借り入れ

カードローンのおすすめの使い道とは?利用時の注意点も紹介!

カードローンは自身に合った使い道で利用しよう!

「カードローンの使い道って限られているの?」
「カードローンを利用している人はどのような使い道で使っているの?」

カードローンを初めて使う方は、利用目的について様々な疑問や不安があるのではないでしょうか。

本記事では、カードローンの使い道について以下にまとめて説明していきます。

  • カードローンは限られた使い道でしか利用できないの?
  • カードローン利用者の実際の使い道は?
  • カードローンの使う道で注意すべき点はある?
  • カードローンとその他のローンの違いは何?

ご自身に合った使い道でカードローンを利用するためにも、ぜひ、最後までご覧ください。

カードローンの使い道は限られている?

カードローンは住宅ローンやマイカーローンのように目的別ローンではないので、使い道は一切限られていません。

また、カードローンに申し込むときに使い道を調査されることもありません。

利用限度額内での借り入れを行い、毎月の返済日までに最低返済額以上の金額を返済するルールを守る必要はありますが、それ以外は自由に利用することができます。

カードローンはどういった時に便利なの?

カードローンは使い道が決められていないからこそ、それぞれの利用者の状況に合った方法で利用されています。

下記はどういった時にカードローンが便利に働くのかを例として挙げています。

  • 生活費不足
  • 急な出費
  • 欲しいものが今すぐ買いたい
  • 冠婚葬祭
  • 趣味の資金不足
  • 医療費
  • 就活
  • 入学手続き

上記の例の中でも、冠婚葬祭の中のお葬式、医療費などは予想をしないタイミングで高額の出費が必要になり、どうしても事前にお金を準備できないような事態に陥ることもあります。

そういった時に即日で審査や融資を行っているカードローンを申し込むか、以前から利用しているカードローンの借入残高に余裕があれば、焦ることなく即座に対応することができます。

また、やむを得ない時の緊急の解決方法だけがカードローンの使い道ではありません。

必需品ではないとしても趣味や普段の生活でお金が必要な場合や、普段よりも出費が一時的に増えてしまう場合であっても、カードローンを助け舟として利用することができます。

利用者はどのような用途でカードローンを利用しているの?

実際にカードローンの契約者がどういった用途で利用しているのかをご紹介します。

日本貸金業界が2016年に行った調査の”借り入れ申し込みを行った際の資金調査”を抜粋しています。

(画像はクリックまたはタップで拡大表示できます。)

カードローンの資金使途

参考元:日本貸金業協会 「資金需要者等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告
(データ基準日:2016年10月28日)

グラフを見ると、趣味や娯楽としてカードローンを利用している人が圧倒的に多く、約30%を占める結果となっています。

次に多いのが食費の16.3%及び家賃支払いの13.8%で、生活費の一部としてカードローンを利用している人も多くいるということが分かります。

その他はほぼ横ばいとなっており、生活費のための借り入れから、自動車の購入やリフォームなどの高額の出費のための資金繰りなど利用者によって様々であることもわかります。

カードローンの使い道についての注意点

カードローンの使い道は自由で、ご自身に合う方法で利用することができることは非常に大きなメリットではありますが、一歩間違えてしまうと大きなリスクを負うことにつながってしまうかもしれません。

ここでは、カードローンの使い道に関する注意点についてご紹介していきます。

借金返済として使ってはいけない

すでに借金をしている人が、その借金を返すためにカードローンに申し込みをすることがあります。

借金を返すために新たな借金をしてしまうと、結果として多重債務に陥りやすくなってしまいます。

1つの借金を返済することができれば、一時的には時間稼ぎができるかもしれません。
しかし、返せなくなった会社の借金を他の会社でお金を借りて返済しても、実際の借金額は減っていません。

むしろ、返済残高は減らずに利息が膨らんでいくことで返済総額は増加していきます。

最悪の結果としては、最後には債務整理を行うしか手段が残されないような状況まで追い込まれてしまうかもしれません。

カードローンを利用するときの目的として、借金の返済のためには絶対に利用しないようにしましょう。

ギャンブルのために借り入れない

カードローンの使い道は原則自由とされているため、ギャンブルを目的としたカードローンの借入は禁止されていません。

実際の利用者の中にもギャンブルのためにカードローンを利用している方もいます。

しかし、カードローンで借り入れたお金をギャンブルで使い果たしてしまい、再度お金を借りてギャンブルをするようなことを繰り返しているうちに借金は高額になっていきます。

カードローンは借りることが簡単で便利だからこそ、借金をしている実感が湧きにくい点には注意が必要です。

基本的にはギャンブルとしてのカードローン利用はオススメできませんが、利用するのであれば、借り入れ金額や返済についてはしっかりと管理するようにしましょう。

事業の資金としての借り入れはできない場合がある

カードローンの使い道は自由となっていますが、会社によっては例外として事業性資金としての借り入れをすることができません。

理由としては、消費者向けカードローンとして融資することと、事業者向けカードローンとして融資するのでは審査内容が大きく異なることが挙げられます。

そのため、カードローンの申し込み条件に「事業性資金を除く」と表記されているカードローン会社がほとんどです。

もし、事業性資金としてお金を用意したい場合は事業性資金専用のビジネスローンを利用しましょう。

ビジネスローンを利用する場合、審査の流れとしてはカードローンと同じのものが多いですが、大きな違いとして審査に必要な書類が増えます。

一般的に、カードローンの審査では本人確認書類と収入証明書類の2つを用意します。

しかし、ビジネスローンではそれらの書類に加えて事業計画書や資金繰り表、経営状況申告書が合わせて必要になります。

これらの書類は事業の状態や今後の状況を把握するもであり、事業性資金用ローンだからこそ必要になります。

カードローンを取り扱っているカードローン会社がビジネスローンを取り扱っていることも多々あるので、事業性資金としてカードローンを利用する前にビジネスローンの利用を検討してみてください。

以下の記事ではおすすめのビジネスローンを7社で比較しています。
利用を検討している方はぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

生活費として借り入れると延滞のリスクが上がる

カードローンは、結婚式や入学費用など一時的に明確な理由のために必要な資金のための借入であれば問題ありません。

しかし、日常的に生活費の一部として使い続けると返済遅延のリスクが高くなります。

日常的に不足している生活費を補うために、カードローンを利用していると借金に対する抵抗がなくなります。

結果としてカードローンでの借入額が徐々に増えてしまい、毎月の返済を行うことができなくなってしまうと延滞してしまう可能性があがります。

生活費の一部としてカードローンを利用している方は多くいますが、期間を定めずに利用するのではなく、利用する期間や金額などを事前に決めてから活用することをオススメします。

また、下記の記事ではカードローンのリスクについてより詳しく紹介しています。
事前にカードローンではどういったリスクが生じるのかを知っておくことで、対策しながら安心して利用することができます。

ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

カードローンとフリーローンは何が違うの?

カードローンとフリーローンの違い

フリーローンとは、自由に使えるローンのことで借入金の使い道に関係なく利用できます。

使い道の面では、カードローンと同じようなサービスに見えるフリーローンとカードローンでは何が違うのでしょうか。

ここでは、カードローンとフリーローンの違いについて紹介していきます。

サービスを扱っている会社

フリーローンは、主に行で取り扱われているサービスです。

銀行の他にも、一部の信販会社やクレジットカード会社でもサービスを提供しています。

カードローンは、銀行だけでなく信販会社やクレジットカード会社、消費者金融業者などがサービスを提供しています。

フリーローンとカードローンそれぞれ運営会社の例をご紹介します。

カードローン サービス名 運営会社
楽天銀行カードローン
スーパーローン
銀行
アイフル
キャッシングローン
消費者金融
プロミス
フリーキャッシング
消費者金融
フリーローン サービス名 運営会社
三井住友銀行 フリーローン 銀行
関東信販 フリーローン 信販
イオン銀行 フリーローン 銀行

借り入れ回数・必要な審査

フリーローンの借入は契約書に基づいて借入金額や金利、返済金額を事前に決めてから融資されます。

そのため、契約ごとに借入できるのは1回までになります。

もし、追加でお金を借りたい場合は再度、審査を受ける必要があります。

また、フリーローンは過去に利用したことがあっても審査が簡単になることや、融資までにかかる時間が短縮することはありません。

一方で、カードローンは契約時に決められた利用限度額内であれば、いつでも何度でも借り入れできます。

例えば、借入限度額が100万円であるとして、「20万円ずつ5回に分けて借り入れる」「10万円を10回で借り入れる」というように、ご自身で利用額、利用回数を調節できます。

使い道は自由のため申告する必要もなければ、利用限度額内の利用であれば新たな審査の必要もありません。

返済期間の有無

基本的にフリーローンでは、返済期間は最長10年までと設けられています。
期限が決まっているので、長くても10年あればフリーローンで借り入れた金額を返済することができることは、利息が膨らむ心配がないということにもなります。

対して、カードローンは最低返済額を毎月支払うだけなので、完済までの期限を定めた返済期間というものはありません。

そのため、毎月最低返済額を支払っていれば、毎月の負担は小さくなりますが済が長期化するリスクがあります。

初めての方にオススメしたいカードローン3社を紹介

比較.comでは、2020年の8月にカードローンに関するアンケート調査を実施しました。

ここでは、そのアンケート調査をもとに初めてカードローンを利用する方にオススメの消費者金融2社と銀行カードローン1社をランキングでご紹介します。

アイフル

アイフル
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

し込みをした日に融資をしてもらえる!

アイフルでは原則来店不要で、WEBから24時間365日いつでもお申し込みできます。
さらにWEBで申し込みの場合、最短30分審査・1時間融資に対応しています。

アイフルは、申し込みから借入までが素早く、今すぐにお金が必要という方の力になってくれるカードローンです。

注意点として、申し込みの受付時間ギリギリでの申し込みや、混雑時の申し込みの場合は即日融資には対応できない可能性があります。

確実に即日融資してもらいたい場合は、早めの時間帯に申し込みを行いましょう。

また、アイフルではWEBで申し込みの後にフリーダイヤル(0120-337-137)へ電話することで優先して審査をしてもらうこともできます。

受付時間は9:00~21:00の間となっており、早急にお金が必要な方は利用してみてください。

原則在籍確認の電話連絡なし!

在籍確認とは、申し込み時に提出した勤務先で申込者が本当に働いているのかを確認するための審査の一環です。

在籍確認は、カードローン会社の審査担当者が申込者の勤務先の会社に電話をかけます。

そのため、カードローンの利用が会社にバレてしまうかもしれないという不安を持つ方も多くいます。

ほとんどのカードローン会社は、会社への電話で在籍確認を行いますが、アイフルでは原則在籍確認の電話の連絡はないことを明言しています。

アイフルのホームページでは、在籍確認の電話連絡を行わないことを下記のように記しています。

在籍確認はありますか?

原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用元:アイフル「よくあるご質問

注意点として、在籍確認の電話連絡が100%なくなるという訳ではありません。
加えて、在籍確認はカードローンの審査で必須であるため、追加の書類提出等の方法にて行われます。

もし、確実にアイフルに申し込んだときに在籍確認の電話をなしにしたい場合は、事前にフリーダイヤル(0120-201-810)で確認しておきましょう。

初回の利用なら30日間の無利息期間あり

アイフルでは、はじめて契約する方に最大30日間無利息で利用できるサービスを提供してます。

無利息となる期間は、契約日の「翌日」から30日間であり、契約日は日数に含まれません。
しかし、契約から借り入れまで日数1日でも無駄にしないためにも契約したらなるべくすぐに借り入れしましょう。

高額を借り入れる場合であれば、無利息期間内での完済は難しいかもしれません。
しかし、少額融資をしてもらうのであれば、この無利息期間内に完済してしまえば利息0円でお金を借りることができます。

少額での融資を希望していて、これまでアイフルを利用したことがない人は、アイフルの利用を検討してみてください。

少しでも早く借りたい方にもオススメ!

プロミス

プロミス
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

最短30分審査・最短1時間融資に対応

プロミスの申し込みから最短30分で審査結果を受け取れるだけでなく、最短1時間で借り入れることができるのは、カードローン会社のなかでもトップクラスに早いスピードとなっています。

今回ご紹介したアイフルの他、消費者金融の多くでは即日融資に対応していますが、確実に対応できるとは限りません。

もちろん、プロミスについても申し込みが完了した時間帯や、混雑しているタイミングでの申し込みによっては翌日以降の融資になってしまうかもしれません。

しかし、それでもプロミスが即日融資してもらえる可能性が最も高くなっています。

申し込みを行った当日に融資してもらうことを優先したいという方は、プロミスの利用を検討してみてください。

2020年顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位

プロミスは顧客満足度調査のノンバンクカードローンの部門で総合1位を獲得しています。

プロミスは総合1位だけでなく、借入条件・金利・借り入れサポート・返済サポートの4項目でも高い評価を受けています

また初めての利用でも親身に対応してくれてサービス内容も充実していることから、カードローンを初めて利用する方にも安心してご利用いただけます。

スマホATMならカードレス&原則24時間借り入れ・返済できる

プロミスのスマホATMを使えば、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで、スマホだけで現金の借入れ、返済をすることができます。

利用の仕方は、アプリでセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMに表示されるQRコードを読み込み、アプリに表示されるワンタイム暗証番号などの操作を行うだけです。

また、スマホATMなら24時間365日お取引できます。

ローンカードがないことから、ご家族などにカードローンの利用をバレる心配がない上に、スマホ1つで借り入れができるので緊急時にも即座に対応することができます。

楽天銀行スーパーローン

カードローンの種類 銀行
実質年率 1.9%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
申し込み条件 ・20歳~62歳
・安定収入がある
・日本に居住している
・保証を受けることができる
収入証明書類 審査結果により必要な場合あり
即日融資 ×
WEB完結
担保・保証人 不要

楽天銀行の銀行口座がなくても利用可能!

銀行カードローンの多くでは特定の銀行口座を用意することを利用条件としています。

そのため、銀行口座の開設の後にカードローンの申し込みを行うと融資してもらうまでにはかなり時間がかかってしまいます。

しかし、楽天銀行カードローンは楽天銀行の口座がなくても申し込み、利用ができます。

楽天銀行では、パソコン・携帯から簡単な手続きでいつも利用している口座に振込可能です。

また、このときの振込手数料は無料となっている点も大きなメリットです。

楽天銀行の口座であれば24時間即時に振込可能ですが、他の銀行を登録した場合であっても23:50~0:10以外は当日の振込をしてもらうことが可能です。

スマホ1つで申し込みができる

楽天銀行スーパーローンでは、スマホを使ってWEBページや楽天銀行アプリからカードローンの申し込みができます。

スマホでの申し込みなら、手間がかかる申込書類や郵送は一切不要です。

さらに楽天会員の方は申し込み時に「楽天IDを使って申し込み」を選択すると、入力項目を減らして簡単に申し込みできます。

また、申込後に提出する本人確認書類も楽天銀行アプリから提出できます。

インターネットからのカードローン申し込みは流れは以下のようになります。

ステップ 対応者 内容
1 申込者 申し込みフォームから必要事項を記入
2 楽天銀行 /
申込者(在籍確認)
受付完了メール配信
審査実施(在籍確認込み)
3 楽天銀行/申込者 審査完了後、契約内容を電話にて確認
4 申込者 3にて案内された必要書類を送付
5 楽天銀行 手続き完了後にローンカード発行
6 申込者 必要に応じて口座振替依頼書を送付

申し込みから審査完了までのステップは非常に簡潔で簡単に申し込みを行うことができます。

申込者が申し込みを行った後に必ず必要な対応も、在籍確認・審査完了後の電話対応・必要書類の送付の3つだけとなっています。

入会で楽天スーパーポイント1000ポイント獲得

楽天スーパーローンに申し込みし、無事に契約ができると楽天スーパーポイントを1000ポイントもれなく獲得することができます。

楽天スーパーポイントとは、「貯まる・使える・交換できる」非常に便利なポイントサービスとなっています。

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で使用することができ、ショッピングや旅行などでも利用することができます。

普段から楽天が提供しているサービスを利用している方にはかなりオススメの特典となっています。

また、この特典は、申し込み時に「楽天会員情報を引き継いで申込された方」または「楽天スーパーポイント口座を登録された方」が対象となります。

カードローンの使い道に関するQ&A

カードローンの使い道について良くあげられる質問を紹介します。

使い道で嘘をつくとどうなる?

基本的にカードローンの使い道を申し込み時に調査されることはありません。
しかし、最初のプランの相談したときに用途を聞かれることは多くあります。

詳しく答える必要はないですが、大体の用途が決まっている場合は事実を伝えましょう。

また、利用者の返済遅延や多重債務が発覚した場合は、カードローン会社はカードローンの用途を調査することが認められています。

既に延滞や多重債務から信用を失っている状態のため、嘘を重ねてしまうと強制解約や一括返済などの対応に追い込まれてしまうかもしれません。

カードローン会社からの使用用途の調査があったときは、嘘をつかないようにしましょう。

目的型ローンとカードローンは何が違う?

カードローン以外のローンの多くは、自動車や不動産の購入や教育用に用途が限定された目的別ローンです。

目的別ローンは自動車やマンションなど購入時に必要な資金を借り入れ、その後は分割で返済をしていきます。

そのため、返済の途中で追加の融資を受けることは原則出来ないとされ、指定された目的以外に借入金を使うことも出来ません。

そして、目的別ローンは購入したものを担保とすることで、比較的に高額の金額を借りれる商品が多く、返済期間は5年以上と長いことが特徴になります。

対して、カードローンは個人の信用によって無担保で融資が受けられるものです。

担保がない分、目的別ローンより少額で、金利も比較的高くなっています。

使い道が自由以外のカードローンのメリットはある?

カードローンのメリットは、使い道の自由さ以外にも以下のようなものが挙げられます。

  • 担保・保証人要らず
  • いつ・どこでも借り入れ可能
  • コンビニATMでも利用できる

カードローンは申し込み者個人の信用によってお金を借りることができるため、担保や保証人を事前に準備する必要がありません。

また、カードローンはコンビニのATMから借り入れができることも多いため、いつ・どこででも借り入れをすることができます。

また、カードローンによっては24時間365日取り引きを行うことができます。

カードローンの使い道についてのまとめ

本記事では、カードローンは使い道について以下の内容を紹介してきました。

  • カードローンは日常の費用のサポートに役立つ
  • カードローンの使い道にしてはいけない注意点4つ
    • 借金返済のための利用
    • ギャンブルのための利用
    • 事業性資金の場合はビジネスローンを利用
    • 生活費としての日常的な利用
  • おすすめのカードローン3社
    • アイフル
    • プロミス
    • 楽天銀行スーパーローン
  • カードローンとフリーローンの違いは3つ
    • サービスを扱っている会社
    • 借入回数と必要な審査
    • 返済期間の有無
  • カードローンの使い道が自由以外のメリットは借入れ、返済が何回でもでき、無担保で利用できること

カードローンのメリットの1つである使い道についてまとめましたが、使い道を決められていない分、無計画に使用すれば返済できなくなるリスクがあり、責任が大きくなります。

依存しすぎず、あくまでサポートとしてカードローンを利用できるようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また、下記の記事では、本記事で紹介したカードローンを含めたカードローン10社をランキング形式で紹介しています。

ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

この記事の監修者

定盛 秀俊

さだもり ひでとし

定盛 秀俊

ホームページ:https://www.sadamori-fp.com/

金融機関・信販会社で学んだ与信、トラブル案件処理のノウハウに、
不動産業務・保険業務の実践的な経験を加味しFP業の核としている。

学生から年配の方まで、わかりやすいアドバイスと情報の提供を心掛けている。
一味違った問題提起と解決策を念頭に、相談業務、執筆、講演を積極的に行っている。