転職ノウハウ

転職に成功する人12の特徴と転職失敗する人との違いについて

転職に成功する人

転職するからには、転職してよかったと満足したいものですが、実際には転職に成功する人と失敗する人がいます。

転職に成功したければ、成功する人の特徴や失敗する人との違いを理解して参考にしましょう。

この記事では、転職に成功する人の12の特徴を解説します。合わせて転職に失敗する人との違いや転職に成功する人になるための方法も紹介します。

転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

Contents
  1. 転職に成功する人12の特徴
    1. 転職する理由がはっきりしていてブレない
    2. 自己分析をしっかりとして、自分の強みと弱みを明確に把握している
    3. 自分が仕事に求めることは何か、仕事のどんなところにやりがいを感じるのかわかっている
    4. 経験・スキル・実績の棚卸しができている
    5. 希望年収の根拠を具体的に説明できる
    6. 転職の条件を整理して優先順位をつけている
    7. 企業研究や業界研究をしっかりと行なっている
    8. 応募する求人を分析してどんな人材が必要とされているか理解している
    9. 面接対策を入念に行なっている
    10. 言動から謙虚さと自信の両方を感じられる
    11. 内定後に労働条件の確認と交渉をしっかりと行なっているので転職後のトラブルが少ない
    12. 円満退職して転職している
  2. 転職に成功する人は失敗する人とここが違う
    1. 10年後、20年後になっていたい自分の姿を描けている
    2. 転職理由が現実逃避ではない
    3. 応募の際に特定の企業や職種にこだわらない
    4. 企業情報は口コミサイトだけでなく実際に働いている人から情報収集している
    5. 退職や入社の交渉・手続きにもしっかりと取り組んでいる
  3. 転職に成功する人になるためにできること
    1. 将来なりたい自分の姿を常に考えておく
    2. 強み、弱み、経験、実績、スキルを整理してリストアップしておく
    3. 在職中に焦らないで求人を探す
    4. 複数の求人に応募する
    5. 口コミサイトの企業情報は参考程度の利用にしておく
    6. 転職の条件で妥協できるもの譲れないものを決めておく
    7. 「これが最後の転職」とアピールできるような応募書類の作成と面接対策をする
    8. 履歴書と職務経歴書は応募企業ごとに用意する
    9. 転職理由と応募企業への志望動機は具体的なものにする
    10. 内定後の入社条件交渉や退職交渉で手を抜かない
    11. 転職について相談できる人を持つ
    12. 転職活動に行き詰まった時は休養する
  4. まとめ

転職に成功する人12の特徴

怖いと感じない仕事に転職するためにできること

転職に成功する人には、共通する特徴があります。

転職を希望している人は、次に挙げる12の特徴に当てはまるかチェックしてみましょう。

転職する理由がはっきりしていてブレない

転職に成功する人は、なぜ転職するのか理由がはっきりしています。ブレない理由があるため、転職先の選びを失敗しません。

転職する理由がはっきりしていれば、希望条件を満たさない会社を選ぶこともないでしょう。待遇の良さに惑わされ、転職の本来の目的を見失うこともありません。

自己分析をしっかりとして、自分の強みと弱みを明確に把握している

転職に成功する人は、しっかりと自己分析をして、自分の強みと弱みを明確に把握しています。自分の強みが明確に把握できれば、自分のスキルを的確に売り込むことができるでしょう。

また強みと弱みは面接で質問されることが多いため、強みだけでなく弱みを客観的に見つめ、どのように克服したのか説明できるようにしておけば、好印象を与えられます。

自分が仕事に求めることは何か、仕事のどんなところにやりがいを感じるのかわかっている

転職に成功する人は、仕事に求めることや、仕事の何にやりがいを感じるのかはっきりわかっています。

そのため転職先を探すときも目移りすることなく、自分が重視することを満たす会社を見つけられます。

経験・スキル・実績の棚卸しができている

転職に成功する人は、自分の経験やスキル、実績を棚卸しできているので、面接時にどのような分野で活躍できるかアピールできます。

企業が求める人材にマッチしていることや、入社すればどのように貢献できるかということを具体的に説明できるので、他の応募者に差をつけることができるのです。

希望年収の根拠を具体的に説明できる

企業が提示する年収は、スキルや年齢を考慮したうえで、自社の評価制度により算出されます。

もし面接の際に希望年収を聞かれた場合、企業の利益に貢献できるスキルがあれば、高めの希望年収を伝えても問題ありません。

明確な根拠もなく高い年収を希望すれば、「自己評価が高すぎる」「評価制度に合わない」と思われますが、転職に成功する人は、希望年収を算出した根拠を具体的に説明できます。

転職の条件を整理して優先順位をつけている

転職の条件には、業種やポジション、年収、月の残業時間などさまざまなものがあるでしょうが、全てが理想的な仕事を見つけるのは困難です。

転職に成功する人は、転職の条件を整理して、優先順位をつけています。絶対に譲れない条件と、諦めてもよい条件に分けておくことで、満足いく転職先が見つかります。

企業研究や業界研究をしっかりと行なっている

転職に成功する人は、応募前に企業研究をしっかりおこなうため、転職先とのミスマッチがありません。

また異業種に転職する場合は、事前に業界研究をおこない、基礎知識をしっかり頭に入れています。

転職の場合、たとえ未経験の業種でも新入社員のように研修制度が用意されていないケースが多く、業界についての知識があるという前提で即戦力としての活躍が期待されます。転職前に業界の知識を身につけておくことは必須です。

応募する求人を分析してどんな人材が必要とされているか理解している

転職に成功する人は、応募する企業がどのような目的で人材を募集しているか分析しています。

採用ニーズを把握すれば、それに沿ったアピールの仕方ができるからです。

どのような目的で求人を出しているのか背景を分析すれば、志望動機や自己PRなどで求める人材にマッチしたスキルや実績をアピールできます。

面接対策を入念に行なっている

行き当たりばったりの面接では、不採用になる可能性が限りなく高いです。

転職に成功する人は、自己分析や企業研究はもとより、どのような質問をされるか想定して、スムーズに答えられるように回答を準備しています。

事前に入念な準備しておくことで、当日は緊張せずに落ち着いた受け答えができるのです。

言動から謙虚さと自信の両方を感じられる

自分に自信があることは大切なことですが、行き過ぎると傲慢になってしまいます。転職に成功する人は、言動から謙虚さと自信の両方を感じられるという特徴があります。

経験や実績を積むことで自然と自信がつきますが、謙虚さも持ち合わせていれば、わからないことは素直に質問できるため、さらなる成長の余地があるでしょう。

傲慢で生意気な人より謙虚さを持つ人の方が面接担当者にも好印象を与えるため、転職が成功しやすいのです。

内定後に労働条件の確認と交渉をしっかりと行なっているので転職後のトラブルが少ない

第一志望の企業に内定をもらっても、労働条件を確認せずに内定を承諾すれば、転職後に「失敗した…」と後悔する可能性があるでしょう。

転職に成功する人は、内定を承諾する前に必ず労働条件の確認をします。

年収など労働条件の交渉をしたい場合、内定保留中に採用担当者と面談の機会を作ってもらい、希望を伝えます。

内定を承諾する前に労働条件の確認や交渉をしっかり済ませているため、転職後にトラブルが発生することは少ないのです。

円満退職して転職している

転職に成功する人は、前の会社を円満退社しています。

余裕を持ったスケジュールで上司に退職の意思表示をし、退職までの期間は手を抜かずに業務を最優先するため、悪い評判が立つこともありません。

退職が予定通りスムーズに進むため、転職先の入社予定日に支障をきたすこともないのです。

転職に成功する人は失敗する人とここが違う

転職に成功する人は失敗する人

転職に成功する人と失敗する人には、どのような違いがあるのでしょう。違いを比較してみれば、転職を成功させる方法が見つかるはずです。

10年後、20年後になっていたい自分の姿を描けている

転職に成功する人は、10年後や20年後に「どのような仕事をしていたいか」「スキルを持っていたいか」というキャリアプランを立てているので、モチベーションを高く保ちながら仕事に臨めます。

その中でスキルアップのために転職を検討することもあるでしょうが、キャリアプランをしっかり立てて入れば、自分に合う企業が見つかりやすいため、ミスマッチが起こりにくいです。

一方、失敗する人は目先のことしか考えずに転職するため、スキルアップもせず待遇は下がってしまうこともあります。

転職理由が現実逃避ではない

転職に成功する人の転職理由は前向きなものです。

新しい職場で何をしたいかイメージできているため、採用担当者にも好印象を与えるでしょう。

しかし、転職に失敗する人は、「休みが少なすぎる」「給料が少ない」「人間関係が嫌だから」といった現実逃避の理由なので、転職先でも同じような不満が生まれる可能性があります。

新しい職場でどのような仕事がしたいという目標もないため、転職に失敗してしまうのです。

応募の際に特定の企業や職種にこだわらない

転職に成功する人は、本命の企業があったとしても複数の企業に応募します。

本命企業の面接を受ける前に他社の面接を受けておくと、面接に慣れて本命企業の面接では落ち着いて実力を発揮できるでしょう。

また1つの職種・業種にこだわらないため、未経験の職種や業種でも自分の強みを生かせる仕事が見つかる可能性があります。

一方、転職に失敗する人は、特定の企業や職種にこだわりすぎる傾向があります。こだわりが強すぎると転職の選択肢を狭めてしまうため、転職活動が長期に及んでしまうでしょう。

企業情報は口コミサイトだけでなく実際に働いている人から情報収集している

転職に成功する人はOB訪問などを利用して、実際に働いている人から企業情報の収集を行っています。

社内の雰囲気や業務内容など、リアルな話が聞けるので大変参考になるでしょう。一方、転職に失敗する人は、口コミサイトのみで情報収集します。

口コミサイトも参考にはなりますが、円満退社でない人は、会社に悪意を持っているかもしれません。また、口コミの情報自体が古い可能性もあります。

退職や入社の交渉・手続きにもしっかりと取り組んでいる

転職に成功する人は、退職交渉がスピーディーでスムーズです。現在の職場には感謝の気持ちを忘れずに、辞めるまで責任感ある仕事ぶりのため、円満退社につながります。

一方、転職に失敗する人は、入社日が迫っても退職交渉が進まないということも。

ムリのある入社日を設定したり、退職交渉を上司に任せきりになったりすることで、スムーズに辞められないという失敗を招きます。

転職に成功する人になるためにできること

転職に成功する人になるためにできること

転職に成功する人の特徴を解説してきましたが、転職を希望している人は実際にできることから行動しましょう。転職に成功する人になるためにできることを挙げていきます。

将来なりたい自分の姿を常に考えておく

転職に成功する人は、転職の目的がはっきりしています。将来なりたい自分の姿が明確なので、目標に近づくために前向きな転職をするからです。

目標もなしに「○○が嫌だから」という理由で転職すれば、転職先でも不満が見つかります。転職に成功する人になるためには、将来なりたい自分の姿を常に考えておきましょう。

強み、弱み、経験、実績、スキルを整理してリストアップしておく

転職に成功するためには、しっかりと自己分析をして自分の強みや弱み、経験、実績、スキルをリストアップしておきましょう。

書き出して整理しておくことで「自分に合う仕事が見つかりやすい」「面接でアピールしやすい」というメリットがあります。

自分にできることを言語化することで、面接でもスムーズにアピールできるでしょう。

在職中に焦らないで求人を探す

転職する場合、転職先が決まってから退職する方法と、退職してから転職先を探す方法があります。

退職してから転職先を探せば時間的に余裕ができるので転職活動しやすいと考える人もいるでしょうが、実は何かと不利になるので注意が必要です。退職してしまえば収入がなくなるため、転職活動が長引けば妥協してしまい、前職よりも条件面が下がる会社に入社するケースもあります。

また退職してからの転職は、前職でトラブルがあったのではと推測され、書類選考で不利になる可能性もゼロではありません。

在職中に転職活動を始めておけば、収入は確保できるので焦らずに求人を探せます。転職に成功する人になるためには、早めに転職活動を始めて、在職中に転職先を見つけましょう。

複数の求人に応募する

転職に成功するためには、応募先を1社に絞らず、複数の求人に応募しましょう。第一志望の企業の面接の前に他社の面接を経験しておけば、練習にもなります。

また先に他社から内定をもらっていれば、安心して第一志望の面接に臨めるでしょう。

もしかしたら第一志望の企業より自分に合っている企業が見つかるかもしれません。

中途採用は書類選考から数回の面接を経て採用にいたるため、応募してから内定がもらえるまでに時間がかかります。

1つの企業に固執すると、不採用になったときに次の求人を探すところまで後戻りしなくてなりません。

転職活動が長引くと、無収入の期間が長くて生活が厳しくなるだけでなく、書類選考でも不利になることがあります。転職に成功する人になるためには、複数の企業に同時進行で応募しておきましょう。

口コミサイトの企業情報は参考程度の利用にしておく

企業の社員や元社員が投稿できる口コミサイトを閲覧すると、実際に働いたことがある人しか知り得ない企業情報を入手できます。

ただしあくまでも口コミなので、すべてが100%信用できるわけではありません。本人の主観が入るので、信頼性に欠ける口コミが含まれている可能性もあるでしょう。

何年も前に在籍していた人の口コミであれば、現在は参考にならないかもしれません。もちろん有益な情報を得られる可能性もありますが、参考程度の利用にしておくことをおすすめします。

転職の条件で妥協できるもの譲れないものを決めておく

転職先を決めるうえで希望する条件は複数あるでしょうが、すべてを満たす企業を見つけるのは大変かもしれません。

そこで重視したい条件をリストアップし、妥協してもよいものと譲れないものに分類しておきましょう。

絶対に譲れない希望条件を絞ることで、転職先の幅が広がります。多少妥協したとしても、譲れない条件は絶対に重視することで、理想的な転職を叶えることができます。

「これが最後の転職」とアピールできるような応募書類の作成と面接対策をする

転職回数が多い場合、すぐに辞めてしまうのではないかとマイナスイメージを持たれてしまいます。企業は長く働いてくれる人を採用したいため、面接では転職が多い理由を尋ねられるかもしれません。

自らのキャリアプランを考えたうえでの転職であり、転職理由に一貫性があれば納得してもらえるでしょう。短期間で転職を繰り返した場合は、理由をごまかすよりも素直に失敗を認めた方が好印象を持たれます。

「これが最後の転職」という意気込みをアピールする応募書類の作成や面接対策をしておきましょう。

履歴書と職務経歴書は応募企業ごとに用意する

応募する企業によってスキルや実績をアピールするポイントが異なるため、履歴書や職務経歴書は応募企業ごとに用意しましょう。

どの企業にも通用するような履歴書や職務経歴書では企業にアピールできないだけでなく、使いまわしと気づかれマイナスイメージを持たれてしまいます。

転職理由と応募企業への志望動機は具体的なものにする

転職理由や志望動機が曖昧では、説得力に欠けます。

入社して前職の経験を生かせるというのであれば、具体的に理由を述べなくては「ぜひ採用したい」と思われません。

しっかりと企業研究をおこない、入社すれば自分の経験やスキルをどのように生かして貢献できるのか、具体的に伝えましょう。

内定後の入社条件交渉や退職交渉で手を抜かない

内定をもらえると安心しますが、転職に成功するためには内定を承諾する前に入社条件交渉をして希望を伝えておきましょう。

また入社日が決まったのにスムーズに退職できないということがないよう、退職交渉も手を抜かないようにする必要があります。

転職について相談できる人を持つ

転職について悩むときは、相談できる人がいると安心です。しかし、転職の意思が固まる前に上司や同僚に相談すると、噂が広まって仕事がしにくくなる恐れがあります。

転職の妨げになることもありますので、社内の人に相談するのは控えておいた方がよいでしょう。

相談相手として理想的なのは、同じ会社を辞めた同僚や先輩です。転職の成功談や失敗談、役立つアドバイスなどを聞ける可能性が高いでしょう。

転職活動に行き詰まった時は休養する

転職活動は体力的にも精神的にも疲れますので、スムーズに決まらず行き詰まったときは休養をとりましょう。

しっかり睡眠をとり、転職のことを忘れて趣味に没頭すれば、心身ともにリフレッシュできます。元気を取り戻してから転職活動を再開しましょう。

まとめ

転職に成功する人は、しっかりと準備をして転職に臨んでいます。転職の理由が行き当たりばったりでは失敗に終わってしまいますが、転職に成功する人は一貫性のある理由があるため、転職に成功するのです。

転職に失敗すれば、転職を繰り返すことになるため、前より条件がよい会社が見つかりにくくなってしまいます。現在転職を検討している人は「転職に成功する人になるためにできること」をできそうなものから順に実践してみてください。