転職ノウハウ

「上司が嫌い」の理由は?仕事を辞めずにストレスをなくす方法をケース別に紹介

上司が嫌いな人へ

職場にはさまざまなタイプの人がいますので、誰しも1人くらいは苦手な人がいるでしょう。

しかしその苦手な人が上司であれば、非常に困ります。

いくら嫌いでも報告や相談などしなければならないため、避けることはできません。しかし仕事は好きなのに、上司が嫌いだから仕事を辞めたい…ということはできるだけ避けたいですよね。

この記事では、「上司が嫌い」な理由や、仕事を辞めずにストレスをなくす方法をご紹介します。

上司が嫌いな人は、自分に合う対処法を見つけてください。

みんなが思う「上司が嫌いな理由」「嫌な上司の特徴」

上司が嫌い

職場に嫌いな上司がいる人は、意外と多いものです。

上司を嫌いになる主な理由を挙げていきます。

攻撃的・ハラスメント気質・口が悪い

上司が攻撃的な態度で怒鳴り散らすタイプであれば、「また怒られるのではないか」とビクビクして過ごさなくてはなりません。

人格まで否定するパワハラ上司や、「バカヤロー!」「さっさと○○しろ!」「お前は使えないやつだ」といった言葉を連発する口が悪い上司は嫌われて当然です。

感情的・機嫌で態度が変わる・常にイライラしている

ミスしたときも冷静に注意してくれる上司なら尊敬できますが、すぐに感情的になる上司とは会話もできません。

またそのときの機嫌によって態度が変わる気分屋の上司も困ります。

機嫌がいいときはフレンドリーな態度なのに、機嫌が悪いときは厳しくて細かいところまで文句をつけるなど、日によって違う態度を取るので顔色をうかがうのに疲れてしまうでしょう。

常にイライラしている上司もいますが、話しかけづらく、職場の雰囲気を悪くするため、「できるだけ近寄りたくない」と部下たちに嫌われます。

体育会系・残業当たり前・プライベートは二の次

体育会系の上司は、上下関係に厳しく、仕事はスピード重視。

理不尽なことを言われても反論は許されないため、耐えきれなくなる人もいるでしょう。

残業は当たり前、飲み会はほぼ強制のため、運悪く体育会系の上司にあたればプライベートの時間は大幅に削られ、ワークライフバランスどころではありません。

責任を押し付ける

部下を守ろうとしてくれる上司はどこまでもついて行きたくなりますが、部下に責任を押し付ける上司は嫌われます。

上司の指示でやったのに、失敗すれば「何でこんなことするのだ」「そんな指示は出していない」と責任転嫁する上司は部下に軽蔑されて当然。

そのような上司がいると、部下は安心して仕事ができません。

手柄を横取りする

部下が成果を出したのに、手柄を横取りする上司も嫌われます。

このような上司は自分の昇進や昇給のことしか考えておらず、部下を育てようという気は全くないようです。

失敗したら部下のせい、成果が上がれば自分の手柄にしたがります。

言動、指示に一貫性なし

昨日はAといったのに、今日はBというような、言動・指示に一貫性がない上司では、部下達も困惑します。

上司の指示通りにやっても、後から「なんでそんなことするんだ」「そんなこと言ってない」ということになりかねません。

上司の指示がコロコロ変われば、ムダな仕事も増えるため、部下は残業も増えて大迷惑を被ります。

自分勝手で俺様タイプ

自分勝手で俺様タイプの上司も嫌われます。

このタイプの上司は誰よりも自分が正しいと思っているため、自分の意見を押し通します。しかし部下であれば上司の機嫌を損ねそうなことを報告しなくてはいけないこともあるでしょう。

「きっと怒鳴られるに決まってる」と考えただけでストレスがたまり、会社に行くのが辛くなってしまうでしょう。

冷酷

部下をいたわる気持ちを持たない冷酷な上司も嫌われます。

温情を持って人に接しないため、人間味がありません。

このような上司を持つと職場の居心地が悪くなってしまいます。

相談できない

仕事をスムーズに進めるためにも上司への相談は欠かせませんが、相談しにくい上司もいます。

いつも不機嫌そうな顔で、話しかけると迷惑そうに「今忙しい」と怒鳴る上司では、相談するタイミングがつかめません。

部下に信頼されるのは、話をしっかり聞いてくれる上司です。相談できない空気を醸し出している上司は嫌われます。

えこひいきする

相手によって態度を変える上司も部下から嫌われます。

ごますり上手など、お気に入りの部下は優遇して、気に入らない人には冷たい態度。

そのような自分の好き嫌いで態度を変える上司は人間性を疑われてしまうでしょう。

仕事ができない

地位が高いだけで仕事ができない上司も嫌われます。

仕事ができない上司を持ったせいで、余計な仕事や残業が増えてしまいますが、上司は偉そうにするだけで何もしません。

おまけに給料だけたくさんもらっているなんて、部下たちは許せない気持ちになるのです。

賢い「嫌いな上司攻略法」!上司が嫌いでも仕事を続ける・出世する方法

職場に嫌いな上司がいるからといって、簡単に転職するわけにはいきません。

ここでは上司が嫌いでも仕事を続けるための「嫌いな上司攻略法」をご紹介します。

賢く対処して仕事を続け、出世を目指しましょう。

丁寧・ビジネスライクな対応を

上司との関わりを避けることはできませんが、必要以上に仲良くする必要もありません。

嫌いだからといって露骨な態度を取ると関係が悪化しますので、丁寧な対応を心がけましょう。

また、攻撃的な上司は、誰にでも攻撃を仕掛けるわけではありません。ビクビクしたり顔色をうかがったりする人は格好のターゲットとなります。

ターゲットにされてしまうと、言動がエスカレートする可能性大です。

そのような上司には、相手の行動に左右されないことを示し、堂々とした態度を保つことで標的にされなくなるでしょう。

相手の攻撃に反応せず、ビジネスライクな対応をとることが出世のためにもおすすめです。

ゲーム感覚で嫌いな上司を攻略してみる

嫌いな上司がいると仕事に行くのが憂鬱になりますが、ゲーム感覚で上司の攻略法を考えると気持ちが楽になります。

もし関係を改善できれば、ステージをクリアする感覚が味わえるでしょう。

たとえば攻撃的な上司には、褒めるのが効果的です。

自分のことを褒めてくれる相手のことはガミガミ叱りにくいため、ターゲットにされにくくなるでしょう。

また仕事が遅い上司はギリギリにしか仕事をしないため、部下の残業が増えます。そのような上司には、締め切りを前倒しで伝えることで問題を解決できるでしょう。

またすぐ怒る上司は「ミスター怒りんぼ」「ガミガミ怒りマン」など、上司の特徴をキャラ付けして、考えた攻略法を1つずつ試していってはいかがでしょうか。

ゲーム感覚であれば、気持ちが軽くなり、ダメージも軽減されるはずです。攻略法が見つかれば、上司との関係が改善され、ストレスもなくしていけるでしょう。

どうやったら攻略できるか作戦を考えるには、相手のことをより知らなければなりません。

上司のことを知ろうとすれば、相手への理解が深まっていくため、前ほど嫌いではなくなることもあります。

反面教師にして自分は良い上司を目指す

嫌いな上司は反面教師になります。

上司の嫌な部分を自分は継承しないようにすることで良い先輩となり、昇進した際には良い上司になれるでしょう。

そのように考えると、嫌な上司は自分を成長させてくれる存在ともいえます。もし嫌な上司に出会えなければ、自分が嫌な上司になっていたかもしれません。

環境は変わらなくても、自分が捉え方を変えることで、ストレスが軽減するでしょう。

「上司が嫌い」でもう限界!な人に試してほしい気持ちのコントロール法

嫌いな上司の攻略法をご紹介してきましたが、嫌いすぎてもう限界という人もいるでしょう。

そのような人は、気持ちをコントロールするために、次の方法を試してみてください。

「好きになる」「仲良くなる」必要はない

上司が嫌いでも、無理して好きになる必要はありません。

ましてや仲良くなる必要もありません。会社は仕事をする場所なので、仕事に支障をきたさなければ最低限の関わりにとどめておきましょう。

報連相は必要ですが、それ以外は適度な距離を保つことで接点を減らせます。挨拶はしても、気を使って雑談する必要はありません。

気に入られようと無理せず、自然体を貫きましょう。

意識的に目に入らないようにする

「上司が嫌いだ」と思えば思うほど相手のことが気になり、目で追ってしまうものです。上司から嫌がらせを受けていなくても、顔を見たり声を聞いたりしただけで「嫌い」という感情が湧き上がり、仕事にも集中できなくなってしまいます。

それほどまで上司が嫌いになって「もう限界」という人は、意識的に目に入らないようにしてください。

嫌いな人のことはどうしても気になってしまいますが、思考から排除しましょう。

いちいち受け止めず「こんな人もいるんだ」と考える

上司から理不尽なことを言われたり、ひどく叱責されたりすれば、心が折れてしまいそうになるかもしれません。

まともに受け止めるとダメージが大きいため、できるだけ上手にかわすようにしましょう。そのためには、考え方や対応を変えてください。

おどおどした態度やふてくされた態度をとれば、上司はますます怒りかねません。

「こんな人もいるんだな」くらいに考えて、重く受け止めないようにしましょう。

「かわいそうな人」と考えてみる

上司を「かわいそうな人」と考えると、違った視点から見ることができるため、上司への嫌悪感が和らぎます。

「いつもイライラしてきっと楽しくないだろうな」「このくらいのことで激怒するなんてかわいそうな人だ」「部下に慕われてないなんてかわいそうな人だな」と考えると、上司が理不尽なことで怒ってもダメージを受けにくくなります。

それでも上司が嫌いでメンタルがもたない人は

上司が嫌いなら転職しよう

ここまでご紹介した方法を試しても、上司が嫌いでメンタルがもたない人は、かなり重症と考えられます。

これ以上我慢すると体を壊すかもしれないため、次の方法をとってください。

ハラスメントなら専門機関に相談を

会社では「パワハラ」「セクハラ」など、さまざまなハラスメントが起こる可能性があります。

ハラスメントの被害に遭っている場合、我慢する必要はありませんし、我慢してもエスカレートする恐れがあります。

ハラスメントを相談する際は、事実確認がおこなわれるため、5W1Hがわかるようにメモを残しておきましょう。

まずは上司に相談するのが一般的ですが、上司からのハラスメントであれば会社の相談窓口に相談してください。

相談窓口がない場合や、社内では解決できそうにない場合は、労働局や労働基準監督署の総合労働相談コーナーで相談を受け付けています。

パワハラやセクハラは違法行為なので、泣き寝入りせずに相談しましょう。

「うつ」の恐れがあるときは早めに離れよう

上司との人間関係がストレスになり、うつになる人もいます。

そのまま我慢を続けると、症状が悪化する恐れがあります。

嫌いな上司と離れるためにも、異動を希望しましょう。

違う部署に移ることで、上司によるストレスから解放されます。

そこまで我慢する必要なし!転職しよう

上司が嫌いでメンタルがもたないほど参っている人は、最終手段として転職を考えるのも1つの方法です。

会社での人間関係に悩む人は多いですが、心身が不調になるまで我慢する必要はありません。

新しい職場にどのような上司がいるかわからないため、転職によって必ず問題が解決するわけではありませんが、環境を変えることでストレスの多い毎日から解放される可能性があります。

転職エージェントを利用すれば、社風や職場の雰囲気、離職率などの情報を教えてもらえるでしょうから、働きやすい会社か判断しやすいでしょう。

転職エージェント比較
転職エージェントを徹底比較!200人へ調査したおすすめの転職エージェントはこれだ!おすすめの転職エージェントを比較して「どの転職エージェントを選べば良いのか」「自分に合った転職エージェントの選び方」をわかりやすく解説していきます。「転職エージェントを利用したことのある人200人」にアンケート調査を実施。おすすめの転職エージェントをご紹介していきます。...

まとめ

尊敬できる上司に出会える人もいれば、嫌いな上司と巡り合う人もいます。

上司が嫌いな場合は、無理して仲良くならなくていいので、上手に対処してできるだけストレスをためこまないようにしましょう。

ダメージを受け止めすぎないように、自分の考え方を変えてみることでも上司によるストレスは軽減されます。

それでもどうしても耐えきれなくなったときは、嫌いな上司から離れるための行動を取りましょう。

体調を崩すほどの限界を感じているときは、無理せずに転職も視野に入れてください。