転職ノウハウ

仕事が合わないと感じる6つの理由と合わないときの解決法

仕事が合わない

「仕事が合わない」と感じると、会社に行くのも辛くなり、転職を考えたくなりますね。

仕事が合わないと感じる理由はいくつかありますので、まずはなぜ合わないと感じてしまうのか理由をハッキリさせましょう。

また、仕事が合わないと感じたとき、すぐに辞めた方がいい場合と、もう少し続けてみた方がいい場合があります。

もしかしたら辞めずに続けることで、問題を解決できるかもしれません。

仕事が合わなくて転職することを決めた場合は、転職を成功させるためにもしっかり準備して、自分に合った方法で転職先を探しましょう。

なぜ仕事が合わないと感じるのか?6つの理由

仕事が合わないと感じる理由

仕事が合わないと感じる理由は、主に次の6つがあります。

自分に当てはまる理由がないか確認しておきましょう。

仕事の内容が自分の好きなことや得意なことと合わないから

1つめの理由は、仕事の内容が自分の好きなことではない、自分の得意なことではないという理由です。

好きなことを仕事にできれば毎日が楽しいでしょうが、誰しもそういうわけではありません。自分の得意なことがあるのに仕事に活かせなければ、「もっと自分に合う仕事があるのでは?」と思ってしまうでしょう。

たとえば人と話すことが好きなのに、黙々と事務仕事をするのは苦痛なはずです。

反対に人見知りで会話が苦手なのに接客や営業職に配置されると、仕事が合わないと感じてしまうでしょう。

職場の人と合わないから

職場にはさまざまな人がいるため、自分と合わない人がいることは珍しくありません。

しかし頻繁にコミュニケーションを取らなくてはいけない先輩や上司と合わなければ、仕事が辛くなるかもしれません。

人間関係がうまくいかず職場になじめなかったり、陰口を言われて精神的にダメージを受けたりすれば、仕事に行くのが憂鬱になってしまうでしょう。

職場は1日の大半を過ごす場所なので、いくら仕事内容が好きでも、職場の人と合わなければやる気を失ってしまうでしょう。

長時間残業など働き方が合わないから

ワークライフバランスが注目され、実現に向けて取り組む企業も増えていますが、長時間残業が当たりまえの会社もあります。

家には寝るために帰るだけという生活が続けば、プライベートな時間を楽しめません。残業しなくて済むように頑張ったとしても、ほとんどの人が残業していれば、自分だけ早く帰るのも困難です。

このように労働環境が悪すぎると、自分には合わないと思う人が続出するでしょう。

頑張っても仕事を評価してもらえないから

頑張って成果を出しても正当な評価を得られなければ、モチベーションが下がってしまいます。

上司と人間関係がうまくいかなければ、パワハラのような扱いを受けることもあるかもしれません。

頑張っても昇進の可能性は低く、給料もほとんど上がらないようでは、やりがいが感じられなくなるため仕事が合わないと感じてしまうでしょう。

自分がやりたい仕事と関係のない仕事だから

自分がやりたいこととは別の部署に配属されることもあります。

とくに新入社員の場合、希望していた部署に配属されず、失望する人もいるでしょう。しかし、さまざまな仕事を経験することで会社から信頼され、いずれチャンスが巡ってくるかもしれません。

または希望ではない仕事であっても真剣に向き合うことで、その仕事の魅力に気づくこともあるものです。

しかし自分がやりたい仕事とかけ離れた仕事であれば、前向きに考えることが難しくて、合わないと感じてしまう人もいるでしょう。

勤務している企業の社風と合わないから

「体育会系のノリについていけない」など、勤務している企業の社風と合わなければ、居心地の悪さを感じるものです。

社風は入社してみなければわかりません。

社風が合わなくても個人の力で変えられるわけではないため、合わないと感じれば辞めたくなってしまうでしょう。

仕事が合わないと感じたら、すぐ辞めるのはアリか?

仕事が合わないと感じたとき、すぐに辞めて転職した方がいいのでしょうか?

状況によっては早めに辞めたほうがいい場合もありますが、人によってはもう少し様子を見たり、改善するための行動を起こしたりしてから実際に転職するか考えた方がいい場合もあります。

仕事が合わないことがストレスになって体調不良になっているレベルなら、すぐに退職・転職してよい

仕事が合わないからといって、簡単に辞めるわけにもいきません。

しかし仕事が合わないことが大きなストレスになり、心身の体調不良を引き起こすこともあります。

たとえば違法な長時間残業やサービス残業、パワハラなどがある場合、無理して続けることで精神的に負担がかかり、うつ病になる可能性もあるのです。

体調が悪くなるほどのストレスを感じている場合、自分を守るためにもすぐに退職・転職を考えた方がよいでしょう。

職歴が短い20代はあと半年〜1年続けると「仕事が合わない」と感じなくなることも

新卒入社の20代は配属先が希望する部署でないこともあり、ミスを上司や先輩に注意されることも多いでしょうから、早々に「仕事が合わない」と感じるかもしれません。

また社会人生活に慣れていないことでストレスもたまり、仕事を辞めたくなることもあるでしょう。

しかし社会人になりたての頃は覚えるべきことが多く、誰にでもミスはあるものです。

頑張ってあと半年〜1年続けると仕事がわかってきて、面白くなってくる可能性は大いにあります。

また転職するとしても、入社してすぐに辞めた経歴は印象が悪いため、今の会社である程度経験を積んでから転職した方がよいでしょう。

仕事が合わないことで体調が悪くなるほど悩んでいる場合は別ですが、「なんとなく合わないかも?」という程度であれば、今の会社でもう少し社会人経験を積んでから判断してはいかがでしょうか。

30代は「仕事が合わない」理由を解決するためのアクションを起こした後で

30代になると責任がある仕事を任されるようになり、部下ができる人もいるでしょう。

やりがいが出る反面、プレッシャーを感じるようになり「仕事が合わないから辞めたい」と思うこともあるかもしれません。

しかし入社したての20代とは違い、30代であれば仕事が合わない理由を解決するためのアクションを起こせるでしょう。

たとえば人間関係の悩みがある場合は、異動を申し出るという方法もあります。

転職したからといって必ずしも人間関係がよくなるとは限りませんし、今よりもっと悪くなる可能性もあります。

もしかしたら別の部署は自分にとって居心地がいい場所かもしれません。

転職することで収入などの条件面が今より悪くなる可能性もあります。まずは仕事が合わない理由を解決するための行動を起こし、状況が変わるか確かめてみましょう。

管理職が合わない40代は、管理職から外してもらえるかどうかが決め手になり得る

男性も女性も管理職を目指す人は多いでしょうが、管理職になると責任がのしかかってくるため、心身に不調をきたす人もいます。

自分には管理職が向いていないと思う方は、退職や転職を考える前に管理職から外してもらえないか上司に相談してみましょう。

降格すると減給になる可能性はありますが、肩の荷が降りて気が楽になります。

また悩んでいることを上司に相談することで、降格しなくても働きやすい環境に改善してもらえるかもしれません。

退職や転職は最終手段と考え、まずは上司に相談してみましょう。

仕事が合わないと感じたら、まず試してみたいこと

仕事が合わないからといって衝動的に退職するのは後悔の元です。

仕事が合わないと感じたときにやっておきたい4つのことを挙げますので、悩んでいる人は試してみてください。

自分の強みを見つける

仕事が合わなくて転職先を探すなら、まずは自己分析して自分の強みを見つけましょう。

自分の強みを見つけることで、次は自分に合った仕事が探せます。また、採用してもらうには面接をクリアする必要がありますが、自分の強みを伝えることができなければ、採用にいたらないかもしれません。

採用されたらどのように貢献できるか伝えられるように、得意なことや際立った長所など、自分の強みを見つけておいてください。

他企業・他業界についてリサーチしてみる

今の仕事が合わないと感じる場合、まったく違う業界にやりたい仕事が見つかるかもしれません。

転職するとき、今のスキルを活かすために同じような業界の求人を探してしまうものですが、他の業界についても目を向けてみましょう。

もしかしたら自分に向いている仕事が見つかるかもしれません。

未経験でも挑戦できる仕事なら転職も可能です。視野を広げることで、自分に合う仕事が見つかる可能性が高まるため、他企業や他業界についてリサーチしてみましょう。

仕事に求めることに優先順位をつけてみる

仕事に求める条件はさまざまありますが、優先順位を考えてみたことがない人も多いのではないでしょうか。

「仕事内容」「企業理念」「社風」「年収や福利厚生」など、どれも大切かもしれませんが、譲れないものを絞っておくことで理想の仕事を見つけやすくなります。

もし優先順位を決めていなければ、条件が多すぎて選択肢が狭まってしまいます。自分に合う仕事が見つからず、転職しても満足できないかもしれません。

とくに転職活動が長引くと、転職の目的を見失ってしまう可能性があるため、優先順位を意識しておきましょう。

また、優先順位をつけてみることで、転職するより今の会社で働き続けた方がいいことに気づくこともあります。

まずは仕事に求める条件を書き出して、優先順位をつけてみてください。

キャリアプランやライフプランを再確認してみる

この先5年後や10年後にどのようになっていたいか、キャリアプランについて再確認してみましょう。

今の職場で実現できそうになければ、実現できそうな企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

また結婚や出産などのライフプランも考えて転職先を選ぶことをおすすめします。たとえば子どもが生まれたら育児休業を取得したいと考えている男性であれば、男性の育児休業取得率が高いかチェックしてみましょう。

女性の場合も出産して仕事を続けたいと考えている方は、フレックス制度や時短勤務など、子どもを持つ女性が働きやすい職場であるかチェックしておくことをおすすめします。

転職を重ねなくてもいいように、自分のキャリアプランやライフプランを再確認して、安心して働ける職場を選びましょう。

合わない仕事や企業に再び就職しないためにオススメの転職活動

仕事が合わないなら転職活動

転職したからといって、必ずしも満足できるとは限りません。

せっかく転職したのに、また「仕事が合わない」と感じることがないように、おすすめの転職活動を2つご紹介します。

転職サイトで求人を探す

転職先に求める条件がはっきりしている方であれば、転職サイトで求人を探す方法がおすすめです。転職サイトでは、自分の希望する条件を細かく設定できます。

また、条件を設定しておけば、自分に合った求人の新着情報をお知らせしてくれる機能もあるため、効率よく理想的な求人を探せるでしょう。

今の仕事が合わないと感じても、今すぐやめたいというわけでなければ、転職サイトを利用して自分のペースで仕事探しをしてはいかがでしょうか。

転職サイト 比較
転職サイトの徹底比較!おすすめの転職サイト一覧から選び方のポイントを紹介します!転職サイトの特徴を比較し、どの転職サイトを使えばいいのか、また転職サイトの選び方について詳しく紹介します。転職サイトと転職エージェントとの違いも解説しています。...

転職エージェントを利用する

プロの手を借りて自分に合った仕事を探したいという方は、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。希望に合う求人を紹介してくれるだけでなく、応募企業との間に入って条件交渉まで対応してもらえます。

また、一般的には入社しなければわからない社風や会社の雰囲気などの情報も教えてもらえるため、職場の人間関係などを重視したい人にとっては有益な情報を得られて安心でしょう。

さらに転職エージェントでは、応募書類の添削や面接のアドバイスまでしてもらえます。

このようなことは、なかなか指導してもらう機会がないため、初めて転職する人にとってはとくに頼りになるでしょう。

退職してから転職活動を始めると、収入がなくなることや、職歴にブランクができるなどのデメリットがあります。退職する前に次の就職先を見つけるのが理想的ですが、忙しい方は転職活動の時間を十分に確保できないかもしれません。

効率よく転職活動をするためにも、転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。

転職エージェント比較
転職エージェントを徹底比較!200人へ調査したおすすめの転職エージェントはこれだ!おすすめの転職エージェントを比較して「どの転職エージェントを選べば良いのか」「自分に合った転職エージェントの選び方」をわかりやすく解説していきます。「転職エージェントを利用したことのある人200人」にアンケート調査を実施。おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。...

まとめ

仕事が合わないと感じると仕事に行くのも嫌になりますが、安易に転職しては同じことの繰り返しになるかもしれません。

仕事が合わない理由には人間関係なども含まれるため、その会社が自分に合うかは入社してみなければわからないことも多々あります。

前の会社の方がよかった…と後悔しないためにも、仕事が合わないと感じる理由を見極め、まずは今の会社を辞めずに解決する方法はないか探りましょう。

ただし、ブラック企業と呼ばれるような労働環境が悪い会社の場合、我慢して働き続けると心身に不調をきたす恐れがあります。

健康は何より大切なので、劣悪な環境が原因で仕事が合わないと感じるときは早めに退職を検討した方がよいでしょう。

それ以外の場合は、今できることをやってみてから、今の仕事を続けるか、もしくは転職するか決めてはいかがでしょうか。