SMBCモビット

SMBCモビットの金利は高い?利息を抑える利用方法についても解説!

SMBCモビットの金利は高い!

「SMBCモビットの金利って高いし、無利息サービスもないんでしょ?」
「それなのにSMBCモビットを利用するメリットなんてあるの?」

カードローンを選ぶ際には、多くの方が金利を重視するでしょう。
しかしSMBCモビットの金利は、低くはないというのが正直なところ

そこで本記事では大きくわけて、3つについて解説していきます。

  • SMBCモビットの金利や利息負担の他社比較
  • SMBCモビットの高金利をカバーするメリット
  • SMBCモビットの金利を下げる方法

SMBCモビットには、金利に負けない魅力的なメリットがあるので要注目です。
自分は何を最優先にしたいのか?」を考えながら、本記事を読みすすめてみてください。

SMBCモビットは
WEB完結なら電話連絡なし!
SMBCモビット

結論からいうとSMBCモビットは、
他の消費者金融と金利は変わりません

ただし、SMBCモビットは
WEB完結なら電話連絡なしを公言しています。

在籍確認に不安がある方は、
申し込み先はSMBCモビットがオススメ!

※誰にもバレずにお金を借りられます!

SMBCモビットの金利は年3.0%~年18.0%

SMBCモビットの最高金利は年18.0%

まず金利とは、借りたお金に追加して支払う金額(利息)の割合のこと。
利息の計算式は「借り入れ残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数」です。

SMBCモビットで適用される金利は、年3.0%~年18.0%と幅があります。
ただし最初は多くの方が、最高金利である年18.0%が適用されると思ってください。

なお消費者金融の最高金利は、利息制限法で上限金利が定められています。

  • 元本の金額が10万円未満…上限金利は年20.0%
  • 元本の金額が10万円以上100万円未満…上限金利は年18.0%
  • 元本の金額が100万円以上…上限金利は年15.0%

元本(もともと借りたお金)が100万円以上であれば、最高金利は必ず15.0%以下です。
しかし最初に多くの方が設定される利用限度額は、高くても50万円程度。
最初から利用限度額が100万円以上になる可能性は低いと思っておきましょう。

他社カードローンとの金利比較

金利は「消費者金融 < 銀行系」

SMBCモビットの金利を、他社の消費者金融・銀行カードローンと比べてみましょう。

種類カードローン実質年率
消費者金融SMBCモビット3.0%~18.0%
消費者金融アコム3.0%~18.0%
消費者金融アイフル3.0%~18.0%
消費者金融レイクALSA4.5%~18.0%
消費者金融プロミス4.5%~17.8%
銀行カードローンカードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6%
銀行カードローン楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%
銀行カードローンみずほ銀行カードローン2.0%~14.0%

大手消費者金融の中では、プロミスの最高金利が年0.2%低いのがわかりますね。
ただし年0.2%が与える影響は小さいので、各社で最高金利は大きくは変わりません。

一方で銀行カードローンは、年15.0%未満の業者ばかりです。
(業者によっては最高金利が年15.0%以上の銀行カードローンも存在する)
大手消費者金融の最高金利と比べると、年4.0%近く低いことがわかります。
銀行ならではの金利で、特に返済期間が長い場合は消費者金融より利息負担が軽いです。

以下の関連記事では、低金利のカードローンについて解説しています。
高額借り入れ・長期返済を考えている方は、ぜひとも参考にしてみてください。

SMBCモビットには無利息サービスがないのがデメリット

SMBCモビットは大手消費者金融の中で唯一、無利息期間が用意されていません

SMBCモビット無利息期間なし
アコム契約日の翌日から30日間無利息
アイフル契約日の翌日から30日間無利息
プロミス初回借り入れの翌日から30日間無利息
レイクALSA60日間無利息 or 5万円まで180日間無利息
(いずれも契約日の翌日から)

消費者金融は一般的に、中小・大手問わず高金利です。
無利息サービスで高金利をカバーすることで、銀行カードローンに対抗しています。

そのため少額借り入れ・短期返済であれば、消費者金融のほうが利息負担が軽いことも…。
しかしSMBCモビットは、無利息期サービスを活用できないのが大きなデメリットです。

以下の関連記事では、大手消費者金融について詳しく解説しています。
無利息サービスがある業者について知りたい方は、参考にしてみてください。

それでも魅力的なのは「電話連絡なし」にできるから

在籍確認が終わらない2つの要因

「高金利で無利息サービスがないのに利用するメリットなんてあるの?」
SMBCモビットは条件次第で、在籍確認の電話連絡をカットできると公言しています。

  • 在籍確認…申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを確認する手続き
  • 一般的な在籍確認の方法…勤務先への電話連絡

電話連絡なしを公言しているのは、大手消費者金融の中ではSMBCモビットだけ
昨今はテレワークの普及で、特に土日はオフィスに誰もいないことは珍しくありません。
そのため在籍確認が勤務先への電話連絡だと、審査が完了しないケースが多いです。

在籍確認が書類で済むSMBCモビットは、在籍確認をクリアしやすい業者といえますね。
また勤務先への電話連絡をカットできれば、精神的負担が軽くなる方は多いでしょう。

※誰にもバレずにお金を借りられます!

電話連絡なしにする「WEB完結申込」の条件は大きくわけて2つ

電話連絡なしにする「WEB完結申込」には、以下のような条件があります。

【特定の普通預金口座を持っている(いずれか1点)】

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

【特定の健康保険証を持っている(いずれか1点)】

  • 社会保険証
  • 組合保険証

以下の関連記事では、在籍確認の電話連絡がないカードローンについて解説しています。
職場に電話されるのは絶対にイヤだ」と思っている方は、参考にしてみてください。

SMBCモビットの商品スペック

SMBCモビットの商品概要は以下のようになっています。

項目詳細
実質年率3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
申し込み条件・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある
返済方法・口座振替
・ATM返済
・振込返済
返済日・毎月5日
・毎月15日
・毎月25日
・毎月末日
遅延利率
(実質年率)
20.0%
担保・保証人不要

審査で最低限クリアすべきなのは「年齢条件」と「収入条件」。
年齢をクリアしていて「安定した収入=毎月の給料」があれば申し込みOKです。

また信用情報に金融事故記録がなければ、利用できるチャンスはあります。
(信用情報…過去のローンの利用履歴・金融事故記録…長期延滞や債務整理などの過去)

逆にいうと信用情報にキズがあれば、審査通過することは100%ありません。

そもそも審査通過が不安な方は、以下の関連記事も参考にしてみてください。
SMBCモビットの審査をクリアできるかどうかの目安がわかるはずです。

SMBCモビットと他社の利息を比較

5万円・15万円・30万円を借りた場合の利息を比較してみました。
比較した業者は以下3社で、それぞれ最高金利が適用されていることが前提です。

  • SMBCモビット(適用金利:年18.0%)
  • 無利息サービスがある大手消費者金融(適用金利:年18.0%)
  • 低金利の銀行カードローン(適用金利:年14.0%)

3社の中でどこに申し込もうか悩んでいる方は、比較結果を参考にしてみてください。
なお銀行カードローンは、業者によって金利が大きく異なる場合があります。

5万円を借りた場合の利息比較

5万円の借り入れを完済した期間ごとの利息総額は以下の通り。

完済までの期間SMBCモビットの
利息総額
無利息サービスがある
大手消費者金融の利息総額
銀行カードローンの
利息総額
90日(3ヶ月)約2,219円約1,479円約1,726円
120日(4ヶ月)約2,958円約2,219円約2,301円
150日(5ヶ月)約3,698円約2,958円約2,876円
180日(6ヶ月)約4,438円約3,698円約3,452円
210日(7ヶ月)約5,178円約4,438円約4,027円

3社の利息総額の比較結果は以下のようになりました。

  • 90日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が740円安い)
  • 120日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が739円安い)
  • 150日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が822円安い)
  • 180日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が986円安い)
  • 210日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が1,151円安い)

5万円を借り入れの場合は、4ヶ月以内に完済できるなら無利息サービスが効果的です。

15万円を借りた場合の利息比較

15万円の借り入れを完済した期間ごとの利息総額は以下の通り。

完済までの期間SMBCモビットの
利息総額
無利息サービスがある
大手消費者金融の利息総額
銀行カードローンの
利息総額
90日(3ヶ月)約6,657円約4,438円約5,178円
120日(4ヶ月)約8,876円約6,657円約6,904円
150日(5ヶ月)約11,095円約8,876円約8,630円
180日(6ヶ月)約13,315円約11,095円約10,356円
210日(7ヶ月)約15,534円約13,315円約12,082円

3社の利息総額の比較結果は以下のようになりました。

  • 90日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が2,219円安い)
  • 120日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が2,219円安い)
  • 150日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が2,465円安い)
  • 180日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が2,959円安い)
  • 210日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が3,452円安い)

15万円を借り入れの場合も、4ヶ月以内に完済できるなら無利息サービスが効果的です。
ただし4ヶ月以内に完済するには、1回の返済額は4万円近くになるので注意してください。

30万円を借りた場合の利息比較

30万円の借り入れを完済した期間ごとの利息総額は以下の通り。

完済までの期間SMBCモビットの
利息総額
無利息サービスがある
大手消費者金融の利息総額
銀行カードローンの
利息総額
90日(3ヶ月)約13,315円約8,876円約10,356円
120日(4ヶ月)約17,753円約13,315円約13,808円
150日(5ヶ月)約22,191円約17,753円約17,260円
180日(6ヶ月)約26,630円約22,191円約20,712円
210日(7ヶ月)約31,068円約26,630円約24,164円

3社の利息総額の比較結果は以下のようになりました。

  • 90日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が4,439円安い)
  • 120日で完済した場合の利息
    →無利息サービスがある大手消費者金融が一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が4,438円安い)
  • 150日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が4,931円安い)
  • 180日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が5,918円安い)
  • 210日で完済した場合の利息
    →銀行カードローンが一番おトク
    (SMBCモビットよりも利息が6,904円安い)

30万円を借り入れの場合も、4ヶ月以内に完済できるなら無利息サービスが効果的です。
しかし1回の返済額は8万円近くになり多くの方には非現実的といえるでしょう。

30万円というまとまったお金であれば、銀行カードローンの利用をおすすめします。

SMBCモビットの金利を抑える方法はある?

SMBCモビットでの適用金利は、ずっと年18.0%のままではありません
以下の方法で金利を下げることができるので、参考にしてみてください。

  1. 増額審査をクリアして利用限度額を引き上げる
  2. 完済を早めて将来の利息を発生させない

ただし②は金利の数字を下げるというよりは、実質的に利息負担を下げる方法です。

①増額審査を受ける

増額で金利減が見込める

増額審査とは、利用限度額を引き上げる際に実施される審査のこと。
たとえば利用限度額40万円の方が審査通過すれば、80万円にUPするような感じです。

適用金利は利用限度額によって変動するため、増枠によって高確率で金利は下がります
デバイスによって異なる、SMBCモビットで増額審査を受ける方法は以下の2つ。

  • スマホ…SMBCモビット公式スマホアプリから申し込む
  • PC…会員専用サービス「Myモビ」の「増額審査申込」から申し込む

増額審査申込」は、申し込み資格がある方にのみ表示されます。
ある程度は利用実績がないと、表示されないかもしれないので注意してください。
なお増額審査を受ける際は、収入証明書の提出が必要になる可能性が高いです。

②追加返済を活用する

追加返済とは、毎月の返済(約定返済)とは別にする任意の返済のこと。
毎月の最低返済額は以下のように、借り入れ後残高で変動します。

【借り入れ後残高ごとの最低返済額】

  • 10万円以下…4,000円
  • 10万円超20万円以下…8,000円
  • 20万円超30万円以下…11,000円
  • 30万円超40万円以下…11,000円
  • 40万円超50万円以下…13,000円

たとえば10万円を借りて、毎月4,000円しか返済しないとしましょう。
その場合は完済するまでになんと、32ヶ月(2年8ヶ月)かかってしまうんですね。

先ほどは完済までの期間が3ヶ月~7ヶ月の利息シミュレーションを紹介しました。

32ヶ月で完済するということは、その間はずっと利息を負担し続けるということです。
7ヶ月以内に完済するためには、積極的な追加返済が大前提といえるでしょう。

完済までの期間が早くなるほど、利息負担は軽く済むようになっています。
利息負担をなるべく抑えるためには、追加返済の活用が必須だと思ってください。

追加返済するときは手数料をかけないことが重要

三井住友銀行ATMで追加返済しよう

追加返済に手数料をかけてしまうと、利息と同様の金銭的負担があります。
そのため追加で返済するときは、数百円の手数料をかけないことが大切です。
SMBCモビットの手数料無料の返済は「三井住友銀行ATM」での返済のみ

  • 他の提携ATMによる返済
  • 銀行振込による返済

上記はいずれも返済で手数料が発生するので、利用しないのがおすすめです。
なるべく手数料無料の三井住友銀行ATMから追加返済するようにしましょう。

SMBCモビットの金利についてのQ&A

ここでは、SMBCモビットの金利について”よくある質問”とその答えをご紹介します。

審査通過に不安があるのですが、何か目安はありますか?

SMBCモビットは、20歳~69歳の給与所得者であれば申し込みOK
信用情報にキズがなく、毎月返済を続ける余裕があれば審査通過も十分にありえます。

審査通過が不安な方は、公式サイトの「お借入診断」を利用してみましょう。
たった3つの項目を入力するだけで、審査通過できるかどうかの目安がわかります。

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 現在他社借入金額
    (住宅ローン・自動車ローン・銀行カードローン・クレカのショッピング枠は含まれない)

診断結果が「ご融資可能と思われます」と表示したら、申し込む価値はあるでしょう。
ただし専業主婦はSMBCモビットも含めて、原則として大手消費者金融は利用できません。

それでもお金を借りたい専業主婦の方は、以下の関連記事をご参照ください。

延滞したときの罰則はあるの?

返済日に1日でも延滞すると、年20.0%の遅延損害金が発生します。
例として延滞日数ごとに、10万円借りている場合の遅延損害金を見てましょう。

【利用残高が10万円のときの遅延損害金】

  • 1日延滞…遅延損害金は約54円
  • 7日延滞…遅延損害金は約383円
  • 10日延滞…遅延損害金は約547円
  • 30日延滞…遅延損害金は約1,643円
  • 50日延滞…遅延損害金は約2,739円

通常の利息に加えて発生するので、実質2社分の利息を負担することになるんですね。

また返済日とは「この日までに返すとSMBCモビットと約束した日」です。
うっかりだとしても1日でも延滞すれば、信用低下は避けられないので注意してください。

金利が適用されるまでの流れって?

SMBCモビットで金利が適用されるまでの大まかな流れは以下の通り。

  1. 申し込み(インターネットがおすすめ)
  2. 仮審査(スコアリング・信用情報の確認)
  3. 必要書類の提出(撮影した画像のアップロード)
  4. 在籍確認(WEB完結なら電話連絡なし)
  5. 審査結果のお知らせ(メール or 電話)
  6. 契約(WEB契約がおすすめ)

WEB完結で申し込めば、申し込みから契約までスマホで完結します。

契約内容は会員専用サービス「Myモビ」の「契約内容照会」で確認可能です。
設定された契約上の利用限度額・適用金利・毎月の返済日なども確認できます。

申し込みにおける必要書類

SMBCモビットの申し込みで必要な書類は2種類あります。

【本人確認書類(有効期限内のもの)】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

【収入証明書(最新年度のもの)】

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)

SMBCモビットでは、50万円以下でも収入証明書は必要になる可能性が高いです。
また本人確認書類は2点(いずれも現住所記載)の提出を求められることがあります。

返済額の中の利息の割合ってどうなってるの?

毎月の利息は残高によって変わるので、利息の割合は毎月変動すると思ってください。
参考として、10万円を借りて4,000円ずつ返済する場合の元金と利息は以下の通り。

【返済額における元金と利息の内訳】

  • 1回目の返済:元金2,500円・利息1,500円(借り入れ残高97,500円)
  • 2回目の返済:元金2,538円・利息1,462円(借り入れ残高94,962円)
  • 3回目の返済:元金2,576円・利息1,424円(借り入れ残高92,386円)
  • 4回目の返済:元金2,615円・利息1,385円(借り入れ残高89,771円)
  • 5回目の返済:元金2,654円・利息1,306円(借り入れ残高87,117円)

追加返済はすべて元金にかかるため、3,000円を追加返済すれば残高が3,000円減ります。
最終的な利息総額を減らすには、追加返済がいかに大事かがわかるでしょう。

公式サイトにある返済シミュレーションを活用しよう

SMBCモビットの公式サイトには、返済シミュレーションが用意されています。
返済シミュレーションで算出できる参考値は以下の2つ。

  • 毎月の返済額
    →利用希望額・借入利率・返済月数を入力して試算を出す
  • 返済月数(完済までの期間)
    →利用希望額・借入利率・毎月の返済額を入力して試算を出す

何となく返済を続けるのと、ゴールを見据えて返済を続けるのとでは意識が異なります。
もちろん後者のほうがやる気が出やすく、計画的に返済し続けやすいはずです。

特に利息総額を少しでも抑えたいと思っている方は、ぜひとも活用してみてください。

最低金利の年3.0%が適用されることはないの?

SMBCモビットの金利は、年3.0%~年18.0%と幅がありますよね。
しかし年3.0%はほとんどの方には関係ないと思っておきましょう。

  • 年3.0%の適用には利用限度額が800万円にならないといけない
  • SMBCモビットは消費者金融なので総量規制の対象
  • 利用限度額が800万円になるには年収は最低でも2,400万円必要

最初に適用される利用限度額は、ほとんどの方は50万円までです。
そのため基本的には、最高金利である年18.0%が適用されると思ってください。

SMBCモビットの金利は高いが「電話連絡なし」にできるのが強み

SMBCモビットの金利について、解説してきたことをおさらいしてみましょう。

  • 契約当初はほとんどの方が最高金利が適用される
  • SMBCモビットの最高金利は大手消費者金融の中とほぼ同じ
  • 銀行カードローンよりは年3.0%~年4.0%ほど高い
  • SMBCモビットに無利息サービスがない
  • それでも「電話連絡なし」にできるのがの最大の魅力

SMBCモビットの金利は低いとはいえず、無利息期間もありません。

金利を重視するなら状況に応じて、他の大手や銀行カードローンに申し込みましょう。
短期で完済できるなら無利息サービス、完済まで時間がかかるなら低金利が効果的です。

ただし在籍確認に不安がある方は、SMBCモビットに申し込むのがおすすめ。
「WEB完結申込」なら在籍確認における、勤務先への電話連絡をカットできます。

在籍確認は審査の核なので、クリアできないと利用することもできないので要注意。
そのため何を優先すべきかを考えて、自分に合った申し込み先を選ぶことが大切です。

※誰にもバレずにお金を借りられます!

関連記事
SMBCモビットの増額審査で利用限度額UP SMBCモビット

SMBCモビットで増額する方法とは?増額審査に通りやすい人の特徴も紹介!

2021年5月13日
カードローン比較なら比較.com
T「SMBCモビットの利用限度額はずっとそのままなの?」 「できれば増額して利用できる金額を増やしたい!」 SMBCモビットでは増額 …
SMBCモビット

SMBCモビットは在籍確認の電話なし?WEB完結についても解説!

2021年5月13日
カードローン比較なら比較.com
在籍確認とは、カードローンの審査における行程の1つです。 申込者の勤務情報に、嘘偽りがないことを確認する目的があります。 在籍確認によっ …