アイフル

アイフルはカードレスで利用できる!借入方法や返済方法、暗証番号まで徹底解説!

「アイフルって、カードレスでの借り入れや返済に対応してる?」
「アイフルをカードレスで利用するにはどうすれば良いの?」

ローンカードなしでアイフルを利用できれば、カードローンが一気に便利になります。
アイフルがカードレスに対応しているか気になりますよね。

そこで本記事では、アイフルのカードレスについて、以下の内容を紹介していきます。

  • アイフルはカードレスに対応しているか
  • カードレスでの借入方法
  • カードレスでの返済方法
  • アイフルのWEB完結について

カードレスの利用を検討中の方が知りたいポイントを詳しくまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

アイフルはカードレスで利用できる

結論、アイフルはカードレスで利用できます。
スマホのアイフルアプリを活用することで、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借り入れと返済ができます。

また、24時間365日にわたって利用できる点もポイントです。
ローンカードを発行する手間がなく、手軽にアイフルを利用できます。

他にも、スマホのアイフルアプリでは以下の機能が搭載されています。

  • 利用状況の確認
  • 必要書類の提出
  • 返済シミュレーション
  • 増額申請
  • アイフルの店舗検索 など

カードレスと聞くと、「セキュリティ面が心配」「不正利用されない?」と心配な方は多いはずです。
アイフルのカードレスはセキュリティ面に力を入れており、ログイン時に生体認証を利用します。
安全かつ手軽に利用できるカードローンのスマホアプリです。

アイフルをカードレスで借り入れる方法

アイフルのアプリをダウンロードしただけだと、どう使えばいいかわかりませんよね。
ここでは、カードレスでの借入方法をセブン銀行ATMとローソン銀行ATMにわけて解説します。

セブン銀行ATMの場合

セブン銀行ATMでアイフルのカードレスを利用する方法は以下の通り。

  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMから「融資」を選択
  3. セブン銀行ATMの画面でスマートフォンの取引を選択
  4. 表示されたQRコードをアイフルアプリで読み取る
  5. セブン銀行ATMの画面に企業番号を入力
  6. セブン銀行ATMの画面に暗証番号を入力
  7. 取引金額を入力

ローソン銀行ATMの場合

ローソン銀行ATMの場合は以下の通り。

  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMから「融資」を選択
  3. ローソン銀行ATMの画面でスマートフォンの取引を選択
  4. 表示されたQRコードをアイフルアプリで読み取る
  5. ローソン銀行ATMの画面に企業番号を入力
  6. ローソン銀行ATMの画面に暗証番号を入力
  7. 取引金額を入力

セブン銀行・ローソン銀行ともに、基本的な流れはそこまで変わりません。
どちらのコンビニが利用しやすいかで借り入れ場所を選ぶといいでしょう。

お近くにコンビニATMがない場合

お近くにセブンイレブンとローソンがない場合、振込融資でもアイフルのカードレスを利用できます。
その場合、インターネット経由の借入方法と電話経由の借入方法があります。

  • インターネット振込(会員ページにログイン)
  • 電話振込(0120-109-437)

ただ、事前に口座を登録しておく必要がある点はご注意ください。

アイフルをカードレスで返済する方法

アイフルをカードレスで返済する方法としては、以下の3つがあります。

  • ATMからアプリを利用して返済
  • 振り込みで返済
  • 口座振替

ATMからアプリを利用して返済

セブン銀行・ローソン銀行では、アプリを利用しての返済も可能です。
返済の手順は、基本的には借り入れの時と同じです。

  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMで「返済」を選択
  3. セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMでスマートフォンでの取り引きを選択
  4. QRコードが取引画面に表示
  5. 表示されたQRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示
  6. セブン銀行ATM取引画面に企業番号を入力
  7. セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMの取引画面に暗証番号を入力
  8. 取引金額を入力

振り込みで返済

指定の銀行口座へ振り込みして返済する方法です。
自宅に居ながら返済することができます。

振り込みで返済する時の振込先については会員ページから確認できます。
なお、振込手数料については自己負担となります。

口座振替

口座振替で、毎月引き落しで返済することもできます。
口座振替であれば手数料はかかりません。

口座振替の返済日は毎月決まった日に引き落としされる「約定日制」と、前回支払日の翌日から35日後が返済期日となる「サイクル制」の2つから選べます。

約定日制の返済日は毎月3日・26日・27日・28日のいずれかで金融機関ごとに異なります。
返済を忘れてしまわないか不安な方は口座振替での返済が便利です。

アイフルのカードレスはWEB完結で申し込もう

アイフルのカードレスを利用する場合、WEB完結を利用しましょう。
申し込みから必要書類の提出、契約までインターネット上で完了します。

アイフルのWEB完結の申し込み方法の流れは以下の通りです。

  1. WEBからの申し込み(24時間・365日受付)
  2. 審査結果のお知らせ
  3. WEBから契約手続き
  4. ATMから借り入れ

まずは、アイフル公式サイトから申し込みしましょう。
申し込みフォームでの入力項目としては主に以下の通りです。

  • 希望限度額
  • お客様情報(氏名、生年月日など)
  • ご自宅情報(住所、持ち家・賃貸など)
  • 勤め先情報(雇用形態、年収など)
  • 他社の利用状況

他にも、申し込みにおいては本人確認書類・収入証明書(該当者のみ)の提出が必要なります。

本人確認書類(※)収入証明書
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+賞与のある方は賞与明細書)
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など 

収入証明書は、以下のいずれかのケースに該当する場合に提出を求められます。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合

申し込み完了後に審査が実施され、審査結果が電話またはメールで通知されます。
審査に通過したら、契約手続きを進めていきましょう。

カードレスで契約する場合は、契約手続きにおいて以下の対応を行います。

  • 受け取り方法で「カードレス」を選択
  • 口座振替の登録

契約まで完了したら、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借り入れが可能です。

※記載の住所が現住所と異なる場合は、住所確認書類(公共料金の領収書など)を2点提出する必要があります。

また、アイフルのWEB完結について詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。

アイフルのカードレス暗証番号

アイフルのカードレスでは、契約時に設定した4桁の数字が暗証番号です。
また、暗証番号を忘れてしまった場合は、会員専用ダイヤルに電話して指示を仰いでください。

※会員専用ダイヤル:0120-109-437(平日9:00~18:00)

アイフルのカードレスでは取引手数料が発生

アイフルでは提携ATMから借り入れ・返済をする際には、ATM手数料が発生します。
手数料は1万円以下の借り入れ・返済で110円1万円超の借入・返済で220円です。

カードレスでは提携ATMのセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借り入れ・返済をすることになるための、上記の手数料が必要になります。

アイフルのカードレスについてのまとめ

アイフルのカードレスについて、下記の情報を中心にまとめました。

  • アイフルのWEB完結申し込みなら、カードレスで借り入れや返済が可能
  • カードレスでは、アプリでセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借り入れできる
  • アイフルをカードレスで利用するメリットは「最短即日の借り入れが可能」「カード郵送の手間がない」「カードローンの利用が周囲にばれにくい」など
  • デメリットは「セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM以外で利用できない」「取引手数料が発生する」など
  • WEB完結での申し込みは、公式サイトから申し込み後、契約時に「カードレス」を選択すればOK
  • カードレスでの返済方法は、ATMからの返済、振り込みでの返済、口座振替の3つ

アイフルでは、公式サイトからWEB申し込みをして、カードレスで契約することで、ローンカードの発行なしで借り入れが可能です。
カードレスならローンカードの郵送不要でスピード融資ができるほか、家族に利用が知られにくいといったメリットがあります。

現金を引き出して借り入れする場合には、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMからの借り入れに限られる点には注意が必要です。
借り入れの際には取引手数料もかかります。

カードレスでの返済方法は、ATMからの返済、振り込みでの返済、口座振替の3つです。
ATMでの返済は借り入の時と同様の操作で進めていけば完了できます。返済を忘れてしまわないか不安な方は口座振替が便利です。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。