電話を売ってしまったら、闇金の共犯者という扱いになり逮捕されてしまいます。

また、違法な金利による融資は法律上無効で、借り入れしてしまったとしても返済する必要がありません。

むしろ借金を返済してしまうことで闇金業者の違法な契約を認めたことになるので、闇金業者が摘発されたら事情聴取を求められるかもしれません。

短期間の借り入れだとしてもいつの間にか犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるので、闇金業者は利用しないようにしましょう

ここでは、違法行為となってしまうお金の借り入れ方について紹介してきました。
これらの方法やカードローン以外に限らずとも、お金を借り入れる方法はまだまだたくさんあります。

下記の記事では、即日でお金を借り入れる方法について紹介しています。
お金を借り入れる方法について、より詳しく知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

カードローンの審査では嘘の申告はしてはいけない

カードローンでお金を借りるのであれば、いかなる理由であっても嘘はついてはいけません。

申し込み段階で嘘が判明してしまえば、信用できない申込者と判断されてすぐ審査落ちに繋がります。

また、カードローン会社が意図的に嘘の申告をしたと判断した場合、信用情報に虚偽申告者と記載されてしまう可能性が高いです。

信用情報にマイナスな情報が載ってしまうと、5年~10年は消えることはありません
そして、信用情報はカードローンだけでなく、他のローンを利用するときにも確認されるものです。

今後お金が必要になっても金融機関から借り入れできる可能性は低くなってしまうので、嘘はつかないようにしましょう。

下記の記事では、カードローンの審査で行われる在籍確認で嘘をつくことについてより詳しく紹介しています。
下記の記事をご覧いただければ、カードローンの審査で嘘をつくことのリスクについて、より詳しく理解いただけます。

カードローンの審査を受けて安全にお金を借りましょう

無審査のカードローンについて以下のように説明しました。

  • 無審査のカードローンは存在しない
  • カードローンの審査は煩わしいものではない
  • 無審査のカードローンの場合は違法業者である
  • カードローンの審査で落とされてしまう原因
    • 信用情報が傷ついている
    • 複数社も申し込みをしている
    • 収入が少ないけど借入希望額が多い
    • 在籍確認がとれない
  • 審査が不安でも対応できるカードローンは消費者金融が多い
  • 違法になってしまうお金の借り方
    • クレジットカードのショッピング枠を現金化すること
    • 闇金を利用すること
  • カードローンの審査を通過するためには嘘の申告をしない

カードローンの審査は、カードローン会社と利用者が安全安心にお金を貸し借りするために行われるものであるため、安定した収入があれば申込者が変に構える必要はありません。

そのため、審査に通るか不安だからと嘘の申告や違法の融資をして危険な目に合う前に、申し込みの対策をしましょう。

もし、カードローンの審査に落ちてしまうのであれば、融資できない理由があるのであって原因を解決しない限り、どのカードローンに申し込んでも審査に通ることはありません。

ズルや騙してカードローンを利用していてもデメリットのほうが多いため、カードローンを利用するのであれば正しく使うようにしましょう。

また、下記の記事では比較.comがおすすめしているカードローン10社を7項目で比較し、ランキング形式でご紹介しています。

今回ご紹介したカードローン会社以外のカードローンもあわせて検討したいという方は、ぜひこちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。