条件別カードローン

無職やニートはカードローンを借りれるの?オススメのカードローンも紹介!

無職でもカードローンを利用できます!

「自分は無職・ニートだけどカードローンって借りれるの?」
「無職・ニートだとカードローンの審査に通らないの?」

無職やニートの方でもカードローンの利用をしたいという方もいらっしゃると思います。

今回は、無職やニートの方でも借りれるカードローンがあるのかどうかを下記について解説してきます。

  • 無職・ニートでも借りれるカードローンなんて本当にあるの?
  • 無職・ニートでも借りられるおすすめカードローン
  • 無職・ニートがカードローンの審査に必要な書類とは?
  • 無職・ニートがカードローン以外でもお金を借りる方法はある?

カードローン以外の方法でお金を借り入れる方法についても紹介してますので、ぜひ最後までご覧ください。

パート・アルバイトならプロミス!
プロミス

パート・アルバイトで安定した収入があれば
カードローンが借りられます

プロミスなら消費者金融の中でも
上限金利がトップクラスで低いです。

高額の融資を受ける予定がない方は、
プロミスが一番お得に借りられます!

しかも!
最短1時間のスピード融資可能!
最大30日間無利息!(※)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

※50万以下なら収入証明書も不要です。

無職・ニートでも借りられるカードローンはあるの?

無職の人がカードローンの審査で重視されるのは?結論からいうと、無職やニートの方はカードローンを借りることは困難です。
理由としては、収入があるかどうかや、配偶者がいるのかどうかという条件が必須になるからです。

カードローン会社は融資した人に返済する能力があるかどうかの審査を事前にしっかりと行っています。

では、カードローン会社は審査の際に何を重視しているのでしょうか。

カードローンの審査で重要なのは2つ

カードローン会社が審査をする時に何を重要視しているかというと、「返済能力」と「信用情報」の二つであると考えられます。

もちろん、これは無職やニートの方にも重要視されます。

それぞれについて、なぜ重要視しているかなどをご紹介してきます。

本人の返済能力

お金を融資する金融会社にとって何よりも大事なのが、申請者本人に貸したお金がしっかりと返済されるか判断することです。

カードローン会社は、返済能力があるかどうかを判断するために審査の際に勤務先情報を提出してもらい、その情報に嘘がないかを在籍確認を行って、審査しています

また、融資額が高額になる場合は審査時に収入証明書の提出を義務付けています。

返済能力で大事なのは収入を得ていることはもちろんですが、しっかりと安定してその収入を得ている状況にあるのかどうかも審査しています。

カードローン会社からお金を借りる際は、借入れ額の元本をもとに毎月定められた金額を、定められた日付に支払いを行います。

そのため、カードローン会社が収入な不安定な人に融資を行った場合、返済が延滞されたり、最悪な場合は貸し倒れという結果になってしまう可能性があります。

カードローン会社としてはこれはリスクであり、損をすることになるので、毎月の返済を滞りなく行うことができる・安定した収入を得ている人に融資をしたいということになります。

安定した収入を得ていれば、正社員以外の雇用形態で勤務されている方でも問題ありません。

パートやアルバイト、派遣社員、不労所得者でも、しっかりと安定した収入を得ていることが証明できれば、カードローンを借りることが可能です。

これに加えて、借入れ額の限度が低くくても問題ないという方であれば、毎月の収入が安定していれば高額である必要もありません

もし無職やニートの方で、収入はあるけど月によって給料額が全然違うという方は、もしかしたらカードローン会社から返済能力が無いと判断されてしまう可能性があるので要注意です。

過去の信用情報

無職やニートの方でもカードローンの審査で重要視されるのは信用情報です。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンの取引に関する履歴のことです。

具体的には、クレジットやローンを申込時・審査時の情報や、実際にクレジットやローンを使用した際の契約内容・返済情報・残高などの細かい情報まで記録されています。

信用情報は、基本的にローンやクレジット利用時に返済の延滞などの問題を起こさず、しっかりと返済をしていれば信用度が高まりますが、延滞を繰り返したりすると信用度が下がります

カードローン会社は申込者本人に返済能力があるかどうかを、過去に返済の延滞がないか、トラブルを起こしていないか、金融事故を起こしていないかなどの情報から判断しています。

そのため、無職やニートの方でカードローンを借りるとき、過去にローンやクレジットを利用したことがあり、その際に延滞などの問題を起こしている場合、審査に通り辛い可能性があります。

また、信用情報には履歴の他に、他社からの借り入れ状況も記載されています。
そのため、申請者が現在いくら他の会社から借り入れをしているのか見ることができます。

申込者が新規で借り入れをした時に総量規制を超えてしまう場合は審査に通ることは絶対にありません。

総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけないという賃金業法の決まりで、消費者金融やクレジットカード会社などの賃金業者に適用されています。

銀行は賃金業者という扱いではないため、適用外ですが自主的に総量規制と同じ決まりを設けていることも多いです。

カードローン申し込み時に、この総量規制に引っかかってしまう場合、申請者本人にいくら返済能力があっても審査には絶対に通ることはないので注意しましょう。

また、下記の記事では信用情報についてより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

カードローンの信用情報について解説!
カードローンを利用すると信用情報に傷が付く?傷が付かないための方法も紹介!カードローンを利用するだけで信用情報に傷が付くのでしょうか?信用情報に傷が付くとはどういう状態なのでしょうか?今回はカードローンの信用情報について、傷が付かないようにする方法やご自身の信用情報の確認方法についてもご紹介します。...

無職やニートの方でも借りれるカードローン紹介

無職の方にオススメなカードローンを紹介無職やニートの方は難しいですが、収入の有無などで借りれるカードローンが異なる可能性があります。

ここでは、様々な状況別で無職やニートの人でも借りることができるカードローンを紹介していきます。

パート・アルバイトなどの収入がある人

パート・アルバイトの方は、安定した収入があれば消費者金融からお金を融資してもらうことができます。

急ぎではない・審査が消費者金融よりも厳しくても問題ないという場合は、金利が低い銀行系カードローンもおすすめです。

しかし、どうしてもすぐにでもお金が必要と言うのであれば、必ず消費者金融を利用しましょう。

消費者金融よっては最短30分で審査が終了し、即日融資にも対応しています。

消費者金融ならプロミス

プロミス
消費者金融を使用するのであれば、1番のオススメはプロミスです。

プロミスの商品スペックは下記の表をご覧ください。

実質年利 4.5~17.8%
利用限度額 500万円
審査/融資スピード 最短30分/最短1時間
申込条件 年齢が20~69歳である
安定した収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資 可能
WEB完結 可能
担保/保証人 不要
素早い審査・融資スピード

プロミスをオススメした最初の理由は、最短30分審査・最短1時間融資が可能であるという点です。

このスピードはカードローン会社の中でもトップクラスの早さです。
急な出費があるときや、緊急事態の際でも対応することができます。

上限金利が比較的低い

プロミスの上限金利は17.8%と他の消費者金融よりも低いことが特徴です。
下記の表では、プロミスと他消費者金融の上限金利を紹介しています。

プロミス 17.8%
アイフル 18.0%
アコム 18.0%
SMBCモビット 18.0%
レイクALSA 18.0%

基本的に消費者金融からお金を借り入れるとき、最初は上限金利が適用されます。
そして、金利は限度額の上限が高くなればなるほど、下がっていきます

つまり、少額を借り入れるような場合は、上限金利が低い金融会社を選ぶことがお得であると言えます。

しかも、プロミスが行っているサービスの無利息期間中に返済することができれば、利息なしでの借入れができてしまいます。

初めてのご利用なら無利息サービスあり

プロミスや、一部のカードローン会社では、初めてその会社でカードローンを利用するとき、一定期間の間、借り入れた金額の利息が0円になるサービスを実施しています。

多くの金融会社では、無利息期間が契約日の次日から適用されますが、プロミスは借り入れの次の日から適用されます

つまり、契約日の次の日に借り入れができない場合、ムダになってしまう期間がプロミスでは一切ありません。

※2020年
オリコン顧客満足度調査
ノンバンクカードローン1位 

銀行カードローンならジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

引用元:ジャパンネット銀行カードローン

銀行カードローンのご利用ならジャパンネット銀行が1番のオススメです。

三井住友銀行カードローンの商品スペックは下記の表をご覧ください。

実質年利 1.59%~18.00%
利用限度額 1000万円
審査/融資スピード 最短60分(※)/(-)
申込条件 20歳以上70歳未満の方
安定した収入がご自身、または配偶者にある方
ジャパンネット銀行口座がある方
SMBCコンシューマーファイナンスの保証が受けられる方
収入証明書類 必要な場合あり
即日融資 不可
WEB完結 可能
担保/保証人 不要

(※)混雑状況により60分以上時間がかかる場合があります。

銀行では珍しい無利息期間あり

ジャパンネット銀行では、銀行カードローンの中でも珍しい、ご利用が初めての人に向けて無利息特約を行っています

ジャパンネット銀行では、初回の借り入れ日から30日間が無利息期間となります。

銀行カードローンの中では上限金利が18.0%と決して低くはありませんが、このサービスもあわせて利用できるのはお得であることは間違いありません

口座残高が不足した時の自動融資に対応

ジャパンネット銀行カードローンでは、普通預金残高が不足している際に自動で融資してもらえるサービスもご利用できます。

公共料金の引き落とし、Visaデビットの利用時、ATMでの現金引き出しなどの際に口座残高が不足している時に不足額を自動で借り入れることができるため、いざという時にでも瞬時に対応することが出来ます。

専業主婦の場合

残念ながら、一切ご自身の収入がない専業主婦である場合は、消費者金融を使用することができません

これは、先ほどご紹介した総量規制という賃金業法に違反することになってしまうからです。

もちろん 、副業やパート・アルバイトにて収入がある場合は、消費者金融であってもお金を借り入れできる可能性は十分にあります。

また、配偶者貸付というサービスを行ってい消費者金融もあります。

これは、夫婦の合計年収の1/3までなら借り入れても大丈夫という総量規制の例外の制度を利用した、消費者金融のサービスです。

こちらの場合、配偶者の同意書と夫婦であることが証明できる書類が必要になります。
また、このサービスを行っている金融機関は非常に少ないのであまり期待しないほうがよいかもしれません。

これに対して銀行系カードローンであれば、総量規制の対象外であるため借り入れることができます。

この場合、配偶者に安定したが収入がある必要があり、それを証明できる書類も必要になります。

また、専業主婦の場合もパートやアルバイトの方と同様にジャパンネット銀行の利用をおすすめします。

専業主婦の方には収入がない方もいらっしゃると思いますが、配偶者に収入があればご利用いただけます。

年金受給者の場合

年金受給者である場合は、残念ながらカードローンを利用することは難しいでしょう。

最初の理由としては、カードローン会社の申込条件である年齢制限をクリアできる可能性が低いという点です。

カードローン会社で最も多い年齢制限はは20歳以上70歳未満までです。
70歳以上になると、新規の借り入れや、既に借り入れをしているカードローン会社からの追加の借入れも一切できなくまります。

これに加えて、総量規制があることも年金受給者がカードローンを借りられない理由の一つです。

一部のカードローン会社では年金収入があれば貸し付けを行っていますが、総量規制により年間の年金受給の3分の1までしか貸し付けることができず、貸し付けたとしても少額になってしまう可能性が高いです。

しかし、カードローン以外の方法であればお金を借りることができる年金担保貸付制度というものがあります。

本記事では、年金担保貸付制度についても解説していますので、こちらからご覧ください。

不労所得者の場合

不動産所得やFX等の不労所得を得ているという方は、カードローンを利用することができます

不労所得者であっても通常通り審査は行われますので、安定した収入があることが大事であることを忘れないようにしましょう。

また、定期的な収入を得ていることを証明するために、審査の時に確定申告書の提出が必須になります。

カードローンを申し込む際は事前に確定申告書を準備しておきましょう。

また、確定申告をしていない人や不労所得を得始めてから1年未満である場合は、確定申告書を提出できないのでカードローンを申し込むことが出来ないことを注意してください。

不労所得を得ている人ならSMBCモビット

SMBCモビット
不労所得を得ている人に一番オススメなカードローンはSMBCモビットです。
SMBCモビットの商品スペックは下記の通りです。

実質年利 3.0%~18.00%
利用限度額 800万円
審査/融資スピード 最短30分(※1/即日融資(※2)
申込条件 20歳以上69歳の方
安定した収入がある
収入証明書類 50万円以下は不要(※3)
即日融資 不可
WEB完結 可能
担保/保証人 不要

(※1)申し込みの曜日、時間帯によっては翌日融資の取り扱いとなる場合があります。
(※2) 申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。
(※3) 50万円以下でも収入証明書の提出を求められる場合があります。

WEB完結なら電話連絡なし

SMBCモビットは消費者金融で、WEB完結で申し込みをした場合、電話連絡なしを公言している唯一のカードローン会社です。

不労所得のみの収入で生活している場合、個人の電話番号や自宅の電話番号に在籍確認の電話がかかってくることが一般的です。

そのため、場合によってはご家族や友人と一緒にいる際に電話がかかってくるリスクがあります。

カードローンを利用することがバレてしまうのが嫌という方もいると思うので、そういった方には特にオススメしたいカードローンです。

多機能モビットカードも利用可能

SMBCモビットでは、カードローンに申し込む際にTカードプラス(SMBCモビット next)という多機能カードにも申し込むことが可能です。

このカードでは以下の機能を1枚のカードで利用することが可能です。

  • カードローン機能(SMBCモビット)
  • クレジットカード機能(Master Card)
  • ポイントカード・電子マネー機能(Tポイント・Tマネー)

クレジットカードや電子マネー用のカードを持っていない場合、同時に申し込めるので、是非あわせてご利用ください。

※誰にもバレずにお金を借りられます。 

無職やニートの人がカードローン以外にお金を借りる方法はある?

カードローン以外にも様々な方法でお金を融資してもらえる方法はあります。
ここでは、カードローン以外のお金を借りる方法について下記の制度を紹介します。

  • 年金担保貸付制度
  • 契約者貸付制度
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 内定者ローン

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度とは、国民年金・厚生年金の受給者が年金を受給する権利を担保に、低金利でお金を借り入れることができるという制度です。

基本的には年金を担保に融資を受けることは法律で禁止されていますが、唯一許可されているのが福祉医療機構(WAM)という独立行政法人です。

融資に関する条件は以下の通りです。

融資金額 10万円〜200万円の間で1万円単位で決定
(資金用途が生活必需品の購入の場合は10万〜80万円)
受給している年金の年額の0.8倍
(年金から源泉徴収されている所得税を除く)
1回当たりの返済額の15倍以内
(元金を2年6ヶ月以内に返済する前提)
返済方法 独立行政法人福祉医療機構(WAM)が
契約者の年金から契約者の年金から直接受け取る。
WAMが受け取る額は年金支給機構から
支給される年金のうち、
契約者が指定した金額。返済額の上限は一度に支給される
年金の3分の1位以下(下限は1万円)
貸付利率 年金担保貸付の場合
2.8% (平成30年10月3日現在)
労災年金担保貸付の場合
2.1%(平成30分10月3日現在)

契約者貸付制度

急なお金が必要になったとき、生命保険に加入している人は解約すれば解約返戻解約金を受け取ることができます。

しかし、生命保険を解約することは大きなリスクにもなりかねます。

そこで便利なのが、契約者貸付制度です。
契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の一部を生命保険会社から借りることができる制度で、生命保険から解約する必要がない上にお金も借りることが可能です。

こちらの場合、金利がほとんどの場合で10%以下なので、カードローンよりも圧倒的に金利が低いため、返済も無理なく行うことができます。

注意点としては、いざという時に保険金が下りない可能性や、積立金が少ない場合は借り入れることが出来ない可能性があるということです。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉金貸付制度は、低所得者や高齢者、障がい者などが、安定した生活を送れるように各都道府県の社会福祉協議会がお金の融資や相談などの支援を行う制度です。

お金の貸し付けと対象になるのは下記の通りの方々です。

  • 必要な資金を他の手段で借りることが出来ない「低所得者世帯」
  • 障害者手帳などの交付を受けたことがある「障害者世帯」
  • 65歳以上の「高齢者世帯」

この制度は、失業や給料の減額などにより、生活に困っている人たちに対して生活を立て直してもらうための支援が目的となっています。

また、生活福祉金の種類は下記の通りです。

資金の種類 資金の目的
総合
支援金
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用
住宅居住費 敷金・礼金など住宅の
賃貸契約を結ぶために必要な費用
一時生活
再建費
生活を再建するために一時的に必要かつ、
日常生活費でまかなうことが困難である費用
(就職・転職のための技能習得、
債務整理をするために必要な費用など)
福祉
資金
福祉費 生業を営むために必要な経費、
病気療養に必要な経費、
住宅の増改築や補修などに必要な経費、
福祉用具などの購入経費、
介護サービスや障害者サービスを
受けるために必要な経費など
緊急小口
資金
緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に
貸し付ける少額の費用
教育
支援
資金
教育
支援費
低所得者世帯の子どもが高校や高専、
大学などに修学するために必要な経費
就学
支度費
低所得者世帯の子どもが高校や高専、
大学などへ入学する際に必要な経費
不動産
担保型

生活
資金
不動産担保型
生活資金
低所得の高齢者世帯に対し、
一定の居住用不動産を担保として
生活資金を貸し付ける資金
要保護世帯向け
不動産担保型
生活資金
要保護の高齢者世帯に対し、
一定の居住用不動産を担保として
生活資金を貸し付ける資金

出典:政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報

学生なら内定者ローンも

内定者ローンとは、卒業間際で内定が決まっている学生がお金借り入れることができるローンです。

内定者ローンの特徴としては、金利が非常に低く4~8%程度となっています。
申し込みの際には普通預金口座の手帳・印鑑・学生証・内定通知証などの、こちらもカードローンに申し込むときとは異なる書類が必要になります。

多くの内定者ローンの借り入れ額の上限は100万円となっており、卒業旅行・新生活のための費用・自動車等の購入費用など、幅広い用途で申し込むことが出来ます

難点としては、内定者ローンを扱っている金融会社が多くなく、特定の地域に住んでいる人しか利用できないところです。

しかし、その地域住んでいれば圧倒的にカードローンよりはお得であることは間違いありません。

また、収入がある学生であれば学生ローンを利用することも可能です。
もし、学生ローンについて詳しく知りたいという方は、下記の記事をご覧ください。

学生でも即日で借りれるおすすめカードローン9つを徹底比較!大学生・専門学生のキャッシング入門必読書。
学生でも即日で借りられるカードローンを比較&紹介!大学生や専門学生必見!「学生でもカードローンを使えるの?」そんな疑問を抱いているあなたへ向けて、学生向けのカードローン社をランキング形式でご紹介します。融資を受けるためのポイントなど学生カードローン自体の解説も行っていきます。...

無職やニートの人のカードローンに関するQ&A

カードローン以外の借り入れ方法を紹介
ここでは、無職やニートの人がカードローンに申し込む時の疑問などを解説していきます。

カードローンにどうしても申し込めないという人に向けて、カードローン以外のお金を借りる方法についても紹介していきます。

 カードローンの審査に必要な書類って何?

カードローンに申し込む時には大きく分けて2つの書類が必要になります。
一つ目は本人確認ができる書類で、2つ目が収入証明書です。

本人確認書類

本人確認の書類には「氏名」・「生年月日」・「現住所」の記載がなければなりません。
また、期限がある書類に関しては有効期限内であることが必要です。

住民票の写を提出する場合は、発効日から6ヶ月以内のものを選びましょう。
実際にカードローン に申し込む時に使用できる書類は下記の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票の写し

収入証明書

収入証明書は、申請者本人に安定した収入と返済能力があるのかどうか確認するための書類です。

そのため、書類によっては直近の新しいものであったり、複数月必要な場合もあります。
実際に必要な書類の期限などは申し込むカードローン会社で確認するようにしましょう。

下記が収入証明書として使用できる書類の一覧です。

  • 源泉徴収票(直近)
  • 給与明細書(2~3ヶ月分)
  • 確定申告書(直近)
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

パートやアルバイトの場合の在籍確認はどうするの?

パートやアルバイトの場合は、勤務先の会社(実際に申請者が働いている店舗や事業所)に電話が通常の在籍確認のようにかかってくるので、自分が働いている場所の電話番号を提出しましょう。

しかし、労所得を得ていたりするように、勤務先がない場合は家の固定電話を申請の際に提出することをおすすめします。

これは、固定電話は携帯電話と違って電話番号の変更が難しく、カードローン会社からすると貸したお金を踏み倒されるリスクがなくなるからです。

固定電話がなければ、もちろん携帯電話でも問題ありません。

また、在籍確認を職場への電話じゃない方法でも行うことが可能なカードローンがあることはご存知でしょうか?
下記の記事では、在籍確認の職場への電話なしのカードローンについて紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

在籍確認なし/電話連絡なしのカードローンを紹介!
在籍確認なしのカードローン3社を紹介!職場へバレずに借入れできる?カードローン審査では、申し込み者の職場に電話連絡を行う”在籍確認”が必須です。しかし「在籍確認の電話連絡がイヤだ」という方も多く、そういった方のために、在籍確認なしのカードローン3社を比較しランキング形式でご紹介します。...

無職・ニートじゃないけど、転職活動中・休職中の場合は?

結論からいうと、転職活動中や休職中の人はお金を借り入れることは非常に難しいです。
カードローン会社が貸したお金は必ず返さないといけないため、安定した収入があるかどうかが審査の段階で重要視されます。

しかし、転職活動中でも会社に在籍したまま行っている場合や、休職中でも他での収入がある場合は審査に通る可能性は十分にあります。

安定した収入が見込めるのであればカードローンに申し込み、そうでない場合は控えるのがよい選択になるでしょう。

無職やニートの方でも借りれるカードローンまとめ

今回、無職やニートでもカードローンを借りれるのかどうかを下記のことを中心に紹介してきました。

  • 無職やニートでもカードローンを借りることは難しい。
  • カードローン の審査では「返済能力の有無」と「信頼情報」が重要
  • 職についてない場合、カードローンを借りれる人と借りれない人がいる
  • カードローンには本人確認書類と収入証明書の2つの書類が審査の時に必要
  • カードローンを借りれない場合は、他の方法を探してみる

最後までご覧いただき、ありがとうございました。