記事の監修者

伊藤圭佑

資産運用会社に勤める金融ライター。証券アナリスト保有。 新卒から一貫して証券業界・運用業界に身を置き、自身も個人投資家としてさまざまな証券投資を実施。キャリアにおける専門性と個人投資家としての経験を生かし、経済環境の変化を踏まえた投資手法、投資に関する諸制度の紹介などの記事・コラムを多数執筆。


口座を開設していざトレードを行うとき、どうやって注文するの?と思う方も多いのではないでしょうか? ここではそんなあなたにも使いやすい注文の種類や、実際どのように使用するのかについてそれぞれ解説を行っていきます。この解説を見たあなたは今後どのような時にどのような注文方法を行うと良いのか、について理解することができます。

FXの注文の種類

FXの注文の種類

今回解説を行う注文方法はどの証券会社にでもあるような基本的な注文方法です。注文方法を使いこなすことによってチャートを見ていない時にもエントリーや決済ができます。

その種類は大きく分けて「その場で行う注文」「ポジション保有前(条件に達してない)注文」「ポジション保有中の注文」です。3つのタイミングで使用するそれぞの注文方法について解説を行います。証券会社によってはこの時間に決済を行う、決済レートを自動的に調整する、などの注文方法も存在します。

まずは今回解説するメジャーな注文方法の特徴を理解し、今後のトレードの参考にしてください。

その場で行う注文

今見ているその価格でポジションを保有(決済)する注文方法です。成行新規注文(決済)が該当します。

ポジション保有前(条件に達していない)注文

こちらはポジションを保有していない状態かつ、今すぐその場でエントリーしない注文方法になります。事前に設定した価格に到達した場合に自動で売買が行われる注文方法です。IF-DONE(イフダン)、IFD-OCO(イフダンオーシーオー)注文が該当します。

ポジション保有中の注文

エントリーした後(ポジション保有中)の状態で行う注文方法です。指値、逆指値(リミット、ストップ)・OCO注文が該当します。
(※OCO注文に関してはポジション保有中の決済における注文方法としてピックアップしています。)

エントリー前やエントリー後に行う注文はトレンドやレンジなど相場の方向性の分析ができた後に、今ではないがこの価格ではエントリーしたい(決済したい)というときにその価格になるまでチャートに張り付くことなくトレードを行うことができる注文です。

その場で行う注文

その場で行う注文

成行新規注文の解説と使用例

成行注文(成行新規注文)とは、値段を指定せずに今その場で確定している価格(レート)でポジションを保有することです。注文の確定を優先する注文方法であるため、希望するレートで必ずエントリーができるわけではありません。

ずれが発生する幅に関しても常時であれば数pips程度ですが、指数発表時などレートが激しく動く場合であればズレの幅が大きくなる可能性が高くなります。

また、余計な手順が少ないため注文を実行するまでのスピードが速く、急いで対処することが可能です。証券会社によってはワンクリック注文といって、クリックするだけで、現在のレートでエントリーを行える注文方法もあります。

具体的な使用例としては、トレンドが発生している状態で今が天井圏(底値圏)だと判断したときに行うことが一般的です。ある程度経験を積んだ方は指数発表時など取引が活発になっている時に今の流れを予想してエントリーを行う方法などがあります。

同じように、スキャルピングという1分足や5分足等でごく短いトレンドや一瞬の反発を狙ったトレードに使用するのも成行新規注文です。

成行決済注文の解説と使用例

成行決済注文は上記の「成行新規注文」と注文方法やその特徴は同じですが、違いは持っているポジションを決済するときの注文です。そのためここでは使用例のみ解説を行います。

具体的な使用例はレートが損失側に急落(高騰)した場合、これ以上損失が増えないようにポジションを決済します。

また、利益側にレートが急落(高騰)した場合、利益確定の反発(反落)があるのではないかと判断した場合に今の利益を確定するために成行決済注文を行います。

ポジション保有前(条件に達していない)に行う注文

ポジション保有前(条件に達していない)に行う注文

IF-DONE(イフダン)注文の解説と使用例

IF-DONE(IFD イフダン)注文とはエントリーと決済の2つの注文をあらかじめ設定することができる方法です。

注文の仕方としては「①この価格になった場合にエントリーする」という注文と「②この価格になったら決済する」という注文を組み合わせて行います。①の価格に到達した場合のみ②の注文が発生するのがこの注文方法の特徴です。

「ここまでレートが来たときにエントリーしたい、その場合決済はこのレートで行いたい、しかし、それまでずっとチャートを見続けることができない」という場合に有効な注文方法です。

注意点は、2つ目の注文を利益側に設定するか、損失側に設定するかということです。

2つ目の注文を利益側に設定する場合、利益の金額は計算できますが、損失側の注文がないため、チャートの動きによっては最悪どこまでも損失が膨らむ可能性があるため注意が必要です。

2つ目の注文を損失側に設定する場合、損失の金額は計算できますが、利益側の決済注文がないため、チャートの動きによってはどこまでも利益が膨らむ可能性があります。

以上から、2つ目の注文方法は損失側に設定することをおすすめします。

具体的な使用例としては、現在の相場がレンジ相場だと判断し、今のレートが天井圏付近にいる場合、IF-DONE注文にてエントリーを底値圏に設定し、過去の天井圏付近に決済注文を設定します。

または、アップトレンドが発生していると分析したとき、現在が天井圏にある場合は過去の底値圏より高いレートにエントリーポイントを設定し(アップトレンドが継続する場合は過去の高値と安値は高い価格に更新され、過去の安値圏より高い位置で反発する可能性が高いためです)、過去の底値圏より多少低い価格に決済注文を入れ、アップトレンドが継続していく限り決済のポイントを更新していく方法があります。

IFD-OCO(イフダンオーシーオー)注文の解説と使用例

IF-DONE注文の派生版であるIFD-OCO(イフダンオーシーオー)注文は、IF-DONE注文の2つ目の注文(決済)をOCO注文(2つの決済レートを指定し、その中からどちらかのレートに到達すると決済を行い、もう片方の注文はキャンセルされる)する方法です。この注文方法の利点は利益、損失ともに値が決定しますので利益や損失の計算が可能だということです。

具体的な使用例としては、天井圏や底値圏が予測できたときにエントリーしたいレート、決済したいレート2つ(天井圏・底値圏)を設定し、後はどちらかが確定するまで待ちます。

この注文方法はトレンドフォローよりはレンジ(ボックス)相場に向いています。トレンドフォローでの例としてはアップトレンドが継続している場合は基本的には高値、安値はより高いレートで更新していくため、利益側を限定するIFD-OCO注文は利益の最大化を狙う場合には向いていません。

レンジ(ボックス)相場が継続している場合、基本的な考え方として高値、安値は大きく変化がないため、できる限り天井圏(もしくは底値圏)に近い辺りでエントリーし、反対の底値圏(天井圏)で決済を繰り返していく方法がIFD-OCO注文の利点を生かした注文方法です。

ポジション保有後に行う注文

ポジション保有後に行う注文

エントリー後に行う注文としては指値・逆指値・OCO注文があります。基本的にチャートを見ていない(見られない)ときに代わりに決済を行うレートを設定する注文方法となります。それぞれの注文方法について解説を行います。

指値注文の解説と使用例

指値注文という呼び名は日本独自であり、株式市場でもよく使われていますが、日本以外ではリミットオーダーという名称が一般的です。

指値注文は現在の価格より利益側(買いのエントリーであればレートが高い価格。売りのエントリーであればレートが低い価格)に注文を行います。利益側の決済ですが、必ず利益にならないと決済できないというわけではなく、現在が損失の状態であればそれより損失が少なくなる価格での注文も可能です。また、現在のレートに近すぎる場合、注文はできないので注意が必要です。

具体的には、現在保有中のポジションに対して、自分がチャートを見ていない時にこの価格に達した場合に決済をしたい、というときに有効な注文方法です。この注文方法の注意点は逆指値の注文がなく、損失側の値が未決定であることです。

そのため、レートの動き方によっては損失が膨らむ可能性があります。

逆指値注文の解説と使用例

逆指値注文も同じく日本独自の呼び名であり、指値注文と同じく決済に使う注文方法です。日本以外ではストップオーダーという名称が一般的です。

注文方法は指値注文と同じく決済する価格を設定するのですが、損失側(買いエントリーであればレートが低い価格、売りエントリーであればレートが高い価格)に注文を行います。いわゆる損切り(ストップロス)の注文となります。

損失側の決済とは言いますが、必ずマイナスの決済でないと確定できないわけではなく、現在のポジションが利益を出しているのであればその値より少ない利益の価格であれば注文を出すことが可能です。また、現在のレートに近すぎる注文はできないので注意が必要です。

具体的には、指値注文と同じく現在保有中のポジションに対して、自分がチャートを見ていない時にこの価格に達した場合に決済をしたい、というときに有効な注文方法です。

こちらの注文の特徴としては損失側の金額が確定しているため、それ以上の損失が発生することはなく、新しいエントリーを行う計算ができます。

OCO注文の解説と使用例

OCO(オーシーオー)注文は指値と逆指値の両方の注文を行い、そのどちらか片方の注文が確定するともう片方の注文がキャンセルされます。先ほど解説したIFD-OCO(イフダンオーシーオー)注文の2つ目(決済)の注文と同じ注文の仕方になります。

使用例や基本的な注意点はIFD-OCO(イフダンオーシーオー)の決済と同じで、利益側・損失側の価格を注文することで、この注文の利益や損失の金額を決めることができます。

チャートに表示されるBIDとASKとは何?

チャートに表示されるBIDとASKとは何?

FXでエントリーを行うときに価格が2つ表示されています。それぞれBID(ビッド)とASK(アスク)と呼び、例えばドル円で「100.10 ー 100.15」と表示されている場合はBIDが「100.10」でASKは「100.15」となります。この間の金額で取引が行われるのではなく、買いのエントリー(売りの決済)を行うのであればレートが高い方、売りのエントリー(買いの決済)を行うのであればレートが低い方の価格で決済されます。

どちらがBIDでどちらがASKかについては正確に覚えていなくてもトレードは可能です。

要は高く買わされて、安く売られる、という風に考えておけば大丈夫です。

おすすめのFX(証券会社)5選

おすすめのFX(証券会社)5選

どれだけ勉強してもトレードを行うには証券会社に口座の開設が必要です。

FXでは銀行のように何社でも口座の開設は可能ですので、短期売買向けや中長期向けのトレード用、低資金用の口座など用途別に分けてトレードを行い資産へのリスクを減らすことも可能です。

ここではおすすめの証券会社を紹介いたします。ご自身のトレードとの相性がよい証券会社を選定してみましょう。

松井証券(MATSUI FX)

松井証券が運営しているMATSUI FXの特徴は1通貨単位からの取引が可能なことです。他の証券会社は1000通貨単位での取引が最低であることがほとんどです。

しかし、松井証券FXではドル円であれば1通貨単位に必要な証拠金が約100円で取引可能です。

また、FXの証券会社として運営を行う前に株取引での長期の実績がありますので企業としての安心面も高いです。

さらにスマホでの取引もできます。スマホ上で今のチャートを確認しエントリーも可能で、市場で起きているニュースなどの情報も入手することができます。

加えて、松井証券FXのLINE公式アカウントに登録することでマーケットニュースや為替レートの確認も可能です。

MATSUI FX(松井証券)

外為オンライン

外為オンラインの強みは高い情報力です。毎日の分析やディーラーによる今週の相場予想、有名アナリストの相場観情報、外為オンラインに所属するアナリストによる実践チャート分析方法など、初心者・中級者に向けて多くの情報を提供しています。

ファンダメンタルズ分析において情報の収集ツールは多い方がより有利に働きます。

外為オンライン独自の自動売買システムも利用が可能です。

外為オンライン

GMOクリック証券

GMOクリック証券はFX取引高No.1の実績を誇っています。取引実績の高さはその分信頼があると考えることができます。スプレッドもドル円で最狭0.2銭であり、スワップポイントも業界内では高水準です(スワップポイントの出金も可能です)。

注文を行うツールは自社開発品で、PC(デスクトップ用)の「はっちゅう君FX」では取引・チャート・通貨ペア(気配値)・ニュースが画面に表示されており、注文を行うために必要な情報を一度に確認することができます。

スマホ版でもスワイプで切り替えることができスムーズな発注が可能です。

GMOクリック証券

インヴァスト証券

インヴァスト証券の強みは自動売買を利用できることと、自分でルールを設定した独自の自動売買を作ることができる点です(自動売買での取引には手数料が必要です)。

操作方法や困ったことがあれば電話やメールでのサポートも受け付けているため、もしもの時も安心です。入金に対してもほぼ24時間手数料なしで受け付けています。

トライオートFX

DMM.com証券

DMM.com証券は、口座開設数急速に伸びている勢いのある証券会社です。

取引におけるスプレッドも業界では最狭レベルで、取引量に応じて「取引応援ポイント」が別途付与されるため、実質的なコストはさらにお得です。

口座開設の申請はスマホから写真で必要な書類を送信することで完了します(最短で1時間)。そのため当日からの取引も可能です。サポートに至っては電話やメールはもちろんLINEでの問い合わせにも対応しています。

DMM.com証券

まとめ

FXにおける基本的な注文方法についてその解説と使用例を説明しました。注文方法によっては実際チャートに張り付かなくても決済が行えるなど便利な点もあります。しかし、注文の仕方によっては損失が予想以上に膨れ上がる可能性がありますので、ご自身の条件に合わせて注文を活用してください。

今回の記事で押さえてほしい内容は以下の通りです。

  • 注文方法のタイプは「その場で行う注文」「エントリー前の注文」「エントリー後の注文」の3通りがある。
  • リミット(ストップ)オーダーを使うことでチャートに張り付いていなくても注文を確定させることができる。
  • 損失側の決済がない注文方法はどこまでも損失が膨らむ可能性があるので注意が必要。
  • BID・ASK等の呼び名もあるが、トレードに必要なのはどの数値でエントリー(決済)されるのかを理解すること。
  • レンジ(ボックス)相場にはOCOを絡めた注文方法が便利。
  • トレンドが発生している時にはストップ注文を行い、その都度更新していく注文方法であれば利益の最大化を狙うことが可能。