転職ノウハウ

仕事で失敗して悩んでいる人へ!謝罪の仕方から落ち込んだ時に気持ちを切り替える方法について

仕事で失敗

仕事で失敗が多いと落ち込んでしまいますね。「なぜ失敗ばかりするのだろう」と自分を責め、悩んでしまいますが、誰にだって失敗はあります。

肝心なのは、失敗したときにどのように対処し、失敗から何を学ぶかということです。ミスを繰り返してしまう人は、自分が失敗する原因を探ることで、同じ失敗の繰り返しを回避できるでしょう。

今回は、仕事を失敗する9つの原因と、失敗したときの気持ちの切り替え方を解説していきます。失敗が多くて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

仕事で失敗してしまう9つの原因

仕事で失敗してしまう原因について

仕事で失敗したときは原因を探るようにしておけば、同じ失敗を繰り返さなくてすみます。失敗の原因には主に次のようなものがあるので確認していきましょう。

仕事を覚えていない・覚えられない

そもそも仕事を覚えていなければ、失敗するのも当然です。先輩から仕事を教えてもらうと、そのときは理解したつもりでも、いざ一人でやってみると覚えていないことがあるものです。

仕事を覚えられない理由には、指示を聞くときにメモを取らないことが挙げられます。一度にさまざまな指示や説明があれば、メモを取らずにすべてを覚えるのは困難でしょう。

マニュアルが作成されていない会社では、聞いたことを自分でメモしておかなければ、仕事を覚えられません。

メモもとらずに説明を聞くだけでは、仕事で失敗する可能性が必然的に高くなってしまいます。

仕事でわからないところを質問することができない

仕事でわからないことがあれば、その都度確認する必要があります。

しかしわからないところがあっても「多分○○だろう」と自分で間違った判断をしてしまい、ミスにつながることがあります。

人に聞くのが苦手な人や「何とかなるだろう」と楽観的に考える人は、わからなくても質問せずに自分で判断するため、ミスを繰り返すことになりかねません。

わからないことがあれば、恥ずかしいと思わずに質問することで、失敗を未然に防げます。

仕事の時間や予定の管理ができていない

時間や予定の管理ができない人は、優先順位を考えずに仕事を進める傾向があるため、締切日や納期に間に合わないというミスが発生します。

仕事の時間は限られているため、優先順位を考えてスケジュールを立てるのは基本です。

優先度を考えずに仕事をすれば、大事な仕事が締切や納期に間に合わなくなるかもしれません。

仕事の経験不足

仕事を失敗する原因は、経験不足ということもあります。

誰もが失敗から学び、徐々に失敗が少なくなっていくものです。新入社員や、未経験の業界に転職したばかりの人は、経験が足りないことで失敗してもおかしくありません。

経験不足による失敗は、あまり責められないかもしれませんが、同じ失敗を繰り返さないようにしておきましょう。

職場で必要なコミュニケーションが取れていない

コミュニケーション不足が原因で必要な情報を共有できていなければ、ミスを招いてしまうことがあります。日頃から職場の人とのコミュニケーションを大切にしておくことで、ミスを防げるかもしれません。

また連絡したつもりが相手に正しく伝わっていなければ、ミスにつながってしまうでしょう。

大事なことは口頭だけではなく、メモやメールなどの文面でも伝えることで、行き違いを防げます。受け手側は少しでも不明な点があれば質問することで、ミスコミュニケーションを防げるでしょう。

仕事の量が多すぎる

仕事の量が多すぎるとスピーディーにこなしていかなくてはいけないため、見直しが疎かになり、失敗する可能性が増えます。

失敗して上司に叱られると、今度はミスしないように慎重になり、ますますキャパオーバーになってしまうでしょう。

仕事に興味が持てずヤル気がない

希望する業界に入社できなくて妥協したため、仕事に興味が持てない人もいます。また興味がある業界に入社したものの、働き始めると思っていたのと違うということも。

仕事に興味が持てなければやる気が出ないため、無気力なまま仕事に取り組み、達成感を感じることもありません。

やりがいを持てないため手抜きになり、失敗する可能性が高まります。

心や体が疲れていて集中できない

体が疲れていると集中力が低下するため、普段では考えられないような失敗をしてしまうことがあります。

また精神的な疲れは体にも影響を及ぼすため、心配事やストレス過多が原因で失敗を引き起こすことも。

失敗を避けるには、疲れやストレスをためないように体調管理が必要です。

前の失敗から何も学ばなかった

失敗は誰にでもあるものです。失敗するたびに原因を振り返り、試行錯誤しながら成功を掴むことは珍しくありません。

そのため失敗が悪いのではなく、失敗から何も学ばないことが問題なのです。失敗しても人のせいや環境のせいにしていては、何も学ぶことができません。

また同じ失敗を繰り返してしまうでしょう。

仕事で失敗した時の対処方法

仕事で失敗した時の対処方法

仕事に失敗はつきものなので、失敗したときにどのように対処するかが重要です。

対処の仕方が良ければ、失敗したにも関わらず評価されることがあります。しかし失敗後の対処法まで失敗すれば、信用を失くしてしまいます。

ここからは仕事で失敗したときの適切な対処方法を解説しますので、ミスが多くて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

まずは上司に正直に報告して関係者に謝罪する

失敗に気づいたときは、まず上司に報告して指示を仰ぎましょう。

怒られることを恐れて失敗を隠そうとすると、かえって大問題に発展する可能性があります。

迅速に報告すれば、大問題になる前に解決できるかもしれません。失敗にいたった流れを正直に話すのがベストな対処法です。

また迷惑をかけてしまった関係者には速やかに謝罪しましょう。言い訳をするとマイナスな印象を持たれるので、誠実に謝ることが大切です。

なぜ失敗したのかミスの原因を分析して解決策を考える

失敗したときに原因を分析しておかなければ、同じミスを繰り返すかもしれません。「なぜ失敗したのか」「どうすれば失敗しなかったのか」と考え、失敗の原因を追求しておきましょう。

また失敗で終わらせずに解決策を提案すれば、失敗をリカバリーできるかもしれません。

上司、先輩、同僚に失敗の件について相談してみる

失敗を自分で挽回しようとしても、一人の力では難しいときがあります。周りを頼らず自分で勝手に判断してリカバリーしようとすると、ますます事態が悪化して手に負えなくなるかもしれません。

一人で抱え込まず、上司や先輩、同僚に相談してフォローしてもらうことで、スムーズに解決することもあるものです。

とくに仕事に慣れていないうちは、自己判断せず上司に相談した方がよいでしょう。一人では難しいことでも、周りを頼れば解決できることは少なくありません。

睡眠、食事など生活習慣を見直して、心身の健康に気をつける

仕事で失敗した原因が疲労であれば、早めに心身の健康を取り戻す必要があります。睡眠や食事など、基本的な生活習慣が乱れるとミスが増える恐れがあるため、体調管理に気をつけてください。

日中に眠気が襲ってきて仕事にならないということがないよう、良質な睡眠をとりましょう。寝る前にお酒や、コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物を飲むのは避け、スムーズに眠れるようにリラックスして過ごしてください。

寝る前までスマートフォンを見ているとブルーライトの影響で寝つきが悪くなるため、寝る1時間くらい前からはスマートフォンを見ないようにしておきましょう。

また就寝時間が遅いと朝はなかなか起きられず、朝食抜きになるかもしれません。朝食を食べないと脳のエネルギーとなるブドウ糖が不足するため、集中力や記憶力が低下します。そのような状態で出社すると失敗しやすいため、しっかり朝ごはんを食べましょう。

失敗ばかり続くならその仕事に向いていない可能性があるので、異動や転職も選択肢に

どんなに注意しても失敗ばかりしてしまう場合、その仕事が向いていない可能性があります。

または「わからないことを質問できる雰囲気ではない」「失敗したら激しく叱責されるので緊張する」など、職場がストレスフルで失敗につながっている可能性もあります。

この場合は、異動できないか上司に相談してみるのもよいでしょう。

部署が変われば自分に向いた業務に変わる可能性もあり、失敗が減るかもしれません。失敗が続けば精神的にもまいってしまいますので、異動が無理であれば、転職も選択肢に入れた方がよいでしょう。

仕事で失敗して落ち込んだときに試してみたい5つのこと

仕事で失敗して落ち込んだときに

大きな失敗をしたときや、失敗が続いて上司やお客様に叱られたときは落ち込みますが、落ち込んだまま仕事をしても集中力を欠くため、さらなる失敗につながるかもしれません。

失敗して落ち込んだときは上手に気持ちを切り替えてリフレッシュすることで、前向きな気持ちを取り戻せます。

早く冷静さを取り戻すために、試してみたいことを5つ挙げますので、ぜひ試してみてください。

「仕事に失敗はつきもの」と割り切って気持ちを切り替える

仕事で失敗すると、自分を責めてしまうでしょう。自分ばかりミスするように思えるでしょうが、失敗するのはあなただけではありません。

誰にでも失敗することはあるのです。重要なのは失敗から学ぶことと、同じ失敗を繰り返さないこと。失敗したことによって、「どうすれば失敗を防げるか」ということを学べます。

きっとベテランの上司もこれまでに失敗してきたはずです。「仕事に失敗はつきもの」と割り切れば、気持ちも楽になるでしょう。

「失敗を教訓にして成長できる」とポジティブに考える

失敗を成長するための経験と考えてみましょう。「わからないことを質問しなかったから」「心身が疲れて集中できなかったから」など、失敗の原因がわかれば、今後は同じ失敗をしないように注意できます。

失敗したことが成長につながるとポジティブに考えると気持ちを切り替えることができるでしょう。

休養を十分にとる

仕事に失敗して落ち込んでいるときは、さらに失敗を重ねてしまうかもしれません。失敗が続くことで、心身ともに疲れ果ててしまうでしょう。

責任感が強い人は「休んでいられない」と思うでしょうが、失敗が続くようであれば、無理せず十分な休養をとりましょう。

このまま仕事を続けても集中できずにミスが続く可能性があります。休養中は仕事のことを考えずに過ごし、リフレッシュしてから仕事に戻れば、前向きな気持ちで取り組めるでしょう。

家族や友人など信頼できる人に相談してみる

仕事で失敗して悩んでいるときは、家族や友人など信頼できる人に相談してみるのもおすすめです。

必ずしも役立つアドバイスがもらえるとは限りませんが、抱え込んでいる悩みを聞いてもらうことで、気分がすっきりします。相手が共感してくれたり、励ましてくれたりすれば、元気が湧いてくるでしょう。

誰だって仕事で失敗し、落ち込んだ経験はあるでしょうから、他の人の失敗談や失敗を乗り越えた話が聞けるかもしれません。

気分がリフレッシュしたら、「次は同じ失敗をしない」と前向きな気持ちになれるはずです。

趣味など好きなことに没頭して仕事を忘れる時間を作る

仕事で失敗したからといって、プライベートな時間まで落ち込んで過ごすことはありません。

趣味に没頭したり、美味しいものを食べに行ったりして、楽しい時間を過ごしましょう。

仕事を忘れて好きなことを楽しむと、リフレッシュできて明るい気分になれます。気分転換することで仕事に対しても前向きな気持ちになれるでしょう。

まとめ

仕事で失敗するのは、単純に仕事を覚えていないことが原因の場合もあれば、職場のコミュニケーション不足や心身の疲労で集中できないなど、幅広いケースが考えられます。誰にでも失敗はあるものですが、自分はとくに失敗が多いと感じる人は、なぜ失敗してしまうのか原因を探ることから始めましょう。

なぜ失敗したか突き止め、次は同じ失敗を繰り返さないようにすることで、自分の成長にもつながります。失敗から学ぼうという姿勢を忘れなければ、失敗もいい経験になるでしょう。

ただしどんなに注意しても失敗を重ねてしまう場合は、今の仕事が向いていない可能性もあります。その場合は異動願いを出すか、転職を視野に入れた方がいいかもしれません。