未分類

カードローンの選び方のポイントってある?利用者に合わせた選び方を徹底解説!

自分にあったカードローンの選び方とは

「どのカードローンが自分に合うのかわからない!」
「カードローンの選び方のコツはないの?」

カードローンは種類が豊富でどの会社のカードローンを利用すればいいのか迷う方も多いでしょう。

そのような方たちに向けて、本記事では以下のような情報を紹介しています。

  • 状況に応じたカードローンの選び方
  • 職業・雇用形態別にお金を借りる方法
  • カードローンを選ぶときに重視したいポイント
  • カードローンを選ぶときの注意点

利用者ごとに使いやすいと感じるカードローンは異なります。

選び方の基準にやポイントを知っておくことで自身に合うカードローンを選べるようになるので、この記事を読んで参考にしていただけたらと思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

カードローンは大きく分けて2種類

カードローンとはローン専用カードを使って、無担保・無保証人で自由に借り入れ・返済できるサービスです。

カードローンを大きく分けると消費者金融と銀行カードローンに2つに分けられます。

どちらも共通しているのはお金を借り入れして利息を加えて返済するという点のみで、提供している業者の違いからカードローンの特徴が異なります。

ここでは、消費者金融と銀行カードローンについてそれぞれ説明します。

消費者金融

消費者金融とは、主に消費者金融が提供しているカードローンのことです。

消費者金融が提供するカードローンの特徴は以下のようになります。

メリットデメリット
即日融資が可能
キャンペーンの利用でお得に借り入れできる
他のローン比べて金利が高い
借り入れできる金額が少ない

消費者金融は賃金業者に分類されるため賃金業法に沿って貸し付けを行っています。

賃金業法には個人の能力を超えた貸し付けしてはいけないという総量規制という法律が定められているため、個人年収の1/3以上の融資はしていません。

複数社から借りている場合でも、すべての借入金額の合計が総量規制を超えないようになっているため、比較的借りれる金額も少額になっています。

銀行カードローン

一方で、銀行カードローンとは銀行などの金融機関が提供しているカードローンです。

銀行では、目的別ローンや使用用途が決められているローンも提供していますが、使用用途を問わないローンをカードローンとして提供しています。

銀行が提供するカードローンの特徴は以下のようになります。

メリットデメリット
金利が低い
収入がなくても利用できる場合がある
銀行が運営しているという安心感がある
融資までに時間がかかる
返済の自由度が低い

銀行カードローンも消費者金融と同じく法律に沿って貸し付けを行っています。
銀行カードローンは銀行のローンなので、銀行法が適用されます。

消費者金融は総量規制により収入が0の方には融資ができませんが、銀行カードローンはそのような規制がないため、審査次第で利用できる可能性があります。

状況に応じたカードローンの選び方

ここからは、上記で紹介したカードローンの特徴を元に、状況別に選び方を説明します。

初めてカードローンを利用する方

カードローンを初めて利用する方は、お金を借り入れることに対して不安があるでしょう。

そのため、初めてカードローンを利用する方は安心感を得るためにも、初めて利用する方に向けたサポートが充実している消費者金融をおすすめします。

特にアコムでは、「はじめてのアコム」というように初めてのサービスが充実しています。

アコムは20代の利用者が1番多く初めての利用者でも利用しやすいカードローンであることがわかります。

また、消費者金融は初めての利用で高額な融資はしない傾向にあるため、借りすぎになる心配もありません。

初めてカードローンを利用する方は、アコムなど消費者金融の利用をおすすめします。

アコムの商品詳細
アコム
融資対象者20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
WEB完結可能
担保不要
保証人不要

融資をはやく受けたい方

融資をはやく受けたい方は、即日融資を可能としている消費者金融をおすすめします。

銀行カードローンは最短で翌営業日の融資のため、その日にお金が必要でも用意できません。
しかし、消費者金融であれば即日に対応してくれるので、確実にお金を準備することができます。

ただし、混雑状況や審査状況によって即日融資が難しくなる場合があります。

確実に即日融資を受けたいのであれば、少なくとも午前中に申し込みを済ませておくようにしましょう。

また、カードローンの中でトップスラスに素早い融資をしているのがプロミスです。

スマホから申し込むと最短15秒事前審査が受けられ、本審査完了までは最短30分です。
そして、融資までは最短1時間と公言しているため圧倒的なスピードで借り入れできます。

より融資までの時間を重視したい方であれば、プロミスなど消費者金融の利用を検討してみてください。

プロミスの商品詳細
プロミス
融資対象者20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
WEB完結可能
担保不要
保証人不要

長期的に借り入れしたい方

長期的に借り入れをしたいと考えている方は、金利が低い銀行カードローンをおすすめします。

カードローンは、借入期間に応じた分の利息を借入額に加えて返済していくものです。
借入期間が長くなればなるほど利息は膨らみ、返済総額は高額になります。

そうなると、余計なお金を支払わなくてはいけなくなり、返済の負担も大きくなります。

しかし、長期的な借り入れでも金利を低いカードローンを利用することで利息を減らして、返済の負担を軽減させることができます。

そのため、長期的な借り入れをする方は特に金利の低い銀行カードローンの中から選ぶことをおすすめします。

利息を少なく借り入れしたい方

利息を少なく借り入れしたい方におすすめのカードローンは、借り入れする期間によって変わります。

短期間の借り入れの場合は、無利息サービスを提供している消費者金融をおすすめします。
無利息サービスとは、借り入れを始めてから一定期間利息なしで借り入れできるサービスです。

高金利である消費者金融でも無利息サービスを利用し無利息期間に完済してしまえば、利息0円で借りた金額以外のお金が発生しないようになります。

特に、レイクALSAは始めての利用であれば、無利息期間が選べるようになっています。

そして、長期間の借り入れの場合は、上記の項目でも説明したように低金利なほど利息を抑えられるため、金利の低い銀行カードローンをおすすめします。

レイクALSAの商品詳細
レイクALSA
融資対象者満20歳~70歳の方
安定した収入がある方
国内に居住している方
日本の永住権を取得されている方
ご身のメールアドレスを有している方
実質年率4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
審査スピード最短15秒
融資スピード最短1時間(※)
WEB完結可能
担保不要
保証人不要

(※)※21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込可能。
一部金融機関および、メンテナンス時間帯を除く。

内緒で借り入れしたい方

カードローンは基本的に周りに気づかれにくいよう配慮されているものです。

しかし、より確実に気づかれにくくしたい方は、在籍確認の電話連絡や自宅に届く郵送物を無くせる消費者金融を選びましょう。

在籍確認とは申込者がきちんと勤務していて安定した収入があるのかを確かめるために勤務先に電話をすることです。
利用するのであれば在籍確認は必ず受けなければいけない審査です。

勤務先にカードローン会社から電話がくるため職場の方に知られる原因になり得ますが、消費者金融であれば電話確認の代わりに書類審査になることがあります。

SMBCモビットアイフルは最初から在籍確認を書類により確認していることを公言しているので、勤務先に電話連絡がいくことはありません。

そして、郵送物は家族に知られる原因になり得ますが、WEB完結で申し込みが完了できるカードローンであれば、郵送物の有無も変更できることが多いです。
郵送物を無しすると家族にも知られる可能性を減らせるため、申し込みのときに確認してみましょう。

SMBCモビットの商品詳細
SMBCモビット
融資対象者20歳以上69歳以下
安定した収入がある方
実質年率3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
審査スピード最短30分(※)
融資スピード最短即日(※)
WEB完結可能
担保不要
保証人不要

(※)申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合がある。

アイフルの商品詳細
アイフル
融資対象者20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
WEB完結可能
担保不要
保証人不要

 

高額融資を受けたい方

初めての利用でも高額融資を受けたい方は、高額融資の可能性がある銀行カードローンをおすすめします。

カードローンには利用限度額があり、利用者ごとに審査結果によって決定される仕組みになっています。

そこで、カードローン会社はお金が返ってこない貸し倒れのリスクを軽減するために、初めてカードローンを利用する方には少額の融資しかしない傾向があります。

特に消費者金融で多くみられる傾向であり、初めての利用で高額融資を受けたい方には消費者金融の利用は向いていません。

銀行カードローンであれば、審査をしっかり行ったうえで高額の借り入れができる可能性が高いので、そちらの利用をおすすめします。

ライフコース別にお金を借りる方法

上記では、状況に応じたカードローンの選び方を説明しましたが、ライフコースによってカードローンを選ぶ方法もあります。

また、利用者によってはカードローンを利用できない場合があります。
自身がどの項目に当てはまるのか確認して、ぜひ参考にしてみてください。

正社員

安定した収入をある程度もらっている正社員の方は、消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通りやすくて借り入れできる可能性が高いです。

特に他社からの借り入れもなく、普段からクレジットカードなどの金融サービスもきちんと利用できているのであれば、確実に融資をしてもらえるでしょう。

ただし、正社員でも勤続年数が短い場合や、会社が不安定なところと判断されてしまったら融資されにくくなるので注意が必要になります。

契約・派遣社員

契約社員や派遣社員として働いている方は、正社員とさほど変わらない仕事ぶりでも正社員と比べると少し審査は厳しくなります

しかし、安定した収入を得ていることには変わりないので、カードローンの利用自体に影響はありません。

そのため、正社員と同じように消費者金融でも銀行カードローンでも利用可能です。

ただ、正社員より収入が低い傾向にあり派遣社員に関しては毎月一定の仕事があるとは限らないため、利用限度額が低く設定される可能性があります。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの方は、安定した収入があまり多くないため、正社員や契約・派遣社員と同じようにカードローンを選んでも審査を通過できる可能性は低いです。

そのため、パートやアルバイトでも審査に通りやすい消費者金融の利用をおすすめします。

消費者金融は元々、初めての利用者へは少額融資の傾向にあるため、年収が高くない方でも審査に通りやすくなっています。

収入があまり多くない方は、消費者金融を選び融資してもらう可能性を上げましょう。

また、パートやアルバイトがシフト制の方は、あらかじめカードローン会社に在籍確認の仕方やタイミングを確認しておくことをおすすめします。

学生

基本的に学生でも20歳を超えていれば、安定した収入があることを前提にカードローンの利用はできます。

しかし、利用条件に学生不可としているカードローンもあるため、比較的学生の利用も可能としている消費者金融の利用をおすすめします。

一方で学生でも未成年の方の場合、法律によりカードローンの契約ができません

どうしてもお金を借りたいのであれば、学生ローンかクレジットのキャッシングの利用を検討してみてください。

専業主婦

専業主婦の方がカードローンを利用するとなると、収入の有無によって利用できるカードローンが変わります。

パートで収入が少なくても安定して収入がある方であれば、消費者金融の利用ができます

一方で、収入が全く無い専業主婦の方だと、消費者金融は総量規制という法律により利用できません。

総量規制の対象にならない銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも借り入れできる可能性があるため、そちらの利用を検討しましょう。

ただし、銀行カードローンでも専業主婦を利用可能としているカードローンは少ないため、利用できる選択肢は限られてることを把握しておいてください。

事業者

カードローンは資金用途が自由とされていますが、カードローン会社によっては事業目的の借り入れは受け付けていない場合があります。

理由は、一般消費者向けと事業者向けではカードローンの審査内容が異なるからです。

もし、事業資金としてお金を用意したいのであれば、事業資金専用のビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンは通常カードローンと審査の流れは変わりませんが、必要書類が増えます。

そのため、ビジネスローンの利用を検討していてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

即日で資金調達!オススメのビジネスローンを7社ご紹介!
おすすめビジネスローン7社を比較&紹介!即日で資金調達するコツも解説!ビジネスローンを探している方のためにおすすめのビジネスローン会社7社を比較し、ランキング形式でご紹介していきます。それぞれのビジネスローンの特徴や、即日で資金調達をするためのポイントなども解説していきます。...

カードローンを選ぶときに重視したいポイント

カードローン選びの重要ポイント

ここでは、カードローンを選ぶときに重視してほしいポイントを7つ説明します。

金利

カードローンの金利は基本的に「3.0%~18.0%」といったように表示されています。

範囲が広くどこを基準に見ればいいかわからないかも知れませんが、初めてカードローン利用する方は最高金利に注目しましょう。

なぜなら、カードローン会社は初めてカードローンを利用する人には返済に関しての信用がまだできていないため、最高金利で設定する傾向にあるからです。

そのため、カードローンの最高金利に注目してなるべく低いところから選ぶようにしましょう。

金利が低ければ低いほど返済総額を抑えることができるため、利用しやすくなります。

申し込みのしやすさ

カードローンを初めて申し込むのであれば、申し込みやすいと感じられる手段があることを確認しましょう。

申込手段は基本的に電話や自動契約機、店頭、郵送、WEBがあります。

最近では、どこにいても申し込みが可能で周囲に知られづらいWEB申し込みが主流になっているようです。

また、多くのカードローン会社はWEB申し込みでも、申し込みから契約までWEBで済ませることができる「WEB完結」というサービスを展開しています。

初めて申し込みする方でも迷いにくくなっているため、WEBで申し込みができるならば「WEB完結」が利用できるか確認してみましょう。

さらに、相談しながら申し込みをしたい方は、公式チャットや専用ダイヤルが設置してあるカードローンを選ぶのもいいかもしれません。

融資までの早さ

カードローンを利用したい方は借り入れを急いでいる方が多く、融資スピードが早ければ早いだけ嬉しいでしょう。

カードローンによって審査の仕方が違うので、融資までにかかる時間も異なります。
最短でどのくらいの時間で融資を受けれるのか、申込時間と申込に必要な書類も確認してみましょう。

ただ、最短1時間融資を可能としていても、申込内容や混雑状況によって1時間以上かかる可能性はあります。

融資を急いでいる方専用にダイヤルを設置していることもあるので、カードローンを選ぶときに注目してみてください。

返済のしやすさ

カードローンを利用することで1番大切なのは返済していくことです。

返済計画と合わせてどのように返済していくかが重要になるので、返済手段の豊富さに注目して選びましょう。
自身が返済しやすい手段を使うと、効率的に返済ができるようになります。

また、高額の借り入れした場合、返済回数も手数料もかかります。
そのため、手段だけでなく手数料がかからない返済方法を選ぶこともポイントになります。

さらに、返済期日も自身で選べたら給料日と調整できるため、返済の負担を軽減することに繋がります。

返済のしやすさを求めることは非常に重要であるため、もっと詳しく知りたい方は以下の記事の合わせてご覧ください。

カードローンの返済方法は工夫できる
カードローンの返済について徹底解説!効率よく返済をするコツも紹介!カードローンでは、毎月必ず返済を行う必要があります。そのため、カードローンを利用する前に返済について詳しく知っておくことで便利にカードローンを利用することができます。今回は、カードローンの返済方法や返済日、効率よく返済を進めるコツについて解説していきます。...

専用口座の有無

銀行カードローンの場合、使用できる口座が指定されていることがあります。
もし、指定された口座を持っていない方であれば口座の新規開設が必要になります。

銀行カードローンの融資を待つことに加えて銀行開設の時間も必要になると、お金が必要なタイミングには間に合わないかもしれません。

スムーズに借り入れするためにも口座の指定があるのか、自身が専用口座を持っているのかを事前に確認しましょう。

また、普段利用している口座で登録できて、専用口座が必要ないカードローンもあります。
口座を新規開設する時間がない方は、専用口座の有無に注目して選びましょう。

無利息サービスの有無

消費者金融で選ぼうとしている方は、無利息サービスのキャンペーンの有無にも注目しましょう。

無利息サービスは、利用できる条件に初めてカードローンを利用する方と提示されていて繰り返し使うことはできません。

初めて利用する方にしか利用できない特別なサービスであるため、消費者金融を選ぶのであれば無利息サービスがあるカードローンをおすすめします。

カードローンを利用する以外のメリット

カードローンによってお金を借りること以外にメリットになるサービスを展開している会社もあります。

例として楽天銀行の提供している楽天銀行スーパーローンは、カードローンを利用していくほどにポイントが貯まっていく仕組みになっています。

貯めたポイントは楽天サービスに使用できて、お金を借りながらポイントを貯められる一石二鳥のカードローンなのです。

また、オリックス銀行が提供しているカードローンでは、ガン保障特約付きプランがあり将来に備えたサービスを選択できます

もし、ガンの申告を受けても最悪の事態になっても、保険金を未返済債務に充てることになるのでローンを組みながら万が一に備えられます。

このようにお金を借りること以外にも生活や将来にプラスになるカードローンもあるので、他にどのようなメリットがあるのかも確認しましょう。

カードローンを選ぶときの注意点

ここまでカードローンの選び方を説明しましたが、選ぶときに気をつけなければいけない点もあります。

以下のことには注意してカードローンを選ぶようにしましょう。

怪しい業者は利用しない

初めてカードローンを利用する方は、審査がないとか審査が易しいカードローンとアピールしている会社に惹かれてしまうことがあります。

しかし、審査をしっかりしていないカードローン会社は違法なやり取りをする闇金業者である可能性が高いです。

もし闇金業者を利用してしまったら、過酷な取り立てなど厳しいリスクを負いかねません

無審査でカードローンを提供しているカードローン会社は、危険なので使わないようにしてください。

また、この記事でおすすめしたカードローン会社は国に賃金業を行うことをしっかり申請をしている賃金業者であるため、安全に借り入れできます。

必要書類の確認

カードローン会社によって申し込みで提出を求められる書類は異なります。
主に必要書類として求められるのは、本人確認書類と収入証明書類です。

本人確認書類は、本人確認や申告した内容の事実確認のために必須で提出しなければなりません。

自身で確認しなくてはならないのが収入証明書類であり、借入額が50万円を超える場合か他社の借入額と合計して100万円を超える場合に必要になります。

また、審査状況によって必要になる可能性があるので、スムーズに融資を受けたいのであれば準備しておくようにしましょう。

在籍確認の仕方やタイミングを確認

在籍確認は、申込者がきちんと働いて安定した収入を得ているのかを確認するために大切な審査です。

カードローンを利用したいのであれば、確実に在籍確認を受けなくてはなりません

逆に、在籍確認の対応ができないと審査落ちになってしまうので、そのようなことを防ぐためにも仕方やタイミングを確認しましょう。

カードローン会社はほとんど勤務先への電話連絡で確認していますが、一部では書類での確認方法をとっています。

電話に出ることが難しそうであれば書類で在籍確認しているカードローンを、通常通りの電話連絡に対応できるのであれば確実に対応するためにタイミングを確認しましょう。

利用条件を満たしているのか確認

基本的にカードローン会社の利用条件には、年齢条件と安定した収入があることが提示されています。

しかし、その他にもカードローン会社によってライフコースに指定があり、アルバイト・パート、学生、専業主婦など利用できないことがあります。

そのため、年齢条件や収入で利用条件を突破しても、職業や雇用形態によっては利用できない可能性があるのできちんと利用できることを確認して選びましょう、

カードローンの選び方についてQ&A

カードローンの選び方について気になるところをQ&A方式で説明します。

他社から借り入れているが新しく契約できるカードローンはある?

基本的に、借り入れしている会社が多いほど審査には不利になります。

複数社を利用していると、日常的にお金が足りていない人と判断されて、もし融資しても貸し倒れになるだろうと考えられてしまいます。

カードローン会社は確実に返済できる人にしか融資しないので、複数社を利用している人はなるべく最低限に減らしておくといいでしょう。

しかし、総量規制に余裕があり返済状況も良好であるならば、融資してもらえる可能性はあります。

カードローン会社によって融資を決める基準は異なるので、不安であれば申し込みのときに相談しましょう。

使い道によってはカードローンじゃない方がいい?

カードローンは基本的に使用用途が自由であるため、金利が高く設定されています。

もし、自動車や不動産の購入、教育用など目的がはっきり決まっているなら、目的別ローンの方がいいかもしれません。

理由は、目的別ローンの方がカードローンより金利が低いため、返済総額を抑えることができるからです。

しかし、目的別ローンは一度の契約で一度の借り入れしかできませんが、カードローンは一度の契約で何度も借り入れできます。

そのため、借り入れが一度ではなくなる可能性が高い方はカードローンにしましょう。

自身の優先する条件に合わせてカードローンを選ぼう

カードローンの選び方について以下のようにまとめました。

  • カードローンは状況に応じて注目すべきポイントが変わる
  • ライフコースによってもカードローンの選び方が変わり、カードローン以外のローンを利用を検討する場合がある
  • カードローンを申し込むときに重視したい7つのポイント
    • 金利
    • 申し込みのしやすさ
    • 融資までの早さ
    • 返済のしやすさ
    • 専用口座の有無
    • 無利息サービスの有無
    • カードローンを利用する以外のメリット
  • カードローンを選ぶときの注意点
    • 怪しい業者は利用しない
    • 必要書類の確認
    • 在籍確認の仕方やタイミングの確認
    • 利用条件を満たしているのかの確認

カードローンは利用者の要望に応じて利用しやすいように種類も豊富になりました。

その分どのカードローンを選ぶか迷ってしまうと思いますが、自身のライフコースとお金を借りたい状況をかけ合わせると、ぴったりのカードローンを見つけることができます。

この記事を参考にして、自身に合うカードローンを探してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。