お金を借りる方法

カードローンで300万円を借りることは可能?利用条件や他の借り入れ方法も紹介!

カードローンで300万円借りられる?

「カードローンで一度に300万円を借りられるの?」
「カードローンで300万円を借りられるのはどんな人?」
「カードローンを利用できなかったら300万円は借りられないの?」

カードローンへの申し込みを検討する方の目的は、人によってさまざまです。
ほとんどは数十万円を希望しますが、300万円という大金を借りたい方もいるでしょう。

そこで今回は300万円を借りる方法について、以下を解説していきます。

  • カードローンで300万円を借りるための条件
  • カードローン以外で300万円を借りる方法
  • 300万円を借りた場合の返済シミュレーション

結論を先にいうとカードローンで300万円を借りられるのは、ほんの一握りの方です。
一般的に高収入といわれる方に限られるので、多くの方は他の方法を探すことになります。

300万円を借りられればいいなら、カードローンにこだわる必要はありません。
確実に300万円を借りたい方は、本記事を参考にしてみてください。

そもそもカードローンで300万円を借りれる?

新規契約時は高い利用限度額は設定されない一般的にカードローンの利用極度額の上下は、300万円から800万円です。

参考として、主要カードローン会社の利用極度額の上限をご紹介します。

アコム 800万円
アイフル 800万円
プロミス 500万円
みずほ銀行カードローン 800万円
りそなカードローン 800万円

極度額が300万円以上であれば、利用限度額が300万円になる可能性はあります。
ただし、新規契約時から、300万円という大金を借りられることはほとんどありません

仮に初回契約で300万円の利用限度額を設定されたとしても、利用者が一度も返済しなければカードローン会社の損失が大きく、初回時の高額融資は過大なリスクを負うことになります。

そこで、信頼できる利用者なのかを見極めるために、最初は利用限度額は低めに設定されます。

基本的に初回の利用限度額は、源泉徴収票などの収入証明書の提出が不要な50万円以下に設定されることが多いです。

また、新規契約時が300万円の3分の1である100万円を設定されることのハードルも決して低くはありません。

それほど利用限度額が300万円に設定されることは、難しいことであると思っておいてください。

カードローンで300万円を借りるための条件

300万円を借りられるのは一握り一度に300万円を借りるのは難しいですが、絶対に不可能というわけではありません
ここでは、300万円の利用限度額を設定されるための条件について紹介していきます。

年収が900万円以上

カードローン会社はそれぞれ、貸し過ぎを防止するための規制があります。

  • 消費者金融:総量規制(法律による規制)
  • 銀行カードローン:自主規制(業界としての規制)

消費者金融や銀行カードローンは、借りられるお金は利用者の年収の3分の1までです。
つまり、300万円を借りるには、年収は最低でも300万円の3倍である900万円が必要です

参考までに国税庁の調査を紹介すると、給与所得者の平均年収は約441万円となっています。

2 1年を通じて勤務した給与所得者については、次のとおりである。

(1) 給与所得者数は、5,026万人(対前年比1.6%増、81万人の増加)で、その平均給与は441万円(同2.0%増、85千円の増加)となっている。

引用元:国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査

441万円の約2倍である年収900万円の方は、一般的には高所得者といえるでしょう。
つまり、一度に300万円を借りられるのは、限られた一部の方だけともいえます。

ただし、年収が900万円あれば必ず300万円を借りられるとは限りません。

分かりやすく説明するために、30万円を借りるために必要な年収について紹介します。

  1. 30万円を借りるのに理論上必要な年収は90万円
  2. 年収90万円は月収に換算すると7.5万円
  3. 30万円を借りると最低返済額は1万円を超える
  4. ケースにもよるが月収7.5万円の毎月1万円超の出費は厳しい
  5. 利用限度額は30万円未満に設定される可能性が高い

上記のように理論上は30万円を借りられるとしても、実際に借りたら返済が続かない方も出てきます。

つまり、30万円を借りるためには、実際は90万円以上の年収が求められやすいということになります。

これと同様に、300万円借りるには900万円以上の年収を求められる可能性があります。

また、カードローンで300万円を借りると、最低返済額は6万円程度(※)になります。
(※3年以内で完済しようとすると月々の返済額は10万円を超えることもあります。)

利用限度額が300万円に設定されるためには、年収は1,000万円超あったほうが良いでしょう。

収入証明書の提出ができる

300万円を借りるために、年収が900万円以上あることを証明しなければいけません。

そもそも希望限度額が50万円超になると、以下のような収入証明書の提出が必要です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)

※有効な収入証明書はカードローン会社によって異なる場合があります。

手続きがスムーズにすすむように、申し込み前には用意しておくと良いでしょう。
なおカードローンの審査では、収入証明書は撮影した画像を提出することになります。

他社借り入れ額の合計が年収の3分の1を超えない

年収900万円で300万円を借りるためには、他社借り入れがないことが利用の条件です。
高収入を得ていても、他社借り入れの分は借り入れできる枠は減るので注意しましょう。

すでに他社借り入れがある方が300万円を借りるならば、900万円以上の年収が必要です。
他社借り入れが1件ある場合に、最低でも必要になる年収をご紹介します。

利用限度額30万円
の他社借り入れがある
300万円を借りるには
最低でも年収は990万円必要
利用限度額50万円
の他社借り入れがある
300万円を借りるには
最低でも年収は1,050万円必要
利用限度額100万円
の他社借り入れがある
300万円を借りるには
最低でも年収は1,200万円必要
利用限度額200万円
の他社借り入れがある
300万円を借りるには
最低でも年収は1,500万円必要
利用限度額300万円
の他社借り入れがある
300万円を借りるには
最低でも年収は1,800万円必要

100万円も借りるとなると、完済までのゴールが遠いのが一般的です。
そのため、2社目に申し込んでもそもそも1社目を返済できるのかと判断されます。

すでに他社で100万円以上借りている方は、300万円を借りるのは難易度が高めです。
先に他社借り入れを解約したほうが、300万円を借りるための審査では有利に働きます。

過去にローンを完済した経験がある

過去にローンやクレジットを利用したことがない方が300万円を借りるのは難しいです。

過去のローンやクレジットの利用履歴は、審査で用いられる信用情報に記録されています。
仮に信用情報に何も記録されていない方は、スーパーホワイトと呼ばれています。

一般的に多くの成人の方は、何らかのローンやクレジットを利用しています。
年収900万円以上もありながら、スーパーホワイトの方は信用されない可能性が高いです。

高収入でもスーパーホワイトの方が信用が低いのは、以下のような理由があります。

  • 実績がないので返済してくれるか判断できない
  • 債務整理をしたのではないかと疑われる

カードローン会社が一番怖いのは、利用者が返済せずに貸し倒れることです。
そのため一度も返済したことがない方に融資するのは、できれば避けたいと判断します。

また過去に債務整理をして、信用情報をリセットしたと判断されるかもしれません。

債務整理をした方は、過去に借り入れの一部か全額を踏み倒した方ということです。
何より信用第一のローン契約では、過去に業者を裏切ったことがある方とみなされます。

300万円を融資する対象として不適切であると判断される可能性は高いでしょう。

以下の関連記事では、信用情報の基本的な知識について紹介しています。
信用情報についてより詳しく知りたいという方は、あわせてご覧ください。

カードローン以外で300万円を借りる方法

他のローンも検討の余地あり先ほどご紹介した条件を知ってカードローンでは300万円も借りるのは難しいと思った方は多いはずです。

そこで、カードローン以外で300万円を借りる、以下の方法について解説していきます。

フリーローン 融資まで1~2週間
住宅ローン 融資まで1ヶ月~1ヶ月半
教育ローン 融資まで翌営業日~3ヶ月
マイカーローン 融資まで3営業日~2週間
有担保ローン 融資まで3営業日~1ヶ月
おまとめローン 融資まで即日~2週間
ビジネスローン 融資まで即日~2週間
生活福祉資金貸付の福祉費 融資まで1ヶ月程度

この中でもフリーローン以外は総量規制の対象外なので、年収の3分の1超を借りることができます。

ただし、申し込み当日には借りられない方法が多いので、急いでいる方は要注意です。
融資まで最短即日でも、申し込み当日に必ずお金を借りられるわけではありません。

一刻も早く融資を受けたい場合は、なるべく早めに申し込みを済ませておきましょう。

フリーローン

フリーローンとは、銀行などの金融機関が提供する使いみち自由のローンのことです。
金利や利用限度額はカードローンと近いですが、以下のような違いがあります。

  • 一度借りたら後は返済しかできない
  • 返済期間が決められている場合がある

カードローンは基本的に、利用限度額の範囲で繰り返し利用OKです。
しかし、フリーローンでは融資を受けた後に追加融資は受けられません。

また、返済期間は最長10年である場合が多く、事前に返済期間を決める必要があります。
一度決めた返済期間を後で長く変更するのは、再度手続きが必要になるかもしれません。

参考として、りそな銀行の公式サイトの記載をご紹介します。

仮審査申込時の借入期間よりも、借入期間を短くして契約することは可能ですか?

可能です。
※借入期間を長くする場合は、再度手続きが必要となります。

引用元:りそな銀行「よくあるご質問

返済期間を短く設定すると、1回あたりの返済額が増えて延滞のリスクが高まります。
延滞せずに返済を継続する自信がない方は、返済期間は最長に設定してみてください。

追加の返済は、返済方法によっては返済時期・返済額に制限があるので要注意です。

なお、フリーローンで借りられるお金は、総量規制の関係から年収の3分の1までとなります。

住宅ローン

住宅ローンとは、住宅を買ったり改築したりするためのローンのことです。
元本が高いため金利がかなり低く、返済期間が長いのが特徴といえます。

住宅ローンは総量規制の「除外貸付」で、年収の3分の1超も借り入れOKです。

ただし、目的額が300万円であれば、住宅ローンよりもリフォームローンの方がふさわしいという場合が多いでしょう。
(リフォームローンの利用でも年収の3分の1超の融資を受けられます)

住宅ローンと比較して、リフォームローンには以下のような特徴があります。

  • 住宅ローンよりは金利が少し高い
  • 住宅ローンよりは返済期間が短い

住宅ローンの金利はとても低く、年1.0%前後である場合が多いです。
一方でリフォームローンの金利は、年3.0%~年5.0%となります。

また、住宅ローンは最長35年が多いですが、リフォームローンは最長15年が多いです。
300万円で最長15年であれば、余裕を持って返済をすすめられる可能性が高いでしょう。

同じ金融機関で住宅ローンを利用していれば、金利優遇のチャンスがあります。

教育ローン

教育ローンとは、各種学校の入学金や授業料などの学費に利用できるローンのことです。
銀行などの金融機関だけではなく、国も教育ローンを提供しています。

国の教育ローンは審査は厳しめですが、固定で年1.70%と金利は低いです。
参考として、300万円を借りた場合の金融機関の教育ローンの金利をご紹介します。

みずほ銀行 年3.975%
三菱UFJ銀行 年3.975%
イオン銀行 年2.8%~年3.8%
楽天銀行 年3.214%
オリコ 学校による

※2020年9月現在の情報です。
※例に挙げているのは変動金利タイプの金利です。

国の教育ローンであれば、金融機関の教育ローンよりも金利が年2.0%前後低く設定されています。

ただし、国の教育ローンは必要時期の2~3ヵ月前が申し込みの目安になります。
一方で、楽天銀行などでは最短で翌営業日に融資が可能であるため、急な申し込みであっても対応してもらえる可能性が高いです。

マイカーローン

マイカーローンとは、車やオートバイの購入を目的としたローンのことです。
オプションで購入した、カーナビやETC車載器などの購入費用もローンに組み込めます。

マイカーローンは、大きくわけて以下の2種類です。

  • 金融機関のマイカーローン
  • ディーラーローン

金融機関のマイカーローンの金利は、年2.0%~年4.0%と低めになります。
中古車販売店などのディーラーローンは、年3.0%~年6.0%と少し高めに設定されています。

そのため、金融機関のマイカーローンのほうが審査は厳しめだと思っておきましょう。

ただし、ディーラーローンは完済するまでの車の所有権はディーラーにあります。
購入時から所有権を得たい場合は、金融機関のマイカーローンに申し込んでみてください。

有担保ローン

有担保ローンとは、担保の提供をして必要なお金を借りるローンのことです。
担保は返済不能になった場合に完済を確保するもので、融資する前に提供します。

担保となるのは多くの場合、土地や建物などの不動産です。
フリーローンなどの無担保ローンと比べると、以下のような特徴があります。

  • 担保価値が高ければ審査通過しやすくなる
  • 返済期間を長く設定できる
  • 金利は低めになりやすい

融資する側からすれば、担保があれば万が一の貸し倒れの場合も安心です。
そのため担保の価値次第では、審査は大きく有利に働く可能性があるといえます。

また金利面では、無担保ローンよりもおトクにお金を借りられる可能性が高いでしょう。
手続きが早ければ、申し込みから3営業日で融資してもらえるのも嬉しいところです。

おまとめローン

おまとめローンとは、複数のローンを1社にまとめるためのローンのことです。
利用限度額が高くなるほど適用金利が下がるため、利用できれば利息負担が減ります。

現在の借り入れを完済しやすくしたい方は、おまとめローンがおすすめです。
(完済しやすくするための商品なので追加融資は受けられない場合が多いです。)

借り入れの合計額が300万円の場合のおまとめ例を見てみましょう。

【おまとめローン前】

  • A社…金利:年15.0%・借り入れ残高:100万円
  • B社…金利:年14.0%・借り入れ残高:130万円
  • C社…金利:年18.0%・借り入れ残高:70万円

【おまとめローン後】

  • D社…金利:年7.5%・借り入れ残高:300万円

※上記の数字はあくまで例なので実際の数字は異なる場合があります。

1社で設定される利用限度額が高くなり、金利が大幅に下がっています。
確実ではないですが、300万円のおまとめで金利は年10%未満になる可能性があります。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、事業資金を目的とした経営者や個人事業主向けのローンのことです。
カードローンなどは事業目的NGなので、事業目的の方はビジネスローン1択といえます。

事業目的の融資というと、銀行からお金を借りる銀行融資が一般的です。
しかし、ビジネスローンには銀行融資にはない以下のようなメリットがあります。

  • 審査時間が短い
  • ラクに手続きできる
  • 必要書類が少なくて済む

ビジネスローンは業者によっては、即日融資も可能です。
すぐにでも運転資金が必要という場合は、ビジネスローンの融資スピードは大きなメリットです。

一方で銀行融資は、申し込みから融資まで1ヶ月かかることも珍しくありません。
しかも審査は厳しいので、時間がかかっても審査落ちするということもありえます。

以上の事情から、ビジネスローンは早く手軽に300万円を借りられるといえるでしょう。

以下の関連記事では、ビジネスローンのについて解説しています。
オススメのビジネスローンも紹介しているので。事業資金として300万円を借りたい方は、あわせてご覧ください。

生活福祉資金貸付の福祉費

生活福祉資金貸付とは、金融機関などからはお金を借りられない方向けの融資制度です。
具体的には、以下のような世帯が生活福祉資金貸付の利用対象となります。

  • 低所得者世帯(市町村民税が非課税になる世帯)
  • 障害者世帯(身体障害者などが属している世帯)
  • 高齢者世帯(65歳以上の人が属している世帯)

複数ある生活福祉資金貸付の中で、一度に300万円を借りられるのは福祉費のみです。
福祉費であれば以下のような幅広い用途で、580万円以内のお金を借りられます。

・生業を営むために必要な経費
・技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために
必要な経費
・住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
・福祉用具等の購入に必要な経費
・障害者用の自動車の購入に必要な経費
・中国残留邦人等に係る国民年金保険料の追納に必要な経費
・負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を
維持するために必要な経費
・介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及び
その期間中の生計を維持するために必要な経費
・災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
・冠婚葬祭に必要な経費
・住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
・就職、技能習得等の支度に必要な経費
・その他日常生活上一時的に必要な経費

引用元:厚生労働省「生活福祉資金貸付条件等一覧

保証人なしなら年1.5%ですが、保証人をつければ無利子で融資を受けられます。
福祉費の償還期限は長く、6ヶ月の据置期間後から20年以内に完済すればOKです。

カードローンで300万円を借りた場合の返済シミュレーション

300万円借りるなら特に金利に注意300万円を借りる注意点は、大きな利息負担で返済が続かないかもしれなくなることです。
実際の利息負担や返済額はどのくらいになるか、以下のケースをシミュレーションします。

  • 金利を年9.0%に設定された場合
  • 金利を年5.5%に設定された場合
  • 金利を年3.0%に設定された場合

カードローン以外の方法を検討する方も、利息負担の想定の参考にしてみましょう。

年9.0%で300万円を借りたケース

適用金利が年9.0%の完済期間ごとの利息総額と毎月の返済額は以下の通りです。

ケース 利息総額 毎回の返済額
1年(12回)で
完済した場合
27万円 27万2,500円
2年(24回)で
完済した場合
54万円 14万7,500円
3年(36回)で
完済した場合
81万円 10万5,833円
4年(48回)で
完済した場合
108万円 8万5,000円
5年(60回)で
完済した場合
135万円 7万2,500円
6年(72回)で
完済した場合
162万円 6万4,166円
7年(84回)で
完済した場合
189万円 5万8,214円

※利息総額・毎回の返済額はあくまで目安なので実際は異なる場合があります。

300万円を1年で完済できれば、利息総額は27万円に抑えられます。
しかし毎月の返済額は約27万円となるので、現実的とはいえません。

4年で完済する場合は、毎月の返済額は10万円未満になります。
返済額の負担は減りましたが、利息総額は100万円を超えてしまいます

以上のように、300万円を借りると適用金利がいくらになるかを確認することが重要です。

年5.5%で300万円を借りたケース

適用金利が年5.0%の完済期間ごとの利息総額と毎月の返済額は以下の通りです。

ケース 利息総額 毎回の返済額
1年(12回)で
完済した場合
16万5,000円 26万3,750円
2年(24回)で
完済した場合
33万円 13万8,750円
3年(36回)で
完済した場合
49万5,000円 9万6,944円
4年(48回)で
完済した場合
66万円 7万6,250円
5年(60回)で
完済した場合
82万5,000円 6万3,750円
6年(72回)で
完済した場合
99万円 5万5,416円
7年(84回)で
完済した場合
115万5,000円 4万9,464円

※利息総額・毎回の返済額はあくまで目安なので実際は異なる場合があります。

適用金利が年5.0%であれば、3年以内の完済で毎月の返済額は10万円未満になります。
利息総額は50万円を切っているので、返済に余裕があれば目指したいラインです。

完済に6年かけた場合は、毎月の返済額が5万円程度と負担は軽めといえます。
利息総額は100万円未満になっており、毎月1万3,000円程度の利息負担となる計算です。

年3.0%で300万円を借りたケース

適用金利が年3.0%の完済期間ごとの利息総額と毎月の返済額は以下の通りです。

ケース 利息総額 毎回の返済額
1年(12回)で
完済した場合
9万円 25万7,500円
2年(24回)で
完済した場合
18万円 13万2,500円
3年(36回)で
完済した場合
27万円 9万833円
4年(48回)で
完済した場合
36万円 7万円
5年(60回)で
完済した場合
45万円 5万7,500円
6年(72回)で
完済した場合
54万円 4万9,166円
7年(84回)で
完済した場合
63万円 4万3,214円

※利息総額・毎回の返済額はあくまで目安なので実際は異なる場合があります。

年3.0%を適用されれば、5年以内に完済するときは毎月の返済が毎月6万円弱でOKです。
利息総額は50万円以下なので、毎月の返済額と利息負担のバランスが現実的といえます。

返済期間が7年と長めになっても、利息総額は60万円程度に抑えられています。
完済までの期間1年~7年の利息負担はいずれも月1万円未満で済みます。

以上を参考にして、300万円を借りる際の金利に注目してみてください。

また、300万円をなるべく早く完済するには、繰り上げ返済を活用することが必須です。
繰り上げ返済のメリットなどについて詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

カードローンで300万円を借りるのは困難

300万円を借りる方法について、解説してきたことを振り返ってみましょう。

  • カードローンで一度に300万円の融資を受けられるのは一握りの人
  • 300万円を借りるには最低でも900万円以上の年収が必要
  • 年収が900万円でも絶対に300万円を借りられるわけではない
  • カードローン以外であれば年収の3分の1超も借りられる場合がある
  • 住宅・教育・車など目的が明確なら「目的別ローン」
  • 不動産を所有しているなら「有担保ローン」
  • 事業資金を借りたいときは「ビジネスローン」
  • 複数社を一本化して返済しやすくしたいなら「おまとめローン」
  • 民間の金融機関で借りられないなら「生活福祉資金貸付」
  • 300万円は大金なので適用される金利は重要

カードローンは規制の影響から、一度に300万円を借りるのは難しいです。
そのため規制の影響を受けない、他の方法を検討するほうが良いでしょう。

他の方法であれば、カードローンよりもグッと低い金利で借りられることもあります。

300万円ともなると利息負担が大きくなるので、低金利の商品を利用することが重要です。
晴れて低金利の商品を利用できれば、毎月の返済額や最終的な利息総額を抑えられます。

本記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、下記の記事ではオススメのカードローン10社を10項目で比較し、ランキング形式で紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。