転職ノウハウ

「仕事が怖い」と不安な日々を送っている人へ正しい対処法を知って不安を小さくしよう

仕事が怖い

「仕事が怖い」と感じると、仕事に行くのが憂鬱になりますね。

仕事が怖いと感じる理由はいくつか考えられますが、無理しすぎると体や心の健康を害してしまう可能性があります。

この記事では、仕事が怖いと感じる原因や対処法を解説します。我慢に我慢を重ねると心身が病む可能性もあるため、仕事への恐怖心を放置せずに対処していく方法を見つけましょう。

Contents
  1. 仕事が怖いと感じる8つの原因
    1. 仕事でミスや失敗するのが怖い
    2. 仕事の内容が自分に合っていないので仕事が怖い
    3. 未経験の仕事で不安だから怖い
    4. 仕事の量が多すぎて終わらないのが怖い
    5. 職場の人間関係が悪いから仕事が怖い
    6. パワハラやセクハラがあるから仕事が怖い
    7. 仕事ができない上司のせいで仕事が怖い
    8. 長時間残業など職場の環境が悪くて仕事が怖い
  2. 仕事が怖いと感じたときに試してみたいこと
    1. 家族、友人、同僚、上司など信頼できる人に相談してみる
    2. 休養をとって心と体を休ませる
    3. 趣味や好きなことに没頭して仕事のことを考えない時間を作る
    4. 適職診断を受けて仕事が自分に合っているかどうか確認してみる
    5. 上司に異動できないか相談してみる
  3. 仕事が怖いから逃げたいと思うのは甘えではないが、注意しておきたいことがある
    1. ストレスで病気になることもあるので逃げ道として転職を考えて良い
    2. 退職する前に次の転職先を見つけておく
    3. うつになる程深刻な場合はすぐに仕事から離れて医者に相談する
  4. 仕事が怖いと感じない仕事に転職するためにできること
    1. 自己分析や職歴・スキルから自分に合う仕事を検討する
    2. 自分は仕事に何を求めているのか再確認してみる
    3. 口コミ情報サイトで興味がある企業の情報収集をする
    4. ブラック企業やホワイト企業のリストを掲載しているサイトをチェックしてみる
  5. まとめ

仕事が怖いと感じる8つの原因

仕事が怖いと感じる8つの原因

仕事が怖いと感じる原因は、仕事内容や自分のスキル不足だけではありません。

人間関係や労働環境などが原因で仕事が怖いと感じることもあるものです。まずは仕事が怖いと感じる原因を突き止めましょう。

仕事でミスや失敗するのが怖い

過去に大きなミスをしてトラウマになっている人や、ミスが続いて上司に叱られた経験がある人は、ミスを必要以上に恐れてしまいます。

「もう2度と失敗できない」と自分にプレッシャーをかけてしまうと萎縮してしまい、さらなるミスを引き起こしてしまうことになりかねません。

細心の注意を払ったつもりなのにミスするようなことがあれば、仕事が怖くなってしまうでしょう。

仕事の内容が自分に合っていないので仕事が怖い

任された仕事が自分の苦手な分野であれば、ミスする可能性が高まります。失敗続きで毎日緊張の連続ということになりかねません。

たとえば人見知りでコミュニケーションに苦手意識を持っている人が営業部に配属されるなどのケースです。

仕事内容に苦手意識があって成果も上がらなければ、上司からは叱られ、ノルマは達成できず、仕事が辛くなってしまうでしょう。さらに顧客からクレームが入るようなこともあれば、仕事が怖くなってしまいます。

未経験の仕事で不安だから怖い

未経験の仕事に就くと、誰でも最初は不安になるものです。慣れていない仕事はミスする可能性が高いため、怖いと感じることもあるでしょう。

わからない仕事を丁寧に教えてくれて、ミスしたときにフォローしてくれる先輩がいれば心強いのですが、未経験でも即戦力を求められると不安で怖くなってしまうでしょう。

仕事の量が多すぎて終わらないのが怖い

自分のキャパを超える仕事を任され、残業や休日出勤も当たり前になれば、ゆっくり休むひまもありません。

次から次に仕事を回され、一向に終わらなければ、逃げ出したくなるような怖さを感じるでしょう。自宅に帰って寝るだけという生活が続けば体力を消耗し、ストレスがたまりすぎて精神的にもまいってしまいます。

職場の人間関係が悪いから仕事が怖い

職場の人間関係が悪いことが原因で、仕事が怖いと感じることもあります。

わからないときに相談する相手もおらず、困っていても誰も助けてくれなければ恐怖を感じてしまうでしょう。

先輩や上司からは厳しく叱られ、同僚からは陰口を言われるような職場では、仕事が怖くなってもしかたありません。

パワハラやセクハラがあるから仕事が怖い

上司から人格を否定されるような叱責を受けたり、セクハラまがいの言動があったりすれば、仕事が怖くなります。

信頼できる上司や相談窓口があればいいのですが、直属の上司のハラスメントに悩んでいたり、相談できる窓口がなかったりすれば、一人で抱え込んでしまうかもしれません。

ハラスメントが横行している職場であれば、出社するのも怖くなってしまうでしょう。

仕事ができない上司のせいで仕事が怖い

仕事ができない上司は部下を育てようという気がなく、指導することもありません。

それなのに部下が失敗したときは、感情的になって激怒します。

また無責任な上司は問題が起こったときに自分が責任を取らず、部下のせいにすることもあるでしょう。

そのような仕事ができない上司の元で仕事をするとどんな責任を押し付けられるかわからないため、怖くなってしまいます。

長時間残業など職場の環境が悪くて仕事が怖い

労働環境が悪い職場は離職率が高いため、常に人手不足となり、いくら働いても仕事が終わりません。

長時間残業や休日出勤は当たりまえで、厳しいノルマを課せられるなど、職場の環境が悪いことで仕事が怖くなることがあります。

仕事が怖いと感じたときに試してみたいこと

仕事が怖いと感じたときに

仕事が怖いと感じているのに「甘えてはいけない」と無理をして一人で抱え込んでいては、体調に悪影響を及ぼす可能性があります。

仕事が怖いと感じたときに試してみたいことを5つ紹介しますので、できることからやってみてください。

家族、友人、同僚、上司など信頼できる人に相談してみる

一人で思い悩むと、どんどんネガティブなことを考えてしまいます。家族や友人など、親身になって話を聞いてくれる人に相談してみましょう。

悩みを聞いてもらうことで、気持ちの整理ができてすっきりするものです。また、仕事とは関係ない相手なら本音で話すことができますし、客観的な意見を聞くことができるので参考になるでしょう。

会社の同僚や上司に相談するのであれば、信頼できる相手を選んでください。同僚に共感してもらえたら、たとえアドバイスはもらえなくても「自分だけではない」ということがわかって気持ちが軽くなります。

上司に話を聞いてもらうときは、親身になって話を聞いてくれる人を選びましょう。

厳しい上司に相談すると、「その程度のことで甘えるな」と返されて、ますます気分が沈むかもしれません。相談するにふさわしい相手かしっかり見極めてから話を聞いてもらいましょう。

休養をとって心と体を休ませる

仕事が怖いと感じるときは、心身が疲れきっている可能性があります。このまま我慢していると不安が強くなり、眠れなくなるかもしれません。

さらにはうつ病になる可能性もあり、長期間の治療が必要になることもあります。元気に働くためには心身の健康が何より大切なので、しっかり休養をとって心と体を休ませましょう。

趣味や好きなことに没頭して仕事のことを考えない時間を作る

仕事が怖いと感じる人は、仕事中でなくてもつい仕事のことを考えて暗い気分になってしまうのではないでしょうか。それでは気が休まるときがありません。

ストレスもたまる一方で、心も体も辛くなってしまいます。せめてプライベートな時間くらいは、仕事のことを考えないようにしておきましょう。

たとえば趣味に没頭したり、好きなことを楽しんだりする時間を作ることで気分転換すればリフレッシュできます。

適職診断を受けて仕事が自分に合っているかどうか確認してみる

「仕事の内容が自分に合っていない」「ミスするのが不安」などの理由で仕事が怖いのであれば、仕事が自分に合っているか確認するために適職診断を受けてはいかがでしょうか。

適職診断によって、自分に向いている職種だけでなく、自分の長所や短所まで明らかになります。

自分では気づかなかった資質を知るきっかけになるかもしれないので、一度試してみることをおすすめします。

上司に異動できないか相談してみる

仕事の内容や職場の環境が原因で仕事が怖いと感じるのであれば、別の部署に異動することで解決するかもしれません。

いきなり退職や転職を決断せずに、異動できないか上司に相談してみましょう。まずは今の会社でできることをやってみてください。

 

仕事が怖いから逃げたいと思うのは甘えではないが、注意しておきたいことがある

まじめで責任感が強い人は、仕事が怖くても「甘えてはいけない」と思い、休むこともできないのではないでしょうか。

仕事が怖くて逃げたくなるのは甘えではありません。しかし、安易に退職や転職を考えると失敗することもありますので、注意しておきたいことがあります。

ストレスで病気になることもあるので逃げ道として転職を考えて良い

「仕事を辞めてはいけない」と思い、怖い気持ちを押し殺して無理すると、ストレスがたまりすぎて病気になる可能性があります。

労働環境が悪すぎる場合、改善する見込みがないのであれば、我慢して働いても体を壊す可能性が高いです。

毎日恐怖を感じながら仕事を続けるより、転職した方が心身の健康のためにもよいでしょう。「いざとなれば転職できる」と逃げ道を自分に許すことも大切です。

退職する前に次の転職先を見つけておく

転職を決めたなら、退職する前に次の転職先を決めておきましょう。

先に退職すると収入が途絶えるため、スムーズに転職先が見つからなければ生活に困ります。貯金を切り崩しながら生活しなくてはならないため、「とにかく仕事を見つけなくては」という焦りから妥協して転職先を選ぶことになりかねません。

また、転職先がなかなか見つからなければ、職歴のブランクが長くなることで不利になる可能性もあります。

不採用が続けば冷静な判断ができなくなり、転職に失敗する可能性が高まります。転職先で同じ思いを味合わないためにも、退職前に次の転職先を見つけておきましょう。

うつになる程深刻な場合はすぐに仕事から離れて医者に相談する

仕事が怖い状態を我慢し続けると、心の健康に悪影響が出るかもしれません。

毎日憂鬱で仕事以外の時間も気分が晴れなかったり、仕事のことを考えると体調が悪くなったりするのであれば、うつの可能性があります。

それほどまでに深刻な場合は、我慢せずすぐに仕事から離れて医師に相談しましょう。

我慢しすぎると症状がさらに悪化し、完治までに長期間を要する可能性がありますので、早めに受診してください。

 

仕事が怖いと感じない仕事に転職するためにできること

怖いと感じない仕事に転職するためにできること

仕事が怖くて転職をするのですから、今度は怖いと感じない仕事を見つけてください。

転職先の選び方を失敗しないために、次のことを実践しておきましょう。

自己分析や職歴・スキルから自分に合う仕事を検討する

現在の仕事が怖いと感じて転職する場合、次は自分に合う企業を見つけたいものです。そのためにはまず自分のことをよく知る必要があります。自分のキャリアを振り返り、スキルや強みを確認していきましょう。

また自分にとって仕事とは何か、今後はどのようなことに挑戦したいかということまで自己分析しておくと転職先とのミスマッチをなくすだけでなく、面接時にも役立ちます。

自分の強みが思いつかない人は、これまでに経験した仕事をすべて書き出してみましょう。その中から得意なことや好きなことを見つけ出せば、自分の強みが見つかります。

自分は仕事に何を求めているのか再確認してみる

自分の仕事観を見つめ直し、仕事に何を求めているか再確認しておきましょう。

たとえば「やりがい」「スキルアップ」「高い報酬」「仕事とプライベートのバランス」など、さまざまなものがあるでしょうが、新しい職場で自分が求めているものが満たされるか確認しておく必要があります。

口コミ情報サイトで興味がある企業の情報収集をする

興味がある企業が見つかれば、その企業の公式サイトだけでなく、口コミ情報サイトも利用して情報収集しておきましょう。

社風や職場の雰囲気は、実際に入社してみなければわからない面も多々あります。口コミ情報サイトは、その職場で実際に働いた経験がある人が情報を提供しているため、職場の雰囲気や上司の態度、残業の多さなど、事前に知っておきたい情報を入手可能です。

口コミなので100%を信じることはできないにしろ、複数の人の口コミに同じようなことが書かれている場合は参考になるでしょう。

ブラック企業やホワイト企業のリストを掲載しているサイトをチェックしてみる

厚生労働省が公表している「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というリストがあります。こちらには労働基準関係法令違反をした企業の名称や違反内容が記載されているため、地元のブラック企業を把握するための参考になります。

公表しているのが厚生労働省ということで信頼性が高いため、転職活動をしている人は目を通しておいた方がよいでしょう。

ただし、こちらのリストにすべてのブラック企業が掲載されているわけではありません。そのためネット上の評判なども参考にしておいた方が安心です。

また応募した際は「就業規則の有無」「雇用契約書や労働条件通知書の有無」「賃金体系」などを確認しておきましょう。

ネット上にはホワイト企業のリストを掲載しているサイトもあります。ホワイト企業と判断された理由も記載されているため、参考になるでしょう。

ブラック企業に転職してしまわないためにも、あらかじめ情報収集してブラック企業リストに載っていないことを確認しておいてください。

そのうえで面接の際も怪しいところがないか見極めておくと安心です。

まとめ

仕事が怖いと感じる理由には、仕事の内容だけでなく、職場の環境も関係している場合があります。自分で解決できることもあれば、上司や労働環境に問題があって自分で解決するのが難しい場合もあるでしょう。

信頼できる人に相談したり、休養をとって体と心を休ませたりすることでリフレッシュできますが、根本的な解決にいたらないときは、異動の申し出や転職を視野に入れた方がいいかもしれません。

もし転職を決めたときは、同じような環境の職場を選んでしまわないように、入念な自己分析や転職先の情報収集で、しっかり準備をしておきましょう。