条件別カードローン紹介

収入なしの専業主婦でも借りれるおすすめカードローン10社を比較!絶対にお金を借りたい主婦必見。

専業主婦におすすめのカードローン比較ランキング

「専業主婦OKなカード会社が見つからない…」
「なかなかカードローンの審査に通らない…」

そんなお困りの専業主婦の方でも、申し込めるカードローンはあります

この記事では専業主婦でもカードローンを利用する方法、利用可能なカードローン会社の比較紹介、総合ランキングや融資を受けるコツのほか、よくある質問についてもご紹介しています。

パートや副収入があるなら消費者金融がおすすめ

当ページでは”1円も収入がない人”でも借り入れ可能なカードローンを紹介していますが、全て借り入れ可能なのが翌日以降。
場合によっては一週間待たされることもあります。

もしパートやポイ活で何かしら収入があるなら、一度消費者金融にチャレンジするのがおすすめ。
主婦の方でも最短即日でお金を借りられます。

特に消費者金融のプロミスは主婦への融資に積極的
女性の方でも申し込みやすいように「プロミスレディース」という女性向けの商品を用意しています。

最短15秒で審査結果がわかるので、急いでいる人はまずプロミスレディースに申し込んでみるのがおすすめです。

↓公式HPをチェック↓
※最短1時間でこっそり借り入れできます。

Contents
  1. 収入ゼロの専業主婦でもカードローンを利用可能か?
  2. 専業主婦も利用可能な銀行カードローン10社を徹底比較
  3. 専業主婦向け「銀行カードローン」総合ランキング【トップ3】
  4. 専業主婦でも融資を受けるコツやポイント!
  5. 専業主婦みんなのカードローン利用Q&Aまとめ
  6. 銀行カードローンなら専業主婦でも借りられる!

収入ゼロの専業主婦でもカードローンを利用可能か?

専業主婦でもカードローンは利用できます。

基本的に専業主婦は収入がありませんよね。
いくら普段家庭を支えている主婦であっても、カードローンでは「収入ゼロ=返済能力がない」とみなされてしまいます。

ただし専業主婦の場合は「夫に安定した収入」があれば、カードローンが組める会社もあります。

専業主婦の場合は、こうした「夫の収入が安定していればOK」なカードローンを選びましょう。

さて、カードローンを提供している会社は「消費者金融」と「銀行」がありますが、専業主婦の場合どちらでも利用は可能なのでしょうか?

これから詳しくご紹介します。

消費者金融は「総量規制」があるので専業主婦だと難しい

専業主婦だと、消費者金融は難しい。

消費者金融の方がお金を借りられるイメージがありますが、残念ながら収入のない人は借りることが難しいです。

昔の消費者金融では、過剰な貸付で経済破綻に追い込まれる消費者が多かったことから、賃金業法で「総量規制」が定められました。

総量規制とは「年収の3分の1以上のお金を貸付できない」という規制です。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会

専業主婦の場合は収入が「ゼロ」であるため、お金の借り入れはできません。

なんらかの収入がある場合は消費者金融のカードローンを利用可能ですが、専業主婦の場合はできないと思っておきましょう。

配偶者の同意があれば消費者金融の「配偶者貸付」も利用可能

収入のない専業主婦は消費者金融のカードローンをご利用いただけませんが、配偶者の同意があれば、中小規模の消費者金融が提供する「配偶者貸付」を利用することができます

通常のカードローンは「個人の収入」で審査を行いますが、配偶者貸付の場合は「夫婦の収入合計」を審査して貸付を行います。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦であっても、夫婦の合計収入の3分の1まで借り入れが可能です。

銀行カードローンよりも借り入れ額が大きくなる場合も多いですが、審査には次の書類が必要です。

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻証明書
  • 収入証明書

つまり「旦那に秘密では借りられない」ので、ご注意ください。

プロミス、SMBCモビット、アイフル、アコムの大手消費者金融では配偶者貸付を行っていないため、借り入れをご希望の場合は、中小の消費者金融にお問い合わせを行ってみてください。

専業主婦なら狙い目は銀行カードローン

専業主婦の場合は、総量規制のない銀行カードローンがおすすめ。

賃金業法で定められた「総量規制」は、消費者金融のみに適用される法律となっています。

銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫にはこの法律が適用されない為、収入のない専業主婦でも銀行のカードローンなら作ることが可能です。

ただしどの銀行でも貸付をしてくれる訳ではなく、大手銀行ほど無収入の人からの借り入れを自主規制しているところも多くなっています。

小さな地方銀行の方が柔軟に対応をしている場合も多いので、専業主婦なら特に地方銀行のカードローンが狙い目です。

地方銀行の場合は貸付条件に「営業所付近にお住まいの人」と、定めているところも多いです。

地方銀行はこの記事で紹介をしきれないため、一度ご自身のお住まい付近の地方銀行を調べてみてください。

銀行によっては、カードローンの金利や貸付上限の緩いところを見つけられるかもしれません。

専業主婦も利用可能な銀行カードローン10社を徹底比較

上記でご紹介しましたとおり、専業主婦でも銀行のカードローンを利用することが可能です。

ただし全ての銀行で、貸付を行っている訳ではありません。

専業主婦でも融資を受けられる、銀行カードローン一覧をご紹介します。

※タップ・クリックすると拡大します。

専業主婦におすすめのカードローン比較ランキング

(*1)ご利用可能エリアに制限のある銀行です。営業所付近の対象エリアにお住まいの場合は、ご利用いただけます。

(*2)銀行の融資上限額ではなく、専業主婦の場合の上限額となります。上限定めに記載のない銀行は、収入証明書の提出が不要な金額(50万円)を上限としています。

(*3)借入が100万円以下の場合の金利となります。

銀行によって融資額上限が何百万円となるところも多いですが、専業主婦の場合は50万円が上限となる場合がほとんどです。
50万円以上の融資には、夫の収入証明書も必要となってきます。

カードローン申請時に高い金額を設定すると落ちやすくなるので、50万円以内で設定するのがおすすめです。

専業主婦向け「銀行カードローン」総合ランキング【トップ3】

上記ご紹介しました、専業主婦でもカードローンが作れる10社の中で、特におすすめする3社は下記となります。

  1. 楽天銀行スーパーローン
  2. イオン銀行カードローン
  3. 愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」

①楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
項目内容
カードローンの種類銀行カードローン
実質年率14.5%
利用限度額50万円(専業主婦の場合)
申し込み条件①満20歳以上62歳以下
(パート・アルバイトの人、
専業主婦は60歳以下)
②日本国内に居住している
(外国籍の人は永住権、
または特別永住権が必要)
③毎月安定した収入のあるお勤めの方、
または専業主婦
④楽天カード株式会社または
 株式会社セディナの保証を受けられる人
(楽天銀行が認めた場合は不要)
収入証明書類課税証明書(所得証明書)
即日融資不可
WEB完結可能
担保
保証人
楽天カード株式会社
または株式会社セディナ
(楽天銀行が認めた場合は不要)

楽天銀行カードローンの特徴は、下記の3点です。

  • スマホでお申し込みが簡単に完了する
  • 手数料0円で24時間コンビニATMから引き出せる
  • 楽天会員なら審査が優遇されることもある

楽天銀行スーパーローンは、何といっても登録のしやすさ、使いやすさが抜群です。

スマホから簡単申込できるので、いつでもお金が必要になった場合に、簡単にお申し込みができます。

新たな口座開設不要で、普段使っている銀行口座がそのまま使えるのも嬉しいポイント。
最短翌日に審査&融資が受けられる上、全国のATMから手数料無料でスムーズに引き出せますよ。

入会やご利用で楽天ポイントも貰えるので、他のカードローンと比較をしてもお得です。

②イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
項目内容
カードロ―ンの種類銀行カードローン
実質年率年11.80%~13.8%
利用限度額50万円
申し込み条件・日本国内に居住している(外国籍の人は永住許可を受けている人)
・契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満
・本人に安定かつ継続した収入が見込める(パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)含む、学生不可)
・イオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる
収入証明書類住民税決定通知書
即日融資(既にイオン銀行口座がある場合のみ)カード受け取り前に一回のみ銀行口座への振込融資が可能
WEB完結
担保
保証人
不要

イオン銀行カードローンの特徴は、下記の3点です。

  • 銀行カードローンの中でも特に低金利!
  • スマホで簡単スムーズにお申し込みが可能
  • イオン銀行・コンビニATM・UFJなどの提携銀行からお引き出し可能

イオン銀行カードローンは、業界屈指の低金利がポイント。
最大年13.80%なので、1位の楽天銀行スーパーローンと比較をしても0.7%も低いです。

大金を借入する場合は金利のお得さが異なりますが、専業主婦で50万円以内の借入をするなら断然イオン銀行のカードローンがお得です。

登録がしやすく、引き出し・返済も便利なので専業主婦からお申し込みも多いカードローンとなります。

イオングループが運営をしているので、お買い物ついでに引き出しや返済もできますよ。

③愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」

愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」
項目内容
カードロ―ンの種類銀行カードローン
実質年率14.6%
利用限度額50万円
申し込み条件・安定した収入があり、申込時の年齢が満20歳以上65歳以下(専業主婦、パート、アルバイトを含む)
・SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる
収入証明書類不要
即日融資不可
WEB完結
担保
保証人
不要

愛媛銀行の「ひめぎんクイックカードローン」の特徴は、下記の3点です。

  • 契約と同時に即振込が可能!スピーディーに借りられる
  • WEB契約は30日間無利息で利用可能
  • 月4回までコンビニATM手数料無料で引き出せる

愛媛銀行の「ひめぎんクイックカードローン」の魅力は、契約と同時に即振込が可能なこと。

銀行カードローンの場合、審査を通っても、手元にカードが届くまで2~3日かかります。
「すぐにお金が必要!」という場合には困りますよね?

愛媛銀行なら指定した口座(愛媛銀行以外の口座もOK)に、契約と同時にお金を振り込んでくれるので、急ぎで欲しい人におすすめです。

専業主婦でも融資を受けるコツやポイント!

専業主婦がカードローンを申し込める銀行を紹介しましたが、どれも「必ず申し込める」という訳ではありません。

銀行の審査に通過をする必要があります

専業主婦でも銀行カードローンの審査を通過して、融資を受けられるようになるコツをご紹介します

①地方銀行を狙う

大きい銀行ほど、融資の制限が厳しいことがあります。

「融資が緩い」とまでは言えませんが、地方銀行を狙う方が、専業主婦の場合は融資を得られやすいです。

地方銀行から融資を受けるには、銀行近くの地域に在住していることが条件となっていることもあります。

審査に落ちることに不安がある場合は、一度自宅近くに営業所のある地方銀行から、お申し込みを行ってみるのがおすすめです。

②利用限度額を低めに設定する

お申し込み時に利用金額を高めに設定すると「かなりお金に困っている人」と思われ、銀行から融資をもらえない可能性が高まります。

また、専業主婦に融資を行っている銀行でも「50万円以上の借入は配偶者の収入証明書が必要」としているところも多いです。

お申し込み時には、最大でも「50万円」を上限にすることが、通りやすくするコツです。

③信用情報はクリーンであることが大切

審査に通るには、信用情報がクリーンでなければいけません。
信用情報とは、いわゆる「ブラックリスト」のことです。

過去に自己破産、借金滞納、家賃滞納、携帯代滞納などがあると、自分の名前がブラックリストに載ることになります。
返済を完了してから5年間はブラックリストに載るので、注意しましょう。

銀行は融資の審査で信用情報をチェックするので、ここに何か記載があると、審査が通りにくくなります。

もちろん自分に滞納歴がなくても、収入の判断元となる旦那の信用情報に問題がある場合でも、通りにくくなります。

スマホの滞納も信用情報が汚れる原因となるので、普段から滞納にはご注意ください

④一度に何社も申し込まない

銀行同士で情報が見られるため、一度に何社か申し込みを行っていることもわかります。

何社も同時に申し込みを行うと「相当お金に困ってるな」と思われてしまい、審査に落ちる原因となります

専業主婦の銀行カードローンは、1社の利用のみに絞ることがポイントです。

専業主婦みんなのカードローン利用Q&Aまとめ

Q1.家族に秘密でカードローンを組める?

旦那にバレずに、カードローンを申し込みたい専業主婦の方も少なくないでしょう。

銀行カードローンなら、50万円以下の借入では夫の収入証明書や、会社への在籍確認がない銀行も多いです。

少額の借入なら申込やご利用自体は、家族にバレずに行えます。
ただしカードが自宅に郵送されるので、受け取りには注意が必要です。

封筒はカードローンだとわからないようにされていますが、中身を見られたらバレるので、必ずご自身で受け取りを行うようにしてください。

Q2.専業主婦でも即日融資は可能?

愛媛銀行のように、契約と同時にお金が借りられるところもありますが、専業主婦が申込日に即日融資を受けられる銀行はほぼないです。

そもそも銀行カードローンでは、専業主婦に限らず基本的には即日融資はできません。
基本的に即日融資は、消費者金融でのみ取り扱っているものです。
(そして専業主婦の場合は、総量規制により消費者金融は利用できません)

どうしても「今日お金が必要!」となったら、質屋で融資を受けるか、クレジットカードのキャッシングを使うしか方法はないです。

Q3.他社で借り入れしていても、新規で申し込みできる?

複数のカードローンからお金を借りるのは、かなり難しいです。
2社からの借入は可能性もありますが、3社目は可能性がほぼゼロです。

専業主婦の場合は、銀行1社でも審査通過が難しいのですが、これが2社となるとさらに難しくなります

2社の合計が専業主婦の借り入れ上限「50万円」に満たない場合は、できる可能性もありますが、ほぼできないと思ってよいでしょう。

さらに借入が50万円を超える場合は、夫の収入証明書が必要となるので、夫にバレずにカードローンを申し込むこともできません。

もし夫の同意がある場合なら、消費者金融の「配偶者貸付」のお申込を検討するのも、おすすめです。

Q4.カードローンの審査で落ちたら他のカードローンも難しい?

理由によっては、一度審査落ちしても、別のカードローンから借り入れできる場合があります。

専業主婦の場合、カードローンの審査に落ちる理由はいくつかあります。

  • ①夫の収入の問題
  • ②信用情報(ブラックリスト)の問題
  • ③一度に複数を申し込んでいる
  • ④借入の上限を超えている
  • ⑤提出情報の不備

審査に落ちた場合の理由は教えてくれませんが、上記の内容から自分で想定をすることは可能でしょう。

「提出情報の不備」が理由でカードローンの審査に落ちた場合は、再申し込みで通ることもあります。
ですがそれ以外の理由で審査落ちした場合は、再度申し込みしても通る可能性は低いでしょう。

大手銀行は落ちやすいので、もし大手で落ちた場合は、地方銀行に申し込んでみると良いですよ。

ただし逆の場合で、地方銀行で審査落ちした場合は、大手銀行で再度申し込んでも、カードローンの審査に通ることは難しいです。

Q5.ローンの使い道に制限はある?

銀行ローンには用途に制限のあるものもありますが、カードローンの場合は自由に使えます

自由に使える分、他のローンよりも金利が高くなっているのです。

買い物や子供の学費、生活費など

Q6.一番審査の緩いカードローン会社はどこ?

各銀行で審査基準が多少異なるものの、審査内容に大きな違いはありません。

チェックされるポイントはほぼ同じなので、どこが「1番審査が緩い」とは言えないです。

ただし専業主婦への借入が厳しい大手銀行よりは、地方銀行の方が審査が緩い傾向にはあります。

Q7.カードローンの申し込み方法や流れとは?

最近ではWEB申し込みが可能な銀行も多いので、申し込むならWEBから行いましょう。

  1. WEB申し込み
  2. 審査結果連絡
  3. カードの受取

基本的には、申込みはこのような流れで進みます。

登録時に申込銀行の口座を必要とする場合もあるので、事前に確認をしましょう。

この記事でご紹介したランキング3社の場合(楽天銀行、イオン銀行、愛媛銀行)、それらの銀行口座をもっている必要はないので、スムーズにお申し込みができます。

審査が終わればメールで連絡がくるので、あとはカードが届くのを待つのみです。

地方銀行の場合、審査通過後に直接来店が必要となる場合もあるので、事前に銀行ホームページで確認をしてみてください。

Q8.カードローンの返済を滞納したらどうなる?

カードローンの返済が滞った場合は、次のようなリスクが想定されます。

  • カードローンの利用停止
  • 遅延損害金の請求
  • ブラックリストに載る

それぞれのリスクについて、詳しくご説明していきますね。

カードローンの利用停止

滞納が発生した場合、各銀行の定める滞納期間が過ぎると利用停止にされます
利用停止となった場合は、滞納分を支払うまではカードローンがご利用いただけません。

支払い完了確認ができた場合、数日後に再度利用できるようになります。

遅延損害金の請求

返済が数日滞った場合は、その滞った分だけの遅延損害金が請求されることとなります。

例えばイオン銀行の場合、カードローンの遅延損害金は年率14.5%と定められています。
お金を借りたくてカードローンを利用しているのに、通常の金利以上にお金を払う羽目になるのは嫌ですよね。

くれぐれも返済は遅れないようにしましょう。

ブラックリストに載る

滞納を続けていると、その情報がどの金融機関も見ることのできる「信用情報(ブラックリスト)」に載ることとなります。

もちろんそうなる前には連絡がくるので、その連絡に従ってしっかりと支払いを済ませれば回避することは可能です。

ブラックリストに載るとカードが利用できなくなるだけでなく、数年ブラックリストに載ることとなるので、しばらくの間スマホローン含む、あらゆるローンを組むことができなくなります。

もちろん、どの会社でもできなくなるのです。

銀行カードローンなら専業主婦でも借りられる!

専業主婦の場合、消費者金融のカードローンが使えないので、銀行カードローンに申込をしましょう

銀行カードローンを申し込む際におすすめなのが、下記の3社です。

  1. 楽天銀行スーパーローン
  2. イオン銀行カードローン
  3. 愛媛銀行の「ひめぎんクイックカードローン」

WEBから簡単お申し込みができて、50万円までなら家族にもバレずに、お金を借りることができます。

専業主婦の場合、銀行からの融資を受けやすくするポイントは下記の4つ。

  • 住居地近くの地方銀行を狙う
  • 利用限度額を低めに設定する
  • 信用情報はクリーンに保つ
  • 一度に何社も申し込まない

おすすめしたランキング上位3銀行がおすすめですが、審査が不安なら、自宅近くの地方銀行で申し込むのも良いでしょう。

専業主婦の場合収入がないため、カードローンの審査に通りにくいです。

ただし夫の収入が安定していれば、審査に通る銀行もあります

自分に合った銀行を見つけて、カードローンを申し込んでみてください!