条件別カードローン

フリーターでもカードローンの審査に通る?審査通過のためのコツを解説!

フリーターはカードローンを利用できる?

様々な働き方が確立されている現在、フリーターの人口も少なくはありません。
フリーターでも、十分に生活を成り立たせることはできますね。

しかしカードローンの利用を考えたとき、不安になったことはありませんか?

「フリーターだと、カードローンの審査で落とされそう…」

さて、本当にフリーターのカードローン利用は難しいのでしょうか?
決してそんなことはないので、まずは安心しましょう。

この記事では、以下の項目をメインに解説していきます。

  • フリーターでもカードローンの審査に通過できるのか
  • フリーターがカードローンの審査に通過するコツ
  • フリーターのカードローン利用における注意点
  • フリーターにオススメのカードローン

「自分はフリーターだから、カードローンの審査には通らないんじゃないか…?」

そんな不安を解消するためにも、この記事を読んで申し込みに備えましょう。

Contents
  1. フリーターでもカードローンの審査には通る
    1. 審査において重要なのは「安定した収入」
    2. 日雇いや短期アルバイトでは審査通過は難しい
    3. 審査に落ちる原因は「フリーターだから」ではない
  2. フリーターがカードローンの審査に通るためのコツ
    1. 「よりよい条件」の勤務先を申告する
    2. 在籍確認が完了できるよう対策を取る
    3. 借り入れ希望額は必要最低限にとどめておく
  3. フリーターのカードローン利用に関しての注意点
    1. 申し込み時に虚偽の申告をしてはいけない
    2. アリバイ会社は絶対に利用してはいけない
    3. 短期間にいくつものカードローンに申し込んではいけない
    4. 借金返済のための借金は絶対にNG
    5. カードローンはなるべく上限金利の低いものを選ぶ
    6. カードローンに申し込む前に必ず返済計画を立てる
  4. フリーターにオススメのカードローン
    1. プロミス
    2. SMBCモビット
    3. アイフル
    4. アコム
  5. フリーターのカードローン利用のためのQ&A
    1. フリーターは他の雇用形態に比べて審査に不利なの?
    2. フリーターだと借り入れできる金額は少なくなるの?
    3. フリーターは銀行カードローンの利用はできないの?
    4. カードローンは周りにバレずに利用できる?
    5. 返済を給料日以降にすることはできる?
    6. 契約後に転職した場合はどうすればいいの?
  6. フリーターでもカードローンは利用できる!

フリーターでもカードローンの審査には通る

フリーターでもカードローンの審査には通る

フリーターであっても、カードローンの審査には通過できます。
しかしカードローンは、誰でも利用できるわけではありません。

カードローンの審査通過には、「審査基準を満たせるか」が重要になってきます。
これはフリーターであっても、正社員であっても変わりません。

言い換えるなら、審査に通るのも落ちるのも平等というわけです。
だからこそ、フリーターでも審査基準を満たせれば問題ないといえます。

まずはカードローンの審査において、何が重視されるかしっかりと理解しておきましょう。

審査において重要なのは「安定した収入」

カードローンの審査において、最も重視されるのが「安定した収入」です。
これはお金を借りる上で、絶対的な条件といえます。

カードローンの種類によって、利用条件が異なることはあります。
しかしこの「安定した収入」だけは、どのカードローンにおいても共通の条件なのです。

それでは安定した収入とは、具体的にどのような収入を指すのでしょうか?
言葉で表すのなら、「月に1回以上、一定以上の金額の収入を得ている」状態といえます。

この時点で、ピンときた方もいるかもしれませんね。
そう、この状態は「フリーターであっても」十分に実現可能なのです。

ここで、2パターンのフリーターの収入を見てみましょう。

フリーターA
時給 850円
勤務日数 週5日
勤務時間 1日8時間
月収 約13万円
フリーターB
時給 1,050円
勤務日数 週1~5日
勤務時間 1日3~6時間
月収 約1万2,000円 ~ 12万円

極端な例にはなりますが、この場合Aの収入は「安定した収入」といえます。
反対にBの収入は、月ごとの収入にバラつきがあり「安定した収入」とはいえませんね。

安定した収入とは、すなわち申込者の「返済能力」に直結する要素です。
月々に一定額の返済を行うためには、収入もまた一定でなければなりません。

生活のために働いているフリーターであれば、収入が安定している方も多いでしょう。
家賃など決まった支出があれば、「毎月○○万円稼ぐ」という目標もあると思います。

そういった層のフリーターの方であれば、ひとまず安心していいでしょう。
上記の例におけるBのような収入状況にある方は、審査通過は難しいといえます。

日雇いや短期アルバイトでは審査通過は難しい

「安定した収入」という条件のもとで考えると、審査通過が難しい属性があります。
それが、「日雇い労働者」「短期アルバイト労働者」です。

日雇いと短期アルバイトは、主に以下の理由で審査落ちの可能性が高くなります。

  • 審査する上での信用度が低い
  • 在籍確認が取れない
  • 信用情報に問題がある場合が多い
  • 収入の証明が難しい・またはできない

そもそもアルバイトやパートは、金融機関からの信用度が著しく低い雇用形態です。
その中でもさらに、日雇いや短期アルバイトは信用を得られにくいといえます。

その理由はやはり、先にも解説した「安定した収入」という面に他なりません。
収入証明書類が取得できない場合もあり、立場上在籍確認も困難な場合が多いです。

その結果収入の証明=返済能力の証明ができず、審査落ちとなってしまいます。
仮に審査に通ったとしても、必要な分の借り入れができるとは限りません。

また日雇いや短期アルバイトだと、信用情報に問題があるケースもあります。
不安定な収入である以上、家賃や公共料金の支払いが遅延しがちな場合も多いでしょう。

またクレジットカードや、携帯料金の分割返済などを延滞していた場合は要注意です。
それらの記録も信用情報機関に登録され、審査では厳しくチェックされます。

審査に落ちる原因は「フリーターだから」ではない

フリーターでも、収入が安定していれば審査には通過できることがわかりましたね。
しかし実際に収入が安定していたとしても、審査に落ちる場合があります。

カードローンの審査に落ちる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
その代表的なものを、まとめてみました。

  • 申し込み情報に偽り・不備があった
  • 他社での借り入れ状況に問題があった
  • 在籍確認が取れなかった
  • 収入に見合わない借り入れ額を希望した

これらが原因で審査落ちとなるのは、フリーターに限った話ではありません。
カードローンの審査では、雇用形態問わず平等の基準で審査が行われます。

正社員でもフリーターでも、審査落ちとなり得る原因は共通です。
「フリーターだから」という理由だけで、審査落ちとなることはまず有り得ないでしょう。

ただし雇用形態によって、信用度の優劣があるのもまた事実です。
それを理解した上で、より正確かつ慎重な姿勢で審査に臨むことが大切といえますね。

フリーターがカードローンの審査に通るためのコツ

フリーター 審査通過のコツ

フリーターでも、カードローンの審査には通過できます。
しかしフリーターである以上、正社員などに比べ審査に不利な面もないとはいえません。

そこを補うためにも、以下の項目で実践できるコツを紹介します。

  • 申告する勤務先
  • 在籍確認
  • 借り入れ希望額

コツを「知っている」と「知らない」では、手ごたえも大きく異なります。
対策をせずに普通に申し込む前に、少しの工夫で審査通過の期待度を上げましょう。

「よりよい条件」の勤務先を申告する

フリーターの場合、複数の勤務先があるケースも少なくはないでしょう。
その場合は、「よりよい条件の勤務先」を申告することをオススメします。

たとえとして、以下の2つの勤務先を見てみましょう。

A社
時給 900円
勤務日数 週4日
勤務時間 1日8時間
勤続年数 3年
B社
時給 1,100円
勤務日数 週1日
勤務時間 1日10時間
勤続年数 2ヶ月

上記2社のうち、時給が高いのはB社です。
しかしA社のほうが、月当たりの総勤務時間(=月収)・勤続年数の面で優れていますね。

この場合は申し込み時に、A社で申告をしたほうが審査ではよい評価を得られるでしょう。
勤務先ごとにここまで明確な違いがない場合は、以下の要素での比較がオススメです。

  • 時給
  • 月収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 会社の規模
  • 在籍確認への対応可否

特にカードローンの審査では、在籍確認が必ず行われます。
勤務先が在籍確認に応じられる環境かどうかを、事前に知っておくことも重要です。

総合的に見て、どちらの勤務状況が優れているかを判断し申告しましょう。

在籍確認が完了できるよう対策を取る

前項で少し触れましたが、フリーターの場合は特に在籍確認に注意しましょう。
カードローンの審査において、在籍確認が完了できなければ通過はできません。

非正規雇用者の場合、正社員と比べ在籍確認が困難なケースがあります。
これは勤務先の社内での、非正規雇用者の認知度が低い場合が多いためです。

在籍確認をスムーズに完了させるためにも、以下のことを実践しましょう。

  • あらかじめ自分宛の電話があることを同僚・上司に伝えておく
  • 書類による在籍確認が可能な場合はカードローンの担当者に相談する
  • 自分が社内にいるタイミングで電話をかけてもらうように相談する

やはり一番確実なのは、あらかじめ電話があることを社内で共有することです。
しかしそうなると、1つ問題が出てきますね。

「社内で自分のカードローン利用がバレてしまうんじゃないか…?」

そういった不安からくる抵抗は、在籍確認が嫌煙される理由の大部分を占めています。
不安になってしまう気持ちもわかりますが、ひとまずご安心ください。

在籍確認の担当者は、申込者のカードローン利用を第三者に漏洩することはありません。
また担当者は必ず「個人名」で名乗り、勤務先に電話をかけます。

電話の内容も至ってシンプルであり、申込者の在籍を問うだけです。
そこで電話を取った人物が、「今席を外しております」と言うだけでも確認は完了します。

どうしても不安なら、「クレジットカード会社から電話がある」と伝えておきましょう。
怪しまれることもなく、スムーズに在籍確認が完了できるメリットもあります。

またカードローンの中には、特定の条件で在籍確認の電話を回避できるものがあります。
そういったものを選んで申し込むことも、オススメといえるでしょう。

カードローンの在籍確認については、以下の記事で詳しく解説しています。

借り入れ希望額は必要最低限にとどめておく

カードローンの審査に通過する確率を上げるのに、最も効果的な方法があります。
それが、借り入れ希望額を少なめに申請することです。

カードローンの審査は、借り入れ希望額が高いほど厳しいものとなります。
借り入れ希望額が高額なら、求められる返済能力も高いものとなるからです。

フリーターが証明できる返済能力には、限度があります。
正社員と比べボーナスもなく、基本的な収入面ではどうしても劣ってしまうためです。

自分にとって適切な借り入れ希望額は、以下のように考えましょう。

  1. 平均月収から毎月の支出を引く
  2. 残ったお金の中からいくらまで返済に充てられるか考える
  3. 毎月の返済額がその金額の範囲内で収まるのが適切な借り入れ希望額

特にフリーターの場合、毎月の支出を差し引くと数万円しか残らないことも多いでしょう。
その中からも、交際費諸々の雑費といった支出も想定しなければなりません。

月々の返済は、数千円程度が限界という結論に至る人も多いと思います。
具体的な数字を出すのであれば、多くの場合10万円の借り入れが適切といえるでしょう。

もし必要な借り入れが、10万円で事足りるのであればそれ以上は借りてはいけません。
借り入れ希望は、必ず必要な分だけを申請することが審査通過への最善の一手といえます。

フリーターのカードローン利用に関しての注意点

フリーター カードローン利用の注意点

ここまでは、フリーターの方が審査に通過するためのコツを紹介してきました。
ここからは注意点として、「してはいけないこと」を中心に解説していきます。

カードローンの審査においては、絶対にNGな事柄がいくつか存在します。
知らないままだと、審査落ちだけでは済まないことになってしまうかもしれません。

またそういったNG事項のほか、事前に知っておくべき注意点も解説します。
ここで解説する注意点をしっかり理解して、カードローンの申し込みに臨みましょう。

申し込み時に虚偽の申告をしてはいけない

カードローンの申し込みにおいて、虚偽の申告をすることは絶対にしてはいけません。
「これくらいバレないだろう」と軽い気持ちのつもりが、犯罪になる可能性もあるのです。

そもそも虚偽の申告とは、どのようなものを指すのでしょうか。
ケースごとにまとめてみたので、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • 実際とは違う年齢で申告した
  • 実際はアルバイトだが「正社員」として申告した
  • 架空の勤務先・勤務状況を申告した
  • 勤続年数を実際より長めに申告した
  • 他社での借り入れがあるが「なし」または少なく申告した
  • 年収を覚えていないのでだいたいの数字で申告した

早めに結論を言っておくと、すべてアウトです。
申し込みでいくら虚偽の申告をしても、審査段階で嘘はすべてバレます。

「バレないだろう」は通用せず、他社の借り入れ状況も信用情報の照会で調べられます。
収入面においても、収入証明書の提示が求められればどうしようもありませんね。

ただし年収の申告には、単純に間違いのケースもあります。
10万円単位での違いであれば、間違いとして処理されるでしょう。

いずれにしても、正確な数字で申告するに越したことはありません。
また虚偽の申告の中でも最も危険なのが、「勤務先や勤務状況を偽ること」です。

アリバイ会社は絶対に利用してはいけない

審査に通過するために「アリバイ会社」を利用することは、犯罪にもなり得ます。
審査落ちだけでは済まない場合もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

アリバイ会社とは、架空の勤務先情報を提供する会社のことを指します。
顧客に有料で架空の勤務先情報や各種書類の提供、在籍確認への対応も行なっています。

審査に対する不安につけこみ、さも有り難い存在かのように営業しているのです。
しかしカードローンの審査において、アリバイ会社の利用は固く禁じられています。

彼らの手口は巧妙であり、取り扱っている架空の会社は業種も様々です。
それら架空の会社は法人登録もされているため、見破ることも難しくなっています。

「え?それならバレないんじゃないの?」

そう考える人もいるかもしれませんが、非常に危険な考えです。
アリバイ会社の利用がバレた時のリスクを、以下にまとめたので見てみましょう。

  • 法律違反のため処罰される
    偽装会社の申告(詐欺未遂罪:懲役10年以下)
    必要書類の偽造(文書偽造罪:懲役1年以下又は10万円以下の罰金)
    虚偽申告によるカードローン契約(詐欺罪:懲役10年以下)

  • カードローンの強制解約・一括返済を求められる
  • カードローン・クレジットカードの利用ができなくなる
  • 住宅ローンや自動車ローンが組めなくなる

「審査が不安だったから」で利用するには、あまりにもリスクが大きすぎますね。
その後の人生を棒に振るくらいなら、はじめから正直な内容で申告すべきです。

カードローンは「借金であり」、もちろん返すことが前提のものです。
しかし虚偽の申告をして利用すれば、それは「お金をだまし取った」ことになります。

審査の段階でバレて、結果お金が借りられなくても「詐欺未遂罪」にもなり得るのです。
どうしてもお金を借りたいという状況でも、アリバイ会社の利用は絶対にやめましょう。

短期間にいくつものカードローンに申し込んではいけない

短期間にいくつものカードローンに申し込むことを、「多重申し込み」といいます。
この多重申し込みは、カードローンの審査において大変不利な状態となるのです。

何社の申し込みで、多重申し込みになるかは明確ではありません。
しかし「月に3社以上の申し込み」をした場合、危険と考えた方がよいでしょう。

多重申し込みをすると、「申し込みブラック」という状態になります。
申し込みブラックの状態になると、どう不利になるのか以下にまとめてみました。

  • 申し込み履歴は信用情報機関に登録され、カード会社間で共有される
  • 新たな申し込み先でも、申し込みブラックの状態にあるかはすぐにわかる
  • 多重申し込みは「よほどお金に困っている」と思われ審査する側も慎重になる

「フリーターだから審査に通るか不安だし、いくつか申し込んでおこう!」

そのような考えの結果多重申し込みとなり、どこも審査落ちとなる可能性もあります。
カードローンの審査は、数を撃てば当たるというものではありません。

また信用情報機関に登録された申し込み履歴は、半年は保存されます。
新たな申し込みまで、半年間待たなければ申し込みブラックの状態は解除されません。

多重申し込みにならないように、1社か2社に絞って最善を尽くすことが賢明といえます。

借金返済のための借金は絶対にNG

もしも返済が苦しいという理由で、新たな借り入れを考えているなら止めておきましょう。

借金返済のために借金をすることを、「自転車操業」といいます。
申込者の自転車操業の状態は案外見破られやすく、審査通過も期待できません。

仮に審査に通ったとしても、生活は間違いなく破綻することでしょう。
目先のお金がどうにかなったとしても、結果いたずらに月々の負担を増やすだけです。

そうしていよいよどこも審査に通らなくなれば、債務整理や自己破産が視野に入ります。
しかしこれらにも費用は必要で、その頃の経済状況・精神状態ではつらい選択ですね。

今月々の返済で苦しいのなら、新たな借金ではなく別の方法で対処しましょう。
早い段階であれば、以下のようにできることはまだあります。

  • 不要なものを売却する
  • 勤務先のシフトを増やす
  • 副業を増やす
  • 信頼できる人に相談する

もちろん債務整理なども有効な手段と言えますが、経済的負担もあります。
まずは、収入状況の改善ができないかを考えることが先決です。

月々の返済額を稼ぐために、副業を増やすのもオススメですね。
「〇〇円稼ぐ」という目標設定もしやすく、返済計画も立てやすいでしょう。

どうしても難しい場合には、親類など頼れる人物に相談するのもいいかもしれません。
相談しにくい内容ではありますが、事情を説明すれば力になってくれる可能性はあります。

借金返済のために借金をしても、状況は改善しません。
今以上に負担を増やさず、状況を改善させる手段を選びましょう。

カードローンはなるべく上限金利の低いものを選ぶ

「上限金利」という言葉を、聞いたことはありませんか?
カードローンの利用を考えているのなら、何度か目にしたことがあるかもしれませんね。

カードローンを利用するなら、この「上限金利」が低いものをオススメします。
上限金利が低いものを選べば、返済の支払総額を抑えることができるからです。

はじめてのカードローン利用の場合、ほぼ確実に上限金利が設定されます。
申し込むカードローンの上限金利から、以下のように利息を計算しましょう。

利息の計算方法

借り入れ額×金利(年利)÷365日×借り入れ日数=利息

10万円×20.00%÷365日×30日=1,643円(1円未満切り捨て)

10万円×14.00%÷365日×30日=1,150円(1円未満切り捨て)

上記の計算は、10万円を1か月で返済した場合のものです。
借り入れ金額や借り入れ日数によっては、その差が1万円単位になることもあります。

上限金利の低いカードローンで利息を減らし、返済の支払総額を抑えましょう。

カードローンに申し込む前に必ず返済計画を立てる

カードローンは借りて終わりではなく、返し終わるまでが契約です。
カードローンに申し込みをする前に、必ず返済計画を立てましょう。

返済計画を立てることで、借り入れ希望額が適切であるかを見直すきっかけにもなります。
また月々の支払いのビジョンを明確化することで、遅延を防ぐことにも繋がるのです。

きちんと計画した上で、「余裕のある返済」ができる借り入れを目指しましょう。
返済に余裕がなさそうと判断されれば、審査落ちに繋がること可能性もあります。

返済計画の立て方は様々ですが、以下のように考えることがオススメです。

  1. いくら借りたいのかを明確にする
  2. その金額では月いくらの返済額になるかを計算する
  3. 現在の収入と支出のバランスから、その返済額が無理なく支払えるか考える
  4. 無理があると感じたら、借り入れ希望額を見直す

返済計画では、いかに無理なく返済できるかを考えることが大切です。

借り入れ希望額を減らしたくない場合は、収入を増やすことも視野に入れましょう。
少し前に解説したように、返済額を確保するための副業を増やすのもオススメです。

必要な金額を借りられたからといって、安心しきっていてはいけません。
完済までの計画を立てることで、将来的な安心へと繋げましょう。

フリーターにオススメのカードローン

フリーター オススメカードローン

これまでフリーターのカードローン利用について、コツや注意点を解説してきました。
それらを踏まえた上で、オススメのカードローンを紹介します。

まずフリーターのカードローン利用には、「消費者金融」がオススメです。
カードローンには、大きく分けて「銀行カードローン」「消費者金融」が存在します。

銀行カードローンは、雇用形態や収入といった面でフリーターの利用には不向きです。
対して消費者金融は、ターゲット層にフリーターも含むため相性がいいといえます。

これから紹介する4社のカードローンは、業界の中でもかなりメジャーなものです。
それぞれに独自のメリットがあるため、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

プロミス

プロミス
商品・サービスの詳細はこちら
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

プロミスでは、年収を合算で申告することが可能です。
また勤務先が複数ある場合、在籍確認を取ってもらう勤務先は自分で選ぶことができます。

掛け持ちでアルバイトをしている方にとっては、非常に相性のいいカードローンですね。
もし掛け持ちでアルバイトをしているなら、他よりも審査に通りやすいといえるでしょう。

そのほかにも、プロミスには以下のような特徴があります。
(※表は横にスクロールできます。)

最大融資額 金利(年利) 審査スピード 無利息サービス
500万円 4.5%~17.8%(年) 最短30分 初回利用日翌日から30日間

無利息サービスがあることで、利息を抑えて返済できるのは嬉しいポイントですね。
またWEB完結申し込みによって、申し込みからの手続きをすべてWEB上で完了できます。

家族にバレたくない人にとっては、郵送物がないのもWEB完結の大きなメリットです。
もしカードローン選びで迷ったなら、プロミスは総合的にオススメといえます。

プロミスの審査については、以下の記事で詳しく解説しています。

プロミスの審査は甘いってホント?審査基準を元に通るためのコツを徹底考察!申込みの注意点もご紹介。
プロミスの審査通過のためのポイントとは?審査に通るためのコツも解説!プロミスは審査スピードが早く、多くの人に人気なカードローンですが、審査は甘いのでしょうか?プロミスの審査基準や審査に通りやすい人の特徴や落ちやすい人の特徴など、プロミスの審査について紹介してきます。...

SMBCモビット

SMBCモビット
商品・サービスの詳細はこちら
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要(※1)
即日融資 〇(※2)
WEB完結
担保・保証人 不要

(※1)50万円以下でも収入証明書の提出を求められる場合があります。
(※2)申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。

SMBCモビットは、在籍確認が不安な方に特にオススメです。
SMBCモビットの最大のメリットは、WEB完結申し込みにあります。

WEB完結申し込みであれば、先ほど紹介したプロミスでも対応しています。
しかしSMBCモビットでは、WEB完結申し込みで原則電話不要となるのです。

ただしSMBCモビットのWEB完結は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 指定の銀行口座を持っていること
    …三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行
  • 上記銀行口座での振り込み貸付・口座振替による返済ができるこ
  • 本人確認書類の提出
    …運転免許証・パスポート
  • 収入証明書類の写しの提出
    …源泉徴収票・所得証明書・確定申告書・税額通知書・給与明細書
    ※給与明細書は直近2ヶ月分
  • 勤務先を証明できる書類の写し提出(2点)
    …健康保険証(社会保険証もしくは組合保険証)・給与明細書
    ※給与明細書は直近1ヶ月分

通常の「カード申し込み」よりも、提出書類が増えるのが難点ともいえますね。
しかし条件を満たせない場合でも、在籍確認については相談可能です。

「カード申し込み」であっても、相談次第で在籍確認電話を回避できる場合があります。
他のカードローンと比べ、在籍確認に対して非常に柔軟であることがわかりますね。

そのほかのSMBCモビットの特徴については、以下のとおりです。
(※表は横にスクロールできます。)

最大融資額 金利(年利) 審査スピード 無利息サービス
800万円 3.0%~18.0%(年) 最短30分※ なし

※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。

無利息サービスこそありませんが、在籍確認におけるメリットだけでも十分といえます。
それだけでなく、SMBCモビットは審査結果を早く知りたい人にもオススメです。

SMBCモビットでは、「10秒簡易審査」を実施しています。
申し込みから10秒で、おおまかな審査結果が回答されるのです。

その審査項目は詳細なものとなっており、その結果はほぼ本審査と同様になります。
もちろん10秒簡易審査に通過して、本審査で落ちることもないわけではありません。

しかし10秒という速さで、ある程度信用できる審査結果が得られるのは嬉しいですね。
早めに安心したい人や、在籍確認が不安な人にSMBCモビットはオススメです。

SMBCモビットの審査については、以下の記事で詳しく解説しています。

SMBCモビットの審査基準について解説
SMBCモビットの審査は厳しい?審査に通るためのコツも紹介!SMBCモビットの審査は厳しいのでしょうか?SMBCモビットの審査基準や審査の流れなど審査について隅々まで解説していきます。また、審査に通りやすい人・落ちやすい人や審査に通るコツもあわせて紹介していきます。...

※誰にもバレずにお金を借りられます!

アイフル

アイフル
商品・サービスの詳細はこちら
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

アイフルの最大のメリットは、審査の利便性と審査スピードにあります。
審査の利便性については、アイフル独自の自動契約機「てまいらず」が挙げられます。

無人契約機自体は、カードローン業界では特に珍しいものではありませんね。
しかし「てまいらず」では、文字通り申込者の手間が省ける親切な仕様になっています。

てまいらずの中には電話機が設置されており、契約手続きは通話で進行できるのです。
自身で端末操作に手間取ることもなく、カード発行までを完了できます。

特にはじめてのカードローン利用で、端末操作が苦手な方にはオススメといえますね。
そのほかのアイフルの特徴は、以下のとおりです。
(※表は横にスクロールできます。)

最大融資額 金利(年利) 審査スピード 無利息サービス
800万円 3.0%~18.0%(年) 最短30分 初回契約日の翌日から30日間

無利息サービスについては、プロミスと一見同じようにも見えます。
しかしアイフルの場合は初回利用日の翌日からではなく、初回「契約日」の翌日からです。

契約日に借り入れをしないと、30日間フルでの無利息の恩恵は受けられません。
しかし即日融資を希望する方にとっては、デメリットにはなり得ないでしょう。

またアイフルでは、申し込み後にフリーダイヤルに電話をすることで審査が優先されます。
急ぎの場合には実践したい、嬉しいサービスですね。

先に紹介した2社比べると、フリーターの方にオススメできる要素は少なめともいえます。
しかし総合的に見て、決して他に劣るカードローンというわけではありません。

ここで紹介したメリットから、相性がよさそうと感じたならぜひ申し込んでみましょう。

アイフルの審査については、以下の記事で詳しく解説しています。

アイフルの審査基準を解説!
アイフルの審査基準について解説!審査に落ちる人・通りやすい人の特徴も紹介!アイフルの審査は甘い?それとも厳しいのでしょうか?アイフルは何を基準に審査を行っているのでしょうか?今回はアイフルの審査について、審査通過率や、審査に通りやすい・落ちやすい人の特徴もご紹介していきます。即日融資を受けたい人にもコツを解説していきます。...

少しでも早く借りたい方にもオススメ!

アコム

アコム
商品・サービスの詳細はこちら
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

大手消費者金融のアコムは、「はじめてのアコム」というフレーズでおなじみですね。
そのためか最初のカードローン利用にアコムを選ぶ人も多く、根強い人気があります。

アコムでは「最短1分」という驚異的なスピードで、振込による融資を受けられます。
このことから即日融資を希望する方にとって、アコムは最もオススメかもしれません。

さらにアコムは、以下のように手数料無料で返済できる選択肢が多いのも強みです。

インターネット 24時間対応
Pay-easyもしくは金融機関のインターネットバンキング必須
アコムATM 24時間対応
店頭窓口 平日9時30分~18時で営業
口座振替 返済日は毎月6日で固定

返済期間が長いほど、積み重なった返済手数料は軽視できません。
手数料無料の返済方法の多さは、フリーターの方にとって大きなメリットとなるでしょう。

アコムの、そのほかの特徴は以下のとおりです。
(※表は横にスクロールできます。)

最大融資額 金利(年利) 審査スピード 無利息サービス
800万円 3.0%~18.0%(年) 最短30分 初回契約日の翌日から30日間

無利息サービスについては、アイフル同様「契約日の翌日から」となっています。
そのほかの項目についても、アイフルと同様であることがわかりますね。

両者の違い、どちらがよりオススメかは好みによるところが大きいといえます。
アコムかアイフルかで迷っているなら、どちらのメリットが自分に合うかで決めましょう。

アコムの審査については、以下の記事で詳しく解説しています。

アコムの審査を解説
アコムの審査基準や内容について紹介!通過するためのコツも解説!「アコムの審査に通るか不安」という方に向けて、アコムの申し込み条件や審査通過のコツ、即日融資を受ける流れなど解説していきます。アコムの審査に通りやすい人・通りにくい人の特徴もご紹介しているので、是非自分と比較してみてください。...

初回利用なら30日間無利息!

フリーターのカードローン利用のためのQ&A

フリーターの方がカードローンを利用するのに役立つ情報を、Q&Aにまとめてみました。
ここまで解説してきた内容に、プラスで覚えておくとよいですね。

これまで知らなかったことや、これから役立つ情報をここでチェックしておきましょう。

フリーターは他の雇用形態に比べて審査に不利なの?

一概に、「フリーターだから不利」というわけではありません。
一般的に非正規雇用者は、収入の安定性という面で信用度は低い傾向にあります。

特に銀行カードローンの場合、雇用形態や収入面で求められる基準は高いです。
フリーターの場合は、味方によっては不利ともいえます。

反対に消費者金融であれば、本記事内で解説したようにフリーターも客層の1つです。
フリーターにとってのメリットも多々あり、審査においても決して不利ではありません。

またフリーターであっても、審査で有利な状況を作ることは可能です。
勤続年数が長ければ、収入の安定性の評価に繋げることができます。

たしかにフリーターは、カードローンの審査で不利となる面はあるでしょう。
しかし大切なのは、不利な面を他の要素で補うことです。

フリーターだからという理由だけで、審査落ちにはならないので安心しましょう。

フリーターだと借り入れできる金額は少なくなるの?

フリーターだから借り入れ限度額が低くなるというのは、あながち間違いでもありません。
ただしそれは、「フリーターだから」と一括りにできるものではないのです。

カードローンの借り入れ限度額は、審査で「返済能力」を総合的に判断した結果です。
複数の項目が絡みますが、その中でも最も影響を与えるのが「年収」といえます。

消費者金融カードローンには、「総量規制」という制度があります。
総量規制によって、貸付額は年収の3分の1までと定められているのです。

適用される法律は異なりますが、銀行カードローンでも同様の規制が存在します。
つまり「年収が低ければ」借り入れ限度額は、自ずと低くなるといえますね。

また年収以外にも勤続年数などの属性や、車や持ち家などの財産の有無も関係します。
これらの要素次第では、雇用形態問わず借り入れ限度額が低くなるといえるでしょう。

ただしフリーターの場合、平均的に見てこれらの要素は満たせない場合が多いですね。
特に初回借り入れ時には、信用度の低さもあり借り入れ限度額は低くなります。

たいていの場合は、5~10万円の借り入れ限度額が設定されるでしょう。
もちろんその後の利用状況や収入の向上などにより、増枠も可能になりますよ。

フリーターは銀行カードローンの利用はできないの?

結論からいうと、フリーターでも銀行カードローンは利用できます。
ただし消費者金融と比べ、フリーターで銀行の信用を得るのは困難です。

銀行カードローンでは多くの場合、金利が低めに設定されています。
それが銀行カードローンのメリットでもあるのですが、その分審査は厳しくなるのです。

低金利での融資を実現するためには、確実な返済が求められます。
そのため返済能力、つまり「安定した収入」に求められる基準も高くなるのです。

フリーターの場合、その基準を満たせるかどうかがポイントとなるでしょう。
フリーターの方が銀行カードローンを利用するなら、以下のことを実践するのが有効です。

  • 口座の使用期間が長い銀行のカードローンを選ぶ
  • 給与振り込みに使っている口座の銀行カードローンを選ぶ
  • 大手銀行よりも地方銀行や信用金庫のカードローンを選ぶ

特に上記2点に関しては、自身の収入を証明する上で有効といえます。
また地方銀行や信用金庫は、大手銀行と比べ比較的小口融資には積極的です。

このように、フリーターが銀行カードローンを利用するためにできることはあります。
工夫次第で、フリーターでも十分に銀行カードローンは視野に入るといえるでしょう。

カードローンは周りにバレずに利用できる?

カードローンは、周りにバレずに利用することが可能です。
しかし以下のケースで利用がバレる場合もあるので、対策を取っておく必要があります。

  • 自宅に郵送物が届いたとき
  • ローンカードが見つかったとき
  • 利用明細書を見られたとき
  • 通帳の記録を見られたとき
  • カードローン会社との電話を聞かれたとき
  • 審査のために揃えた書類が見つかったとき

上記のケースについては、一人暮らしである場合には危険性はほぼ無いといえます。
家族などの同居人がいる場合には、ローンカードや書類の管理は徹底しましょう。

最もリスクが高いのは、返済の遅延や延滞といったトラブルです。
督促の電話を無視し続けると、勤務先への電話や自宅への督促状送付に発展します。

これらは利用バレに繋がる可能性が高く、最も回避すべき展開でしょう。
利用規約をしっかり守り、計画的に返済することが肝心です。

また在籍確認でカードローン利用がバレることは、まず無いと考えられます。
カードローン会社が、申込者のカードローン利用を第三者に漏洩することはありません。

不安な場合には、在籍確認の電話が回避可能な「プロミス」などの利用がオススメです。

なにが原因でカードローン利用がバレるかは、その人の状況次第で違ってきます。
自分の状況にあわせた対策を取り、利用バレのリスクを回避しましょう。

返済を給料日以降にすることはできる?

カードローンの返済日の決まり方は、カードローン会社により異なります。
返済日の決まり方は、以下のようなパターンが主です。

  • 返済日が決まっている
  • 返済日を申込者が自由に決められる
  • 指定された返済日の候補の中から選ぶ
  • 借り入れをした日によって毎月の返済日が決まる

また口座振替の場合だと、毎月決まった日に返済日が定められている場合もあります。
申し込みたいカードローンの返済日が、自分にとって都合の悪い日の場合もあるでしょう。

特に給料日前などに返済日が決まってしまうと、返済が滞ってしまう原因にもなり得ます。
事前に返済日について、カードローン会社に問合せをしておくとよいでしょう。

初回返済日が定められていても、後から返済日を変更できるカードローンもあります。

契約後に転職した場合はどうすればいいの?

フリーターの場合は、正規雇用者に比べ転職の可能性が高い傾向にあります。
転職した場合には、カードローン会社への勤務先変更の申告が必要です。

またその際には、再度新しい転職先に在籍確認が実施される場合もあります。
ただしカードローン会社によって対応が異なるので、必ずあるというわけではありません。

転職によって年収などに変化があった場合、再審査で限度額が変更される場合もあります。
良い変化にも悪い変化にもなるといえますが、勤務先の変更手続きは必須です。

自分にとって都合が悪くなる可能性があったとしても、転職の事実を隠してはいけません。
利用中なにかあった場合に、転職前の勤務先に連絡がいく可能性もあります。

元勤務先の会社に迷惑をかけるだけでなく、カードローン会社からも悪印象です。
勤務先の変更があった場合に申告することは、大半の場合利用規約にも含まれています。

規約をしっかり守って、勤務先の変更を忘れずに申告しましょう。

フリーターでもカードローンは利用できる!

フリーターでも、カードローンは十分に利用できることがわかりましたね。
今回の記事で解説したことを、以下にまとめてみました。

  • 安定した収入があればフリーターでもカードローンの審査には通過できる
  • フリーターのカードローン利用には「消費者金融」がオススメ
  • 日雇いや短期アルバイトはカードローンの審査に不利
  • 「フリーターだから」という理由でカードローンの審査に落ちることはない
  • フリーターでも勤続年数などで審査に有利な状況を作ることはできる
  • 自分の希望や状況にあったカードローンを選ぶことが大切

現代では様々な働き方が確立されており、フリーターの人口も決して少なくはありません。
大切なのは雇用形態ではなく、カードローン会社の信用を得ることです。

たしかにフリーターは、正規雇用者と比べると信用面で劣っているかもしれません。
しかし審査通過のコツを心得て、誠実な姿勢で取り組めば十分に信用を得られるでしょう。

そして審査に通過した後も、計画的な利用を心がけることを忘れないことが大切です。
一人一人の良好な利用実績の積み上げで、フリーターへの信用度も変わるかもしれません。

いつの日かフリーターでも、カードローン利用に対する不安がなくなるとよいですね。