転職ノウハウ

転職活動に疲れた!そんな人へ4つの原因と解消法、疲れない転職活動について解説

転職活動に疲れた

「転職活動に疲れた…」と感じるなら、心身からのSOS。

無理して転職活動を続けると疲れがたまる一方で、転職活動が上手くいかなくなるかもしれません。

疲れは細かく解消して、高いモチベーションで転職活動を続けるのが成功の秘訣です。

そこで今回は、転職活動が疲れる原因と解消法を解説!疲れない転職活動をする具体的な方法をお話します。

「転職活動に疲れた」と感じる4つの理由

転職活動に疲れた

「転職活動で疲れたなんて甘いよね…」と自己嫌悪する必要はありません。

転職活動に疲れを感じるのは当たり前で、多くの人が転職活動中に疲れを感じています。

疲れを効果的に解消するためには、その原因について知らなければなりません。まずは、「転職活動に疲れた」と感じる理由について解説します。

応募した企業から次々と不採用通知を受け取って疲れた

転職活動をしていれば、応募した企業から不採用通知が届くのは日常となります。

希望した企業に一発で採用されるのは非常に稀です。

しかし「よくあること」とわかっていても、不採用通知は地味にダメージを受けます。最初こそ「まだまだ転職活動は始まったばかり!」とポジティブさを保てますが、次々と不採用通知が届けば、徐々に焦りが募って精神的に追い詰められるものです。

また、不採用通知はあなたから自信を奪います。

「不採用=拒否」と解釈し、自分の人格や能力を否定された気持ちになってしまうのです。

頭では「倍率が高いから仕方がない」と理解できても、自信を失えば「次も不採用かも」と不安が大きくなり、精神的な疲れも溜まります。

応募したい企業が見つからなくて求人探しに疲れた

いざ転職活動を始めると、求人の多さにビックリしますよね。

「こんなに求人があるなら、自分が希望する企業が見つかるだろう」と、開始直後は将来の明るい希望でいっぱいです。

しかし膨大な求人の中から、自分が希望する条件の企業を見つけるのは骨が折れる作業で疲れます。真剣にチェックすればするほど、疲れは溜まっていくでしょう。

しかも、求人情報は毎日更新されます。「今日こそは!」と信じて、毎日たくさんの求人に目を通し、それでも希望する企業が見つからなければ、疲れるのは当然です。

仕事を続けながらの転職活動は時間がタイトで疲れた

転職活動には時間と手間がかかります。仕事を続けながらの転職活動の場合、寝る時間を惜しんで情報収集したり、履歴書作成やエントリーをしたりなど、とても忙しくなるでしょう。

仕事をするだけでも疲れるのですから、転職活動が加われば体力的に疲弊します。

また、転職先が決まってから会社に辞める旨を伝える場合、転職活動がバレないように気を使わなければなりません。

仕事と転職活動のスケジュールを組むのも気を使う作業です。肉体的だけではなく、精神的にも疲れてしまいます。

採用面接を何度も受けるうちに精神的に疲れた

採用面接はウェブ面接ではない限り、企業まで足を運ばなければならないため、体力的に疲れます。

また面接中の独特な緊張感は、精神力を消耗するものです。

さらに、「面接までこられた!採用されるかも」と期待値が高まる分、不採用通知が届いたときのダメージは大きいです。

何度も採用面接を受けていれば、小さなダメージが蓄積されて、ひどく疲れてしまうでしょう。

転職活動に疲れたときの年代別対処法

疲れを感じているなら、今の状態のまま転職活動を続けても上手くいかないかもしれません。

疲れていると本来のあなたの魅力やパフォーマンスが、転職活動で発揮できません。そこで、転職活動に疲れたときの対処法を年代別に解説します。

【全年代共通】転職活動を休んで体力を回復させる

疲れたときに真っ先にすべきは休養です。

今動いている転職活動が終わったら、一旦休息に専念して体力を回復させましょう。

体力回復は以下の点を心掛けるのがポイントです。

  • 1日最低7時間の睡眠を確保
  • 栄養バランスの良い食事をとる
  • 情報収集も含めた転職活動は完全にストップ
  • 現在仕事をしている場合、割り切ってできるだけ手を抜く

休息期間は1週間程度に設定し、徹底的に体力回復を優先させましょう。

中途半端が一番いけません。「休んだ!」という実感が大切です。

【全年代共通】好きなことをして疲れた心を回復させる

体力回復と共に、転職活動で疲れた心も同時に癒していきましょう。

一番効果的なのは、好きなことへの没頭です。仕事も転職活動も忘れて、ひたすら楽しい時間を過ごすのです。

具体例をいくつか挙げましょう。

  • 日頃なかなかできなかった趣味にお金と時間をかける
  • 漫画を大人買いして読みふける
  • 大好きなテレビ番組や動画を観てゲラゲラ笑う
  • お出かけや旅行をする
  • 1日特別デーにしておいしいものをひたすら食べまくる
  • 友達や恋人、家族などと思いっきりレジャーを楽しむ

自然と笑顔になれる時間を過ごすのが重要です。

笑顔は心を癒す効果があります。

楽しい時間で笑顔が増えれば、精神力も回復し、再び転職活動に対してポジティブになれるでしょう。

【全年代共通】友人、家族など信頼できる社外の人間に相談してみる

弱音を吐くことも大切です。転職活動で不採用が続くと、自己肯定感が下がって自分の良さを見失いがち。

こんなときに頼りになるのは、あなたが信頼している友人や家族です。誰よりもあなたの良さを知っているので、心から励まされます。

同時に友人や家族はあなたのちょっと困った部分も理解しています。

相談すれば、自分では気付けなかった発見があるかもしれません。

転職活動で疲れたときは、面接官ではない視点であなたを評価してくれる人に、話を聞いてもらうと良いでしょう。

【20代】自己分析をやり直してみる

20代は改めて自己分析をやり直してみましょう。

今までより具体的に自分を掘り下げる作業がポイントです。

例えば長所や短所については、「なぜそうなったのか」まで考えて自己分析を進めます。

「長所は明るい性格」ならば、元々の気質なのか、経験や心がけがあって長所が確立されたのかまで考えるのです。

短所については、「どうすれば改善できるか」まで分析すると良いでしょう。

より細かい自己分析ができれば、将来設計も具体化します。あなたが望む未来のために何が必要かわかれば、転職活動に必須の志望動機や自己PRに説得力が生まれるでしょう。

もしかしたら、今までにはない転職先が浮上するかもしれません。仕事のミスマッチを防ぐ効果も高いです。

自己分析のやり方を変えるのも良いでしょう。

転職者に向けた自己分析の参考書を読んだり、転職サイトや転職エージェントの自己分析サービスを利用したりするのもおすすめです。

【30代】転職活動のスケジュールを無理のないものにする

30代は責任ある仕事を担う年代で、働きながらの転職活動はとても忙しい生活になります。

だからこそ、転職活動のスケジュールは無理のないものにするのが重要です。「少しでも若い方が転職には有利」と、スケジュールを詰めてしまうと、仕事との両立が難しくなります。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」にならないように、確実にこなせるスケジュールを立てましょう。

効率的な転職活動は、情報収集と条件の絞り込みがポイントです。

「よくわからないから、とりあえず応募だけしておこう」と数打つ作戦は、限られた時間と労力を無駄に消費してしまいます。

譲れない条件を洗い出し、それを満たす求人だけに応募しましょう。そのためにも、より多くの求人と企業情報を集めることが必要です。

時間の有効活用も、無理のないスケジュールには不可欠です。

通勤時間や隙間時間を活かせるよう、スマホには転職活動に役立つサイトを登録したり、アプリをダウンロードしたりしておきましょう。

【40代】長期戦に備えて不安な気持ちをリラックスさせる方法を見つける

40代は転職先企業に「即戦力」「管理能力」を求められる世代です。

需要が高く、しかも難易度の高いスキルを持っていれば、40代の転職活動はスムーズに進むことも多いです。

しかしそうではない場合、「自分のスキルを求める企業との出会い」が、転職活動のカギとなります。

ニッチなスキルほど求人数は少ないため、転職活動に時間がかかる可能性は高いです。ですので、40代からの転職活動は長期戦前提の心構えが必要となります。

転職活動は焦燥感との戦いでもあります。

良い求人が見つからなかったり、気合を入れて応募しても不採用が続いたりすれば、焦りが募り疲弊するでしょう。

長期戦前提の40代は、如何にストレスを軽減し、リラックスした良い状態を保つかが重要です。精神力が持たなければ就職活動を継続できませんので、以下の点を心掛けましょう。

  • 仕事を続けて収入を確保する
  • 割り切って仕事に取組み、疲れを溜めないようにする
  • 自分の時間を確保する
  • 1日の中で小さな楽しみを作りルーティーン化してリラックス効果を得る
  • 趣味や読書など没頭できることを探し、不安から一時的に避難する方法を持つ

仕事、プライベート、転職活動のバランスがとれていれば、長期戦でも高いモチベーションを保てます。

疲れない転職活動をするために

疲れない転職活動とは

転職活動は体力と精神力をキープし、良いコンディションを保つことが大切です。

そこで、疲れない転職活動をするための考え方や具体的方法を解説します。

転職は簡単に決まらないと割り切る

「もしかしたら、最初の応募で採用がもらえるかも…」と、転職活動を始めた当初は、期待で胸がいっぱいだったでしょう。

しかし条件が良い求人ほど競争率は高いため、基準を満たしていても不採用になるのはよくあること。

転職活動は実力だけではなく、運も大きく左右する世界です。「転職は簡単に決まらないのが当たり前。時間がかかるもの」と割り切ってしまいましょう。

悟りを開けば、不採用通知も「ご縁がなかっただけ」と、上手に受け流せます。

長期戦前提にすれば、体力と精神力の配分も適切にできるでしょう。

内定がなかなか出なくても自分を責めない

前述した通り、採用予定人数より多い応募があれば、基準を満たしていても不採用になり得ます。

想像を超えるハイスペックな応募者が集まっても予算があるため、企業は涙を飲んで不採用にしなければなりません。

ですので内定がなかなか出なくても自分を責める必要はありません。

もしも、不採用通知が届いたら「企業は身を切る思いで不採用にしたに違いない」と強引に考えましょう。

「予算の問題」と呪文のように唱え、自分を肯定してください。

そして、「本当にご縁のある企業との出会いを応援してくれている」と肯定的に捉えましょう。ポジティブな思考があなたの精神を守ります。

自信を失いそうになったらすぐに転職活動を休む

それでも自信を失いそうになったら、すぐに転職活動を休みましょう。

体力的な疲労が原因で、一時的に心が弱くなっているだけかもしれません。

体力が回復すると、自然と気持ちも立て直るものです。

逆に「こんなことくらいで休んではいけない」と無理を続けると、小さな休養では回復しなくなるリスクがあります。

我慢が積み重なり、体調を崩したり精神疾患になったりしたら大変です。こまめな休息とこまめな回復が、長い転職活動を成功させるコツになります。

これまでの応募書類や面接を振り返って改善点を見つける

「転職活動に疲れた…」と感じるのは、今までのやり方や考え方に改善点がある証拠。良いきっかけと捉え、これまでの転職活動を振り返りましょう。

具体的な方法をいくつか紹介します。

  • 返ってきた履歴書や職務経歴書を見直し、課題や改善点を考える
  • 今まで応募した企業の募集要項を再度チェックし、効果的なアピール方法を再考する
  • 面接で質問された内容と答え、面接官の反応をまとめて、今後の対策を練る

今までの経験は、これからの転職活動に役立つ大切な情報です。

定期的に時間を取って常に振り返りを行い、次に活かしましょう。

転職の希望条件を整理して優先順位をつける

「応募してみようかな」と思う求人が多い場合、取捨選択が必要です。予定を詰め込み過ぎると疲れの原因になり、最悪仕事と転職活動両方に支障が出てしまいます。

納得できる選択をするために、転職の希望条件を整理しておきましょう。「労働環境」「収入」「仕事内容」のジャンル別に、それぞれ「絶対に譲れない条件」「できればクリアしたい条件」に分けて整理をつけるとわかりやすくなります。

希望条件が整理できれば、気になる求人が複数あっても、冷静かつ論理的に優先順位をつけられます。

悩む時間が省略されるので効率もアップ。疲れない転職活動を継続できるでしょう。

転職エージェントを利用してみる

今まで1人で転職活動をしていたならば、就職エージェントの利用を検討するのも良いでしょう。就職エージェントの利用には、以下のようなメリットがあります。

転職エージェントのメリット
  • 一般には公開されない非公開求人がある
  • さまざまな就職サポートサービスがある(自己分析、履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接、就職相談など)
  • 企業との面接スケジュールを調整してくれる
  • 今の職場の退職サポートや、転職した後のサポートをしてくれる転職エージェントもある

無料で各種サポートを受けられるのが最大のメリットです。

また、転職支援のプロに相談できるので、今までとは違った視点で新たな発見があるかもしれません。

自力での転職活動に限界を感じているなら、就職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェント比較
転職エージェントを徹底比較!200人へ調査したおすすめの転職エージェントはこれだ!おすすめの転職エージェントを比較して「どの転職エージェントを選べば良いのか」「自分に合った転職エージェントの選び方」をわかりやすく解説していきます。「転職エージェントを利用したことのある人200人」にアンケート調査を実施。おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。...

まとめ

本気で転職活動を始めれば、疲れるのは当然です。

重要なのは、疲れをこまめに解消して溜めないこと。

転職活動はあなたの人生に関わる重大事項ですから、良い状態で臨むのが大切です。

転職活動が上手くいかないと「休んでいる場合ではない」と焦りもあるでしょう。しかし、一時的な休息が転職活動を好転させるきっかけになるかもしれません。

体が資本ですから、自分を大切にしながら転職活動を続けてくださいね。