転職エージェント

20代の転職に強い転職エージェント比較!経歴別おすすめ転職転職エージェントを紹介

20代 転職エージェント

今や理想の転職するためには20代からでも転職エージェントの利用は必須です。

以前は「20代若手は転職サイトを利用」「30代以降のキャリアアップは転職エージェント」というイメージもありましたが、最近は「20代に強い転職エージェント」が増えてきています。

20代のはじめての転職こそ転職活動をしっかりサポートしてくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

実際に「転職エージェントを利用したことのある人200人」にアンケート調査も実施。

転職エージェント利用者調査※「実際に転職エージェントを利用したことのある人200人に調査(クラウドワークスにて2020年7月に調査)

この記事では転職エージェントを20社を徹底比較し「20代におすすめの転職エージェント」をご紹介していきます。

 

この記事で伝えたいこと
  • 転職エージェントの選び方
  • 20代向けおすすめの転職エージェント
  • 転職エージェントの活用方法
Contents
  1. 20代におすすめの転職エージェントの選び方
    1. 20代向け転職エージェントの種類
    2. まずは「総合型転職エージェント」から1〜2社程選ぶ
    3. 次にあなたの希望やスキルに合う転職エージェントを追加で選ぶ
    4. 転職エージェントは【無料】がほとんど!複数併用もOK!
  2. 20代におすすめの総合型転職エージェント比較
    1. マイナビエージェント
    2. リクルートエージェント
    3. doda
  3. キャリアアップを目指す20代におすすめの転職エージェントを比較
    1. ビズリーチ(※有料プランあり)
    2. JACリクルートメント
  4. 第二新卒におすすめの転職エージェントを比較
    1. ウズキャリ
    2. 第二新卒エージェントneo
    3. マイナビジョブ20’s
  5. 既卒・正社員未経験からの就職を目指す20代におすすめの転職エージェントを比較
    1. ハタラクティブ
    2. ジェイック
    3. 就職Shop
  6. 20代向け転職エージェントを利用して転職活動をするときの流れ
    1. STEP1:転職エージェント2社以上登録する
    2. STEP2:それぞれの転職エージェント担当者の面談を受ける
    3. STEP3:担当者との相性のいい転職エージェントに絞り、転職活動を進める
    4. STEP4:担当者のアドバイスを受けながら応募書類作成や面接対策を行う
    5. STEP5:内定・入社まで
  7. 20代の転職で転職エージェントを効果的に活用するための5つのポイント
    1. 転職エージェントと連絡はマメにしよう
    2. 転職の意志・希望を担当者にはっきり伝えましょう
    3. 転職エージェントの担当者との相性が悪いときは「変更」も可能
    4. 複数の転職エージェントから1つの求人に応募しないこと
    5. 当然、経歴やスキルの嘘・盛り過ぎは絶対NG
  8. 20代の転職に強い!転職エージェント比較 まとめ
  9. おすすめの20代向け転職エージェント比較一覧

20代におすすめの転職エージェントの選び方

20代の転職といっても、すでに一人ひとりいろんなキャリアがあります。

  • 入社3年目〜5年目で一通り一人で仕事をこなせる20代
  • 20代ながらチームを持ちマネジメント経験のある人
  • さらにはプロジェクト成功させたことのある20代
  • 入社3年未満で辞めてしまった第二新卒
  • 高校・大学を卒業したものの正社員として就職していない既卒20代

 

このように同じ20代でもキャリア・経験が異なります。

キャリア別に自分に合った転職エージェントを選びましょう。

20代向け転職エージェントの種類

この記事では20代向け転職エージェントを4つに分類してご紹介しています。

  1. 総合型転職エージェント・・・「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」といったさまざまな年代・キャリア・職種に対応した大手転職エージェント
  2. 第二新卒向け転職エージェント・・・「マイナビ20s」「転職エージェントneo」
  3. 既卒・正社員未経験向け転職エージェント・・・「ハタラクティブ」「JAIC」「就職Shop」
  4. 年収600万円向けハイクラス転職エージェント・・・「ビズリーチ」「JACリクルートメント」

 

同じ20代の転職でも自分に合った転職エージェントを探しましょう。

まずは「総合型転職エージェント」から1〜2社程選ぶ

総合型転職エージェントは20代からの転職も幅広く対応しています。

総合型転職エージェントでは紹介企業数も多く転職の選択肢が広がります。また転職カウンセラーの人数も多くサポートが充実しており、面接対策や応募書類添削も行ってくれます。

まずは総合型転職エージェントから1〜2社選んで登録しましょう。

次にあなたの希望やスキルに合う転職エージェントを追加で選ぶ

総合転職エージェントを選んだら次は自分のキャリアに応じて追加の転職エージェントを選びましょう。

  • 入社3年未満で退職・転職活動を考えている20代は「第二新卒に強い転職エージェント」
  • また既卒で正社員経験がない20代は「既卒・正社員未経験向け転職エージェント」
  • 20代ながら年収600万円以上、チームマネジメント経験がありさらなるキャリアップを目指したいという方は「ハイクラス向け転職エージェント」

 

転職エージェントは【無料】がほとんど!複数併用もOK!

転職エージェントの利用は原則無料です。

そのため転職エージェントは1社だけではなく2社、3社同時に利用して転職を成功させている方が多いのです。

今回ご紹介した「ビズリーチ」では有料プランもあります。有料プランでは「全スカウトの閲覧・応募・ヘッドハンターへの相談」などが可能です。

例:ビズリーチ「タレント会員」30日間コース 3,278円(税込)

https://www.bizreach.jp/pages/service/welcome/より2020年7月時点)

 

気になる転職エージェントがあれば積極的に申し込んで、複数利用した上で1社、2社に絞っていくのがおすすめです。

20代におすすめの総合型転職エージェント比較

ここからは20代向けおすすめの転職エージェントを比較ご紹介します。

まずは総合型転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント引用元:マイナビエージェント公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 非公開求人が約80%
拠点・支店 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡
サポートの特徴 求人紹介、応募書類添削、模擬面接、年収交渉、入社日調整
編集部おすすめ度

https://mynavi-agent.jp/より 2020年7月時点)

https://mynavi-agent.jp/より 2020年7月時点)

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント引用元:リクルートエージェント公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 20万件以上
拠点・支店 北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡
サポートの特徴 求人紹介、応募書類添削、面接対策、内定、入社、退職交渉まで
編集部おすすめ度

https://www.r-agent.com/より 2020年9月時点)

https://www.r-agent.com/より 2020年9月時点)

 

 

doda

doda

引用元:doda公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 約10万件
拠点・支店 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡
サポートの特徴 求人紹介、応募書類添削、面接アドバイス、内定後の入社日調整、年収交渉など
編集部おすすめ度

https://doda.jp/consultant/より 2020年7月時点)

https://doda.jp/consultant/より 2020年7月時点)

 

 

キャリアアップを目指す20代におすすめの転職エージェントを比較

20代でマネジメント経験者や、経験を積んだ開発エンジニアで年収600万円以上を目指すなら「ハイクラス向け転職エージェント」を利用しましょう。

おすすめはこちらの2社です。

ビズリーチ(※有料プランあり)

ビズリーチ引用元:ビズリーチ公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 公開求人95,000件
拠点・支店 全国(ヘッドハンターが全国4,600人在籍)
サポートの特徴
  • ヘッドハンターによるスカウト、求人紹介・転職・面接日調整、入社条件交渉
  • 直接企業への応募も可能
編集部おすすめ度

https://www.bizreach.jp/より 2020年9月時点)

https://www.bizreach.jp/より 2020年9月時点)

ビズリーチ料金表(求職者側)

スタンダードステージ プレミアムステージ
30日間コース
ハイクラス会員 無料 3,278円(税込み)
タレント会員 無料 5,478円(税込み)

https://www.bizreach.jp/pages/service/welcome/より2020年9月時点)

 

 

JACリクルートメント

JACリクルートメント引用元:JACリクルートメント公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 非公開求人が60%
拠点・支店 東京、埼玉、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、広島
サポートの特徴 求人紹介、レジュメ添削、面接対策、面接日調整、年収交渉、円満退職に向けたアドバイス
編集部おすすめ度

http://www.jac-recruitment.jpより 2020年7月時点)

http://www.jac-recruitment.jpより 2020年7月時点)

 

 

第二新卒におすすめの転職エージェントを比較

入社3年未満で退職した「第二新卒」の転職支援に強い向けの転職エージェントもあります。

20代の若手人材を求めている優良企業はたくさんありますので第二新卒向け転職エージェントも活用してきましょう。

ウズキャリ

ウズキャリ引用元:ウズキャリ公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 未経験OKの求人含め登録企業数は1,500社以上
拠点・支店 東京、神奈川、大阪
サポートの特徴 キャリアカウンセラーとの面談、面接トレーニング、書類添削、面接後のフィードバック、入社日調整、雇用条件交渉
編集部おすすめ度

https://uzuz.jpより 2020年7月時点)

https://uzuz.jpより 2020年7月時点)

 

 

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo引用元:第二新卒エージェント公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 求人件数12,000件以上
拠点・支店 東京、愛知、大阪、福岡
サポートの特徴 キャリアアドバイザーによる個別の就職相談、履歴書・職務経歴書の添削、未経験OKの正社員求人のご紹介など
編集部おすすめ度

https://www.daini-agent.jp/より 2020年7月時点)

https://www.daini-agent.jp/より 2020年7月時点)

 

 

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブズ20引用元:マイナビジョブ20’s公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 20代向け求人1,500件以上
拠点・支店 東京、神奈川、愛知、大阪
サポートの特徴 個別カウンセリング、適性診断、求人紹介、書類添削・面接対策・面接日調整・入社交渉など
編集部おすすめ度

https://mynavi-job20s.jp/より 2020年7月時点)

https://mynavi-job20s.jp/より 2020年7月時点)

 

 

既卒・正社員未経験からの就職を目指す20代におすすめの転職エージェントを比較

大学・専門学校・高校を卒業したものの一度も就職経験のない20代の方向けの転職エージェントもあります。

不安なビジネスマナーから研修を行っていますので正社員未経験者は相談してみましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ引用元:ハタラクティブ公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 未経験OK求人2,300件以上
拠点・支店 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡
サポートの特徴 求人紹介、カウンセリング、企業選び、書類・面接対策、面接日調整
編集部おすすめ度

https://hataractive.jp/より 2020年7月時点)

https://hataractive.jp/より 2020年7月時点)

 

 

ジェイック

ジェイック引用元:ジェイック公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など)
拠点・支店 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫、福岡
サポートの特徴 就職講座(ビジネスマナー、自己分析、企業分析)求人紹介、応募書類添削、面接対策、入社後もサポート有り
編集部おすすめ度

https://www.jaic-college.jp/より 2020年7月時点)

https://www.jaic-college.jp/より 2020年7月時点)

 

 

就職Shop

就職Shop引用元:就職Shop公式サイトより

項目名 内容
求人数(非公開求人数など) 累計8,500社から紹介
拠点・支店 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫
サポートの特徴 求人紹介、面接対策・セミナー
編集部おすすめ度

https://www.ss-shop.jp/より 2020年7月時点)

https://www.ss-shop.jp/より 2020年7月時点)

 

20代向け転職エージェントを利用して転職活動をするときの流れ

効率よく転職エージェントを利用して転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

STEP1:転職エージェント2社以上登録する

まずは大手総合型転職エージェントに登録しましょう。

20代におすすめの大手総合型転職エージェントはこの3社です。

この3社は人材紹介サービス業界でも実績があります。まずは1〜2社登録しましょう。

また、20代後半から年収600万円以上のハイクラスを目指すかたは追加で「20代向けハイクラス転職エージェント」の登録もおすすめです。

ハイクラス転職エージェントでおすすめはこちらの2社です。

 

入社3年未満で退職・転職を考えているなら「第二新卒向け転職エージェント」に登録しましょう。

 

もし職歴なし・フリーター・正社員未経験の方の場合は、特化型の転職エージェントへ登録しましょう。

 

はじめての就職活動でもビジネスマナーから履歴書の書き方、面接の基本までしっかりとサポートしてくれます。

STEP2:それぞれの転職エージェント担当者の面談を受ける

転職エージェントへ登録したら実際に面談を受けます。転職エージェントによっても方針やサポート内容はさまざま。

また担当となるキャリアカウンセラーとの相性も重要です。

実際に会って仕事や転職、今後のキャリアプランについてざっくばらんに相談してみましょう。

オンライン面談や電話面談を行っている転職エージェントもあります。

STEP3:担当者との相性のいい転職エージェントに絞り、転職活動を進める

実際に転職エージェントと面談をしてみて「信頼できる」「自分の転職活動を任せられる」となったら転職活動を進めましょう。

その際も転職エージェント1社だけで決めず2社、3社と比較・検討していきましょう。

転職活動では情報量が重要です。

もし転職エージェントとの面談のときに担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない・紹介された企業が希望と大きく異なる場合は、新しい転職エージェントを追加することも検討しましょう。

STEP4:担当者のアドバイスを受けながら応募書類作成や面接対策を行う

転職エージェントから紹介された企業の中から応募する企業が決まれば、応募書類作成や面接対策を行いましょう。

転職エージェントによっては企業が求めている人材を詳細に把握していますので、どんな応募書類が良いのか・ダメなのか、また面接での注意点など詳細にアドバイスしてくれるところもあります。

STEP5:内定・入社まで

書類選考・面接などの選考過程をすべて終え、無事内定です。

入社が決まった後も、転職エージェントのサポートがあります。

給与・待遇面など条件交渉から退職のタイミングに合わせた入社日の調整も転職エージェント経由で行うことができます。

また転職エージェントでは辞める会社での退職理由・手続き、後任への引継ぎなど、退職に関することも相談にのってもらえます。

 

20代の転職で転職エージェントを効果的に活用するための5つのポイント

20代の転職の場合、「はじめての転職」とう方も多いと思います。

「はじめての転職」「はじめて転職エージェントを利用する」という方に、転職エージェントを効果的に利用する方法をご紹介します。

転職エージェントと連絡はマメにしよう

「仕事しながらの転職活動」となると日中忙しく、転職エージェントからの連絡に対して返信が遅れてしまったりすることがあるでしょう。

また仕事が立て込んでいるとわずらわしく感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし忙しくても転職エージェントからの連絡はとはまめにとりましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーと良好な関係を築くことが、転職エージェントの利用価値を高めるのです。

転職の意志・希望を担当者にはっきり伝えましょう

転職エージェントとの面談する際には「今回の転職理由」「希望の転職先の条件」ついて明確にしておきましょう。

現状の仕事の不満、次の希望条件、将来に夢など転職する理由・目的は様々です。

「本当のこと伝えたら引かれるんじゃないか」「『それはムリです』と断られるのではないか」と心配する必要はありません。

転職エージェントには転職についての正直な気持ちを伝えましょう。

転職エージェントの担当者との相性が悪いときは「変更」も可能

有名大手転職エージェントでも、担当者によってスキルや相性はまちまち。

もし自分の担当者とどうも話が合わない、相性が良くない、ということでしたら担当者変更を伝えることも検討しましょう。

複数の転職エージェントから1つの求人に応募しないこと

転職エージェントは総合型転職エージェント含め複数あります。

転職を成功去るためには情報量が重要です。そのため複数の転職エージェントを上手に使うことで転職成功率を上げることにも繋がります。

ただし注意しなければならないのは、複数の転職エージェントから「同じ求人に応募しない」ことです。

Aという転職エージェント経由で応募して書類で落ちたからと言って、再度Bという転職エージェントで応募し直す、ということは業界ルールとしてもNGです。

企業側の採用の手間になりますし転職エージェントにも迷惑をかけてしまいます。

一度不採用になってしまった企業については一定期間応募できないことを理解しておきましょう。

当然、経歴やスキルの嘘・盛り過ぎは絶対NG

転職エージェントの利用有無に問わず嘘の経歴やまったくできないことを「できる」といったスキルの盛り過ぎは絶対にNGです。

嘘の経歴やスキルで転職すると、結局転職後にバレます。悪質な経歴詐称の場合は懲戒解雇になります。

もちろん「経歴をよりよく見せる」ということは転職では大事なことですので転職エージェントの担当者には正確に経歴・スキルを伝え、書類の書き方や面接での伝え方を相談してみましょう。

転職エージェントならではアドバイスをもらえます。

 

20代の転職に強い!転職エージェント比較 まとめ

20代向けの転職エージェントといっても「総合型転職エージェント」「ハイクラス型転職エージェント」「第二新卒向け転職エージェント」「既卒・正社員未経験向け転職エージェント」とさまざまあります。

自分のキャリアに合った転職エージェントを選んで転職活動を行っていきましょう。

いまや転職で成功するには転職エージェントの活用は必須です。

ぜひ1社だけではなく2社、3社と転職エージェントを比較して自分にあった転職エージェントを見つけてください。

 

おすすめの20代向け転職エージェント比較一覧

●総合型転職エージェント

  1. マイナビエージェント(★)
  2. リクルートエージェント(★)
  3. doda


●ハイクラス20代向け転職エージェント

  1. ビズリーチ(★)
  2. JACリクルートメント(★)


●第二新卒向け転職エージェント

  1. ウズキャリ(★)
  2. 第二新卒エージェントneo
  3. マイナビジョブズ20’s


●既卒・正社員未経験向け転職エージェント

  1. ハタラクティブ(★)
  2. ジェイック
  3. 就職Shop

 

※(★)がそれぞれおすすめの転職エージェントです。
※リンクをクリックすると各転職エージェントの公式サイトへジャンプします。