プロミス

プロミスで即日融資受ける方法は?審査の流れやポイントについても紹介!

プロミスといえば、「パッと!ピッと!プロミス」のTVCMでおなじみですね。
そのキャッチコピーのとおりプロミスでは、スピーディーな借り入れが可能です。

「急な出費が重なって、今すぐにでも借り入れしたい…!」

そんな方には、プロミスの利用が特にオススメです。
この記事ではプロミスの即日融資について、以下の内容をメインに解説していきます。

  • プロミスの即日融資と審査対応時間
  • プロミスの審査基準
  • プロミスで即日融資を受ける流れ
  • プロミスで審査に通過するためのコツ

まずはプロミスの審査に受からなければ、即日融資はおろか借り入れはできません。
審査通過のコツをしっかりと把握して、プロミスの申し込みのステップに進みましょう。

プロミスで即日融資を受けられるリミットは何時まで?

プロミス
プロミスで即日融資を受けるためには、20時までに申し込みを済ませる必要があります。

  • プロミスの審査対応時間…土日祝日を含む9時00分~21時00分まで
  • プロミスの審査にかかる時間…最短30分

申し込み自体は24時間365日受け付けていますが、審査対応時間は別です。
審査対応時間が終了してからの申し込みは、回答が翌営業日になるので注意しましょう。

また審査そのものが、対応時間内に完了できない場合も同様になります。
審査にかかる時間を逆算して、申し込みを完了させましょう。

仮に審査に通過できたとしても、そこで安心してはいけません。
プロミスで即日融資を受けるためには、当日中に契約が完了させる必要があります。

プロミスの審査は最短30分、プロミスの契約手続きもまた最短で30分かかります。
最短1時間と想定した上での「20時までの申し込み」は、リミットとしてはギリギリです。

可能であるならば、申し込みはなるべく早めに済ませておくことをオススメします。

プロミスで最速で即日融資を受ける流れ

プロミスで即日融資を受ける上で、最速で進められる手順があります。
ムダなく最速で即日融資を受けるために、以下の流れで進めていきましょう。

  1. インターネットから申し込みをする
  2. 審査が開始される
  3. 必要書類を画像アップロードにて提出
  4. メールの案内に従って契約手続き
  5. 会員ページから振込申請をする

プロミス公式サイトから「今すぐお申込み」

プロミスに申し込むには、以下5通りの方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 無人契約機
  • サービスプラザ(店頭窓口)
  • 郵送

この中でもっともオススメなのが、インターネットからの申し込みです。
選択肢の中で唯一、24時間365日受付に対応しています。

つまり他と比べ、待ち時間によるタイムロスを最小限に抑えられるのです。
プロミスで最速で即日融資を受けるための、最適な選択肢といえますね。

ただし最速への一歩をムダにしないためにも、情報の入力は正確に行うことが重要です。

もし情報に不備や虚偽の内容があった場合、審査は長引いてしまいます。
確認や修正に時間を取られ、即日融資に間に合わなくなる場合もあるので要注意です。

24時間365日受付だからこそ、事前にしっかりと準備をしておきましょう。
不備のない正確な申請内容なら、その分審査もスムーズに進みます。

また、プロミスでは、「WEB完結サービス」を実施しています。
WEB完結サービスは、以下の理由から即日融資に最適な方法といえるでしょう。

  • 申し込みから借り入れまでの手続きが全てWEB上で完結する
  • 口座への振り込みによる融資が可能

また専用のローンカードも不要なので、郵送物が送られてくることもありません。
家族にも内緒で利用したい方にも、オススメの契約方法ですね。

審査

プロミスには、以下の利用条件があります。

  • 20歳以上~69歳以下
  • 安定した収入のある方

年齢はもちろんのこと、最も重要になってくるのが「安定した収入」です。
この安定した収入は、申し込んだ本人の収入のみを指します。

したがって家族・配偶者等に高収入者がいても、無職・無収入者は利用できません。
反対に安定した収入さえあれば、学生や主婦でも審査の対象になります。

審査においては、申込者の「信用情報」もチェックされます。
信用情報とは、主にクレジットカードやローンの利用状況のこと。

以下のような要因で信用情報に傷がついている状態では、審査が困難となるでしょう。

  • 長期延滞
  • 自己破産
  • 債務整理
  • その他の金融事故

信用情報に傷がなく、利用条件にも該当しているのなら安心して審査に臨みましょう。

必要書類の提出

プロミスの審査に必要な書類は、主に本人確認書類です。
これらの書類を撮影した画像をアップロードすることで、提出は完了します。

プロミスの審査に必要な書類
本人確認書類
運転免許証
パスポート
健康保険証
※健康保険証を提出する場合は
現住所の分かる書類を追加提出
(住民票・公共料金の領収書など)
収入証明書
※条件による

源泉徴収票
(前年度分)
確定申告書
(前年度分)
給与明細書
(直近2か月分、1年分の賞与明細書)

申し込みの段階に入って書類を探していては、大幅なタイムロスに繋がってしまいます。
申し込みをする前に、必要な書類は必ず手元に用意しておくようにしましょう。

また以下の条件で、以下の「収入証明書類」の提出も必要になります。

  • 借り入れ希望額が50万円を超える場合
  • 借り入れ希望額が他社借り入れとあわせて100万円を超える場合

該当する方は、あわせて準備しておくことを忘れないようにしましょう。
画像の提出が滞りなく完了できれば、あとは審査結果を待つだけです。

契約手続き

審査に通ったあとは、案内に従って契約手続きへと進みましょう。
プロミスの契約手続きには、以下の3通りの方法があります。

契約方法 契約の手順
WEB契約 契約書類をWEB上で入力・送信
来店契約 自動契約機か店頭窓口で契約書類を記入・提出
郵送契約 郵送で届いた契約書類を記入、返送で提出

申し込みの項目でも軽く触れましたが、即日融資には「WEB契約」が最適です。
WEB上でのやり取りだけで、申し込みから契約完了・借り入れまでが完結します。

つまり店舗を探す必要もなく、移動時間や待ち時間がのロスもありません。
ネット環境さえあればどこにいても利用可能なため、即日融資には最もオススメです。

また、審査通過の際、以下の2つから「返済方法の選択」をすることになります。

  • ATMによる返済
  • 口座振替による返済

ここで「口座振替による返済」を選ばなければ、WEB完結にはなりません。
なぜならATMによる返済では、専用のローンカードの受け取りが必要になるからです。

口座による返済を希望し、カードの郵送も希望しなければここで契約手続きが完了です。
契約が完了すれば、プロミスの会員サービスへログインが可能になります。

振込申請

WEB契約が完了し、プロミスの会員サービスにログインができたら借り入れは目前です。
以下の手順で「瞬フリ」サービスを利用して、即日融資を受けましょう。

  1. 会員サービスにログイン
  2. 「お客様情報の照会・登録/変更」から振込先口座を登録
  3. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から瞬フリを申し込み

以上の3ステップだけで、即日融資を受けることができます。
手順もシンプルですが、なんといっても素晴らしいのはその迅速さです。

瞬フリでは24時間「最短10秒」で、振込融資が完了します。
瞬フリの利用には手数料もかからないので、安心して申し込みができますね。

プロミスで即日融資をしてもらうコツとは?

「即日融資を受けられると思ってたのに、がっかり…。」

ということにならないためにも、以下のコツをおさえておきましょう。

  • 混雑を想定して午前中に申し込みを済ませる
  • 希望限度額はなるべく最小限にとどめておく
  • 必要書類に不備がないようにする
  • 在籍確認には必ず対応できるようにしておく
  • 自動契約機の場所を把握しておく※WEB完結でない場合

それぞれのコツについて、詳しく解説していきます。

なるべく「午前中に」申し込みを済ませる

プロミスに限らず、カードローンの審査は申し込みの順番で審査が開始されます。
そのため「申し込みが混み合うかもしれない」という意識は、非常に大切です。

混雑が原因で後回しになり、当日中に契約完了できなければ即日融資は受けられません。
本記事の序盤でも解説しましたが、申し込みは早めに済ませておくことをオススメします。

具体的には「午前中まで」に、申し込みを済ませておくとよいでしょう。

希望限度額は最小限にしておく

プロミスが即日融資に対応しているとはいえ、審査に通らなければ意味がありません。

高額な借り入れ希望を申請した場合、申込者に求められる返済能力も高い基準になります。反対に借り入れ希望額が少額であるならば、比較的審査通過は期待しやすくなるでしょう。

プロミスでは、最少1万円からの借り入れが可能です。
10万円以下の少ない借り入れで事足りるのであれば、希望限度額は必要最小限にとどめましょう。

欲を出し過ぎないこともまた、即日融資を確実に近づけるためのコツといえます。

必要書類の再提出を防ぐ

プロミスの申し込みに必要な書類については、少し前に解説しましたね。
書類を撮影した画像をアップロードすることで、提出は完了します。

しかしこの書類の提出方法では、以下のような要因で再提出になることがあります。

  • 画像が不鮮明
  • 光の反射などで文字が消えている
  • 画像の枠に収まらず文字が切れている

書類が再提出になった場合、タイミングによっては当日中の契約完了ができなくなります。
そうなると即日融資もできなくなってしまうので、再提出はなんとしても避けたいですね。

再提出を防ぐためにも、撮影した画像は提出する前に必ず確認するようにしましょう。

在籍確認への対応は迅速に!

プロミスに限らず、カードローンの審査では「在籍確認」という行程があります。
この在籍確認に応じなければ、審査に通過することができません。

在籍確認は基本的に、申込者の勤務先への電話による確認です。
本人が対応できない場合でも、他の人が対応すれば在籍確認は完了します。

以下のような場合には、事前に審査担当者に相談をしておきましょう。

  • 勤務先が個人的な電話には対応しない方針
  • 勤務先に固定電話がない
  • 申し込んだ日が会社の定休日だった

また、在籍確認以外にも、必ず対応しなければならない電話があります。
それが、プロミスへの申し込みが完了した際の「本人確認電話」です。

これは申し込みが、虚偽のものではないかを確認する目的の電話確認です。
したがって本人確認電話に対応できなければ、審査が始められません。

確実に電話に出るために、あらかじめ以下の対策を取っておきましょう。

  • 確実に電話に出られる時間に申し込む
  • 本人確認電話の時間を指定する
  • 本人確認電話の電話番号を指定する

もしも電話に出られなかった場合でも、必ず速やかにかけなおしましょう。
本人確認さえ取れれば、問題なく審査はスタートできます。

自動契約機の場所を把握しておく

これはWEB完結ではなく、ローンカードでの利用の場合のコツといえます。

振込融資は手軽でオススメですが、ローンカードでの即日融資も可能です。
何らかの理由でWEB完結できない場合、このコツをおさえておきましょう。

ローンカードとは、キャッシング専用のカードのことです。
借り入れ・返済を利用する際、ATMに読み込ませ使用します。

ローンカードでの即日融資の場合、以下2つの方法で受け取りましょう。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機

近くにプロミスの自動契約機がある場合は、自動契約機の利用がオススメです。
店頭窓口に比べ待ち時間も発生しにくく、急ぎの借り入れに適しています。

自動契約機の場所を事前に把握しておき、余裕を持って契約を完了させましょう。

プロミス以外で即日融資を受けられるカードローン

プロミス以外にも、即日融資が可能なカードローンは存在します。
ここでは、その中でも特にオススメの5社を紹介していきます。

もちろんプロミスを利用できればいいのですが、1社だけだと不安ですよね?
以下のカードローンも、あわせて検討してみてはいかがでしょうか。

  1. アイフル
  2. アコム
  3. SMBCモビット
  4. レイクALSA
  5. J.Score

大手消費者金融ということもあり、名前を聞いたことがある方も多いはずです。
これらのカードローンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

もう1社検討するなら、あわせてご覧ください。

即日融資可能なおすすめカードローンランキング
最短即日で利用可能なカードローンを紹介!今日中に借り入れるためのコツも解説!「今日中にお金を借りたい!」そんな方のために即日融資に対応しているカードローン5社を7項目で比較し、おすすめランキングをご紹介します。即日融資を受けるためのポイントなどの様々な情報もあわせてご紹介します。...

プロミスで即日融資を受ける際のQ&A

ここでは、プロミスで即日融資を受ける際によくある質問とその答えをご紹介していきます。

プロミスは主婦や学生でも利用できるの?

プロミスは主婦や学生であっても、安定した収入さえあれば利用可能です。
安定した収入とは、月に1回以上のまとまった収入のことを指します。

そのため以下のような属性でも、プロミスの審査対象となります。

  • パート勤務で毎月収入を得ている主婦
  • アルバイトで毎月収入を得ている学生

収入の大小よりも、審査では収入の安定性や継続性が重視されます。
反対に主婦や学生に限らず、無職・無収入者はプロミスを利用できません。

また利用可能とはいっても、希望限度額には注意が必要です。
希望限度額は、必ず自分の収入に見合った金額で申請しましょう。

無職・無収入者のカードローン利用については、以下の記事で解説しています。

無職でもカードローンを利用できます!
無職やニートはカードローンを借りれるの?オススメのカードローンも紹介!無職やニートの人でも借りられるカードローンはあるのでしょうか?借りられないのならカードローン以外でお金を借りる方法はあるのでしょうか?無職やニートの人でも借りられるかもしれないカードローンや審査で気を付けるべき点を紹介します。...

プロミスではいくらまで借りられるの?

プロミスの最大限度額は、500万円となっています。

しかし、初回から最大限度額を借りられるわけではありません。
限度額は審査によって決定されますが、多くの場合は50万円以内となるでしょう。

  • プロミスの最大限度額は500万円
  • 限度額は「利用実績」や「収入面の向上」などにより増額は可能

またプロミスは「総量規制」により、年収の3分の1までに借り入れが制限されます。
いくらまで借りられるかは、申込者の年収により変わってくるのです。

「瞬フリ」はどの銀行口座でもすぐに振り込まれるの?

瞬フリは約200の金融機関で、土日祝日問わず24時間365日利用可能です。
利用可能な金融機関の中で、代表的なものは以下の5つがあります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

主要な金融機関は網羅しているので、大抵の方は手持ちの口座で利用できるでしょう。
しかし注意しておくべきことは、サービスが停止する時間があるということです。

メンテナンスによる以下のサービス停止時間は、受付自体も停止しており申請もできません。

  • 毎週月曜日0時00分~7時00分
  • 1月1日、1月2日0時00分~7時00分

また以下のタイミングでの申請も、「振込予約扱い」となるので注意が必要です。

曜日・日付 該当時間 停止中の申請分の振込実施時間
毎週土曜日 23時30分~24時00分 翌日8時45分~9時30分
毎週日曜日 0時00分~4時00分
18時50分~24時00分
翌日8時45分~9時30分
毎週月曜日 7時~8時 翌日8時45分~9時30分
12月31日~1月4日 12月31日18時50分
~1月4日8時00分
1月4日8時45分以降
5月2日~5月6日 5月2日18時50分
~5月6日8時00分
5月6日8時45分以降

即日融資を受けたい場合は、上記のタイミングは避けましょう。

また各金融機関ごとの都合で、「臨時サービス停止」も発生する可能性があります。
振込口座の金融機関のメンテナンス予定などがないか、把握しておくなど対策が必要です。

プロミスの利用でどんなときに手数料がかかるの?

プロミスの利用で手数料が発生するのは、主に借り入れ・返済時です。

ただし手数料は必ず発生するものではなく、手数料が発生する場合があるということです。
以下2つの方法では、手数料が発生します。

  • 三井住友銀行以外の提携ATM
  • 銀行振込

プロミス直営ATMや、三井住友銀行ATMの利用なら手数料は無料です。
特にプロミスATMでは、時間外手数料が発生することもありません。

プロミスの利用限度額は後からでも増額できる?

プロミスでは、契約後に利用限度額の増額が可能です。
そのためには、以下3つのいずれかの方法で増額申請をする必要があります。

  • 会員ページから増額申請
  • 電話で増額申請
  • プロミスの自動契約機で増額申請

この中では会員ページからの申請が、手軽なのでオススメです。
申請手続き自体も難しいものではなく、最短5分程度で完了できます。

プロミスの返済金額は?

プロミスの返済は、「残高スライド元利定額返済方式」によるものです。
毎月一定の金額での返済となり、借り入れ残高に応じて返済額は変動します。

返済金額は、以下のように借り入れ残高に「一定の割合」をかけることで算出可能です。

借り入れ残高 返済金額(1000円未満切り上げ)
30万円以下 借り入れ残高×3.61%
(0.0361倍)
30万円超~100万円以下 借り入れ残高×2.53%
(0.0253倍)
100万円超 借り入れ残高×1.99%
(0.0199倍)

例えば10万円を借り入れした場合は、次のように計算しましょう。

10万円×3.61%=3,610円→1,000円未満切り上げのため4,000円

この返済方式では、毎月の負担がラクになるというメリットがあります。
しかし最低金額の返済だけでは、元金が減らずに返済が長引くというデメリットもあるのです。

毎月の返済金額以上に多く返済することは可能なので、余裕のある時は多めに返済するとよいでしょう。

プロミスの返済方法は?

プロミスの返済には、以下7通りの方法があります。

返済方法 手数料 注意事項
インターネット返済 無料 対応していない金融機関もある
口フリ(口座振替) 無料
お客様サービスプラザ(店頭窓口) 無料 営業時間が平日10時~18時まで
プロミスATM 無料
コンビニ(マルチメディア端末) 無料 ローンカードが必要
提携ATM 有料
(税抜100~200円)
ローンカードが必要
※セブン銀行ATMのみ不要
銀行振込 有料
(金融機関により異なる)

WEB完結で申し込んだ場合は、ローンカードなしでの契約になります。
上記のうち、ローンカードが不要な返済方法を選びましょう。

プロミスでの即日融資についてのまとめ

プロミスの即日融資を実現するためには、まず審査に通過しなければなりません。

しかし即日融資を受けるために実践すべきことは、至ってシンプルです。
今回の記事の内容をまとめたので、最後におさらいしておきましょう。

  • 申し込み当日中に契約を完了させる
  • 申し込みはなるべく午前中に済ませておく
  • 即日融資には「WEB契約」がオススメ
  • 本人確認・在籍確認の電話には確実に対応する
  • 書類提出や情報の入力は正確・確実に行う

すべてWEBで完結できるプロミスの即日融資だからこそ、急ぎの借り入れには最適です。
今回の記事を参考に、プロミスで即日融資を検討してみてはいかがでしょうか。

また、下記の記事ではカードローン10社を比較し、ランキング形式でご紹介しています。
プロミス以外にも即日融資に対応しているカードローンも紹介しているため、ぜひ、あわせてご覧ください。

おすすめのカードローン10社を比較!ランキング形式で紹介!
おすすめカードローン10社を比較!ランキング形式で紹介!「カードローンには種類がありすぎて良く分からない」という方に向けて、おすすめのカードローン10社を比較し、ランキング形式でご紹介します。初めてカードローンを利用する方に向けて、基礎知識などもあわせてご紹介していきます。...