おすすめカードローン紹介

即日で30万円を借り入れる方法を紹介!融資を受ける際の注意点も解説!

30万円を即日融資してもらう方法について紹介!
今日中に30万円が必要!
30万円を今日中に借り入れる方法なんてあるの?

少額のお金が必要となったとき、ご家族やご友人に頼ることは難しくはありません。

しかし、30万円の高額となるとなかなか周りを頼ることができず、八方ふさがりでどうしたらよいか分からないという方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回は30万円を今日中に準備する方法について下記の内容を紹介していきます。

  • 30万円を即日で借り入れる1番の方法とは?
  • 30万円を即日で借り入れることができるカードローン3社を紹介
  • 必ず借りれるとは限らない!30万円を借り入れる際の注意点とは?
  • 焦っていても絶対ダメ!30万円を借りる際に手を出してはいけない方法
  • カードローン以外で30万円を借り入れる方法

当日までにまとまったお金が必要であると、どうしても焦ってしまうという方もいらっしゃるかと思いますが、確実に30万円を借り入れるためにもぜひ、最後までご覧ください。

今日中に30万円を借りるならプロミス!

プロミス

スマホやPCから24時間申し込みOK
審査時間は最短30分
瞬フリで最短10秒で振込融資

\ 土日祝日でもOK♪ /

プロミスの詳細はこちら!

30万円を即日で借り入れるならカードローン

30万円即日融資してもらうならカードローンがオススメ!

カードローンとは、消費者金融や銀行などが提供する個人向けの融資サービスのことです。
生活費やレジャー費引っ越し代など用途は自由で、数万円~数十万円を手軽に借り入れることができます。

カードローンの利用をオススメしたいのは、20歳以上の方で働いている方です。
働いて毎月収入を得ていれば、パートやアルバイトの方でも申し込みをすることができます

申し込みのためには準備がほとんど必要なく、本人確認書類1枚あれば申し込むことができ、担保や保証人の用意は必要ありません

また、カードローンへの申し込みには、ほとんど手間がかからないのも特徴です。
スマホやPCから簡単に申し込みがすることができ、申し込みのために必要な項目の記載は5分程度で終えることができます。

消費者金融と銀行カードローンどちらに申し込めばよい?

消費者金融プロミス
アイフル
SMBCモビット
アコム
レイクALSA
銀行カードローンみずほ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
オリックス銀行カードローン

カードローンは大きく分けて、消費者金融と銀行カードローンの2種類あります。
消費者金融は即日融資に対応しているカードローンで、最短で申し込みから30分以内で融資してもらうこともできます

対して銀行カードローンは、消費者金融と比較すると金利が低いという特徴はありますが、即日融資に対応していません

そのため、必ず即日で30万円を準備する必要があるという方は、必ず消費者金融に申し込むようにしましょう。

カードローンの審査では何が重視される?

カードローンでお金を借り入れるためには、必ず審査を受ける必要があります。
カードローンの審査で重要になってくる項目は、申込者自身の安定した収入の有無です。

申込者自身の安定した収入とは、申込者が働いた対価として毎月会社からもらっている一定額以上の収入のことを指します。

収入が高額であればその分借り入れられる金額の上限が高くなりますが、収入の高さは決して重要ではありません

そのため、毎月一定の日数のシフトを入れているアルバイトや、パートの方であってもカードローンを利用することができます。

即日で30万円を借りられる消費者金融3社を紹介

ここでは、30万円を借り入れる際にオススメしたい消費者金融3社をご紹介します。
今回ご紹介するカードローンは全て即日融資に対応しているため、即日融資以外でどのようなメリットがあるのかなどについても紹介していきます。

ぜひ、ご自身に合ったカードローンがどれかを検討してみてください。

アイフル

アイフル
実質年率3.0%~18.0%
利用限度額800万円
審査回答までのスピード最短30分 
融資までのスピード 最短1時間
WEB完結申し込み
無利息期間初回利用の
契約翌日から30日間 
パート・アルバイト
の申し込み

カードローンを利用する方にとって、なるべく周囲にカードローンの利用を知られたくないという方も多くいらっしゃいます。

カードローン会社から郵送物の送付や、審査時の在籍確認での職場への電話連絡は、カードローンの利用が周りの方に知られてしまうリスクが非常に高く、カードローン申し込み時の懸念点となっています。

しかし、アイフルならこれらの懸念点を一切気にせずに申し込みを行うことができます
スマホ1つで申し込みができ、審査の途中での行われる在籍確認も原則電話では実施していません。。

また、スマホローンを利用すれば来店&郵送物なしで申し込みすることできるため、職場の人へのカードローンの利用が知られてしまう心配が少ないだけでなく、ご家族へ知られる心配も必要ありません。

\ 在籍確認&郵送物なし! /

アイフルの詳細はこちら!

プロミス

プロミス
実質年率4.5%~17.8%
利用限度額500万円
審査回答スピード最短15秒回答(※1)
融資までのスピード最短1時間
WEB完結申し込み
無利息期間初回利用の
翌日から30日間(※2)
パート・アルバイト
の申し込み
注釈

(※1)仮審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
(※1)新規契約時点のご融資額上限は50万円となります。
(※2)メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

プロミスは、Webからの申し込みであれば来店は不要で、申し込みから最短1時間で融資してもらうことも可能です。

また、はじめてプロミスを利用する方であれば、30日間無利息でプロミスを利用することも可能です。

条件として、メールアドレスの登録と、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面で確認」の選択を行う必要がありますが、初回の利用日の翌日から30日間無利息でカードローンを利用することができます。

プロミスは、これらの様々な特徴や長所から、2020年度オリコン顧客満足度ノンバンクカードローンで第1位を獲得しました。

既にプロミスを利用したことがある方からの評価が高いため、カードローンを安心して利用することを重視したいという方は、ぜひ、プロミスの利用を検討してみてください。

\ 土日祝日でもOK♪ /

プロミスの詳細はこちら!

アコム

アコム
実質年率3.0%~18.0%
審査回答までのスピード最短30分
融資までのスピード最短即日
利用限度額800万円
WEB完結申し込み
無利息期間×
パート・アルバイト
の申し込み

アコムもアイフルやプロミスと同様に、最短即日融資に対応していて、はじめての利用者なら30日間無利息サービスを受けることができます。

サービスや、特徴といった面ではこれまでご紹介したカードローン会社と大きな違いはありませんが、アコムは初めてカードローンを利用する方に特にオススメしたいカードローンとなっています。

アコムのホームページでは、利用者の年収がいくらなのかを紹介しており、約9割の方が年収500万円以下という結果となっています。

また、4人に1人が年収200万円以下であるため、アコムを利用するためには年収の高さよりも安定していることが重視されていると考えられます。

そのため、20歳以上であればアルバイトの方やパートの方でも十分にアコムを利用することができる可能性があります。

また、比較.comでは、2020年8月にカードローンに関するアンケートを実施しました。

400名以上に回答いただいた本アンケートで、ムが1番利用者が多いという結果からも、アコムは、はじめてカードローンを利用される方にオススメのカードローンとなっています。

\ 審査回答最短30分! /

アコムの詳細はこちら!

紹介したカードローン3社の比較表

カードローン実質年利利用限度額審査までの
スピード
融資までの
スピード
無利息期間在籍確認の
電話連絡
WEB完結
申し込み
アイフル3.0~
18.0%
800万円最短30分最短1時間契約日の
翌日から30日
原則なし
プロミス4.5~
17.8%
500万円最短15秒(※1)最短30分利用の
翌日から30日間
あり
アコム3.0~
18.0%
800万円最短30分最短即日契約日の
翌日から30日
WEB完結申込
であればなし(※2)
注釈

(※1)
仮審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

(※2)
審査の状況によっては必要となる可能性があります。

今回ご紹介したカードローン3社を各項目で比較をしやすくするために表で再度ご紹介します。

なるべく早く借り入れたいというであれば、プロミスの利用を最優先に検討し、次にアイフルがおすすめとなっています。

また、もし周りの方にカードローンの利用をなるべく隠したいという方であれば、アイフルを最優先に検討してみるとよいかもしれません。

ぜひ、即日で30万円を借り入れることに加えて、ご自身がカードローンに何を求めていてるのかを考えた上で、どのカードローン会社を利用するのかを検討してみてください。

また、下記の記事では今回ご紹介した消費者金融を含む、大手消費者金融5社をご紹介しています。
他のカードローンもあわせて比較検討したいという方は、ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

30万円を即日で借りる際の注意点とは?

30万円を即日借りるための注意点について紹介

ここでは、30万円を即日で借り入れるために気を付けたい点について紹介していきます。
ここで紹介する条件を満たせない場合、即日で30万円借り入れることができなくなってしまうかもしれません。

申込者の年収が最低でも90万円以上である必要がある

消費者金融では総量規制というルールがあるため、個人は年収の3分の1を超える金額の借りすることができません。

つまり、30万円を借り入れるためには、最低でも年収は90万円以上ないとカードローンで30万円を借り入れることができないということになります。

また、複数のカードローンを既に利用している場合、すべてのカードローン会社の合計額が3分の1を超えることができない点にも注意しましょう。

年収が90万円の方と、年収が300万円の方を例にとって実際の金額を紹介します。

年収90万円の場合
利用限度額借り入れられる金額
他社を利用していない場合最大30万円
他社の利用限度額が10万円最大20万円
他社の利用限度額が30万円借り入れ不可
年収300万円の場合
利用限度額借り入れられる金額
他社を利用していない場合最大100万円
他社の利用限度額が50万円最大50万円
他社の利用限度額が100万円借り入れ不可

総量規制では年収の3分の1を超える金額を借り入れることができないように決まっていますが、年収が90万円あるからといって必ず30万円を借り入れることができるとは限らない点は留意しておきましょう。

カードローン会社は、年収に加えて、申込者の雇用形態や、現在勤めている会社の勤続年数など様々な項目を審査しています。

あくまで30万円を借り入れる基準を満たすためには、年収が90万円以上必要であるという点が重要です。

他社借り入れに銀行カードローンからの借入額が含まれる

カードローンの申し込み時には、これから申し込みをするカードローン以外での借り入れがないかを確認するために、他社借り入れを申告する必要があります

他社借り入れを申告する必要がある理由としては、総量規制に違反しないかを確認する必要があるためです。
この際に申告すべき他社借り入れには、銀行カードローンからの借り入れが含まれることがあります

今回ご紹介したカードローン会社で申告すべき他社借り入れをご紹介します。

カードローンプロミスアイフルアコム
クレジットカードの
ショッピング枠
申告不要申告不要申告不要
銀行カードローン申告不要要申告申告不要
住宅ローン申告不要申告不要申告不要
自動車ローン申告不要申告不要申告不要

今回ご紹介したカードローンの中では、アイフルが唯一他社借り入れとして銀行カードローンを申告すべき消費者金融となっております。

つまり、アイフルで借り入れられるのは、銀行カードローンも含めた年収の3分の1までの金額となっています。

既に銀行カードローンからの借り入れがあり、アイフルの利用を検討している方は、ご自身の年収が借り入れ額の総額の3分の1を超えるかどうか確認するようにしましょう。

希望の利用限度額は50万円未満の金額で提出する

消費者金融の申し込みフォームでは、希望する利用限度額を入力します。
利用限度額の上限を入力することもできますが、30万円以上の利用を予定していないのであれば、希望は30万円までにしましょう。

利用限度額が高くなるほど利用者に返済するための収入が求められるため、利用限度額に見合う収入がないと審査に通過することができません。

また、カードローンでは、利用限度額が50万円を超える場合の審査では収入証明書の提出が義務付けられています。

収入証明書として提出できる書類は、カードローン会社にて細かい点は異なりますが、例は下記の通りとなっています。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書

これらの書類は本人確認書類とは異なり、すぐに準備することが難しい方も多いでしょう。
そのため、準備に日数が必要となり、即日では30万円を借り入れることが困難になり兼ねません。

なるべく審査に通過できるため、そして即日融資で借り入れるためにも希望の利用限度額は30万円で提出するようにしましょう。

必ず30万円借り入れられるとは限らない

ご自身の収入が90万円を超えており、利用の希望限度額を30万円で提出すれば必ず30万円を借り入れることができるかというと、決してそんなことはありません。

他社借り入れがない前提で、収入が90万円を超えることと、希望の利用限度額を50万円未満で提出することは30万円を即日で借り入れるための最低限の条件です。

審査中にカードローン会社が、申込者に30万円を融資したとしても返済ができないと判断した場合、利用限度額が30万円未満となってしまう可能性があります。

短期間で返済する場合は毎月の返済額の負担が大きい

カードローンの返済は毎月行う必要があり、返済額は借り入れ額や返済回数に応じて決められています。

30万円の借り入れは決して少額ではないため、毎月の返済額も高額となり兼ねません。
実際に実質年利18.0%で30万円の借り入れをした場合、毎月の返済額がいくらになるのかをご紹介します。

返済回数はそれぞれ12回(1年で返済)、24回(2年で返済)、36回(3年で返済)の3パターンをご紹介します。

返済回数毎月の返済額(円)
12回27,503
24回14,977
36回10,845

3年かけて返済を行ったとしても毎月最低でも1万円以上の返済を行う必要があります。
なるべく利息の支払いを軽減するためには、返済期間を短く設定することは大事ですが、ご自身の収入と普段の出費から無理のない返済計画を立てるようにしましょう

参考までに、各返済回数での返済シミュレーションをご紹介します。
毎月の返済額の内訳や、借入残高がどのように減っていくのかなどを知りたいという方は、ぜひご覧ください。

返済回数12回(1年)
返済回数(回目)返済金額(円)元金返済額(円)利息返済額(円)借入残高(円)
127,50323,3034,500276,997
227,50323,3494,154253,648
327,50323,6993,804229,949
427,50324,0543,449205,895
527,50324,4153,088181,480
627,50324,7812,722156,699
727,50325,1532,350131,546
827,50325,5301,973106,016
927,50325,9131,59080,103
1027,50326,3021,20153,801
1127,50326,69680727,105
1227,50327,0974068
138800
総額330,044300,00030,044
返済回数24回(2年)
返済回数(回目)返済金額(円)元金返済額(円)利息返済額(円)借入残高(円)
114,97710,4774,500289,523
214,97710,6354,342278,888
314,97710,7944,183268,094
414,97710,9564,021257,138
514,97711,1203,857246,018
614,97711,2873,690234,731
714,97711,4573,520223,274
814,97711,6283,349211,646
914,97711,8033,174199,843
1014,97711,9802,997187,863
1114,97712,1602,817175,703
1214,97712,3422,635163,361
1314,97712,5272,450150,834
1414,97712,7152,262138,119
1514,97712,9062,071125,213
1614,97713,0991,878112,114
1714,97713,2961,68198,818
1814,97713,4951,48285,323
1914,97713,6981,27971,625
2014,97713,9031,07457,722
2114,97714,11286543,610
2214,97714,32365429,287
2314,97714,53843914,749
2414,97014,7492210
総額359,441300,00059,441
返済回数36回(3年)
返済回数(回目)返済金額(円)元金返済額(円)利息返済額(円)借入残高(円)
110,8456,3454,500293,655
210,8456,4414,404287,214
310,8456,5374,30818,077
410,8456,6354,210274,042
510,8456,7354,110267,307
610,8456,8364,009260,471
710,8456,9383,907253,533
810,8457,0433,802246,490
910,8457,1483,697239,342
1010,8457,2553,590232,087
1110,8457,3643,481224,723
1210,8457,4753,370217,248
1310,8457,5873,258209,661
1410,8457,7013,144201,960
1510,8457,8163,029194,144
1610,8457,9332,912186,211
1710,8458,0522,793178,159
1810,8458,1732,672169,986
1910,8458,2962,549161,690
2010,8458,4202,425153,270
2110,8458,5462,299144,724
2210,8458,6752,170136,049
2310,8458,8052,040127,244
2410,8458,9371,908118,307
2510,8459,0711,774109,236
2610,8459,2071,638100,029
2710,8459,3451,50090,684
2810,8459,4851,36081,199
2910,8459,6281,21771,571
3010,8459,7721,04361,799
3110,8459,919,2651,880
3210,84510,06777841,813
3310,84510,21862731,595
3410,84510,37247321,223
3510,84510,52731810,696
3610,84510,68516011
37111100
総額390431300,00090,431

在籍確認が申し込み当日に取れなければならない

在籍確認とは、申込者が申し込み時に提出した勤務先に本当に働いているのかを確認する手続きのことです。

基本的にカードローン審査における在籍確認は、勤務先への電話連絡で行われます。

土日祝日にお金が必要なときに、勤務先は休日で無人という方も多いでしょう。
この場合、電話での在籍確認が取れないため、勤務先の次の営業日までカードローンの審査がストップしてしまいます。

こうなってしまうと即日に30万円を借り入れることができなくなってしまいます。
もし、土日は勤務先が休みの場合は在籍確認の電話連絡を他の方法で代替できるカードローン会社のアイフル、またはSMBCモビットへの申し込みをオススメします。

絶対に手を出してはいけない30万円の借り入れ手段

絶対に手を出してはいけない30万円を借入の手段

いざ30万円を即日で借り入れる必要がある場合、焦りから手段を選んでいる時間がないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、このときとりあえず30万円を借り入れた場合、犯罪に巻き込まれてしまうリスクや、違法な行為に手を出してしまう可能性があります。

そここでは30万円を借りるとなった時に絶対に手を出していけない手段について紹介していきます。

闇金・ソフト闇金

闇金やソフト闇金とは、違法で融資を行っている業者のことを指します。

合法な貸金業者であれば、出資法で年利の上限が20.0%と定められています。
しかし、闇金やソフト闇金は7日で20%、10日で30%という法外な金利を設定していることに加えて、返済時の手数料として数千円を請求しています。

闇金はホームページ等で審査なしで申し込めるや、ブラックリストでも申し込めるといった方法で甘い言葉でお金をだまし取ろうとします。

また、お金をだまし取るだけでなく、ご自宅や職場への執拗な取り立てを行うこともあるため、1度闇金に手を出してしまうと、手を出す前の日常を取り戻すことが非常に困難となってしまいます。

個人間融資

個人間融資とは、個人でのお金の貸し借りのことを指し、TwitterなどのSNSや5chなどのインターネット掲示板で広がっていています。

個人間融資では、闇金のように法外な金利での貸し付けを行っているだけでなく、有利な立場を利用して、利用者に対して性的行為や、犯罪行為への加担の強要を行っています。

特に女性が気を付けたいのは、高金利でお金を貸し付ける際に性的行為を求める「ひととき融資」と言われる融資方法です。

ひととき融資では、高金利で貸し付けを行うことで返済が難しい状況を作りだし、返済までの期間中ずっと肉体関係を強要する事例がほとんどです。

また、返済期間中の行為中の動画や画像が撮影されてしまった場合、返済後もそれらを脅迫材料として利用して肉体関係を継続して求める事例も発生しています。

高金利での貸し付け、性的行為の強要はいずれも違法行為に当たるため、利用は絶対にしてはいけません。

クレジットカードショッピング枠の現金化

クレジットカードには買い物の時に利用することができる「ショッピング枠」と、カードローンのようにカードを使って現金を借りることができる「キャッシング枠」の2つの機能があります。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を以下の2つの方法を利用して現金を得るという行為となっています。

買取方式換金率の高いブランド商品などを
クレジットカードで購入し、
それを買取業者に売却することで換金を行う。
キャッシュバック方式クレジットカードの現金化を行っている業者から
安い商品を高額で購入し、
本来の価格との差額を業者から受け取る。

これを一度利用してしまうと、利用者に大きなリスクが伴います。
まず最初に、現金化では買取業者が得をするだけのサービスとなっているため、通常にクレジットカードを利用するよりも圧倒的に損をしています。

また、現金化が発覚した場合、クレジットカード会社から利用停止、解約、そして利用している金額の一括返済を求められてしまう可能性があります。

現金をなるべく早く用意したいという方は、カードローンなどの方法を利用するようにしましょう。

給与ファクタリング

給与ファクタリングとは、個人が受け取る予定の給料を給料日前に買い取るサービスです。
具体的には、15万円を先に借り入れ、後ほど受け取る予定の給料20万円(5万円は手数料として請求)で返済するという仕組みです。

この借入方法も実施している業者が闇金であるため、絶対に利用してはいけません。
例として紹介したように高額の手数料が請求されるだけでなく、年利で数百%∼数千%の高額な手数料を追加で請求される事例もあります。

消費者金融以外で30万円を借り入れる方法を紹介

ここでは、消費者金融以外で30万円を借り入れることができる方法について紹介していきます。

銀行カードローン

銀行カードローン金利(実質年利)
三井住友銀行
カードローン
4.0~14.5%
みずほ銀行
カードローン
2.0~14..0%
楽天銀行
スーパーローン
1.9~14.5%

1つ目の方法として紹介するのは、銀行カードローンです。
銀行カードローンは残念ながら、最短でも申し込みの即日での融資となっているため、即日融資に対応していません。

ただし、銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いため、利息の支払いを軽減できるという大きなメリットがあります。

参考として、銀行カードローン3社の金利を上記でご紹介しています。

銀行カードローンと消費者金融の上限金利を比較すると、今回ご紹介した消費者金融の上限金利が17.8%と18.0%であったため、約4.0%もの差があることがお分かりいただけます。

もし、即日融資でなくても銀行カードローンの利用を検討したいという場合は、下記の記事もあわせてご覧ください。

おすすめの銀行カードローン5社をご紹介しています。

目的別ローン

  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • ブライダルローン
  • カメラローン

目的別ローンとは、使い道が自由であるカードローンとは異なり、上記の例のように定められた使い道としてお金を借り入れるローンのことを指します。

もし、30万円の使い道がすでに決まっているのであれば、目的別ローンの利用がオススメです。

目的別ローンは、その名の通り利用目的が限定されているため、カードローンと比較して金利がかなり低く設定されています。

目的別ローンの注意点は、目的に該当する商品やサービスを利用したかどうかを証明するための書類が必要であることです。
見積書や注文書、領収書などを提出できるように処分しないようにしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには、ショッピングとキャッシングの2つの機能が備わっています。

ほとんどの方であれば、ショッピングとしてクレジットカードを利用していますが、ショッピング機能も付与している場合、カードローンのようにクレジットカードで借り入れをすることができます

また、既にキャッシング機能が備わっている場合であれば即日での借り入れが可能です。
キャッシング機能が備わっていない方の場合は、審査を受ける必要があるため、即日でのご利用は出来ません。

キャッシング機能を付けるための審査には、1週間程度の時間が必要になります。

場合によっては、銀行カードローンよりも時間を有することもあるので、クレジットカードで借り入れをする場合は、そちらも留意した上で審査を受けるようにしましょう。

生活福祉資金貸付

総合支援資金種類貸付限度額据置期間償還期限
(返済期限)
貸付利子保証人
保証人有保証人無
生活支援費生活再建までの間
に必要な生活費用
月20万円以内(2人以上)
月15万円以内(単身)
最終貸付日から
6ヶ月以内
据置期間経過後
10年以内
無利子年1.5%原則必要
住宅入居費敷金礼金等住宅の
賃貸契約を結ぶために
必要な費用
40万円以内貸付日の日から
6ヶ月以内
据置期間経過後
10年以内
無利子年1.5%原則必要
一時生活再建費生活を再建するために
一時的に必要かつ
日常生活費で賄うことが
困難である費用
60万円以内貸付け日の日から
6ヶ月以内
据置期間経過後
10年以内
無利子年1.5%原則必要

上記の表で紹介している生活福祉資金貸付とは、以下のような方々に向けて、国からお金を借り入れることができる制度のことを指します。

  • 低所得者世帯(民間の金融機関では借り入れられない世帯)
  • 障害者世帯(身体障がい者手帳などの交付を受けた人が属している世帯)
  • 高齢者世帯(65歳以上の高齢者が属している世帯)

国から借り入れをする場合、金融機関から借り入れるよりもかなり時間がかかり、1ヶ月程度は見積もっておく必要があります。

下記のリンクから、生活福祉資金貸付制度について、より詳しくご覧いただけます。

国の教育ローン

国の教育ローンは、高校や大学などに入学・在学の学生の保護者に対して融資を行う制度となっており、住所地の政策金融公庫が窓口となります。

学生1人につき350万円を上限(特定の条件を満たせば450万円)として、以下のような利用目的としてお金を借りることができます。

  • 入学金や授業料などの学校納付金
  • 受験料や受験時の交通費や宿泊費
  • 引っ越し代や敷金礼金などの一人暮らし費用
  • 学生の国民年金保険料
  • その他教材費や修学旅行費など

国の教育ローンが24時間365日いつでもインターネットから申し込みを行うことができます。

金利は固定で年1.7%となっているため、子どものために借り入れをしようと考えているのであれば、この制度を利用することをオススメします。

ただし、借り入れまでにかなり時間が必要なので、お金が必要になる時期から3ヶ月程度前に申し込みましょう。

下記のリンクから国の教育ローンについて、より詳しくご覧いただけます。

ライフコース別で30万円の借り入れについて解説

  • 専業主婦の方
  • 無職・ニートの方
  • 学生の方
  • 未成年の方
  • 年金受給者の方

ここでは、上記のようにライフスタイルや、状況に応じて30万円を借り入れる際のポイントや注意点についてご紹介していきます。

もし、ご自身の状況に該当するものがあるようであれば、参考にしてみてください。

専業主婦の場合

専業主婦の場合、収入の有無で借り入れの方法が異なりますが、今回は収入がない専業主婦の方のみに焦点を当ててご紹介していきます。

収入がない専業主婦が30万円を借り入れる方法は主に2つです。

  • 専業主婦でも借り入れ可能な銀行カードローン
  • 一部の貸金業者による配偶者貸付

ほとんどのカードローン会社では、収入がない方への融資は行っていない中、一部の銀行カードローンでは専業主婦への貸し付けを行っています。

ただし、場合によっては利用限度額が30万円未満となってします可能性があります。

また、配偶者貸付とは、配偶者の年収とあわせて年収の3分の1まで借り入れできる制度となっています。
大手消費者金融では配偶者貸付を行っていませんが、一部のレディースキャッシングであれば借り入れすることができます。

下記の記事では、専業主婦の方が利用できるカードローンについてより詳しく紹介しています。
今回は収入がない方のみに対しての紹介となりましたが、収入がある方へオススメのカードローンも紹介しています。

無職やニートの場合

無職やニートの方に関しては、収入が一切ないようであれば30万円を借りることは非常に厳しいです。

その理由として、カードローンの利用条件では、申込条件として安定した収入が定められているからです。
ほとんどの無職やニートの方の場合、この条件を満たすことが困難であることがほとんどです。

裏を返せば、アルバイト等で収入を得ることができればカードローンの利用条件を満たすことができます
アルバイトを始める際の注意点としては、日雇いや単発のアルバイトの場合、安定した収入であると認められない可能性があります。

下記の記事では、無職やニートの方のカードローン利用についてより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

学生の場合

学生の場合は年齢が20歳以上でありアルバイト等で毎月しっかりと収入を得ていれば、カードローンの利用を行うことができます。

カードローンを利用する際には、30万円を借り入れるためには年収が90万円以上必要であることは念頭に置いておきましょう。

ただし、銀行カードローンでは学生自体の利用ができない可能性があるため、学生が利用できるカードローンを選んで申し込みを行いましょう。
今回ご紹介した消費者金融であれば、利用条件を満たしている学生の利用ができます。

また、選択肢としては学生ローンへの申し込みを行うこともできます
学生ローンについてより詳しく知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

未成年の場合

未成年の場合、30万円を借り入れることはほぼ不可能です。

学生ローンは18歳の方も利用することができますが、借り入れられることができてもおそらく10万円程度となってしまうため、オススメはできません。

クレジットカードのキャッシング枠についても、「18歳以上・親の承諾あり」という2つの条件を満たしても年齢の理由から10万円程度しか借り入れることができません。

もし、未成年の方で30万円を借りたいというのであれば、ご自身でアルバイト等をする、ご両親から借りるなどの方法で対応するようにしましょう。

未成年の方がカードローンを利用できないより詳しい内容については、下記の記事で紹介しています。

年金受給者の場合

  • 保険会社の契約者貸付(生命保険へ加入していれば利用可能)
  • リバースモーゲージ(不動産を所有していれば利用可能)

年金受給者の場合、カードローンが定める年齢制限を満たすことができないことが多いため、上記の2つ方法で借り入れるようにしましょう。

この中で最も早く借り入れできる可能性があるのは契約者貸付ですが、利用後の受給金額が低下がってしまうデメリットがあります。

リバースモーゲージとは、居住用不動産を担保に融資を受ける制度のことを指します。
これを利用した時に融資してもらえる金額は、月30万円以内となっています。

利用者の死亡または、貸付元利金が限度額に達するまでは原則として3ヶ月ごと融資してもらうことができ、相続対策としても利用されています。

30万円を即日で借り入れるなら消費者金融

今回、30万円を即日で借り入れるための方法について、ご紹介してきた内容をおさらいしていきましょう。

  • 30万円を即日で借り入れるなら消費者金融を利用する
  • 30万円を即日で借りるためには、以下のポイントに注意する必要がある
    • ご自身の年収が90万円以上あること
    • 他社借り入れに含まれる借り入れを確認する
    • 希望の利用限度額は50万円以下で提出
    • 100%万円を借り入れられるとは限らない
    • 短期間での返済は返済額が高額
    • 在籍確認を当日中に終える
  • 闇金や、個人間融資といった借り入れは絶対にしてはいけない
  • 消費者金融以外での借り入れ方法は、基本的に即日融資を行っていない

どうしても即日で30万円を借り入れたいというのであれば、消費者金融を利用しましょう。
ただし、消費者金融でも特徴が異なるため、ご自身にあうカードローンがどれかを比較、そして検討してみてください。

また、30万円の借り入れは決して少額ではなく返済の負担が大きいため、返済のシミュレーションをしっかり行ってから借り入れをするようにしましょう。
ご自身の状況に応じて、長期間の返済も視野に入れることも重要です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事の監修者

竹下 昌成

たけした あきなり

竹下 昌成

「お金は誰から、どこから借りるのか?」将来の自分からです。
信用できる自分を目指しましょう。人生でかかるお金はある程度決まっています。
予想できることは予め準備しましょう。
キャッシュレスの普及、成人年齢の引き下げ、回復しないうえに新型コロナで打撃を受けた景気。
社会にはいろいろな予想できない変化も起こります。
そのためにもお金のことを知っておきましょう。
銀行、リース・クレジット会社で勤務した経験、住宅メーカーFPとして相談に乗った経験、個人で通算5億円を借入した経験をもとに監修させていただきます。