FX初心者必見!スワップポイントとは? 用語や利益が出る仕組み、運用の注意点まで徹底解説!

記事の監修者

伊藤圭佑

資産運用会社に勤める金融ライター。証券アナリスト保有。 新卒から一貫して証券業界・運用業界に身を置き、自身も個人投資家としてさまざまな証券投資を実施。キャリアにおける専門性と個人投資家としての経験を生かし、経済環境の変化を踏まえた投資手法、投資に関する諸制度の紹介などの記事・コラムを多数執筆。


スワップポイントとは!わかりやすく解説

FXトレードを行う上で必須知識といわれる「スワップポイント」について理解できているでしょうか。
この記事では、スワップポイントとは何か?なぜ重要な知識と言われているのか?スワップポイントを上手に活用した資産運用方法を解説していきます。

スワップポイントとは

スワップポイントとは金利の差から得られる利益!

スワップポイントとは「異なる通貨間の金利差を日割り計算したもの」のことを指します。実は私たちが日常的に利用している日本円をはじめとする世界各国の通貨の金利はそれぞれ異なっています。金利が高い代表的な通貨としてトルコリラがあります。トルコリラの金利はなんと19.0%もあります。(2021年3月時点)
例えばトルコリラと日本円をペアにしてトレードをしたとします。金利の高いトルコリラ(+19.0%)と金利の低い日本円(-0.1%)のペアであれば、トルコリラの金利分を受け取ることができます。一方日本円分の金利は支払わなければなりません。受取り分と支払い分の合計を日割り計算した分の金利がスワップポイントとして付与されます。
(※ただし金利がマイナスの場合は、受取り/支払いの関係性が逆転するため、記事作成時点では日本の金利ついても0.1%受け取ることができる計算となります)

スワップポイントのメリット

トレードでスワップポイントをうまく活用できれば、ポジションを保有している期間分のスワップポイントを自動的に得ることができます。そのため、デイトレードやスキャルピングといった短期的なトレードスタイルには適さず、スイングトレードのように長期保有を前提としたトレードスタイルに適しているといえるでしょう。値動きによる利益だけでなく、スワップポイントによる利益を上乗せすることができるのです。

スワップポイントが付与されるのはいつ?

 スワップポイントはポジションを翌日に繰越して所有することで発生します。つまり、新規で建てたポジションをその日のうちに決済した場合は、スワップポイントは発生・付与されません。
 スワップポイントが付与されるタイミングは証券会社によって異なります。一般的に、NY時間の夕方に付与されることが多くなります。多くの証券会社ではこのタイミングで短時間のメンテナンスを行います。メンテナンス終了後に自身のポジションにスワップポイントが付与される場合がほとんどです。

スワップポイントにおすすめの通貨ペア

スワップポイントを活用するトレードは、基本的にスイングトレードなどの長期運用となります。そのため、証券会社や通貨ペアを選択する際には慎重に検討しましょう。

それでは、実際に人気の高い5つの通貨ペアを例に出して戦略や注意点を見ていきましょう。

長期的な戦略を取る場合は、「スワップポイントが高いかどうか」、「通貨変動リスクがどれだけあるか」という2点が重要になってきます。

ドル/円(USD/JPY)

プラススワップ方向 買いポジション スワップポイント参考値 0~5円/1万通貨単位

  • 世界中の投資家に人気のある通貨ペアですが、スワップポイントは少ない傾向があります。
  • 比較的安定した価格推移をしていますが、過去にはリーマンショック前後で1ドルあたり50円近く変動しています。
  • 今後も国際情勢や経済状況によって大きな変動の可能性があるため、長期的な運用をする際は注意が必要です。

ポンド/円(GBP/JPY)

プラススワップ方向 買いポジション スワップポイント参考値 5~15円/1万通貨単位

  • イギリスと日本の通貨ペアです。イギリス、日本はどちらも金利が非常に低いため、スワップポイントのみでの利益はあまり期待できません。
  • リーマンショック前後で1ポンドあたり約135円の大幅な変動がありました。
  • ドル/円と同様に国際情勢や経済状況によって大きな変動の可能性があるため、長期的な運用をする際は注意が必要です。

トルコリラ/円(TRY/JPY)

プラススワップ方向 買いポジション スワップポイント参考値 4~5円/1万通貨単位

  • トルコの政策金利は19%であるため、スワップポイントを狙うトレードとしては上記のペアより、リワードの大きい選択肢といえるでしょう。
  • 通貨の変動リスクは大きく、2008年に最高値の95円を記録した後、上下を繰り返し現在は約13円のレートまで下がっています。
  • メジャー通貨とのペアと比較するとボラテリティが高く、流動性も少ないため、突発的なニュースで価格が変動する可能性が高いペアといえます。
  • スワップポイントなどのリターンが多い分リスクも高い通貨ペアであることをしっかりと意識しましょう。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

プラススワップ方向 買いポジション スワップポイント参考値 7~9円/1万通貨単位

  • 南アフリカの政策金利は3.5%です。また通貨の流動性が低く、スプレッドは広く設定されている場合がほとんどです。
  • 一方で南アフリカはアフリカ全体のGDPのうち20%を占める大国かつレアメタルや金やダイヤモンドなどの鉱物試験の輸出が盛んなため、比較的世界経済の状況に影響されにくいという特徴があります。

メキシコペソ/円(MXN/JPY)

プラススワップ方向 買いポジション スワップポイント参考値 5~7円/1万通貨単位

  • メキシコの政策金利は4.5%です
  • 通貨変動リスクは低いとは言えません。2005年に1メキシコペソあたり約11.5円をピークに底値を更新し続け、2020年に4.2円を最底値となっています。
  • 地政学的には北米やブラジルとの関係が深くなっています。

スワップポイントの注意点

次にスワップポイントを活用しながらFX取引をする場合の注意点について解説します。

スワップポイントは金利の差であるため、「金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売る」というポジションを持った時にプラスとなります。
一方でその逆となる「金利の低い通貨を買い、金利の高い通貨を売る」というポジションを持った場合は、スワップポイントはマイナスとなってしまいます。スワップポイントがマイナスのポジションは保有する期間が長ければ長いほど大きな損失となるため注意が必要です。

マイナススワップに気をつける

また、スワップポイントは証券会社によって異なります。さらにポジション保有中にスワップポイントが大きく変動する可能性もあります。そのため定期的なポジション、スワップポイントの確認が必須となります。

さらにマイナス金利となっている通貨があることにも気をつけましょう。金利がマイナスになるとスワップポイントの計算も変化してしまいます。

高金利通貨はハイリスクハイリターン

スワップポイントで得た利益も課税される!

 FXの利益は、日本の税制上では「雑収入」に該当します。年間20万円を超えると申告の義務が発生し、手続きや税金の納付が必要となります。

スワップポイント運用のコツ

最後にスワップポイントを活用した長期的な資産運用のコツについて解説を行います。

取引は必ず”余剰資金”で行う

 長期投資に限らず、資産運用は必ず「余剰資金」で行いましょう。
 もし、月々に必要となる「生活資金」をFX等で利用してしまうと、冷静な判断ができなくなってしまう可能性があります。数年手を付ける予定のない「余剰資金」を使って運用を行いましょう。

複数の通貨ペアに分散して投資する

 リスクを分散するために複数の通貨ペアに分散してポジションを持つことを推奨します。
 特にスワップポイントを活用する運用方法では、原則長期投資となります。国際情勢や経済状況による為替レートの大幅な変動などのリスクに備え、複数の通貨ペアに分散して投資しましょう。

レバレッジをかけすぎない

 長期でポジションを持ち続けるためには、急騰や急落にも耐えられる資金管理が重要になります。レバレッジをかけることで利益を増大させることができる一方で、損失も大きくなってしまいます。
 レバレッジを利用する際は、口座資金に見合ったレバレッジを選択しましょう。

必要証拠金の確認を怠らない

オススメ FX会社スワップポイント4選

スワップポイントを活用して資産運用益を増やすためには、スワップポイントの高い証券会社を選ぶ必要があります。
スワップポイントは証券会社ごとに異なるだけでなく常に変化しています。
ここではオススメの証券会社を4つ紹介します。

※2021年9月2日12時時点のデータになります

企業名松井証券外為オンラインGMOクリック証券FXプライムbyGMOヒロセ通商株式会社JFX株式会社SBI FXトレードFXブロードネットゴールデンウェイ・ジャパンインヴァスト証券楽天証券マネーパートナーズ外為どっとコムDMM.com証券トレイダーズ証券
口座開設DMM FX
取引手数料0円【1,000通貨単位】 0円 *10円 *2【1万通貨以上】 無料
【1万通貨未満】 3銭
*3
0円0円0円0円 *40円0円0円0円0円0円0円
米ドル/円
スプレッド
0.2銭0.9銭0.2銭
【原則固定】
0.3銭
※1取引 50万通貨以下の場合
0.2銭
【原則固定】(例外あり)
0.3銭0.09銭0.2銭0.1銭0.3銭0.2銭0.0銭0.2銭
【原則固定】(例外あり)
0.2銭
【原則固定】(例外あり)
0.2銭
【原則固定】(例外あり)
最低取引単位1通貨1,000通貨10,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1通貨<ブロードコース>  10,000通貨
<ブロードライトコース>  1,000通貨
1,000通貨1,000通貨1,000通貨100通貨1,000通貨10,000通貨1,000通貨
通貨ペア
取り扱い数
20通貨ペア26通貨ペアFXネオ:20通貨ペア
くりっく365:30通貨ペア
20通貨ペア50通貨ペア26通貨ペア34通貨ペア24通貨ペア30通貨ペア17通貨ペア
(くりっく365を利用すれば25通貨ペア)
24通貨ペア26通貨ペア30通貨ペア20通貨ペア29通貨ペア
キャッシュ
バック金額
1万通貨毎に5円
(上限なし!)
最大
150,000円
キャッシュバック
最大
30,000円
キャッシュバック
最大
1,000,000円
キャッシュバック
最大
300,000円
キャッシュバック
最大
101,000円
キャッシュバック
5,000円
キャッシュバック
最大
20,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
新規注文1万通貨当たり1円
上限なし
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
103,000円
キャッシュバック
最大
200,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
特徴100円から取引できる、あんしんFX
取扱通貨ペア業界最狭水準*5のスプレッド(但し、トルコリラ/円、ポンド/豪ドルは除く)
取扱通貨ペアは20通貨ペアに拡充
全通貨ペア、取引手数料は0円
1倍〜選べるレバレッジ率
自動発注システムがある
新規取引口座開設で最大150,000円のキャッシュバックが受けられる(※条件あり)
miniコースでは最低5,000円から取引できる
合計26の通貨ペアの取引が可能で取扱数が比較的多い
最小100通貨から取引できるので初心者向き
テレビCMでお馴染みの信頼
スプレッド幅が米ドル円で0.2銭と小さく、また原則として固定スプレッドで運営されているため、いつでもお得に取引できる
FX以外にも株式、投信、先物など様々な金融取引をおこなえる
保有する株をGMO証券に貸し出して金利を受け取る貸株サービスがある 1,000円未満で始めることができるバイナリーオプションによって少額投資ができる
『はっちゅう君FXプラス』などの使いやすいツールがある
約定率99%と高確率でスリッページなく約定が成立している実績がある
そのため、短期トレード(スキャルピング)をおこなう方に向いている
『ちょいトレFX』を活用すれば、簡単なマウス操作でシステムトレードができる
選べる外為オプションでバイナリーオプションも利用できる
ワンタッチで取引できるハイスピード注文が便利
取扱通貨ペアが50と国内のFX業者では圧倒的に多い
毎月行われるキャンペーンで取引量に応じてプレゼントがある
クイック入金提携先が380行と充実している
チャートツールや取引ツールが充実しており、使用環境や端末に応じて選択できる
マーケット情報や各種為替レポートなど取引に役立つ情報コンテンツが満載
通知機能や注文・決済方法が充実しておりスキャルピング取引がしやすい
約定スピードが0.0001秒と非常に早い
ロイター指数 をほぼリアルタイムでチェックできる
PCとスマホなどで同時ログインができる
毎月キャッシュバックキャンペーンを実施している
米ドル/円の通貨ペアは業界最狭水準スプレッドの0.09銭で取引できる
34通貨ペアと比較的多くの通貨で取引できる
プロの為替ディーラーが監修した使いやすいアプリが好評
最良水準のスワップポイントに設定されている
AIチャット機能など、サポート体制が充実している
自動で繰り返し注文してくれるトラッキングトレードにより手軽にトレードできる
口座維持手数料や管理料、出入金手数料が無料
『FXブロードネット for デスクトップ』では世界時計がチェックできるので便利
PCダウンロード版、アプリ版、タブレット版など6種類の取引ツールを実装
自動売買の解説が豊富で、初心者でもチャレンジしやすい
米ドル/円のスプレッドが原則固定で0.1銭と低く設定されている
最小取引単位が1,000通貨単位で4,000円程度から取引できる
オリジナルの MT4 を用いた取引が可能
取引サーバー、営業拠点、カスタマーサポートが全て国内にあり安心感がある
自動売買取引と裁量取引を同時に行うことができる
FX業者であるくりっく365にも対応
1万円から世界のETFに投資ができる画期的な取引サービスがある
特定通貨の取引で往復キャッシュバックキャンペーンが継続して開催されている
YouTubeで動画セミナーやトレーディングアドバイザーサポートなど投資のヒントを得る手段が充実している
10万通貨を取引するごとに楽天スーパーポイントが付与される
レバレッジが自由に調整できるので自分のスタイルに合った取引が可能
マーケットスピードFXやiSPEED FXなどの取引ツールが好評で約40種類のテクニカル指標を用いた分析ができる
米ドル/円のスプレッドが0.0銭と圧倒的に狭い
クイック審査によって口座開設から最短1時間で取引が開始できる
かんたんトレナビによってFXのいろはが学べる
nano口座では最小100通貨から取引できる
スマホやタブレットにも完全対応している
保有株をマネーパートナーズに預ければ、現金不要での取引も可能
メキシコペソ、トルコリラ、ノルウェークローネなどの珍しい通貨を取引できる
各種キャンペーンを適用すれば最大103,000円のキャッシュバックが受けられる
マネ育チャンネルという独自コンテンツで参考になる情報が提供されている
最短で即日口座開設して取引開始できる
バイナリーオプションへの投資も可能
取引応援ポイントサービスがありランクに応じてポイントが付与される
DMMFX株券担保サービスにより現物株式を証拠金として利用できる
3つの金融機関により信託保全を行っている
各種取引ツールによって簡単な操作で取引できる
通貨強弱が一目でわかるオリジナル分析ツールによって初心者でも気軽に取引ができる
365日24時間 リアルタイム反映可能な金融機関を多く取り扱っている
申し込みから最短1時間で利用が開始できる
高水準のスワップポイントも魅力
トレーダーをフォローして自動売買を行う「みんなのシストレ」サービスを展開
監修者
コメント
「松井証券 MATSUI FX」は、初めての方でも少額から簡単に始められる“あんしんFX”をコンセプトとし、 「全通貨ペアが1通貨単位から取引可能!」、「業界最狭水準のスプレッド!*5」、FX初心者も安心、「夜間まで受付可能なFX専用サポートダイヤル」をご提供してまいります。

松井証券は、「お客様の豊かな人生をサポートする」という企業理念のもと、個人投資家にとって価値のある金融商品・サービスの提供を目指しています。FXにおいてもこの理念は変わりません。多くの方が松井証券の新しいFXにご興味持っていただけますと幸いです。
『外為オンライン』では、レンジ相場に適したサイクル2取引と、トレンドの出ている相場に適したiサイクル2取引と呼ばれる2つの自動発注システムが用意されています。
売りと買いを自動で繰り返し行ってくれることにより、初心者でも簡単に取引できます。
24時間取引ができるため、MT4 による EA のように別途サーバーを確保する必要もありません。
『iサイクル2取引』でも利用できるminiコースでは、現在の為替相場では5,000円以下の元本でも投資が可能です。
新規口座開設が完了した日から90日間は、サイクル2取引およびiサイクル2取引の手数料が無料になるキャンペーンもおすすめです。
GMOクリック証券は、スプレッド幅が原則0.2銭の固定スプレッドでお得に取引できます。
また、口座維持費や出入金手数料なども無料で、余計な費用がかからない点が魅力的です。
FXネオと取引業者を介して売買するくりっく365の双方が利用でき、通貨ペアやトレードスタイルによる使い分けができます。
幅広い金融商品の取引を展開しているのもGMOクリック証券の強みです。
特に貸株サービスは、長期間保有していてそのままになっている株や、信用取引で必要保証金として利用している株を活用して、金利収入を得られる便利なサービスといえます。
『はっちゅう君FXプラス』などの使いやすいツールで、簡単かつスピーディに取引ができる点も評価できます。
『FXプライムbyGMO』は、多くのインターネットサービスを提供しているGMOグループが運営しているサービスです。
約定率が99%と非常に高く、スキャルピングを頻繁におこなう方におすすめ。
また、『ちょいトレFX』と呼ばれるシステムトレードサービスがあります。
マウス操作で条件を選んで独自のストラテジーを作成できたり、用意されているストラテジーを選ぶことで、初心者でも手軽にシステムトレードにチャレンジできます。
取引通貨ペア数は20と少なめですが対円での通貨ペア数は他社と遜色なく、ポーランドズロチ、香港ドル、シンガポールドルなどの珍しい通貨取引にも対応しています。
『ヒロセ通商株式会社』は、取り扱い通貨が50銘柄と非常に多く、ハンガリーフォリント、ノルウェークローネなど珍しい通貨のトレードにも対応しています。
そのうえ、注文方法も27種類と豊富で、状況に応じて柔軟に使い分けることが可能です。
取引量に応じたプレゼントキャンペーンを頻繁に実施されており、新規入会者だけでなく継続利用しているトレーダーも多くの恩恵を受けることができます。
元カリスマディーラーの小林芳彦さんが出演するプレミアム大反省会など、トレーダー同士がコミュニケーションを取るコンテンツも充実しています。
その他、各種情報コンテンツや、無料のオンデマンドセミナーなど、良質な情報を入手できる機会が豊富であるところも魅力的です。
『JFX株式会社』は約定スピードが0.0001秒と非常に早く、設定により確認画面なしのワンクリック約定が可能なため、スピーディーな取引が可能。
ロイター指数 をほぼリアルタイムでチェックできるので、指標をベースとした取引にも向いています。
PCとスマホなどで同時ログインにも対応しているため、シーンを問わず取引することができます。 即時性が問われるスキャルピング取引に適した業者といえます。
また、 MT4 チャートを利用でき、50種類以上のテクニカル分析が可能です。
毎月キャッシュバックキャンペーンを実施しており、取引量に応じてグルメ商品などを獲得できます。
SBI FXトレードは、多くの金融サービスを手がけるSBIグループが運営しています。
口座開設時やトラブルの際、主要通貨ペアの動向を回答してもらえるAIチャットによるサポートが便利です。
米ドル/円の通貨ペアは業界最狭水準スプレッド0.09銭で取引でき、他の通貨ペアも比較的狭いスプレッド幅で取引できます。
また、ロシアルーブルなど資源国通貨の取扱いが豊富で、仮装通貨のトレードにも対応しています。
また、スワップポイントが高めに設定されている点も魅力的です。
プロの為替ディーラー監修のアプリを利用するで、豊富な相場情報を手軽にチェックしながら取引可能です。
『FXブロードネット』では、リピート系注文トラッキングトレードの自動売買で手軽にトレードできます。
シンプルなルールで自動発注されるFX取引の注文機能であり、注文の仕組みや利益を出すロジックが明快です。
FX初心者からFX自動売買に精通したトレーダーまで、多くの方が有効性を実感しており利用者が増加中です。
また、山中康司氏による自動売買の解説、4人のトレーダーによるトラッキングトレード対決など自動売買をおこなう上で参考となる情報発信を積極的に実施。
6種類と取引ツールのバージョンが豊富なため、自分の取引スタイルに合わせて柔軟に取引ツールを選択可能です。
『ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社』の『FXTF』は、米ドル/円のスプレッドが原則固定で0.1銭、ユーロ円でも0.3銭、豪ドル円で0.4銭など全般的に低く設定されています。
取り扱い通貨は必ずしも多くありませんが、外貨対外貨の通貨ペア対応が豊富なため、相場環境に応じて柔軟に通貨ペアを選択できます。
豊富なチャート・テクニカル指標などが搭載されている MT4 を用いた取引が可能。
LINEチャットでのサポート機能やマーケット情報を配信してくれるサービスも魅力です。
また、24時間即時での入金に対応しており、深夜にエントリーポイントが発生した場合などにもすぐに投資を始められます。
『インヴァスト証券』は、自動売買取引と裁量取引を同時に行うことができる『トライオートFX』というサービスが人気。
加えて、少額かつ低コストで世界のETFに投資ができる『トライオートETF』もあるため、FXとETF双方で投資をおこなう方におすすめ。
自動売買取引ツールは、売買手法を選ぶだけで簡単に始める方法と、オリジナルの自動売買の手法を作成する方法があり、初心者にも上級者にも便利です。
『楽天証券』のFXサービスは、楽天スーパーポイントが付与される他、上限なしのキャッシュバックキャンペーン(条件あり)をおこなっている点が魅力です。
5パターンのレバレッジコースから選んで取引を始められるため、初心者は低レバレッジに設定することで、大きな損失を被るリスクを抑制できます。
『マーケットスピードFX』や『iSPEED FX』などの取引ツールが好評。
また、スプレッドが米ドル/円で0.5銭程度と拡大しますが、MT4を用いた取引も可能です。
『楽天証券』を通じて様々な証券投資を並行して行えるので、多様な投資を検討している方におすすめです。
『マネーパートナーズ』は、注文数量5万通貨までの米ドル/円のスプレッドが0銭、18:00〜21:00に限り20万通貨まで0.0銭になるキャンペーンを実施。
nano口座を利用すれば、最低取引単位は100通貨で、わずか数百円からスタートできます。
PCからPFXストリーミング注文を行えばスリッページや拒否なしの約定力100%で、安心してFXに取り組めます。
また、米ドル対金・銀のFX取引に対応している点も特徴的で、投資先を分散したい方にとっては魅力的です。
取引サポートツールの『かんたんトレナビ』が、買い時と売り時を表示してくれるので初心者でも簡単に取引可能です。
『外為どっとコム』は、30通貨ペアの取り扱いがあり、メキシコペソやノルウェークローネなどの珍しい銘柄を取引できます。
また、米ドル/トルコリラ、豪ドル/ニュージーランドドルなど外貨対外貨の通貨ペアの取扱いも豊富です。
メキシコペソ/円で1日10万通貨当たり60円、南アフリカランド/円で90円などスワップポイントも高めに設定されているため、スワップポイント狙いの投資を行う方にもおすすめです。
老舗のFX取引所ということもあり、情報網が確保されており、マネ育チャンネルという独自コンテンツを取引に役立てることができるでしょう。
『DMM.com証券』のFXは、取引応援ポイントサービスで取引に内容に応じたポイント付与の仕組みがあります。
また、DMMFX株券担保サービスによって現物株式を証拠金として利用できる点も特徴的。
DMM 株口座で保有している現物株式の70%相当額について、証拠金として利用することができるため、株式投資を行っている方なら現金なしでFX投資を始められます。
LINEを用いたお問い合わせも可能となったことから、気軽に相談することができます。
また、チャート分析や取引状況の可視化に特化した取引補助ツールにより、手軽に高度な分析を行いながらFX取引が可能です。
『トレイダーズ証券』が手がけるFXサービスとして、『みんなのFX』があります。
通貨強弱が一目でわかるオリジナル分析ツールが用意されており、初心者でも気軽に取引できます。
コールセンターのサポート体制が充実しており、メールや電話などで気軽に相談できます。
約定スピードが自慢のサービスで、約定率は社内バックテストで99.9%と高水準
また、優秀なトレーダーを選んで24時間自動取引が行える『みんなのシストレ』システムにより、気軽にシステムトレードにチャレンジできます。

*1 iサイクル2取引は1,000通貨当たり片道20円
*2 自動ロスカット発生時、追加証拠金制度による強制決済執行時のみ1万通貨単位あたり税込500円。但し、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は、10万通貨単位あたり税込500円。
*3 【強制決済・ロスカット手数料】南アフリカランド/円、メキシコペソ/円 0.5銭、それ以外のペア5銭
*4 トラッキングトレードで新規約定した取引には、1ロットあたり新規手数料200円(ライトコースは20円)と決済手数料200円(ライトコースは20円)の取引手数料が発生します。取引手数料は新規注文約定毎(繰り返される注文も含みます)に新規手数料と決済手数料を合わせてお客様の証拠金から徴収いたします。
*5 取扱通貨ペア(トルコリラ/円、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、YJFX!)の中央値と比較。(2021年1月27日時点、松井証券社調べ)

『外為オンライン』

 初心者からトレード上級者まで幅広く支持を受けている証券会社となります。
 デモトレードにも対応しており、最短1分で利用可能となっています。未経験者でもすぐに取引を始めることができます。

 スワップポイントは

米ドル/円買い0円程度売り-40円程度
英ポンド/円買い0円程度売り-40円程度
トルコリラ/円買い45円程度売り-45円程度
南アフリカランド/円買い5円程度売り-30円程度
メキシコペソ/円買い5円程度売り-15円程度
外為オンライン

『GMOクリック証券』

 

米ドル/円買い5円程度売り-8円程度
英ポンド/円買い10円程度売り-13円程度
トルコリラ/円買い45円程度売り-4円程度
南アフリカランド/円買い11円程度売り-14円程度
メキシコペソ/円買い5円程度売り-8円程度
GMOクリック証券

『FXプライムbyGMO』

 

米ドル/円買い3円程度売り-18円程度
英ポンド/円買い5円程度売り-20円程度
トルコリラ/円買い444円程度売り-54円程度
南アフリカランド/円買い8円程度売り-11円程度
メキシコペソ/円買い7円程度売り-10円程度
FXプライムbyGMO

『外為どっとコム』

 

米ドル/円買い5円程度売り-30円程度
英ポンド/円買い5円程度売り-30円程度
トルコリラ/円買い42円程度売り-77円程度
南アフリカランド/円買い8円程度売り-18円程度
メキシコペソ/円買い6円程度売り-11円程度
外為どっとコム


※各通貨ペアのスワップポイントは記事作成時点での一日に受け取る金額です。
 プラスは受け取り、マイナスは支払いを示しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。スワップポイントを活用する資産運用方法やリスク、各通貨ペアごとの特徴などについて解説しました。
解説内容を下記にまとめているので、ご自身のトレードにご活用ください。

  • スワップポイントはポジションを保有している限り発生します。
  • トレードは余剰資金で行いましょう。
  • 通貨ペアの選択や各通貨ごとの特性やリスクにも注意しましょう。
  • 高金利通貨はリターンが大きい分、リスクも大きいことを覚えておきましょう。
  • レバレッジをかけすぎず、複数の通貨ペアに分散して投資しましょう。
  • スワップポイントで発生した利益であっても年間20万円を超える場合は申告義務が発生します。