電力会社も選ぶ時代


あなたの生活に合う、電力会社をお得に選ぼう


注目の電力会社

迷ったらまずはこの中から選ぼう


電気自由化とは

これまでの電気というのは、政府の認可を受けた電力会社(東京電力、関西電力など)が地域ごとに独占的に販売し、それ以外の事業者が参入することは出来ませんでした。

2016年4月から始まった電力の小売全面自由化により、いろいろな事業者の参入が自由に出来るようになりました

今まで大手企業向けに販売していた事業者や、新たにエネルギー関連、通信会社などの事業者までも参入し、いろいろな業種の事業者が電力の販売しています。


電力供給の仕組み

今までの電力会社から新しい事業者へ切り替えて、今まで通りに電気が安定的に供給されるか心配される人も多いかもしれません。

発電所で作られた電気は、送電線によって変電所に運ばれた後に、各家庭に供給されています。

電力自由化により、変電所から各家庭へ販売する事業者が自由に参入出来るようになりましたが、
電力のバランスや停電のリスクを抑え、安定供給を行っていた発電・変電所や送電線における送電設備に関しては、今まで通り電力会社(東京電力、関西電力など)が担うために、
切り替えても安心して利用することが出来ます。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/supply/


どんなことが出来るようになった?

新規参入も含めて、多くの事業者が電気の小売市場に参入してきたことから、競争が活性化され各事業者によっていろいろな料金メニューやサービスが提供されています。

例えば、ガス会社や通信会社によるセット割引やポイント付与による還元を売りにしている事業者などがあり、自分の生活に合った事業者を選ぶことができるようになりました。


よくある質問

マンションなどの集合住宅に住んでいるのですが、切り替えできるのですか?

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方も、電力会社の切り替えすることはできます。
賃貸であっても大丈夫です。現在の契約名義がご本人であれば切り替えすることはできます。契約名義が他の方になっている場合には、その契約者にご確認ください。

電気自由化って大都市だけじゃないの?

日本全国で切り替えすることができます。ただしスマートメーターが設置されていることが必要です。
今まだ付いていなくても、切り替え先の事業者が設置してくれるなどありますので、切り替え予定の事業者にご相談ください。またスマートメーターは送配電会社の設備の一部になるので機器代は工事費等はかかりません。

自由化って替えなければいけないのですか?

現在契約されている地域ごとの電力会社(東京電力、関西電力など)は、今まで通り契約し続けることはできます。条件によっては切り替えしない方がお得に利用できる場合があります。

切り替えした事業者が倒産したら電気はつかえなくなるの?

すぐに電気が止まることありません。新しい事業者が決まるまでの間は、地域ごとの電力会社(東京電力、関西電力など)への契約になります。