消費者金融

今日中に借り入れするなら!大手消費者金融の5社を8項目で徹底比較!

今日中に借り入れするなら!大手消費者金融の5社を8項目で徹底比較!
大手消費者金融のサービスに違いはあるの?
自分に合った消費者金融を知りたい!

カードローンの利用を検討しているけど、大手消費者金融の5社から選ぶとなるとどの消費者金融が自分にとってよいのかが分からないという方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回は大手消費者金融について下記の内容を解説していきます。

  • そもそも消費者金融とは?銀行カードローンなどとの違いは?
  • 消費者金融のオススメランキングを紹介
  • 消費者金融の比較結果を紹介
  • 消費者金融に何を求める?ニーズ別の選び方とおすすめカードローンを紹介
  • 消費者金融で即日融資してもらうためのポイント解説

消費者金融5社のサービスの特徴の違いや、ご自身に合った消費者金融がどこなのかをしっかりと理解することができるよう、分かりやすく紹介していきます。
ぜひ、最後までご覧ください。

消費者金融ならアイフル!
アイフル

消費者金融の中でオススメはアイフル!
在籍確認で職場への電話連絡なし
WEB完結の申し込みなら郵送物もなし
即日融資にも対応しています!

※少しでも早く借りたい方にもオススメ!

Contents
  1. 消費者金融とは?
    1. 銀行カードローン・信販会社との違いは?
    2. 大手と中小消費者金融の違いは?
    3. 消費者金融の利用は危険?
  2. 大手消費者金融おすすめランキングを紹介
    1. アイフル
    2. SMBCモビット
    3. プロミス
    4. アコム
    5. レイクALSA
  3. 大手消費者金融5社を8項目で比較
  4. 消費者金融の選び方を紹介
    1. 借り入れまでにかかる時間を重視する方
    2. 利息の支払いの低さを重視する方
    3. 適用される金利の低さを重視する方
    4. なるべく周囲に利用を知られたくない方
    5. なるべく楽に返済したい方
    6. 女性ならではのサービスを使用したい方
  5. 消費者金融で即日融資してもらうためのポイント
    1. 希望の限度額は最低限で提出する
    2. 申し込みフォームや書類に不備がないようにする
    3. 在籍確認を取りやすい日に申し込みを行う
  6. 消費者金融に関するQ&A
    1. 消費者金融の審査の内容はどうなっているの?
    2. 審査に落ちることで悪影響はある?
    3. 土日祝日でも申し込みことはできる?
  7. 大手消費者金融の比較についてまとめ

消費者金融とは?

消費者金融とは、金銭を個人に対して小口融資を行っている金融機関の1つです。
無担保無保証でお金を借り入れでき、借り入れたお金は毎月の返済で行うことができます。

利用限度額の範囲内であれは、解約するまで繰り返し利用できるのも特徴の一つです。

銀行カードローン・信販会社との違いは?

銀行カードローンは、メガバンクや地方銀行が運営しているカードローンです。
消費者金融よりも金利が低いことが大きなメリットではありますが、審査通過までの時間、融資までの時間が長いことがデメリットとして挙げられます。

また、信販会社のカードローンも銀行カードローンとほぼ同じ特徴で、銀行カードローンほどではありませんが、消費者金融よりも金利が低めであることが多いです。

大手と中小消費者金融の違いは?

大手と中小消費者金融の一番の大きな違いは、金利です。
中小の消費者金融は大手と比較して、若干金利が高めに設定されています。

大手の消費者金融の上限金利は18.0%を上回ることがないが、中小の消費者金融の上限金利は、利息制限法で定められた金利と同じ金利が定められている業者もあります。

また、サービスの充実さに関しても中小消費者金融の方が劣っていることが多いです。
そのため、大手消費者金融ほど利用をオススメすることができません

しかし、中小消費者金融の中では、ブラックリストの方や信用情報に傷がある人でも申し込みをすることができる業者があるので、そういった方であれば利用を検討してみてもよいかもしれません。

消費者金融の利用は危険?

消費者金融は、2010年までグレーゾーン金利での融資を行っていました。

グレーゾーン金利とは、金利に関する法律の利息制限法と出資法の矛盾点を利用した金利で、多くの賃金業者は29.2%という高金利での貸し付けを行っていたため、多重債務者の増加が問題となりました。

そのため、2010年以降は賃金業法の改正が進み、グレーゾーン金利は廃止され、下記のように借入額の元本によって適用できる金利の上限が設けられています。

元本額 金利の制限
10万円未満 年20.0%まで
100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

また、これにあわせて総量規制により、年収の3分の1を超える金額の貸し付けも出来なくなっており、消費者金融などの賃金業者はしっかりと法律を遵守した上で営業を行っています

大手消費者金融おすすめランキングを紹介

ここでは、大手消費者金融5社をランキング形式でご紹介します。
商品スペックのみならず、各カードローン会社の特徴などについても紹介していくので、どのカードローンがご自身に合うのかを検討してみてください。

アイフル

アイフル
申し込み条件 満20歳以上満69歳までの方
定期的な収入と返済能力を有する方
実質年利 3.0%~17.8%
利用限度額 800万円以内
即日融資 可能(※)
WEB完結 可能
無利息期間 30日間
収入証明書類 50万円を超える場合に必要
担保/保証人 不要

(※)申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
(※)時間帯によっては、急ぎの融資の希望に添えない可能性があります。

原則在籍確認の電話連絡なし

在籍確認はありますか?

原則として、お申込みの際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用元:在籍確認はありますか?|アイフル

在籍確認とは、カードローンの審査では必ず実施される流れの1つです。
在籍確認は、申込者の返済能力に偽りがないかを判断するために、申込者が申込時に提出した勤務先に本当に勤めているのかを確認します。

多くのカードローン会社では、審査担当者が申込者の勤務先に電話を行うことで実施されます。
そのため、職場の方にカードローンの利用がバレることを心配される申込者は少なくありません。

しかし、アイフルでは上記でも紹介した通り、在籍確認の電話連絡を行ってないため、職場へバレてしまう心配はありません
ただし、収入証明書等の提出が求められる可能性が高いため、申し込みや審査を滞りなく行うためにも書類を事前に準備しておきましょう。

WEB完結・郵送物なしで申し込み可能

アイフルは職場へカードローンの利用が知られる心ないだけでなく、ご家族へ知られる心配もありません。

ご家族へカードローンの利用が知られる原因として、カードローン会社から送られた郵送物を見られてしまうシチュエーションが非常に多いです。
カードローンの利用に対してあまりよい印象を抱いていない方も多いため、知られてしまうだけでも大問題になり兼ねません。

しかし、アイフルなら申し込みの際に、自動契約機への来店が必要ないことに加えて郵送物なしでお申込みいただけます。
しかも、それだけでなく借り入れや返済に関してのすべての手続きをスマホから行うことができてしまいます。

アイフルは、周囲のにカードローンの利用をバレないように配慮しているだけでなく、初めて利用される方に対して30日間無利息サービスも行っています。
ぜひ、アイフルの利用を検討してみてください。

※少しでも早く借りたい方にもオススメ! 

SMBCモビット

SMBCモビット
申し込み条件 年齢万20歳以上69歳以下の方
安定した定期収入がある方
実質年利 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
即日融資 可能(※1)
WEB完結 可能
無利息期間
収入証明書類 50万円を超える場合に必要(※)
担保/保証人 不要

(※1)申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。
(※2)50万円以下でも収入証明書の提出を求められる場合があります。

WEB完結なら在籍確認の電話連絡なし

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を所持
  • 全国保険協会発行の保険証または、組合保険証を所持

SMBCモビットのWEB完結のための条件は上記の通りです。
これら2つを満たすことができれば、申し込み者の勤務先への電話はありません(※)

在籍確認の電話連絡をなしにできると公表している消費者金融は、先ほどご紹介したアイフルとSMBCモビットの2つのみです。

アイフルとの大きな違いは無利息サービスの有無となっています。

(※)審査の内容によって、電話が必要な場合があります。

ネット申し込み後に電話をすれば優先的に審査実施

 SMBCモビットで、急ぎでお金を借りたい方に向けて最速で借り入れをするまでの流れを公開しています。

  1. ネットで申し込み後、コールセンターへ電話
  2. メールで審査結果を通知、そのまま入会手続きへ
  3. 振込キャッシングまたはモビットカードのどちらかで借り入れ可能

通常の申し込みとの大きな違いはコールセンターへの電話かどうかのみとなっています。
また、電話時には申込完了画面で表示されたユーザーIDを伝えれば、即座に審査を開始してもらえます。

手間はほとんどかからないため、緊急でなるべく早くお金が必要だという方は、ぜひ一度コールセンターにご連絡ください。

  • コールセンター 電話番号:0120-03-5000
  • コールセンター 受付時間:9:00∼21:00

※誰にもバレずにお金を借りられます。

プロミス

プロミス

 

申し込み条件 年齢が20〜69歳の方
安定した収入がある方
実質年利 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
即日融資 可能
WEB完結 可能
無利息期間 30日間(※)
収入証明書類 50万円以上で必要
担保/保証人 不要

(※)メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

2020年オリコン顧客満足度調査1位獲得

プロミスは、2020年に実施されたオリコンノンバンクカードローンの満足度調査のランキングにて総合1位を獲得しました。

評価項目は、カードローンの利用に関する下記の7項目となっています。

  • 申し込み手続き
  • 審査対応
  • 借入条件
  • 金利
  • 借り入れサポート
  • 返済のしやすさ
  • 返済サポート

プロミスは、上記の4項目でも1位を獲得し、総合でも1位を獲得しました
満足度が高いカードローンであれば、ご自身が無理なく利用できていれば、損をしたり、危険な目に合うことはほとんどないと言えます。

上限金利が消費者金融で一番低い

今回紹介する大手消費者金融の上限金利のプロミスを除いて18.0%にて設定されています。
そのため、少額の融資をしてもらう前提の方であれば、プロミス以外の消費者金融に申し込みを行っても18.0%にて金利を設定されてしまいます。

しかし、プロミスであれば他の消費者金融よりも低い金利での借り入れができます

また、はじめての契約であれば、初回利用の翌日から30日間で借り入れすることができるため、プロミスは利息の支払いを抑えたいという方に一番オススメしたいカードローンとなっています。

ただし、30日間無利息サービスを利用したい場合、メールアドレスの登録とWEB明細の利用が必須になる点については注意しましょう。

アコム

アコム
申し込み条件 20歳以上の方
安定した収入と返済能力を有する方
実質年利 3.0%~18.0%
利用限度額 1~800万円
即日融資 可能(※)
WEB完結 可能
無利息期間 30日間
収入証明書類 50万円を超える場合に必要
担保/保証人 不要

比較.com実施のアンケートで1位獲得

比較.comでは、カードローン利用経験者を対象にカードローンに関するアンケートを2020年の8月末に実施しました。

アンケ―トにて、回答者自身が利用したことがあるカードローンを問うたところ、アコムがの利用者が最も多いという結果となりました。

自分の都合に合わせて返済日を選ぶことが可能

  • 前回返済日の翌日から数えて、35日目の返済
  • 毎月ご自身が指定した期日に返済
  • 口座振替で毎月6日の自動引き落とし

アコムは返済日の選択を柔軟に行うことができるため、無理なく返済を行うことができます。
給料日の前後や公共料金の支払いなどを考慮した上で、返済日を設定することをオススメすします。

また、返済日のことを忘れてしまうという方は、口座振替の利用も検討するとよいでしょう。
毎月6日と返済日が固定となるため、口座残高には気を付けたいが、返済忘れを防止することができます。

返済を延滞してしまうと、延滞損害金を通常の返済に上乗せして支払うこととなってしまうので、注意しましょう。

レイクALSA

レイクALSA
申し込み条件 20歳以上70歳未満の方
安定した収入を有する方
国内に移住している方
自分のメールアドレスを有している方
日本の永住権を取得している方
実質年利 4.5%~18.0%
利用限度額 500万円
即日融資 可能
WEB完結 可能
無利息期間 30日間
収入証明書類 利用限度額が50万円を超える場合に必要
(新生銀行ファイナンシャルが必要とする場合)
担保/保証人 不要
その他商品スペックについてはこちら
必要書類 運転免許証などの
本人確認書類
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間/返済回数 最長8年/最大96回
遅延損害利率 年20%
商号 新生ファイナンシャル株式会社
賃金業登録番号 関東財務局(9)第01024号

レイクALSAなら無利息サービスを選択可能

  • 60日間利息0円
  • 5万円まで180日間利息0円

基本的に消費者金融の無利息サービスは30日間で固定されています。
しかし、レイクALSAは唯一無利息期間サービスを選択できるようになっていて借り入れ額や完済予定の期間からご自身の都合に合うような無利息サービスが選べます。

30日間で返済できるか不安な方であっても、60日間または180日間という通常の消費飛車金融の倍の期間があれば返済できるという方も多いのではないでしょうか。

下記では、利用金額に対してどの無利息サービスを選ぶと、お得に利用できるのかを簡単に紹介しております。
レイクALSAのご利用を検討しているのであれば、下記の表を参考に無利息サービスを選択するようにしましょう。

返済回数 利用金額
5万円 10万円 20万円~
1回 両方同じ 60日 60日
3回 180日 60日 60日
6回 180日 180日 60日
12回 180日 180日 60日
24回 180日 60日

申し込みから審査結果を最短15秒表示

申込日 時間
通常営業日 8:10∼21:50
第3日曜日 8:10∼21:50

レイクALSAの特徴として審査スピードの速さも優れています。
上記の時間内であれば、最短15秒で審査の結果を知ることができます。

15秒で審査結果を知ることができれば、そのままWEB上で契約手続きを進めることも可能です。

レイクALSAについての注釈

※60日間無利息・180日間無利息は併用できません。
※契約額が200万円超の方は「30日間無利息」のみになります。
※WEB以外で申し込んだ方は「60日間無利息」を選べません。
※60日間無利息はWEBで申し込んで、契約額が1~200万円の方限定です。
※60日間無利息はWEB以外で申し込んだ方は選べません。
※180日間無利息は契約額1万円~200万円の方限定です。
※21時00分(日曜日は18時00分)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込融資が可能です(一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます)。

大手消費者金融5社を8項目で比較

カード
ローン
アイフル SMBC
モビット
プロミス アコム レイク
ALSA
実質年利 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
利用限度額 800万円 800万円 500万円 800万円 500万円
無利息期間 30日間 30日間 30日間 選択可能(※2)
審査
スピード
最短30分 最短30分(※1) 最短30分 最短30分 最短15秒(※2)
融資
スピード
即日融資 即日融資(※1) 最短1時間 即日融資 WEB審査で
最短60分(※2)
WEB完結
主婦
学生 × × × × ×

※表は横にスクロールすることができます。

今回ご紹介する大手消費者金融の多くでは、金利が3.0%~18.0%の間で設定されています。
唯一、プロミスの金利が4.5%~17.8%で、他社よりも上限金利が低く設定されています。

次に、無利息期間に関しては、SMBCモビットが唯一無利息サービスを設けておらず、レイクALSAでは30日以外の無利息期間を設けています。

最後に、主婦の方でも利用できるとしていますが、安定した収入があることが前提となっています。

注釈

(※1)
審査スピード最短30分について、最短申し込みの曜日・時間帯によって翌日以降の取り扱いとなることがあります。

(※2)
60日間無利息・180日間無利息は併用できません。
契約額が200万円超の方は「30日間無利息」のみになります。

WEB以外で申し込んだ方は「60日間無利息」を選べません。
60日間無利息はWEBで申し込んで、契約額が1~200万円の方限定です。
60日間無利息はWEB以外で申し込んだ方は選べません。
180日間無利息は契約額1万円~200万円の方限定です。

消費者金融の選び方を紹介

5社のカードローンを紹介したが、カードローン会社によって特徴は一長一短であり、どれを選んだらよいのか分からないという方も多いかと思います。

そこで、ここでは消費者金融の選び方について紹介していきます。
ご自身がカードローンに何を求めたいのかをイメージできるよう、細かく解説していきます。

借り入れまでにかかる時間を重視する方

大手消費者金融 融資までの最短時間
アイフル 即日
SMBCモビット 即日
プロミス 1時間
アコム 即日
レイクALSA WEB審査で1時間(※)

基本的に消費者金融であれば、最短で申し込みの当日の融資の融資に対応しています。
今回ご紹介したカードローン会社も全て最短で即日融資に対応しており、中でもプロミスとレイクALSAは更に早い最短1時間にも対応しています。

最短1時間よりも早い融資時間はないので、どうしても緊急でお金が必要な場合は、プロミスまたはレイクALSAへの申し込みをオススメします。

1時間である必要がない場合は、他の消費者金融の様々なメリットからご自身に合ったものを検討するとよいでしょう。

ただし、申込時間やカードローン会社の混雑状況によっては当日に間に合わない可能性もある点には注意が必要です。
なるべく、平日の早い時間帯に申し込みを行うことをオススメします。

もし、翌日以降の融資でも問題ないという場合は、銀行カードローンの利用も視野に入ります。

注釈
  • 60日間特典・180日間特典の併用不可
  • 契約額200万円超の方は30日間特典のみ利用可能
  • WEB以外での申し込みの場合60日間特典の利用不可
  • WEB申し込み&契約額1~200万円で60日間特典利用可能
  • 契約額1~200万円の方のみ180日間特典利用可能

利息の支払いの低さを重視する方

カードローンを利用するには元金の返済に加えて利息の返済が必要です。
利息の支払いはなるべく抑えられる方が返済額が含まらず、無理なく返済できます。

そこで、自分が借り入れる予定の金額や、無利息サービスの有無、そして返済シミュレーションを細かく行う必要があります。

まず、借入金額が少額であれば消費者金融にある無利息サービス期間中に返済することができる可能性があります。
この期間中に返済することができれば、利息の支払いは0になります。

ただし、期間を30日間しか設けていないカードローンが多いため、利用者によっては難しい。そういった方はレイクALSAの利用を検討することをオススメします。

次に、返済は完済までにかかる期間が長ければ長いほど利息の支払いが高額になります。
つまり、完済までの期間が短ければ利息が膨らむことはなくなります。
しかし、借入金額によっては完済までの期間を短くしてしまうと、毎月の返済で生活を圧迫する可能性があるため、注意が必要です。

そこで、しっかりと返済シミュレーションを借り入れ前に行うことが重要です。
返済シミュレーションでは、借入金額と返済期間、そして適用金利を入力すると、毎月の返済額と、利息の支払い総額をすることができます。

ご自身が無理せず返済できる範囲でかつ、利息の支払いも最低限に抑えられる返済期間を設けた上でカードローンを利用しましょう。

適用される金利の低さを重視する方

カードローンでは、基本的に利用限度額や借入残高が高ければ高いほど適用金利が下がります。
逆に、借入金額が低ければほとんどの場合では上限金利または、上限金利に近い金利が適用されます。

つまり、少額融資を予定している場合上限金利が低いカードローンを選ぶことをオススメします。
消費者金融の中で一番金利が低いのはプロミスの17.8%です。
銀行カードローンなら更に低くなります。

なるべく周囲に利用を知られたくない方

カードローンに対してあまりよい印象を持たない方が多くいらっしゃることは確かです。
そのため、なるべくカードローンを周囲に知られずに利用できて悪いことはありません。

カードローンの利用が周囲にバレてしまう可能性は2つあります。

その1つ目は職場の方にカードローンの利用がバレることです。
バレてしまう原因として、在籍確認の電話が職場にかかってくることが挙げられます。

対処方法としては、在籍確認の電話連絡がないカードローンに申し込むことが大事です。
今回紹介したカードローンのアイフルとSMBCモビットのみがこれに対応しています

もし、これらに申し込むことが難しい場合、在籍確認の言い訳を考えておくことをオススメします。

また、2つ目はご家族に利用がバレることです。
バレてしまう原因として、契約後にローンカードが送られてくることです。
郵送物が送られるタイミングは選ぶことができないため、ご自身以外が受け取る可能性が非常に高いです。

こちらも、在籍確認と同様にアイフルとSMBCモビットであれば郵送物なしにてお申込みいただけます。

なるべく楽に返済したい方

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM(コンビニATMなど)
  • インターネット・アプリ

カードローンの返済方法には主に上記の方法が設けられています。
この中で、ご自身が対応しやすい方法で返済できるカードローンを利用することが延滞せずに無理なくカードローンを利用するために重要になってきます。

カードローンの返済は毎月決まった返済日に行われるため、不便な方法や慣れない方法での返済は最初は問題なくても、返済期間が長引くにつれて手間と感じる可能性があります。

今回ご紹介したカードローンで、かつインターネットやアプリからの返済を予定している方であれば、土日や深夜での返済にも対応しているため、心配はありません。

しかし、提携ATMや振込を予定している場合、時間帯や曜日によっては対応不可であることに加えて、手数料が発生する可能性があります。

ご自身が希望している返済方法で、無理なく返済ができるかどうかを下記のリンクから、ぜひご覧ください。

女性ならではのサービスを使用したい方

女性の方でカードローンを利用することは珍しいことではありません。
令和元年(2019年)では、カードローン利用者の中で36.5%が女性を占めています
(参考元:日本賃金協会「賃金需要者等の現状と動向に関する調査結果報告」)

そのため、カードローン会社では女性向けのレディースローンを専用で準備しています。

中でも一番オススメなのはプロミスレディースで、300万人以上の女性の利用実績があります。
(2020年2月時点での利用人数)

コールセンターのオペレーターは女性が対応しているため、女性ならではの相談がしやすい体制が取られています。
また、サービスは通常のカードローンとそん色ないことだけでなく、安定した収入があれば、学生や主婦の方でも利用できます。

下記の記事では、レディースローンについて詳しく紹介しています。
プロミス以外のレディースローンも紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

消費者金融で即日融資してもらうためのポイント

消費者金融の強みとして、最短で即日融資に対応していることが挙げられます。
しかし、あくまで最短であり、混雑状況や申し込みの時間帯によっては翌日以降の借り入れとなることもあり得ます。

そこで、消費者金融でなるべく即日融資してもらうためのポイントをご紹介します。

希望の限度額は最低限で提出する

カードローンに申し込むとき、自身の希望する利用限度額を提出する必要があります。
その時、なるべくご自身が利用する予定の範囲ないで最低限の金額で提出することをオススメします。

利用限度額は、基本的に自身の年収の3分の1未満でしか設定できませんが、利用限度額が高くなればなるほど、利用者の返済能力が求められます

また、利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が義務付けられているため、即日融資を希望するのであれば事前に書類を準備しておく必要があります。

これらの理由から、初回の利用時には50万円未満でご自身が利用する予定の最低限の金額を利用限度額として希望することをオススメします。

もし、カードローンの利用中に利用限度額の上限でも満足して借り入れができない場合、増額審査を受けることもできるため、利用状況に応じて増額審査を受けることも検討してもよいかもしれません。

申し込みフォームや書類に不備がないようにする

カードローンの申し込みには、各会社のホームページなどから個人情報や利用に関する情報を記載し、本人確認書類を提出する必要があります。

この時の書類に不備がある場合、確認や再提出に要するために審査の時間が伸びてしまうだけでなく、不備の内容によっては虚偽申告をしていると捉えられ、審査落ちしてしまう可能性があります。

申し込みフォームに関しては、提出前に記入ミスがないのかを確認してから提出するようにしましょう。
もし、提出後に記入ミスを発見してしまった場合、コールセンターにご自身から電話することをオススメします。

また、書類に関しては各カードローン会社が定める条件をしっかり満たすようにしよう。
場合によっては書類の写真を撮って提出する場合があるので、この時に書類に掲載されている細かい文字がハッキリ写るようにしましょう。

在籍確認を取りやすい日に申し込みを行う

在籍確認は、基本的に勤務先に電話をかけることで行われます。

在籍確認の電話連絡が必要ない場合は該当しないが、職場が休みの場合や、申込者のことを認識していない方が電話に応対した場合に在籍確認が実施されてしまうと、在籍確認をとることができません

そのため、在籍確認の電話連絡が必須な連絡が必要になった場合、職場の営業日を選ぶことをオススメします。

この時、周りの人にカードローンの利用がバレないようにするためにも、在籍確認の電話がかかってきたときの言い訳を考えておくと疑われることはありません。

下記の記事では、在籍確認の言い訳について紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

消費者金融に関するQ&A

ここでは、本編でご紹介できなかった消費者金融に関する”よくある質問”とその答えをご紹介します。

消費者金融の審査の内容はどうなっているの?

消費者金融の審査の具体的な内容は残念ながら公表されていません

しかし、カードローンで審査が必要な理由は2つあります。
それは、申込者の返済能力の確認と、総量規制に該当しないかどうかを確認する必要があるからです。

返済能力とは、申込者・利用者が毎月の返済を継続的に行っていけるかどうかということを指します。

また、総量規制とは多重債務者や借金により破産する人を増やさないために定められた賃金業法の1つです。
総量規制では、消費者金融やクレジットカード会社に対して、個人の借入額が収入の3分の1を超えてはならないと決まりで制限しています。

つまり、カードローン会社は個人に対して過剰に融資しないように、また、個人が借金に困らないために審査が行われています

審査に落ちることで悪影響はある?

審査に落ちると信用情報に傷が付いてしまいます

信用情報とは、個人のクレジットやローンの履歴や、現在利用しているローンやクレジットの利用限度額などを確認することができる情報です。

信用情報に傷が付くと、それ以降に申し込むローンやクレジットの審査に悪影響がでる可能性が高いです。
それだけでなく、ブラックリスト入りしてしまうとローンやクレジットが5年以上一切利用できなくなってしまいます。

下記の記事では、信用情報についてより詳しく紹介しています。
審査落ち以外で信用情報に傷が付いてしまう原因についても紹介しているので、あわせてご覧ください。

土日祝日でも申し込みことはできる?

今回ご紹介した消費者金融は、土日での申し込みも可能です

ただし、土日祝日に関しても、申し込みの時間帯やカードローン会社の混雑状況によっては借り入れが翌営業日になってしまう可能性があります。

また、土日祝日の申し込みであっても在籍確認が行われるため、在籍確認の電話連絡が必須なカードローンに申し込む場合にも注意が必要です。

大手消費者金融の比較についてまとめ

今回、大手消費者金融5社の比較について下記の内容を紹介してきました。

  • 消費者金融は、即日融資や無利息サービスが特徴な金融サービス
  • 消費者金融はグレーゾーン金利が廃止され、危険というイメージは払しょくされた
  • 大手消費者金融はそれぞれ特徴が異なるため、ご自身に合うものを選ぶ
  • 消費者金融で即日融資をしてもらうのであれば、利用限度額や申し込み時の不備、在籍確認の3つに気を付けて申し込みをする

大手消費者金融と言われるカードローン会社は5社しかありませんが、それぞれ違いがあることがお分かりいただけたかと思います。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら、ご自身がカードローンに求めるものに合わせて消費者金融を選んでみてください。

また、下記の記事では今回ご紹介した大手消費者金融を含む、カードローン10社を10項目で比較、ランキング形式でご紹介しています。
銀行カードローンもあわせて比較検討したいという方は、あわせてご覧ください。