未分類

20代から始めるカードローンの使い方とは?初めて利用する時の注意点も解説!

20代からでもカードローンを安心して利用しよう

「20代でも使いやすいカードローンってある?」
「カードローンに詳しくないけど利用を始めたい!」

20代のカードローン利用は身近になってきましたが、利用方法について悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

本記事では、20代の方のカードローンの利用について以下のように紹介していきます。

  • カードローンを使う20代の割合・利用目的とは
  • 20代がカードローンを活用するコツ
  • 20代は向けたカードローンの選び方
  • 20代におすすめのカードローン会社とは
  • 20代がおさえておきたいカードローンの基礎知識
  • 20代がカードローンを使う際のメリット・デメリット

20代といってもまだ学生の方も多く、社会人として働いていても余裕のある生活ができている方はあまりいないでしょう。

圧倒的にお金のやりくりに悩むことの多い20代が、安心してカードローンの利用を始められるように紹介しています

ぜひ、最後までご覧ください。

20代のカードローン利用状況は?

20代の方にも、カードローンは身近なものとして考えられるようになってきました

ここでは、20代のカードローン利用割合や利用目的について、ご紹介します。

カードローンを使う20代の割合

カードローンを利用している20代がどのくらいいるのか利用状況を紹介します。

日本賃金業協会が発表した資⾦需要者等の現状と動向に関する調査結果報告から、令和元年の年代別割合を抜粋しました。

(画像はクリックまたはタップで拡大表示できます。)

20代の利用割合

参考元:日本賃金業協会「資⾦需要者等の現状と動向に関する調査結果報告
(データ基準日:令和元年9月30日)

グラフを見ると、20代の利用は16%を占めていて、他の年代より若干少ない結果となっていました。

しかし、特別少ないわけではないことから、20代がカードローンを利用することは珍しいことではありません

20代がカードローンを使う理由

20代の利用者はカードローンをどのような理由で利用しているのか紹介します。

野村総合研究所のカードローンアンケート調査分析結果から以下のような結果になっています。

(画像はクリックまたはタップで拡大表示できます。)

20代が利用する理由

参考元:野村総合研究所「カードローンアンケート調査分析結果

20代は生活費のために利用することが最も多い結果になりました。
20代は社会人として働きはじめてまだお給料も少なく、自由に使えるお金も多くありません。

一人暮らしを始めた方は、やりくりに慣れていなくて思いがけない出費に出会うこともあるでしょう。
奨学金の返済もある場合、さらにお金の管理が難しくなります。

そうした限られた生活費をサポートするためにカードローンを利用しているようです。
生活のサポートために利用している方が多いなかで、今まで以上にお金がもらえるようになって趣味に使いすぎてしまうこともあるようです。

このように、思い切り楽しむために一時的な利用をしている方もいます。

20代がカードローンを活用するコツ

上手く使える6つのポイント

ここでは20代からカードローンを上手く使えるようになるためのポイントを紹介します。

  • 返済計画を立てておく
  • WEBで申し込む
  • 離職後・転職直後の申し込みは避ける
  • 返済期日を守る
  • 離職後・転職直後の申し込みは避ける
  • 繰上返済をする
  • 期日までに返せない時はカードローン会社に相談する

上記であげた6つの内容について、それぞれ詳しく説明していきます。

返済計画を立てておく

20代がカードローンを借りる場合には、以下の3つに注意して返済計画を立てることをおすすめします。

  • いつまでに返すのか
  • いくら返すのか
  • どうやって返すのか

これらをあらかじめ明確にしておくと、返済がしやすくなります
また、返済プランを立てておくことで、借り過ぎ防止にも役立つでしょう。

返済計画を立てておかないと、カードローンの利用することへの危機感が薄れて、借り過ぎてしまう恐れがあります。

カードローンで借りることに慣れると、自分の口座からお金を出すような感覚になることがあり、そういった気の緩みが借り過ぎや延滞のリスクにつながります

カードローンを利用するときには3つのポイントを意識して、返済計画をしっかり立てましょう。

WEBで申し込む

カードローンの申込方法でWEBがおすすめな理由は、周りに内容が知られないこととスピードです。

自宅でWEB申し込みをすれば、知人に見られることはないでしょう。
また、WEB申し込みの場合には、最短即日で借りられる可能性がアップします。

一方で、店舗での申し込みだと知人にバレる可能性や出向くまでの時間が必要になります。
必要書類が不足している場合には、一度自宅に取りに帰らないといけなくなるかもしれません。

そして、郵送の申し込みは入金までのスピードが最低でも1週間はかかることが多いため、急ぎの場合に対応できません。

知人などにバレることなく素早い融資を受けるために、カードローンの申し込みはWEBで行うことをおすすめします。

離職後・転職直後の申し込みは避ける

仕事を辞めた後や転職直後の申し込みは、カードローンの審査で収入が不安定とみなされやすいためおすすめできません。

カードローンの審査で最重視されることは収入の安定性です。
その理由は、お金を貸してきちんと返済できるかという返済能力が求められているからです。

カードローン会社は、申し込みの審査をするときに返済不可能になりそうな人への融資をしないことで貸し倒れとなるリスクを減らしているのです。

そのため、収入が安定している人ほど融資の可能性があがります

そのため、離職後や転職してすぐのカードローン申し込みは、審査で不利になりやすいため、避けるようにしましょう。

返済期日を守る

カードローンを使うならば、返済日までにしっかりと返すことが重要です。

返済が滞ると、遅延損害金が上乗せされ、返済額が増えてしまいます
遅延損害金の実際の年率はほとんどの会社が20.0%と設定しているので、高額な支払いをしなければいけません。

また、カードローン会社が勤務先や自宅に連絡をする可能性も否定できません。

また、延滞をしてしまうと信用情報機関に登録されるため、以下のような場合に不都合になります。

  • カードローンの新規借り入れ
  • 住宅ローンなどの借り入れ
  • クレジットカードの発行

さらに、61日以上の延滞した情報は事故情報と呼ばれ、5年から10年は信用情報機関に保存されてしまいます。
今後、様々な面でお金を借りることが難しくなるので注意しましょう。

カードローンを利用するにあたって、少しくらい遅れても大丈夫という考えは通用しません。

延滞によるリスクは今後にも影響するので、しっかりと返済期日を守るように意識が必要です。

臨時返済をする

カードローンでは返済期間が長ければ長いほど、利息により返済総額は増えてしまいます。

返済総額を低く抑えるためにできることが臨時返済です。

臨時返済とは、毎月の返済額とは別にまとまった額を返済する方法です。

毎月の返済額は借入金と利息の返済ですが、臨時返済したお金はすべて借入金の返済に当てることができます。
ボーナスなどの臨時収入があったときに多めに返しておと、支払負担が減ります。

返済するときは、臨時返済ができないかどうかを意識してみましょう。

期日までに返せない時はカードローン会社に相談する

借りたお金を返済期日までに返せない場合は、カードローン会社に連絡することが重要です。

あらかじめ相談しておけば、自宅や勤務先への連絡を避けられる可能性が高まるからです。

また、期日までの返済が難しいことを相談したら、返済方法について具体的に話し合いができます。
状況によっては、事情を考慮して返済日を延ばしてもらえる可能性があります。

何の連絡もせずに、返済期日を過ぎてしまうことは、自身にとってもカードローン会社にとっても良いことがありません

期日までに返済できない場合は、はやめにカードローン会社に相談しましょう。

20代におすすめのカードローンの選び方

カードローン選びで重視すること

20代がカードローンを選ぶときには、スピードや金利、キャンペーンに注目することをおすすめします。

自身にピッタリのカードローンを見つけやすくするために、おすすめのカードローン選定方法をまとめました。

いち早く借りたい場合は消費者金融

素早い融資を重視したい場合は、銀行カードローンよりも審査のスピードが早い消費者金融をおすすめします。

消費者金融では最短即日で借りられるカードローン会社もあり、時間がない方に向いています。
また、スマホだけで手続きを完結できるなど、申し込みがしやすいことも消費者金融の魅力です。

一方で、消費者金融の特徴として銀行カードローンよりも金利が高く設定されています。
金利が高いと返済総額が高額になることから、返済期間を短くするためにも少額の借り入れをおすすめします。

また、必要になったらすぐ借りれて使い勝手が良いので、借り過ぎには気を付けましょう

消費者金融の特徴をふまえたうで、いち早くお金を借りたい場合には、消費者金融を検討しましょう。

金利を重視したいなら銀行カードローン

利息を抑えたくてできるだけ低金利であることを重視する場合は、消費者金融より金利が低い銀行カードローンをおすすめします。

カードローンの金利は利用限度額によって適用金利が変化します。

社会人として働きはじめたばかりの20代は、利用限度額が少なく設定される場合が多く、金利が最高金利に設定されやすいです。

そのため、申し込みのときには最高金利に注目するようにしましょう。

また、銀行カードローンと消費者金融の金利の差を実際のカードローンで比較してみました。

消費者金融
サービス名 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%
銀行カードローン
サービス名 金利
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 年2.0%~14.0%

このように表をみると、銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低い結果になっています。

カードローンは金利が低ければ低いほど、利息が少なくなります
この利息による返済総額の増加を抑えたい場合には、金利の低い銀行カードローンがおすすめです。

また、銀行カードローンは消費者金融よりも知名度があることも、安心して借りやすいといえるでしょう。

その一方で、審査に時間がかかりやすくて、融資までの時間がかかることがあります。

時間に余裕があり、金利を重視したい場合には、銀行カードローンがおすすめです。

短期間の借り入れならキャンペーンを確認

お金を借りたいけどすぐに返済できるような方は、消費者金融の30日間無利息キャンペーンを利用することをおすすめします。

短期間での借り入れならば、消費者金融でも銀行カードローンを利用するより金利が低くなる可能性があります。

一方で、銀行カードローンでは無利息キャンペーンの実施はほとんどありません。

短期間での返済が可能であれば、消費者金融を利用して無利息キャンペーンを利用することをおすすめします。

20代におすすめのカードローン3社

ここでは20代におすすめのカードローンを、3社紹介していきます。

おすすめポイントについても解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

プロミス

プロミス
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要
即日融資
WEB完結
担保・保証人 不要

プロミスを20代におすすめする理由は、以下のようになります。

  • スマホからの申し込みで最短15秒事前審査
    (※最短15秒で事前審査結果の確認後、本審査が必要)
    (※新規契約時点での融資上限は50万円まで)
  • 最短30分の本審査で融資まで最短1時間
  • 初回借り入れの翌日から30日間無利息
    (※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • WEB完結で来店不要・郵送物なし
  • 2020年オリコン顧客満足度調査 ノンバンクカードローン第1位

プロミスはWEB申し込みであれば、最短1時間融資を可能としていて、初めての利用であれば30日間無利息のサービスが利用できることが最大のポイントになります。

他の消費者金融と比べて最短30分審査を公言している会社は複数存在していますが、最短1時間融資を公言しているのはプロミスのみです。

融資までのスピードはカードローン会社の中でトップクラスのスピードとなっています。

またプロミスは、2020年オリコン顧客満足度調査でノンバンクカードローンで第1位を獲得していて、初めての方のサポートが充実しています。
そのため安心して利用を始めることができます。

初めてカードローンを利用しようとしていて、融資までのスピードを重視したい方はプロミスをおすすめします。

SMBCモビット

SMBCモビット
カードローンの種類 消費者金融
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
申し込み条件 ・20歳~69歳
・安定収入がある
収入証明書類 50万円まで不要(※1)
即日融資 〇(※2)
WEB完結
担保・保証人 不要

(注1)SMBCモビットでは、50万円以下でも収入証明書を提出いただく可能性があります。
(注2)申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。

SMBCモビットを20代におすすめする理由は、以下の通りです。

  • 来店不要で即日融資可能
  • 申し込み前に10秒簡易審査
  • WEB完結で電話連絡・郵送物なし

SMBCモビットの最大のポイントは、WEB完結で在籍確認の電話連絡なしにできることです。

WEB完結では、申し込みで求められる書類が本人確認書類と収入証明書類の2つで、専用のアプリやインターネットから送信して提出できます。

この2つの書類を提出することで、在籍確認を書類で行い勤務地への電話連絡がなくなります

しかし、WEB完結を使える方は、以下の条件を満たした場合のみとなっています。

  • 以下のうち、いずれかの銀行口座を使える
    ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行
  • 以下のうち、いずれかの本人確認書類を出せる
    運転免許証、パスポート
  • 以下のうち、いずれかの収入証明書類の写しを出せる
    源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、税額通知書、給与明細書
    ※給与明細書は直近2ヶ月分が必要
  • 以下両方の勤務先証明書類(写し)を出せる
    保険証(全国健康保険協会発行の健康保険証の保険証、もしくは組合保険証)、給与明細書(直近1ヶ月分)

上記の条件を満たせる方は、在籍確認は電話連絡ではなく書類で確認できるWEB完結で申し込みをおすすめします。

もし実家暮らしの20代の方で家族に内緒で借り入れしたいならば、WEB完結で郵送物も失くすことができるのでカードローンの利用を隠すことができます。

勤務先や家族に知られずに利用したい方はSMBCモビットをおすすめします。

※誰にもバレずにお金を借りられます。

楽天銀行スーパーローン

オリックス銀行カードローン
カードローンの種類 銀行
実質年率 1.9%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
申し込み条件 ・20歳~62歳
・安定収入がある
・日本に居住している
・保証を受けることができる
収入証明書類 30万円まで不要
即日融資 ×
WEB完結
担保・保証人 不要

楽天銀行スーパーローンを20代におすすめする理由は以下のようになります。

  • ネット銀行ならではの低金利
  • スマホからWEB完結可能
  • いつもの口座で利用可能

楽天銀行カードローンはスマホでの申し込みなら、申込書類への記入や郵送する手間が必要ありません

そして楽天会員の方の場合、楽天IDを使って申し込みをすると入力項目を少なく出来ので、申し込みが簡単にできます。

また、銀行カードローンのほとんどは特定の銀行口座がないと利用できませんが、楽天銀行カードローンだと楽天銀行の口座がなくても申し込み、利用ができます

口座を新規開設するための時間を短縮できて、いつも利用している口座に振込できるため使いやすく感じるでしょう。

低金利で借り入れしたくて、時間に余裕がある方は楽天銀行スーパーローンの利用を検討してみてください。

※借り入れ金額10万円以下なら
返済は月々3000円から!

20代からカードローンの基礎知識を押さえておこう

カードローンの基礎知識を説明

カードローンの基礎知識を押さえておくと、安心してスムーズに使えるようになります。

そこで、20代のうちから知っていて損しないカードローンの基礎知識を3つ紹介します。

法律に基づいてお金を貸しているサービス

カードローンとは、銀行や消費者金融が法律に則ってお金を貸しているサービスのことです。

銀行カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法によって、貸し借りなどのルールが決められています。
そのため、引な取り立てにあったり、法外な金利を求められたりすることはありませ

ですが、法律に基づかない闇金業者からの借り入れの場合、この限りではないので注意が必要です。

このサイトでご紹介するカードローンは、全て法律に基づいて借りられる会社なので、安心して参考にしていただけます。

カードローンの金利

カードローンの金利とは、借りたお金に上乗せされる利息の割合のことです。

毎月の借入額に金利を上乗せした金額を返す方法が、カードローンの一般的な返し方になります。

また、金利を使った利息の計算の仕方は、以下のようになります。

利息=借入残高×適用されている金利×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)

実際に、カードローンの金利の差でどれくらい利息が変わるのかを把握するために、借入残高を100万円で借入日数を30日として年利だけを変えて比較してみます。

  • 年利15.0%の場合:12,328円
  • 年利10.0%の場合:8,264円
  • 年利5.0%の場合:4,109円

上記の例だと利息の最大の差は8,219円であり、高金利のほうが多く利息を払うことになります。

つまり、同じ金額を同じ期間で借りても、返済金額が金利の差により変わってしまうことがあります。

金利が低い方が利息を抑えることができるので、返済の負担が減ります。

もし、高額のお金を長い期間借り入れしたいのであれば、低金利のカードローンを利用したほうがいいでしょう。

カードローンの申し込みに必要な書類

カードローンの申し込みのときには、本人確認書類と収入証明書類の2つを求められることがあります。

本人確認書類の提出は、利用限度額に関わらずカードローンの契約には必須になります。
また、本人確認書類とは以下のような書類のことです。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

一方で、収入証明書は利用限度額が50万円を超える場合に必要になります。

ただし、審査結果によっては50万円以下でも提出が求められる場合があるので注意しましょう。
また、収入証明書類とは、以下の書類を指します。

  • 源泉徴収票
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

求められる必要書類は、利用するカードローン会社によって異なります。

そのため、申し込み前に利用するカードローン会社の公式ホームページで、必要書類をチェックしておきましょう。

20代がカードローンを使うメリット・デメリット

20代でカードローンを使う場合には、メリットもデメリットもあります。

メリット

20代でカードローンを使いはじめることのメリットは、若いうちからお金の借り方について知っておくことでライフスタイルを充実させることができることです。

お金を借りることが良くないというイメージを持ったままでいると、将来まとまった支出をするときに対処できなくなってしまうかもしれません。

若いうちにお金の借り方を知っておくことは、将来大きなローンを組むときに役立つといえるでしょう。

また、日常生活において抱えている不安で、20代の方は金銭面について1番大きく不安を持っているようです。

その不安を取り除くためにカードローンを利用することは生活の質をあげることにも繋がります

デメリット

20代からカードローンを使うことのデメリットは借金していることに危機感を持ちづらくなることと、他のローンに影響を与えてしまう可能性があることです。

まず、危機感を持ちづらくなることについて、カードローンとは借金をすることと変わらないですが、お金の管理が曖昧のうちは意識しにくいかもしれません。

カードローンの利用が日常化してしまうと、今後もお金を借りないと過ごせなくなっていくので、注意が必要になります。

そして、他のローンに影響を与えてしまう可能性があることについて、カードローンの利用で延滞を繰り返してしまうと他のローンの審査に影響がないとはいいきれません。

カードローンの利用に伴うリスクについてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

カードローンのリスクは回避できる
カードローンを利用するのは危険?リスクやデメリットについて解説!カードローンは危険であるイメージが強く、利用には大きなリスクが伴うイメージがあります。しかし、カードローンは本当にリスクが大きいのでしょうか?今回は、カードローンのリスクやデメリットについて紹介します。リスクを知った上で無理なく利用できるようにしましょう。...

20代はカードローンを利用して余裕ある生活にしよう

20代におけるカードローンの利用について、以下のようにまとめられます。

  • カードローンを使う20代は生活費、趣味のために利用している
  • 20代がカードローンを上手く使うコツ
    • 返済計画を事前に立てて返済期日を守る
    • 期日を過ぎてしまいそうならカードローン会社に相談する
    • WEBで申し込む
    • 離職後、退職後の申し込みは避ける
    • 繰上げ返済を考える
  • 20代におすすめするカードローンの選び方
    • 融資のはやさを求めるならば消費者金融
    • 利息を抑えたい場合は銀行カードローン
    • お得に借りたい場合は提供しているキャンペーンをチェック
  • 20代におすすめのカードローン会社
    • プロミス
    • SMBCモビット
    • 楽天銀行
  • 20代からカードローンの基礎知識を押さえておこう
    • カードローンは法律に基づいてお金を貸しているサービス
    • 金利とはカードローンの借入額に上乗せされる利息の割合
    • 申し込みは本人確認書類は必須、収入証明書類は会社によって求められる
  • カードローンは一時的な金欠を乗り切るときに役立つ
  • 利用法を間違えると返済が負担になり、将来に影響してしまう恐れがある

20代は、他の年代に比べると収入がまだ少なくて不安定な生活の方が多いかも知れません。

しかし、金銭面で余裕がないからといって、20代だからこそできる自身のしたいことを諦めるのはもったいないです。
思い出作りや将来の投資をするためにも、ぜひカードローンの利用を検討してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。