借り入れ

即日で50万円を借りることができる方法はある?オススメの方法や注意点など解説!

50万円の即日融資について
どうしても今日中に50万円が必要…
50万円を借りるにはどうしたらいいの?

いざ50万円を借り入れるとなると高額であるということもあり、不安に思う方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回は50万円を即日で借り入れたいという方に向けて、下記の内容を紹介していきます。

50万円を即日融資してもらうのに最もオススメな方法とは?
50万円を即日融資してもらう方法として1番オススメな理由とは?
即日で50万円を借り入れることができる人はどんな人?
即日で50万円を借り入れる際の注意点とは?
オススメの方法以外で50万円を即日で借り入れる方法はある?
50万円を即日で借り入れる際に手を出してはいけない借入方法とは?

50万円を借り入れるのに1番適している方法や、借り入れる際に気を付けたい点など、今までお金を借りたことがないという方にも分かりやすく解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

50万円の即日融資に最も適している借入方法とは?

50万円の即日融資に最もオススメしたい方法はカードローンの利用です。

カードローンには大きく分けて消費者金融と、銀行カードローンの2種類ありますが、消費者金融であれば申し込みの当日での融資に対応しています。

50万円の即日融資にカードローンが最もオススメな理由としては、無担保かつ保証人なしで50万円を借りられる方法がカードローンのみのためです。

他の無担保で借り入れられるサービスとして、同じカードローンの銀行カードローンが挙げられますが、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

また、有担保ローンも審査に1週間から1ヶ月ほどかかることが一般的で、即日に借り入れることができるサービスではありません。

消費者金融であれば申し込み当日に審査が完了するため、最短で即日での借り入れができます。
50万円を即日で借り入れしたいのであれば、消費者金融を利用しましょう。

50万円の即日融資におすすめのカードローンを紹介

ここでは、即日で50万円を借り入れるためにおすすめの消費者金融3社をご紹介していきます。

それぞれサービス内容に特徴があるため、ご自身が利用しやすい・利用したいと思えるカードローンを選ぶことが大切です。

ぜひ、こちらをご参考に50万円を即日で借り入れるためのカードローンを検討してみてください。

アイフル

アイフルは、周りの方にカードローンの利用が知られたくないという方に最もオススメなカードローンとなっています。

カードローンの審査の際には、在籍確認の電話が勤務先にかかってくることが一般的ですが、アイフルなら申込者の勤務先・自宅への電話は行っていません。

また、アイフルのカードローンは申し込みから借り入れまでのすべての手続きをスマホ1つで行うことができるため、ご自宅へ郵送物が送られる心配もありません。

在籍確認の電話、そしてカードローン会社から送られる郵送物が、カードローンの利用が周囲に知られてしまう原因の中でも多いシチュエーションです。

アイフルなら、こっそりカードローンを利用するための対策を練る必要はありません。

アイフルの商品概要はこちら

融資対象者 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短25分(※)
融資スピード 最短25分(※)
WEB完結 可能
担保 不要
保証人 不要

(※)WEB申し込みの場合。
(※)お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

少しでも早く借りたい方にもオススメ! 

プロミス

プロミスは、実際の利用者からの評価が高いカードローンです。
2020年に実施されたオリコン顧客満足度調査では、プロミスはノンバンクカードローンのカテゴリで1位を獲得しました。

融資までのスピードが早い点や、申込者や利用者へのサポート体制が充実していることが高評価となったことが考えられます。

プロミスの商品概要はこちら

融資対象者 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円まで
審査スピード 最短30分※
融資スピード 最短1時間※
WEB完結 可能
担保 不要
保証人 不要

※申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。

最短1時間で借り入れできる!

SMBCモビット

カードローン会社からの連絡が原因で、周りの方にカードローンの利用が知られてしまうことを心配する方にオススメのカードローンです。

SMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡なしにすることができ、WEB完結にするためには下記の4つの条件を満たす必要があります。

銀行口座
(いずれかを利用) 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
本人確認書類
(いずれかの写しを提出) 運転免許証
パスポート
収入証明書類
(いずれかの写しを提出) 源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
勤務先を確認できる書類
(両方の書類の写しを提出) 社会保険証
給与明細書
(直近1ヶ月)

満たすことが難しそうな条件に見えるかもしれませんが、会社に勤めで毎月給与をもらっている方であれば、問題なく満たすことができるでしょう。

ただし、即日融資の希望なら書類によっては事前に準備しておく必要があります。

また、SMBCモビットは今回ご紹介したカードローンの中で唯一無利息期間サービスが設けられていない点も留意しておきましょう。

SMBCモビットの商品概要はこちら

融資対象者 20歳以上69歳以下
安定した収入がある
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分(※)
融資スピード 最短即日(※)
WEB完結 可能
担保 不要
保証人 不要

※申し込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなることがあります。

誰にもバレずにお金を借りられます! 

50万円を即日で借り入れることができる人の特徴

カードローンを利用すれば即日で50万円を借り入れることができます。
しかし、カードローンを利用するには審査に通過する必要があります。

50万円という金額は決して少額ではないため、誰もが審査を通過できるとは限りません。
ここでは、50万円を即日融資してもらうことができる人の特徴を紹介していきます。

申込者の年収が最低でも150万円以上

カードローンで50万円を借り入れる場合、年収は最低150万円以上ある必要があります。
理由としては、カードローン会社などの貸金業者には総量規制という決まりが定められているからです。

総量規制では、個人が貸金業者からお金を借り入れる際の金額の上限は年収の3分の1までと決められています。

つまり、50万円を借り入れするための最低条件を満たすためには、年収が150万円以上必要ということです。

しかし、あくまで50万円を借り入れるためには150万円の年収が必要で、審査に通過するためにはより高い額の年収があると安心です。

他社からの借り入れがない

新規でカードローンに申し込みをする際に、既に他社からの借り入れがあることは借金を背負った人が申し込みをしてきたことと同じです。

たとえ総量規制の違反をしていなかったとしても、既に借金をしている人がさらに50万円借り入れたいと申し込みをしてきた場合、カードローン会社としては慎重にならざるを得ません。

既に借り入れがある人に融資を行うことは、自社が融資したお金を、以前から借り入れていた金融会社の返済に使う、いわゆる自転車操業のリスクも捨てきれません。

カードローン会社からの信用を得るため、そしてご自身が借金を背負いすぎることがないようにするためにも即日で50万円を借り入れるなら、他社からの借り入れがないことが重要です。

過去にローンの完済履歴がある

カードローンの審査の際に照会される信用情報には、過去のクレジットやローンの利用履歴が記載されます。

もちろん、延滞をしていたことはないか、自己破産や債務整理といった履歴はないかといったことを確認されますが、過去に完済したローンはないかも対象になります。

カードローンを利用するためには必ず審査を実施しますが、審査の内容だけでは利用者のことを100%信用できるのかどうかを判断することができません。

そこで、過去に完済したローンでの返済額や借入期間によっては、延滞せずに完済したという履歴がカードローン会社への信用に繋がるということです。

即日で50万円を借り入れる際のポイント

ここでは、50万円を即日融資してもらうために実践できる準備であったり、申し込み時に意識したいことなどを紹介していきます。

必要な書類を事前に準備しておく
本人確認書類 収入証明書類
パスポート 源泉徴収証
運転免許証 給与明細書
保険証 など 所得証明書 など

カードローンの申し込みでは、必ず本人確認書類の提出が必要になります。
50万円の即日融資を希望する場合は、本人確認書類に加えて収入証明書の準備をしておくことをオススメします。

今回ご紹介したカードローン3社は基本的には、50万円を超える借り入れで収入証明書の提出が必須となっています。

しかし、場合によっては50万円以下の借り入れでも提出を求められる場合があります。
この場合、手元に所得証明書がない限りは準備が必要になってしまい、即日で50万円を借り入れることができなくなってしまいます。

カードローン会社からの提出の要求の有無に限らず、即日融資を希望するなら収入証明書を準備しておきましょう。

また、ご自身が申し込みを検討しているカードローン会社で有効な収入証明書類を調べることも忘れないようにしましょう。

早めの時間帯に申し込みを終える

今回ご紹介したカードローン会社に限らず、即日融資に対応しているカードローン会社はあくまで、最短で即日融資ができるというだけで、必ず即日融資してもらえるとは限りません。

申し込み時間が遅かったり、カードローン会社の審査担当者が忙しかったりした場合、即日融資してもらえない可能性があります。

そのため、なるべく即日融資の可能性を上げるためにも、申し込みは平日の早い時間帯に済ませておくことをオススメします。

また、今回ご紹介したカードローン会社のうち、アイフルとSMBCモビットであれば、申込後にコールセンターに電話することで優先的に審査をしてもらうことができます。

更に即日融資してもらうための可能性を上げたいという方は、アイフルやSMBCモビットの利用を優先して検討してみてもよいかもしれません。

在籍確認を申し込み当日に終える

カードローンの審査では、在籍確認という、申込者が申し込みフォームに記載した勤務先に勤めていることの確認が行われます。

在籍確認は、カードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけることで行われ、確認がしっかりととれるまでは審査は完了しません。

そのため、50万円を即日融資してもらうのであれば、申し込みの当日に在籍確認を終える必要があるということです。

ただし、アイフルやSMBCモビットであればカードローン会社からの電話連絡なしで申し込みを完了することができます。

在籍確認を申し込み当日に完了するのが難しそうであれば、アイフルまたはSMBCモビットを利用すれば心配する必要は一切ありません。

また、下記の記事では在籍確認の電話連絡がないカードローン3社を紹介しています。
この記事で紹介しているカードローンも即日で50万円を即日で借り入れることができるため、こちらもあわせてご覧ください。

在籍確認なしのカードローン3社を紹介!職場に知られずに借り入れできる?

返済には繰り上げ返済を活用

50万円を即日融資してもらう際には、返済のことも考慮しておきましょう。
50万円は決して少額ではないからこそ、計画的に返済を行うことが重要です。

カードローンの返済は、毎月必ず行う必要がある約定返済に加えて、ご自身の都合の良いときにいつでも返済できる繰り上げ返済(臨時返済)を利用することができます。

50万円を借り入れるのであれば、この繰り上げ返済を活用しましょう。

約定返済では、返済した金額のすべてが元本の返済には充てらません。
利息(利子)の支払いが含まれているため、元本が減るスピードはゆっくりとなってしまいます。

しかし、繰り上げ返済であれば返済額のすべてが元本への支払いに充てられるので、完済までの期間を縮めることができます。

下記の記事では、カードローンの繰り上げ返済についてより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

カードローンは繰り上げ返済を活用しよう!メリットやコツについて解説!

即日で50万円を借り入れる際の注意点

50万円を即日で借り入れることは決して簡単ではありません。
また、お金を借りるということは返済も必要になるということです。

ここでは、即日で50万円を借り入れる際の注意点について紹介していきます。

毎月の返済額が高額になる可能性がある
返済期間 毎月の返済金額
12ヶ月(1年) 約4万5,000円
24ヶ月(2年) 約2万5,000円
36ヶ月(3年) 約1万8,000円
48ヶ月(4年) 約1万5,000円

50万円を借り入れる場合、即日融資に限らず、返済期間によっては毎月の返済額が高額となってしまう可能性があります。

たとえば、1年間で50万円を完済しようとした場合、毎月の返済額は約4万5,000円です。
年収が高ければ毎月4万5,000円の返済でも問題ないかもしれません。

しかし、年収が150万円の方であれば毎月の収入の30%以上をカードローンの返済に回す計算となり、現実的ではありません。

そこで完済までの期間を長くしてしまうと、毎月の返済額が軽減される分、利息額の支払いが高額となってしまいます。

つまり、50万円を完済するためには、毎月無理がない範囲で返済できる金額でかつ、長期間になりすぎないことが重要です。

必ず50万円を借り入れられるとは限らない

カードローンの申し込みをする際には、希望借り入れ金額を記入します。

50万円の即日融資を希望する方であれば、50万円と記入して提出をしますが、必ずしも提出した金額で借り入れることができるとは限りません。

カードローン会社は、申込者の現在の収入や、現在での勤務先の会社での勤務期間、過去のローンやクレジットの利用履歴など様々な判断材料を使って審査を行っています。

審査時に不安材料や、50万円を貸したとして完済してもらえないリスクがあると判断した場合、即日融資してもらっても金額は50万円未満であることも十分に考えられます。

申し込みをしたカードローン会社から50万円を即日融資してもらうことができなかった場合は、後から増額審査に申し込むことを検討したり、他の借入方法や他のカードローン会社の利用を検討してみてください。

また、無職・無収入の場合はカードローンの利用自体が不可能です。
収入がない場合は、収入状況の改善か国の福祉制度などの適した対処を行いましょう。

カードローン以外で50万円を即日で借り入れる方法

50万円を即日で借り入れるのであればカードローンが最もオススメですが、カードローンだけが選択肢という訳ではありません。

ここでは、カードローン以外の方法で50万円を即日で借り入れる方法を紹介していきます。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは、買い物のの支払いのためにのみ利用できるショッピング枠に加えて、ATMなどからお金を借り入れることができるキャッシング枠があります。

もし、現在利用しているクレジットカードにキャッシング機能が付与されているのであれば、50万円を即日で借り入れることができます。

クレジットカードのキャッシング枠もカードローンと同様に総量規制が適用されているため、年収の3分の1の金額までの借り入れが上限となっています。

また、キャッシング枠を利用して即日融資してもらうのであれば、既にご自身が所持しているクレジットカードにキャッシング機能が付与されていることが条件です。

下記の記事では、カードローンとキャッシングの違いについて紹介しています。
カードローンとキャッシングのどちらを利用したらよいのか分からないという方は、こちらもあわせてご覧ください。

カードローンとキャッシングの違いとは?金利や返済方法の違いについて解説!

質屋

質屋とは、ブランド物の時計やバッグ、宝石や貴金属などを担保にお金を融資しているサービスを実施しているお店のことを指します。

質屋でも、担保となる物品が50万円の価値があれば50万円を即日融資してもらうことができます。

また、質屋であればカードローンのような審査は実施されません。

ただし、質屋の利用はあまりオススメできません。
理由は、金利がかなり高いためです。

質屋の金利はパット見ではかなり低金利に見えますが、月利で計算されていることが多いため実際の金利はカードローンよりも金利が高い可能性があります。

また、返済が難しい場合、担保として預けていた物品は買取となってしまいます。

質屋を利用すれば審査なしで簡単に借り入れをすることはできますが、その分代償も大きいため、可能であればカードローンの利用を検討してみてください。

50万円を借り入れる際には違法業者は利用しない

50万円を即日で借り入れる際に、闇金などの違法業者には絶対に手を出してはいけません。

闇金は、お金を貸して欲しいという方に対して「簡単に借りられる」「すぐに借りられる」といった誘惑をして、お金を融資貸そうとアプローチしてきます。

しかし、貸金業者として合法な業者ではないため、法外な利息額に加えて高額な手数料の支払いを利用者に強要します。

返済できなかった場合は、理不尽な取り立てを行ったり、犯罪行為への加担を強要してきたりします。

女性の場合は特に注意が必要で、返済の代わりに性行為を要求されるリスクがあります。

TwitterなどのSNS上での個人間融資や、給与ファクタリングといった融資方法にも闇金が関わっている可能性が高いです。

赤の他人に、簡単にお金を貸してくれる人はいません。
お金を借り入れる際には、法に則っている信頼できる業者から借り入れるようにしましょう。

50万円の即日融資してもらう方法まとめ

今回の記事で50万円の即日融資について紹介してきた内容は以下の通りです。

50万円を即日で借り入れるならカードローンがオススメ
50万円を借り入れるための年収は最低でも150万円以上
即日で50万円融資してもらうのであれば、提出する書類を事前に準備し、早めの時間に申し込みを終えることが大切
50万円の借り入れは決して少額ではないため、返済シミュレーションをしっかりと行い、余裕があれば繰り上げ返済を活用する
カードローン以外で50万円を借り入れるのであれば、クレジットカードのキャッシング機能や質屋の利用などの方法がある

お金を借りる方法には様々な種類がありますが、即日でかつ、50万円を借り入れるとなるとカードローンの利用が最もオススメです。

しかし、カードローンの中にも即日融資に対応していないものもあるので、ご自身が利用を検討しているカードローンが即日融資に対応しているかしっかりと確認しておきましょう。

また、申し込みをしたからといって必ず即日で50万円を借り入れることができるとは限りません。

まず、50万円を借り入れることができる最低条件を満たした上で、即日融資の確率を上げれるように今回ご紹介したコツの実践をしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

監修者からのコメント
お金を借りずに生活出来ることが理想ですが、時にどうしてもすぐにお金が必要、自己資金じゃどうにもならないという瞬間、人生において誰にでも起こりうることですよね。
そんなときは絶対に焦らずに、融資までのスピード、金利、返済計画などしっかりと考えた上で借り入れを行うことが不可欠です。金利がかからない期間に返済出来ればいいですし、それが出来なくても少しでも金利の低いところから借りれればその分ご自身の負担も軽くなります。
借りることだけではなく返すこともしっかりと考えた上で借り入れを行って頂ければと思います。

この記事の監修者

やまざき しおり

山崎 栞里

ホームページ:LEAF

静岡大学人文学部法学科卒業。
卒業後司法書士事務所補助者などを経験し、28歳のときに自分の資格や経験を活かし困っている人たちの力になれればと、家計相談・終活相談をメインとしたコンサルタントとしてLEAFを開業いたしました。
LEAFにはLEgal Affluent Future=法律を活用して人々が豊かで幸せな未来を築いていって欲しいという想いが込められています。
現在は行政書士、司法書士、社会保険労務士を目指して勉強中です。

関連記事
10万円を今日中に借りる方法 借り入れ

即日で10万円を借りるオススメの方法を紹介!審査になるべく早く通過するコツも解説!

2021年5月13日
カードローン比較なら比較.com
急な支払いや出費で10万円が必要になった際に、お金を借りるための手段を知っておけば、落ち着いて焦ることなく対応することができ …
カードローンのブラックについて 借り入れ

ブラックでも借りられるカードローンはある?信用情報に傷がつく原因も紹介!

2021年5月13日
カードローン比較なら比較.com
「そもそもブラックって何?」 「ブラックでもカードローンは利用できるの?」 「具体的に利用のチャンスがある業者はどこ?」 ブラック …
借り入れ

カードローンを審査落ちする理由とは?審査基準や審査落ちを防ぐコツなども紹介!

2021年5月13日
カードローン比較なら比較.com
「カードローン審査に落ちてしまったけどなんで?」 「すぐに再審査に申し込んで大丈夫?」 カードローンは審査基準が公開されておらず、な …