商品先物取引における情報収集の重要性

商品先物取引には種々のリスクが存在します。(詳細は、同記事「商品先物取引におけるリスク管理の重要性」を参照。

商品先物取引に存在する主なリスク

  1. 価格変動リスク(地政学的リスク・気候変動リスク)
  2. 金利変動リスク、為替変動リスク
  3. 流動性リスク
  4. システム障害リスク

商品先物取引におけるこれらの主要リスクを最小限にするために必要な情報収集の重要性について説明いたします。

商品先物取引における商品の価格変動の要因について、情報収集という観点から整理すると次の3つに集約されると考えていいのではないでしょうか。

  1. 商品にかかる需要と供給
  2. 紛争・テロなどに関する国際情勢
  3. 金利や為替の動向

従って、商品先物取引を行う際の投資判断には、世界の景気動向、世界の気候変動、紛争・テロ    などの国際情勢、またこれらに伴う金利・為替動向など、国内外のニュースや各種指標の内容など、情報収集が重要となります。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する手間いらず株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。