お役立ち情報

ブラックでも借りられるカードローンはある?信用情報に傷がつく原因も紹介!

カードローンのブラックについて

「そもそもブラックって何?」
「ブラックでもカードローンは利用できるの?」
「具体的に利用のチャンスがある業者はどこ?」

ブラックになってしまった方の中には、まだお金を借りたいという方もいるでしょう。
そもそもブラックとは何か、よくわからない方もいるかもしれません。

そこで本記事では以下2つを中心に、カードローンとブラックの関係を解説していきます。

  • ブラックについての基本知識
  • ブラックでも利用できる可能性があるカードローンについて

ブラックになりそうで不安な方やすでにブラックになってしまった方はぜひ、ご参考になれば幸いです。

カードローンのブラックとは

ブラックは審査通過できないブラックとは、信用情報に金融事故の記録がある人のことです。
信用情報は過去のローンなどの利用履歴のことで、信用情報機関が管理しています。

金融事故を起こしたということは、過去のローンの利用で問題を起こしたということです。
カードローンの審査に申し込んでも、高確率で「完済できない」と判断されるでしょう。

つまり、ブラックになるとカードローンの審査に通ることはほぼありません
大手消費者金融・銀行カードローンいずれも、審査通過の可能性はゼロに近いです。

なお、ブラックになることは「ブラックリスト入りした」ともいわれます。
しかしブラックリストというものは、実物として存在するわけではないんですね。

以下の関連記事では、信用情報の基本知識について解説しています。
信用情報について詳しく知りたいという方は、こちらもあわせてご覧ください。

カードローンの信用情報について解説!
カードローンを利用すると信用情報に傷が付く?傷が付かないための方法も紹介!カードローンを利用するだけで信用情報に傷が付くのでしょうか?信用情報に傷が付くとはどういう状態なのでしょうか?今回はカードローンの信用情報について、傷が付かないようにする方法やご自身の信用情報の確認方法についてもご紹介します。...

ブラックになってしまう理由

信用情報に金融事故の記録がつく原因として、以下が代表例として挙げられます。

長期延滞 3ヶ月以上または
61日以上の返済遅れ
強制解約 カードローン会社に
一方的に解約されること
代位弁済 返済不能になって
保証会社に肩代わりさせること
債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産)
借り入れを減らしたり
返済義務を免れたりすること

長期延滞は3ヶ月以上または、61日以上の返済遅れとありますが、その期間にカードローン会社から必ず連絡があります。

具体的には電話連絡や書類送付での連絡があり、そういった連絡をすべて無視した結果として長期延滞となります。

強制解約や代位弁済は、長期延滞の末にほぼ同時期に実行されるはずです。
利用中に債務整理した場合は、長期延滞中ではなくても金融事故となります。

また金融事故になるのは、カードローンの利用が原因とは限りません。
その他のローンやクレジットの利用中に、上記の事態になった場合も同様に金融事故として扱われます。

ブラックとしての登録期間

一度ブラックになったら、永久にブラックとして扱われるわけではありません

金融事故の記録は、以下のように原因によって記録が残る期間が異なります。

金融事故の原因 登録期間
長期延滞 5年間
強制解約
代位弁済
任意整理
個人再生 10年間
自己破産

上記は一般的な金融事故の種類別の登録期間を紹介していますが、厳密には金融事故の記録が登録される期間は、信用情報機関によって異なります

日本にある3つの信用情報機関は、相互に情報交流をしています。
そのため、金融事故を起こせば、すべての信用情報機関に共有されてしまいます。

つまり、特定のカードローン会社で金融事故を起こしたから、違うカードローンに申し込むといったことができないということです。

登録期間を経てブラックではなくなったら、カードローンに申し込んでも問題ありません。

申し込みブラックとの違いについて

申し込みブラックとは、短期間内に複数社に申し込んだ人のことです。

例えば、A社の審査を待っている間に、S社に申し込んだような人が当てはまります。

申し込みブラックの同時申し込み数は3社以上とされるが多いですが、申し込みが2社でも審査落ちのリスクは大きいと思っておいてください。

理由としては、消費者金融や銀行カードローンは、利用者への過剰融資を規制しているからです。

消費者金融は、総量規制が適用され、利用者の年収の3分の1を超える金額は融資できません。

対して、銀行カードローンは総量規制と同等の自主規制を設けており、年収の3分の1を超える金額、または2分の1以上を超える金額の融資ができません。

多重申し込みは、これらの規制を反する可能性が高まるため、多重申し込みが発覚すれば審査落ちとなる可能性は高まるでしょう。

ただし、申し込みブラックが信用情報に登録される期間は6ヶ月から1年です。

通常の金融事故の登録期間である5年~10年より短く、比較的影響は少ないといえます。

ブラックかどうかを確認する方法

過去に数年内に、金融事故を起こしていればご自身がブラックである自覚をしているでしょう。

しかし、具体的にいつ金融事故を起こしたのかは覚えていないという方もいらっしゃると思います。

信用情報機関では、金融事故の記録が残っているかどうかの確認をスマホから手軽に確認することができます。

しかし、ご自身の信用情報の大きな注意点として、開示請求した記録が保存されてしまいます。

以下のように信用情報の照会記録(開示記録)はカードローンの審査に対象になります。
(以下の「加盟会員」とは信用情報を審査に利用するカードローン会社などのことを指します。)

Q. 照会記録開示書に出ている情報は審査に影響しますか?

A. 審査は加盟会員が信用情報機関の照会記録も含めた信用情報を参考資料とし、自社の審査基準と照合して総合的に判断しております。

よって、加盟会員により照会記録の情報の審査の影響度合いは異なり、最終的な加盟会員の審査結果の理由については当社ではわかりません。

引用元:JICC「よくあるQ&A

開示請求の記録があると、過去にブラックだったから確認したのではないかと疑われるリスクがあります。

そのためご自身の信用情報は、本当に必要である場合にのみ開示請求するようにしましょう。

ブラックでも利用できるカードローンはある?

ブラックOKのカードローンブラックは、大手消費者金融や銀行カードローンを利用できません。
しかし、それでもお金を借りたいという方は多いでしょう。

こちらでは、ブラックOKのカードローンについて解説していきます。
お金を借りるチャンスがあるなら知りたいという方は、参考にしてみてください。

一部の街金ならブラックでも利用可能

ブラックでも利用のチャンスがあるとすれば、街金(中小消費者金融)のみになります。
街金とはアコムやプロミスなどとは異なる、知名度の低い正規の貸金業者のことです。

年齢条件をクリアしていて安定収入があれば、ブラックでも申し込めるケースがあります。

ただし、すべての街金がブラックでも利用できるというわけではありません

また、過剰融資を誘発する可能性があるので、街金はブラックでも申し込みができると明示しているわけでもありあません。

参考として、以下のような街金はブラックでも申し込めるといわれています。
(どちらも全国どこからでもWEBから申し込み可能で最短即日融資が可能です。)

  • フクホー
  • アロー

お金を借りたいブラックの方は、これらの街金への申し込みを検討してみましょう。

審査通過が不安な場合は、事前にブラックも審査対象かどうかを問い合わせてみてください。

利用できても審査が甘くなるとは限らない

ブラックでも利用できる街金でも、審査が甘いわけではないので要注意です。
大手消費者金融と同様に、以下の審査はすべて実施されると思っておきましょう。

  • 仮審査:信用情報の確認・スコアリング
  • 本審査:必要書類の提出・在籍確認

申し込みのハードルだけに焦点を当てると、街金は大手よりもハードルが高めとなっています。

フクホーとアローを申し込みができない方の詳細についてご紹介します。

【ご注意】
・年齢24歳以下及び66歳以上の方はご契約出来ません。
・貸金業者からの借入れが既に年収の3分の1を超えている方は申込み出来ません。
・健康保険未加入の方はご契約出来ません。
・勤続1年未満(11ヵ月以下)の方はご契約出来ません。
・現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません。
・自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません。

引用元:フクホー「新規お申込みフォーム

お申込みにあたり、以下のご確認事項を必ずご確認ください。

《注意》以下に該当する方はご契約できません。
■他社のご返済が現在延滞中や過去のお借入れを放置されている方
■自営業主、会社役員、現在お仕事をされていない方
■健康保険証をお持ちでない方
■20歳未満66歳以上の方
■ご本人以外からのお申込み(他人名義でのお借入れ)

引用元:アロー「新規お申込み

両方の条件を見ると、ブラックOKである代わりに申込者を制限しているといえます。

フクホーは勤続1年以上・25歳以上が必須であるのが、大手と比べて特徴的です。
アローの自営業者や会社役員は申し込めないという条件は、大手では見当たりません。

また共通の条件として特徴的なのは、他社で延滞していないことや、健康保険証を持っていることです。

闇金は絶対に利用してはいけない

街金と闇金を混同している方もいるかもしれません。
法律的には以下のように、街金と闇金はまったく違います。

  • 街金:正規業者(貸金業法に基づき登録している)
  • 闇金:違法業者(貸金業法に基づく登録を受けていない)

闇金では、年数百%に換算される利息や手数料をとられることがあります

対して、ブラックの方でも利用できる街金の金利は利息制限法の範囲内です。

利息制限法では、利用限度額が10万円以上100万円未満であれば、上限金利は年18.0%となるように決められています。

その他にも、犯罪に巻き込まれるリスクがあるので、絶対に利用は避けるべきです。

昨今はソフト闇金を自称する、公式サイトもある一見クリーンな業者も増えています。
しかし、これらは闇金であることには間違いないので、少額でも利用しないようにしてください。

なお、SNSなどでお金を貸し借りする個人間融資も、闇金の可能性が極めて高いです。
個人を装った闇金にだまされて、事件の当事者にならようにしましょう。

カードローンのブラックについて4つのQ&A

ブラックについて気になる細かな部分について解説していきます。
まだブラックについて疑問がある方は、こちらを参考にしてみてください。

ブラックはカードローン以外のローンは利用できないの?

ブラックになった方はカードローン以外のローンも利用できる可能性は低いです。

カードローン以外のローン審査でも、必ず申込者の信用情報が確認されます。
そのため基本的にブラックの方は、ローンの審査に落ちる可能性が高いといえるでしょう。

カードローン同様、他のローンも完済すると信用できる方以外は利用NGです。

しかし、以下のような場合は、ブラックでもローンが利用できるかもしれません。

  • 住宅ローンなどを利用する際に「高めの頭金を支払える」
  • 不動産ローンなどを利用する際の「担保の価値が高い」

ただし、これらに当てはまっても、利用できない可能性のほうが高いです。
利用できたらラッキーくらいの気持ちで、申し込みを検討してみてください。

ブラックでも利用できる銀行カードローンはないの?

ブラックでも審査をクリアできる銀行カードローンはないと思っておきましょう。

銀行カードローンは、過剰融資の問題から自主規制をするようになりました。
ブラックに融資するとなると、業界全体で審査を厳しめにした意味がなくなります。

また営業停止などの行政処分のリスクを抱えてもブラックに融資するのは考えにくいです。

また街金のように「地方銀行ならブラックでもチャンスがある」ということはありません。
お金を借りたいブラックの方は、申し込みはフクホーかアローに絞ってみてください。

ブラックになった原因のカードローンに再申し込みできるの?

ブラックが解除されてもそのカードローンの審査はクリアできない可能性が高いです。

金融事故の記録が消えても、カードローン会社は過去の利用者情報は残しています。

長期延滞などを起こした方は「社内ブラック※」として半永久的にマークされるでしょう。
(※カードローン会社やそのグループ会社の中で要注意人物となることです)

そのため金融事故を起こしたカードローンに再度申し込んでも、審査通過は見込めません。
また子会社や保証会社のカードローン会社も、審査落ちする可能性は高いです。

ブラックが解除されたら、大手消費者金融や銀行カードローンに申し込めます。
ただし金融事故の原因となった業者のグループ会社などではないかは要注意です。

ブラックでもビジネスローンに申し込めるの?

ブラックの方はビジネスローンに申し込んでも審査落ちする可能性が高いです。

ブラックの個人事業主や中小経営者は、完済できないと判断される状態にあります。
信用されていないので、法人としても契約は見込めないと思っておいてください。

ただしブラックではなく、赤字経営という場合なら利用できることもあります。
将来性はあり完済が見込めると判断されれば、チャンスは十分にあるはずです。

アイフルビジネスファイナンスの公式サイトにある、以下の記載を見てみましょう。

事業者ローン(無担保)

Q 赤字決算でも可能か。

A 過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります。営業担当までお気軽にご相談ください。

引用元:アイフルビジネスファイナンス「よくあるご質問

赤字経営だからといって、自動的に審査落ちするというわけではないんですね。

以下の関連記事では、おすすめビジネスローンを紹介しています。
ブラックではなく事業資金を借りたい方は、参考にしてみるのがおすすめです。

即日で資金調達!オススメのビジネスローンを7社ご紹介!
おすすめビジネスローン7社を比較&紹介!即日で資金調達するためのコツも解説!ビジネスローンを探している方のためにおすすめのビジネスローン会社7社を比較し、ランキング形式でご紹介していきます。それぞれのビジネスローンの特徴や、即日で資金調達をするためのポイントなども解説していきます。...

ブラックでも利用できるカードローンを検討しよう

カードローンとブラックの関係について、本記事で解説したことを振り返ってみましょう。

  • ブラックとは信用情報に金融事故の記録がある人のこと
  • ブラックになるとカードローンは基本的に審査落ち
  • ブラックになる原因は長期延滞や債務整理
  • ブラックの期間は金融事故の種類によるが5年~10年
  • 申し込みブラックとは短期間に複数社に申し込んだ人のこと
  • ブラックは一部の街金なら利用できる可能性がある
  • ただしブラックOKの街金でも審査は甘くない
  • むしろ街金のほうが大手より申し込みのハードルが高いことがある
  • ブラックだからといって闇金を利用するのは絶対NG

ブラックになるとカードローンの審査は、クリアできない可能性がきわめて高くなります。
少なくとも大手消費者金融や銀行カードローンの審査では、クリアは見込めません。

ブラックでも利用できる可能性があるのは、中小消費者金融である街金です。
しかしすべての街金がブラックOKであるわけではないので、覚えておいてください。

またブラックOKの街金でも年齢条件や収入条件があり、審査は決して甘くないんですね。
むしろ大手消費者金融よりも、申し込み条件が多い場合もあるので要注意です。

申し込み先に迷った場合は、フクホーかアローの申し込みを検討するのをおすすめします。