その他金融サービス

オススメのおまとめローン30社を比較&ランキング形式で紹介!【2020年最新版】

おまとめローンのおすすめ比較ランキング

「他社借り入れが多いけどスッキリさせたい!」
「おまとめローンを組むなら、どこがおすすめ?」

複数のローンを抱えていると、返済が面倒で負担も多くイヤになりますよね。
そんな方におすすめしたい、借金を一本化するおまとめローンについて解説します。

  • おまとめローン30社を7項目で比較!
  • おまとめローンおすすめランキングBEST5
  • おまとめローンの基本情報
  • おまとめローンの5つの注意点

おまとめローンは失敗するケースもあり、気をつけておくべき点が多いです。
逆にいえば注意点を知っておすすめ業者に申し込めば、成功する確率は高まります。

本記事を参考におまとめローンを成功させて、スムーズな完済を目指しましょう

おまとめローンならプロミスです!
プロミス

実は消費者金融の大手であるプロミスではおまとめローンを利用できます。
しかも、プロミスでは最短即日のおまとめも可能です。

返済日を4つの候補から選ぶことができ、全国にあるATMで返済できるので
無理なく返済することもできます。

Contents
  1. おまとめローン30社を重要7項目で比較した結果
  2. 2020年おまとめローンおすすめランキングBEST5!
    1. プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」
    2. アイフル「かりかえMAX」
    3. 東京スター銀行おまとめローン
    4. オリックスVIPフリーローン
    5. しずぎんフリーローン
  3. おまとめローンの基礎知識
    1. おまとめローンで返済しやすくなった例
    2. おまとめローンの種類
  4. おまとめローンに申し込む前に知っておくべき5つのこと
    1. ①金利が確実に減ることを確認しておく
    2. ②すべての他社借り入れがまとめられないことがある
    3. ③他社への完済は自分でする場合がある
    4. ④返済額を抑えすぎると完済が延びてしまう
    5. ⑤債務整理のほうがベターな場合がある
  5. おまとめローンについて5つのQ&A
    1. Q1. ろうきんにもおまとめローンがあるって聞いたんだけど…?
    2. Q2. 貸金業法に基づくおまとめローンの審査は甘いの?
    3. Q3. おまとめローンの在籍確認はどうなるの?
    4. Q4. おまとめローンの利用中に増額ってできないの?
    5. Q5. 闇金の借り入れは闇金でおまとめローンを組むのもアリなの?
  6. おまとめローンで返済がラクになる!注意点を知ってから申し込もう!

おまとめローン30社を重要7項目で比較した結果

おまとめローンとしての商品を30社ピックアップしました。
選ぶ際に参考となる7項目で比較した結果は以下の通り。

※タップ・クリックすると拡大します。

おまとめローンのおすすめ比較ランキング

おまとめローンは、大まかに3つの軸から選ぶことになるでしょう。

  • 「早くまとめたいから、金利よりも審査スピードで優先して選ぶ!」
  • 「時間がかかってもいいから、負担軽減につながる金利の低さで選ぶ!」
  • 「地元のよく利用する銀行口座があるから、慣れ親しんだ銀行で選ぶ!」

まず考えるべきは、おまとめするまでの早さと金利の低さのどちらを優先するか
よほどの事情がない限りはおまとめローンの特性上、金利の低さを優先すべきです。

銀行のおまとめローンは低金利ですが、対応エリアが限定される場合があります。
全国対応でも口座開設が必須であるため、手間や時間がかかってしまうことも…。

ただし地方にお住まいの方の多くは、メガバンク以外の地方銀行も利用していますよね。
地元の銀行の口座をもともと持っているのであれば、手続きが早い可能性もあります。

2020年おまとめローンおすすめランキングBEST5!

ピックアップした30社から、おすすめのおまとめローンを5つ厳選しました。

プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

実質年利6.3~17.8%
おすすめ
ポイント
審査時間は最短30分と普通のプロミスと変わりなし!
できるだけ早くおまとめしたい人にオススメ!
商品スペックの詳細はこちら

項目内容
利用限度額300万円
実質年率6.3%~17.8%
利用条件・20歳以上65歳以下
・安定収入がある
審査スピード最短即日
必要書類・本人確認書類
・収入証明書
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保
保証人
不要
口座開設不要
対応エリア全国

プロミスはSMBCグループの完全子会社。
代表的な大手消費者金融なので、安心しておまとめローンに申し込めるでしょう。

過去にはカードローンとしてのプロミスを利用していた方も多いかもしれません。
カードローンを一度の延滞もなく完済した方は、審査で有利になる可能性が高いです。
おまとめ総額がそれほど高くなければ、選択肢の中に入れてみてください。

最短即日でまとめられる!利用限度額の低さがスピードのカギ!

プロミスのおまとめローンの審査は最短即日で、申し込み当日のおまとめもOKです。
利用限度額は300万円と控えめですがその分、審査はスムーズにすすみやすいんですね。
申し込みを前向きに検討している方は、おまとめまでの流れを予習しておきましょう。

  • 申し込み
    (自動契約機・店頭窓口・電話)
  • 審査
    (仮審査・本審査)
  • 契約
    (自動契約機・店頭窓口・郵送)
  • おまとめ実行
    (プロミスが申込者の名前で他社に振込)

実際におまとめをするときは、プロミスが手数料0円で他社への完済を代行します。
自分で手続きする手間はないため、金銭的負担なくカンタンにおまとめ可能です。

返済日を4つから選べる!無理のない返済が可能

プロミスでは、返済日を以下の4つから選べます。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。

会社の給料日に合わせて返済日を調節できるので、延滞するリスクを大幅に減らせるでしょう。
(おまとめローンの返済額は高額になるはずなので、返済日が選べないと延滞のリスクが発生します。)

自動契約機は全国各地に多数配置!来店契約しやすい!

おまとめローンを利用する前には、来店による契約が必須の場合がほとんど。
来店できなければ郵送契約になりますが、この場合は1週間ほど契約が長引きます。

特に地方住まいだと、家の近くに店舗や自動契約機がないこともありえるんですね。
しかしプロミスの自動契約機の設置台数は、全国に957台(2020年2月現在)。

全国各地に設置されているため、地方であっても近所にある可能性が高いです。
プロミスのおまとめローンは、気軽に来店契約を選択できるといえるでしょう。

アイフル「かりかえMAX」

実質年利3.0%~17.5%
おすすめ
ポイント
現在の金利より月々の返済負担を軽くしたい方にオススメ!
銀行ローンリボ払いもおまとめOK!
商品スペックの詳細はこちら
項目内容
利用限度額800万円
実質年率3.0%~17.5%
利用条件・はじめて利用する
・満20歳以上
・安定収入がある
審査スピード最短即日
必要書類・本人確認書類
・収入証明書
・他社借り入れ条件など
の確認ができる書類
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保
保証人
不要
口座開設不要
対応エリア全国

アイフルは現在の金利より低い金利で、月々の返済負担を軽くできるおまとめローン。
貸金業者だけではなく、銀行ローンやクレジットカードのリボもおまとめOKです。

なおかりかえMAXは、アイフルの利用がはじめての方のための商品。
過去にアイフルを利用したことがある方は「おまとめMAX」に申し込みます。
かりかえMAXとおまとめMAXのサービス内容に違いはありません。

最短即日審査!一刻も早くまとめられる!

アイフルは消費者金融であるため、審査やおまとめまでの時間がスピーディー
さすがに最短30分審査とはいきませんが、以下のようになる可能性が高いです。

  • 午前中の申し込み→その日のうちに審査結果が届く
  • 午後以降の申し込み→最短で翌日には審査結果が届く

先述した通り、東京スター銀行おまとめローンの仮審査にかかる時間は最短3日。
東京スター銀行と比べてみると、アイフルの審査スピードの速さが際立ちますよね。
アイフルは口座開設の必要もないので、早く・手間なくまとめられるといえるでしょう。

また、下記の記事ではアイフルの審査について徹底解説しています。
審査に落ちやすい人の特徴や、審査に通るまでのポイントまで紹介していますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください!

アイフルの審査基準を解説!
アイフルの審査基準について解説!審査に落ちる人・通りやすい人の特徴も紹介!アイフルの審査は甘い?それとも厳しいのでしょうか?アイフルは何を基準に審査を行っているのでしょうか?今回はアイフルの審査について、審査通過率や、審査に通りやすい・落ちやすい人の特徴もご紹介していきます。即日融資を受けたい人にもコツを解説していきます。...

利用限度額は800万円!高額おまとめにも対応!

一般的に消費者金融(貸金業者)は、利用限度額が銀行より低めになりやすいです。
参考として、他の消費者金融のおまとめローンの利用限度額を確認してみてください。

  • アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」…利用限度額:300万円
  • プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」…利用限度額:300万円
  • サンワフィナンシャル「貸金業法に基づくおまとめローン」…利用限度額:300万円
  • キャネットおまとめローン…利用限度額:300万円未満
  • ノーローン「かりかエール」…利用限度額:400万円

これらに対してアイフルの利用限度額は堂々の800万円。
同じ大手消費者金融のアコムやプロミスよりも500万円高いことがわかります。
高額のおまとめを予定している方でも、安心して申し込めるでしょう。

100万円以上のおまとめなら確実に金利は年15.0%以下!

アイフルの最高金利は年17.5%と高めですが、おまとめ総額次第で金利は低くなります。
100万円以上になれば、金利は年15.0%以下になることは法律で決まっているんですね。
利息制限法で定められている上限金利を確認してみましょう。

  • 利用限度額10万円未満…上限金利:年20.0%
  • 利用限度額10万円以上100万円未満:上限金利:年18.0%
  • 利用限度額100万円以上:上限金利:年15.0%

公式サイトでは例として、おまとめ総額180万円で適用金利は年15.0%となっています。
アイフルではおまとめ総額が200万円以上で、さらに金利が下がる可能性が高いです。

東京スター銀行おまとめローン

実質年利実質年利:12.5%
おすすめ
ポイント
かなり高スペックなおまとめローン!
商品スペックの詳細はこちら
項目内容
利用限度額1,000万円
実質年率年12.5%
利用条件・満20歳以上65歳未満
・正社員か契約社員か派遣社員
・年収200万円以上
審査スピード仮審査に最短3日
必要書類・本人確認書類
・収入証明書
遅延損害金
(実質年率)
14.6%
担保
保証人
不要
口座開設必要
対応エリア全国

東京スター銀行おまとめローンは、高スペックのおまとめローン。
利用条件の中でも、雇用形態に具体的な条件があるのが特徴といえます。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員

年収条件は200万円以上ですが、これはクリアできる方は多いでしょう。
つまり雇用形態の条件さえクリアすれば利用できるチャンスは大きいです。
利用条件に当てはまっている方は、優先的に申し込みを検討してみてください。

適用金利は利用限度額に関係なく一律で年12.5%という低さ!

東京スター銀行おまとめローンは、おまとめ総額がいくらでも金利は年12.5%。
そのため審査にさえ受かれば、確実に利息負担が減るという方は多いはずです。
どのくらい利息負担が減るのか、3年で完済した場合でシミュレーションしてみましょう。

【おまとめせずに3年で完済した場合の利息】
A社(年18.0%):借り入れ残高70万円(利息総額:12万6,000円)
B社(年18.0%):借り入れ残高80万円(利息総額:14万4,000円)
C社(年18.0%):借り入れ残高90万円(利息総額:16万2,000円)
→利息総額は43万2,000円

【おまとめして3年で完済した場合の利息】
D社(年12.5%):借り入れ残高240万円(利息総額:30万円)
おまとめしない場合よりも利息総額は13万2,000円安い

あくまで目安ですが、ケースによってはさらにおトクになることも珍しくありません。
「現在はどれも最高金利が適用されている」という方は、利息負担が大幅に減ります。

利用限度額は最大1,000万円だから高額のおまとめにもラクに対応!

東京スター銀行おまとめローンの利用限度額は1,000万円と、業界トップクラスの高さ。
他社借り入れ総額が大きな方でも、まとめきれないというリスクは少ないです。

全額まとめられるかな…」と不安な方には、頼もしい利用限度額といえるでしょう。
(仮に東京スター銀行でまとめきれない場合はどこでも不可能の可能性が高い)

また東京スター銀行おまとめローンの返済額は、借り入れ残高によって変動。
月々の返済額の負担がどのくらい減るのか公式サイトから申し込み前にわかります。

  • 50万円:7,318円
  • 100万円:14,637円
  • 200万円:29,275円
  • 300万円:43,912円
  • 500万円:73,188円
  • 700万円:102,463円
  • 1,000万円:146,376円

参考としてプロミスの返済額は、借り入れ後残高が50万円のときは13,000円※。
(※カードローンとしてのプロミスの場合・おまとめローンでは設定する完済期間によって変わる

100万円のときは26,000円なので、負担がおよそ半分になるといえますね。
なお借り入れの日程次第では、返済額は上記よりも少なくなる可能性があります。

来店不要!申し込みから契約までWEB完結!

東京スター銀行おまとめローンの手続きは、スマホやPCで完結します。
わざわざ来店する必要がないため、周りに東京スター銀行がなくても安心です。
申し込みから実際におまとめするまで、以下のような流れですすみます。

  1. 仮審査の申し込み
    (申し込みフォームの入力・送信)
  2. 必要書類の提出
    (撮影した画像のアップロード)
  3. 本審査
    (仮審査で認めた返済能力の裏取り)
  4. 契約手続き
    (インターネットで手続き)
  5. ローン振込先登録
    (他社借り入れの情報入力)
  6. おまとめ実行
    (東京スター銀行が完済を代行)

東京スター銀行おまとめローンを利用するには口座開設が必須です。
(ただし東京スター銀行の口座はインターネットで開設できる)
本審査に入る前には口座を開設していなければいけないので、覚えておきましょう。

オリックスVIPフリーローン

実質年利実質年利:3.0%~14.5%
おすすめ
ポイント
銀行のおまとめローンに劣らないスペック!
年収400万円以上であればこちら!
商品スペックの詳細はこちら
項目内容
利用限度額800万円
実質年率3.0%~14.5%
利用条件・20歳以上65歳未満
・年収が400万円以上
審査スピード1週間程度
必要書類・本人確認書類
・収入証明書
遅延損害金
(実質年率)
19.9%
担保
保証人
不要
口座開設不要
対応エリア全国

オリックスVIPフリーローンは、貸金業法に基づくおまとめローン。
しかし銀行のおまとめロ-ンのようなスペックの高さを誇っています。

利用する上でネックになるのは「年収400万円以上」という条件。
東京スター銀行おまとめローンの年収条件の2倍の数字になっていますね。

ただしこれだけ具体的であれば、クリアさえすれば利用できる可能性は高いです。
また雇用形態の条件はなく、アルバイトでも稼いでいれば利用のチャンスがあります。

※他の消費者金融よりも金利が低いです。

最高金利でも年14.5%だから高確率で利息負担ダウン!

オリックスVIPフリーローンは、消費者金融の中でも金利の低さが突出しています。
参考として、他の消費者金融のおまとめローンの最高金利を確認してみましょう。

  • アイフル「かりかえMAX」…最高金利:17.5%
  • プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」…最高金利:17.8%
  • アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」…最高金利:18.0%
  • ノーローン「かりかエール」…最高金利:18.0%
  • サンワフィナンシャル「貸金業法に基づくおまとめローン」…最高金利:18.0%
  • キャネットおまとめローン…最高金利:20.0%

これらに対して、オリックスVIPフリーローンの最高金利は年14.5%です。
そのため他の消費者金融よりは、年3.0%~年5.5%もおトクになります。

返済シミュレーションで計画的な完済を目指せる!

オリックスVIPフリーローン公式サイトには、返済シミュレーションが用意されています。
いつでも手軽に利用できるので、計画的に完済するための手助けをしてくれるでしょう。
返済シミュレーションの入力項目・結果・利用例は以下の通り。

入力項目お借入希望額100万円以上800万円以内で入力
ご返済期間1年~8年から選択
お借入利率3.0%~14.5%から選択
ボーナス返済の比率0~50%から選択
シミュレーション結果毎月ご返済額
ボーナス時加算返済額
ご返済総額

入力項目を下記の通りにした場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

入力項目お借入希望額400万円
ご返済期間5年
お借入利率12.0%
ボーナス返済の比率10%

シミュレーション結果80,080円
54,347円
534万8,272円

数字通りになるわけではありませんが、完済までの道のりがイメージしやすいはずです。
年ごとの利用で借り入れの減少を確認すれば、モチベーションの維持にもつながります。

返済日は3つから選べる!返済額が減る可能性大!

おまとめローンを利用すると、一回の返済額は高額になるはずです。
そのため返済日が選べないと、延滞するリスクがあるので注意しなければいけません。
オリックスVIPフリーローンでは、返済日は以下の3つから選べます。

  • 毎月10日
  • 毎月20日
  • 毎月末日

会社の給料日に合わせて、必ず預金残高に一番余裕がある日を設定しましょう。
それだけで万が一にでも返済が遅れてしまう可能性は低くなります。

なおオリックスVIPフリーローンの返済方式は「元利込定額返済」。
借り入れ残高の減少に関わらず、毎月の返済額は完済まで一定です。

しずぎんフリーローン

実質年利4.5%~14.5%
おすすめ
ポイント
適用される年利は6通り!
最高金利がトップクラスに低い!
商品スペックの詳細はこちら
項目内容
利用限度額500万円
実質年率4.5%~14.5%
利用条件・満20歳以上70歳未満
・保証会社の保証が受けられる
審査スピード仮審査に最短3日
必要書類・本人確認書類
・収入証明書
・印鑑
遅延損害金
(実質年率)
公式サイトに記載なし
担保
保証人
不要
口座開設必要
対応エリア全国

しずぎんフリーローンは、静岡銀行のおまとめローンですが全国対応。
運転免許証があれば、静岡県に住んでいなくても申し込めます。
適用金利は6つにわかれており、最高金利でも年14.5%という低さです。

  • 年4.5%
  • 年7.0%
  • 年9.0%
  • 年10.0%
  • 年12.0%
  • 年14.5%

知名度は低いですが、高スペックのおまとめローンといえるでしょう。
穴場を狙いたいという方は、優先的に申し込みを検討してみてください。

申し込み・契約はインターネットで完結!

しずぎんフリーローンの手続きの流れはWEB完結。
申し込みからおまとめまで、大きくわけて4ステップです。

  1. 仮審査申し込み
    (インターネット・電話・郵送・FAX)
  2. 仮審査結果の連絡
    (申し込みから最短3日後)
  3. 正式申し込み・契約
    (インターネット・郵送・窓口)
  4. おまとめ実行
    (静岡銀行が指定口座に入金)

早さを重視するのであれば、インターネットから申し込んでください。
静岡銀行の口座なしでも、契約と同時にインターネット支店口座を開設できます。

他社への完済は静岡銀行が代行してくれるので、おまとめの手間はありません。
銀行のおまとめローンなのに、完全にWEB完結で済むのは大きな強みといえるでしょう。

アルバイトも利用できるチャンスが大きい!

しずぎんフリーローン公式サイトには「アルバイト・契約社員の方もOK!」の記載あり。
そのため正社員ではないからとって、即審査落ちするようなことはないといえます。

おまとめ額が300万円以下ならば、原則として収入証明書は提出しなくてもOK。
審査が甘いとはいえないですが、
他社と比較して審査はかなり柔軟といえるはずです。
この点からもアルバイトの方でも、利用できるチャンスは大きいといえるんですね。

それでもしずぎんフリーローンの審査通過が不安な方はいるでしょう。
公式サイトには借り入れ診断ツールが用意されているので、気軽に利用してみてください。
入力するのは「年齢」「前年度年収」「他社のお借り入れ状況について」の3項目。

【お借り入れ5秒診断の利用例】

  • 年齢:満30歳
  • 前年度年収:300万円
  • 他社のお借り入れ状況について
  • 銀行から:1件
  • 信販・流通系ローン会社から:1件
  • 消費者金融系ローン会社から:1件

    結果:「お借り入れ可能と思われます。

上記のような結果が出るのであれば、審査通過の可能性があります。
念のために、実際に申し込む際は事前に利用しておくのがおすすめです。

また、下記の記事ではおまとめローン以外のカードローンを含む30社のカードローン会社を比較し、おすすめカードローンTOP10を紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

おすすめカードローン30社を10項目で鬼比較!初めてキャッシングでお金を借りる人の最強指針!
おすすめカードローン10社を10項目で比較!初めての方のための最強指針!「カードローンには種類がありすぎて良く分からない…」という方に向けて、おすすめのカードローン10社を比較し、ランキング形式でご紹介します。特徴別で1番オススメなカードローンやカードローンに関する基礎知識もご紹介していきます!...

おまとめローンの基礎知識

おまとめローンは、複数の借り入れをまとめること。

おまとめローンとは、複数の借り入れをまとめるためのローンのこと。
借金を一本化することによって、以下のようなメリットがあります。

  • 適用金利が下がる
  • 返済先・返済日・返済方法が1つになる
  • 月々の負担が減る

つまり多重債務を完済しやすくするためのローンということです。
複数社から借りていて負担が大きい人は、優先的に検討すべきといえるでしょう。

なおおまとめローンしか取り扱っていないという業者はほとんどありません。
通常のカードローンとは別に、おまとめローンも提供しているという場合が多いです。

おまとめローンで返済しやすくなった例

おまとめローンでメリットを受けるケースを確認してみてください。

【おまとめ前】
A社(年18.0%):利用限度額50万円(借り入れ残高40万円)
B社(年18.0%):利用限度額50万円(借り入れ残高40万円)
C社(年17.8%):利用限度額50万円(借り入れ残高50万円)

【おまとめ後】
D社(年13.0%):利用限度額130万円(借り入れ残高130万円)

おまとめ前は各社は最高金利が適用されていて、返済先や返済日もバラバラ
利息負担が重い上に、返済方法によってはうっかり忘れによる延滞のリスクがあります。

おまとめ後は合算して高額になった利用限度額に合わせて金利は大幅に低下しました。
(適用金利は利用限度額ごとにあらかじめ決まっているのが一般的)
利息負担が軽くなって返済先や返済日は1つになり、返済しやすくなったはずです。

おまとめローンの種類

おまとめローンの種類

カードローンは大きくわけて「消費者金融」と「銀行系カードローン」の2種類。
消費者金融は貸金業法、銀行系カードローンは銀行法が適用されるんですね。
そのためおまとめローンもどちらが提供するかで、以下のように扱いが異なります。

  • 消費者金融…総量規制の「例外貸付け」に基づくおまとめローン
  • 銀行系カードローン…総量規制の対象外を利用したおまとめローン

総量規制とは、年収の3分の1超は融資できないとする貸金業法のルールのこと。
そのため消費者金融では原則として、年収の3分の1超の借り入れはNGです。

しかし貸金業法に基づくおまとめローンは、あくまで完済しやすくするための商品。
そのため年収の3分の1を超える融資を受けてもOKとしています。
また銀行は総量規制の対象ではなく、銀行法に総量規制のようなルールはありません。

おまとめローンの種類ごとの特徴

すべてに当てはまるわけではないですが、大まかに以下の特徴の違いがあります。

  • 消費者金融のおまとめローン…最高金利は高め・おまとめスピードが速い
  • 銀行のおまとめローン…最高金利は低め・おまとめまで時間がかかりやすい

早くおまとめしたい場合は、即日審査も可能な消費者金融への申し込みがおすすめ。
銀行は仮審査の結果が出るまでに数日かかるので、把握しておいてください。

ただし金利の大幅低下を目指す場合は、銀行への申し込みがおすすめ。
あくまで自分の目的に合ったおまとめローンに申し込むことが大切です。

おまとめローンに申し込む前に知っておくべき5つのこと

おまとめローンに申し込む前に知っておくべきリスク・デメリットがあります。

  1. 金利が確実に減ることを確認しておく
  2. すべての他社借り入れがまとめられないことがある
  3. 他社への完済は自分でする場合がある
  4. 返済額を抑えすぎると完済が延びてしまう
  5. 債務整理のほうがベターな場合がある

おまとめローンはリスクが高いので、慎重に完済の計画を立てなければいけません。
借金の一本化を必ず成功させるためにも、注意点をきちんと把握しておきましょう。

①金利が確実に減ることを確認しておく

おまとめローンを組むならば、おまとめ後に適用金利が下がるのが大前提
金利が確実に下がらないのでは、おまとめローンに申し込む意味はありません。

特に他社借り入れの中の1社で、低金利が適用されている場合は要注意です。
実際に東京スター銀行おまとめローンの公式サイトには以下の記載があります。

おまとめ後の返済状況によっては、おまとめしない場合と比較して利息の総支払い額が減らない可能性があります。特に、ご利用中のローンの平均お借り入れ金利が12.5%以下の方は慎重にご検討のうえお申し込みください。

おまとめ後のほうが利息負担が重いのであれば、おまとめローンは失敗です。
他社借り入れの加重平均金利が、おまとめローンの金利より高いことを確認しましょう。
(加重平均金利…条件を考慮して対応する重みをつけた平均金利のこと)

加重平均金利の求め方・計算例

加重平均金利の計算はそれほど難しくはありません。
他社借り入れの年間の利息総額の合計÷他社借り入れ総額」で求められます。
3社の他社借り入れがある場合の加重平均金利を計算例は以下の通り。

【他社借り入れ状況】

  • A社(年17.0%)…借り入れ残高:60万円
    →年間利息:10万2,000円
  • B社(年15.0%)…借り入れ残高:110万円
    →年間利息:16万5,000円
  • C社(年12.0%)…借り入れ残高:190万円
    →年間利息:22万8,000円

【加重平均金利の計算例】

  • 他社借り入れの年間の利息総額の合計:49万5,000円
  • 他社借り入れ総額:360万円
  • 加重平均金利:年13.75%

上記の他社借り入れ状況のケースでは、年13.75%未満でおまとめしないと損をします。
年12.5%の東京スター銀行おまとめローンであれば、おまとめは成功といえるでしょう。
貸金業者が提供するおまとめローンだと、損をする可能性が高いので注意してください。

②すべての他社借り入れがまとめられないことがある

ケースによっては、すべての他社借り入れをまとめられないことがあります。
A社・B社・C社のうち、C社がおまとめローンからはじかれるようなケースですね。
たとえばアイフルの公式サイトにある記載を確認してみてください。

現在、他社1社のみご利用の方も借り換えによりご返済負担を減らすことができます。ぜひご相談ください。
【注意】おまとめローンによっても、借入先がアイフル1社のみにならない場合もあります。

具体的にどんなケースでまとめきれないのかは記載なし。
まとめられないケースとしては、主に2つの場面が考えられます。

  • 他社借り入れ総額が利用限度額を上回っている
  • すべてまとめても完済できないと判断された

他社借り入れが利用限度額を超えても、超過分がまとめられるということはありません。
申し込み候補の利用限度額とおまとめ総額がほぼ同額という方は注意が必要です。

また審査で「まとめても完済はムリだろう」と判断されて中途半端な結果になることも…。
他社借り入れを一本化できないと、手間をかけて手続きした意味はほとんどなくなります。
交渉してもまとめきれないのなら、契約の辞退も視野に入れることになるでしょう。

貸金業者が商品によってまとめられる借り入れの種類が異なる

貸金業者のおまとめローンは、どちらに基づくかでまとめられる借り入れが変わります。

  • 貸金業法施行規則第10条の23第1項「第1号」に基づくおまとめローン
    →貸金業者以外の借り入れもまとめられる
  • 貸金業法施行規則第10条の23第1項「第1号の2」に基づくおまとめローン
    →貸金業者からの借り入れしかまとめられない

「第1号の2」の場合は、銀行系カードローンなどはまとめられません
紹介した貸金業者のおまとめローンの中で、注意すべきなのはプロミス。
プロミスは「第1号の2」しか取り扱っていないので、把握しておいてください。

③他社への完済は自分でする場合がある

契約完了後の他社への完済を、自分と業者どちらがするかは業者によって異なります。
先に紹介したおまとめローンの返済代行の有無を確認してみましょう。

  • 東京スター銀行おまとめローン…東京スター銀行が完済代行
  • アイフル「かりかえMAX」…申込者が完済
    (ケースによってはアイフルが完済代行)
  • オリックスVIPフリーローン…オリックス・クレジットが完済代行
  • プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」…プロミスが完済代行
  • しずぎんフリーローン…静岡銀行が完済代行

アイフルでは他社と異なり、基本的に自分で他社借り入れを完済します。
自分で完済する場合の注意点は、ズバリ「お金を他社の完済以外に使わないこと」。

おまとめのためのお金を勝手に浪費した場合は、強制解約されるので要注意。
また浪費した分も含めた借り入れの即時返還を求められるので、把握しておきましょう。

おまとめ後に新たに他社に申し込んではいけない

新たに借り入れを増やすと※、完済への計画が台無しになるかもしれません。
(※おまとめローンを組んだ後に新たに街金に申し込んでお金を借りるようなケース)

返済先が増えて延滞することにもつながるので、軽い気持ちでも融資を受けるのはNG。
そもそもおまとめローンを利用していることはわかるので、審査は大きく不利に働きます。

申し込んでもムダに審査落ちしてしまうので、自力でどうにかできないか考えましょう。
おまとめローンの完済までは借り入れを増やさず、返済に集中するようにしてください。

④返済額を抑えすぎると完済が延びてしまう

月々の返済額が減るのは、おまとめローンのメリットの1つです。
たしかに月々の返済負担が軽くなれば、生活はラクになるかもしれません。

しかしあまり返済期間を延ばすと、連動して最終的に支払う利息を増えることも…。
300万円の融資を受けた場合の最終的な利息を、完済期間にわけて見てみましょう。
なおおまとめローンの適用金利は年12.0%としています。

  • 1年で完済した場合…利息:19万8,556円
  • 2年で完済した場合…利息:38万9,290円
  • 3年で完済した場合…利息:58万7,145円
  • 4年で完済した場合…利息:79万2,072円
  • 5年で完済した場合…利息:100万4,000円

おまとめで金利が下がっているので、逆に返済額を増やせば増やすほどおトクになります。
お金に余裕がある限りは追加返済を活用して、どんどん完済期間を短くしてください。

⑤債務整理のほうがベターな場合がある

債務整理とは、合法的に借金を減額したり帳消しにしたりする手続きのこと。
おまとめローンと債務整理は、主に以下のような違いがあります。

  • おまとめローン…元金は減らない・信用情報に事故記録がつかない
  • 債務整理…元金が減る or なくなる・信用情報に事故記録がつく

2つはまったく違いますが、利用しようとしている方は選択を迷います。
たしかにおまとめローンの完済は、長期戦になるので精神的にキツいでしょう。
しかし債務整理をすると、以降5年以上はローンの審査に通らなくなるんですね。

迷っている方はまず、おまとめローンがただの時間稼ぎにならないか考えてみてください。
おまとめローンを組んでも返済が続かないようなら、債務整理を優先的に検討すべきです。

おまとめローンについて5つのQ&A

Q1. ろうきんにもおまとめローンがあるって聞いたんだけど…?

ろうきんとは労働金庫のことで、銀行と同様のサービスを提供する金融機関です。
しかし営利目的ではなく、労組や生協など会員が会員のために運営しています。

ろうきんのおまとめローンはかなりスペックが優秀です。
たとえば東北ろうきんのおまとめローンの金利は「年6.425%または年8.375%」。

最高金利が年10%未満という低さなので、できれば利用したいですよね。
ただし利用できるのは基本的に、団体会員や生協組合員に限られています

非会員でも利用できることもありますが、利用限度額が縮小されるケースが多いです。
逆にいえば団体会員であれば、優先的に利用を検討してみてもいいかもしれません。

利用条件は一般的なおまとめローンとほとんど変わらない

低金利のろうきんのおまとめローンでも、利用条件は厳しすぎることはありません
参考として、東北ろうきんの公式サイトに記載されている利用条件を見てみましょう。

当金庫に加入頂いている団体会員の方で、次の条件に該当する方

  • お申込時の年齢が原則として満20歳以上の方
  • 完済時年齢が満76歳未満の方
  • 勤続年数が1年以上の方
  • 安定継続した年収(前年税込年収)が150万円以上の方
  • 当金庫の審査基準を満たされる方
    ※ 詳細については、お取引店にご確認ください。

 

年収や勤続年数など具体的ではありますが、ほとんどの方がクリアできているはずです。
「問題なく完済できるだろう」と判断されれば、審査通過のチャンスは十分にあります。
なお東北ろうきんのおまとめローンの利用限度額は500万円です。

Q2. 貸金業法に基づくおまとめローンの審査は甘いの?

貸金業法に基づくおまとめローンは、以下のように定められています。

  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え

そのため見方によっては、法律が利用を後押ししているようにも思えますよね。
しかし貸金業法に基づくおまとめローンでも、審査が甘いということはありません

ただし利用条件を満たして信用情報にキズがなければ、審査通過のチャンス大。
紹介したおまとめローン30社の中で、アルバイトが利用できないのは1社のみでした。
このことからもわかる通り、審査が厳しすぎるということはないんですね。

なお学生の利用可否は商品によりますが、そもそも利用できないケースが多いです。
どうしても利用したい学生の方は、プロミスかアイフルに申し込みましょう。

おまとめローンを審査落ちした場合の対処法

おまとめローンの審査に落ちたときにとるべき対処法は主に3つ。

  • おまとめをあきらめて他社借り入れ各社の完済を目指す
  • 現状の返済を改善するために債務整理をする
  • 6ヶ月後に別のおまとめローンに申し込む

債務整理は帳消しにする自己破産だけではなく、元金を大幅に減らすものもあります。
事故記録はついてしまいますが、確実に完済するためには有効な手続きです。

おまとめローンは事故記録がつかないので、おまとめを諦めたくない方もいるでしょう。
審査落ちの事実は信用情報に6ヶ月間記録され、その間は他社審査は不利に働きます。
他社に申し込む方は、最低でも6ヶ月後に申し込むようにしてください。
なお再度申し込む際は、プロミスなど消費者金融のおまとめローンがおすすめです。

Q3. おまとめローンの在籍確認はどうなるの?

カードローンに申し込んだときに、在籍確認が電話だった方は多いかと思います。
おまとめローンの在籍確認も基本的に、申込者の勤務先への電話連絡です。
紹介したおまとめローンの在籍確認の手続きを見てみてください。

  • 東京スター銀行おまとめローン…勤務先への電話連絡
  • アイフル「かりかえMAX」…勤務先への電話連絡書類提出に変えられる可能性アリ
  • オリックスVIPフリーローン…勤務先への電話連絡
  • プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」…勤務先への電話連絡
  • しずぎんフリーローン…勤務先への電話連絡

上記の中ではアイフルだけが、書類での在籍確認にできる可能性があります。
どうしても勤務先の電話連絡がイヤな方は、アイフルに申し込みましょう。

勤務先への電話連絡でもバレない

勤務先への電話連絡でも、上司や同僚などにバレる心配はありません
カードローンと同じように、以下のような職場バレ対策がされています。

  • 非通知でかけてくる
  • 個人名でかけてくる
    (銀行は銀行名でかけることもある)
  • ローンの話はしない
  • 本人が出ても本人以外が出てもOK

在籍確認は重要な手続きですが、電話連絡はあっという間に終わります。
不安な方は「クレジットカードの在籍確認だった」という言い訳を用意しましょう。
借金というイメージは薄く、実際に在籍確認はあるため言い訳として使いやすいです。

Q4. おまとめローンの利用中に増額ってできないの?

おまとめローンを組む方は、資金に余裕がないことが多いです。
そのため利用中に金欠になった場合に、追加融資を受けられると安心ですよね。
しかしほとんどのおまとめローンは返済専用の商品として提供されています。

  • 消費者金融のおまとめローン(貸金業法に基づくおまとめローン)
    →「借入残高を段階的に減少させるための借換え」のため追加融資はNG
  • 銀行のおまとめローン
    →自主規制から追加融資に厳しくなった

消費者金融のおまとめローンは、法律的におまとめ後は返済しかできません。
銀行のおまとめローンは、過去には追加融資OKの商品も珍しくありませんでした。
しかし過去に過剰融資の問題が起こって以降、利用者の借りすぎに敏感になっています。

自主的に貸金業法の規制を取り入れるなど、融資のハードルは高くなっている現状です。
そのため現在では基本的に、追加融資や増額はできないと思ってください。

Q5. 闇金の借り入れは闇金でおまとめローンを組むのもアリなの?

闇金の借り入れを闇金で一本化するという方が増えているようです。
しかし闇金とは違法の金融業者のことで、法外に高い金利で利息負担は莫大に…。
闇金を闇金でまとめてもリスクがふくらむだけなので、
利用は考えないでください。

そもそも闇金の借り入れは返済する必要がないことが、過去の判例でも認められています。
とはいえただ返済せずにいるだけだと、危険な目に遭うことも否定できないんですね。
早めに以下の相談先に連絡して、やっかいな闇金の借り入れを整理しましょう。

  • 警察
  • 消費者生活センター
  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士会連合会

また最近はソフト闇金を名乗る違法業者が増えてきています。
ソフト闇金は公式サイトを用意して一見、街金のように見えるかもしれません。
しかし実態は闇金そのもので、年何百%という金利なので利用は絶対NGです。

おまとめローンで返済がラクになる!注意点を知ってから申し込もう!

多重債務をスッキリ一本化するならば、おまとめローンの利用が有効です。
今回はスペックが優秀なおまとめローンを5つご紹介しました。

  1. 東京スター銀行おまとめローン(銀行系)
  2. アイフル「かりかえMAX」(消費者金融系)
  3. オリックスVIPフリーローン(消費者金融系)
  4. プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」(消費者金融系)
  5. しずぎんフリーローン(銀行系)

東京スター銀行おまとめローンはおまとめ総額に関わらず年12.5%。
一律で変わらないため、おまとめが成功するかどうか事前に判断しやすいです。
正社員・契約社員・派遣社員であれば、優先的に申し込みを検討してみましょう。

とにかく急いでいる方は、アイフルかプロミスに申し込んでください。
午前中に申し込んでおけば、最短で申し込み当日におまとめできるかもしれません。
またおまとめ総額が100万円以上であれば、金利は確実に年15.0%以下になります。

年収が400万円以上であれば、オリックスVIPフリーローンもおすすめ。
ハードルが高めの条件なので、クリアしていれば審査通過のチャンスは大きいです。
消費者金融のおまとめローンで、年3.0%~年14.5%という低金利は魅力的といえます。

穴場を狙いたいという方は、しずぎんフリーローンもアリです。
口座開設は必須ですが、銀行ならではの年3.0%~年14.5%という低金利が強み。

ただし東京スター銀行やオリックスとは異なり、年収や雇用形態の条件はありません。
アルバイトでも利用できると公言しているので、多くの方に平等のチャンスがあります。

以上5社からあなたにピッタリのおまとめローンに申し込んでみてください。
実際に申し込む前にはもう一度、解説した注意点を確認しておきましょう。