お役立ち情報

20歳未満の未成年者はカードローンを利用できない?その理由や他の借入手段を紹介!

カードローンは未成年でも利用できる?

お金が足りないときに、カードローンは心強い味方となってくれます。

金欠には様々な事情がありますが、未成年者も例外ではありません。
たとえば学業との両立が前提となる学生アルバイトの方は、十分な収入が見込めないこともあるかと思います。

未成年者の方でも、カードローンの利用について考えている方も多いことでしょう。
そこで、今回は以下の内容を中心に、未成年者のカードローン利用について解説していきます。

  • 未成年者はカードローンを利用できるのか
  • 未成年者のカードローン利用が難しい理由
  • 未成年者と「お金」に関する危険・注意点
  • 未成年者がカードローン以外でお金を借りる方法

未成年者がカードローンに関心を持つことは、決して悪いことではありません。
「知っておくべき知識」を学んでおけば、きっと将来的に役立つことでしょう。

お金を借りることについて学ぶ機会は、そうそうありません。
良いことばかりでなく、そこに関わる恐ろしいリスクも知ることが大切です。

そうすることで、トラブルを未然に防ぐことも可能になります。
賢く安全にお金とかかわっていくためにも、是非、最後までこの記事をご覧ください。

未成年者は基本的にカードローンは利用できない

未成年者のカードローン利用についての現状

結論から申し上げますと、未成年者は基本的にカードローンの利用はできません。
残念ながらこれは例外なく、どのカードローン会社でも共通しています。

未成年者のカードローン利用における現状は、以下のようにまとめられます。

  • カードローンには利用条件に「20歳以上」という年齢制限がある
  • 「成人の年齢設定」が変われば20歳未満でも利用できる可能性がある

未成年者でも利用可能なカードローンを求めていた方は、ガッカリされるかもしれません。

詳しくは後述しますが、カードローン以外でなら未成年者にも借り入れの手段はあります。
正しい手段でお金を借りるためにも、まずは現状をしっかりと理解しておきましょう。

カードローンの利用は20歳以上に制限されている

一般的にカードローンには、利用条件が設けられています。
この利用条件をクリアできなければ、カードローンの審査対象にもなりません。

そして、カードローンの利用条件には、年齢制限も設けられています。
どのような年齢制限が設けられているのか、大手消費者金融を例にご紹介します。

事業者名 年齢制限
プロミス 20歳以上69歳未満
SMBCモビット 満20~69歳
アイフル 20~69歳
アコム 20歳~69歳

大前提として、20歳以上でなければならないことがわかります。

また、年齢制限には上限も定められています。
一般的に高齢になってくると、健康面収入面が安定しづらくなります。
返済が滞ってしまうなどのリスクを考え、「69歳」にしています。

また、上記以外のカードローンでは、69歳未満・70歳未満・65歳以下など上限は様々です。

しかし、どのカードローンも共通して下限は「20歳」とされています。

2022年以降なら18歳でも利用できる可能性がある

未成年者でも年齢によっては、将来的にカードローンが利用できる可能性があります。
なぜかというと、2022年4月1日に「成人年齢の引き下げ」が行われるためです。

これによって成人とされる年齢は、18歳まで引き下げられることになります。
18歳が成人扱いとなることで、どのような変化があるのか以下にまとめてみました。

可能になること 変わらず不可
ローンを組む 飲酒
クレジットカードを作る
賃貸契約を結ぶ 喫煙
10年有効のパスポートの取得
進学・就職など自らの
意思での進路決定
競馬などの
公営競技
公認会計士や司法書士
などの資格取得

成人年齢の引き下げにより可能になることの中に、「ローンを組む」ことがあるのが確認できます。

つまり、2022年4月1日以降、18歳でもカードローンを利用できる可能性が高いのです。

健康への影響や非行防止という観点から、法改正後でもできないままのことはあります。
しかし、これまでの20歳未満では不可能だったことが、可能になる時代が訪れます。

成人年齢の引き下げにより、カードローンの年齢制限も変わるかもしれません
そうなれば18歳・19歳といった年齢でも、カードローンを問題なく利用できるかもしれません。

未成年者のカードローン利用が難しい理由とは?

未成年がカードローンを利用できない理由

未成年の方がカードローンを利用することに関する現状は、お分かりいただけたと思います。

それでは、なぜ未成年者ではカードローン利用ができないとされているのでしょうか。
未成年者がカードローンを利用できない理由として、主に以下の2つが挙げられます。

  • 未成年者では「契約行為」ができない
  • 未成年者では「安定した収入」が得られにくい

何事も理由がわからなければ、納得することは難しいでしょう。
まずはこの2つの理由について、しっかりと理解しておくことが大切です。

それでは、2つの理由について詳しく解説していきます。

未成年者には「契約行為」が認められていない

日本では民法上、未成年者による「契約行為」が認められていません。
それにより未成年者が交わした契約は、取り消すことが可能になっています。

では契約が取り消されることにより、どのようなことが起きるのでしょうか。
ここで未成年者がカードローン契約をした際に、起こり得ることをご紹介します。

  1. 未成年者とカードローンの契約を交わす
  2. 契約が取り消される
  3. 未成年者には「残った借り入れの範囲内」での返還義務が発生
  4. 未成年者が「借り入れを使い切っていた場合」には返還が不要になる
  5. カードローン会社は「貸したお金が返ってこない」状態になる

カードローン会社にとって最も恐ろしく、回避したいことは「貸し倒れ」です。
未成年者との契約行為は、その貸し倒れのリスクがなによりも高い行為といえます。

「法律」「リスク回避」2つの点から、カードローン会社は未成年者を顧客としません。

どのカードローンにおいても、利用にあたっては審査・契約が必須です。
未成年者の契約行為が認められない以上は、カードローン利用はまず不可能でしょう。

未成年者は「安定した収入」を得ることが難しい

もうひとつの理由としては、未成年者の「収入の不安定さ」が挙げられます。

未成年者の場合、多くは学業と並行してのアルバイト収入になるでしょう。
その場合十分な労働時間が確保できず、成人の収入よりも下回ることになります。

カードローンの利用条件のひとつに、「安定した収入を得ている」というものがあります。
この安定した収入というのは、「月に一回以上・一定以上の収入を得ている」ことです。

しかしこの安定した収入には以下のように、認められるものとそうでないものがあります。

安定した収入として
認められるもの
安定した収入として
認められないもの
正社員・派遣社員
としての給与収入
年金
公務員
としての給与収入
生活保護
アルバイトやパート
としての給与収入
仕送り

もっと細分化することもできますが、主なものとして分けるなら上記のようになります。
見てわかるように、基本的に「安定した収入」とみなされるのは労働による収入です。

カードローンを利用するためには、まず安定した収入に属する収入源が必要になります。
それをクリアした上で、実際に収入が安定している必要があるのです。

安定した収入とは、金額の大小ではなくその「安定性」が第一に問われます。
収入は返済能力そのものを判断する、明確な基準にもなるのです。

そう考えたとき、未成年者の収入では返済能力を証明できない場合が多いといえます。
この「安定した収入」という基準もまた、未成年者のカードローン利用が難しい理由です。

カードローンを利用できない未成年者が注意すべきこと

未成年が絶対に手を出してはいけない借入方法

未成年者のカードローン利用が難しいことは、世間的にも広く知られています。
ここで注意しなければならないのが、その事実を逆手に取り悪用する大人がいることです。

本来できないものを、「できる方法がある」と言われれば誰でも興味が湧くでしょう。
しかし、興味の赴くままに行動してしまえば、取り返しのつかない事態になりかねません。

ここから先は、以下4つの注意事項について詳しく解説していきます。

  • 闇金業者の危険
  • SNS等を利用した「個人間融資」の危険
  • カードローン審査における「虚偽の申告」の危険
  • クレジットカードの現金化の危険

後述しますがカードローンにこだわらなくても、未成年者がお金を借りる方法はあります。
カードローンが利用できないからといって、悪い大人の罠に引っかかってはいけません。

お金を借りるどころか逆にお金をだまし取られたり、それ以上の危険も潜んでいます。
そのような危険を回避するために、この項目は是非最後までご覧ください。

未成年者に対して安易に借り入れを勧める「闇金業者」

未成年者に対し積極的に借り入れを勧めてくるのは、まず正規の貸金業者ではありません。
ではどういった業者が借り入れを勧めてくるかというと、闇金業者です。

また近年ではSNSの発展もあり、そこに目をつける闇金業者も少なくはありません。
未成年者を甘い言葉で誘い、あたかも安易にお金が借りられるように思わせるのです。

前にも解説しましたが、正規の貸金業者にとって未成年者に貸付をする理由はありません。
それにもかかわらず積極的に貸付を進めてくる裏には、必ず悪い目的があるのです。

闇金業者は未成年者だけでなく、成人にとっても絶対に関わってはいけない業者です。
闇金業者からお金を借りることで、以下のようなトラブルに発展します。

  • 法外な利息を請求される
  • 電話や訪問などで執拗な取り立てが行われる
  • 取り立ての際に暴言・暴力などで精神的に追い詰められる
  • 返済のために違法な仕事を強要される可能性がある

成人であっても闇金業者と一度関われば、一人で対処するのは難しくなります。
それが未成年者であれば、さらに困難となり自分一人の問題ではなくなるでしょう。

未成年者は多くの場合、親に借りられないからという理由で借り入れを考えます。
しかし、そこで闇金業者に関わってしまうと、親に隠し通したまま解決することはできません。

最悪の形で知られることになり、最初から親に相談するべきだったと後悔するでしょう。
そのような事態を避けるためにも、闇金業者に対して日ごろからの警戒が必要です。

ビジネスというものは、双方に利益があり「ギブ&テイク」の関係のもと成立します。
闇金業者含む悪徳業者は、自分の利益のことしか考えていません。

そして、自分の利益のためなら、他人を騙して食い物にすることも平気でやってのけます。
甘い話には裏があるとよくいいますが、その認識を若い内から持っておくことは大切です。

闇金業者の危険性をしっかり把握して、絶対に関わらないようにしましょう。

SNSなどを利用してお金を借りる「個人間融資」

先ほども少し触れましたが、SNSに潜む危険は闇金業者だけではありません。
業者どころか「個人」にさえ、自らの利益のために未成年者を狙う者が潜んでいます。

SNSやネット掲示板を利用した「個人間融資」は、様々なトラブルに発展します。
個人間融資とは、読んで字のごとく個人と個人との間で行われる金銭の貸し借りです。

SNSが発展してからというもの、今やSNS上での親しい交友関係は珍しくありません。
しかし個人間融資を、友人との貸し借り程度に軽くとらえてしまうと非常に危険です。

それでは実際に、個人間融資における具体的な危険性を見ていきましょう。

  • 保証金などの名目で金銭をだまし取られる
  • 法外な利息を請求される
  • 性的な関係の強要
  • 個人を装った闇金業者である可能性

個人間融資が、闇金業者と何ら変わりない危険性を持っていることがわかります。
特に個人間融資では、実際にお金を借りられることのほうが珍しいといえます。

多くの場合は「保証金」などの名目で、一定額の前払いが要求されます。
しかし、この支払いが完了したとき、すでに相手とは連絡が取れなくなっているのです。

お金をどうしても借りたいとき、多少無茶な要求でも受け入れてしまう場合があります。
そして、相手もそういった心理状態を分かった上で行動しているのです。

個人間融資では未成年者だけでなく、専業主婦無職・無収入者も被害に遭っています。
「お金を借りたくても借りられない」状況下にある人物は、格好の餌食といえるでしょう。

また、個人間融資は、考え方によっては闇金業者よりも厄介なことになります。
それは相手が個人であるため、法的な対処が難しいことです。

つまり実際に被害にあったところで、泣き寝入りするしかない場合もあるということです。
そうならないためにも、個人間融資に手を出すことは絶対にやめましょう。

カードローンの審査での「年齢詐称」

これまでで解説してきたように、現状未成年者ではカードローンの利用はできません。

それではカードローンの審査で、「成人であることにして」申し込むのはどうでしょう?
これは絶対にやってはいけないことで、ご自身を犯罪者にしてしまう危険を伴う行為です。

カードローンの審査において、虚偽の申告タブーとされています。
それでは具体的に虚偽の申告とはどういったものなのか、以下にまとめてみました。

項目 虚偽申告の例
年齢 18歳 ⇒ 22歳など
収入 年収160万円 ⇒ 年収300万円など
雇用形態 アルバイト ⇒ 正社員など
勤続年数 2ヶ月 ⇒ 1年など
他社借り入れ 総額100万円 ⇒ 総額20万円

カードローンにおける虚偽の申告で最も多いのは、「収入状況」に関する申告です。
なんとしても借りたいため、審査に有利に働くように年収や雇用形態などを偽ります。

しかし、カードローンの審査で虚偽の申告をすることには、一切意味がありません。
なぜなら虚偽の申告をしたところで、審査段階で必ず嘘は見抜かれるからです。

もちろん年齢の詐称であっても、それは例外ではありません。

先に解説したように未成年者の契約行為は認められず、取り消すことができます。
しかし、未成年者が成人と偽って交わした契約は、取り消すことができないのです。

それだけでなく虚偽の申告を行った場合、詐欺罪に問われる可能性もあります。
たとえ審査に落ち借り入れができなくても、「詐欺未遂」となってしまうのです。

本人にとっては「少しの嘘」のつもりが、取り返しのつかないことになってしまいます。
カードローンを利用できないからといって、人生を棒に振る危険を冒す必要はありません。

「クレジットカードの現金化」はNG

「クレジットカードの現金化」というものを、ご存知でしょうか。
今までに何度か耳にした、目にしたという方は少なくないかもしれません。

正規の貸金業者からお金を借りられない、でも闇金業者は利用したくない。

クレジットカードの現金化は、そんな状況下で救いのように思えるかもしれません。
しかし、クレジットカードの現金化は、正規の借り入れ手段ではなくリスクも多々あります。

そんなクレジットカードの現金化についての概要を、以下にまとめてみました。

【クレジットカードの現金化の主な手法】

  • 買取式
    クレジットカードで購入した商品を業者に買い取ってもらう
  • キャッシュバック式
    クレジットカードの現金化を行う業者から商品を購入する。
    その「特典」として、現金のキャッシュバックを受け取る。

クレジットカードのキャッシング枠を使用して、お金を借りることには問題はありません。
しかし、クレジットカードの現金化には、「ショッピング枠」を用います。

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を本来とは異なる目的で使用しています。
そしてこの行為は、ほとんどのクレジットカード会社の規約で禁じられているのです。

クレジットカードの現金化には、まずその「規約違反」によるリスクがあります。
そして規約とはまた異なるところで、さらに危険なリスクも潜んでいるのです。

クレジットカードの現金化によって伴うリスクには、以下のようなものがあります。

  • カード会社からクレジットカードを強制解約させられる
  • カード会社から利用料金の一括返済を求められる
  • 債務整理ができなくなる
  • 詐欺・犯罪に巻き込まれる可能性がある
  • クレジットカードの現金化業者から高額な手数料を取られる

クレジットカードの強制解約と、一括返済請求は連動して行われることが多いでしょう。
そうなったとき、未成年者が自分一人の力で解決することはまず難しいです。

債務整理については、未成年者の方にとっては縁遠い話かもしれません。

債務整理ができなくなるのは、クレジットカードの現金化が破産法に触れるためです。
つまりクレジットカードの現金化が、法に触れる側面もあることは覚えておきましょう。

そして注意しておきたいのが、クレジットカードの現金化を行う業者です。

彼らはクレジットカードの現金化というグレーゾーンな行為を、商売にしている業者です。
そのような業者は、最初から信用していいはずがありません。

悪徳業者を利用した場合、クレジットカードの情報が抜き取られる可能性もあります。
クレジットカードの不正利用を、自ら被害者として手助けするようなものです。

また業者の悪質さはそれだけでなく、高額な手数料を請求することも挙げられます。
商品の送料・サービス料・振込手数料など、様々な名目で金銭を要求してくるのです。

このような犯罪者集団ともいえる業者を利用することは、デメリットでしかありません。

未成年者には未成年者のために、ちゃんと用意された正規の借り入れ方法が存在します。
次の項から詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

未成年者がカードローン以外でお金を借りる方法

未成年者でも借り入れできる手段

カードローンは利用できなくても、未成年者が借り入れを行う方法は存在します。
未成年者や学生専用のものもあるので、該当する属性であれば審査に有利に働くでしょう。

未成年者が借り入れ可能な正規の手段には、以下のようなものがあります。

  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • ゆうちょ銀行の「自動貸付」
  • 奨学金
  • ろうきんカードローン

これらは現状、未成年者でも借り入れが可能な数少ない手段です。
そのため成人が借り入れを考えるときに比べ、選択肢が少ないと言わざるを得ません。

しかしこれらの方法には、未成年者や学生が対象になっている故のメリットもあります。
現在の状況・利用目的などから考え、ご自身にあったものはきっと見つかるでしょう。

それぞれの内容について詳しく解説していくので、是非最後までご覧ください。

学生ローンの利用

学生ローンはその名のとおり、学生を対象としたローン商品です。
そのため学生ローンの中には、18歳以上(高校生不可)で利用可能なものもあります。

学生ローンは利用者も多く、未成年者の借り入れ手段としてはメジャーな部類です。
もちろんメリットは多いですが、その反面多少のデメリットも存在します。

そのため学生ローンが本当にご自身にあった手段なのかは、よく考えて判断しましょう。
学生ローンにはどのような特徴があるのか、以下にまとめてみました。

対象者 18歳(20歳の場合もあり)以上
かつ収入のある人物
申し込み方法 WEB・電話・来店
審査スピード 多くの場合「申し込みの翌営業日」に融資
勤務先への在籍確認 必要ないケースが多い
利用限度額 少なめ
(※最高でも50万円まで)
金利(年利) 年15.00~18.00%
(一般的なカードローンに比べ高め)
借り入れ方法 銀行振込
返済方法 銀行振込・来店・現金書留

学生ローンの対象は学生ですが、実際には「収入を得ている学生」である必要があります。
収入を得ているのであれば、アルバイトでももちろん問題ありません。

ただし学生ローンは一般的なカードローン同様、「総量規制」の対象となります。
総量規制の対象である以上、借り入れが可能な金額は「年収の3分の1まで」です。

学生かつアルバイトの年収を考えたとき、借り入れ可能な金額は決して高くないでしょう。

また18歳でも利用可能な学生ローンですが、20歳未満の利用には親の同意が必要です。
20歳未満の学生が利用する際には、親に内緒にはできないので注意しましょう。

学生ローンは、多くの場合申し込みの翌営業日に銀行振込での融資となります。
しかし来店での申し込み・契約なら、場合によってはその場での借り入れも可能です。

学生ローンは、「少額でもいいから早く借りたい」という学生の方にオススメです。

下記の記事では、学生ローンについて紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

クレジットカードのキャッシング枠の利用

未成年者が借り入れ可能な方法のうち、もうひとつメジャーなものがあります。
それが、クレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

カードローンと異なり、キャッシング枠なら未成年者でも利用可能なのには理由があります。
それは未成年者のクレジットカードの発行時には、親権者が同意しているということです。

またクレジットカードの発行時には、本人とともに両親の信用情報も審査されています。
これにより未成年者のクレジットカードでも、キャッシング枠が利用できるのです。

それでは、クレジットカードのキャッシング枠の特徴を見ていきましょう。

対象者 クレジットカード契約者
※キャッシング機能必須
申し込み方法 WEB・電話・来店
審査スピード 多くの場合「申し込みの翌営業日」に融資
勤務先への在籍確認 必要ないケースが多い
利用限度額 少なめ
※最高でも50万円まで
金利(年利) 一般的なカードローンに比べ高め
年15.00~18.00%
借り入れ方法 銀行振込
返済方法 銀行振込・来店・現金書留

クレジットカードのキャッシング枠の借り入れは、基本的には一括返済です。
カードローンのように分割払いができないので、その点は把握しておきましょう。

あくまでお金が足りないときに、一時的に借りる目的としての利用が適切です。
そもそもクレジットカードのキャッシング枠では、決して高額の借り入れはできません。

またキャッシング枠は「既についている機能」なので、利用にあたって審査は不要です。

キャッシング枠を付与するための審査は、カード発行時にすべて完了しています。
そのため実際の借り入れまでのスムーズさは、ここで紹介する方法の中でダントツです。

少額の借り入れでも問題なく、一括で返すあてがある場合にはオススメの方法といえます。

ゆうちょ銀行の利用

ゆうちょ銀行でも、借り入れが可能なことをご存知でしょうか。
「ゆうちょ銀行の自動貸付」は、知らない方も多い方法かもしれません。

ゆうちょ銀行の自動貸付の利用には、少々特殊な条件を満たす必要があります。
その条件とは、自分名義の「担保定額貯金」や「担保定期貯金」を持っていることです。

聞きなれない方も多いと思うので、それぞれの概要を以下にまとめてみました。

【担保定額貯金】

  • 総合口座に1,000円単位で金額を指定し預け入れ可能
  • 担保として通常貯金の残高不足時に自動貸付を受けられる
  • 自動貸付返済時の約定金利は+0.25%

【担保定期貯金】

  • 総合口座に預け入れ期間を指定し預け入れ可能
  • 担保として通常貯金の残高不足時に自動貸付を受けられる
  • 自動貸付返済時の約定金利は+0.5%

ゆうちょ銀行の自動貸付では、定額(定期)貯金を担保にした借り入れが可能です。
貸付期間は基本的に2年間であり、その期間内であれば分割返済でも問題ありません。

また返済方法もシンプルで、総合口座の通常貯金への預け入れで自動的に完了します。

万が一返済ができない場合にも、定額(定期)貯金が担保になっているので安心です。
定額(定期)貯金から自動的に返済に充てられ、残額は通常貯金に返還されます。

こういったシステムのため、貸付可能額は定額(定期)貯金の90%までとなっています。
しかし担保が確保された上での貸付なので、審査が必要ないのがポイントです。

そして未成年者であっても、親権者の同意書があれば自動貸付が利用できます。
郵便局なら…という安心感からも、親の同意は比較的得られやすいかもしれません。

返済トラブルが起こりにくいことからも、未成年者には特にオススメの方法です。
もし担保定額(定期)貯金を利用しているのなら、検討してみてはいかがでしょうか。

奨学金の利用

未成年者の中でも特に学生向けに特化した方法として、「奨学金制度」があります。
奨学金はカードローン等と比べ、かなり金利が低くなっており返済面でも安心です。

また一口に奨学金といっても、その制度の運営元は1つに限りません。
どこの制度を利用するかといったところから、選択の幅が広いのも奨学金の特徴です。

具体的に奨学金制度には、以下のようなくくりがあります。

  • 国の奨学金制度
  • 公的機関の奨学金制度
  • 民間の奨学金制度
  • 学校独自の奨学金制度

これは大きなくくりであって、この中から細分化された奨学金制度がそれぞれ存在します。
中でも最も有名で利用者が多いのが、国の制度である「日本学生支援機構」の奨学金です。

この日本学生支援機構では、他の奨学金制度との併用に制限をかけていません。
複数の奨学金制度を併用することで、さらなる進学費用の補填も可能になります。

また奨学金自体にも、大きく分けて「貸与型」「給付型」の2種類が存在します。
それぞれの違いについて、以下にまとめてみました。

  • 貸与型
    卒業後に返済していく奨学金
    無利子の「第一種」と有利子の「第二種」がある
  • 給付型
    返還が不要の奨学金

どの奨学金にも審査は必須ですが、第二種→第一種→給付型の順で審査は厳しくなります。
主に成績や家計状況で判断されるため、成績優秀者ほど審査には有利に働くでしょう。

ただし奨学金制度は未成年者の「借り入れ手段」としては、あまり便利ではありません。
正確に言うと単純にお金を借りると考えたときに、手段として手軽に実行できないのです。

まず奨学金制度には、申し込み期間の制限がかけられていることが挙げられます。
高校在籍時に申し込む場合には5月下旬~7月上旬、次に10月下旬~11月上旬です。

そして大学入学後の申し込みは4月のみと、申し込み期間が明確に決まっています。
ご自身の好きなタイミングで申し込みはできないので、その点が不便といえるでしょう。

また審査には3か月ほどかかり、申し込みから借り入れまでは遅いと言わざるを得ません。
親権者や親戚などの保証人も必須で、手続きもどちらかというと複雑な部類ですね。

借り入れを急いでいない場合、タイミングが合う場合にはオススメの制度といえます。

ろうきんカードローンの利用

これまで、未成年者は基本的にカードローンを利用できないと解説してきました。
しかし唯一例外があり、それが今回紹介する「ろうきんカードローン」です。

ろうきんカードローンは、以下の条件をクリアできれば未成年者でも利用できます。

  • 満18歳以上、満65歳未満(未成年者は親権者の同意必須)
  • ろうきんの事業エリア内に在住または勤務
  • 安定継続した年収(前年税込年収)が150万円以上
  • 同じ勤務先に1年以上勤務している
    ※自営業者等は原則3年以上の同一事業に従事していること

そもそもろうきんとは、労働組合生活協同組合などによる共同組織の金融機関です。
ろうきんは全国各地域に存在し、それぞれによって細かい規定などは異なります。

そのため上記の条件が絶対というわけでないという点は、注意が必要です。
特に地域によっては未成年者は利用できない場合もあるので、事前に調べておきましょう。

また年収の条件においては、アルバイトでクリアするのは難しいかもしれません。
そのため未成年者の中でも、定職に就いている方のほうが検討しやすいでしょう。

またろうきんカードローンでは、ATMの利用手数料が実質無料になります。
ろうきんカードのATM利用手数料は、取引口座にキャッシュバックされるのです。

手数料だけでなく、金利も銀行や消費者金融と比べかなり低く設定されています。
ほとんどの地域のろうきんで、金利優遇制度もあり返済費用も抑えることが可能です。

ただし申し込みから借り入れまでは、だいたいの場合は1週間程度かかります。
借り入れを急いでおらず、節約の面を優先したい場合にはオススメといえるでしょう。

未成年者のカードローンに関するQ&A

ここからは、未成年者とカードローンに関してのQ&Aです。
本記事内で解説していない内容などもあるので、ぜひ最後までご覧ください。

未成年者でも利用できるカードローンは危険?

現状だと未成年者が、カードローンを利用することは不可能です。
例外として地域によっては、未成年者でも「ろうきんカードローン」が利用できます。

そういった例外を除いて、未成年者でも利用できると公表している業者には要注意です。
安易に未成年者への利用を進める業者には、以下のような危険があります。

  • 闇金業者である可能性
  • 詐欺の被害に遭う可能性

闇金業者の危険性については、本記事の中でも解説しましたね。

未成年者がカードローンを利用できないことは、世間的にも広く知られていることです。
それを逆手に取り、未成年者やカードローンを利用できない層を狙った犯罪もあります。

借り入れができるどころか、保証金などの名目で詐欺被害に遭うこともあるでしょう。
被害を未然に防ぐためにも、冷静に判断・行動することが大切です。

未成年者の契約行為は、法的に認められていません。
未成年者にカードローン契約を勧める業者は、まず違法業者であることを疑いましょう。

また、下記の記事ではカードローンの危険性について紹介しています。
カードローンの危険性についてより詳しく知りたいという方は、こちらもあわせてご覧ください。

未成年者は銀行カードローンも借りられない?

消費者金融カードローンのほかに、「銀行カードローン」と呼ばれるものがあります。
銀行カードローンは読んで字のごとく、銀行が運営・提供するカードローン商品です。

消費者金融と銀行とでは適用される法律や、特色も異なります。
そして銀行カードローンであっても、未成年者の利用はできないと考えておきましょう。

まず前提として、未成年者は契約行為が法的に認められていないという点があります。
これは銀行・消費者金融カードローンにかかわらず、契約行為全般を指してのことです。

また銀行カードローンには、以下のような特徴があります。

  • 消費者金融に比べ「大口融資」に特化している
  • 金利は平均的に見て消費者金融よりも低い
  • 審査基準は消費者金融よりも厳しく設定される
  • 特に雇用形態・収入状況など返済能力は厳しく評価される

大口融資に特化した銀行カードローンでは、それに見合った返済能力が求められます。
また金利が低く設定されており、その分「より確実な返済」が求められるのです。

こういった理由から、銀行カードローンの審査基準は消費者金融よりも厳しくなります。
銀行カードローンの審査は、成人でさえも不安に思うほどでしょう。

仮に、「未成年者がカードローンを利用できない」という前提がなかったとします。
その場合でも、未成年者が銀行の信頼に足り得る返済能力を証明することは難しいです。

未成年者が親に知られずにお金を借りる方法はある?

本記事で紹介したように、未成年者でも正規に借り入れできる方法はあります。
しかし、いずれの場合も、親権者の同意が必要です。

親権者の同意が必要な時点で、親に知られないように利用することは不可能でしょう。
たとえば家族に利用がバレる原因としては、以下のようなものがあります。

  • 親権者の同意を得るために親に相談
  • 申込書を見られた
  • カードを見られた
  • 利用明細書を見られた
  • 通帳の記録を見られた
  • 督促状を見られた
  • 電話を聞かれた

上記のうち「申込書を見られた」以降の要素は、未然に防ぐことができます。
しかし親権者の同意を得る段階というのは、どうしても回避することができないのです。

だからといって「親権者の同意書」には、絶対に自分でサインをしてはいけません。
「私文書偽造等罪」に問われ、1年以下の懲役か10万円以下の罰金のリスクがあります。

厳しいところだと、同意書を受け取った時点で確認の電話をかけるところもあるでしょう。
その場合実際には親権者がサインしていないことが発覚し、契約はできなくなります。

こういったことから、未成年者が親に知られないでお金を借りることは不可能といえます。
もしその方法があるとしたら、「友人からお金を借りる」くらいでしょうか。

しかし友人間でのお金の貸し借りも、思わぬトラブルに発展する可能性はあります。
お金を理由に大切な友人関係を壊さないためにも、返済計画はしっかり立てましょう。

未成年者のカードローン利用についてのまとめ

本記事を通して、未成年者とカードローンについての現状はお分かり頂けたでしょうか。
未成年者の利用可能なカードローンはなく、ガッカリされた方もいるかもしれません。

しかしその現状と正規の借り入れ手段を知ることで、未然に防げるトラブルもあります。

本記事で解説してきた内容を、以下にまとめてみました。

  • 未成年者は現状カードローンを利用できない
  • 未成年者を狙った闇金業者や詐欺には要注意
  • SNS等を利用した個人間取引には様々なリスクがある
  • 「学生ローン」なら未成年者でも利用可能
  • 「クレジットカードのキャッシング枠」なら未成年者でも利用可能
  • 「ゆうちょ銀行の自動貸付」なら未成年者でも利用可能
  • 「奨学金」なら未成年者でも利用可能
  • 「ろうきんカードローン」なら未成年者でも利用可能

未成年者の借り入れ手段の多くは、カードローンのように手軽なものではありません。
特に即日融資への対応や、返済手段の多さなどカードローンには魅力がありますね。

しかし未成年者の借り入れ手段も、未成年者に寄り添った内容が魅力的といえます。
特に返済面においては、金利も低くカードローンに比べかなり節約できるでしょう。

ただしどの方法を取るにしても、必ず親権者の同意は必要になります。

どのみち親に相談することになるのであれば、親にお金の相談をしてみてもよいでしょう。
厳しいことも言われるでしょうが、どんな業者よりも信頼できる借り入れ手段です。

そのほかにも不要なものを売却して、お金を得ることもできます。
勤務先によっては、バイトの給料を前借りできるところもあるでしょう。

業者を介すような、公的な借り入れ手段にこだわらなくてもいいのです。
もっと身近なところに、自分にあった「お金を得る方法」があるかもしれません。