プロミス

プロミスの審査は甘い?審査に通るためのコツも徹底解説!【突破率40%以上】

プロミスの審査は甘いってホント?審査基準を元に通るためのコツを徹底考察!申込みの注意点もご紹介。

「プロミスの審査難易度って、どれくらいだろ?」
「最短時間で審査をパスする方法が知りたいな」

最短30分で審査可能なプロミスは、急な出費が続いた時に重宝します。
瞬フリを使えば、最短10秒で振り込んでもらえることも大きな魅力。

ですが初めて利用する時は「ちゃんと審査に通るかな…」と不安になりがち。
そんなあなたのため、プロミスの審査難易度や審査基準について、わかりやすく解説します。

  • プロミスの審査基準
  • プロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人
  • プロミスの審査前に注意すべきこと
  • プロミスの審査を最短で通過するポイント

「最短時間でスパッと審査をクリアする3つのコツ」など、役立つ情報をたくさんお届けするので、ぜひ最後までご覧くださいね。

プロミスはカードローン界のスピード王!
プロミス

「お金を借りるなら、なによりスピード重視!」と思っているなら
一番おすすめなのがプロミス
です

お金を借りれるまでのスピードは最短で1時間!
審査も最短30分で終わるので、借りれるかどうかもスグにわかります。

早いだけじゃなく、最大30日間無利息なので
30日以内に返せばタダで必要なお金を調達できます。

※50万以下なら収入証明書も不要です。

Contents
  1. プロミスの審査通過率はどれぐらい?
    1. プロミスの審査を通過できるか確認する方法ってある?
  2. プロミスの審査基準とは?
  3. プロミスの審査を最短時間で終わらせるまでの流れ
    1. ①WEBから申し込む
    2. ②審査結果を確認する
    3. ③契約する
    4. ④瞬フリで借り入れる
  4. プロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人の特徴7選
    1. ①信用情報 (重要度:★★★★★)
    2. ②他社の借入れ状況(重要度:★★★★★)
    3. ③年収(重要度:★★★★☆)
    4. ④雇用形態(重要度:★★★★☆)
    5. ⑤利用目的(重要度:★★★★☆)
    6. ⑥勤続年数(重要度:★★★☆☆)
    7. ⑦居住状況(重要度:★★☆☆☆)
  5. プロミスの審査前に注意すべき2つのこと
    1. ①瞬フリは金融機関によって振込実施時間が異なる
    2. ②システムメンテナンスの時間帯がある
  6. プロミスの審査を最短時間で通過するための3大ポイント
    1. ①申込み内容を正確に書く
    2. ②借入理由は「生計費」と答える
    3. ③必要書類を用意しておく
  7. プロミスの審査に関するQ&A10選
    1. ①電話での在籍確認をなしにできる?
    2. ②在籍確認で会社にお金を借りたことがバレない?
    3. ③プロミスから送られてくる物はある?
    4. ④振込キャッシングの場合、振込人名義はプロミスと表示される?
    5. ⑤いくらまで借りられる?
    6. ⑥プロミス対応のATMってどこにあるの?
    7. ⑦時間外にATMを使うと手数料がかかる?
    8. ⑧スマホATMってなに?
    9. ⑨自動契約機では、どんなことができる?
    10. ⑩利用限度額の増額は、後からできる?
  8. プロミスの審査を最短時間でクリアしよう

プロミスの審査通過率はどれぐらい?

2017〜2019年のプロミスの審査通過率は、以下の通りです。

対象年審査通過率
2017年42.9%
2018年45.5%
2019年45.2%

このように、プロミスの審査通過率は44%前後となっています。
ちなみに審査通過率44%は、同業他社と比べると、ずば抜けて高いわけではありません。

そこで、プロミスとアイフルの審査通過率を比較してみましょう。
上記のようにプロミスの審査通過率は、特別高いわけではないということが分かります。

対象年プロミスアイフル
2017年42.9%45.3%
2018年45.5%45.6%
2019年45.2%45.3%

プロミスの審査を通過できるか確認する方法ってある?

「プロミスの審査通過率は、悪くないみたいだけど、自分の場合は通るのかな?」

こんな風に思っている方はプロミスの「お借入シミュレーション」をお試しください。

生年月日・年収・他社からの借入金額の3つを入力するだけなので、とても簡単です。
1分もかからずに簡易審査をしてくれます。

審査通過率が気になる方は、ご自身の状況を入力し、簡易審査することをおすすめします。
ただし「お借入シミュレーション」の結果と実際の審査結果が異なるケースもあります。

「簡易審査に通ったから絶対に借りられる」訳ではないので、そこだけ注意してくださいね。

プロミスの審査基準とは?

プロミスの審査基準のうち、明記されているのは年齢のみで、20歳~69歳が対象と記載されています。

収入については、「安定した収入のある方」と記載されているだけで、具体的な基準は示されていませんが、もちろん収入が多い分にはカードローンの審査は有利に働きます。

主婦や学生でも、パートなどで収入が安定している人は借入できる点もおさえておきましょう。

プロミスの審査を最短時間で終わらせるまでの流れ

プロミスの審査を最短時間で終わらせたい方には「WEB完結」がおすすめです。
これは、郵送物なし(カードレス)で即日融資してもらえるからです。

また、WEB完結の流れについては以下となります。
それぞれの手順について、わかりやすく解説しますね。

  1. WEBから申し込む
  2. 審査結果を確認する
  3. 契約する
  4. 瞬フリで借りる

①WEBから申し込む

WEBでプロミスの申込みページへアクセスし、必要事項を記入しましょう。

プロミスの審査を最短時間で終わらせる「WEB完結」の手順①出典: お客様情報入力 – プロミス

そのとき以下のように、ご希望の契約方法で「WEBでご契約」を選んでください。

プロミスの審査を最短時間で終わらせる「WEB完結」の手順①の注意点出典: お客様情報入力 – プロミス

WEB完結の場合、スマホなどで必要書類を撮影し、データを送信します。
スマホアプリも使えるので、ご利用の方は「プロミスの公式アプリ」をインストールしてくださいね。

②審査結果を確認する

WEBからの申込み後、メールもしくは電話で審査結果を案内してくれます。

メールを見落とすと、借入れまでに時間がかかってしまうので要注意です。
プロミスからのメールが迷惑メールなどに入らないように設定しておきましょう。

なおメールの場合には、ネット上で契約可能額をチェックできるようになっています。

③契約する

契約時には、カードの受取方法を選ぶ項目があるので「カード不要」を選びましょう。

また返済方法で口座振替を選ぶと、借入から返済までのすべてをWEBで完結できますよ。

④瞬フリで借り入れる

瞬フリでの借入れは、会員ページ内の「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から行うことができです。

借入金額を指定して申込みをしましょう。

※最短1時間でお金を借りられます。

プロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人の特徴7選

プロミスの審査に通りやすい人や落ちやすい人には、7つの特徴があります。
そして、それらの項目がどれぐらい審査に関わるのかの重要度も知っておく必要があります。

審査への影響が大きい順に、わかりやすくお伝えしますね。

特徴重要度
信用情報★★★★★
他社の借入れ状況★★★★★
年収★★★★☆
雇用形態★★★★☆
利用目的★★★★☆
勤続年数★★★☆☆
居住状況★★☆☆☆

①信用情報 (重要度:★★★★★)

信用情報とは、クレジットカードやカードローンを使った履歴のことです。

返済の遅れや滞納があると、信用情報機関に金融事故が記録される仕組みになっています。
これが、「信用情報に傷がある」状態を指します。

プロミスは審査において、この信用情報をチェックします。
信用情報に問題がある人は、「この人にお金を貸すのは危険だ」と判断され、結果として審査に落ちてしまう可能性が上がります。

②他社の借入れ状況(重要度:★★★★★)

他社からの借入額・借入件数が少ないと、プロミスの審査では有利に働きます。
反対に他のカードローン会社からの借入額が多ければ多いほど、審査落ちしやすくなります。

その理由は、他社からの借入額が多い人ほど、「この人、本当に返済できるんだろうか」と疑われやすくなるからです。
借金が多い人にお金を貸すことは、プロミス側からするとリスクが大きいのです。

そのため他社からの借入額が少ない人ほど、審査でマイナスになりにくくなる傾向にあります。

なお他社からの借入額が年収の1/3に達している人は、必ずに審査落ちになります。
これは、総量規制という法律があり、年収の1/3以上の融資が禁止されているからです。

すでに他社からの借入がある人で、これからプロミスに申し込みしようとしているのであれば、注意が必要です。

③年収(重要度:★★★★☆)

年収が高く、年々増加傾向にある人は、プロミスの審査でマイナスになりにくいです。
例えば大企業に勤めている人や公務員として働く人などが挙げられます。

逆に審査落ちしやすい人は、年収が不安定だったり、低かったりする人です。
個人事業主や水商売などが、その一例です。

年収が不安定・低い人が審査落ちしやすい理由は、貸し倒れリスクが高く、総量規制に引っかかりやすいからです。

「先月は50万円だったけど、今月は15万円しから稼げなかった…」という人は、貸し倒れのリスクが高いと判断されやすくなります。

また年収が少ない人は、総量規制に引っかかりやすくなります。
例えば年収150万円の人は、総量規制によって50万円までしか借りられません。
既に他社から借りている場合には、プロミスで審査落ちする可能性がさらに高くなるでしょう。

こういった点から、年収が低い人や不安定な人は、審査落ちしやすくなるのです。

④雇用形態(重要度:★★★★☆)

先述のとおり、正社員は安定した収入を得られる人の方が、貸し倒れリスクが少ないからです。
正社員として働く人は、長期的に安定した収入を得られるとみなされる傾向にあるのです。

正社員以外の日雇いバイトやフリーターでも、毎月の収入が安定していれば審査に通るでしょう。
先ほどお伝えしたとおり、プロミスは主婦や学生でも、安定した収入があれば審査に通ると明記しています。

もし「この半年でお金が足りなくなりそうだな…」など、ある程度の見通しを立てられる方は、収入の安定化に努めましょう。

⑤利用目的(重要度:★★★★☆)

利用目的として「ギャンブル」や「他社への返済」、「事業用資金」などと答えると、審査落ちの可能性が高まることにつながります。

なぜなら、ギャンブルや他社への返済のために借金をする人は、貸し倒れリスクが高いとみなされやすいからです。
ギャンブル資金・他社ローン会社の返済を目的にお金を借りる人は、お金の管理が甘いと思われやすいので、審査落ちしやすくなる訳ですね。

また、事業用資金の借入れは、通常の申込み(フリーキャッシング)の対象外になります。

下記の記事では事業主向けのカードローンのオススメランキングを紹介しています。
事業用の資金調達を検討されている方は、ぜひご覧くださいね。

即日で資金調達!オススメのビジネスローンを7社ご紹介!
おすすめビジネスローン7社を比較&紹介!即日で資金調達するためのコツも解説!ビジネスローンを探している方のためにおすすめのビジネスローン会社7社を比較し、ランキング形式でご紹介していきます。それぞれのビジネスローンの特徴や、即日で資金調達をするためのポイントなども解説していきます。...

⑥勤続年数(重要度:★★★☆☆)

勤続年数は長ければ長い人ほど審査ではプラスに働くことになります。
「今後も同じ仕事を続け、安定した収入を得て返済してくれる」と判断されやすいことが、その理由です。

反対に、勤続年数が短い人ほど、貸し倒れリスクが高いと判断されやすくなるでしょう。
特に働き始めたばかりの人や、短期間のうちに転職を繰り返している人は、審査落ちのリスクが高まります。

また近い将来、仕事を辞めることが決まっている人も要注意です。
そのことをプロミスに伝えてしまうと、これから返済能力がなくなるとみなされるケースがあるからです。

離職することを自分から伝えると、裏目に出る可能性があるので気を付けましょう。

⑦居住状況(重要度:★★☆☆☆)

居住年数が長い人や、持ち家がある人は審査ではプラスに働きます。
これに関しても、居住年数が長い人は、それだけ安定的に収入を得ていると判断されやすいからです。

また、持ち家がある人は、住宅ローンを組んでいるケースが多いです。
住宅ローンの審査をパスするためには、それなりの信用が必要です。
そのため、持ち家がある人はプロミスの審査で有利になります。

反対に居住年数が短い人や、収入に対して家賃の割合が多い人は、審査に通りづらくなるとされています。
その理由は、資力に余裕がないと判断されやすいからです。

持ち家を持っていたとしても、月々の支出が多い人の場合は、返済能力が低いとみなされやすくなります。
例えば、子どもが多い人などが当てはまります。
毎月のやりくりが厳しいと思われると、審査落ちのリスクが高まるでしょう。

※最短1時間でお金を借りられます。

プロミスの審査前に注意すべき2つのこと

プロミスの審査に申し込む際には、以下の2点に注意が必要です。
申し込むタイミングによって、希望の日時に借りられないケースもあるので、事前にチェックしておきましょう。

  • 瞬フリは金融機関によって振込実施時間が異なる
  • システムメンテナンスの時間帯がある

①瞬フリは金融機関によって振込実施時間が異なる

最短10秒で振り込んでくれる瞬フリは、金融機関によって振込実施時間が異なるので要注意です。

「この銀行なら、いつ振り込まれるんだろう?」
という場合は、プロミスの「金融機関別振込実施時間検索」を使ってください。
金融機関名や頭文字から、使いたい金融機関の振込可能時間を調べられます。

主な金融機関の例は以下となっていますので、あわせて参考にしてくださいね。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日利用可能な金融機関の一例に関する画像出典: 瞬フリ(振込キャッシング)- プロミス

②システムメンテナンスの時間帯がある

プロミスでは、システムメンテナンスによって、受付停止時間があったり、振込実施時間にずれが生じたりします。

「すぐにでもお金を借りたい」という方は事前に振り込み実施時間を調べてから申し込んでみてください。

毎週の受付停止日時、振込実施時間が異なる日時については、以下の表をご覧ください。

受付日受付時間振込実施時間
毎週月曜日7時00分~8時00分当日8時45分~9時30分頃
毎週土曜日23時30分~24時00分翌日8時45分~9時30分頃
毎週日曜日0時00分~4時00分当日8時45分~9時30分頃
毎週日曜日18時50分~24時00分翌日8時45分~9時30分頃

年末年始やゴールデンウィークにおける受付日時などについては、以下をご確認ください。

受付日時振込実施時間
12月31日18時50分
~1月4日8時00分
1月4日
8時45分以降
(金融機関の
営業日によっては、
1月5日以降となる)
5月2日18時50分
~5月6日8時00分
5月6日
8時45分以降の振込み
(金融機関の
営業日によっては、
5月6日以降となる)

プロミスの審査を最短時間で通過するための3大ポイント

プロミスの審査を最短時間で終わらせたい方は、以下の3点に注意してください。
下記の3つのポイントについて、分かりやすくお伝えしますね。

  • 申込み内容を正確に書く
  • 借入理由は「生計費」と答える
  • 必要書類を用意しておく

①申込み内容を正確に書く

プロミスの審査を通りやすくするには、申し込み内容を間違えないようにしましょう。

申込内容に不備があると、確認や修正などに時間がかかってしまいます。
そのため、間違えないように正しく書きましょう。

もちろん、他社からの借入状況などを偽ることはNG。
信用情報のチェック時にバレて、審査落ちする可能性が高くなってしまいます。

たとえ勘違いで書き間違えたとしても、虚偽の申告をしたとみなされる恐れがあるので要注意です。
急いで申し込まなければならない状況でも、しっかりと見直して正確に書きましょう。

②借入理由は「生計費」と答える

プロミスの審査を通りやすくするには、借り入れ理由を生計費と答えよう。

プロミスへの申込時には、借入理由を聞かれるので、「生計費」と答えましょう。
これは、プロミスが認めている貸付時の利用目的は、生計費のみだからです。

利用目的を生計費と答えるとプロミスの審査に通りやすくなる根拠の画像出典: 新規お申込み – プロミス

生計費とは、その名の通り暮らしていくために必要なお金のことです。
生活費でお金を借りる人の例として「冠婚葬祭などで急な出費が続いて生活費が足りない」などの理由があげられます。

この時に「ギャンブル」や「他社の借入を返すため」といった回答をすると、審査落ちする可能性が非常に高くなる可能性が高いので注意しましょう。

③必要書類を用意しておく

プロミスの審査を通りやすくするには、事前に書類を準備しておこう。

審査前に必要書類を用意しておけば、スムーズに審査をパスできます。

そこで申し込みに必要な基本的な必要書類と、借入額が多い場合の必要書類について、確認しておきましょう。

基本的な必要書類

プロミスのフリーキャッシングを利用する場合、本人確認書類が必要です。
以下のいずれかの必要書類を用意しましょう。

  • 免許証
  • パスポート+住民票など(*)
  • 健康保険証+住民票など(*)
    (*)住民票がない場合、健康保険証や公共料金の領収書なども可

現住所が上記の書類に記載されている住所と違う場合には、以下の書類が必要となります。
下記の書類は「発行日から6ヶ月以内」のものが有効なので、発行日には気をつけましょう。

  • 公共料金の領収書
    (電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写し、または住民票の記載事項証明書
  • 国税、または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

借入額が多い場合の必要書類

借入額多い場合には、追加で収入証明書類を出す必要があります。
追加書類が必要なのは以下のケースです。

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 借入希望額と他社の利用残高の合計が100万円を超える

当てはまる方は、以下の収入証明書類を用意しましょう。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 確定申告書(最新)
  • 税額通知書(最新)
  • 所得(課税)証明書
    (収入額・所得額の記載がある最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)(*)
    (*)賞与明細書がない場合、直近2ヶ月分の給与明細書が必要

いずれも用意するのに手間がかかるものばかりですが、50万円以上の借入をする場合は、事前に用意しておきましょう。

プロミスの審査に関するQ&A10選

①電話での在籍確認をなしにできる?

カードローンでは、基本的に在籍確認は必須です。

在籍確認とは、申込者が本当に働いているかどうかを確認することです。
申込者が申請時に登録した会社で働いていることを確認すれば、返済能力があると判断することができるからです。

在籍確認は、基本的には勤務先への電話連絡で行われます。

しかし、在籍確認の電話がかかってきた時に、会社の同僚にバレたらどうしようと心配な方もいるかもしれません。
この場合は、事前にプロミスへ相談すれば、代替案を示してくれるかもしれません。

在籍確認について相談する場合、申込時にフリーコール(0120-24-0365)へ連絡しましょう。
「これから申し込みたいのですが、電話で在籍確認をされると都合が悪くて」などと相談すると、対策をとってくれる可能性があります。

もし「絶対に電話での在籍確認をカットしたい…!」場合は、別の「職場連絡なし」のカードローンを選びましょう。

下記の記事では、在籍確認なし・職場電話なしのカードローンを紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください!

在籍確認なし・職場電話なしのカードローンおすすめ比較ランキング!即日融資可能で誰にもバレないカードローンの王者が決定。
在籍確認なしのカードローン3社を紹介!職場への電話なし&即日融資できるのはココ!カードローン審査では、申し込み者の職場に電話連絡を行う”在籍確認”が必須です。しかし「在籍確認の電話連絡がイヤだ」という方も多く、そういった方のために、在籍確認なしのカードローン3社を比較しランキング形式でご紹介します。...

②在籍確認で会社にお金を借りたことがバレない?

プロミスの在籍確認によって、カードローンの利用が職場にバレる可能性は低いです。
勤務先への電話の際、プロミスの担当者は社名や用件を口にしないからです。

「プロミスの○○です」、「カードローンの件ですが」などの話は一切される心配はありません・

基本的には個人名や銀行名などで電話をかけてくれるので、職場に電話連絡があっても、カードローンのことがバレる心配はありませんよ。

③プロミスから送られてくる物はある?

プロミスから書類が送られてくるのは、以下の状況に当てはまった場合のみです。

以下の場合にはご自宅又はお勤め先に書類をお送りする場合があります。

  • 提携ATMでご利用やご返済をいただいた場合
  • お支払いに遅れが生じ、お客さまとご連絡が取れない場合
  • 振込キャッシングをご利用いただいた場合
  • その他、お客さまとのご連絡の中で書類送付をご希望された場合

引用: よくあるご質問・お問い合わせ – プロミス

WEB完結や自動契約機、来店での申し込みをすれば郵送物は送られません。
振込キャッシングを使うと郵送物が送られるので、WEB完結後に瞬フリを使う場合には、気を付けましょう。

④振込キャッシングの場合、振込人名義はプロミスと表示される?

振込キャッシングでプロミスに振込みをしてもらう場合、借入時に振込人名義を選べます。

「プロミス」で振り込まれると、ふとした拍子に振り込み履歴を見られた際に「カードローンを利用していた」とバレる恐れがあります。

そこで、プロミスは振込人名義としてプロミス以外にパルセンターを用意しています
家族にバレたくない方は「パルセンター」を選択し、融資してもらいましょう。

⑤いくらまで借りられる?

プロミスでは、最大500万円まで借りられます。

ただしこれは、審査を通過した場合です。
契約者の状況によっては、利用限度額が引き下げられます。

特に総量規制の関係で年収の1/3以上は借りられないので、上限の500万円を借りられるケースはほぼない事を覚えておきましょう。

利用限度額を早めに知りたい方は、申込後にプロミスのフリーコール(0120-24-0365)に連絡して、調べてもらうと良いでしょう。

⑥プロミス対応のATMってどこにあるの?

プロミスのATMは「店舗・ATM検索」で調べられます。
店舗検索もできるので、ぜひ活用しましょう。

プロミス以外の提携先ATMを知りたい場合は「提携先のご案内」もあわせて確認しましょう。

⑦時間外にATMを使うと手数料がかかる?

プロミスや三井住友銀行のATM手数料は無料です。

提携先のATM手数料については「提携先のご案内」にまとめられています。
提携先の取引額が1万円以下の場合は、借入時と返済時に110円、取引額が1万円以上の借入時・返済時には220円の手数料が必要です。

取引額によって手数料が違うので、注意してくださいね。

⑧スマホATMってなに?

スマホATMとは、プロミスカードの代わりにスマホを使って借入や返済ができるサービスのことです。

スマホATMが使えるのは、セブン銀行だけになります。
原則、スマホATMは24時間365日利用できます。

スマホATMの使い方は公式サイトで紹介されているので、あわせてご覧くださいね。

⑨自動契約機では、どんなことができる?

プロミスの自動契約機では、主に以下の3つが利用できます。

  • 新規契約
  • 契約内容の変更
  • カード発行など

操作方法など、分からないことがある場合には、備え付けの電話を使えば、その場で教えてもらえます。

自動契約機は鍵をかけて使用することができるので、外から話の内容が聞かれることもありません。

⑩利用限度額の増額は、後からできる?

利用限度額の増額はネット、もしくは電話で手続きすることができます。

ネットの場合は、会員サービス内にある「限度額変更の手続き」から申し込みましょう。
電話手続きの場合は、フリーコール(0120-24-0365)へ連絡してください。

プロミスの審査を最短時間でクリアしよう

最後に、プロミスの審査について、おさらいしておきましょう。

  • プロミスの審査通過率は約44%
  • プロミスの審査基準は、「20歳~69歳の安定した収入がある人」
  • 審査で有利な人は信用情報が綺麗で他社からの借り入れが少ない人
  • 急ぎの人は、金融機関の振込実施時間・システムメンテナンス時間に要注意
  • プロミスの審査を最短時間で終わらせるには、「WEB完結」がおすすめ
  • 審査を最短時間で終わらせるコツ
    ①申込み内容を正確に書く
    ②借入理由は「生計費」と答える
    ③必要書類を用意しておく

今回お伝えした内容を把握しておけば、審査時間を短縮できます。
また、注意点やQ&Aをおさえておくことで、予想外のピンチも避けられるでしょう。

WEB完結や瞬フリを駆使して、今すぐに金欠を回避してくださいね。

また、下記の記事ではおすすめカードローン30社を比較した上で、カードローンランキングTOP10も紹介しています!
こちらもあわせてご覧ください!

おすすめカードローン30社を10項目で鬼比較!初めてキャッシングでお金を借りる人の最強指針!
おすすめカードローン10社を10項目で比較!初めての方のための最強指針!「カードローンには種類がありすぎて良く分からない…」という方に向けて、おすすめのカードローン10社を比較し、ランキング形式でご紹介します。特徴別で1番オススメなカードローンやカードローンに関する基礎知識もご紹介していきます!...